CoCoSiA(ココシア)

美人とは?男性が思う美人の10個の...(続き2)

ハイセンスとは、つまりセンスがめちゃくちゃ良いということです。

趣味がただの趣味ではなく洗練されており、何をやっても中途半端で終わらないような、完璧な女性に近いです。

女性からすると、美人は性格も判断基準になります。

ハイセンスかどうかもまた、美人だと感じるために必要な要素なのです。

ハイセンスだと言われると少し奇抜なファッションなんかを想像してしまいますが、そういうわけではありません。

その人自身の趣味や全てが、その人に丁度合う程度に磨かれているということです。

生き方や働き方も

ハイセンスなのは趣味あ見た目だけではありません。

女性が美人だと感じる同性は、生き方や働き方までもがハイセンスなのです。

ハイセンスな生き方って何?って思いますよね。

ハイセンスとはそもそも「洗練されている」という意味合いを含みます。

つまり、仕事や自分の人生にストイックに前向きに頑張っている女性ということです。

洗練された人生を送っているということですね。

生活が充実していつも楽しそうに生きている女性は、それだけで素敵なオーラをまとっていますよね。

女性が同じ女性を美人だと思うときは、すくなからずその女性に憧れているということです。

女性が憧れるような素敵な人生を送っている女性、そんな人たちが美人だと呼ばれる存在なのでしょう。

タイプでいうとモデル

女性が美人だと思う女性の特徴と言えば、タイプで言うとモデルのような女性です。

背が高くてスタイル抜群、顔立ちもスッと鼻筋の通った綺麗な顔の女性が美人と言われています。

また、モデルのようにストイックに自分の体形を維持したり、化粧の仕方が上手かったり媚びていない感じが余計女性の憧れの的となるのでしょう。

モデルと言っても、雑誌のモデルのような女性ではなく、世界で活躍するようなトップモデルです。

モデル業でしか生きていきません!というような芯のしっかりしたモデルさんを見ると、心から綺麗な人だなと感じるようです。

やはり、女性は美人かどうかを判断するのにかなり性格を重視するようですね。

男性が思う美人の10個の特徴


女性が思う美人の特徴、女性からすればなんとなく納得がいったんじゃないでしょうか?女性は自分自身が化粧で化けれること、また体系維持がかなり難しいことを知っています。

それゆえ、そうした要素も踏まえたうえで、本当の美人を判断しているのです。

総合得点で美人かどうか決まるということですね。

ですので、女性から美人だと言われる女性は相当スペックの高い女性なのかもしれません。

一方、男性が思う美人の特徴とはどのようなものなのでしょうか?

1.顔が整っている

まずは、顔が整っていないと話になりません。

男性は女性よりも女性の顔に厳しい傾向があります。

顔が綺麗じゃない人を美人だという女性が理解できないという男性も多いほど。

雰囲気ももちろん大事ですが、まずはもともとの子が整っていないと美人には認定してもらえません。

逆に、顔が整っていれば性格が多少悪くても美人だと感じるのが男性です。

ここが女性とは大きく異なるところでしょう。

女性は性格が素敵であれば、自然とその女性が美人に見えてくるものです。

たとえその人が普通の顔だとしても、そう見えてしまうのです。

男性はそんなに甘くありません。

さすが、男は性格で女は顔が命と言われるほどはありますね。

顔が整っているというのはそもそもどんな顔の人のことを言うのでしょうか?

ここでも、女性と男性の「美人」な顔に対する考えは異なります。

女性がクールビューティーできりっとした女性のことを美人と思うのに対して、男性はどちらかというと女性らしい可愛くて綺麗な顔立ちの人を美人だと感じるようです。

肌は透明感があり瑞々しい

男性が美人だと思う女性の顔立ち、まずは肌に透明感があって瑞々しく若さを感じることが重要です。

女性の顔の印象を左右すると言っても過言ではありません。

肌がきれいにケアされていてシミのない透き通るような白肌であれば、それだけで女性らしく美人な雰囲気が出ます。

逆に、肌がボロボロでニキビ跡やシミ、くすみなんかが顔に現れてしまっていては、それだけで老けて見えてしまうのです。

男性にとって女性の綺麗な白肌は憧れです。

化粧や下地で上塗りしたような作られた人工的な肌ではなく、素肌が綺麗な女性が美人と呼ぶに値するのだとか。