CoCoSiA(ココシア)

献身的の意味とは?献身的な女性の6...(続き4)

しかしそこから一歩を踏み出して、人を助けることが出来る人が献身的な人です。

女性の場合は母性も働きますので、単に困っている人を手伝うという感覚よりも、「助けてあげたい」「守ってあげたい」と思う気持ちの方が強いでしょう。

困っている人を放っておけないという気持ちも、そうした母性から生まれている可能性は高いです。

よく相談にのる

献身的な人、とりわけ母性の強い人は、困っている人や悩んでいる人がいると、「自分が力になってあげたい」と感じます。

そして「自分に出来ることはないか」という思いから、積極的に相手の相談にのることが多いです。

女性は男性よりも共感能力が高いため、他人の悩みに対しても、それをまるで自分のことのように感じ、親身になって相談にのります。

辛い経験をした人の話を聞くと、自分がもしも同じ立場だったらと考えて、相手の思いに同情したり、自分だったらどうするのかをアドバイスしたりもするでしょう。

そうした悩み相談に関しては、女性の方が男性よりも得意分野ですので、より積極的に他人の悩みを聞いたり、相談にのったりすることがあるでしょう。

3.気遣いができる

女性は比較的、男性よりも細やかな気遣いが出来ると言われていますが、献身的な女性の場合、その気遣いがかなり上手です。

例えば飲み会をしていて、料理を取り分けたり飲み物が全員に行き届いているかを確認したりすることは、女性だけでなく男性でも出来ることでしょう。

しかし、目の前に座っている人が何かを注文したそうにしている様子や、隣に座っている人がお手洗いに行きたそうにしている様子などは、相手をよく観察していなければ分からないことでしょう。

気が利く女性は大勢いますが、いくら気が利くとはいってもいつまでも周りの様子を観察し続けることはありません。

一方で献身的な女性の場合は、常に周囲の様子を観察することが習慣化されていますので、自分も飲み食いしながらもいつも周りを観察しているため、そうした前や隣の人の些細な変化にも目敏く気が付きます。

そして素早く位置を移動したり店員を呼んだりしますので、気配り上手が周りにもよく伝わります。

常に周囲に気を配っている

ちょっと気が利く程度の人や、計算して周りに気遣い上手をアピールしようとする女性の場合、どうしても細かい部分にまでは気が回らないことが多いです。

例えば目の前の人を気遣うことは出来ても、遠い位置にいる人のことまでは気遣えないでしょう。

また男性にばかり気遣いを発揮しても、女性に対してまったくの気遣いゼロではそれが計算だと直ぐにバレてしまうでしょう。

しかし献身的な女性の場合、性別や立場の違いに関係なく常に周囲に気を配っています。

それが癖になっているため気遣いで疲れることもありませんし、自然な気遣いですのでわざとらしさもまったく感じさせることはないでしょう。

4.誰にでも優しい

献身的な女性は、基本的に誰にでも優しいです。

どんなに手を差し伸べても同じような悪事を繰り返す人に対しては、どこかで見捨てる時があるかもしれません。

しかしそうでない限りは、どんな人に対しても平等に接しますので、同じように優しいでしょう。

普段は一人でやっていける人に対しても、誰かがいなくては生きていけないような弱い人に対しても同じ接し方をしますので、強い人にも弱い人にも好かれる傾向があります。

また、人間観察能力にも優れていますので、強い人の強がりや内面の落ち込んだ感情にも気づきやすく、そんな時には優しく背中を撫でたり、悩みを聞いてあげたりするでしょう。

また、図々しく縋ってくる人に対しても、どうにかその人が一人でも立っていられるようにと手を差し伸べて一緒に方法を考えます。

献身的な女性は人の助けになることを喜びとしていますので、それで自分が苦労したり疲れたりすることがあっても、それがストレスとなって自分の負担になることはありません。

だからこそどんな人にもいつも優しくいられるのでしょう。

5.ポジティブ

献身的な女性は常にポジティブです。

自分に対して落ち込むことはあっても、誰かが困っていればそれをどこかへ追いやって、その人のために全力を注ごうとします。

そして困っている人を助けることが出来たなら、「この人の役に立てて良かった」と自分自身の行動に満足しますので、その満足感や充実感が大きいほど、悩んでいたこともどうでもよくなってしまい、また前向きで明るい自分を取り戻すことが出来るでしょう。

献身的な女性にとっては、自分の悩みよりも他人の悩みの方が重要に感じられますし、他人の助けになれることを何よりも嬉しいと感じますので、誰かのためになれることが自分にとっても一番の喜びとなります。

世の中には誰かに助けて欲しいと思っている人はたくさんいますので、そうした人の力になることで、献身的な女性は自身のポジティブさを保つことが出来ているとも言えるでしょう。

精神が強い

献身的になるということは、自分のことよりも他人の方を大切にするということです。

自分の体調が悪くても、同じように体調不良の人がいればそちらを優先して看病しようとしますし、自分の仕事が終わっていなくても、他の人の仕事を手伝ったりするような自己犠牲の精神があります。

「自分のことは自分でやる」という価値観を持っている人は、そこまでの手助けは出来ませんし、利己的な人はもっと献身的になるのは不可能でしょう。

献身的でいるには、それだけ徹底して「誰かのためになろう」とする強い気持ちが求められます。

そのため実際に献身的な女性というのは、一見優しく見えても、その精神は普通の人よりもとても強いのです。

6.時には厳しいことも言う

献身的というのは、ただひたすらに優しいわけではありません。

挫折を繰り返して落ち込んでいる人がいれば、側で励ましてあげますが、それは相手を甘やかしているわけではありません。

「もう無理しないでいいからね」と諦めを促すのではなく、「本気でやりたいのなら落ち込んでいる暇はないのよ」と叱咤激励して、相手のやる気を取り戻させようとします。

献身的な女性は一見優しいだけのように思えますが、実際には時に厳しいことも言いますし、甘えている人の背中を叩くこともあります。

しかしそれらはすべて相手に対する思い遣りの気持ちからであり、相手のことを本当に大切に思うからこそ、時には厳しく接することもあるのでしょう。

厳しいことを言っても決して自分を見捨てることなく、常に側で励ましてくれる存在がもしもあなたの側にいるのなら、その人はきっと献身的な女性なのでしょう。