私たちが普段使っている言葉の中にはとても似ているのに意味が違ったりする言葉などが多く含まれています。

例えば、似ている言葉でありながら、対象が異なる言葉であったり、意味が若干程度異なったりするようなものはいくつも見受けられます。

例えば、卵という言葉と玉子という言葉がありますが、この言葉の違いを知っていますか?

同じ言葉の意味に感じるかもしれませんが、実は明確な違いが存在している言葉同士なのです。

実際に説明してと言われると、表現が難しかったり、正しく理解していない人などは多く存在しています。

このような言葉はいくつも存在しており、だからこそ正しく解釈しておかなければいけません。

特に、ビジネスなどの面で用いられるような言葉などは特に重要度が高いので、早い段階で正しく言葉の区別をつけておく必要性があります。

そこで、今回は篤いという言葉をテーマにして、篤いという言葉の意味や厚いという言葉との違い、そして信頼が篤い人の特徴についてご紹介していきます。

これを機に、篤いという言葉の意味を正しく理解するきっかけにしてみてください。

篤いと厚いの違い

篤いと厚いの違いをあなたは正しく理解できていますか?

知っているという人は問題ありませんが、知らないと感じている方は、早い段階で言葉の違いを正しく理解しておく必要性があります。

なぜならば、篤いという言葉はビジネスの面において用いられたりする可能性がある言葉だからです。

また、厚いという言葉も敬語を使ったり、丁寧な表現をするときに用いる言葉でもありますので、やはり同様に重要な言葉であるということがいえます。

この言葉同士を混同してしまっていると、間違って使ってしまう可能性がありますので、社会人の方は必ず知っておきたい言葉の違いだといえます。

では、篤いと厚いの違いをご紹介する前に、まずは篤いと厚いの言葉の意味をそれぞれ細かくご紹介していきたいと思います。

それぞれの言葉にはどういう意味があり、どのような違いがあるのか、チェックするためにまずは正しい意味合いをチェックしてみましょう。

篤いの意味

篤いという言葉は普段なかなか使用したりすることがない言葉でもあるといえます。

なので、そもそも篤いという言葉の意味自体知らないと感じている方はかなり多いはずです。

篤いという言葉には複数の意味が存在しており、意味を知っていればかなり利便性に富んだ使い方ができる言葉でもあります。

また、意味を知れば厚いという言葉とかなり似ている部分もあるので、余計にややこしく感じてしまう場合もあります。

しかし、意味の違いを理解するためには、それぞれの意味を正しく解釈する必要性があります。

なので、まずは篤いという言葉の意味をより明確に理解するところからチェックしていきましょう。

病気が重い


まず初めにご紹介する篤いという言葉の意味として「病気が重い」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、篤いという言葉の意味の中には「病気が重い、重病である」という意味合いが存在しているということです。

人間は生きていれば様々な病気にかかったりすることがありますよね。

その病気も病気の内容によって症状は様々であるといえます。

例えば、比較的軽い病気もあれば、重い病気も存在するわけであり、例えば風邪などはだれでもかかるような軽い病気であるといえます。

しかし、身体に重大な影響を及ぼすような、生命にかかわるような思い病気なども存在するといえます。

これらの病気の違いを明確に一つの言葉で言い表しているのが篤いという言葉であるということです。

例えば、病気が篤いという言葉の表現を使えば、その病気がとても重いことを意味している表現になります。

なので、篤いという言葉には病気の重さなどを言い表すことができる意味が含まれているということを覚えておきましょう。

容体が悪い

次にご紹介する篤いという言葉の意味として「容体が悪い」という意味が挙げられます。

これは先ほどご紹介した病気が重いという言葉とほぼ同じような意味合いになります。

篤いという言葉の意味の中には、病気が重いという意味だけではなく容態が悪い時という意味も含まれています。

病気が篤いという言葉を使うと、その病気がとても重いことを意味しているとお伝えをしましたが、容体が悪いという意味でも表現するとこができます。

例えば、重い病気などを患ってその容態が悪い時には、病が篤いという言葉を用いると、容体が悪い状態を意味する言葉として用いることができます。

病気に関係した状態において、幅広く用いることができる言葉でもありますので、場面によって使い分けるようにする必要性があるといえます。

篤いの例文

ここまでは篤いという言葉の意味をご紹介していきました。

では、篤いという言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは篤いという言葉を使った例文についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えた通り篤いという言葉がなかなか日常生活の中で使ったりすることがない言葉でもあります。

あまり使用することがないという点と、そもそも初めて意味を知ったという場合においては、どのように使えばいいのかわからないと感じる方も多いと思います。

なので、篤いという言葉を使う場合、どのように表現するべきなのか、どのように文章を形成するべきなのか、例文を通して確認してください。

わざわざ報せるからには、病は篤いはずだ

篤いという言葉を使った例文として「わざわざ報せるからには、病は篤いはずだ」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言うと「わざわざ知らせるからには病気は重いはずだ」という意味合いで解釈することができます。

まず、報せるとは、他人が知るようにする、教えるという言葉の意味を持っている言葉です。

なので、あとは篤いという言葉の意味をそのまま代入していただくだけで、意味としてはすぐに理解できるようになるはずです。

文章の意味自体は難しい言葉ではなく、正しい意味合いを理解していればそこまで難しい例文にはなりません。

病気にかかることは、人間ならば誰しもがありますよね。

これまでに病気を患ったことがないという人はあまりないと思います。

しかしながら、わざわざ病気になったということを知らせているということは言い換えてみればそれが重大な病気になっている可能性が考えられますよね。

なので、そのような病気における深刻な状況の可能性がある場面において用いることができる例文であるといえます。

厚いの意味

ここまでは篤いという言葉の意味をご紹介していきましたが、ここからは厚いという言葉の意味についてもご紹介していきます。

厚いという言葉の意味に関しては、日常的に使用している可能性も高いので、そこまで難しい言葉の意味にはならないかと思います。

しかしながら、改めて篤いという言葉との意味の違いを確認するためにも、厚いという言葉にはどのような意味があるのか、改めて確認していきましょう。

物の両方の面の隔たりが大きい

まずはじめにご紹介する厚いという言葉の意味として「物の両方の面の隔たりが大きい」という意味が挙げられます。

これはどういうことかと言うと、私たちが使っている厚いという言葉の一般的な意味合いであると言います。

例えば、よく使われるのが物の厚みなどを表現したりする場合にこの意味で用いられるようになります。

日常生活を送っていると様々なものに触れたりすることがありますし、私たちは様々なものに囲まれて生活をしていると言えます。

そのものの中には、様々な形をしているものがありますよね。

ものによって形が違うように、当然そのものの厚みなどや大きさなども変化するようになります。

そのものの厚みなどを表現する際には、厚いという言葉を使って厚みが大きいということを表現しています。

これが物の両方の隔たりが大きいという意味になるということです。

厚みがある

次にご紹介する厚いという言葉の意味として「厚みがある」という意味が挙げられます。

この意味に関しては先ほどご紹介した意味合いとほぼ同じような意味であると考えることができます。

先ほどご紹介した、物の両方の面の隔たりが大きいという意味とほぼ同じですが、物の厚みがあるということを意味しています。

私たちの身の回りにある様々なものに関しては、同じジャンルのものでも形が大きく違ったりすることがありますよね。

例えば身近なもので考えてみると本が挙げられます。

本に関してはページによって当然本の厚さは異なるようになりますので、ページが少ないものであれば本は薄くなりますし、ページが多いものは厚くなります。

なので、ページが厚い本などは厚い本などのように表現することができるといえます。

これは本に限らず、様々なものに対して用いることができるので、一つの基本的な表現方法として覚えておいてください。

厚いの例文

ここまでは厚いという言葉の意味をご紹介していきました。

ある程度厚いという言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは厚いという言葉を使った例文についてご紹介していきます。

厚いという言葉は日常的に使っている言葉でもありますのでそこまで使い方がわからないという方がいないと思います。

しかしながら、篤いという言葉との違いや、基本的な部分を理解するためにも、改めて厚いという言葉の使い方をチェックしていきましょう。

思い出は厚い本になって出版された


厚いという言葉を使った例文として「思い出は厚い本になって出版された」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「思い出は厚みがある本になった出版された」という意味になります。

この例文の意味はそれほど難しい意味ではなく、厚いという言葉の意味をそのまま代入していただければすぐにわかる意味合いです。

この例文においては厚みという言葉が本という言葉にかかっているので、厚みがある本のことを意味しています。

そして、思い出が厚みのある本になったということは、言い換えで見ればページ数が多い本になったという意味を考えることができます。

ページ数が多いということは、その分思い出はたくさんあるということを意味していますので、たくさんの思い出がページ数になって表れているということになります。

厚い本という表現自体は、よく用いられる表現方法であり、日常生活の中でも使用する機会が多いので、それほど難しくない例文です。

篤いと厚いには共通点も

ここまでは篤いという言葉と厚いいう言葉の意味をまとめてご紹介していきました。

ある程度意味を理解いただけたところで、ここからは両者の言葉の違いについてご紹介していきたいと思います。

この二つの言葉がよく混同される原因として、この二つの言葉には共通点がいくつか存在しているからだと言えます。

しかしながら異なる意味も含まれているため、結果的に間違って使われやすい言葉の関係性になっています。

ではどのような部分が共通しており、どのような部分が違うのかということをチェックしていきましょう。

どちらの意味合いもある

篤いと厚いには共通点があります。

どのような共通点があるのかというと、まず「真心がこもっている、心が深い」という意味においては両方の言葉の意味が共通しています。

つまり、どちらの言葉で表現しても意味としては通るということになります。

また、「恩恵などを受ける程度が甚だしい」という意味においてもどちらの言葉でも意味としては共通しているようになります。

なので二つの言葉に関しては共通している意味合いが存在しているため、共通している部分に関してはどちらの言葉を使っても問題もありません。

しかしながら、逆に違う点も存在しており、物の厚みなどに関しては厚いという言葉が用いられるようになります。

また、病気の重さなどを表す場合には篤いという言葉が用いられるようになります。

なので、特定の意味においては、それぞれの言葉を使い分けて表現する必要性があるということになります。

これがとても難しい部分になりますが、明確に意味を理解しておけば使い分けをすることはそれほど難しくはありません。

正しい意味を解釈しどちらの言葉がどのような場合に使われるのかということも併せて覚えておけば意味が混同することはありませんので、注意してくれてください。

信頼が篤い人の特徴

ここまでは篤いという言葉と、厚いという言葉の意味の違いについて詳しくご紹介していきました。

ある程度言葉の意味の違いを理解いただけたところで、ここからは信頼が篤い人の特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

あなたの周りも信頼が篤い人はたくさんいると思います。

しかし、信頼が篤い人にはいくつかの特徴が存在しており、それらの特徴をある程度多く兼ね備えている人である可能性が高いと言います。

では具体的に信頼が篤い人はどのような特徴を持っている人が多いのかということをそれぞれ項目ごとにご紹介していきますので参考にしてみてください。

もしもあなた自身が信頼にかけている人物だと思われていたり、これから信頼を身につけたいと思っているのであれば、信頼を得るためのヒントとしてチェックしてみましょう。

義理堅く、人情深い

信頼が篤い人の特徴を考えたときに、まず考えられるのが「義理堅く、人情深い」という特徴が挙げられます。

なぜ信頼に篤い人の特徴として義理堅く、人情深い特徴が考えられるのかというと、義理堅く、人情深い人は裏切らないからだといえます。

そもそも義理堅いとはどういうことかというと、「義理をおろそかにしない」という意味が含まれています。

そして、人情深いとは「何があろうとお相手に対してやらなければならないことをいつもきっちりやる人」という意味があります。

これらの意味を含めて考えてみると、自分が大切に思うことを人間本来が温かみを持ちつつ実行できる人であることを意味しています。

つまり、どのような状況においても自分が本当の意味で大切だと思ったことを実行することができる人だと言えるのです。

逆に考えた時に義理堅い考え方や人情深い考え方を持っていない人は簡単に人を裏切るような人間であると捉えることができます。

なぜならば、義理を通さず、人情を顧みない人は常に自分のことばかり考えている人であるということになります。

それは、自分にとって都合が悪いことが起きるとすぐに裏切ったり、自分のことだけを考えて行動してしまう人間であるという意味になってしまいます。

なので義理堅く、人情深い人は簡単に裏切るような人物ではないので信頼が篤い人であるということになります。

約束を守る

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「約束を守る」という特徴が挙げられます。

これに関してはわざわざ説明する必要がないかもしれません。

なぜ信頼が篤い人は約束を守るのかというと、約束を守るからこそ信頼に値する人物であるといえるからです。

約束を守る人間を考えてみた時に、まず想像つくのが人を裏切らないという考え方が備わっている人物であるということです。

なぜならば、約束を守るということは、その人と交わした言葉を裏切らないようにしているということになるからです。

そして、裏切らない人は、言い換えてみれば信頼できる人物であるということになりますよね。

なので、約束を守る人は裏切らないため、信頼できる人物である、つまり、信頼に篤い人であるということになるのです。

逆に、すぐに約束を破ってしまう、裏切ってしまう人を想像してみてください。

おそらく、信頼できる人物であるとは思えないはずですし、すぐに裏切るような人物は信頼に篤い人であるとはいえないですよね。

もしもあなたは約束を簡単に破ったり、信頼にかけるような行動を行っているのであれば、注意が必要です。

もしも信頼に篤い人物であると思われたいのであれば、まずは相手との約束を守る、しっかりと裏切らないようにすることを意識してください。

それを継続することで、信頼に篤い人物であると思われるようになります。

人助けをする

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「人助けをする」という特徴が挙げられます。

なぜ信頼に篤い人が人助けをするのかと言うと、人助けをするということは相手のためを思って行動している人間であるからだと言えます。

もちろん人助けを率先して行なった場合と頼まれて行なった場合とでは若干の違いが存在しています。

しかしながら、どちらの場面においても最終的には人を助けるという選択を行ったと考えると、少なからず良心が存在しているということになります。

相手のことを思って、相手のために行動しているということを考えると、良心がある素晴らしい人間性を兼ね備えている可能性が高いですよね。

なので、結果的に信頼することができる人間であり、信頼に篤い人間であると捉えることができるということです。

逆に人助けをしないような人間は冷たい心を持っている可能性がとても高いです。

優しい心を持っていれば目の前で人が困っていれば自然と手を差し伸べることができる人が多く、手を差し伸べない自分に対して許せない考え方をしている場合が多いです。

しかしながら、冷たい心を持っている人は人が困っている状況を見ても何とも思わない場合が多いです。

そのような人間は自分のことばかりを考えている可能性が高く、簡単に人のことを裏切ってしまう性格をしている可能性が高いです。

なので人助けをする人間は信頼が篤い、人助けをしない人間は信頼に乏しい人間であると判断することができます。

もしもあなたが信頼が篤い人物になりたいと思うのであれば率先して周りの人の助けになれるように行動してみてください。

そうすることによって周りの人はその恩返しをするためにあなたのことを助けてくれたり、あなたのことを信頼に篤い人物と思ってくれるようになるはずです。

毎日の自分自身の行動の積み重ねが周りの人からの見方を変えるということを意識してみてください。

損得に関わらず行動する

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「損得に関わらず行動する」という特徴が挙げられます。

なぜ損得にかかわらず行動する人間が信頼に篤い人の特徴になるのかと言うと、損得に関わらず行動できる人間は他人のためを思って行動できる人間だからです。

どういうことかと言いますと、損得にかかわらず行動するということは自分が損をしてもかまわないということになります。

一般的に考えて、自分が損をするということは悪いことであり、あまり魅力的なことであるとは思えませんよね。

しかし、自分が損をすることを顧みないということは本当の意味で相手のことを思っている人間であるということになります。

なぜならば、自分のことだけを考えている人間は全ての物事を損得勘定で考えてしまうので、自分に損があるような行動は取らないのが普通だと言えるからです。

なので、損得にかかわらず行動することができる人間は相手のことを考えて行動できる人間なので信頼に篤い人物であると考えることができるのです。

逆にいつも損得で物事を考えて自分の得になるようなことしかしない人間は信頼にかけている人物であると考えられます。

なぜならば、利害が一致すれば都合よく行動してくれますが、自分の都合が悪くなってしまうと簡単に相手を裏切ってしまう可能性が高いからです。

簡単に相手を裏切る人間は信頼にかけている人物であると考えられるので、信頼に篤い人間であるとも言えないということです。

あなたは全ての物事を自分の得になるか、損になるかという考え方で行動していませんか?

確かにある程度損得勘定を持つことは大切ですが、全ての物事を損得勘定で考えてしまうと周りの人からの信頼を得ることはできません。

むしろ自分の信頼を下げてしまう行為なってしまうので、自分が困った時に助けてくれる人間が誰もいなくなってしまいます。

相手のことを考えて行動できる人間は周りの人から信頼され、周りの人から助けてもらえるようになるので周りの人のことも考えて行動できるように意識してください。

受けた恩は返す

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「受けた恩は返す」という特徴が挙げられます。

なぜ受けた恩を返す人は信頼が篤い人なのかというと、受けた恩をしっかりと返す人間は義理難い人間である可能性が高いからです。

先ほどご紹介したように義理堅い人間は義理をおろそかにしないという考え方を持っているため、常に大切なことを考えて行動できる場合が多いです。

自分のことだけを考えている人間には行動することができないような部分ので行動することができるような強さを秘めています。

なので、たとえ自分にとって損があったとしても相手のことを思って行動することができる温かみのある心を持っている人だと言えるのです。

なので、受けた恩を返す気では信頼に篤い人間であると考えることができます。

受けた恩をしっかりと返すということは当たり前のことではありますが、なかなか行動することができないことでもあります。

特に自分にとって負担がかかってしまうような状況であると自分の身が可愛いと思ってしまう人間はとても多いです。

しかしながらそのような状況でもしっかりと受けた恩を返すということを徹底している人間は必ず周りの人間から感謝されるようになります。

返報性の法則という言葉があるように、人間は相手から返されたものをそのまま返したくなる性質を持っています。

相手から嬉しいことをされれば嬉しいことを返すように、相手から辛いことを言われれば相手に対して辛いことを返すようになります。

なので、相手に対して恩を返したり、助けるようなことをすれば、必ず回りの人間から助けてもらえるようになります。

そうすることで、自然と信頼は築かれていきますので、受けた恩は必ず返すように意識してください。

人の心に配慮できる

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「人の心に配慮できる」という特徴が挙げられます。

なぜ人の心に配慮できる人間が信頼に篤い人なのかと言うと、人の心に配慮できる人間は相手の立場に立って物事を考えられるからだと言えます。

相手の立場に立って物事を考えるからこそ、相手の心に配慮をすることができるようになります。

相手のことを何とも思っていない人間や、相手の立場に立って物事を考えられない人間は当然相手の気持ちを理解することができません。

つまり、相手の気持ちを理解することができないと相手に対して配慮することはできないということになります。

なので、相手のことを考えて行動できる人間は信頼に値する人物であると考えることができるので信頼に篤い人間だと言えます。

逆に、相手のことを全く考えていない人間や相手の気持ちを理解しようとしない人間は、自分のことしか考えていない人間などで信頼に値しない人間だと言えます。

もちろん全てのことを理解するということは難しいと思います。

しかしながら、相手の立場に立って物事を考えてみればある程度のことは理解することができるようになります。

もしもあなたが相手の気持ちを考えないで、常に行動しているのであれば、時には相手の気持ちを考えて行動したり言動を放つように心がけてください。

そうすることによって必ず相手は自分の気持ちに配慮してくれた事実に気がつき、あなたのことを信頼してくれるようになるはずです。

相談をよく受ける

次にご紹介する信頼が篤い人の特徴として「相談をよく受ける」という特徴が挙げられます。

なぜ信頼が篤い人は相談をよく受けるのかというと、相談をよく受ける人は自分のことを考えてくれている人だと思われているからです。

例えばあなたがなにか迷ったことがあったとして誰かに相談しようとしたとします。

その時に誰に相談するのかということを考えた時、自然と自分が信頼できる人物に相談しようと思いませんか?

なぜならば自分が信頼していない人物に大事な相談をするという選択をする人はあまりおらず、逆に自分のことを考えているからこそ答えを委ねたいと思うはずですよね。

つまり相談をよく受けるという人は周りの人から信頼されている可能性がとても高いと考えることができるのです。

なのでたくさん相談を受ける人は周りの人から信頼されている人物であり、信頼に篤い人間性を兼ね備えていると捉えることができます。

違いを知って正しく使おう(まとめ)

今回は篤いという言葉と厚いという言葉の違いや、信頼に篤い人の特徴についてご紹介していきました。

二つの言葉がとても紛らわしく、意味が共通している部分のあるため非常に意味が混同しやすくなっています。

しかしながら意味が違う部分もありますので明確に切り分けて正しい状況で使い分ける必要性がある言葉でもあります。

今回ご紹介した両者の言葉の違いと共通点を改めて理解し、正しく言葉を扱えるように意識してみてください。

正しい言葉遣いをすることによって、意味を明確に理解している人からしてみれば、評価してもらえる可能性にもつながります。

また、信頼に篤い人の特徴なども、日常生活の中で取り入れてみると、さらに魅力的な人間になれる可能性が増えますので、ぜひ工夫して取り入れてみてください。