時代の変化とともに私たちの生活様式を大きく変化をしてきたといえます。

例えば、昔の時代になく、今の時代にあるものを想像してみると様々なものが想像できますがその代表的な存在としてインターネットが挙げられます。

昔はインターネットなどは存在しておらず、インターネットが生まれたことによって今の時代は非常に大きな変化を伴っているといえます。

例えば、今ではインターネット上に存在するサービスを利用することによって非常に利便性の高い生活を送ることができているといえます。

離れた場所にいても簡単に何かしらの手続きを行ったり、様々な情報を取得することができるのもすべてインターネットならではの恩恵だといえます。

そして、それに伴って私たちのコミュニケーション方法なども大きく変化をしているといえます。

例えば、インターネットが発達したことによって直接相手と会話をする機会は少なくなり、文章などでやり取りする機会が増えました。

そして、それに伴いインターネット上で用いる特別な言葉なども多く存在するようになりました。

そこで、今回はインターネット上で使われている言葉であるインスコという言葉をテーマにして、インスコという言葉の意味などを詳しく解説していきたいと思います。

「インスコ」とは?

インターネットなどに詳しい方であれば、インターネット上で用いられているような言葉などはいくつか想像することができると思います。

しかしながら、あまり普段からインターネットを触ったりすることが少ないような方などに関しては、インターネット用語などはよくわからないと感じることもあると思います。

しかしながら時代の変化に伴い、インターネット用語などの影響力の高さは次第に大きくなっていると考えられます。

なぜならば、昔はインターネット上でしか使われなかったような言葉も次第に現実的に使われ出すようになっているからです。

例えば、一つ例を挙げるとすればリア充という言葉が存在しています。

リア充という言葉はもともとインターネット上で生まれた言葉であり、インターネット上でしか使われていませんでした。

しかしながらスマートフォンの出現に伴い、様々な人がネットを利用するようになってきてからはリア充という言葉が現実の世界でも用いられるようになりました。

このように考えると、インターネット上に存在している言葉などは次第に現実の世界にも用いられてくる傾向にあるといえます。

絶対にしておかなければ困るということはないかもしれませんが、それでもある程度の意味を網羅しておくということは意思疎通を行うにあたり重要なことだと言えます。

それを踏まえた上で、インスコという言葉にはどのような意味があるのか具体的にご紹介していきたいと思います。

インストールを略した俗な表現

インスコとはどのような意味合いなのかと言いますと、「インストールを略した俗な表現」という意味合いが存在しています。

インストールという言葉を聞いたことがある方は非常に多いと思いますが、一般的にインストールという言葉はパソコンなどに対して用いられる用語です。

しかしながら、現在においてはスマートフォンが発達したことによって、様々な人が用いることが多くなった言葉でもあります。

インスコという言葉はインストールという言葉の略称ではありますが、名前をそのまま略称したというわけではありません。

ではどのようにしてインスコという言葉が誕生したのか、不思議に感じる方も多いと思います。

この成り立ちなどを理解することによって、なぜインスコがインストールという意味があるのか、明確に理解できるようになるはずです。

インストールとは?


インスコという言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということを簡単にご紹介していきました。

しかしながら、パソコンに疎い方はインストールという言葉自体の意味が分からないという方もいると思います。

インスコという言葉を理解する上でインストールという言葉は理解しておかなければいけません。

なので、改めてインストールという言葉がどのような意味を持っているのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

コンピュータにおいてソフトウェアやデバイスドライバの設定を行い、それらを使用可能な状態にすること

インストールという言葉はどのような意味なのかと言いますと「コンピュータにおいてソフトウェアやデバイスドライバの設定を行い、それらを使用可能な状態にすること」です。

パソコンに疎い方などはますます意味が分からなくなったと感じるかもしれませんね。

改めて具体的に説明すると、私たちが使っているパソコンには便利な機能が存在していますが、その中には最初からそれが入っているわけではないものもあります。

例えば、パソコンという機械を使って何かしらのソフトを利用している場合、そのソフトは元々そのパソコンに最初から入っていたわけではないということです。

つまり、そのソフトをパソコンで利用するためにはソフトウェアやデバイスドライバーの設定を行ってそれらを使用可能な状態にしなければいけないということです。

そして、そのソフトを利用するために設定を行ったり使用可能な状態にするということをインストールという言葉で表現することができるということです。

例えば私達がよく使うソフトの一つとしてMicrosoftOfficeなどの存在が挙げられます。

これらに関してはもともとパソコンの中に最初から備わっている機能ではなく、MicrosoftOfficeのソフトウェアからインストールしなければいけません。

つまりMicrosoftOfficeのソフトを自分自身のパソコンに取り込むことや設定を行ったり使用可能な状態にすることをインストールと言えるのです。

似ている言葉にダウンロードという言葉が存在していますが、これを一緒に考えている人は注意してください。

ダウンロードする言葉はネットワーク上にあるファイルを自分のパソコンやスマホにコピーすることを意味しています。

なのでインストールという言葉とは明確な違いが存在している言葉になりますので、同じだと思ってる人は注意してください。

「インスコ」とはネット用語

改めてインストールという言葉の意味はについて詳しくご紹介してきました。

インストールということの意味を理解いただけたところで、改めてインスコという言葉について触れていきたいと思います。

インスコという言葉は先ほどもお伝えしたようにインターネット上で生まれてインターネット上で用いられているインターネット用語の区分に該当しています。

しかしながら、人によってはインターネット用語という言葉自体もよく分からない方もいると思います。

特にインターネット上で生まれた言葉などに関しては、その言葉が生まれるまでの成り立ちなどが想像しにくい言葉が多いです。

そのため、意味が分かりづらかったり、なぜそのような意味を持っているのかということが分からないまま使われてしまうことも多いです。

なので、まずはインターネット用語というものがどのような存在なのか、簡単にご紹介していきます。

ネット用語とは

そもそもインターネット用語とはどのようなものなのかということについてご紹介していきます。

インターネット用語とはその名前の通り「インターネットを利用する上でしばしば見聞きしたりするような言葉」のことを意味しています。

先ほどお伝えした通り、インターネットやスマホが出現してからは、私たちの生活は大きく変化しました。

離れた場所にいる人と簡単に意思疎通を図ったりすることも出来ますし、文字だけでコミュニケーションを図ることもできるようになりました。

今ではSNSなどの存在も生まれ、ますますインターネットによる恩恵を受けることができるようになっているといえます。

そして、それに伴ってインターネット上でのやり取りなども増えるようになりましたので、それに特価した言葉などが出現してきたといえます。

それこそがインターネット用語であり、インターネット上でよく見聞きしたりするような言葉のことを意味している総称だと言えます。

インターネット用語を考えてみると非常に様々な言葉が存在しており、数え切れないぐらいの言葉が現在では存在しています。

情報伝達のスピードも速くなり、様々な情報がかけめぐる現代だからこそ、新たな言葉なども出現しそれが出回るスピードも速くなっていると言えます。

なので、インターネット用語が日に日に増えており、これからもたくさんの言葉が生まれてくることが予想されると言えるのです。

もっぱらネット上で用いられる特徴的な言葉、表現、言い回し

インターネット用語という言葉を考えた時に、その他に存在している意味合いとして「もっぱらネット上で用いられる特徴的な言葉、表現、言い回し」があります。

これは先ほどご紹介した意味合いとほぼ同じような意味だと解釈することができますが、どちらかといえばこの意味の方が一般的なネット用語という意味に近いといえます。

なぜならば、インターネット上でしばしば見聞きしたりするような言葉を考えてみると、特別な言葉でなくても見聞きしたりすることはよくありますよね。

よく用いられがちな表現や言い回しなどに関しては現実の世界でも用いられやすいので、インターネット上の文章でもそれは同じだと言えます。

しかしながら、もっぱらインターネット上で用いられる特徴的な言葉や表現、言い回しを考えてみると、特殊な言葉などが主に該当しているといえます。

なので、私たちが想像しているような特殊な言い回しの言葉などの意味合いとしてはこのネット用語の意味が該当していると考えられます。

しかしながら、ネット用語という言葉を使う際には、ほぼこの意味で用いられることがほとんどです。

なので、ネット用語=ネット上でしか用いられない特別な言い回しの言葉と思っていただければ間違いはないといえます。

使われるようになった理由

インターネット用語とはどのようなものなのかということを簡単にご紹介してきました。

その上で、改めてインスコという言葉がなぜ使われるようになったのかという理由についてご紹介していきます。

元々インスコという言葉が使われるようになった理由としてはいくつかの理由が存在しています。

そしてどのような説が有力なのかということが未だによくわかっていないのが現実です。

この使われるようになった理由をある程度理解しておくことによって、より具体的にインスコという言葉がなぜインストールという意味を持ったのか想像できるはずです。

インスコという言葉を理解する上で絶対的に必要不可欠な知識だと言えるので、改めてインスコという言葉の成り立ちについて考えていきましょう。

「インストール」を「インスコール」と誤表記したことから


なぜインスコという言葉がインストールという言葉の意味として使われるようになったのかと言いますと、一つの説としては誤表記されたからだといわれています。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えした通りインターネットが発達したことによってインターネット上で会話をしたりすることが圧倒的に増えました。

例えばメールで相手と意思疎通を交わしたりすることも増えましたし、LINEやSNS、またはインターネット掲示板などでやり取りするといった方法なども挙げられます。

しかしながら、インスコという言葉が生まれた当時はまだスマートフォンなどもそこまで発達していなかったので、インターネット上ではパソコン同士のやり取りが主流でした。

そして、パソコンを使って文字を入力するということは当然文字を入力するためのキーボードが必要になるといえます。

普段からキーボードを使っている人ならば分かると思いますが、文字を入力したりする際には場合によっては打ち間違えをして誤表記してしまうことがよくあります。

これこそがインスコという言葉が生まれた一つの説であり、理由であるとされています。

具体的には、インストールという言葉をインスコールという言葉で誤表記されることが多かったからです。

このような誤表記が多く見受けられたため、次第にインストールという言葉がインスコールという言葉にとって代わるようになったといえます。

誤表記ではなく2000年以前から使われているという説も

インスコという言葉が生まれた理由の一つとして、インストールという言葉の誤表記から誕生した説をご紹介しました。

しかしながら、先ほどもご紹介したとおりインスコという言葉が生まれたわけには諸説存在しており、絶対にこれが正しいとは言えません。

なぜかと言いますと、元々インスコという言葉は2004年頃から使われ始めたネットスラングの一つとして知られています。

しかしながら、よくよくインスコという言葉について掘り下げて考えたところ、2000年以前から使われていたという説が存在したからです。

そして、誤表記によって生まれた言葉ではなく、サンクスという言葉から派生した言葉の可能性があるという説が浮上しています。

なので、ここからはサンクスという言葉から派生してインスコという言葉が生まれたという説について具体的にご紹介していきます。

「サンクス」から派生した「サンスクコ」から

なぜサンクスという言葉から派生してインスコという言葉が生まれたかと言うと、そもそもサンクスという言葉からサンクスコという言葉のつながりを理解する必要があります。

サンクスという言葉は誰もが知っている通り、サンキューという言葉と同じような意味を持っている言葉として知られています。

つまり相手に対してありがとうという気持ちを伝えたりする際に使われる言葉なのですが、このサンクスという言葉がネット上では発生して使われていました。

サンクスという言葉は相手に使う場合に、サンクスコという言葉を使って相手に対してありがとうという表現が使われており、それが次第に一般化していきました。

そして、その影響によって「〇+コ」というような形などが連想されるようになり、インストールという言葉にそれが付け加えられたという考え方が存在しています。

つまり、インストールという言葉にコという文字を付け加えることによって、インスコール、略してインスコという風に用いられてきたということです。

どちらの説がはっきりと正しいのかということはわかりませんが、このどちらかの説が非常に有力な説であり、インスコという言葉が生まれたきっかけになっているといえます。

「アンインスコ」という言葉も

インスコという言葉がなぜ使われるようになったのかという背景について詳しくご紹介していきました。

それを踏まえた上で、インスコという言葉に関連してる言葉の一つとしてアンインスコという言葉が存在しています。

アンインスコという言葉はインスコという言葉の対義的な意味合いとして用いられている言葉です。

では、アンインスコという言葉は具体的にどのような意味で用いられているのかということについてご紹介していきます。

アンインストールを意味する

アンインスコという言葉の持ってる意味合いとしてはアンインストールという意味が存在しています。

改めてアンインストールという言葉について説明すると「コンピューターに組み込まれたソフトウェアを削除すること」を意味しています。

インストールという言葉がソフトウェアを組み込むことや利用可能にすることに対して、アンインストールという言葉はその反対の意味を持っている言葉になります。

つまり、MicrosoftOfficeを使えるような状態にすることをインストール、MicrosoftOfficeを自分のパソコンから削除することをアンインストールと表現できるということです。

そしてインストールという言葉はインスコという言葉で表現されているので、同じように名前の前にアンをつけてアンインスコと呼ばれているのが主な理由です。

しかしながら、アンインスコという言葉に関してはそれ以外にも様々な表現方法が存在しています。

例えばウンインスコと呼ばれたりすることもありますが、これはアンインストールという言葉の表記が関連しています。

アンインストールという言葉を英表記すると「uninstall」という形で表現できますが、これを日本語読みするとunがウンという発音になります。

なので、これにインスコという言葉が組み合わさり、ウンインスコと表現されるようになるということです。

変化の流れ

インスコという言葉の成り立ちについてご紹介して行きましたが、さらにここからは詳しい変化の流れについてご紹介します。

インスコという言葉が生まれた説のひとつとして、インストールという言葉が誤表記されていたということをお伝えしました。

では、インストールという言葉がどのようにして誤表記されていたのかということを詳しく解説していきます。

インストール→インストゥール→トゥのTOとLUがややこしくなり→インスコール

インストールという言葉がインスコールという言葉に誤表記された流れとしては、TOとLUの間違いが挙げられます。

どういうことかと言いますと、インストールという言葉を入力する際にルはRUで入力しますが、人によってはLUと勘違いしていた人も多かったのです。

そして、LUを入力した場合、ルにはならずに「ぅ」に変換されてしまいます。

なので、インストールという言葉を入力しようとした時、うまく変換できずに最終的にタイピングがややこしくなってしまう人が続出していました。

そのような背景も関係しており、インストールという言葉がインストゥールと入力されたりすることなども増えてしまいました。

そして、そこからさらにややこしくなってしまい、インスコールという言葉に最終的にたどりついたと言われています。

これがインストールという言葉がインスコールという言葉に誤表記されてしまった一連の流れだと言えます。

ネット用語を分類

ここまではインスコという言葉にまつわる基本的な知識をご紹介していきました。

なぜインスコという言葉がインストールという言葉の意味が付け加えられるようになったのか、より理解いただけたと思います。

そして、ここからは改めてネット用語という言葉について深く考察していきたいと思います。

ネット用語という言葉の基本的な意味も先ほどご紹介しましたが、ネット用語に関しては数えてみればきりがないほど存在しています。

これからも新しく生まれてくることが予想されるので、一つ一つ覚えてみると膨大な量の言語になるといえます。

なので、ネット用語が大きく分けてどのような工夫に別れるのか、どのように考えるべきなのかということについてご紹介していきたいと思います。

ネット用語の分類方法を理解することによって、ある程度ネット用語がどのような経緯で成り立っているのかということが理解できるはずです。

根本的な部分を理解することによって、新しい言葉でも比較的様々な想像しながらその意味合いを解釈することもできるようになります。

ネット用語を理解する上で必要な基礎知識といえますので、改めてネット用語の分類方法についてチェックしてみてください。

時期

ネット用語を分類して考える方法のひとつに「時期」で分けて考える方法が挙げられます。

ネット用語は非常に様々な言語が存在していますが、それらの言葉は同じような時期に全ての言葉が用いられ出したというわけでもありません。

一昔前に流行っていたネット用語もあれば、今現在流行っているようなネット用語などが存在しているように、その時期によって用いられている主流のものは分かれています。

なので、そのネット用語が流行った時期などを考えることによって、ある程度意味合いなども分けて考えることができるということになります。

例えば、その言葉が流行った時期や年代から、時代背景などを考えてどのようなサービスが存在していたのかということを考えると意味合いのヒントにつながるということです。

発生、使われた時期で分ける

ネット用語を分類する際に必要な考え方としては、その言葉が発生した時期とその言葉が使われていた時期で分けることが重要です。

例えば、インスコという言葉がもともと発生していたのは2004年か、それ以前からという説がありました。

そして、主に頻繁に見かけだしたのは2004年以降なので、その時期に流行ったひと昔前のネット用語である、と考えることができます。

また、今の時代からさかのぼり、昔の時代を考えてみると、おおまかに3タイプの時代にわけて考えることができます。

それと発生時期や使用されていた時期などを組み合わせることで、よりその言葉の分類がわかりやすくなるといえます。

パソ通用語、波動用語、インターネット用語等

今の時代から遡って昔の時代を想像したときに、大きく3タイプの時代に分けることができるとこを紹介しました。

では、その3タイプの時代とは具体的にどのような時代なのかということをご紹介していきます。

まず一つ目が「パソ通時代」であり、これはパソコン通信がメインだった時代であるといえます。

1980年代後半から1990年代の時代が該当しており、この時代は専用ソフトなどを用いてパソコンとホスト局のサーバーとの間で通信回線によってデータ通信を行っていました。

そして、二つ目が「波動時代」であり、これは1995年あたりから1997年あたりだといわれています。

そして、最後が「インターネット時代」であり、1997年から現在にいたるまでの間の時期を意味しています。

これらの時期にわけて、それぞれの言葉がどの時代に該当するのかということで、パソ通用語、波動用語、インターネット用語と分けられるということです。

つまり、2000年か2004年あたりから用いられだしたインスコという言葉は、インターネット時代に該当するインターネット用語であるといえます。

そして、これらの時代背景を考えてみると、意味合いなどもある程度絞りがつくという利点を得ることができるはずです。

構造

次にご紹介するネット用語を分類して考える方法として「構造」が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ネット用語に関してはある程度いくつかの構造に分けて成り立ちなどを考えることができます。

様々な言語が存在しており様々な生まれ方が存在していると思っている人もいるかもしれませんが、実は同じようなパターンに分けて考えられるのです。

例えば、Aというパターンで生まれた言葉や、Bというパターン、そしてCというパターンで生まれていると、いくつかの通りに分けられるということです。

なので、難しく捉えられがちなネット用語ですが実は同じようなパターンの上で言語は作られているといえるのです。

では、ネット用語の構造はどのようなパターンがあるのかいくつかご紹介していきたいと思います。

誤変換

まず初めにご紹介するネット用語の構造の種類として「誤変換」が挙げられます。

これはどういうことかといいますと、その名前の通り誤変換によって生まれた言葉ということです。

厳密にはインスコという言葉もこのパターンに該当しているといえますが、パソコンで文字を打つ際にはキーボードを使って文字を入力する必要がありますよね。

しかし、キーボードで文字を入力し、変換をすると希望の文字に変換できなかったり、よく出てくる違う言葉などがあります。

それらをそのまま用いることによって、本来の意味とは違う言葉として本来使用したかった言葉などを使ったりするというパターンです。

インスコはこの誤変換の中でも、打ち間違いや消し忘れなどの部類に入るといえます。

当て字

次にご紹介するネット用語の構造の種類として「当て字」が挙げられます。

これもそのままの意味で、当て字で違う意味を表現するという表現方法です。

例えば、リアルを意味している三次元という言葉に対して、惨事という言葉で表現したりするなどが該当しています。

これらは略称したうえで当て字を行い、特定の意味を持たせるという方法で成り立っているといえます。

誤読

次にご紹介するネット用語の構造の種類として「誤読」が挙げられます。

誤読とは、そのままの通り誤った読み方をしているという表現方法です。

例えば、既出という言葉がありますが、これを間違えて読んだことによって生まれた言葉として「がいしゅつ」という言葉が存在しています。

つまり、がいしゅつという言葉を使うと、既出という意味合いで用いられているということになります。

これもネット用語の一つの構造であり、表現方法であるといえます。

略語

次にご紹介するネット用語の構造の種類として「略語」が挙げられます。

略語とはどういう構造かといいますと、その意味の通り言葉を略して表現しているということです。

例えば、「常識的に考えて」という言葉がありますがこれを略したりすると常考という言葉で表現することができます。

本来はこのような形に略したりすることはありませんが、インターネット上においては様々な自由な発想で言葉が略称されています。

これもネット用語の構造の種類だといえます。

まとめ

今回はインスコという言葉をテーマにして、インスコという言葉の意味や成り立ち、そしてネット用語の構造などについて詳しくご紹介していきました。

普段あまりインターネットを用いたりする機会がない人にとっては、とても新鮮な内容だったと思います。

しかしながら、インターネットを使うことが主流になっている現代だからこそ、様々なネットに関する基礎知識などは身につけておいて損になることはありません。

現実の世界で用いたりする機会はあまりないかもしれませんが、徐々にそれも増えてきており、もう少し先の時代になると様々な言語などが取り入れられる可能性があります。

また、ネット用語やビジネス用語など、様々な複雑な言葉が流行り出している現代だからこそ、なるべく早い段階で様々な言葉の知識は身につけておくことが重要です。

今回ご紹介した内容を機に、様々なネット用語や新しい言葉などに対して注目するきっかけとして活用してみてください。