CoCoSiA(ココシア)

篤いとは?「厚い」との違いや信頼が篤い人の特徴も紹介


私たちが普段使っている言葉の中にはとても似ているのに意味が違ったりする言葉などが多く含まれています。

例えば、似ている言葉でありながら、対象が異なる言葉であったり、意味が若干程度異なったりするようなものはいくつも見受けられます。

例えば、卵という言葉と玉子という言葉がありますが、この言葉の違いを知っていますか?

同じ言葉の意味に感じるかもしれませんが、実は明確な違いが存在している言葉同士なのです。

実際に説明してと言われると、表現が難しかったり、正しく理解していない人などは多く存在しています。

このような言葉はいくつも存在しており、だからこそ正しく解釈しておかなければいけません。

特に、ビジネスなどの面で用いられるような言葉などは特に重要度が高いので、早い段階で正しく言葉の区別をつけておく必要性があります。

そこで、今回は篤いという言葉をテーマにして、篤いという言葉の意味や厚いという言葉との違い、そして信頼が篤い人の特徴についてご紹介していきます。

これを機に、篤いという言葉の意味を正しく理解するきっかけにしてみてください。

篤いと厚いの違い

篤いと厚いの違いをあなたは正しく理解できていますか?

知っているという人は問題ありませんが、知らないと感じている方は、早い段階で言葉の違いを正しく理解しておく必要性があります。

なぜならば、篤いという言葉はビジネスの面において用いられたりする可能性がある言葉だからです。

また、厚いという言葉も敬語を使ったり、丁寧な表現をするときに用いる言葉でもありますので、やはり同様に重要な言葉であるということがいえます。

この言葉同士を混同してしまっていると、間違って使ってしまう可能性がありますので、社会人の方は必ず知っておきたい言葉の違いだといえます。

では、篤いと厚いの違いをご紹介する前に、まずは篤いと厚いの言葉の意味をそれぞれ細かくご紹介していきたいと思います。

それぞれの言葉にはどういう意味があり、どのような違いがあるのか、チェックするためにまずは正しい意味合いをチェックしてみましょう。

篤いの意味

篤いという言葉は普段なかなか使用したりすることがない言葉でもあるといえます。

なので、そもそも篤いという言葉の意味自体知らないと感じている方はかなり多いはずです。

篤いという言葉には複数の意味が存在しており、意味を知っていればかなり利便性に富んだ使い方ができる言葉でもあります。

また、意味を知れば厚いという言葉とかなり似ている部分もあるので、余計にややこしく感じてしまう場合もあります。

しかし、意味の違いを理解するためには、それぞれの意味を正しく解釈する必要性があります。

なので、まずは篤いという言葉の意味をより明確に理解するところからチェックしていきましょう。

病気が重い


まず初めにご紹介する篤いという言葉の意味として「病気が重い」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、篤いという言葉の意味の中には「病気が重い、重病である」という意味合いが存在しているということです。

人間は生きていれば様々な病気にかかったりすることがありますよね。

その病気も病気の内容によって症状は様々であるといえます。

例えば、比較的軽い病気もあれば、重い病気も存在するわけであり、例えば風邪などはだれでもかかるような軽い病気であるといえます。

しかし、身体に重大な影響を及ぼすような、生命にかかわるような思い病気なども存在するといえます。

これらの病気の違いを明確に一つの言葉で言い表しているのが篤いという言葉であるということです。

例えば、病気が篤いという言葉の表現を使えば、その病気がとても重いことを意味している表現になります。

なので、篤いという言葉には病気の重さなどを言い表すことができる意味が含まれているということを覚えておきましょう。

容体が悪い

次にご紹介する篤いという言葉の意味として「容体が悪い」という意味が挙げられます。

これは先ほどご紹介した病気が重いという言葉とほぼ同じような意味合いになります。

篤いという言葉の意味の中には、病気が重いという意味だけではなく容態が悪い時という意味も含まれています。

病気が篤いという言葉を使うと、その病気がとても重いことを意味しているとお伝えをしましたが、容体が悪いという意味でも表現するとこができます。

例えば、重い病気などを患ってその容態が悪い時には、病が篤いという言葉を用いると、容体が悪い状態を意味する言葉として用いることができます。

病気に関係した状態において、幅広く用いることができる言葉でもありますので、場面によって使い分けるようにする必要性があるといえます。

篤いの例文

ここまでは篤いという言葉の意味をご紹介していきました。

では、篤いという言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは篤いという言葉を使った例文についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えた通り篤いという言葉がなかなか日常生活の中で使ったりすることがない言葉でもあります。

あまり使用することがないという点と、そもそも初めて意味を知ったという場合においては、どのように使えばいいのかわからないと感じる方も多いと思います。

なので、篤いという言葉を使う場合、どのように表現するべきなのか、どのように文章を形成するべきなのか、例文を通して確認してください。

わざわざ報せるからには、病は篤いはずだ

篤いという言葉を使った例文として「わざわざ報せるからには、病は篤いはずだ」という例文が挙げられます。