人間が社会生活を送っていく中で、本音をそのまま口にすることは滅多にありません。

日本の社会の中では特に、本音と建前という文化があるので、そう簡単に開いての本心を除くようなことはできないと思っておいた方が良いでしょう。

さらには社交辞令があることを考えると、目の前の人がいったいどのような意味でそれを口にしたのかということを、常に考えなければいけなくなります。

これらの社交辞令や建前を見抜くためには、しっかりと相手の表情や仕草を見ていなければいけません。

また、それまでの関係性などを考えなければいけないという面倒さがありますよね。

もちろん、言葉のチョイスも本音と建前ではかなり異なるはずです。

ただし、中には、社交辞令で使うこともあれば、本音で使うこともある言葉というものもありますよね。

本気にしたらバカを見そうだけど、社交辞令だと思ったら相手は本気だったというすれ違いを生むこともあります。

ここではそんな言葉の一つである「機会があれば」について見てみることにしましょう。

この言葉にはどのような意味が込められており、どのように対処するのが正しいのでしょうか。

「機会があれば」を使う時

「機会があれば」という言葉は便利ですよね。

相手を誘うような言葉でありながらも、全くその気がないときにも使うことができます。

否定をしている言葉でもありませんし、積極的に賛成している言葉と言うわけでもありません。

この言葉を言われたときに考えられるのは、二つの意味です。

「機会があれば」を口にされるのは、いったいどのような状況の時なのでしょうか。

時期が来たら本当にしたいと思っている

「機会があれば」という言葉を使うとき、相手は時期がしたら本当にしたいと思っている可能性があります。

ただし、すぐにしたいほど熱心にしているわけではなく、ちょうど良いと思うタイミングが着たらしたいのです。

もしそのタイミングが来たと思ったときには、躊躇うことはないでしょう。

すぐに行動に移すことができるはずなのです。

ただ、この言葉を言ったときには、まだそれをする時期ではないと思っているだけなのです。

例えば、それをするのにお金が凄く必要だということもありますよね。

お金が溜まっていないので、したいと思っているのにできないということがあるでしょう。

そんなときには、「そんな機会があれば」「機会ができたら」という表現をすることで、取り敢えず仮の約束を取り付けたような気分になるのです。

こういった意味でこの言葉を使っているときには、忘れたころに誘いが来る可能性もあるでしょう。

社交辞令

「機会があれば」という言葉を使ったときには、完全な社交辞令ということもあるでしょう。

「機会があれば」ということは、その機会が訪れなければ、一生することはないということになりますよね。

そして、その「機会」は作らなければ良い話なのです。

ただ、そのことを相手にストレートに告げる必要はありません。

また、面と向かって誘いを拒絶するのも角が立ちそうで嫌だと考える人も少なくないでしょう。

相手の言っていることを完全に否定するようなことはせずに、肯定の意味の返事をしないというのは、礼儀正しく相手から逃げるときには必要なテクニックです。

「今度ここに行ってみませんか?」「(機会を作る気は全くないけれど)機会があればご一緒しましょう」という意味を込めてのそれは、頻繁に見られるやり取りです。

この場合には、遠回しとは言え、完全に断られたのと同じことになるでしょう。

最も、これは相手に本心を聞いてみるわけにもいきませんから、相手の返事が社交辞令なのかどうかで頭を悩ませてしまう人も少なくありません。

「機会があれば」と好きな人に言われた時の5個の対処法

「機会があれば」という言葉はとても便利ですよね。

本心で言っているようにも聞こえますし、完全な社交辞令として使われることも良くあります。

全く気のない返事と言うわけではないからこそ、どのように解釈して良いのか分からない言葉なのです。

最も、社交辞令でのお誘いは良くある話ですから、社交辞令の誘いに「機会があれば」と返されたときにはホッとしますよね。

ですが、その誘いが本心だった時にはどうすれば良いのでしょうか。

また、誘いをかけた相手が好きな人だったらどうしたら良いのでしょうか。

相手がどのように思っているのか気になってしまいますし、完全に玉砕と考えるのは辛いですよね。

大好きな人から「機会があれば」と返されてしまったときの対処法について、詳しく見てみることにしましょう。

1.すぐ誘わない

誘ったのに相手に「機会があれば」と言われてしまったときには、すぐに次に誘わないということも大切です。

「機会があれば」というのは「今すぐに」と意味では全くありません。

むしろ、すぐには行きたくないと言われているのと同じような意味です。

相手に少しはその気があったとしても、すぐに誘われてしまっては、同じ返事をするしかないでしょう。

「機会があれば」というのは、「今は無理だから空気を読んでほしい」と言われているのとほとんど同じような意味です。

これは一番良い意味に解釈した時の話であって「全く行く気はない」という意味で使われていることもあります。

どちらにせよ、すぐに誘って快い返事が返ってくるような状態ではないということです。

まずは一旦退却して、様子を見てからもう一度誘いをかけるようにした方が良いでしょう。

気が急いてもすぐに次の誘いをかけないように気をつけましょう。

しつこく催促しない

「機会があれば」という言葉をお断りの意味で使っているような場合には、次にすぐ誘われると、今度は煩わしくなってきます。

曖昧な言葉で断って逃げたはずなのに、空気の読めない相手がまた誘ってくると、だんだんその相手のことが嫌いになってきますよね。

「もっときっぱり断らなければ分かってもらえないのか」と思われてしまいます。

これは二重の意味でショックですよね。

空気の読めない人だと相手から嫌われてしまうことが一つ目のショックです。

二つ目のショックは、さらに厳しい言葉で誘いを断られる可能性が高まるということです。

「機会があれば」というのは、何度も続けて使えるような言葉ではありません。

しつこく催促するようなことを言って、ポジティブな結果になることはまずないと考えてください。

むしろ、しつこく催促しているだけ相手からの返事は悪いものになっていくと思った方が良いでしょう。

2.明るくその場をおさめる


「機会があれば」という言葉を返したときには、相手は、ある意味で相手の反応をとても怖く感じています。

「機会があれば」という言葉自体が社交辞令として使われることが多いというのは有名な話で、それを受け取った人がどのように思うのか、とても気にしています。

そこでぐいぐい来られても、それはそれで困りますが、傷ついたような顔をされても困りますよね。

「機会があれば」はとても便利に使うことができますし、相手にあいまいな意思を伝えることもできます。

それに対する反応は様々で、例えば、明るくその場を収めてくれる人なら、「機会があれば」と口にした張本人はとてもホッとするでしょう。

空気を読める人だったということにもホッとしますし、うまくはっきりした約束をすることなく逃げられたということにもホッとするはずです。

悪い印象を与えないように

「機会があれば」という言葉をもらったときには、悪い印象を与えないようにすることが大切です。

「機会があれば」は、相手からしてみれば便利なお誘いの断り文句です。

いずれ機会があれば本当に行くつもりがあったとしても、現在の段階では断るという意味に違いありません。

そして、そんなこと割文句をもらったときの相手の態度は、これからの付き合いを決める指標ともなります。

社交辞令や、この場ではその気がない相手に対してどのように対応をできるのか、という意味での物差しです。

明るくその場を収めてくれるような人なら、好感度がアップするでしょう。

一方で、悪い反応を返すと、その後の「機会」が訪れる可能性は非常に低くなってしまうはずです。

3.主導権を握る

「機会があれば」と口にする人は、どちらかというと曖昧で気持ちが定まっていない状態にあるとも言えるでしょう。

あからさまな社交辞令だと分かるような態度でもなければ、「どちらでも良いけれど、すぐに誘いに乗るのはちょっとなぁ」程度の気持ちかもしれません。

そんなときには、主導権を握ってしまうのも良いのではないでしょうか。

もちろん、主導権を握ると言っても、相手にぐいぐいと迫っていくという意味ではありません。

ただ、関係性を進める主導権を握るというだけなのです。

こちらから連絡しますと伝える

「機会があれば」という気のなさそうな返事をされたときには、まずはそこから引き下がるということも大切です。

一度は引き下がって空気の読めるところを見せるのです。

ですが、そこで相手に全てを委ねてしまっては「機会」など絶対に来るはずがないでしょう。

機会を作るのは、気がある方からでなければいけません。

その場は明るく「分かりました」と言ってから、「それでは、機械がありましたらこちらから連絡いたしますね」と返せばよいのです。

これは社交辞令にも聞こえますし、何と言うことのない軽い言葉のやり取りにも聞こえますが、主導権を握るためにはとても大切な言葉だとも言えるでしょう。

相手に任せているとできるかもわからない機会を作るのは自分だということを、きちんと相手に表明しておかなければいけません。

こちらからパスができるようにしておく

「こちらから連絡します」という言葉は、相手からのパスを待っているだけではないということも表現できます。

自分からももう一度パスをすることができるという体制を作っておくのです。

「機会があれば」という言葉で逃げられると、相手からのパスを常に待ち続けている状態になります。

そして、そのパスは来ない可能性が高いのです。

だからこそ、パスは自分からも出せるという状態を作っておかなければいけません。

「機会があれば」というような曖昧な言葉で逃げられる程度の関係性で、好きな人が自分から連絡をしてくれる可能性は高くありません。

自分からアプローチをし続けなければいけないような状態の中では、出せるパスの種類を増やしておいた方が後々のためになるでしょう。

4.はっきり伝える


「機会があれば」という言葉を返されてしまったときには、はっきり相手に意思を伝えるというのも良いかもしれません。

適当にあしらおうと思っての言葉なら、真剣な誘いに対しては失礼と言えば失礼ですよね。

社交辞令は、社会の中で生きていく上では必要なものではありますが、きっぱりした返事が欲しい時には、社交辞令はもどかしい思いをするものでもあります。

受け取る方が正しく受け取ろうと努力をするのは大事なことではありますが、考えてみれば、どうしてそのような努力をしなければいけないのかとも思いますよね。

真剣な気持ちでした誘いを社交辞令で躱されてしまうくらいなら、相手にまっすぐぶつかってみるのも良いかもしれません。

社交辞令は嫌なので

「機会があれば」という言葉に対してはっきりと返すのなら、「社交辞令は嫌いなので」という言葉を返せば良いのではないでしょうか。

「機会があれば」という言葉で曖昧に逃げるのは許さないという意志を込めれば、相手も分かってくれるはずです。

そして、その上できちんと考えを話してくれるのではないでしょうか。

好きな人に厳しい態度で臨むのは嫌かもしれませんが、何度も躱されていたり、脈なしなら脈なしで諦めたいと思っているときには、こうした返しをしても問題ないでしょう。

むしろ、真剣に話しているところを躱す方が失礼なのですから、その旨をきちんと伝えるのです。

私に社交辞令は通用しません

もし冗談っぽく、「きちんと返事をしてほしい」ということを伝えるのであれば、「私に社交辞令は通用しません」と返しても良いでしょう。

この言葉は、伝える口調によって色々な意味を込めることができる言葉です。

笑いながら言えば、「社交辞令を言うなんてひどい人ですね」「本気にしますよ」という意味を伝えることができますし、真顔で言えば「真剣にお誘いしたのに社交辞令で返すのは失礼じゃないですか?」という詰問にもなります。

どちらにせよ、「機会があれば」という言葉が逃げだという自覚があるのだとすれば、相手もきちんとした言葉で返してくれるでしょう。

たじろぎはするでしょうが、どちらかだけが曖昧な態度であしらわれるのは不公平ですよね。

5.次の約束をする

「機会があれば」という言葉をかけられたのだとすれば、その場で次の約束をする口実にするのも良いかもしれません。

グイグイ進めること自体が好感度を上げることにはなりませんが、「機会があれば」と口にした人は、大抵はその場で話自体を忘れてしまうものです。

それよりは、次の約束を無理にでもしておいた方が、確実に次につながる関係を作ることができるでしょう。

「空気を読めない」と思われたとしても、それは次の機会に盤化すれば良いので、まずは相手と会うという糸口をつかむことが大切だと考えるのなら、すぐに次の約束をしましょう。

その場で予定の確認

次の約束をするのなら、その場で予定の確認をした方が良いでしょう。

「予定を確認したら連絡します」と言われてしまっては、そこから連絡が来なくなるのは目に見えていますよね。

それくらいなら、その場で強引に予定を確認してしまってください。

直接対面で約束を取り付ければ、断ることができる人はなかなかいません。

まして、相手は「機会があれば」という言葉で逃げるようなタイプなのですから、直接的な言葉で断ってくることは滅多にないでしょう。

本当に「機会があったらしてみたい」と考えているような人なら、嫌がらずに予定も入れてくれるはずです。

テキパキ進める

もし、その場で次の約束とするのなら、もたもたしていてはいけません。

相手が次の社交辞令を考え出す前に約束を取り付けてしまうのです。

社交辞令を繰り返されると、なかなか強引に進めることはできなくなってしまいますよね。

相手を勢いに飲み込むようなイメージで、テキパキ進めた方が上手くいく確率が上がるでしょう。

気がついたら次の約束をしてしまっていたくらいの勢いで押してしまっても大丈夫です。

一度押せ押せで進めると決めたのなら、そこで躊躇してモタモタしてはいけません。

最初に決めたその勢いを保ったまま次の約束をすることで、相手が諦めて約束の日程を決めてくれるようになるはずですよ。

相手が答えに窮しているようなことがあったら、その場で選択肢を出して選ばせるようにするなど、相手の答えも簡潔で考える暇がないような状況を作り出すのです。

「機会があれば」と言った相手の心理とは?

「機会があれば」という言葉を使うときには、本気である場合と、社交辞令である場合があります。

ですが、どちらにしても100%の前向きな返事ではないことは確かですよね。

その場ですぐに予定を決めるわけでもない曖昧な返事は、まるで相手の曖昧な気持ちをそのまま表している、意外とストレートな言葉なのかもしれません。

「機会があれば」といったときには、相手はどのようなことを考えているのか?

どんな気持ちでその言葉を口にしているのか?

など、受け取った方は色々とモヤモヤ考えてしまうことが多くあります。

ここでは、「機会があれば」と口にした相手の心理について考えてみることにしましょう。

相手がどのような気持ちで口にしたのかが分かれば、それに対する対処も決めることができますよね。

1.あまり深く考えていない

「機会があれば」といった相手の心理の一つには、あまり深く考えていないというものがあるでしょう。

機会があるかどうかということはもちろんのこと、その誘いを真剣に受け取っていないのです。

もし真剣に受け取っているのだとすれば、もう少しきちんと考えて曖昧な答えを口にしないようにしてくれるでしょう。

誘いに対して何のためらいもなく「機会があれば」と口にしている様子なら、そもそも誘い自体が心に響いていません。

ただ、誘われているということは分かっているので、それに対して返答しているというだけなのです。

きちんと何かを考えて答えているわけではない自動返答に近いということになるでしょう。

つい口にした

つい口にしてしまったというだけの言葉なので、本当に機会があったところで、そう言うタイプの男性は絶対に一緒に出掛けるようなことなどないでしょう。

「機会があれば」というのは、気乗りのしない誘いに対して思わず口から出ている言葉です。

便利な社交辞令という扱いなのです。

即答したくもないお誘いに対しては何も考えることなく、その言葉が出てきているのです。

これは、社会人としてよくあることなので、本当につい口にしてしまったというだけで悪気があるわけではありません。

そんなときに、グイグイ来られたら、とても驚くのではないでしょうか。

そもそもお誘いを社交辞令だと感じているかもしれません。

こう誘われたらこう答えるということがもう決まっているのです。

相手を傷つけないようにと思えば、その言葉が口から出てきてしまうのです。

2.社交辞令として

社交辞令というのは、ある種のマナーのようなものだと考えると良いでしょう。

もう定型文が決まってしまっていて、そこに何か自分なりの言葉を付け加える必要などありません。

社会の中で生きていくためには、そうした社交辞令をうまくかわす方法を学んでいかなければいけませんが、ある程度決まり文句はあるので、それを学んでしまえば良いのです。

「機会があれば」というのも、そうした決まり文句の内の一つです。

何かに誘われてしまったときには、「機会があれば」と言えば断ることができる、もしくは、「今度ご一緒に」という社交辞令に対しての上手い返答として使えば場を切り抜けることができるというのを、ある程度の年齢になると誰でも学びます。

3.意欲があるように見せている

本当には行きたくないと思っていたとしても、意欲があるように見せなければいけない相手もいますよね。

好きではない相手でも、それなりに顔を立てなければいけない相手もいますし、そう言ったときには「機会があれば」という言葉で逃げるのです。

あとから連絡があって、最終的に断ったとしても「まだ機会ではない」「今はその機会ではなかった」と解釈してもらうことができるからです。

その場では意欲があるように見せていなければ、相手のためにもならず、自分のためにもならない時には、それくらいの社交辞令を口にするのが当たり前なのではないでしょうか。

本気でそれをしたいわけではない

もちろん、意欲があるように見せたいというだけなので、「機会があれば」と言っておきながらも、機会を作ろうとはしません。

できればその場でそれだけ話を収めてしまって、その話が二度と出なければ良いくらいには思っているでしょう。

本気でそれをしたいと思っているときには、相手のためにもすぐに都合をつけようとするはずだからです。

「機会があれば」という言葉は逃げ道になりますので、相手への目くらましのようにその言葉を使って一度逃げてしまいたいという気持ちで「機会があれば」と口にする人も少なくはありません。

相手や自分のため、今後のために

わざわざ意欲があるかのように見せかけるのは、相手や自分の為でもありますし、今後の為ということもあるでしょう。

大人になると、自分の好き嫌いで人との付き合いを決められないのが窮屈ですよね。

付き合っておいた方が将来のためには良いという人もいますし、周囲のためを考えると、あまり角を立てられない相手もいるでしょう。

プライベートの付き合いの中でもそうですが、特に、会社が関わっているようなところではその傾向が強いのではないでしょうか。

将来を思えば本当はその場ですぐに承諾した方が良いことも多いのですが、それでも「機会があれば」という言葉で逃げるのは、完全に自分の心を殺すことができるわけではないという本心の表れかもしれませんね。

4.社会人的な振る舞いとして

「機会があれば」というのは、社会人的な振る舞いとして必要だからやっているということもありますね。

本心ではきっぱり断ったてしまいたいと思っているのに、立派な社会人として角が立つようなことはできないと思って、「機会があれば」と言っていることもあります。

ある程度の年齢になると、気が強くてきっぱりと何事も言ってしまえる人であっても、そう言ったところが出せなくなってきます。

もちろん、ただの友人にはきっぱり断ることができても、相手によってはそう言った言動ができなくなってしまうのです。

そんなときには、社会人的なふるまいの一種として「機会があれば」という言葉を使うしかなくなってしまいます。

場の雰囲気を壊さないように

角が立たないように断るというのは、場の雰囲気を壊さないようにするということでも必要です。

既に盛り上がってしまっている場を壊すのは、子どもっぽい行動ですよね。

空気を読んで行動することを求められているときに、自分の言動で周囲の空気を壊すわけにはいかないと思うと、結局は消極的な「機会があれば」という言葉に逃げることになるのです。

とても息苦しく感じてしまいますが、和を大事にする日本の文化的なものなので、仕方ないでしょう。

5.当たり障りのない事でその場をやり過ごす

「機会があれば」という言葉は、これ以上なく当たり障りのない表現です。

誘いに対して頷いているわけでもなければ、それを思わず拒絶していると言うわけでもありません。

角を立てずに断っているようにも聞こえますし、誘いに乗ること自体が嫌だと言っているわけではないという曖昧な言葉ですよね。

こうした言葉は、取り敢えずその場をやり過ごすという意味ではとても良いでしょう。

面倒くさい人を相手にしているときには、相手を刺激しないことが一番であり、まさにそれを実行している状態だと言えます。

実際に言われてしまった人は、それ以上はしつこく誘いをかけようという気にはなれませんよね。

もちろん、本心ではとても嫌だと思っていたり、誘いには乗りたくないという気持ちが入っているのですが、それをうまく隠すための言葉として「機会があれば」を利用しているのです。

つまり、完全な建前ということになりますね。

表情や口調にも表れる

完全な建前として「機会があれば」という言葉を使っているのであれば、気持ちと言葉は一致していないということになります。

こういった場合には、表情や口調には本心の方が洗われることが多いでしょう。

隠そうと思っていても、それほどまで嘘や隠し事が得意な人ばかりではありません。

「機会があれば」と言っているときの表情が完全な営業スマイルであったり、口元が引き攣っているようなときには、隠しているはずの本心が表れてしまっているということになりますね。

また、「機会があれば行きたい」というようなことを言っているのに、それほど熱心な口調ではないというようなことがあれば、完全に社交辞令での言葉ですね。

社交辞令を言うときは、穏やかな様子ではあっても事務的な表情と言い方になるのが特徴的だと言えるでしょう。

少しずつ自分を知ってもらえるように

いかがでしたか?

「機会があれば」という言葉の裏に込められた気持ちや、対処法について理解することはできましたでしょうか。

好きな人に「機会があれば」と言われたときには、はっきりと断られるよりも傷つきますよね。

本気で言っているということもありえなくはありませんが、ほとんどの「機会があれば」は完全に社交辞令です。

きっぱりと断るほどに親しいと思われてもいませんし、完全に乗り気で「行きたい」と答えるほどには好かれていないということになります。

その段階で、「脈なしである」ということが判明するかのような返事ですよね。

ですが、「機会があれば」という言葉の曖昧さに負けてしまってはいけません。

断るにしても社交辞令を使うほどの遠い距離にいるということなのですから、少しずつ距離を詰めて行けば、もう少しはっきりした答えをもらうこともできるのではないでしょうか。

こんな返事をもらったときには、落ち込むばかりにはならずに、少しずつ自分を知ってもらえるように努力すると良いのかもしれませんね。

相手の本心を探りつつ、めげずに頑張って相手の気持ちを掴めるようにしたいですね。