普段私たちが使っている言葉の中には、意味が複雑で分かりづらいような言葉もたくさん存在しています。

また、方言なども存在するので、自分の地域は使わないような言葉なども世の中にはたくさん存在しています。

だからこそ言葉というものは複雑であり、分からないことがあったりするのもしょうがない部分があります。

しかしながら、簡単な言葉くらいはある程度知っておいたほうが、相手との会話を成立させる上で役に立ちますし、コミュニケーションの面においても困ることが少なくなります。

そこで、今回はぜひ知っておいてほしい言葉として、いけずをテーマにして、いけずの意味やいけずな人の特徴についてご紹介していきます。

いけずという言葉の意味を知らない方は、この機会にいけずという言葉がどのような意味を持っているのか正しくチェックできる機会として活用してください。

「いけず」とは?

あなたはいけずという言葉をこれまで聞いたことがありますか?

大抵の方は一度くらいは聞いたことがあると思いますが、もともといけずという言葉は方言として利用されていました。

主に関西地方で使用されており、関西地方ならではの言葉として知られていましたが、現在においては全国的に知られている方言でもあります。

テレビアニメであったり、漫画などでも用いられてきた表現なので、知らないという方自体は少ないはずです。

しかしながら、なかなか現実的に用いたりする機会も少ない言葉なので、意味を正しく理解できていない方も多く存在しています。

なので、まずはいけずという言葉がどのような意味を持っているのかご紹介していきます。

意地が悪いこと、そういう人やそのさま


いけずという言葉はどのような意味があるのかと言うと「意地が悪いこと、そういう人やそのさま」という意味が存在しています。

先ほどもご紹介した通りいけずという言葉は関西地方の方言としてよく用いられていました。

そしていけずという言葉の意味の中にはその他にも複数の意味が存在しており「悪人、ならず者」などという意味も含まれています。

つまり、いけずという言葉はまず基本的に良い意味で用いられることは少ない言葉であるということがわかります。

しかしながら、多くの方のいけずの印象は悪いイメージとは異なるかもしれません。

なぜならば、いけずという言葉は現実的にはそこまで悪い場面で使われたりすることがあまりないからです。

どういうことかと言いますと、いけずという言葉を使われたりする時には、大抵の場合親しみを込められて用いられていることがほとんどです。

相手に対して憎しみを込めて悪い人ですね、という表現ではなく、あなたって意地悪なのね、という軽い気持ちを伝える場面で用いられます。

なので、いけずという言葉自体は悪い意味を持っていますが、実際はそこまで悪い印象の中で用いられる言葉ではないといえます。

意味だけをとらえてしまうと、勘違いしてしまいそうですが、実際の用いられ方は違うという点は把握しておきましょう。

「いけず」の類語や関連語

ここまではいけずという言葉の意味をご紹介していきましたが、いけずという言葉をさらに理解するために、類義や関連語についてもご紹介していきます。

いけずという言葉は本来の意味と少し違ったニュアンスでも用いられている言葉でもありますので、勘違いして近いしている方も多い言葉です。

だからこそ、類義や関連語を理解することによって、正しく解釈を得られますし、より深い意味を理解することにもつながります。

いけずという言葉の意味を正しく把握し、間違った使い方をしないためにもチェックしてみてください。

主義または習慣上、倫理的に悪い

いけずという言葉の意味を考えた時に、別の言葉で表現するとすれば「主義または習慣上、倫理的に悪い」という言葉の意味で表現することができます。

少し難しい意味に感じるかもしれませんが、そもそも倫理とは人間生活の秩序、つまり人倫の中でふみ行うべき規範の筋道を意味しています。

つまり簡単な言葉で表すとすれば善悪の判断において普遍的な基準となるものを意味しています。

倫理的に悪いということは、善悪の判断を行った時に悪いと考えられるものという意味になります。

なので、主義や習慣上、倫理的に悪いとみなされることが行けずという言葉で表現できるということになります。

では、具体的にどのような言葉はそれを意味する言葉に該当するのか、ご紹介していきます。

極悪

いけずという言葉と似たような意味を持っている類語として「極悪」という言葉が挙げられます。

極悪とはどのような意味なのかというと、「この上なく悪いこと」を意味している言葉です。

あえて説明する必要性はないかもしれませんが、悪いという言葉の上位互換にあたるものが極悪という言葉で表現することができます。

ではなぜいけずという言葉と極悪という言葉が同じような意味を持っている言葉に当たるのかと言うと、いけずは「意地が悪いこと、そういう人やそのさま」という意味があります。

つまり、一般的な人間を想像してみた時に、悪い思考を持っている人間であると考えることができます。

特に意地が悪い考え方を持っているという人は極悪という言葉が似合うように、この上なく悪い人間であるとも捉えることができます。

なので極悪という言葉といけずという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えることができます。

あくどい

次にご紹介するいけずという言葉と似たような意味を持っている類語として「あくどい」という言葉が挙げられます。

あくどいとはどのような意味なのかというと「程度を超えてどぎつい、やり方が行き過ぎてたちが悪い」という意味を持っている言葉です。

そもそもあくどいという言葉の意味自体が勘違いされている場合が多いですが、本来は悪いという意味ではなく、行き過ぎという意味合いで用いられている言葉です。

ではあくどいという言葉といけずという言葉がなぜ同じような意味を持っているのかと言うと、いけずな人はあくどい性格をしていることが多いからです。

いけずな人とは、意地が悪いという意味が存在しており、意地が悪い人ほどたちが悪いとも言えます。

一般的な程度を超えていたり、やり方がきついからこそ、悪さが際立っていると考えることができます。

つまり、いけずな人ほど、あくどい要素を併せ持っていると考えることができますので、結果的に同じような意味を持っている類語であると考えることができるということです。

腹黒

次にご紹介するいけずという言葉と似たような意味を持っている類語として「腹黒」という言葉が挙げられます。

腹黒とはどのような意味かというと、そのままの意味で「腹黒い人」という意味があります。

腹黒いとは具体的にどういうことかと言いますと、簡単に言えばいい人そうに見えて実は裏があるような人間のことを意味しています。

例えば表面上は愛想が良かったとしても、裏では人と悪口を言ったりするような人間は世の中に存在していますよね。

そのような人間を腹黒い人間という言葉で表現することができます。

では腹黒という言葉といけずという言葉がなぜ類語の関係性にあるのかと言うと、そもそもいけずな人は意地が悪い人を意味しています。

意地が悪い人とは、意地悪な人を意味しており、陰湿で悪い考え方を持っている人であると捉えることができます。

そして腹黒ということを考えてみても、表面上では愛想よくしていて裏でそれを裏切っているということを考えられるので、陰湿で悪い人間という特徴が合致します。

なので腹黒という言葉といけずという言葉は同じような意味を持っている類語であると判断することができます。

【腹黒い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

連想される言葉

ここまではいけずという言葉と同じような意味を持った類語についてご紹介していきました。

そしてここからはいけずという言葉から連想される言葉について触れていきます。

いけずという言葉の意味を考えてみると、様々な言葉が連想できますが、その中でも特に連想される言葉をご紹介していきます。

連想できる言葉をチェックすることで、さらにいけずという言葉の意味を理解することにもつながりますので、この機会にチェックしてみましょう。

嫌味

いけずという言葉から連想される言葉として「嫌味」という言葉が挙げられます。

なぜ嫌味という言葉が行けずという言葉から連想されるのかというと、いけずとは意地が悪い人間を意味しています。

そして、意地が悪い人間を考えてみると、嫌味を言う人間が連想されます。

一度くらいは嫌味を言ったりするような人間と関わったことがあると思いますが、基本的に嫌味を言う人間は卑屈な考え方をしている人間が多いです。

人の幸せを喜ぶことができない人間だったり、物事を素直に受け取ることができないような人間である場合がほとんどです。

また、その多くの場合は基本的に人間性が意地が悪い場合が多く、少しひねくれた考え方をしている場合が多いです。

なのでいけずという言葉を考えた時に、嫌味という言葉を連想することができると言えます。

いけずな人の5個の特徴

ここまではいけずという言葉と同じような意味を持った類語や関連した言葉などについてご紹介していきました。

ある程度いけずという言葉について理解いただけたところで、ここからはいけずな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

あなたの周りももしかしたらいけずな人が存在しているかもしれませんね。

一見するといけずな印象を持っている人はあまり良い印象で思われる可能性は少ないかもしれません。

しかしながら、いけずだからこその魅力というものも存在しているはずです。

いけずな人にはどのような特徴があり、どのような魅力があるのか、はたまたどのようなマイナスな印象になってしまうのか、チェックしてみてください。

1.プライドが高い


まずはじめにご紹介するいけずな人の特徴として「プライドが高い」ということが挙げられます。

なぜいけずな人はプライドが高いのかと言うと、そもそもいけずな人とは意地が悪い人という特徴を持っています。

では、意地が悪い人とはどのような人なのかというと、様々な特徴を持っていると考えられますがその中の一つに強情であるということが考えられます。

強情とは意地が強く、一度こうと決めたらそれを守り通す態度や様子のことを意味している言葉です。

あなたの周りをこうと決めたら絶対にそうするような人間はいませんか?

自分自身の意志が強く、自分がこうだと思ったらそれを絶対に貫き通すような意思の強い人は必ず一人くらいはいるはずです。

それはひとつの魅力にも感じることができますが、場合によってはそれがデメリットに繋がってしまう可能性もあります。

例えば、間違っているのに自分がそう決めたら絶対にそれを貫き通すと言うわからずやな一面も併せ持っている可能性があると考えられるからです。

別の意味でご紹介すると頑固という言葉で表現することができるかもしれませんが、強情な人はプライドが高いからこそ意思を曲げられないといえます。

なので、いけずな人は強情であり、強情であるからこそプライドが高いので、いけずな人はプライドが高いという特徴を持っていると考えることができます。

自分が一番だと思っている

そもそもいけずな人を考えてみた時に、共通するひとつの特徴として自分が一番だと思っている節が存在しています。

どういうことかと言いますと、自分自身が一番だと思っているからこそ自分自身の考え方を絶対に負けないということにつながっています。

自分自身が一番だと思っている人は自分自身が正しいと思い、自分自身の考えを疑ったりすることは基本的にありませんよね。

もちろん自分のことを信じる気持ちというものは非常に重要なことであり、自分に自信を持つことがとても素晴らしいことでもあります。

しかしながら、間違っているものはまちがっていると素直に認められるのことも一つの強さであり、人生においては非常に大切なことでもあります。

なので、自分が一番だと思うという事に関しては時には良い面として見られ、時には悪い面として見られてしまう可能性もあります。

特に強情な一面をもっている人に関しては、どうしても悪い印象につながってしまいやすいですし、悪い場面で発揮される可能性も高いです。

もしも自分が一番だと思っている人は、それが悪い印象を招いている可能性があるということもきちんと理解した上で普段から行動しておかなければいけません。

悪い印象につなげたくないのであれば、せめて自分が間違っているか正しいのかということを正常に判断できないレベルまでプライドを保たないようにしてください。

2.噂話や悪口が好き

次にご紹介するいけずな人の特徴として「噂話や悪口が好き」ということが挙げられます。

なぜいけずな人が噂話や悪口が好きな特徴を持っているのかというと、そもそもいけずという言葉の意味の中には意地の悪い様と言う意味が存在しています。

今現在ではいけずという言葉を使う場合は相手に対して軽い冗談の意味も含めて意地悪という言葉の意味で使われることがほとんどです。

しかしながら本来の意味は、相手が意地悪な場合や、にくたらしい場合などに使われる言葉なので、あまり良い言葉の意味では用いられていません。

そして、意地が悪い人やにくたらしい人を想像してみると、大抵の人が噂話や悪口が好きな人が多いです。

あなたの周りにも噂話や悪口が好きな人は一人ぐらいはいると思います。

噂話や悪口が好きな人は決まって本当ではないことを本当かのように話したりしますし、人が困っている姿を見て楽しんでいたりするような人間性を持っている人が多いです。

本当かどうかもわからないのに噂話を信じたり、人が悪くなるようなことを話したりするのが楽しいと思っている人はそもそも人間的に魅力的な人ではありません。

悪口を言われるか分からしてみると憎たらしい人間ですし、意地悪だと感じることもほとんどだと言えます。

なので、噂話や悪口が好きな人はいけずな人であり、いけずな人の特徴に該当すると考えることができます。

自分以外の話題で

いけずな人を考えた時に噂話や悪口が好きな人が該当するとこ紹介しました。

そもそもいけずな人は噂話や悪口をする時には決まって自分以外の人のことばかり話す特徴があります。

当然自分が悪くなるような話や、自分にとって都合が悪いような話を進んでするはずがありませんよね。

まさに他人の不幸は蜜の味というような考え方を持っている人が多く、自分以外の話題で悪口があれば率先して話すような人ばかりだと言えます。

元々人の悪口などを言ったりして楽しんだりしている人に関しては人の悪口を言うことに抵抗自体を感じていない場合がほとんどです。

悪口を言うことに対して抵抗を感じないということは、言い換えてみれば人の気持ちをうまく理解することができない人間である可能性が高いです。

人の気持ちを考えて行動できる人間であれば安易に悪口を言ったりすることもありませんし、それが本当か噂なのかわからないレベルのことは話したりすることがありません。

つまりいけずな人は自己中心的な考えを持っている人であり、人の気持ちを考えることができないような人間性を持っていると判断されます。

いけずという言葉はちょっとした意地悪な人という意味合いで用いられることが多いですが、実際にはかなり悪い意味合いで用いられる言葉でもあります。

なので改めていけずという言葉の意味を理解し、相手に対していけずという言葉を使わ際には十分注意した上で使用するようにしてください。

情報収集も兼ねて

噂話や悪口が好きな人に関しては情報収集も兼ねてそのような行動を行っている可能性があります。

そもそも噂話や悪口を行うことを一緒のコミュニケーションツールとして用いている可能性が高いからです。

本来であれば噂話を行ったり悪口を言うということは相手に対して良い印象に残らないはずですよね。

つまりそのような行動を行うことによって、自分自身が悪い人間であるということをアピールしてしまうことにつながってしまいます。

なので普通の感性を持っているのであればあまり積極的に悪口を言ったり、噂話をしたりすることはありません。

しかし、コミュニケーションツールとして活用したり、情報収集などを兼ねて行っている人に関しては、悪口や噂話が日常化してしまっている可能性があります。

この世になってしまうと意識していなくても自然と悪口を言ってしまったり噂話をしてしまったりしてしまいがちになります。

それは自分自身の価値を貶めてしまう行為につながってしまいますし、周りからは白い目で見られる可能性もあります。

いけずと思われてしまう可能性も高まってしまいますので、人の噂話や悪口などは極力いわないように注意する必要性があります。

もしもどうしても悪口を言いたくなってしまうのであれば、家族や絶対にその話を他言しない友人なのに喋るように注意して下さい。

3.口がうまい

次にご紹介するいけずな人の特徴として「口がうまい」ということが挙げられます。

なぜいけずな人は口が上手い特徴を持っているのかと言うと、そもそもいけずな人はどちらかといえばおしゃべりが得意な人が多いからだと言えます。

元々性格自体があまり人と喋ることを好んでいないような人だったり、人と話すことが苦手な人に関しては口下手な人が多いですよね。

そのような人に関してはあまり人の話をする機会がないので、あまり饒舌だったりすることはありません。

しかしながら、いけずな人の場合はどちらかといえば人と話をすることに長けている人が多く、話すことが多い分、人と喋ることが得意な人がとても多い特徴があります。

先ほどもご紹介したように元々いけずな人は人の悪口や噂話をしたりすることが好きなので、同じコミュニティの中で常にそのような事喋っている可能性が高いです。

そのような人の場合は様々なことをペラペラ喋ったりすることが習慣化しているので、当然物事を表現したりすることもうまくなります。

また、噂話や悪口を言っているという側面から、何らかのことを問い詰められたりしたときも言い訳をしたりすることが上手な人が多いです。

なので結果的に行けずな人は口が上手い人が多く、饒舌な人が多いという特徴を持っていると考えることができます。

一見、親切

口がうまいということは考えてみれば一つの魅力であると考えることができます。

なぜならば口が上手い人は様々な表現をすることが上手な人も多く存在しており、一般的に考えると会話が上手い人が多いと言えます。

その逆に人と喋り慣れていない人の場合は物事の表現などが下手な人が多いので、会話がつまらなく感じてしまう人が多いです。

その点を考えてみると口が上手い人の方が人間関係を形成する上で非常にメリットが強く、一つの大きな魅力であると考えることもできます。

しかしながら悪口や噂話をしたりする人はあまり良い目線では見られませんし、人から白い目で見られる可能性も高いです。

一見すると親切な印象を見受けられるかもしれませんが、口がうまい人ほど愛想が良かったりもしますし、逆に裏が激しい場合などもあります。

なので、いけずな人だからこそのメリットや魅力も存在する一方、デメリットや魅力的ではない点も存在するということを改めて認識してください。

4.人に厳しく自分に甘い

次にご紹介するいけずな人の特徴として「人に厳しく自分に甘い」ということが挙げられます。

なぜいけずな人は人に厳しく自分自身に甘いのかというと、元々いけずな人は意地悪な性格をしている人が多いです。

意地悪な性格をしているからこそ、周りから嫌われてしまうような人間性であると考えられるからです。

そして、意地悪な性格を考えてみたときに、該当するひとつの特徴としてはやはり人にばかりものを言って自分自身のことは何もしないという人間性です。

人にはいつも厳しいくせに自分は甘く、自分はしっかりと物事を行っていないのはやはり嫌われてしまい性格の代表例であるといえます。

元々いけずな人は自分自身にプライドを持っており、自分がこうだと決めたことを簡単に負けたりすることがありません。

悪い面で考えてみるとそう思い込んでしまうと周りが何を言っても聞く気を持たないので、様々な物事を自分の尺度で考えてしまいがちになります。

などで結果的に偏った考え方になり、人に厳しく自分に甘いような性格になってしまうと考えることができます。

自分ことは棚にあげる

人に厳しく自分に甘い性格をしている人は基本的に自分のことはすべて棚に上げる傾向にあります。

人には厳しく言うくせに自分ができていない時には甘い性格をしているので、基本的に周りに対して示しがつかないような性格をしていることが多いです。

しかしながらこのような性格をしている場合、当然ながら人からは嫌われてしまいますし、人から認められることは原則ありません。

本当に魅力的な人間は自分のことは棚にあげず、真摯に物事を受け止めることができる強さを持っているため、自然と人から魅力的に感じられるようになります。

しかしながら、自分の弱さを受け入れることができない人間は当然周りからは見透かされてしまいますので、魅力的な人間だと思われることはありません。

人に厳しく自分に甘い性格をしている人は周りの人からいけずな人だと思われてしまい、嫌われてしまう可能性が高まります。

もしも自分自身を振り返った時に、日常生活の中でこのような行動を行ったり考えたりしているのであれば必ず注意するようにしてください。

人の失敗には敏感

人に厳しく自分に甘い性格をしている人は、人の失敗には人一倍敏感に反応する特徴を持っています。

なぜ人の失敗に対して人一倍敏感に反応するのかと言うと、そもそもそれを楽しんでいる可能性があるからです。

先ほどご紹介してように、いけずな人は人の悪口を言ったり、噂話をしたりするのが好きな場合が多いです。

つまり、人の粗を探したりすることが好きで、人の弱点を突いたりすることが大好きな人間性を持っていると言えます。

その根底にあるのは自分自身が本当の意味で自信を持っていないという可能性も考えられます。

なぜならば自分に自信がないからこそ周りの人間の粗を探して、自分が優位に立とうと考えている可能性があるからです。

本当に優れた人間は周りの人をバカにしたりすることもありませんし、周りの人を下に見たりすることもありません。

人の失敗に対して敏感に反応したり、それをいじったりすることはそうすることでしか自分の優位性を保つことができないという現れでもあります。

つまりそのようなことを行っているということは自分自身が弱いということにもつながりますので、人の失敗に対していちいち反応するような考え方は持たないようにするべきです。

もしも自分がこのような考え方を持っている場合、いけずな人の特徴に該当するといえるので、注意してください。

5.おしゃべりである

次にご紹介するいけずな人の特徴として「おしゃべりである」ということが挙げられます。

なぜいけずな人はおしゃべりな特徴を持っているのかと言うと、先ほどご紹介した口がうまいという特徴が大きく関係していると言えます。

先ほどもご紹介したようにいけずな人とはもともと口がうまく、人と話すことなどが上手な人である可能性が高いです。

なぜならば、そもそも噂話や悪口をするのが好きな人間性を持っている人が多く、常に様々なことを喋っているからです。

だからこそ人と喋ることが上手な性格をしており、人と喋るのが上手だからこそたくさんの人と喋ったりする機会が多くなります。

なので基本的に行けずな人はおしゃべりな性格をしている人が多いと考えられ、いけずな人の特徴として考えることができます。

口が軽い

いけずな人はおしゃべりある可能性が高いとお伝えしましたが、それと同時にいけずな人は口が軽いという特徴も併せ持っています。

なぜいけずな人は口が軽いのかと言うと、元々噂話や悪口を言ったりするのが好きな性格をしており、常に様々な情報収集を行っている場合が多いです。

そこで新しく仕入れた情報などをいつも悪口噂話をしているグループの人間に対して話したりするので、基本的に口が軽い人が多いということになります。

そして口が軽いからこそすぐに人と喋ったりするので、おしゃべりな特徴を併せ持っていると考えることができます。

しかしながらそれが本当の話かどうかということを確証もなくに人に話したり、人が嫌がるようなことを簡単に喋ったりするのは、あまり良い性格であるとは言えません。

いつもこのようなことをしていると自然と周りの人には勘づかれてしまいますし、次第に自分自身の立場がなくなっていくようになります。

それは自分自身を陥れてしまう行為にも繋がるので、普段から口が軽い人は口は災いの元であるということを自覚して簡単に喋ったりすることはしないように注意しましょう。

いけずな人と思われないように

今回はいけずという言葉をテーマにして、いけずという言葉の意味や類語、関連語などをご紹介していきました。

また、いけずな人の特徴などもあわせてご紹介していきましたが、もしも自分自身を振り返っていけずな特徴が該当しているのであれば、注意が必要です。

周りの人からいけずだと思われてしまうと、自分自身の印象が悪くなってしまう可能性が高まります。

人の噂話をしたり、悪口を言ったりしてしまいたい気持ちになることもあるかもしれませんが、それをぐっと我慢することで強い自分を得ることができます。

もしもどうしても我慢できないという時には、無害な人にだけこっそり愚痴をこぼすなどの工夫が必ず必要になるといえます。

そうした工夫を行うことによって、周りから悪い印象を持たれたりすることを少なくすることもできるようになります。

上手に立ち回れるように工夫をしながら、なるべく周りの人にいけずな人と思われないように注意をしてみてください。