CoCoSiA(ココシア)

妬まれる女性の7個の特徴。理由や対...(続き5)

妬みを抱いていることに罪悪感が生まれるからです。

嫌な気持ちを抱いているときには、相手の全てが悪く見えてしまいます。

自分から進んで挨拶をすることは、そんなフィルタをかけてみている相手の気持ちを溶かしてあげることも必要なのです。

5.人を見下さない

誰かから妬まれていると分かっているときには、人を見下さないようにするということも大切です。

高みから見ているということは、意外と相手に伝わりやすいものです。

ただでも妬まれて、憎らしいほど羨ましいと思われているのに、さらに上から人を見ているという態度では反感を買うだけでしょう。

普段から人を見下していても良いことはありませんが、特に妬みを買っているようなときには、人を見下さないように気を付けるべきです。

誰かを見下していると、他の人からも反感を買ってしまう可能性があります。

妬みを持っている人、反感を抱いている人、負の感情を向けてくる人をさらに増やす必要はありません。

自分を愛しすぎると嫌われる

人は、お互いに支え合っていることで生きていくことができています。

誰もが、自分が一番大切だと思っていても、それを隠して他人のために生きているようなふりをしているのです。

その中で、自分のことを一番に愛して、自分が一番大切だという態度をとっていると、嫌われてしまうことが多いでしょう。

自分のことを誇りに思うのも悪くありませんし、結局は自分が一番大切だというのは、誰もが同じです。

ですが、それをあからさまに分かるような形で示して、他人を見下しているようなことをしていると、誰かの妬みを買うことになります。

妬みを買っているようなときには、自分が一番だという気持ちや、自分を最も愛しているのだという気持ちは隠しておいた方が良いのです。

他人のために働く人の方が好感度が高いのですから、妬みを買っているようなときには、そういった好感度の高い人になっておいた方が得です。

6.誰に対しても平等に接する

誰かに妬まれていることが分かったのなら、しばらくは誰に対しても平等に接することを心がけた方が良いかもしれませんね。

誰かにべったりしていると、それがもとで悪口を言われてしまうこともあるかもしれませんし、特定の誰かに嫉妬が拡大してしまうかもしれません。

また、嫉妬されているからと言って、嫉妬してくる相手のことを腫れ物を触るかのように接していては、それはそれで相手が嫌な思いをしてしまうでしょう。

誰かから嫉妬されているようなときには、下手に目立つような行動は起こさない方が良いのです。

誰に対してでも平等に接するようにしていれば、次第に嫉妬も収まっていくのではないでしょうか。

誰に対しても平等に接するというのが難しいのなら、誰に対しても基本的に笑顔を向けてビジネスライクに接するというのでも良いかもしれません。

特定の誰かと仲良くするのなら、不特定多数が見ているようなSNSなどで連絡を取るのではなく、個人的に連絡を取るようにするなどして、普段は「誰に対してでも同じ態度である」というところを見せているようにしましょう。

妬まれない女性になるための方法を知ろう

嫉妬は醜く、妬みを隠そうとしない人はとても醜い怪物のように見えます。

シェイクスピアは妬みを「緑の怪物」と言いましたが、嫉妬は一度襲ってくると、その人の性格を変えてしまうほどの力を持っています。

ただ、嫉妬している人間だけではなく、嫉妬は、嫉妬されている方の人間にも悪い影響があるというのが嫌なところです。

嫉妬されながら生きるというのは、色々な面で疲れるものです。

妬まれない人生を生きることができるのなら、できれば妬まれずに居心地の良い人生を送りたいですよね。

人に妬まれる人生は不幸

人生の中で妬みや嫉みから逃れることはとても難しい話です。

妬みと言うのは自然な感情ですし、競争社会の中で生きているのなら、嫉妬せずに生きるのはかなりの精神力を使うのではないでしょうか。

嫉妬は醜いということは知っていても、実際に「醜いから嫉妬するのはやめよう」と思える人はいないでしょう。