CoCoSiA(ココシア)

「いけず」の意味とは?いけずな人5個の特徴!


普段私たちが使っている言葉の中には、意味が複雑で分かりづらいような言葉もたくさん存在しています。

また、方言なども存在するので、自分の地域は使わないような言葉なども世の中にはたくさん存在しています。

だからこそ言葉というものは複雑であり、分からないことがあったりするのもしょうがない部分があります。

しかしながら、簡単な言葉くらいはある程度知っておいたほうが、相手との会話を成立させる上で役に立ちますし、コミュニケーションの面においても困ることが少なくなります。

そこで、今回はぜひ知っておいてほしい言葉として、いけずをテーマにして、いけずの意味やいけずな人の特徴についてご紹介していきます。

いけずという言葉の意味を知らない方は、この機会にいけずという言葉がどのような意味を持っているのか正しくチェックできる機会として活用してください。

「いけず」とは?

あなたはいけずという言葉をこれまで聞いたことがありますか?

大抵の方は一度くらいは聞いたことがあると思いますが、もともといけずという言葉は方言として利用されていました。

主に関西地方で使用されており、関西地方ならではの言葉として知られていましたが、現在においては全国的に知られている方言でもあります。

テレビアニメであったり、漫画などでも用いられてきた表現なので、知らないという方自体は少ないはずです。

しかしながら、なかなか現実的に用いたりする機会も少ない言葉なので、意味を正しく理解できていない方も多く存在しています。

なので、まずはいけずという言葉がどのような意味を持っているのかご紹介していきます。

意地が悪いこと、そういう人やそのさま


いけずという言葉はどのような意味があるのかと言うと「意地が悪いこと、そういう人やそのさま」という意味が存在しています。

先ほどもご紹介した通りいけずという言葉は関西地方の方言としてよく用いられていました。

そしていけずという言葉の意味の中にはその他にも複数の意味が存在しており「悪人、ならず者」などという意味も含まれています。

つまり、いけずという言葉はまず基本的に良い意味で用いられることは少ない言葉であるということがわかります。

しかしながら、多くの方のいけずの印象は悪いイメージとは異なるかもしれません。

なぜならば、いけずという言葉は現実的にはそこまで悪い場面で使われたりすることがあまりないからです。

どういうことかと言いますと、いけずという言葉を使われたりする時には、大抵の場合親しみを込められて用いられていることがほとんどです。

相手に対して憎しみを込めて悪い人ですね、という表現ではなく、あなたって意地悪なのね、という軽い気持ちを伝える場面で用いられます。

なので、いけずという言葉自体は悪い意味を持っていますが、実際はそこまで悪い印象の中で用いられる言葉ではないといえます。

意味だけをとらえてしまうと、勘違いしてしまいそうですが、実際の用いられ方は違うという点は把握しておきましょう。

「いけず」の類語や関連語

ここまではいけずという言葉の意味をご紹介していきましたが、いけずという言葉をさらに理解するために、類義や関連語についてもご紹介していきます。

いけずという言葉は本来の意味と少し違ったニュアンスでも用いられている言葉でもありますので、勘違いして近いしている方も多い言葉です。

だからこそ、類義や関連語を理解することによって、正しく解釈を得られますし、より深い意味を理解することにもつながります。

いけずという言葉の意味を正しく把握し、間違った使い方をしないためにもチェックしてみてください。

主義または習慣上、倫理的に悪い

いけずという言葉の意味を考えた時に、別の言葉で表現するとすれば「主義または習慣上、倫理的に悪い」という言葉の意味で表現することができます。

少し難しい意味に感じるかもしれませんが、そもそも倫理とは人間生活の秩序、つまり人倫の中でふみ行うべき規範の筋道を意味しています。

つまり簡単な言葉で表すとすれば善悪の判断において普遍的な基準となるものを意味しています。

倫理的に悪いということは、善悪の判断を行った時に悪いと考えられるものという意味になります。

なので、主義や習慣上、倫理的に悪いとみなされることが行けずという言葉で表現できるということになります。

では、具体的にどのような言葉はそれを意味する言葉に該当するのか、ご紹介していきます。

極悪

いけずという言葉と似たような意味を持っている類語として「極悪」という言葉が挙げられます。

極悪とはどのような意味なのかというと、「この上なく悪いこと」を意味している言葉です。

あえて説明する必要性はないかもしれませんが、悪いという言葉の上位互換にあたるものが極悪という言葉で表現することができます。

ではなぜいけずという言葉と極悪という言葉が同じような意味を持っている言葉に当たるのかと言うと、いけずは「意地が悪いこと、そういう人やそのさま」という意味があります。

つまり、一般的な人間を想像してみた時に、悪い思考を持っている人間であると考えることができます。

特に意地が悪い考え方を持っているという人は極悪という言葉が似合うように、この上なく悪い人間であるとも捉えることができます。

なので極悪という言葉といけずという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えることができます。

あくどい

次にご紹介するいけずという言葉と似たような意味を持っている類語として「あくどい」という言葉が挙げられます。

あくどいとはどのような意味なのかというと「程度を超えてどぎつい、やり方が行き過ぎてたちが悪い」という意味を持っている言葉です。

そもそもあくどいという言葉の意味自体が勘違いされている場合が多いですが、本来は悪いという意味ではなく、行き過ぎという意味合いで用いられている言葉です。

ではあくどいという言葉といけずという言葉がなぜ同じような意味を持っているのかと言うと、いけずな人はあくどい性格をしていることが多いからです。