皆さんにも辛い思い出や、嫌なことというのはたくさんあったのではないかと思います。

例えば小学生の頃や中学生の頃にはずっといじめを受けていたというような人であったり、他の人から悪口を言われたりと、何もしていないにも関わらず、いじめのターゲットにされてしまうというような人がいたのではないでしょうか?

そのいじめが原因で今でもトラウマに感じるような人もいますよね。

今回はそんないじめのターゲットにされてしまうような人についてお話をしたいと思います。

いじめというのは基本的にいじめる人、いわゆる加害者といじめられる人、被害者に別れると思います。

小学生や中学生と学生の頃からこの様なことで問題にもなるというような事が多いのではないかと思います。

その理由の1つには、いわゆるターゲットにされてしまったからというような事もあるのではないかと思うのです。

簡単に言えば必要以上にしつこいような人っていますよね。

大人になった今でもその様な粘着質のような人も多いと思いますが、基本的にその様な人というのは、意地悪な人であり、優位に立ちたいと思うような人が多いのではないかと思います。

意地悪な人というのは理由もなくというような事もあるかもしれませんが、中には構って欲しいからその様なことをするという人もいるのです。

しかしながらも、ターゲットにされやすい人というのもいますよね。

例えば小学や中学といじめられてきたにも関わらず、他でもいじめられるというようなパターンも多いのではないでしょうか?

引越しなどをして改善をするかと思ったやさきに、同じような事で不登校になるというような子もいますよね。

基本的にその様な子たちというのは共通した特徴というものがあります。

例えば気が小さいというような事や、八方美人な人、自己主張な人など、その様な人が狙われやすい傾向があるのではないかと思うのです。

大人になってもこの傾向というのは変わらず、基本的に何か意地悪を受けているという人は、その意地悪を受けている側に問題があるというような事ではなく、その人のことが気に入らないからという理由であったり、何も言わないからというような事もあるのです。

今回はそんなターゲットにされるような人の特徴と、意地悪な人に狙われやすい理由について細かく見てみたいと思います。

特に意地悪な人に狙われやすい人というのはどのようなところに気をつければ良いのか、改善点なども詳しく見てみたいと思います。

ターゲットにされやすい人の特徴

ではそんな、意地悪のターゲットにされやすい人の特徴というのはどのようなものがあるのでしょうか?

例えばターゲットにされやすい人というのは基本的に気が小さいというような人が多いです。

また八方美人な人も狙われてしまう対象にもなります。

この理由についても細かく見てみたいと思いますが、基本的に意地悪をするような人というのは、自分の思い通りに行動をしたり、思い通りに動いてくれる人のことを意地悪する傾向もあります。

逆にその様なことにならない場合は、気に食わないというような事になり、その相手の人をいじめたりすることが多いのです。

よく学生のいじめ問題でもあると思いますが、集団となっていじめるというような傾向も強いですよね。

1人でいる人というのはその仲間を作り、仲間でいじめるというような事も多いですが、1人では何もできないというような事も多いのではないかと思います。

その話についても後にしようと思いますが、ではどのような人がターゲットになりやすいのか、詳しく見てみたいと思います。

1.気が小さい


気が小さいというような事があるでしょう。

基本的に意地悪な人というのは、相手が自分より弱そうと思うような人を狙う傾向があります。

なのでこれは言うのであれば、自分より強い人を狙わないという事になるのです。

気が小さい人というのは、どうしてもマイナス思考に考えてしまうので、行動でも直ぐに出たりすることが多いですよね。

嫌なことは何も言わず、ただその場の流でというような事も多いでしょう。

気が小さい人の特徴としては、何かされてしまっても何も言わないというような事が多いです。

特にその事に関して怖いと感じてしまうと何もできなくなってしまうというような事が多いので、時には反論などをする勇気を持つことが必要になるのではないかと思います。

しかしながら反論などをかってしまうと、また相手からくるのではないかと考えてしまうので、気が小さい人というのは意地悪をするような人からターゲットにされやすいのではないかと思います。

意地悪な人は自分より弱そうな相手を狙う

意地悪な人は基本的に自分より弱そうな相手を狙うことが多いです。

例えば意地悪をしてくる生徒や会社の人というのは、基本的に上の立場にいるような人には手を出しませんよね。

先輩に対しては仲良く、しかしながら自分より下と思うような人達は意地悪をするというような思考をしているので、どうしても気が小さいと思われてしまうと、意地悪のターゲットにされてしまう傾向があるのではないかと思います。

意地悪な人は自分より弱い相手を見つけると、その人を重点的に責めたりするような事が多く、優位に立ちたいと思う気持ちや、中には何となく意地悪をするというような人もいるのかもしれません。

2.八方美人

八方美人な人も実はターゲットに狙われやすい人の1人です。

特に意外と思われるかもしれませんが、八方美人な人というのは、どの様な人の中でも目をつけられやすい傾向があります。

これは男女問わずある傾向なのですが、基本的に八方美人な人というのは、誰に対しても優しく接したりするというようなイメージが強いですよね。

これはどういう事かと言うと、どんな人であってもこの様に接してしまうので、どうしても自分は相手より低い立場と思わせてしまう傾向があるからです。

またこの八方美人な人の特徴というのは、実は嫌われているようで周りから親しまれているというような人も多いです。

よくあるのがクラスで人気だった子がいきなりいじめに合うというような事がありますよね。

誰に対しても優しいからこそ、他の人達がその人をターゲットにしてしまう、というような事をドラマやマンガなどで見たりしたことがあるのではないかと思います。

実際にもこの様なパターンというものがあり、他のいじめられるターゲットより狙われやすいというようのがあるのではないかと思います。

誰にでも優しい人は意地悪な人から目を付けられやすい

実は誰にでも優しいというのは、メリットでもありデメリットでもあります。

基本的に誰にでも優しい人というのは、どんな事でも許せてしまったり、どんな事でも受け入れてしまいがちになります。

それが行動として表れるのが多いのが、八方美人な人という事になるのです。

よく恋愛などでは八方美人な人は嫌われるというような事はありますが、恋愛以外ではさほど嫌われるというような事が無いのではないかと思います。

何故なら、誰に対しても優しいので、友達などが直ぐにできやすいというのもあるからです。

そこを意地悪な人が目をつけて、いじめをしてくるというような事もあるのではないかと思います。

誰に対しても優しいという事は、いじめをしてくる人に対しても優しいという事になってしまうので、反論などができず、そのまま意地悪を受け続けるというような人も多かったのではないかと思います。

この様な人というのは基本的に周りにこの事を言わない傾向が強いです。

なので親や友達にも相談せず、自分で苦労をするというような人も多いのではないでしょうか?

3.断らない

意地悪をする人というのは基本的に相手から何もされないからこそ、続けてしまうものなのです。

なので断らない人ほどターゲットにもされやすいというのがあるでしょう。

これは会社などでよくある事ですが、上司が部下に対して仕事を任す際に、部下は上司の言うことなので断れないというような事が多いですよね。

何故なら会社でも上下関係というものがハッキリとしているので、どうしても上司の言うことは聞かないと、というような意識を持つような人が多いです。

なので上司に頼まれたものは全てこなすというような考えを持つ人も多いですが、その仕事というのは実は上司のであったりするという可能性もあるという事です。

仮にその事を分かっていて、ここで断ってしまうと反感したことになり、更に嫌がらせを受けるのではないかと不安になる人もいるかもしれません。

断らない分意地悪な人が調子にのりやすい

断らない分、意地悪な人というのは調子にのりやすいです。

特に何も言わないという事や、その事に関して断らないというような人は調子にのりやすく、どうしても断ろうとすると、何かしらまた嫌がらせをしたり意地悪をするというような人が多い傾向もあります。

基本的に断らないでいると、どうしてもエスカレートしてしまうので、相手も加減というものを知らなくなってしまいます。

基本的にこの様なことをする人というのは過去にいじめられた人か、もしくはずっとこの様なことをしてきた人なのかのどちらかになります。

エスカレートをしていざ相手が何か起こった際には自分は悪くないというような人も多いですよね。

自分に悪気がない状態で意地悪をするというような事が物凄く多いので、断らない場合は調子に乗りやすい傾向にあるのではないかと思います。

4.自己主張しない


自己主張をしない人も実はターゲットにされる可能性が高い傾向にあります。

例えば自己主張というのは、簡単に言えば自分から動かないというような人であったり、その事に関して「嫌だ」というような事が言えない人ほどターゲットにされやすいです。

また学生などのいじめに関してでは、反感をすることで更にいじめてくるというような事もあるので、自己主張を普段しない人がいきなり嫌と言うと「調子にのるな」というような形で意地悪をしてくるという事もあるのではないかと思います。

「嫌」と言わない人がターゲットにされやすい

嫌と言わない人がターゲットにされやすい傾向が強いのは、基本的に意地悪をしてくる人というのは、相手が何もしてこないという事を知っていて意地悪をしてくることが多いです。

なのでふとした事で、嫌だと言うと相手も驚いたりすることがあるのではないかと思います。

しかしながらその様なことがなく、ずっといじめ続けられてしまうと、どうしても嫌だけど言えないというような状況にもなってしまいますよね。

ターゲットにされないようにするには、普段から「嫌だ」と言えることも大事になるのではないかと思います。

5.空気が読めない

空気が読めないから意地悪をしてくるというような人も中にはいます。

例えば意地悪な人というのは基本的にどこか変わっている人のことを嫌う傾向にあります。

例えば違うような意見を言ったり、違う観点から見るというような事は、大人になってから知ることで学ぶことも多いですよね。

しかしながら普通の意見とは違うような意見を言ったり、また空気が読めないというような行動をしたりする人のことを大いに嫌います。

意地悪な人はどこか変わっている人を嫌う

何故どこか変わっている人のことを嫌うのかというと、基本的に嫌う人というのは、相手に対して意識をし始めてしまうからです。

言うのであれば、ムカツクからというのもあるのかもしれませんが、相手の何に対してイライラするのかという事が重要になってきます。

例えば他の人とは違うことをしていて、注目を浴びるからイライラするというような事もあるということです。

よく優秀な人ほどいじめなどを受けたりするというような事もあると思いますが、まさにその例がこの様なことだという事です。

6.マイペース

マイペースな人もターゲットにされやすい傾向にあります。

特にマイペースな人というのはどんな事でも自分のペースで動くというような人が多いですよね。

自分の空間というのはとても大事なことになるのですが、このマイペースだからこそ狙われてしまうというような事もあるのです。

言うのであれば基本的に意地悪をする人ほど、集団を意識し始める傾向にあります。

なので人それぞれと思わず、何か違うような事があると直ぐにその事に関して突っ込むことが多いので、どうしてもマイペースな人であったり、自分のペースで作業を進める人のことをイライラとしてしまう傾向があるのです。

意地悪な人は他人の目を気にしているのでマイペースな人が羨ましく鬱陶しい

実はこの意地悪な人というのは、マイペースの人のことが羨ましいと思っている人が多く、それと同時に鬱陶しいと感じるような人も多いです。

先ほども言ったように意地悪な人というのはどうしても他人のことを意識し始める傾向があります。

なのでどうしても自分のペースで進めるというようなマイペースな人に関して、鬱陶しいと感じてしまったりストレスにもなったりしてしまうので、意地悪をするターゲットにもなってしまうのではないかと思います。

本人は普段通りにしているつもりでも、いじめをする人にとってはそのペースがイライラしてしまうというような事もあるのではないかと思います。

7.協調性がない

協調性がないというような事も多いでしょう。

協調性というのは基本的に集団で行動をする際に、周りと意識をして行動をすることができるか、自分勝手なことはしないかというような事が注目されることが多いです。

特に協調性のない人というのは、どうしても会社などでも足を引っ張るというようなイメージが強いので、意地悪な人から狙われるというような事があるのです。

意地悪する側に入らない人が狙われる

ただ集団の行動をしないから、というような事ではなく、この場合は意地悪する側に入って行動を一緒にしないから狙われるという事が多いのではないかと思います。

言うのであれば、意地悪をする人達というのは基本的に集団で行動をすることが多いので仲間意識などを持ったりすることが多いです。

しかしながらそれに反論をすることで、仲間はずれになり集中的に意地悪をするというようなパターンもあるのではないでしょうか?

意地悪な人の特徴

ではそんな狙われやすい人の特徴についてお話をしましたが、実際に意地悪をするような人というのはどのような特徴があると思いますか?

よく言うのが、意地悪をするような人というのは顔を見てその様なことをするかどうかという判断がつきますよね。

また人の短所ばかり探している人であったり、悪口をよく言うという人、悪口が好きだという人はまさに意地悪な人の特徴になるのではないかと思います。

特にこの様な人達というのは、基本的に困っているような人を見るのが好きだという特徴もあります。

いわゆる不幸で喜ぶというような人達ばかりなので、どうしても特徴も多いのではないかと思います。

ではどのようなものがあるのか更に詳しく見てみたいと思います。

意地悪な「顔」をしている

意地悪な「顔」をしている事が多いです。

特にこの様な人というのはどうしてもその性格というものが顔に出やすいような人が多いので、パッと見た印象で意地悪そうな顔をしていると見分けることもできるのではないかと思います。

性格というのはその人の顔なども決めてしまうので、どうしても意地悪などをしてきているというような人は雰囲気であったり、行動で分かってしまうものなのではないかと思います。

普段はそんな事ないと思っていても、実はあの人は、というような事もあるので十分に注意をするようにしましょう。

悪口が好き

悪口が好きだという人も多いように思えます。

悪口が好きな人というのは早々いないですよね。

何かしら嫌なことがあると誰でも悪口などを言ったり、愚痴をこぼしたりすることが多いです。

しかしながら意地悪な人というのは、どんな時でも相手の悪口を言い、その事が好きだというような人も多いのです。

困っている人を見るのが好き

困っている人を見るのが好きだというのもあるでしょう。

よく「人の不幸は蜜の味」というような言葉もあるように、困っている人や不幸な人を見るというような事が好きだという人も中にはいると思います。

特に人に対して意地悪をするというような人は、この様なことを考える人が多いのです。

人の短所ばかり探している

人の短所ばかり探している人も実は意地悪な人である可能性が高いです。

言うのであれば、その人の長所を見ることがないという事です。

これには理由があり、長所を見てしまうとどうしても相手が優れていると分かってしまうので、比較的人と接する際には短所しか見ないというような人が多いのではないかと思います。

1人が嫌い

1人が嫌いというような人もいるでしょう。

意地悪な人というのは基本的にグループで行動をしていますが、その心理というのは1人になりたくないからというような事もあるのではないかと思います。

またこの様な人は基本的に寂しがり屋が多く、構って欲しいという気持ちから意地悪をするような人も多いです。

その様な人というのは多くいますが、それを意地悪に持って行くというような人は少ないでしょう。

やりたいことや目標がない

やりたいことや目標がない人も実は意地悪の人に多い特徴です。

例えばですが、やりたい事や目標があるのであれば、それに構っていられないのが普通です。

いわゆる時間が無駄になってしまうので、それをするくらいであれば自分のために時間を使うというような人が大半なのです。

しかしながら意地悪な人というのは、その様なことがないのでどうしても相手の欠点を探したり、短所を見てその事をいじるというような事が多いです。

頑張るのが嫌い

頑張るのが嫌いというような事もあるでしょう。

比較的多い特徴の1つでもあるのですが、楽をしようとする考えから人のことをいじめるというような人も多いです。

特にターゲットにされた人に関しては、集中的に意地悪をするというような事をして、自分は評価を上げて楽をするというような考えをすることもあるのではないかと思います。

意地悪をする人の心理

ではそんな意地悪をする人というのはどのようなことを考えていると思いますか?

例えばこの様なことをする人というのは基本的に寂しいと思うような人も多いですし、1人になりたくないからというのもあるでしょう。

何より相手のことが気に入らないという事であれば、優位に立ちたいからというのもあります。

意地悪をするという事は、それほど相手のことを気にしているという事でもあるのですが、他にはどのように思っているのでしょうか?

みてみたいと思います。

特に理由もない

特に理由もないというような事もあります。

何となく暇だったからターゲットを絞り、意地悪をするというような人も中にはいるでしょう。

この様な人というのは基本的に、理由もなく行動をすることもあるので、注意をするようにしましょう。

寂しい

寂しいから意地悪をするというパターンはよくあります。

特にその人に対してするという事は、相手も寂しがっているから自分が相手をしようという気持ちで意地悪をしてしまうというような人も多いです。

言うのであれば相手のことを自分のように思って、そんな事が嫌で意地悪をするというような考えの人もいるという事です。

みんなから注目されていたい

みんなから注目をされたいからターゲットを見つけて意地悪をするというような人もいるでしょう。

この場合は、とにかく自分自身を見て欲しいというような自己中心的な考えからあるのではないかと思います。

1人になりたくない

1人になりたくないというような事もあるでしょう。

比較的にこの様なことをする人に多い傾向が、寂しいからというような理由で意地悪をすることが多いです。

基本的に意地悪をするような人というのは、どうしても1人でいるような事が普段多いから、グループなどを作りターゲットを見つけ意地悪をするというような事が多いようにも思えます。

優位に立ちたい

優位に立ちたいからというのもあるでしょう。

相手より優位に立つことで自分の評価を上げるというような事をする際に、ターゲットを絞り意地悪をするというような事もあると思います。

しかしながら、時にはそれが通用せず、更に意地悪の頻度が多くなるというような事もあり、会社などでその様なことがバレてしまい、そのまま処分を受けるというような人もいたのではないでしょうか?

構ってほしい

構って欲しいから意地悪をするというような人もいます。

どうしても自分を見て欲しい、構って欲しいという気持ちから、相手のことを意地悪するというような事もあるのではないかと思います。

意地悪をされないためにできること

ではそんな意地悪をされないためにできる事というのはどのような事があると思いますか?

例えば意地悪な見た目の人には近寄らないということであったり、自分のことを理解してくれる人を見つけておくというのも1つの方法です。

意地悪をしてくる人というのは、意地悪をしても大丈夫だと思い込んでいる人に対してすることも多く、また相手が下だからというようなことを見て行動をする人が多いです。

なのでここで重要なことは、嫌なことは断るという事であったり、その場から逃げるということも1つの対策になるのではないかと思います。

ではどのようなことなのか詳しく見てみたいと思います。

意地悪な見た目の人には近寄らない

意地悪な見た目の人には近寄らないという方法があるでしょう。

この場合は基本的に、意地悪な人を見極めることが必要になります。

どうしても顔を見ても分からない時というのはありますが、怪しいと思ったのであれば近付かないというのが鉄則になるでしょう。

理解してくれる人を身近に見つけておく

理解してくれる人を身近に見つけておくというのも1つの方法になります。

これはとても大事なことで、自分のことを理解して味方をつけることで意地悪をされたとしても相談などをすることができる人を見つけておくという事です。

例えば他の部署などにその様な人がいる、違うクラスにその様な人がいるとなった場合は、味方となって動いてくれるような人が多いのではないかと思います。

嫌なことは断る

嫌なことは断るというような事も1つの対策になります。

実はというと意地悪をするような人に多いのが、相手が何も言わないから意地悪をするというような人もいます。

そこで嫌なものは嫌だと断ることで、相手の不意をつくこともできるでしょう。

よく「生意気なことを言うんじゃない」というような、相手がイライラするような事になったりしますが、その場合は更に断るのではなく、一番の対策としては「無視をする」ことです。

嫌なことは最初に断り、それ以降は無視をすることで相手からどんどん遠ざけることもできるのではないかと思います。

一番いけない事は挑発や喧嘩などに乗るということです。

相手と同じ土俵に入っても仕方ありませんよね。

悔しいと思う人もいるかもしれませんが、その場から逃げることも1つの勇気になりますよ?

意地悪な人しかいない場所からは逃げる

意地悪な人しかいない場所からは逃げるという選択肢もあるでしょう。

言うのであれば、会社であれば部署を移す、もしくは転職をするという方法であったり、学校などの場合は先生に相談をするというような事もできますが、それでも改善されない場合は転校という形をとっても良いのではないかと思います。

ここで注意が必要なのは転校などをしたあとでも、ターゲットにされることがあるという事です。

今の自分も少し変えなければ環境というものを変えても同じことがおきてしまうので、自分の意思はしっかりと持つようにして行動をするようにしましょう。

自分の意思をしっかり持つことが大切

いかがでしたか?

自分の意思をしっかり持つことが大切になります。

ターゲットにされてしまうような人というのは基本的に、どこの環境にいっても似たような人から狙われてしまうというような事が多いです。

なので自分の意思をしっかりと持つことで、相手の不意などもつけることができるでしょう。

改善をするのは相手もですが、自分も変わらなくてはいけません。

注意をして行動をするようにして、ターゲットから外れるような人になるという事も1つの対策になります。

しかしここで注意をすることが、相手と同じように意地悪を意地悪で返しても意味がないという事です。

同じことをしてしまっては、あなたも意地悪な人になってしまいますよね。

よく考えて、行動をするようにしましょう。