幸せな結婚生活を夢見ているのは女性だけではありません。

男性も結婚生活に夢を見る生き物。

可愛い奥さんと結婚して、可愛い子どもが生まれて、誰もが羨むような家庭生活。

家に帰ると、奥さんが作った美味しい料理が待っていて、奥さんと子どもと何気ない会話をしながら一緒に食べる。

長期休みは旅行、イベントごとは家族と過ごし、楽しい家族との思い出を積み重ねていく日々。

しかし、実際の結婚生活は、理想とはかけ離れていたものだったという男性は、世の中には多いものです。

可愛い奥さんだと思っていたのに、結婚したと同時に恐妻家へと変化していき、家庭内で権力を振りかざす存在へ。

奥さんに逆らおうものなら、家庭内での居場所がなくなってしまうため、ご機嫌を取らなくてはいけない毎日。

素直だった子どもは、いつの間にか生意気な子どもへと変化していき、馬鹿にされるようになってしまった。

そんな現実に苦しんでいる男性も多いのではないでしょうか。

結婚生活が始まると、女性は現実的な事を考えるようになります。

お金のこと、子どものこと、老後のことなど、より現実的なことを考えるようになり、たくましくなっていくもの。

しかし、男性はいつまでたっても結婚生活に夢見がちなところがあり、男女の考え方や価値観に変化が生まれるようになっていくのです。

今回のテーマは「気団」について。

結婚をしたら、想像もしえなかった、悩みを抱えるようになった男性は世の中にはたくさんいるもの。

そして、最近ではそんな話題を、インターネットにアップしている既婚男性が増えてきています。

今回は、そんな既婚男性にスポットを当てていきたいと思います。

結婚生活に嫌気がさしている、悩みを抱えているという男性は必見の内容です。

気団とは「既婚男性」


最近、インターネット上で「気団」という単語を見かけるようになってきた人は多いのではないでしょうか。

気団とは、インターネット用語で既婚男性のことです。

昨今では、金銭的な理由や恋愛経験が乏しく女性のアプローチ方法が分からず、結婚ができない男性が増えてきました。

そのため、「結婚をしているだけうらやましい。」と思う人も多いかと思います。

一方で、結婚をしたことにより、金銭的な負担や精神的なダメージに苦しむ男性、はたまた奥さんの対応や子育てに追われ、自分の時間が少なくなってしまい、趣味に費やしたり、自由に使える時間が少なくなったと言う男性も多くいます。

「気団」という言葉は、既婚男性がうらやましいという意味合いと、結婚生活お疲れ様という意味合いが含まれています。

そのため、インターネット上で「気団」と検索をすると、既婚男性に周りで起きた話が溢れかえっているのです。

気団板って?

気団坂とは、2チャンネルで既婚男性のスレッドのことを意味します。

既婚男性が自分の周りでおきたことを、インターネット上の掲示板に投稿しているのです。

話題として多いのが、自分の奥さんの話や、奥さんの家族の話、子どもの話、隣人の話など、身の回りの人達の話題が多い傾向にあります。

しかし、その内容は驚くべきものが多く、奥さんが不倫をしていた話や、奥さんの知られざる性格等が挙げられています。

既婚男性が抱える悩み相談のようなものも多く、インターネット上で様々な人が集い、悩み相談に乗ったり、自分の意見を伝えているケースもあります。

また、既婚男性自体が問題児であるケースもあり、詰められているケースも頻繁に見られる場所です。

匿名で投稿できるからこそ、日常生活では聞いたことのない話題をさらけ出す人もいれば、強気な意見をぶつけてくる人もいます。

また、ほとんどが愚痴であったり、悩み相談であるケースもありますが、中にはほっこりする話や、奥様や子どもの惚気などもあります。

中には思わず涙を流してしまうような感動する話もあり、なかなか読み応えがあるスレッドであるといえるでしょう。

気団板でよくある話題を集めました


気団板では、本当に様々な話題が投稿されています。

面白い話題であれば、スレッド数が伸び、話題となることもあり、Twitterなどで拡散されることもあります。

既婚男性が抱えている悩みや話題は、実は既婚女性よりも多いものです。

既婚女性は子どもが生まれると「お母さん」へと変化していくため、男性への愛情が薄れていってしまう傾向にあります。

一方で、男性はいつまでたっても「男」であり、妻に対しても「女」を求めているため、感情のギャップが生まれてくるのです。

結婚してから奥さんが変わってしまったと感じるのは、実はこのギャップから生まれているものであったりします。

現実的な女性と、いつまで経っても地に足がついていない男性。

結果、お互いの心が離れていくようになり、すれ違いが起きていくと言えるでしょう。

では、気団板ではどんな話題が多いのか。

世の中の既婚男性が抱えている悩みや愚痴、また周囲に伝えたいけど、なかなか伝えられないからこそ、インターネット上に投稿をしているという人も多くいます。

気団板で投稿されているテーマを具体的にお伝えしていきましょう。

1.結婚生活あるある

既婚男性が気団板で、よくテーマとするのが「結婚生活あるある」。

結婚生活が始まったら、どの生活でも起こりがちなことを話題として、他の人から賛同をもらうような内容が多いと言えるでしょう。

例えば、結婚生活が始まったあとのお小遣いがいくらになったか、家庭生活でのルールや、結婚生活を始めてから知ったことなど、日常生活でもありがちな話題が多い傾向にあります。

どちらかというと、「うちの家庭はこんな感じだけど、他の家庭はどうなんだろうか。」と、他の家庭の状況を探るような話題が多いといえるでしょう。

ほのぼのな日常風景

結婚生活あるあるは、どちらかというとほのぼのな日常風景をテーマ。

そのため、ストレスがなく見られる板です。

また、自分が抱えている些細な悩みを解決するための参考にするのにも良い板であると言えます。

例えば、お小遣いなどに不満を抱いているのであれば、世の中の既婚男性がいくらくらい貰っているのかを参考にするのも良いでしょうし、家庭生活のルールはどのようなものを作れば、夫婦円満でいられるのかなどの参考にするのでもよいでしょう。

日常生活では、他の家のルールなどをあまり質問できないものです。

しかし、匿名性が高い気団板であれば、素朴な悩みを聞くことができるので、既婚男性も気を遣うことなく、質問を投げかけることができるのです。

2.妻に対する愚痴

気団板で一番多い話題と言えるのが、妻に対する愚痴であったりします。

妻が女性らしさが失われてきたことや、妻が作る料理が不味いこと、また妻との会話が面倒になって生きているなど、妻に伝えることができない愚痴を、インターネット上で他の人に聞いてもらい、ストレス発散をしているケースも多く見られます。

特に、男性は女性が作る料理はおいしいものであるという幻想を抱いています。

しかし、実際に結婚生活が始まったら、妻の作る料理のレパートリーが少なかった…。

はたまた、野菜が少なくて、健康に気を使っていないというケースも多かったり、逆に健康に気を使いすぎて食べた気にならないという愚痴をこぼしている人もいます。

また、付き合っていたときはこんなにかわいかったのに、結婚をしたら豹変をしたという愚痴をこぼしている男性も多く、女性に対して抱いていた妄想が、崩れていったという男性も多く見られます。

直接言えないこともたくさん

妻に対する愚痴の多くは、直接本人には伝えられないこともたくさんあります。

妻に伝えることはできない。

周囲の人に伝えたいけど、妻の耳に入ったら怖い…。

そんな気持ちから、匿名性の高い気団板に、自分の思いを書き込んで、知らない人に慰めてもらったり、共感をしてもらっているという既婚男性は多くいるのです。

妻に直接伝えると、家庭生活にヒビが入ってしまうと考えており、奥さんの機嫌を損ねることに怯えている男性は世の中に多くいます。

家庭生活では、奥さんが権力を振りかざしており、旦那の居場所はどこにもない…。

そんなことに嘆いている男性も多いでしょう。

家族のために頑張って稼いでいるのに、感謝をされないという嘆きの声も良くあげられています。

奥さんの考えを改善するには、インターネット上でつぶやいているだけでは変わりません。

やはり、自分の気持ちを直接ぶつけることが大切です。

インターネット上では共感してくれる人はたくさんいるかもしれませんが、それだけではいつまで経っても辛い気持ちでいることになってしまいます。

本当に改善してほしいことであれば、直接奥さんに伝える勇気を持つことも大切です。

3.妻に○○と言ってみた・ドッキリ系

気団板では、妻に仕掛けるドッキリ系なども多くあります。

「妻に愛していると言ってみた。」「妻に綺麗だねと言ってみた。」等、妻に○○と言ってみたシリーズは様々あり、妻の反応を掲載している既婚男性は多いといえます。

傾向的には、割かしほっこりするような話が多く、夫婦愛が光るような内容も数多く見られます。

妻のことを褒めたら、妻の対応が変わり、夫婦の関係性にも変化が生まれたという内容も多く、妻との会話を改善した方が良いのではないかと考えさせるような板も多く見られます。

夫婦円満でいるためには、妻の事を褒めることも大切。

女性は褒められれば褒められるほど、自分の身なりを気にするようになったり、もっと好きになって貰いたいという願望が芽生えたりします。

女性に綺麗でいてもらうためには、褒めることが大切であると気付かされるテーマであると言えるでしょう。

4.妻との出会い

妻との出会いが運命的なものであった場合、その内容を板に投稿する人もいます。

長い期間付き合って結婚したり、ドラマチックで運命的な出会いであった場合、どうしても人に話したくなるもの。

しかし、身近な人に話すと惚気と思われてしまうため、気団板に投稿するというケースもあるのです。

スレッドが盛り上がるのは、偶然が重なっての出会いであったり、全く知らない他人だった人が、アクシデントから知り合い、恋愛に落ちていくようなストーリー。

まるで映画やドラマのような話しだったりします。

どちらかというと、妻のことを今でも愛している人が、スレッドに記入するようなことが多く、ほんわかした話が多い傾向にあります。

5.結婚に至るまでの経緯

また、妻との結婚に至るまでの経緯をスレッドに記入するケースも多くあります。

このスレッドはほんわかした話から、昔は可愛かったのに今は…という愚痴も多い傾向にあります。

ほんわかした話の場合は、妻との結婚に至るまでがとてもロマンチックであったり、ライバルなどがいたけど、色々あって妻と結婚まで結びついたというドラマチックなものほとんど。

読んでいて、スカッとするような話が多い傾向にあります。

一方で、後々妻がストーカーであって、仕組まれた結婚であったことや、元カノに嫌がらせをしていたことが分かるような、ぞっとしたような話も書き込まれることも…。

結婚に至るまでの、全てが仕組まれていたことが分かり、絶望に陥っている状態は同情せずにはいられません。

6.鬼嫁日記

2005年にドラマ化もされている鬼嫁日記。

文字通り、恐妻家の奥さんのことが書かれたスレッドであり、今でもこのスレッドの板は伸び続けています。

傍若無人でわがままな奥さんに振り回されている旦那の嘆きが記載されているケースが多いといえるでしょう。

そもそも結婚をすると、家族の判断は奥さんがすることが多く、旦那さんは意見することができないという家庭が多いです。

引っ越し、子どもの教育、旅行先などは、全て奥様が判断し、口出しをしようものには、奥様の機嫌を損ねてしまうことも…。

そのため、どんどん旦那さんが口出しができなくなっていくのです。

また、家庭内で鬼嫁でいるのならまだ我慢できるのですが、隣人関係や友達、旦那の職場の人達にも鬼嫁っぷりを発揮するようになる奥さんも多くいます。

男性としては、自分の生活を脅かす存在は避けて通りたいと考えます。

しかし、自分の奥様となってはそういうわけには行きません。

度の過ぎた鬼嫁っぷりに、悩んでいる男性は少なくないといえるでしょう。

7.妻の浮気疑惑

妻の浮気に悩んでいるという旦那さんも少なくありません。

あくまで浮気疑惑で、決定的な証拠を押さえることはできないという段階。

特に女性は嘘や説得が上手なので、突っ込んだ質問をしても上手くスルーをされてしまうのです。

そんなモヤモヤした気持ちを、気団板に書きこんでいる男性は少なくありません。

家の中でもスマホを持ち歩くようになったり、急に外見を気にするようになったり、友達との外出が増えたりすると、どうしても男性は不安になってしまうもの。

そして、自然と妻の浮気を疑うようになるのです。

また、妻の浮気を疑って興信所を付けたりしている既婚男性も多く、修羅場に巻き込まれたという男性も少なくありません。

妻が自分の友人や職場の人と浮気していたなんという人も中にはいます。

旦那さんのことを愛しているとしたら、旦那さんの身の回りの人と浮気をするなんてことは考えないのが普通の価値観です。

しかし、自分の感情を優先するがあまり誤った道に進んでしまっている人は少なくないのです。

8.妻との価値観の違い

妻との価値観の違いに悩んでいる既婚男性も少なくありません。

価値観の違いというのは、家庭生活を始めると見えてくる点もあります。

付き合っている時は見えなかった部分が、結婚したら見えてくるのです。

気団板で特に話題に上がるのが、些細な価値観の違い。

洗濯物の干し方、食事のとり方、お風呂の入り方、好きなテレビなど、自分とは違う些細な価値観の違いにフラストレーションが溜まり、書きこんでいる既婚男性が多くいます。

付き合っている時は気にならなかった点が、急に気になるという男性は多くいます。

また、結婚をしてから初めて知った妻の価値観に驚いたという男性も多くいます。

お金の使い方が粗かったり、掃除が出来ず自堕落なだらしない生活を送っていたり、はたまた偏食だったりなど、なかなか許せない価値観の違いに戸惑い、気団板に悩み相談をしている男性も多くいると言えるでしょう。

9.妻の好きなところ

妻の好きなところを上げている既婚男性も多くいます。

惚気話というのは、日常生活ではなかなかできないもの。

しかし、妻が大好きする人は、どこかで惚気たいと思っているものです。

そのため、インターネット上で、思う存分に惚気ている既婚男性は多くいるでしょう。

妻の好きなところとして多くあげられるのが、「可愛い」「綺麗」という外見の要素以上に、「従順」「清楚」「料理上手」など、自分にいかに尽くしてくれるかどうかという点をあげている男性が多くいます。

恋人関係であれば、外見がいかに綺麗か、可愛いかという点を求める男性が多いでしょうか、結婚すると話は別。

外見というのは年齢と共に衰えていくものですが、性格というものは変わらないものです。

一緒にいて安心できるか、癒されるかどうかという点を、奥さんに求めていることが多く、そういった理想の奥さんがいる既婚男性は惚気る傾向にあるといえるでしょう。

10.妻の苦手なところ

一方で、妻の苦手なところをあげている既婚男性も多くいます。

結婚する前はこんな女性ではなかったのに、結婚をした瞬間に変わってしまったと嘆く女性はたくさんいるのです。

そもそも男性はとても単純な生き物。

女性が取り繕った姿を見せていたとしても、気付く男性はあまりいません。

そして、結婚をした瞬間、本性を見せる女性というのは、非常に多くいます。

妻の苦手なところによくあげられるのが、「料理が下手。」「だらしない。」「女らしさが失われていく。」等のテーマ。

特に、付き合っているときは、美味しい料理を作ってくれていたと思っていたら、レパートリーが限られていたり、実はスーパーなどで売っているお惣菜だったなんてケースも。

結婚までたどり着けば、あとは素を出しても良いと考えている女性も多く、男性が彼女と描いていた結婚生活とは程遠い生活になってしまったと嘆いているケースも多く見受けられます。

11.修羅場

妻と起きた修羅場などの書き込みをする男性も多くいます。

修羅場の多くは不倫関係が多く、不倫を疑われた、不倫がバレたなどの男性側が反省しなくてはいけない修羅場もありますし、家に帰ったら、妻が不倫をしている現場を目撃してしまったという既婚男性もいます。

また、旦那の不倫を疑うがあまりに、奥さんが激情してしまい、包丁を持ち出されたなんていう怖い話も…。

はたまた不倫がバレて、妻から復讐をされたなんて既婚男性もいます。

女性というのは察しがいい生き物。

旦那の変化にはすぐに気付くため、妻に言えないような事をしている男性は、今すぐにでも改めた方がよいでしょう。

逆に女性というのは、嘘が上手な生き物です。

そのため、妻の嘘がバレて修羅場になるケースは、関係が末期状態になっているといっても過言ではありません。

12.帰宅後の妻

帰宅後の妻で話題となったスレッドと言えば、「家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています。」でしょう。

映画化もされており、ほんわか夫婦の代表ともいえる話だと言えます。

変わった夫婦の愛の形であり、日常生活からは逸脱している話であるとも言えますが、新しい夫婦の形を知れる良いテーマであるといえるでしょう。

13.子供の運動会

結婚をして子どもができると、必ず訪れるのが運動会への参加。

運動神経が悪い既婚男性にとっては、参加したくないイベントの1つでもあると言えるでしょう。

気団板では、そんな運動会での珍事件などがあげられるケースが多いと言えるでしょう。

例えば、みんなの前で盛大にこけて恥ずかしい思いをして、子どもに嫌われてしまったり、
張り切ってしまい、肉離れを起こして大騒ぎを起こしたなんていう既婚男性もいます。

運動というのは、急にできるものではありません。

特に運動不足の既婚男性にとっては、運動会というのは大変な場所。

無理をしないこと、準備運動を欠かさないことが大切だと言えるでしょう。

14.育児生活

育児生活などのスレッドも多くあります。

子どもが可愛くてたまらないというほんわかしたものから、育児の相談なども多くあげられていますが、育児ノイローゼになってしまった妻の話も多くあげられるようになってきました。

最近では「イクメン」という言葉をよく聞くようになってきて、男性が育児するケースが増えていきました。

しかし、奥さんからしてみると、男性の育児が不十分であると感じており、家庭内のトラブルになっているケースも増えているのです。

15.子供のすごい発言

子どもというのは無邪気で明るく、まだ上手に嘘を付けない生き物。

思ったことをすぐに発言してしまいます。

だからこそ、大人も驚くような発言を急にすることも…。

例えば、両親の不倫現場を目撃してしまい、そのことを口にしてしまって、気まずい雰囲気をつくってしまったり…。

はたまた、お母さんがこぼしていた愚痴を色んな人に伝えてしまって、トラブルを引き起こしてしまうなんてことも。

子どもの前でする会話は気を付けなくてはいけないと言えるでしょう。

16.子供の成長

子どもの成長を書き込む既婚男性も多くいます。

すくすく成長した子どもの事を記載する既婚男性も多くいますが、一方で子どもの成長した姿に悩んでいる既婚男性も多くいます。

例えば、子どもが反抗期を迎えてしまったり、勉強があまりできなかったり、恋愛が盛んだったりすると、どうしても親は不安になってしまうもの。

子どもの悩み相談をしている既婚男性も多くいます。

17.子供のかわいいところ

子どもがかわいくない親はいません。

気団板に、子どもの可愛いところを書き込んでいる既婚男性も多くいます。

子どものかわいいところを書き込んでいるスレッドは、とてもほんわかするスレッド。

子どもの可愛らしい行動や言動などを見ていると、思わず他の人に伝えたくなってしまうものです。

18.子供の将来

子どもの幸せな将来を願うのは、親として自然な考えであるといえるでしょう。

しかし、子どもの悩みというのは、なかなか日常生活では相談できないもの。

特に、他の子どもと比べられるのも嫌ですし、話したことが噂になっているというのも避けたいものです。

そのため、気団板で子どもの将来の事を相談する既婚男性は多い傾向にあります。

19.子供の誕生日

子どもの誕生日の過ごした方というのは、父親としては真剣に考えるもの。

何をプレゼントしたらいいか、ケーキはどんなものがいいか、どんな夕飯にしたら子どもが喜ぶのかなど、父親としては知りたいことがたくさん。

しかし、子どもに直接聞いてしまっては、サプライズがバレてしまうため、気団板などで相談をしている既婚男性も多くいます。

そこで出て来たアイデアをあたかも自分で考えたかのように伝えて、奥さんに伝えて、ジャッジをしてもらう。

ただし、奥さんからは他の所から仕入れた情報だということはバレているので、つまらない見栄を張るのはやめましょう。

20.子供のはちゃめちゃ行動

子どものはちゃめちゃ行動に悩まされているお父さんというのは世の中には多いもの。

子どもがお母さんには懐いているけど、父親には懐いておらず、ものすごい態度を取られるという既婚男性もいますし、はたまた誰に教わったのかは分からないけど、子どもが想像もできなった行動をするというケースも少なくありません。

21.妻の家族について

結婚をすると、妻の家族との付き合いも避けて通れません。

良い家族であれば問題はないのですが、中には自分の価値観では考えられないような家族もいることも…。

この家族のもとで育ったのかと思うと、思わずゾッとしてしまうものです。

妻の家族関係のトラブルで一番多いのが、金銭関係のトラブルです。

お金を貸してほしいと頼んできて、断るのに苦労しているという人も意外と多いようです。

はたまた、中には妻が旦那の稼ぎを、旦那に内緒で、自分の家族に振り込んでいたなんて人も…。

お金関係のトラブルは、例え身内でも避けて通りたいものです。

22.結婚してよかったこと

結婚して良かったと感じることは、他の人にも伝えたいと思うもの。

料理上手の奥さんと結婚したため、食生活が整い健康になった。

奥さんが、自分のことを大好きすぎて、毎日癒されている。

子どもが可愛くて優秀など、結婚して感じる幸せというのはたくさんあります。

その幸せな気持ちを他の人と共有したいと思うのは、自然な願望であるといえるでしょう。

23.結婚して後悔したこと

一方で結婚して後悔したことがたくさんあるという既婚男性も多くいます。

自由に時間やお金が使えなくなった。

価値観が合わず、一緒に過ごすのが辛い、家族付き合いが辛いと考える男性は多くいます。

結婚というのは、家族を守るという責任感が生まれます。

一人で自由奔放に生きていた生活とは違うのは当たり前。

結婚生活というのは幸せなものばかりではありません。

しかし、辛い事ばかりに目を向けていると、幸せを見逃してしまう可能性があるので注意が必要です。

24.元嫁について

昨今では、離婚している夫婦も増えてきており、「バツ」がついている男性も増えてきました。

そのため、元嫁の何が駄目だったかを記載している既婚男性も多くいます。

その多くは元嫁の奇行について書かれています。

元嫁がメンヘラだったり、モラハラだったり、はたまたDVを受けていたなんて男性も多くおり、冷静になって、当時を振り返っているケースがほとんど。

幸せな今とは裏腹に、元嫁はこんなやつだった…と書き込んでいる既婚男性も多くいます。

25.妻と息子の会話

家庭生活で居場所がないという既婚男性は多く、妻と息子の会話を耳ダンボで聞いているという人は少なくありません。

特に息子となると、年齢を重ねれば重ねるほど、父親との会話が少なくなるもの。

仲良くなろうとも、なかなか仲良くなれない。

でも息子のことは気になる。

そのため、妻と息子の会話を聞いて、息子の状態を知ろうとしている既婚男性は多くいます。

「○○と言っていたのだけど、どういうことなんだろう。」「○○とは何なんだろう。」ということを書き込み、息子の状況を知ろうとしている既婚男性は少なくありません。

妻に素直に気になっていることを聞けばいいのですが、威厳を保ちたいため、どうしても素直になれない。

そんなジレンマを抱えつつ、毎日妻と息子の会話に聞き耳を立てているといえるでしょう。

気団はうらやましくも大変!

生涯独身の人が増えている昨今、結婚している既婚男性をうらやましいと思う人達は多くいます。

その一方、結婚をしたことによって、金銭的、時間などが自由に使えず、苦しんでいる既婚男性も少なくありません。

また、奥さんの傍若無人な対応に精神的に病んでいたり、子どもの教育に悩んでいたり…。

はたまた、奥さんの家族との関係に悩んでいる既婚男性も多いでしょう。

結婚をするということは、自分に使える時間やお金は自然と減っていきます。

特に子どもを育てるということは、様々な試練が待ち構えており、今まで順風満帆だったとしても、子ども原因で離婚まで結びつく夫婦もいます。

既婚男性は、大変な思いをしている人も多くいます。

しかし周囲に心の内を伝えることができず、「気団板」に自分の悩みや想いを書き込んでいる人達は多くいるのです。

気団板は、ほんわかする話も、ゾッとするような話も、結婚の現実もに見えてくる場所。

恐いもの見たさに一度覗いてみてはいかがでしょうか。