本当に優しい人って、どんな人だと思いますか?あなたの周りにいる「優しい人」を想像してみて下さい。

本当に優しい人は、あなたにとってどのような存在の人でしょうか?

ただの優しい人ではなく「本当に」優しい人は、「ただの優しい人」とは訳が違います。

あなたが想像しているような優しい部分がさらに優しく、また優しさが深い人なのかもしれません。

さて、そんな「本当に優しい人」ですが、具体的にどのような人だと思いますか?

「本当に優しい人」の特徴を知ることで、あなたも「本当に優しい人」として、周りから頼りにされるかもしれません。

さらに、あなたの周りにいる、「本当に優しい人」はあなたにどのような影響を与え、どのような気持ちにさせてくれますか?

きっと、一緒にいて癒されたり、暖かい気持ちにさせてくれる人ではないでしょうか。

では、早速そんな「本当に優しい人」の特徴を調べていきましょう!

誰もが思っている「優しい人になりたい」

いつも、自分の事でいっぱいいっぱいになり、なかなか周りの人に優しくする事が出来ない…

また、たまには周りの人に優しくしたいけど、優しく接する接し方が難しい…

と感じている場合、どうしても人に不自然な対応になってしまったり、「どのようにすれば、自分の気持ちをコントロールし相手に優しく接する事が出来るのか?」など日々、悩んでいませんか?

実は優しい人も「優しい人になりたい…」と、思っている人が多いのです。

つまり、意識して「優しい人」になっている場合もあるのです。

自分の事でいっぱいいっぱいなのに、「他人にまで、気を使うなんて無理!」なんて思う人も他人のためではなく、自分のために「本当に優しい人」になりましょう。

つまり、人に優しくする事は自分に優しくされる事に繋がります。

「悪いことをしていれば、必ず自分に返ってくる」と言う言葉のように、「良い事を行えば、自分に返ってくる」のです。

人を大切に出来る人は自分も大切にする事が出来ます。

自分を大切にするために、「優しい人になりたい」と思う人が増えると、世の中も優しい気持ちになれる人が増え、平和になりそうですよね。

話は戻りますが、そんな「優しい人」になりたいけど、具体的にどんな人が「本当に優しい人」なのか考えていきましょう。

何でもしてくれる=優しい人ではない

実は、優しい人には「優柔不断」や「八方美人」や「便利屋」など、人の都合のいいように「何でもしてくる人」などと勘違いしている人がいます。

しかし、「本当に優しい人」は何でもしていれるような人とは違います。

「何でもしていれる人」はその名の通り、何でもしてくれる人なので優柔不断に思われたり、八方美人に思われたりするわけです。

しかし、優しい人と何でもしてくれる人の違いは、「自分にも他人にも真面目な人」です。

何でもしてくれる人の中には、下心のある人も居ます。

見返りを求めて人に優しくしていると、却って思いもよらぬ結果が待っている事もあり、災難です。

自分に対しても真面目に向き合い、また他人に対しても真面目に考え、取り組んでいける人なのではないでしょうか?

周りにいますか?本当に優しい人の13個の特徴

ではここからは、「本当に優しい人」の特徴について13個のポイントをお伝えして行きます。

あなたも「本当に優しい人」の特徴を取り入れて、周りの人を優しい気持ちにさせるだけでなく、自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか。

どんなに小さなことでも一生懸命になれる人

「本当に優しい人」は、ささいな事にも一生懸命取り組みます。

小さな事にも一生懸命取り組む事で自分と向き合い、小さな事にきちんと向き合っていく事で、心も磨かれていきます。

また、ささいな事や小さな事も、どのような取り組みも同じだと考えています。

同じ取り組みだと考え、感じている事で、自然と一生懸命になれるのかもしれません。

どんな小さな事も、どんなささいな事でも一生懸命に取り組む姿は、あなたの誠実さや信頼に繋がります。

優しい人には、裏表がありません。

誠実な印象の人も多いのではないでしょうか?

また、どんなことにも一生懸命取り組める姿は、「仕事を選ばない」また、「人を選ばない」と思われる事に繋がります。

人を選んだり、仕事を選ぶ人は「自分が出来るかどうか」より、「自分がやらなくていい仕事はしない」「人間関係も、自分に関係ない相手に優しくする必要は無い」と考えているかもしれません。

つまり、人や仕事を選び、自分の楽を考える人に見えるので誠実さや信頼も薄れてしまいます。

手抜きしない人


「本当に優しい人」は、手抜きをしません。

特に真面目な人こそ、手の抜き方が分からず、努力をしています。

ここで間違えてはいけない事は、「努力」と「こだわり」は全く別物になります。

こだわってどこまでも突き詰めてしまっても、結局頑固な一面が浮き彫りになってしまいます。

「手抜きしない」ということは、基本的なやり方や組織の手順に従って、物事を進め、周りとの連携や報告、相談をきちんと行うことができる人です。

こだわりの強い人は、自分のやり方にこだわり、自己判断、また間違えた方向へ向かむてしまう事も考えられます。

手抜きしないという事は、当然小さな事やささいな事にも一生懸命努力していける人になります。

あなたの周りにいる「本当に優しい人」は、努力や手抜きしない人に多いのではないでしょうか?

次の行動をすぐ読める人

「本当に優しい人」は、失敗してもまた直ぐに立ち直り、次の行動を考えられる人になります。

そのため、頭脳明晰な人と思われる事もありそうです。

さらに、次の行動を即座に読めることで、次に何をしなければならないのかすぐに判断することができます。

さらに、次の行動をすぐ読むことでその一歩先や二歩先の結果や行動を考えることもできます。

すぐに次の行動を考えられる人や、次の行動をすぐに止める人はこれまでの経験から直感が働くことでしょう。

また、次のことをすぐに読めることで、次に何をしなければならないのか即座に判断することができます。

そのため、仕事でもかなり戦力になり、また結果を出す人も多いのではないでしょうか。

何事も準備を怠らない人

次の行動をすぐに読める人は、何事にも準備を怠らないところがあります。

そのため、良い結果ばかりを想定するのではなく、万が一悪い結果になった場合の事まできちんと考えて行動しています。

様々なことを想定しておくことで、何事も準備怠らず、きちんと様々なパターンで結果を考えておくことができます。

何事にも準備をしておくことで、慌てることもありません。

さらに、準備されていることが多いため、余裕のある姿に見えることでしょう。

いつも、土壇場になりバタバタしていることも少なく、余裕があり行動しているように見えますので、周りの人は楽しているのではないか?と思うようになることもあります。

しかし、本当に優しいとは人の見えないところで何事にも準備や計画を行なっています。

強いて言えば、そこが欠点なのかもしれません。

知らない人でも笑顔で挨拶できる人

「本当に優しい人」は、知らない人とでも笑顔に挨拶することができます。

そのため、「人選ばない」と言う印象を与え、好印象に思われることもあり、また「接しやすい人」と思われる事でしょう。

知らない人にも挨拶しなかったり、近所に住んでいる人にもきちんと挨拶ができない人は、最近では当たり前なのかもしれません。

しかし、分け隔てなく知らない人にでもきちんと挨拶ができる姿は、社会人としても信頼の厚い姿になるのではないでしょうか?

また、爽やかに笑顔で挨拶できる事で周りの人達も元気に、気持ち良くさせているのかもしれません。

自分がされて温かく感じた優しさをすぐに身につけれる人

「本当に優しい人」は、自分が他人から優しくされた時に必ずその感情を覚えています。

また、自分がされて暖かく感じたことや優しさは、自分の記憶や感情と一緒に覚えようとしていきます。

そのため、自分がそれて暖かく感じたことや、優しくされて嬉しかったことなどをすぐに身に付けることができます。

また、自分がされて嬉しかったことや暖かく感じたことを、自分以外の誰かに伝えようとしていきます。

インプットしたものを必ずアウトプットしていくことで、自分自身に感覚で覚えさせていくところもあります。

必ず学んだことをアウトプットするようにしていくことで、その学びが自分のものになってきます。

特に、自分がされたと高く感じた優しさは「身につけたい」と考える前に、身に付いていることが多いようです。

簡単そうに見えてなかなか出来ない

人から教えられた温かさや優しさは、なかなか人にできることではありません。

「本当に優しい人」は、そんな事を自然とやってしまう事の出来るところがあり、また人の良いところを吸収したい気持ちも強いため、すぐに見つけることができるのです。

仕事で成功している人やキャリアのある人は自分がいいと思った感覚を忘れる前にアウトプットしています。

そのため、その感覚をすることなく使うことができるのです。

このように、簡単そうに見えてなかなかできないことでも、自分の感覚や感情が熱いうちにアウトプットしてしまうことで、自分のモノにしていっているのです。

あなたも、感覚や感じた事を忘れる前に、あなたの大切な人にしてあげてはいかがでしょう?

同情をしない

「本当に優しい人」は、相手の気持ちやことを思いやり同情しません。

同情しても、表面ばかりの優しさで、何の解決にもなっていない事が多いからです。

だからと言って、話を聞かない訳ではありません。

話をきちんと聞いた上で、その人に合った選択をしています。

同情しているだけで、何もしない人より、同情するよりその人のためになる事を考えています。

確かに女性の場合、同情して欲しい気持ちが強い事もありますよね。

ただ話を聞いて解決する場合もありますが、「本当に優しい人」はその時のケースにより、きちんとしたアドバイスをしてあげたい、気付いてもらいたいと思っています。

間違っていることをきちんと指摘する勇気を持っている人

例え、話を聞いた相手が泣いていても、同情したい気持ちになっても、間違っている事があれば、それをきちんと指摘してあげられる勇気があります。

自分が嫌われるより、間違えた考えでいる事をそのままにしてしまう事で、その人が間違った方向へ進んでしまう事の方が「本当に優しい人」にとっては苦しい事なのかもしれません。

間違っていることをきちんと指摘する勇気があることで、「表面だけのいい人」では無い事が伝わりますよね。

あなたも、「本当に優しい人」になるために、時には心を鬼にして、大切な人に間違いをきちんと指摘してあげられる勇気を持ってみてはいかがですか?

自分の意見や考えは押しつけない

また、勇気を出して相手の間違いを指摘することはあっても、自分の意見や考え方を押し付ける事はありません。

「本当に優しい人」は、自分の利益や見返りより、相手の「幸せ」をちゃんと考えられる人なのです。

「自分の意見が正しい!」と思っている人ほど人に意見や考え方を押し付ける傾向があります。

「本当に優しい人」とは、考え方の物差しが「自分の心」ではなく「相手の心」になります。

自分の心に関心の行く人は、「自分が正しい!」「間違っていない!」「私のやり方について来たら間違いない!」と思っていたり、口にしたりしています。

もし、優しい人と思っていた人が自分の意見や考え方を押し付けて来た場合、「本当に優しい人」ではないと思っても間違いないかもしれません。

相手の弱点をすぐ見つけられる人


「本当に優しい人」は、過去に傷ついた経験がある事から、人の弱さや弱点を見つける事が出来るところがあります。

相手との会話や仕草、考え方などから「あ、この人。ここが弱いんだな…。」と、探ろうとしていなくても、分かってしまいます。

また、弱点を見つけても指摘する事はありません。

相手の痛みが分かる事もありますので、そっとしておく事もあります。

特に、幼い心や優しくない人は、弱点や弱みを見つけると、自分が優位に立った気持ちになりがちです。

人は、自分より弱い立場や弱点を見つける事で、比べる人もいます。

「本当に優しい人」は、そんなところで人を判断する事はありません。

人の弱みに付け込むことをしない

つまり、「本当に優しい人」は人の弱さや弱みに付け込むことはしないのです。

人の弱さや弱みに付け込むことは、自分にも弱みや弱さのある人が行います。

「本当に優しい人」は、そんな相手に付け込むことはありません。

自分自身が、きちんとした強さを持っていれば、人の弱さや弱みに付け込む事をしなくても、自然と相手から慕われたり思われたりするわけです。

人の弱さや弱みに付け込む人は、それだけのレベルの人なのです。

そんな人との時間や会話は時間の無駄になります。

「本当に優しい人」は、弱い人に優しい人なのではないでしょうか?

弱っている人にさりげなく寄り添う人

さらに「本当に優しい人」は、弱っている人にしっかりと寄り添うのではなく、さりげなく「気が付けば側にいてくれた…。」と思わせるような人です。

わざとらしく、自分の利益しか考えていない人は、人の弱みに付け込み、さりげなく相手をコントロールしようとしてきます。

「本当に優しい人」は、誘導やコントロールする気持ちや下心は一切ありませんので、弱っている人には自然と優しくなり、また弱っている人が何を求めているのか心の中で深く理解しているのです。

不平不満を言わない人

「本当に優しい人」は、不平不満を言いません。

不平不満は、人によっては悪口に聞こえたり、また人を不快な気持ちにさせてしまいます。

「本当に優しい人」は、そんな相手を不快にする事はしたくないと考えています。

不平不満を口にする事で、その不満な事を認めたくないと思う気持ちがあるのかもしれません。

「不平不満を言ったところで、現状はかわらない。なら、自分の考え方を変えた方が楽だ。」と、思うところもあるようです。

このように、「本当に優しい人」は、不平不満があっても、周りや人のせいにはせず、自分の考え方や姿勢を変えようとしていきます。

怒られても自分の成長の為と捉えている

例え、上司などに理不尽な怒られ方をしても、周りが明らかに「理不尽!」と思われるような事をされても、それらは全て「自分の成長のため」だと理解しているのです。

「本当に優しい人」は、例えどんなに辛い事があっても、苦しい事があってもそれに立ち向かうのではなく、上手い受け流し方や、捉え方の出来る人なのです。

もし、あなたが理不尽な事に出会ってもそれらは全て「自分の成長のため」だと思う事が出来れば、周りに対しても優しく接する事が出来るかもしれませんね。

自分なりのストレス発散方法を知っている

また、不平不満が出そうなくらい理不尽な事があっても、ちゃんと自分の気持ちをコントロールし、自分なりの対処法が確立されている場合もあります。

「本当に優しい人」は、自分なりのストレス発散方法などがあり、それらをきちんと理解し処理する事が出来るので、不平不満を言いたくなるような理不尽な事が起きても、ちゃんと自己解決出来たり、自分の中で納める事が出来るのです。

それより、周りに不平不満を口に出し、周りの人を不快な気持ちにさせる方がよっぽど辛いと感じているのかもしれません。

「かわいそう」という言葉を使わない人

「本当に優しい人」は、他人に対して「かわいそう」と、いう言葉は使いません。

先程の「同情」の話と重なりますが、同情するより「相手がどうすれば生きてくるのか」、また「相手のためになるにはどうすればいいのか?」などを中心に考えています。

そのため、「かわいそう」という言葉を使うことにより、相手を自分より下に見る言い方と、かわいそうと言う言葉を使うことで、何の解決にもならない事を知っています。

「本当に優しい人」は、表面だけの優しさではなく、心から相手の事を考えられる人なのです。

優しい人は優しい分たくさんの傷みを抱え治してきた

「本当に優しい人」は、人を傷つける事はありません。

これまで、苦しい思いや悲しい過去がある事などから、沢山の傷や痛みを抱えて生きてきています。

また、その過去の傷や痛みから、どうすればいいのか、またどうすれば傷や痛みを治す事ができるのか?を知っているのです。

だからこそ、弱っている人を見ても、「どうにかしてあげなければ!」と、思うのではなくその人自身が本当に強くなれる事を応援してあげたいと思っているところがあります。

余計な言葉より、さりげなく一緒に寄り添ってあげたり、勇気を持って相手の間違いを指摘してあげたりする事が出来るのかもしれません。

いじめは受けた人にしか分からない

過去にいじめや不登校になっていた経験がある事もあります。

だからこそ、ニートやいじめに会った人達の傷や痛みを分かる事があるのかもしれません。

いじめは、受けた人にしかわからず、またいじめを受けた人にしか乗り越えられない気持ちがある事もしっています。

だからこそ人の傷みが分かる人になれる

だからこそ、人の傷みが分かり、またどのように対応してあげる事がベストなのかを知っています。

同情してあげるだけの人には、いじめや過去に傷ついた経験のある人に、そんな深層心理まで理解してあげる事は出来ません。

上っ面だけの対応になってしまいます。

人の傷みが分かるからこそ、相手の求めるもの、相手に必要なものがきちんと理解できているのではないでしょうか。

言葉に重みがある

相手に必要なものがきちんと理解できているるからこそ、いじめや過去に傷ついた経験のある人に対して、どんな言葉が必要なのかを理解しています。

また、これまでの経験から、しっかり言葉に重みがあるのある人も多いのです。

「本当に優しい人」は、自分の評価や人からどのように見られているのかという心配より、相手に気づきを与えたり、相手の傷が少しでも癒える、治せる事を考えます。

なので、自分の過去をさらけ出す事もしません。

自分の過去をさらけ出し、相手を説得しようとしても難しいところはあります。

人によっては、「あんたの辛い過去なんか聞きたくない」何て思われてしまいますからね。

それより、深い言葉や重みのある言葉から相手から「この人も、過去に辛い経験があるのかな?」と思わせる事が出来、「知りたい!」と思わせた時に初めて自分の過去を話し出します。

「本当に優しい人」は、そんな人なのかもしれません。

人によって態度を変えない

「本当に優しい人」は、「人を選ばない」という事を何度もお伝えしてきましたが、特に人を見て態度を変えたり、また人に媚ったり、損得勘定で衝動的な行動をとる事はありません。

人により態度を変える事は、見ている周りの人が不快になり、気持ちのいいものでもありません。

人により態度を変える事で、「この人は人の足元を見て判断する人だな」と思われたり、「人を選ぶ人」などと思われる事に繋がります。

人を選ぶ人と思われる事で、不誠実に思われたり、信用されない事にも繋がります。

「本当に優しい人」は、不誠実、信用されないなどのキーワードは

信頼をたくさん得ている優しい人

「本当に優しい人」は、つまり、「信頼」されている優しい人になります。

信頼をたくさん得ているため、下心や裏があるように見えることもありません。

皆んなが安心して、「本当に優しい人」に声をかけたくなります。

また、話を聞いて欲しい気持ちになります。

信頼されている人は、尊敬されている人も多く、沢山の成功事例もあります。

人によってコロコロ態度が変わる人になんて信用や信頼する事は出来ませんよね。

だって、信用した途端に手の裏返されたり、言っていることが変わってきていれば誰だって不審に思いますし、信用だってガタ落ちですよね。

毎回言っていることがコロコロ変わる事や自分の都合のいいように誘導されている事が分かった瞬間に、一気に引いてしまいます。

相談しやすい優しい人

相談しても、誠実にその相談と向き合って対応してもらえる事で、信頼に繋がり、また相談した人が、「本当に優しい人」に相談して、解決する事が出来ればまた「本当に優しい人」に頼りたくなるわけです。

このように、「本当に優しい人」は相談しやすいだけでなく、誠実な人柄とこれまでの信頼から、「本当に優しい人」の周りに居る人達を助けて来たのかもしれません。

また、「本当に優しい人」は、見返りを求めることもありません。

そうした態度や対応から、周りの人達も安心して「本当に優しい人」に相談するようになるのかもしれませんね。

損得勘定をしない人

「本当に優しい人」は、「裏表」、「下心」、「見返りを求める」などといったキーワードと無縁になります。

そのため、人を見て損得勘定をしていたり、計算高い事を考える事もありません。

損得勘定しながら人とお付き合いをしていても、いずれは「本当に優しい人」ではないと直ぐにバレてしまいます。

損得勘定はつまり、自分の利益しか考えていないという事になります。

自分の利益や徳ばかりを考える事で、いずれ周りから距離を置かれ一人になる事でしょう。

じごうじとなところもありますが、「本当に優しい人」にはありえない事です。

損得勘定をしてしまう人は、目先の利益しか考えていません。

目先の利益を考える事で、周りが見えなくなってしまいます。

周りが見えなくなってしまうことで、周りからの信用はなくなり、また周りから人が離れていってしまいます。

しかし、損得勘定の上手い人の中にも、世渡りが上手い人も居ます。

上手くはやって行くでしょうが、いずれは本性がバレて信頼してその人とは付き合っていく事は難しいでしょう。

相手の立場になって物事を考えれる人

「本当に優しい人」は、相手の立場になってもの事を考える事が出来ます。

特に相手の目線の高さでもの事を考え流には、それなりの想像力も必要になってきます。

さらに、相手の立場になって様々な方面からもの事を考える事で、その人が最善の選択を出来るようになる事を一生懸命考えます。

もし、あなたが「本当に優しい人」とはどんな人だろう?と考えた時にパッと頭に思い浮かぶ人は、どのような人なのか?をよく想像してみてください。

その人の言動や仕草、振る舞い、さらにどのように感じて、考え、行動しているのか?など、思い出すことで、「本当に優しい人」の姿が分かります。

相手の立場になって考える事が出来れば、相手の目線の高さや気持ちが理解出来ることを知っています。

こんな優しい人になりたいと思えた人を忘れないでいよう

あなたがこれまで出会ってきた「本当に優しい人」は、これまでご紹介してきた特徴の人ばかりではありません。

「こんな優しい人になりたいな…」と、感じた人の事をよく思い出し、あなたの「本当に優しい人」の特徴に付け加えていきましょう。

あなたが、憧れる人の特徴や普段その憧れる人は周りに対して、どのように優しくしているのか?を観察してみもいいですね。

あなたの身近に居る「本当に優しい人」と接する中で、感じた感覚を忘れずに「こんな人で居たい」と言う事を忘れないで下さいね。

その気持ちやその人から学べる事は、いつしかあなたの考え方になり、また土台や基本になります。

人の見返りを求めたり、他人を大切に出来ない人は、それなりの人と関わり、向上心もありません。

あなたの目標となる人をしっかりと脳裏に焼き付け、あなたもその「本当に優しい人」に近付けるよう、行動していきましょう。

優しくなりたいと思ったその時からあなたはきっと変わっていけるはず

いかがでしたか?

あなたの周りの「本当に優しい人」は、13個の特徴に当てはまりましたか?

今日からでも「本当に優しい人」の特徴を取り入れて、あなたもただ優しい人ではなく、「本当に優しい人」になっていきましょう。

あなたが、心の中で「優しくなりたい…」と思った時から、変わる事が出来るでしょう。

憧れる人がいるからこそ、あなたも憧れられる存在になり、またあなたが優し人に憧れる事で、「本当に優しい人」になることができるのです。

あなたの周りにいる、憧れる人や優しい人をピックアップし、その人達の仕草や行動を真似したり、取り入れて継続して行く事で「本当に優しい人」になれるのです。

継続して行動して行く事は、いつしか習慣になり、当たり前になります。

当たり前になった時に、あなたは「本当に優しい人」になっている事でしょう。