誰かを好きになっているときって、いつもよりなんだか人にやさしくなれたり、ちょっと強くなれたり、

いつも幸せ感を感じていられますよね。

同時に相手は自分のことどう思っているんだろう・・・と不安にもなったりします。

”気持ち”って、人の目からは見えないものなので、お互いに気持ちを伝え合うのは本当に大事なことですよね。

もし、あなたが大好きなあの人に”すき”という大切な気持ちを伝えたい!と思っているなら、どうやって伝えるといいのでしょうか?

あなたの大好きなあの人や、彼氏にやると喜ばれてあなたの魅力をもっと感じてもらえる、

効果的な気持ちの伝え方を見てみましょう!

なかなか伝えられない「すき」の気持ち…

心の中では毎日あの人への「すき!」の気持ちがあふれているのに、実際に彼に会うとそれが伝えられない。

そんなもどかしさを感じている人も多いのではないでしょうか?

こんなに気持ちは確かだし、本当は心の中であふれているこの思いをどうして伝えるのを躊躇してしまうのでしょうか?

恥ずかしい

誰かを好きになると、今までは普通に接することができたのに、急に意識してしまって普通に接することができなくなってしまう、という人も多いのではないでしょうか?

なんとも思っていない人には、何の問題もなく接することができても、

意識してしまう男性とは目が合うだけでそらしてしまったり、上手に会話もできないほどになってしまうかもしれません。

”すき”という気持ちが膨らめば膨らむほど、その恥ずかしさは度を増していき、

思いとは裏腹にどんどん彼に自分の気持ちを素直に伝えるなんてできない!と思ってしまうかも。

”すき”ってほんの一言の単語なのに、その中に込められているのはあなたの全力の気持ちですよね。

強く心が引かれていて、自分の愛情を表現する言葉ですから、それを相手にぶつけるの恥ずかしさが伴うのです。

自分の気持ちを相手に伝えるのって、その人の手のなかに自分の気持ちをゆだねることになるので、とてもハードルが高いと感じることがあります。

本当に好きだったり、気になってしまうとか、相手に心が持っていかれているような状態の自分だからこそ、

それを素直に伝えるのは、勇気が必要だし、恥ずかしさとの闘いがあるのですね。

フラれるのが怖い

もし”すき”と伝えて、相手からフラれたらどうしよう・・・。

これもかなり、自分の気持ちを伝える際の大きな障害となります。

相手に気持ちを伝えなければとりあえずこのまま友達として一緒にいられるかもしれません。

でもだからと言って、このままの関係では満足できないからこそ、相手ともっと特別な関係になりたくて思いを伝えたいのです。

でも、相手の気持ちがはっきりわからなかったり、もしもしフラれるようなことがあったら立ち直れないと思うと急に怖くなってもう何もできなくなったりもしますよね。

だれでも、相手から拒絶されるのは本当に恐ろしいことです。

好きな気持ちが強ければ強いほど、フラれることが怖くて、本当の気持ちを言い出せないかもしれませんね。

今のままずっと友達としているのか、それとも一歩踏み出して、彼との関係をちゃんとはっきりさせるのか・・・。