皆さんは嬉しい時であったり悲しい時というのは顔に出たりすると思いますよね。

基本的にそんな時というのは顔の表情として出るような人や、行動で表したり内心でその感情を表したりすることが多いようにも思えます。

そんな中で最近では「どうだ!」という表現でいわゆるドヤ顔というようなものが流行っていることはご存知でしょうか?

ドヤ顔というのは簡単に言えば威張るような感覚と言ったら良いかもしれません。

皆さんもよく友達同士で競いう際に勝つと「どうだ!」というような表現をしたり、顔に出たりしますよね。

少しニヤけているような感覚だとも思います。

この様な顔の表情というのは、普段は無いものの、特定の嬉しい時であったり、自分の思い通りだというような時に顔として表れることが多いですよね。

今回はそんなドヤ顔について詳しく見てみたいと思います。

いつの間にかドヤ顔というような言葉が流行りましたが、語源というようなものはご存知でしょうか?

実はこのドヤ顔というのは関西の方言だという事なのですが、あまり知らないというような人もいるのではないかと思います。

基本的に皆さんが使う言葉というのは「どうだ!」というような言葉であり、近年になって流行りだした言葉が「ドヤ顔」という事になります。

ドヤ顔というのは最初に言い始めたのは、あの有名な芸能人さんだという事はご存知でしょうか?

意外な人がこの「ドヤ顔」というような言葉を広めていたのです。

ではそんなドヤ顔をすることが多い人がいますよね。

そんなドヤ顔をするような人というのは必ず特徴があり、また心理なども分かるようになります。

例えば認めてもらいたいからというような事もあるでしょうし、逆に不安を抱えているからこそドヤ顔をしてしまうというような人もいるという事です。

そして仮にドヤ顔をされたときは、皆さんはどの様にして対処をしていますか?

ドヤ顔を多くする人というのは基本的に好まれないですよね。

その様な人と接する際には軽くあしらうというような人もいるでしょうし、反応をしないというような事もあるのではないかと思います。

他にも様々な対処法があるのですが、その対処法についても今回はお話をしたいと思います。

ドヤ顔とはどの様な意味であり、どの様な時に使うのかというような事も詳しく見てみたいと思います。

ドヤ顔の語源

ドヤ顔の語源についてお話をしたいと思います。

ドヤ顔というのは先ほども言っているように「どうだ!」というような事やひたすらに優越感などを感じる際の顔のことを「ドヤ顔」という風に言います。

基本的に「ドヤ」というような事で威張るような人や、相手のことを見下したりする際にも使われてしまうので、あまり良いイメージを持たない人も多いのではないかと思います。

しかしながらこのドヤ顔というのは実はある芸能人さんが最初に使用していた言葉なのです。

その芸能人さんとは明石家さんまさんが一番最初に使い始めたと言われています。

そしてその言葉をダウンタウンの松本人志さんが番組などでも使い、広まっていったのではないかとも言われています。

なのでドヤ顔というような言葉は昔からある言葉ではなく、最近できた言葉という事になります。

関西の方言

このドヤ顔という言葉は、先ほども言ったように芸能人である明石家さんまさんが使い始め、後にバラエティなどでも多く使われるようになりました。

なのでこの「ドヤ顔」というような言葉は関西の方言としても言われている言葉なのです。

いわゆる「ドヤ」という意味が相手に対して「どうだ!」というような意味になるので、ドヤ顔の場合は相手に対して誇らしげに「どうだ!」というような顔をして魅せるというような意味があるのではないかと思います。

相手の気持ちをたずねる際の「どうだ」

この言葉というのは最近になり使われることが多くなりました。

いわゆる自慢のような捉え方もすることができるのが、このドヤ顔になる訳ですが、あまり良いイメージを持たないというような人も多いのではないかと思います。

その理由の1つにはこの「どうだ」というような事がいわゆる自慢気な形で伝わり相手をイライラさせてしまうというような事があるからです。

言うのであればこの言葉というのは普段皆さんが使うというような事ではなく、SNS上などで多く使われることが多いのにも原因があるのではないかと思います。

特にこのドヤ顔を知ったのがSNSを通じてというような人も多いのではないでしょうか?

テレビで紹介をされる前から知っていたという人は、SNSなどで情報を手に入れてそれを言葉として使うというような事もあるのではないかと思います。

「ドヤ顔」に限らず様々なものが、ネットなどで流行りそれが今では日常的に使われるものが多いですよね。

ドヤ顔する人の6個の特徴と心理!

ではそんなドヤ顔をする人というのはどの様な特徴があると思いますか?

またドヤ顔をするという事にどの様な心理があるのでしょうか?

例えばドヤ顔というのは威圧感を相手に与えるというような事で使うような人が多いです。

自分を誇示したり、余裕を見せ付けたり、その様子を相手に魅せることで相手を焦らしたりというような事を考えているような人も多いです。

特にドヤ顔をするというような人は相手に認められたいというような気持ちも強いのでドヤ顔をして「どうだ!見たか!」というような事をしてしまうのです。

基本的にただドヤ顔をするというような人は、相手をひるませたいというような、イライラさせて焦らせたいというような気持ちでする人が多いですが、自分に自信がなく、それを成功させた時に「どうだ!」というような認めてもらいたい気持ちからドヤ顔をするような人も多いように思えます。

ドヤ顔をするような人というのは基本的に自分に自信がないからこそ、それをできた時に達成感を味わうような人が多いのです。

なので人によっては、異なる理由でドヤ顔をしてしまうというような人もいるのではないかと思います。

ではドヤ顔をするような人というのは一体どのような特徴や心理があるのでしょうか?

その6個のことについて詳しく見てみたいと思います。

1.威圧感を与えたい


威圧感を与えたいというような事があるでしょう。

例えばドヤるというような意味は自慢気にしたり誇らしいというような事もあると思いますが、自分はできるんだぞというような威圧感を与えたいというような人もいるのではないかと思います。

特にこの理由というのは自分を誇示したりするというような事もありますが、自分自身にはまだ余裕があるというようなものを相手に見せつけるのが理由になるのではないかと思います。

特にこの様なことはよくスポーツなどでもあるのではないでしょうか?

辛いというものや、もうダメだというような表情を見せず、常に前向きな表情をするような選手というのは、余裕を見せつけ相手に威圧感を与えたいからなのではないかと思います。

この様なものは直ぐに顔に出てしまうと、足元をすくわれたりもするので、表情に出さないというような人も多いのではないでしょうか?

他にも相手をひるませたいからという事もあるでしょう。

ではそんな威圧感を与える理由について詳しく見てみたいと思います。

自分を誇示する

自分を誇示するというのは、いわゆる自慢をして相手に見せつけるというような事があると思います。

よくあるのが「自分はこれができるんだぞ!」というような会話をよく小学生などの会話で聞いたことがあるのではないでしょうか?

これと少し似ているようにも思えるのではないかと思います。

またスポーツなどでもそうですが、相手に対してプレッシャーを与えるのにもとても効果的ですよね。

心理的なものというのは、影響を与えることが多いので、ドヤ顔をして威圧感を与えるというような事も多いのではないかと思います。

そして何より、自分を誇示するというのは自分の自信にも繋がる行為になりますよね。

いわゆる相手がどんな人であろうと自分には自信があるというような事を見せつけることもできるのではないかと思います。

この様なモチベーションというのはとても大事なことになるのではないでしょうか?

余裕を見せつける

ドヤ顔をすることで先ほどモチベーションを保つというような事もお話しましたが、ドヤ顔というのは相手に見せ付けたりすることで「余裕」というような事を見せつけることができます。

辛いことでもドヤ顔をしていると、まだこの人には余裕があるのか、というような印象を与えることができるのではないかと思います。

相手をひるませたい

スポーツなどでよくアピールをしたり、またお互いが睨み合うというような事をするような場面をみたことはありませんか?

他にもドラマなどで余裕そうな顔を見せたり、「ドヤ」というような事を見せつけるような場面というのは多いと思います。

威圧感を与えると同時に、自分のモチベーションや誇示といったこともあると思いますが、何よりこの「ドヤ顔」をすることで影響力が一番あるのはそのドヤ顔を見ている相手です。

特に競い合うような事であったり、勝負の勝ち負けなどが関わってきてしまうと尚更影響を与えてしまうかもしれませんが、相手をひるませたいからドヤ顔をするというような人も多いのです。

相手はそのドヤ顔を見るとどうしてもイライラしたり、悔しいというような気持ちが強くなってしまいます。

なので相手を挑発などをしたりする行為としてでもドヤ顔をするような人もいるので、威圧を与えるだけではなく、相手をひるませることができるという事もあるのではないかと思います。

2.自分に気合をいれる

ドヤ顔をする人というのは、相手のことを威圧するからというような事もあるかもしれませんが、自分自身に気合をいれるからというのもあると思います。

いわゆる自分に弱いところをみせず、強気になるために気合をいれたいので、ドヤ顔をしたりするというような人もいるのです。

基本的に相手のことを気にしてしまったりするような人にある傾向ですが、どうしても他人の評価などを気にしてしまうような人も多いですよね。

その際に普段の表情を保つというようなことをして、余裕を見せるというような事もあるのですが、自分自身に気合をいれるためにドヤ顔をするような人も多いのです。

強気にもっていくため

強気にもっていくためというような理由もあるでしょう。

基本的に人というのは、自分の感情次第ではどんどんマイナス思考にもなってしまい、負の連鎖というようなものがつきものになってしまいますよね。

具体的なことを言うと基本的にポジティブな人というのは、どんな事でも前向きに捉えるので人生を楽しんでいるようにも思えますが、ネガティブな人というのはどんな事でもマイナスに捉えてしまうので、どうしても今が楽しくないと感じるような人が多いです。

原因というものはそれぞれあると思いますが、気持ち次第ではずっと不幸になっていたり、幸せになっていたりとするような事もあるのです。

この強気に行くことで、物事を成功させやすく、勝負事に勝つようになるというような事もあるのではないかと思います。

3.想像通りだった


想像通りだったからドヤ顔をするというような人もいます。

これは特に多いことなのですが、例えば自分の思い通りな行動をしたりするとどうしてもにやけてしまいますよね。

事が上手く運ぶというような事になった場合はどうしてもドヤ顔をしてしまうのではないかと思います。

ドヤ顔がどんな状態なのか分からないという人は、自分の思い通りに行動をしてみると分かりやすいかもしれません。

つい嬉しくなったりニヤけてしまったりして、相手に「どうだ!」と思った時の顔という事になります。

想像通りに動くというような事は多くあるという人は特にドヤ顔をする機会というのは多いのではないかと思います。

自分の予想通りになった

自分の予想通りになるというような事は、とても楽しいと思ったりもする人が多いのではないかと思います。

基本的に考えているような事というのは、その通りになったり思い通りにならないことが多いと思うのですが、自分の予想通りにいくとなると嬉しく思ったりしますよね。

特に予想というものは基本的に外れたりすることが多いので、当たるというような事が滅多にないようにも思えます。

その際に想像通りだったからドヤ顔をするというような事も中にはあるのではないかと思うのです。

忠告通りだったのに聞き入れなかった時

忠告通りだったのに聞き入れなかった時ってありませんか?これは自分自身に対してではなく相手に言うような事ですよね。

相手にアドバイスをしたり忠告をしたにも関わらず相手が違うことをして失敗をしてしまったり、結果が上手く出なかったりとするような事もあるのではないかと思います。

そんな時に実はドヤ顔をしてしまうというような人もいるのではないでしょうか?

特に「ほら見たことか」というような事って、折角忠告をしていたのに何故聞かなかったのだろう?というような事もありますよね。

基本的に忠告をしているにも関わらず無視をしたりする人というのは、同じような事を繰り返したり、失敗をしてしまうので、どうしてもその際にドヤ顔をするような人も多いかもしれません。

4.照れ隠し

実はドヤ顔をする人というのは照れ隠しでしてしまうというような人も中にはいるのではないかと思います。

基本的に相手を威圧させたり、自慢気にするというような事もあるかもしれませんが、中には照れ隠しをする際にドヤ顔をするような人もいるのではないかと思います。

基本的にドヤ顔というのは自慢気にもしますが、何か嬉しい時にもその様な顔をする事が多いです。

例えば誰かから褒められたり、感謝されたりするとその際に顔として出るような人というのは多いのではないかと思います。

その時に照れ隠しとしてドヤ顔をするというような事もあるのではないかと思います。

相手を威圧したり、誇示するためではなく、純粋な照れ隠しでドヤ顔をするというような人もいるのではないでしょうか?

恥ずかしい

この様な人の場合は、特に若い頃などに多いように思えます。

例えば学生の人というのはどうしても照れ隠しなどをしてしまう傾向が多いですよね。

そんな時にドヤ顔をうするというような事が多いのではないかと思います。

また学生の時というのは基本的に、顔を表に出さないようにするというような事もあるので、どうしても恥ずかしいと思うことや、つい嬉しいことなどがあっても余裕を持ってみせるような顔をしたりするのではないかと思います。

5.認めてほしい

ドヤ顔をするというような人は基本的に認めて欲しいからというのもあるでしょう。

最近ではSNSなどで「ドヤ」というような話を広めたりするような人も多いですよね。

基本的に誰からも見られないというような人やネガティブな考えの人こそ、自分のことを話ししたりするような傾向が強いです。

どんな事でもそうですが、認めて欲しいというような気持ちが強い人は基本的にドヤ顔をするような傾向が強いのではないかと思います。

また認めて欲しいからという事で、それを他人に言うというような人も多いです。

いわゆる自慢話に近いような形です。

ドヤ顔をするだけでなく、そこから自分の話をするというような人も多いので、その様な人というのは基本的に他人から認めてもらいたいからこそアピールなどをするのではないかと思います。

承認欲求が強い

認めて欲しいという事は、承認欲求が強いというような意味もあるのではないかと思います。

承認欲求というのは他人から認めてもらいたいというような気持ちが強いという事です。

よく「かまって欲しい」というような事もあるのではないかと思いますが、この構って欲しいというような気持ちも実は承認欲求の1つになるのではないかと思います。

誰かから認めてもらいたい、自分自身を見て欲しいというような気持ちから、アピールなどをしたり、自分のことを広めたりというような事があるでしょう。

しかしながらここでドヤ顔をするというような事は、相手に対して自分は凄いぞというような気持ちを伝えたいからなのではないかと思います。

承認欲求が強いというような事はあるかもしれませんが、基本的にこの様なことはよくあるのではないかと思います。

6.いつも不安を抱えている

ドヤ顔をする人が余裕を見せるためにするというような事は、逆を言えば不安を抱えているからドヤ顔をするというような事もあるのではないかと思います。

例えばどんな事でもそうですが、誰にでも不安というようなものがあり、それが表情に出たり行動に出たりすることは多いですよね。

特に行動に関しては身に入らないというような事も多いのではないかと思います。

不安を抱えているとどうしても気になってしまい仕方なくなってしまうので、それを隠すためにドヤ顔をして余裕を見せるというような事もあるのではないかと思います。

自分に自信がない

このドヤ顔に関しては自分に自信がないからドヤ顔をしてしまうというような事もあるのではないかと思います。

先ほどお話しをしましたが、自分に自信が無い人ほど、その自信のなさというようなものを人に見せるという事が少ないです。

なので自分に自信が無いような人というのは基本的に表情などをどうしても隠したがり、ドヤ顔をして余裕を見せたりするというような事が多いので、ドヤ顔をしてしまうというのもあるのではないかと思います。

ドヤ顔された時の5個の対処法

ではそんなドヤ顔をするような人の特徴や心理を理解した上で、実際にドヤ顔をされた時というのはとてもイライラしたり、ムカッときたりするような人も多いのではないかと思います。

相手はその様なことが無くても、感じ方はこちら次第なので、どうしても相手に対してイライラしたりしてしまいますよね。

また気が散ってしまうというような事もあるかもしれません。

ここで大事なのはドヤ顔をされた時でもそのまま自分に集中をしたり、軽くあしらうというような事をすることが大事になります。

いわゆる相手がどんなにドヤ顔をして、挑発みたいな行為をしたとしてもそれに動じないというような事が必要になることでしょう。

どうしてもこの様な事というのは反応をしてしまい、挑発に乗るというような事をしてしまう人が多いです。

では実際にどの様な対処をすれば良いと思いますか?

その5つの対処法について詳しく見てみたいと思います。

1.自分に集中する

先ずどんな事もそうですが、相手は相手、自分は自分だと考えることが必須になります。

言うのであれば自分に集中をすることで、相手がドヤ顔をして自慢話をしてきてもそのまま自分に集中をすることができるのではないかと思います。

人というのはどうしても相手と自分を比べてしまうような事が多いので、相手が言うようなことを鵜呑みにしてしまったり、その事でイライラとしてしまったりするような事が多いと思います。

しかしながらそこで自分自身に集中して、相手は相手だと割り切ることが対処法の1つになるのではないかと思います。

特に自分に集中をすることで、作業などに関してもスムーズに進めることができると思うので、他人に刺激を受けるというような事は、良いですが、ドヤ顔などに対してイライラをしないという事が大事になるでしょう。

時には知らないふりも

時には知らないふりをすることも大切です。

どうしてもドヤ顔をするような人というのはいろいろな人に自慢気に話しをしたり、余裕があるというような威圧感を与えたりするのではないかと思います。

そんな時こそ知らないふりをして自分自身に集中をするというような事が大事になるのではないかと思います。

2.軽くあしらう

軽くあしらうことも必要になります。

特にドヤ顔をする人というのは基本的にその相手に対してしつこくアピールをしてきたりするので、その様なことでイライラなどをしてしまうとどうしても時間などの無駄にもなってしまいますよね。

そこで重要なのが、軽くあしらうという事で相手から離れるというような事も重要になるのではないかと思います。

人と接する上で大事な事というのは、相手と仲良くなるというような事は必須になるかもしれませんが、時には距離感というようなものも大事になります。

何度もされないように

何度もドヤ顔などをされないような関係を築くというような事も大事になるでしょう。

特に仕事などでは、どうしても苦手な人と接したりするような事も多いのではないかと思います。

なので何度もされないようにするというような事や、適度な距離感を保つというような事が必須になります。

そして軽くあしらうというのは、どうしても話さないようになるというような事もあるかもしれませんが、適度にあしらうことで相手のドヤ顔なども次第になくなってくるのではないかと思います。

一番いけない事は、その事に関して鵜呑みになったり、そのまま挑発的なものにのったりするという事です。

無視というような事も1つの対処法になるので、その様な行動も取ることをオススメします。

3.余計な質問はしない

余計な質問はしないという事も大事になります。

特にドヤ顔をするような人というのは、自分のことを実績としてあげたものに関して自慢話のように話すような事が多いです。

なので余計な質問はしないという事も大事になることでしょう。

相手とどうしても話をするというような事もあるかもしれません。

例えば職場の人でドヤ顔をしてくるような人と話すというような事も多いでしょう。

そんな時にその人の事に関しての話などや、質問というような事をするのではなく、長引かせないというような事をすることで適度な距離感を保つことができるのではないかと思います。

長引かせない

長引かせないというような事は基本的にどの様な会話でも必須なことになりますよね。

どんなに仲の良い人でも、長引いてしまうと時間が経ってしまうと思います。

特に嫌な人と話しをする際に長くなってしまうのはとても辛いことですよね。

そこで重要なのは質問や返答をする際には簡易的なもので終わらせて直ぐに会話を切り上げるというようなことをすることで、対処をすることができるのではないかと思います。

4.相手が喜ぶ反応をしない

相手が喜ぶ反応をしないというような事も大事になります。

例えば相手がドヤ顔をするような出来事を言った際に「凄いね!」というような事や、「どうやったの?」というような相手が喜ぶような反応をしないというような事も必要になるでしょう。

相手と接する際には、相手の反応が返ってくるような事をしないという事が大事になります。

過剰に褒めない

よく適当に褒めたりするというような事があると思いますが、ここで大事な事は過剰に褒めないという事です。

過剰に褒めてしまうとどうしても相手も鼻が高くなってしまうので、他の話であったり、更にドヤ顔をするような事を言ったりするのではないかと思います。

なので過剰に褒めないようにすることで、その人との会話を途切れさせるというような事も必要になるのではないかと思います。

5.褒めない

相手がどんなにドヤ顔をしても褒めないというような事が必須になるのではないかと思います。

相手をどうしても褒めてしまうと、相手はどんどん調子にのってしまうような事が多くなってしまうので、褒めないでいるというような事も重要になるのではないかと思います。

ドヤ顔をするような人は、どうしても自分の自慢話であったり、相手に威圧を与えるというような事が多く、どうしても他の人へと話をしたりするような事が多いのではないかと思います。

そこで褒めないというような事をすることで、相手との距離感をはかり、適度な接し方をすることができるのではないかと思います。

適度な距離感を

いかがでしたか?

ドヤ顔をするような理由であったり、その人の心理というようなものが分かったのではないかと思います。

ここで大事な事というのは、何度も言うように相手との距離感を保つという事です。

仮に相手がドヤ顔をするという事は、威圧をしてきているのか、自分に対して自慢話をしたいのかというような事になってしまい、どうしてもイライラをしてしまうというような事が多いのではないかと思います。

そんな時に距離感を保つことで相手と極力話すというような事がなく、イライラなどを解消できるのではないかと思います。

相手と上手くいかないというような事や、この様なことがよくあるという人は、是非対処法を試してみて、相手との距離感を保つようにしましょう!