長い人生を過ごしていれば様々なことを勉強したり、様々なことを身につけるために努力を行ったりすることが多々あります。

例えば、学生時代であれば勉強を行ったり、部活動におけるスキルを高めるために様々なことに挑戦したりした経験がある方も多いはずです。

そして社会人になれば、仕事を行うために必要なスキルや知識を学んだりするようになるはずなので、誰もが何かしらの物事を勉強したり、学習したりしているといえます。

しかし、何かを学習する上で物事を習得したりすることが苦手だと感じている人も多いと思います。

特に人によっては、覚えることは苦ではないにしても、それをうまく知識として活用したり、応用したりすることが苦手に感じている人もいるはずです。

いわゆるアウトプットができていない人であると考えられますが、アウトプットが苦手な人にはいくつかの特徴が見受けられます。

せっかく学習した内容や身につけた能力をうまく生かすことができなければ、インプットした意味が半減してしまうと考えられます。

そこで今回はアウトプットが苦手な人の特徴とアウトプット力を鍛える方法をまとめてご紹介していきたいと思います。

アウトプットすることが苦手な人は、この機会にどうすればアウトプットすることが得意になるのかチェックしてみましょう。

アウトプットが苦手な人の5個の特徴

そもそもアウトプットとはどのようなことを意味しているのかというと「出力、算出したもの」という言葉の意味を持っています。

アウトプットという言葉を直訳するとアウトは外に、プットは置くという意味になりますので、要は記憶を外に出すという意味で用いられています。

インプットという言葉の対義語であり、ビジネス用語として現在では非常に多く使用されている言葉であるといえます。

では、ビジネス上においてインプットとアウトプットという言葉はどのように使われているのか簡単に説明します。

インプットという言葉はいわゆる勉強の言葉の意味であり、アウトプットは勉強して得た知識やスキルなどを成果や結果として出すことを意味しています。

つまり、自分で身につけた知識やスキルなどを発揮しなさいという意味で用いられるということになります。

勉強することは得意な人が、アウトプットすることも得意であるかと言われると気してそうではありません。

インプットすることが得意でもアウトプットすることが苦手な人はいくつか存在しており、それらの人については共通した特徴が見られています。

では、なぜアウトプットすることが苦手な人にはそれぞれの特徴が見られるのか、特徴別に解説していきたいと思います。

1.他人を意識しすぎている

まずはじめにご紹介するアウトプットが苦手な人の特徴の一つとして「他人を意識しすぎている」ということが挙げられます。

一見するとアウトプットと他人を意識しすぎているということが関連性がないようなことに感じるかもしれません。

しかしながら、よくよく考えてみると非常に密接な関係性にあると言えるので、他人のことを意識しすぎている人は必ず注意してください。

ではどのような関連性があるのかと言うと、他人のことを意識しすぎている人はアウトプットすることができないような環境に身を寄せてしまっている可能性があるということです。

例えば、他人のことを気にしすぎている人はどのような考え方を持っているのかと言うと、自分の発言や行動などが周りにどのように見えるのか気にしすぎている人が多いです。

自分がこのような発言をすると周りはどのように思うのか、このような行動をとると周りがどう自分のことを思うのか、常にこれらのことが気になっています。

では、これらのことが気になるとどうなるのかと言うと、周りの視線を気にするあまり自分自身の行動や言動を抑制してしまいがちになってしまいます。

自分の行動や言動を抑制してしまうと、自分が本来行いたかった行動や言動などが行えなくなってしまう可能性が生まれます。

そうなってしまいますと、せっかくアウトプットすることができるような環境になったとしてもそれを抑制してしまいがちになります。

つまりアウトプットの足かせになってしまうということになり、アウトプットし損ねてしまうので、せっかくのチャンスが無駄になってしまうと言えるのです。

勉強と同じようにアウトプットに関しても何度も何度も出力することによって、自らの知識やスキルなどを磨き上げて行くことができるようになります。

アウトプットするチャンスがあったとしても、それを生かすことができなければアウトプットの質を高めることができないので、半分意味がなくなってしまいます。

なので他人を意識しすぎている人はアウトプットすることが苦手な人の特徴につながるといえるのです。

比較しがち

他人を意識しすぎてしまっている人は他人と自分を比較してしまいがちな性格をしていると言えます。

もちろん他人と比較することが絶対に悪いということではありません。

他人と比較をすることによって、他人に負けないようにモチベーションを高めたりすることができる人もいるので、決してそれはまちがっているというわけではありません。

しかしながら、他人と比較することによってネガティブな感情になったり、自分自身の行動を抑制してしまう理由につながってしまうことは悪いことだといえます。

相手がどう思うのか、相手の気持ちを考えたりすることは人間関係を形成する上で非常に重要な感性だといえます。

しかし、それによって自らが活躍するチャンスや、アウトプットする機会を失ってしまうことは自分自身の成長を止めてしまう原因に繋がってしまいます。

なので、アウトプットが苦手だと感じている人はまずは周りの人と自分を比較することを過剰に行わずに、まずは自分自身の考えた通りに行動してみることをお勧めします。

たとえそれが受け入れられなかったとしても、その意見が受け入れられなかっただけという風に論理的に物事を考えるようにする必要性があります。

積極的に行動したり、意見したりすることを継続すれば、自然とその自分を認めてくれるようになります。

なので、自分を抑制せずに、まずはありのままの自分でいられるような工夫を行うようにしてみてください。

2.自分に自信がない


次にご紹介するアウトプットが苦手な人の特徴の一つとして「自分に自信がない」ということが挙げられます。

なぜ自分に自信がない人はアウトプットすることが苦手なのかと言うと、結論として苦手意識を持ってしまいがちになるからだといえます。

どういうことかと言いますと、自分に自信がない人ほど自分自身の性格が内向的な性格になりやすくなります。

また、内向的な性格の人は失敗したりすることを恐れてしまいやすいので、なるべく間違ったことなどをしないために行動や意見などを自分の中で思考を重ねる傾向にあります。

これがどのようなことを招くのかと言うと、考えすぎてしまうことによってアウトプットをするまでの時間がかなりかかってしまうということになります。

もちろん間違ったことを言わないように気をつけることは重要ですし、意見を言ったり行動したりする前によく自分の中で考えるということも重要な習慣です。

しかしながら、あまりにも考えすぎて行動できなくなってしまったり、自分の意見を述べることができなくなってしまうと、自分自身の自信の消失に繋がってしまいます。

なぜかと言うと、アウトプットするまでに多くの時間を必要とするので、自分は情報を出力することが苦手なのではないか、と感じるようになってしまうからです。

本当はアウトプットするまでにそれほど時間を必要としていないのに、内向的な性格がそれを災いにしてしまっている可能性が高いということです。

なので、内向的な性格の人ほど自分に自信がなく、なおかつ出力することに対して時間を要するような考え方になってしまうということです。

つまり、自分に自信がない人はアウトプットが苦手な人の特徴に該当するといえます。

周囲の目を気にしすぎている

自分に自信がない人の性格を考えてみると、先ほどご紹介したように周囲の目を気にしすぎているという考え方が先行している場合があります。

周囲の目を気にすることも必要ですが、必要以上に気にしすぎてしまうと自分自身の行動抑制してしまうことにつながります。

それは先ほどもご紹介した通りであり、必要以上に気にしてしまうことによって得られるメリットはそれほど多くはありません。

物事を考える時間も必要ですが、時には考える時間が与えられないで行動や発言を求められることもあります。

そのような時に自分自身の能力を発揮するためには、普段からなるべく時間をかけずに行動や発言に移すことが必要だと言えます。

時間は有限であり、無限に存在するようなものではありません。

常日頃からなるべく短い時間でアウトプットすることができるように工夫をすることで、これは改善することができるはずなので意識して行なってみてください。

評価が気になる

自分に自信がないと思ってしまっている人は他人からの評価が気になってしまっている可能性があります。

なぜかと言うと、他人からの評価を落としたくないと思うがために、自らの行動や言動などをよく考えてしまいがちになってしまうということです。

例えば、よく考えもせずに発言してしまうとそれが間違った発言になってしまう可能性は自然と高まります。

そして、間違った発言をすることによって周りの人間から、ダメな人間だと思われてしまうと自分自身で思い込んでいる可能性があります。

そもそもそのようなことを気にすること自体が自分に対して自信を持てていない証拠になります。

自分に対して自信を持っている人は、他人からの評価だろいちいち細かく考えたりする人はあまりいません。

自分がそう思ったことや、行動するべきであると思ったことに対して自信を持って発言することができる人は自分に対して自信がある人ということになります。

他人から高い評価を得て自分に自信を持つのではなく、自分に対してしっかりと自信を持つからこそ、他人から高い評価を得られる可能性も生まれます。

なので、まずは自分自身が自分に対して自信を持てるように意識をしてみてください。

そうすることによって堂々とした姿勢に変わりますし、自分の考えや行動などを自信を持って表現することができます。

それが周りに対して伝わることで周りもあなたに対して自信を持った人間であると認めてくれるようになるので、まずは自分の考え方から変えるようにしてみてください。

3.インプットで終わっている


次にご紹介するアウトプットが苦手な人の特徴の一つとして「インプットで終わっている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、インプットすることだけで満足してしまっている可能性があるということです。

アウトプットが苦手な人の中にはインプットすることだけに満足してしまい、アウトプットすることを忘れてしまっている人がいます。

しかしながら、インプットしかしていない場合、アウトプットをしないとその記憶が薄れてしまったり、せっかく仕入れた情報を使わなくなってしまう可能性が高まります。

そもそも人間の記憶は自然と忘れていくように作られているので、定期的にアウトプットしていかないとその情報は消失してしまうようになります。

そうなってしまうとせっかくインプットした情報も意味がなくなってしまいますし、せっかく覚えたのにアウトプット出来なくなってしまう可能性が高まります。

そのような経験を経てしまうと、自分自身がアウトプットすることが苦手だと思い込んでしまいます。

なので、インプットで終わってしまう人はアウトプットができなくなってしまうことによって、苦手な人の特徴につながるということになります。

覚えた情報は定期的にアウトプットしないと忘れてしまうので、必ずアウトプットするところまでを一連の流れとして考えるようにしてみてください。

4.アウトプットを習慣化していない

次にご紹介するアウトプットが苦手な人の特徴の一つとして「アウトプットを習慣化していない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そのままの意味の通りアウトプットすることが習慣化できていないことによって苦手意識を持っているということです。

これは全ての物事に共通して言えますが、どのような物事に対しても習慣化されていないことは苦手に感じる傾向にあります。

例えば、毎日朝6時に起きなさいと言われて、それが習慣化していない人からしてみると非常に大きなストレスに感じますよね。

しかしながら、もともと毎日朝6時に起きている人にそれを言ったとしても、特にストレスなく行うことができるはずです。

この違いは習慣化されているかされていないかという違いであり、習慣化してしまえばそれを苦痛に感じたり苦手に感じたりすることはなくなる傾向にあります。

つまり、アウトプットすることが苦手だと思っている人はそもそもアウトプットする習慣が存在していない可能性が高いということです。

アウトプットすることが苦手だと思う前に、まずは自分自身がアウトプットする習慣を取り入れているのかどうかよく考えてみてください。

常日頃からアウトプットする習慣を持てていないのであれば、アウトプットすることを苦手に感じてしまうのは当然のことです。

まずは自分自身がアウトプットすることができる習慣を作り、徐々にアウトプットすることに慣れていくように意識してみてください。

そうすることでアウトプットすることを得意にすることができるようになるはずです。