CoCoSiA(ココシア)

嘲る人の7個の特徴や心理と付き合い方


人間関係の悩みの1つには、どうしても相手がこちらの事を嫌ってくるというような事があるのではないかと思います。

よくある学校でのいじめ問題というのも、そのいじめている当事者が相手のことを気に食わないからというような理由でいじめが発生してしまい、他の周りもグループ化してしまうというような事が多いのではないかと思います。

ここで大事な事は基本的にいじめてくるいわゆる代表的な人が必ずいるという事です。

気に食わないから、嫉妬をしているからという理由でバカにしてきたり、悪く言ったりするというような学生も多く、それは大人になっても変わらないというような人も多く存在します。

今回はそんなことをするような人、嘲る人の特徴や心理、その人の付き合い方についてお話をしたいと思います。

嘲る人というのは簡単に言えば先ほども言ったようにバカにしてくるというような人や、笑ったりしてくるような人のことを言います。

日常生活で嘲る人というような表現はあまり聞かないですよね。

皆さんがよく使う言葉で言うのであればまさに「いじめ」というような表現があっているかもしれません。

基本的にはいじめとなるような事というのは、相手のことを悪口を言ったり悪い噂を広めたりというような事もありますが、相手がこちらのことをバカにしたりして評判を悪くするというような事も多いですよね。

嘲る人というのはまさにこの様なことをしてくる人という認識で大丈夫なのではないかと思います。

ではそんな人が何故この様なことをするのかという事は考えたことはありますか?必ずいじめる人というのは何かしらの理由があってその人をいじめるという様なことをしたり、バカにしたりするという事なのです。

単に気に食わないから、というような理由であれば接しなければ良いだけですし、嫌いだからという理由であれば尚更口などを聞かないようにするだけですよね。

しかしながらこの様な行動をしてしまうというような事は、基本的にそのいじめている相手が自分自身にとってどの様な存在なのかという事が大事になります。

そして仮に嘲るようなことをされても、挑発などにはのらないことが大切になるでしょう。

大人な対応をするという事は、学生の頃は難しいかもしれませんが、大人になった今であれば十分なのではないかと思います。

ではそんな心理や特徴と、仮に嘲るようなことをされたときの対策をいくつかお教えしたいと思います。

皆さんはどの様なことをして対策を取っていますか?

嘲る人の7個の特徴や心理

ではそんな嘲る人の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか?

例えばコンプレックスがあったりするというような事もあるでしょうし、中には嫉妬をしている人も多いかもしれません。

特にこの様な行動をするような人というのは嫉妬心からきたり、プライドが高いというような事もあるのではないかと思います。

特に優位性であったり、優越感といったものを特に好むので、下の人を作りたがるというのも特徴的なのではないかと思います。

下の人というのはいわゆる、会社で言うのであれば後輩にあたる人です。

自分が指示をして動いてくれるというような人であったり、自分を支持してくれるような人達を集めて、相手を狙い嘲るような行動をするという事が多いのではないかと思います。

特に大事な事はこの様なことをされたりした場合、どの様に対処をするかで相手の行動もまた変わってくることになることでしょう。

例えばひたすら嘲るようなことをされつつも無視をしたり、上手くあしらうというような事をすると、嘲ていたのが嘘のように無くなるというような事もあります。

基本的に嘲る人というのは自分より下の人を見つけてその様なことをすることが多いので、時には大人な態度を取りつつ冷静な判断をすることで、相手を上手くあしらうことができるようになるでしょう。

では嘲る人というのは一体どのような特徴であったり、心理というようなものがあるのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

1.コンプレックスがある

コンプレックスがあるというような事があるでしょう。

例えば嘲る人というのは基本的に他の人と接する際に、必ず自分がどの様な立場にいるのかという事を確認したがります。

特にこの様な人というのは嘲ることを上の人、つまり会社であれば上司ですし、学校などであれば先生の前でこの様な態度をまずとりません。

そしてコンプレックスがあるというのは、過去のトラウマであったり劣等感があるからというのもあるのではないでしょうか?

自分が劣っているからこそ八つ当たりのようにしたり、相手をバカにしたりするというような事は、自分自身にコンプレックスがあり、他の人より劣っているというような事を感じたくないからという心理があるのです。

では更に詳しく見てみたいと思います。

劣等感がある

劣等感があるという事は、相手が自分より劣っていると自覚をしている証拠にもなります。

基本的に嘲る人は認めたくないという事や、相手が上にいるというような事を嫌うことが多いので、それに対して劣等感を感じますが、それを隠そうとして嘲るような行動に出ることが多いです。

なのでよく子供たちの喧嘩やいじめなどでもあるように「気に食わなかったから」というような理由はまさに自分に対して劣等感を感じているからなのではないかと思います。

特に劣等感を感じるという事は、自分も相手のような事があったからこそかもしれません。

例えば過去に嘲られてたというような人は、この様なことを考えてしまい、自分自身も他の人を嘲るようなことをしてしまうという事があるのではないかと思います。

過去のトラウマから

過去の事というのは簡単には拭えず、そして記憶に残り続けることが多いです。

トラウマというものは上手く解消するには様々な方法がありますが、人によってはそれでもトラウマになったものは辛いと感じることが多いのではないかと思います。

例えばトラウマというものは基本的に自分の嫌なことという事になるので、それが人に対しても影響をしてくるという事になるのです。

特に嘲る人というのは実際に自分が嘲られていた経験があるから他の人にこの様な行為をするというような事もあるのではないでしょうか?

実際にこの様なことをするという事は、嫉妬や嫉みといったような事もありますが、トラウマからしてしまうという人も中にはいるという事を覚えておくようにしましょう。

2.嫉妬心から


嫉妬心からするというような人もいます。