CoCoSiA(ココシア)

篤いとは?「厚い」との違いや信頼が...(続き4)

そのような人間は自分のことばかりを考えている可能性が高く、簡単に人のことを裏切ってしまう性格をしている可能性が高いです。

なので人助けをする人間は信頼が篤い、人助けをしない人間は信頼に乏しい人間であると判断することができます。

もしもあなたが信頼が篤い人物になりたいと思うのであれば率先して周りの人の助けになれるように行動してみてください。

そうすることによって周りの人はその恩返しをするためにあなたのことを助けてくれたり、あなたのことを信頼に篤い人物と思ってくれるようになるはずです。

毎日の自分自身の行動の積み重ねが周りの人からの見方を変えるということを意識してみてください。

損得に関わらず行動する

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「損得に関わらず行動する」という特徴が挙げられます。

なぜ損得にかかわらず行動する人間が信頼に篤い人の特徴になるのかと言うと、損得に関わらず行動できる人間は他人のためを思って行動できる人間だからです。

どういうことかと言いますと、損得にかかわらず行動するということは自分が損をしてもかまわないということになります。

一般的に考えて、自分が損をするということは悪いことであり、あまり魅力的なことであるとは思えませんよね。

しかし、自分が損をすることを顧みないということは本当の意味で相手のことを思っている人間であるということになります。

なぜならば、自分のことだけを考えている人間は全ての物事を損得勘定で考えてしまうので、自分に損があるような行動は取らないのが普通だと言えるからです。

なので、損得にかかわらず行動することができる人間は相手のことを考えて行動できる人間なので信頼に篤い人物であると考えることができるのです。

逆にいつも損得で物事を考えて自分の得になるようなことしかしない人間は信頼にかけている人物であると考えられます。

なぜならば、利害が一致すれば都合よく行動してくれますが、自分の都合が悪くなってしまうと簡単に相手を裏切ってしまう可能性が高いからです。

簡単に相手を裏切る人間は信頼にかけている人物であると考えられるので、信頼に篤い人間であるとも言えないということです。

あなたは全ての物事を自分の得になるか、損になるかという考え方で行動していませんか?

確かにある程度損得勘定を持つことは大切ですが、全ての物事を損得勘定で考えてしまうと周りの人からの信頼を得ることはできません。

むしろ自分の信頼を下げてしまう行為なってしまうので、自分が困った時に助けてくれる人間が誰もいなくなってしまいます。

相手のことを考えて行動できる人間は周りの人から信頼され、周りの人から助けてもらえるようになるので周りの人のことも考えて行動できるように意識してください。

受けた恩は返す

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「受けた恩は返す」という特徴が挙げられます。

なぜ受けた恩を返す人は信頼が篤い人なのかというと、受けた恩をしっかりと返す人間は義理難い人間である可能性が高いからです。

先ほどご紹介したように義理堅い人間は義理をおろそかにしないという考え方を持っているため、常に大切なことを考えて行動できる場合が多いです。

自分のことだけを考えている人間には行動することができないような部分ので行動することができるような強さを秘めています。

なので、たとえ自分にとって損があったとしても相手のことを思って行動することができる温かみのある心を持っている人だと言えるのです。

なので、受けた恩を返す気では信頼に篤い人間であると考えることができます。

受けた恩をしっかりと返すということは当たり前のことではありますが、なかなか行動することができないことでもあります。

特に自分にとって負担がかかってしまうような状況であると自分の身が可愛いと思ってしまう人間はとても多いです。

しかしながらそのような状況でもしっかりと受けた恩を返すということを徹底している人間は必ず周りの人間から感謝されるようになります。

返報性の法則という言葉があるように、人間は相手から返されたものをそのまま返したくなる性質を持っています。

相手から嬉しいことをされれば嬉しいことを返すように、相手から辛いことを言われれば相手に対して辛いことを返すようになります。

なので、相手に対して恩を返したり、助けるようなことをすれば、必ず回りの人間から助けてもらえるようになります。

そうすることで、自然と信頼は築かれていきますので、受けた恩は必ず返すように意識してください。

人の心に配慮できる

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「人の心に配慮できる」という特徴が挙げられます。

なぜ人の心に配慮できる人間が信頼に篤い人なのかと言うと、人の心に配慮できる人間は相手の立場に立って物事を考えられるからだと言えます。

相手の立場に立って物事を考えるからこそ、相手の心に配慮をすることができるようになります。

相手のことを何とも思っていない人間や、相手の立場に立って物事を考えられない人間は当然相手の気持ちを理解することができません。

つまり、相手の気持ちを理解することができないと相手に対して配慮することはできないということになります。

なので、相手のことを考えて行動できる人間は信頼に値する人物であると考えることができるので信頼に篤い人間だと言えます。

逆に、相手のことを全く考えていない人間や相手の気持ちを理解しようとしない人間は、自分のことしか考えていない人間などで信頼に値しない人間だと言えます。

もちろん全てのことを理解するということは難しいと思います。

しかしながら、相手の立場に立って物事を考えてみればある程度のことは理解することができるようになります。

もしもあなたが相手の気持ちを考えないで、常に行動しているのであれば、時には相手の気持ちを考えて行動したり言動を放つように心がけてください。

そうすることによって必ず相手は自分の気持ちに配慮してくれた事実に気がつき、あなたのことを信頼してくれるようになるはずです。

相談をよく受ける

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「相談をよく受ける」という特徴が挙げられます。

なぜ信頼が篤い人は相談をよく受けるのかというと、相談をよく受ける人は自分のことを考えてくれている人だと思われているからです。

例えばあなたがなにか迷ったことがあったとして誰かに相談しようとしたとします。