CoCoSiA(ココシア)

文化部男子が女子にモテない4個の理由!モテるにはどうしたらいい?!


文化部男子のイメージで、かっこよくてスポーツできるような事はありません。

色白で、体も華奢な男子も多く、肉食系男子が好きな女子からすると、物足りなさを感じてしまいます。

特に文化部男子は外に出てスポーツをするといったことも少ないでしょう。

中には、女子より色白で肌がきれいな男子も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな文化部男子のために「文化部男子が女子にモテない理由」について、特徴をいくつかご紹介していきます。

女子にモテるためには、文化部男子のイメージを払拭していかなければなりません。

ぜひ、こちらの記事を参考にモテる文化部男子になっていきましょう。

文化部男子は知的に見えるのに何故モテない?

文化部男子は、知的でセンスが良く、インテリ系が好きな女子にとっては好印象になることもあります。

しかし、知的に見えたりインテリ系に見えても、なかなか持てない…。

というのが現実のところでは無いでしょうか?

めちゃくちゃ美系の顔立ちだったり、容姿に自信があるのなら別ですが、基本的に分間男子は、オタクやマニアックのような印象になることもあり、めちゃくちゃモテる!なんて事は少ないのではないでしょうか。

また、知的に見えても暗い印象やさわやかでない印象に見えることから、上司からのウケが悪くなってしまうことも考えられます。

文化部男子の中にも、果たしてモテる人はいるのでしょうか?

文化部男子でもモテる人はいる?

文化部男子の中でもモテる人はモテます。

とりわけ目立ってカッコイイわけでもなく、魅力的な何かがあるわけではありませんが、ある程度女子とコミニケーションが取れることで、女子からの受けも良くなりまた好印象に見えることがあるようです。

一時期、「草食系男子」と言う言葉が流行ったように肉食系女子にとっては草食系男子はとても好印象に映ります。

文化部男子もそんな積極的な女子に気に入られることで、モテる人もいるようです。

では、そんな積極的な女子にモテる男子は、どのような男しかますます気になりますよね?

文化部男子は何故女子にモテない?4個の理由!

文化部男子はなぜ女子にモテないのでしょうか?こちらでは、そんな文化部男子の女子にモテない理由についていくつかご紹介していきます。

もし、あなたが文化部男子で以下の理由に当てはまるようであれば、早急に改善していく必要があります。

これまで、こだわりが強かったり、異性の目なんて気にしない!なんて強気になっていても、周りに彼女ができる姿を見れば、自分もいつかは恋愛がしたい…。

なんて思うこともあるのではないでしょうか?女子にめちゃくちゃモテなくても、好きな子とお付き合いすることができるレベル位にはなりたいですよね。

文化部男子の女子にモテない理由を払拭し、持てる文化部男子を目指していきましょう。

1.ネガティブ思考である

文化部男子は基本的にネガティブ思考の人が多い傾向です。

中には、すごくポジティブな文化部男子もいますが、ほとんどがネガティブ思考なため、家に引きこもりやすく、また心も閉ざしやすい傾向にあります。

研究や勉強が好きな反面、アウトプットしたり外部との接触など外に向かうエネルギーがかなり弱いところが欠点です。

そのため、内に向かうエネルギーが強く、自分を責めたり「どうせ自分なんて何もできない。」などと思い出すと、ネガティブ思考が止まらないこともあります。

ネガティブ思考であることを受け入れ、できるだけポジティブにならなくともネガティブな思考止めるよう心がけていきましょう。

物事を悪い方向に考えてしまう

何か起きた時にいつも悪い方向に考えすぎてしまうことがありませんか?物事を悪い方向に考えすぎてしまうことで、物の見方が歪んでしまい、素直に考えることもできません。

状況はそこまで悪くないはずなのに、自分自身が悪いと思い込み、実際状況を悪くしてしまっていることも考えられます。

ある程度ネガティブに考えることがあっても、切り返しをうまくできなければ、ネガティブ思考のループにはまってしまいます。

物事を悪い方向に考えるのは自分が傷ついたりトラウマがある経験が過去にあるのかもしれません。

しかし、物事を悪い方向に考えてしまうことで、良いことも悪い結果にしてしまわないよう、考え方を柔軟に持たなければならないところもあります。

女子と遊ぶ時に緊張をして何も喋れない

もし、女子と遊ぶようなチャンスが訪れれば、ぜひ、積極的になるよう心がけていきましょう。

心の中で「何を話していいのかわからない。」と思う気持ちや、「緊張して何も喋れない」などと言う気持ちになるかもしれません。

しかし、黙っていては相手の気持ちを理解することもできず、ただ沈黙に気まずさを覚えるだけではないでしょうか?

せっかく気になる女子と遊ぶ機会を得ることができたのであれば、もっと自分を売り込むことを考えていきましょう。

相手のペースに合わせつつ、自分の気持ちや考えをアピールしていきましょう。

相手もあなたがどのような人なのか、きっと知りたいはずです。

相手が自分の話ばかりしてくるような女性であれば、あなたは隣でうなずき話を聞くだけで良いのかもしれません。

しかし、好きな女子なら絶対に自分を売り込むべきでしょう。

2.インドア派なので外に出ることが少ない


もともと、インドア派なので、外出することが少ないのが原因なのかもしれません。