この世の中にはさまざまなタイプの顔があります。

それをあるグループに分けて例える事があります。

それは調味料です。

醤油・ソース・塩などと言った調味料に例える事によってなんとなくのイメージを確立させているのです。

勿論、その分け方に明確な根拠があるわけではありません。

けれど、イメージ的な分け方を行う事によってより自分の好みを簡単に知る事が出来たり最近の流行を知る事が出来るようになる事でしょう。

最近では『塩顔男子』などと言った人々に人気が集中しています。

けれど、昔からの考えで行けば塩ではなく醤油かソースかで別れていました。

だからこそ、ちょっと昔の人にはソース顔の方がずっとなじみ深い言い方となります。

しかし、いまどきの人たちはいきなりソース顔と言われてもどんな人なのかいまいちイメージしにくいという事もある亜もしれません。

そこで今回はソース顔について改めて考えてみたいと思います。

今までなんとなくのイメージしか知らなかった人もこれをきっかけにその魅力について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

ソース顔とは?

そもそも、なぜ人の顔を調味料で表そうとしたのでしょうか。

その理由は明確にはわかっていません。

きっとより簡単に相手にイメージを伝える方法としてその例えを選んだのでしょう。

この言い方が流行した当時、ソースは日本の昔からある調味料というものでは無く、他の国から入ってきた新参者のようなイメージがありました。

味も、日本の料理とは違い濃い目でパンチがあるものでした。

その為、顔が濃い人の事をソース顔として例える事が多くなりました。

ソース顔と言われた場合、まず間違いなく濃い顔をイメージする事でしょう。

醤油や塩と比べてもソースは自己主張が強く洋食などに良く使われています。

だからこそ、その『洋』のイメージが濃い顔をイメージさせているのかもしれません。

ハーフのような顔立ち

『濃い顔』と言われてもいまいちイメージが付きにくい場合もあるでしょう。

もっとも簡単なイメージとしてはハーフのような顔立ちの人をイメージしてください。

もちろん、ハーフの人すべてが濃い顔になるとは言えません。

人によってはハーフという事に気がつかれない場合もあるでしょう。

それはそれで、その人の個性です。

気にする必要はありません。

ここで伝えたいのは、あくまでも個性の話です。

実際の話はともかく『ハーフ』と聞くと、顔がはっきりしていて日本人離れした顔の人を想像する事でしょう。

それこそがソース顔と言われる由縁なのです。

日本人らしい薄い顔ではない、濃い印象を与える顔。

それこそがソース顔です。

その為、ソース顔が好きな人ははっきりとした顔立ちの人を好む傾向にあります。

今では昔ほどのっぺりとした顔の日本人ばかりではありませんので、例えハーフやクオーターといった人でなかったとしても十分ソースっぽい顔の人にであう事が出来る事でしょう。

彫りが深い

人の顔の印象は様々な要因によって作られています。

ソース顔と呼ばれる濃い顔の印象の方は、おおむね彫が深い傾向にあります。

彫が深い事によって、より顔立ちがはっきりとして濃い印象になっているのでしょう。

日本人は、決して彫の深い顔の系統ではありません。

どちらかというと、凹凸が少なくのっぺりとした印象の人が強い傾向にあります。

だからこそ、鼻の高さやまゆ毛の部分など他の国の人と比べてもすっきりとした印象が強くなります。

ですが、その中でも彫が深い人などは意外といるものです。

あくまでも日本人の中という事にはなるものの、その彫の深さがソース顔と呼ばれる大きな理由の一つとなっている事は事実です。

どうしてか分からないけれど、顔の印象が濃いと感じる人が居る場合にはそれだけ彫が濃いという事なのかもしれません。

改めてしっかりとみてみるとその違いに気が付く事が出来るでしょう。

男らしく、ワイルド

ソース顔は、あくまでも顔の印象です。

その為、性格などに関係なく分類する事が出来ます。

ですが、人の外見は中身によって大きく左右される事があります。

『雰囲気イケメン』という言葉があるように、実際にはそれほどカッコ良くない容姿だったとしても洋服や立ち振る舞いによってかっこよく見える事がある場合を指します。

これは、顔のイメージにも当てはまる事です。

例えば、顔のつくりがどんなに濃かったとしてもうちに引きこもる内向的な性格な人に対してはあまり濃い印象を感じる事が無いかもしれません。

けれど、反対に薄い顔の人だとしてもひげを生やしたり日焼けをしたりする事によって、実際よりも濃い印象を作りだす事はできるはずです。

ソース顔=濃い顔というイメージが間違っているわけではありません。

けれど、実際の作りよりもワイルドな性格だったり行動がより一層男らしく濃い印象を与えている事もあるという事です。

もし、ソース顔に憧れているけれど実際には薄い顔立ちだという人も日々の行動や洋服などの容姿によってイメージを変える事が出来るという事を頭の片隅に置いておいてください。

やりすぎは何事も良い結果を生みませんが、自分に似合う範囲で行動する事が出来れば自分がイメージする自分を作り出す事が出来るかもしれません。

ソース顔は縄文人がルーツ?

どんな国の人も、元をたどって行けば先祖はそう変わらない事も多々あります。

ソース顔の人の場合には縄文人の顔の特徴が強く出ているのがその理由と言われています。

日本人特有のあっさり顔は弥生時代の人の顔の特徴なので、そもそもの受け継いだ時代が違うからこそ顔に大きな差が出ているのでしょう。

実際のところ、自分の顔がどこの時代に似ているのかという点はさほど意識する事が無いでしょう。

けれど、両親や兄弟と全く似ていな場合どうして自分だけ似ていないんだと悩む事もあるかもしれません。

そんな時は、もっともっとずっと前の祖先に似ているという事を思い出してみてください。

それで何かが変わるわけではありませんが、心が少しだけ軽くなる事もあるかもしれません。

ソース顔の特徴

それではここからはソース顔の特徴についてご紹介させていただきます。

顔のイメージを分類する際、いまだにこのソース顔や醤油顔と言った言い方をする場合が多々あります。

それだけ多くの方が共通してイメージを持ちやすいのでしょう。

けれど、中にはいまいちイメージを持ちにくいと感じている人も居るかもしれません。

そこで、改めてその特徴を知る事によって自分の身近な人を改めてしっかりと見極める事が出来るようになるかもしれません。

顔を分類する事が出来るようになったからと言って何かが役に立つかと聞かれればそれはあまりないかもしれません。

ですが、生活に役立つ事だけがすべてではありません。

時にはどうでも良い事を知る事が人生の楽しみにつながる事もあります。

特徴を改めて知る事によって、自分の好みはどんな人なんだろう。

世間から自分はどんな印象で見られているのだろう。

そんな考え方を持つ事も出来るようになります。

多くの人と知り合い、交流を深めていくなかでは、そういった考え方を身につけておくことも必要な場合もあります。

大きい二重

濃い印象を与える意味でも、目のイメージはとても大切です。

目をより印象的にする事が出来れば自然と濃い印象を持つ事もあるでしょう。

だからこそ、ソース顔の人の場合には大きい二重の人が多くなる傾向にあります。

切れ長で細い目の場合、どちらかというと醤油や塩顔が連想されます。

クールな目元ほど、ソース顔にはならないのです。

彫りが深い


ソース顔は、なんといっても彫りの深さが重要です。

いかに彫りが深い印象を与える事が出来るかによって、周りの人からのイメージを変える事が出来るでしょう。

芸能人の方など、誰もが濃いソース顔の人だと認めるひとは、それだけ掘りが深い傾向にあります。

彫りの深さは、自分でどうにかする事が出来るものではありません。

もともと生まれ持った魅力の一つでしょう。

だからこそ、彫りが浅い人が努力をしたとしても意味がないのです。

その魅力を持つ事が出来た事は、薄い顔の人からすればとても羨ましいという事もあるでしょう。

自分の魅力を最大限にアピールする事が出来るように考えて行動してみてくさい。

それが出来れば、自分の可能性をさらに高める事が出来るようになる事でしょう。

眉毛や髭が濃い

ソース顔と言われる人の中にも、実際にはそれほど濃い作りでは無い場合もあります。

それでも濃い顔だと認識してしまうのは、おそらく髭やまゆ毛のせいなのでしょう。

これらの部分が濃い場合、顔全体が濃いイメージとなってしまいます。

男性の中には、胸毛などが生えている人もおりそういった人々はもちろん、他の体毛も濃い傾向にあります。

だからこそ、実際よりも確実に濃く見えてしまうのです。

浅黒い肌

色が白い男性は、基本的に薄い印象となります。

もちろん、濃い顔の男性の中でも色白だったり日焼けを全くしていない人も居るでしょう。

ですが『濃い顔』『ソース顔』と言われた時、簡単にイメージする相手は、浅黒い肌をしている人をイメージするのではないでしょうか。

このイメージには、どこか日本人離れしているからこそ、日本人特有の黄色い肌とは違った色をしているものだと思っているのかもしれません。

黙っていても迫力がある

顔がすでに濃い人は、そこからあえて何も足さなくても人の記憶にとどまる事が出来ます。

大きな声を出す事が無くとも、周りの人から迫力があるように見える場合もあるでしょう。

黙っている事によって、よりその迫力が増すという事もあるでしょう。

自分は怒っていないのにも関わらず怒って見えてしまうという人は、もしかしたらこの迫力が原因なのかもしれません。

印象に残りやすい

濃い顔と言うのは、人の印象に残りやすいものです。

だからこそ、多くの人に覚えてもらう事が出来るのです。

薄い顔でもカッコいい男性は沢山います。

ですが、一度や二度会っただけでは、その人の特徴までしっかり知る事はできないでしょう。

けれど、濃い顔の人の場合には、一度見ただけでその強い印象がしっかりと頭の中に入り、イメージをインプットする事が出来るのです。

人に覚えてもらう事が出来る事は、恋愛以外の面でも様々な時に役立つ一種の才能です。

印象に残っているからこそ、思い出してもらったり声をかけても貰う事が出来るようになるのですから。

ソース顔の中には自分の顔を好きではないという人も居るかもしれません。

ですが、周りからしてみると、その覚えてもらいやすい顔もまた人生を豊かにするアイテムの一つとなる可能性が十分にあります。

だからこそ、その魅力を最大限に発揮できるように努力を重ねていきましょう。

ソース顔の男子がモテる6個の理由

いくつかの顔の傾向がある中で、ソース顔はモテやすい傾向にあります。

人に与える印象が強いからこそ、モテているのかもしれません。

ですが、実際のところはそこまで深く考えた事がある人は少ないのではないでしょうか。

もし、自分がソース顔である事を嫌だと感じている人は自分の顔のメリットを知るべきです。

そうする事によって、より自然と自分の顔を愛する事が出来るようになるからです。

自分の事を好きになる事が出来れば、さらに強く自信を持つ事が出来るようになりより幸せな日々を過ごす事が出来るようになるはずです。

また、自分の顔の良さを知る事によってより効率的に異性からの注目を集める事が出来るようにもなります。

モテる事がすべてではありませんが、モテ無いよりはモテた方がいいに決まっています。

その可能性があるのであれば、わざわざそれをつぶす必要はないのです。

思いきり活用してみましょう。

1.男らしさを感じる


濃い顔の人の場合には、薄い顔の人よりも強さを感じやすい傾向にあります。

その為、男らしいという印象を持つ場合が多々あります。

最近の男性は、草食男子とも言われるほどに内気な人が増えて来ています。

女性の方が強気に発言する事も珍しい事ではありません。

その為、そんな男性たちに対して不満を持っている女性は多くいます。

もっと自分の事を引っ張って欲しい。

支えるだけではなくたくましく守って欲しい。

そんな思いを抱えている女性からすると、濃い顔であるソース顔の男性はそれをしてくれそうなイメージを与えてくれるのでしょう。

勿論、イメージはあくまでもイメージです。

それが本当に実践されるかどうかはわかりません。

けれどそのイメージを持たせてくれるだけでも、恋に発展する可能性は高く結果的にモテる要因と名ているのです。

守ってくれそう

今の社会は、男女平等の世界です。

その為、女性が一人で生きていく事もそう難しい事ではないのかもしれません。

今や女性の方がバリバリとやる気を持って仕事をしている事も決して珍しい事ではないのですから。

けれど、そうは言っても女性はどこかで誰かに守られたいと思っています。

実際に守ってもらう必要が無かったとしても、精神的な部分での安心を求めているのです。

その為、守ってくれそうなイメージを与えてくれる人に対して、ついつい恋心を抱きやすい傾向にあります。

自分自身を強くみせ、男性社会でも負けないほどの強い意志を持って行動している女性だからこそ余計に男性らしい魅力を与えてくれる人の事を好きになってしまうのでしょう。

2.大人っぽい

濃い顔の男性は、どこか大人びて見える傾向があります。

男性はもともと精神年齢が女性より低い傾向にあるので、その中で大人っぽく見える男性はより魅力的に見える事でしょう。

また、薄い顔の男性はそれだけで幼く見える傾向があります。

それが若さの秘訣となっている場合もありますが、女性の場合自分よりも明らかに若く見える男性を嫌がる場合も多々あります。

その為、より落ち着きがあり大人っぽく見える男性に対して好意を抱きやすいという事があるのでしょう。

3.色気がある

色気は何も女性だけに感じるものではありません。

男性の中にも、相手に色気を感じさせる事が出来る人も居ます。

それだけ強い魅力を持っているのですから、モテたとしても不思議ではないでしょう。

色気がある男性の場合、自分自身がそれをしっかりと自覚している事も多々あります。

自覚しているからこそ、そのも力を最大限にアピールする事が出来るのです。

自分の魅力を理解して、それを前面に出す事は決して悪い事ではありません。

モテたいという気持ちがあるからこそ、努力を続ける事が出来る場合もあるでしょう。

4.目力に惹かれる

濃い顔の印象を与えやすいパーツは目です。

目はもともと顔の中で最も印象を与えやすいパーツです。

そのパーツが人より濃い場合は、それだけでも強い印象を相手に与える事になるでしょう。

だからこそ、目力に惹かれるという事もあるはずです。

目は口ほどに物を言うと言われるほど、人の目はいろいろな思いを伝えてくるパーツです。

そこにソース顔ならではの濃さがついかされればさらに強い印象があり、思わず好きになってしまう事もある事でしょう。

例えおしゃべりな相手ではなかったとしても、見つめられるだけでドキドキしてしまうなんて事もあるでしょう。

それが恋の始まりになる事もあるのです。

5.服も恰好良く着こなせる

ソース顔の人は、どこか日本人離れした魅力を発揮する事があります。

その為、日本人のような薄い顔の場合にはあまり似合わないような服装も自然と着こなす事が出来る場合も多々あります。

人の顔は、それぞれ違います。

似ている部分はあったとしても100パーセント一緒などと言う事はないでしょう。

その場合、自分の良さをどれだけ理解する事が出来るかどうかが大切なポイントとなります。

自分が好きな服装では無く、似合う服装を探す事によって、より自分の魅力を相手に伝える事が出来るようになる事でしょう。

その為にも、まずは自分に似ている人を探すべきです。

芸能人など、自分に似ている雰囲気の人を探す事によって、自分に似合うファッションをより簡単にイメージする事が出来るようになるはずです。

それらを勉強する事によって、より似合う服装を探す事が出来るようになる事でしょう。

6.自分が薄い顔だから

人間はないものねだりです。

その為、自分にはないものを持っている人に惹かれやすい傾向があります。

それは、顔の印象もまた同じなのかもしれません。

自分自身が薄い顔をしている場合、ついつい濃い顔の人の事が気になってしまうという事は、以外にも多くあるものです。

顔の印象は整形でもしない限りそう大きく変える事が出来るものではありません。

イメージを変える事が出来ないからこそ、相手にその思いを傾けてしまう傾向があるのです。

薄い顔が悪いという事ではありません。

むしろ、その顔を羨ましく思う人だっているはずです。

けれど、自分にないからこそ求めてしまうのが人間の浅はかなところなのでしょう。

濃い顔と薄い顔が結婚し、子供が出来たとしても大抵はどちらかに似てしまいます。

うまい事半分にする事が出来ない所もまた人間の面白さなのかもしれません。

ソース顔のイケメン芸能人

多くのイメージを知ったっとしてもいまいちその姿を想像する事が出来ないという人も居る事でしょう。

結局どんな人の事なんだろうと思っている人も居るはずです。

そこでここからは、ソース顔のイケメン芸能人をご紹介させていただきます。

抽象的なイメージでは無くより具体的な姿を頭の中で描く事によって、その特徴をより具体的にわかりやすくイメージする事が出来るでしょう。

自分ではあまり意識していなくとも、実は自分はソース顔が好きだったんだなんて気が付く事もあるかもしれません。

あなたの好きな芸能人はどれほど入っているでしょうか。

改めて自分の好みを知る為にも良い方法でしょう。

好みを知る事によって、今後の恋愛に関しても役立たせる事が出来るようになるかもしれません。

阿部寛

濃い顔と言えば、誰しもこの人の事を思い浮かべるのではないでしょうか。

それくらい多くの人に濃い顔として認識されているのが俳優の阿部寛さんです。

もともと濃い顔立ちをしている事はもちろん、出演作品の中にローマ人に扮しているものがあります。

その為、そのイメージがとても強い事もありソース顔と言え阿部さんと言ったイメージになっているのでしょう。

どんなにイメージを変えたとしても、濃い印象は変わる事はありません。

身長も大変高い事からどこか日本人離れした特別な雰囲気を出しているのかもしれません。

山田孝之

幼い頃からTVで活躍する俳優さんです。

昔は、、つるつるしとした肌にくりくりの目が特徴でどちらかというとかわいい印象が強い俳優さんでした。

しかしながら、成長期を迎えるとその見た目は激減。

もともと濃い顔の印象はあったものの、そこに髭や胸毛と言ったより男らしい印象がプラスされていったのです。

その為、実際の顔よりもより濃い印象を与えやすい状態となりました。

顔の彫りが深いと言った事はありませんが、目の大きさやまゆ毛の太さなどによって顔の印象がより強くなっているのがこちらの俳優さんの特徴です。

役によってもイメージが大きく変わるところも、俳優さんならではの特徴なのかもしれません。

北村一輝

先ほどご紹介させていただいた阿部寛さんと、同じ作品に出ている俳優さんであり何もしなくともローマ人に見せる事が出来るほどの濃い顔を持つ俳優さんです。

彼は、目の彫が深くまつげやまゆ毛などの濃さもとて強い印象となっています。

その為、どんな役をしていても濃い印象を持つほどのナチュラルソース顔です。

人によっては年齢によって顔のイメージが変わる人も居ますが、この人はそんな事はありません。

常に濃い顔の印象を保っています。

それは正にこの人の個性と言えるでしょう。

最近では、落ち着いた印象などの役も増えてきた北村さんですが、この濃い顔だからこそ出来る癖が強く厄介な役もあります。

そういった独特の個性を持つ面倒な役柄も、また是非沢山見せて欲しいものです。

長瀬智也

TOKIOのボーカル件ギターを担当しているのが、長瀬智也さんです。

最近のメンバーの不祥事などによって、いろいろと話題になった彼らですが基本的には老若男女どの世代からも人気の高いグループの一員であり、元祖アイドルの事務所の中では異例な存在となています。

長瀬智也さんは、ジャニーズの中でも特に背が高くワイルドな印象を強く持たれています。

その為、実際の顔よりもさらに濃いイメージがあるのではないでしょうか。

どこか悪そうな雰囲気もある長瀬さんだからこそ、世の中の女性たちの心をわしずかみにしているのでしょう。

その魅力があるからこそ、長瀬さんは沢山の女性との恋噂も立っています。

浮気などをしているわけではないので、何の問題もありませんが、その恋多き姿を見てもソース顔の男性はモテるのだという事を実証しているといえるでしょう。

松本潤

長瀬智也さんと同じく、ジャニーズに所属しているのがこの松本潤さんです。

国民的アイドルともいわれている嵐のメンバーであり、ファンからは『MJ』とも呼ばれています。

俺様気質を持つかれだからこそ、長瀬さん同様にワイルドな印象も追加されてより濃い印象となているのかもしれません。

まあ、松本潤さんの場合には体毛が基本的に濃い傾向にあります。

デビューしたての頃はあまりにも濃いまゆ毛をいじられるほどでした。

そんな濃さがあるからこそ、顔のつくり以上に濃い印象を周りに与えているのかもしれません。

また、嵐の他のメンバーは比較的薄い顔の人が多くなっています。

その為、松本潤さんの濃さがより目立ちやすい傾向にあるという事も言えるでしょう。

平井堅

平井堅さんは、歌手です。

とても美しい声の持ち主で、聞く人々を癒してくれる力を持っています。

昔から歌われてきた童謡をヒットソングにする事が出来たのも彼の歌唱力があってこそでしょう。

ですが、そんな素晴らしい歌唱力すらもかき消してしまうほどの印象を持っているのが彼の濃い顔です。

平井堅さんの顔は、もはや日本人的な要素は殆ど無くインドやパキスタンなどと言った国々の人々を連想させます。

ここまで濃い顔なのですから、ハーフやクオーターなんだろうと思っている人も多くいるはずです。

ですが、実際には4代先までさかのぼっても純日本人しかないそうです。

つまりは、平井堅さんも、生粋の日本人なのです。

ここまで濃い顔の人が純日本人だという事実は、かなりの衝撃的事実です。

きっと今でも多くの人がハーフなど、他の国の人の血が入っていると思っているはずです。

このように、実際には日本人としての血しか流れていない人もハーフのような顔になる事が出来る場合もあるという事です。

玉山鉄二

玉山鉄二さんは、さまざまなドラマに登場する俳優さんです。

コミカルな演技で注目を集める車のCMなどにも登場しているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

彼も彫りが深く濃い印象を与えやすい顔立ちをしています。

ですが、年齢と共にどこか影のある役や静かな役を演じる事も多くなってきました。

その為、ソース顔には変わりはないものの、昔のようにとっても濃い顔というイメージは少なくなってきているのではないでしょうか。

多くの役を演じる事によて、自分のイメージを柔軟に変化させる事が出来るところが、俳優としての強みなのでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか。

ソース顔の人の基準や、なぜそう思ってしまうのかという事を知る事が出来たのではないでしょか。

どんな分野でも、流行は変わるものです。

一時とても流行したソース顔も、今では塩顔男子に人気を抜かれている印象があります。

けれど、時代はいつでも回るもの
です。

またソース顔の人が脚光を浴びる時もやがてやってくるでしょう。

自分の魅力を最大限に発揮する為にも、自分のいいところをしっかりと知る必要があります。

濃い顔がチャームポイントなのであれば、その魅力が一番発揮しやすい服装や髪形を研究する事もいいでしょう。

また、先ほどご紹介させていただいた、自分の顔と同じ系統の人がしている姿などを真似してみるのも効果的な方法です。

誰か理想の人をイメージして行動する事によって、自然と自分自身のレベルを上げる事が出来る事もあります。

おしゃれについてあまり詳しくないという方も、とにかく真似してみる事によって、自然とおしゃれが身に付く事もあるでしょう。

自分と全く似ていな人を参考にしてしまうと、似合わないという問題が出てきてしまいがちですが、顔の系統をそろえる事によって出来るだけ自然な形でイメチェンを行う事が出来る事でしょう。

ソース顔は、濃いからこそ印象に残りやすい傾向にあります。

その為、その長所をいかすことが出来ればより目立つ事が出来たりモテる事が出来る可能性もあります。

せっかくの魅力を無駄する事なく行動を意識してみましょう。