人間関係の悩みの1つには、どうしても相手がこちらの事を嫌ってくるというような事があるのではないかと思います。

よくある学校でのいじめ問題というのも、そのいじめている当事者が相手のことを気に食わないからというような理由でいじめが発生してしまい、他の周りもグループ化してしまうというような事が多いのではないかと思います。

ここで大事な事は基本的にいじめてくるいわゆる代表的な人が必ずいるという事です。

気に食わないから、嫉妬をしているからという理由でバカにしてきたり、悪く言ったりするというような学生も多く、それは大人になっても変わらないというような人も多く存在します。

今回はそんなことをするような人、嘲る人の特徴や心理、その人の付き合い方についてお話をしたいと思います。

嘲る人というのは簡単に言えば先ほども言ったようにバカにしてくるというような人や、笑ったりしてくるような人のことを言います。

日常生活で嘲る人というような表現はあまり聞かないですよね。

皆さんがよく使う言葉で言うのであればまさに「いじめ」というような表現があっているかもしれません。

基本的にはいじめとなるような事というのは、相手のことを悪口を言ったり悪い噂を広めたりというような事もありますが、相手がこちらのことをバカにしたりして評判を悪くするというような事も多いですよね。

嘲る人というのはまさにこの様なことをしてくる人という認識で大丈夫なのではないかと思います。

ではそんな人が何故この様なことをするのかという事は考えたことはありますか?必ずいじめる人というのは何かしらの理由があってその人をいじめるという様なことをしたり、バカにしたりするという事なのです。

単に気に食わないから、というような理由であれば接しなければ良いだけですし、嫌いだからという理由であれば尚更口などを聞かないようにするだけですよね。

しかしながらこの様な行動をしてしまうというような事は、基本的にそのいじめている相手が自分自身にとってどの様な存在なのかという事が大事になります。

そして仮に嘲るようなことをされても、挑発などにはのらないことが大切になるでしょう。

大人な対応をするという事は、学生の頃は難しいかもしれませんが、大人になった今であれば十分なのではないかと思います。

ではそんな心理や特徴と、仮に嘲るようなことをされたときの対策をいくつかお教えしたいと思います。

皆さんはどの様なことをして対策を取っていますか?

嘲る人の7個の特徴や心理

ではそんな嘲る人の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか?

例えばコンプレックスがあったりするというような事もあるでしょうし、中には嫉妬をしている人も多いかもしれません。

特にこの様な行動をするような人というのは嫉妬心からきたり、プライドが高いというような事もあるのではないかと思います。

特に優位性であったり、優越感といったものを特に好むので、下の人を作りたがるというのも特徴的なのではないかと思います。

下の人というのはいわゆる、会社で言うのであれば後輩にあたる人です。

自分が指示をして動いてくれるというような人であったり、自分を支持してくれるような人達を集めて、相手を狙い嘲るような行動をするという事が多いのではないかと思います。

特に大事な事はこの様なことをされたりした場合、どの様に対処をするかで相手の行動もまた変わってくることになることでしょう。

例えばひたすら嘲るようなことをされつつも無視をしたり、上手くあしらうというような事をすると、嘲ていたのが嘘のように無くなるというような事もあります。

基本的に嘲る人というのは自分より下の人を見つけてその様なことをすることが多いので、時には大人な態度を取りつつ冷静な判断をすることで、相手を上手くあしらうことができるようになるでしょう。

では嘲る人というのは一体どのような特徴であったり、心理というようなものがあるのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

1.コンプレックスがある

コンプレックスがあるというような事があるでしょう。

例えば嘲る人というのは基本的に他の人と接する際に、必ず自分がどの様な立場にいるのかという事を確認したがります。

特にこの様な人というのは嘲ることを上の人、つまり会社であれば上司ですし、学校などであれば先生の前でこの様な態度をまずとりません。

そしてコンプレックスがあるというのは、過去のトラウマであったり劣等感があるからというのもあるのではないでしょうか?

自分が劣っているからこそ八つ当たりのようにしたり、相手をバカにしたりするというような事は、自分自身にコンプレックスがあり、他の人より劣っているというような事を感じたくないからという心理があるのです。

では更に詳しく見てみたいと思います。

劣等感がある

劣等感があるという事は、相手が自分より劣っていると自覚をしている証拠にもなります。

基本的に嘲る人は認めたくないという事や、相手が上にいるというような事を嫌うことが多いので、それに対して劣等感を感じますが、それを隠そうとして嘲るような行動に出ることが多いです。

なのでよく子供たちの喧嘩やいじめなどでもあるように「気に食わなかったから」というような理由はまさに自分に対して劣等感を感じているからなのではないかと思います。

特に劣等感を感じるという事は、自分も相手のような事があったからこそかもしれません。

例えば過去に嘲られてたというような人は、この様なことを考えてしまい、自分自身も他の人を嘲るようなことをしてしまうという事があるのではないかと思います。

過去のトラウマから

過去の事というのは簡単には拭えず、そして記憶に残り続けることが多いです。

トラウマというものは上手く解消するには様々な方法がありますが、人によってはそれでもトラウマになったものは辛いと感じることが多いのではないかと思います。

例えばトラウマというものは基本的に自分の嫌なことという事になるので、それが人に対しても影響をしてくるという事になるのです。

特に嘲る人というのは実際に自分が嘲られていた経験があるから他の人にこの様な行為をするというような事もあるのではないでしょうか?

実際にこの様なことをするという事は、嫉妬や嫉みといったような事もありますが、トラウマからしてしまうという人も中にはいるという事を覚えておくようにしましょう。

2.嫉妬心から


嫉妬心からするというような人もいます。

特に嘲るような人はこの嫉妬心からしてしまうことが多いですよね。

よく学校の評価でも先生から評価の高いような人や、男女共にもてるような人に対して嫉妬をしたりするような子供がいると思います。

直ぐに喧嘩ごしになってしまったり、嫉妬をしているから反論をしたりというような事が多いのではないでしょうか?

実はこれは、相手のことを気にしているからというのも1つの原因になるのです。

いわゆるその相手のことが気になっているからこそ、嫉妬をしたりするようなものなので、嫉妬心から嘲るような人というのは多くいるのではないかと思います。

また嫉妬をするという事は、自分自身と比べているという表れでもありますよね。

嫉妬をするという事は、相手を嫉むというような感情もありますが、羨ましいからこそ嫉みというようなものがあるという事を覚えておくようにしましょう。

負けず嫌いである

特にこの様な感情を持つ人というのは基本的に負けず嫌いな人が多いのも特徴的なのではないかと思います。

負けず嫌いな人というのは基本的に相手と自分を比べてしまいがちなので、どうしてもこの相手には負けたくないというような気持ちで接することが多いです。

それが行動に出る際に相手を嘲るような言い方をしたり、行動をしてしまうというような人も中にはいるのではないかと思います。

相手のことを嫉妬するからこそ、この様な感情が出てくるのも無理はないですが、嘲るというような行為はいけないことです。

そして仮にこの様なことをされている人がいるのであれば、その挑発などにのらないという事が大切になります。

どうしても反論をしたくなったり、時にはこちらも相手のことを嘲るというような事をしてしまいがちになるかもしれません。

しかしながら大事なことは相手の行動を読みつつ、こちらも行動をするという事です。

そして大人な対応をしつつ、上手くかわすというような事が重要になるのではないかと思います。

3.プライドが高い

プライドが高いからこそ嘲るような人も多いですが、これは代表的な例でもあると思います。

特にこの様なことは大人でかつ会社で働いている人達にあるような事です。

例えば「あの人は優秀だから仕事をあの人に回そう」と思うような上司がいたとして、その様な人に対して悪口を言ったりバカにしたりすることで相手の評判を下げ、自分の評判を上げるというような行為をするような人が多くなるのではないかと思います。

特にこの様な状況というのはどうしても直ぐに広まってしまいます。

よくあるのが適当な悪い噂を流して、それを周りの人にも伝えるというような事をしてしまう人っていませんか?

ドラマやマンガでよくある話だと思いがちかもしれませんが、実際にこの様な話もあるのです。

そしてその噂を流す人は相手をそのまま悪い評判として辞めさせて、どんどん役職を上げるというような人ももしかするとあるかもしれませんよね。

プライドというのは高ければ高いほど、相手から劣るようなことをされるとイライラしてしまいがちです。

特に会社などでは上下関係がハッキリとしているような場所でもあるので、どうしても同じ同僚の中でも優位性を求めたりすることが多いのではないかと思います。

よくグループを作りそのリーダーになるというような人もいますが、プライドが高いからこそ、その様なことをしているという人も多いかもしれません。

優位性を求めている

優位性を求めるというのはどういう事を言うと思いますか?

簡単に言うと相手より優れていることというような意味があります。

特にここで嘲る人の特徴というのは、その優位性を利用した行動が多いという事です。

相手のことを下と見るのであればとことん悪口やバカにするような事を言ったり、その立場を利用して相手のことをとにかく笑うというような事もあるかもしれません。

優位性を求めているからこそ、下にいるような人を見て笑ったりするので、どうしても自慢気味な行動や言葉を言ったりするのも特徴的かもしれませんね。

4.精神が不安定


何より嘲る人の特徴というのはとにかく精神が不安定であるというような事があります。

言うのであれば精神が安定をしているのであれば、この様な悪口などは言ったりしませんよね。

会社内でも上下関係などがハッキリとしていますが、それでも頑張っている人は頑張っている、というような目で見ることができるはずです。

しかしながらその様なことを考えず、とにかく悪口を言ったりするというような人は精神が不安定である可能性が高いです。

その原因というものは分かりませんが、例えば他のことでイライラしているから八つ当たりのようにしていたり、いつもイライラするというような人もいるかもしれませんね。

精神が不安定になると、それが行動にも表れるというような人が多いので、嘲るようなことをしてしまうというような人もいるかもしれません。

いつもイライラしている

いつもイライラしているというような事があるでしょう。

例えば仕事1つでもその相手がミスをしたり、手間取っていたりするとキレるようにして言う人であったり、相手の嫌なことを平然と言ったりするというような人は多いですよね。

いつもイライラしているというような事があれば、基本的に物事に手をつかず、自分の好きなように行動をしてしまうというような人も多いです。

嘲る人というのは基本的に面倒だと思うような事は全て他の人に回させたりもするので、イライラしながら物を頼んだりというような事もあるのではないかと思います。

ですがこのイライラしているという事は、嘲る人も何か悩みがあったり、ストレスを抱え込んでいるという考えをしてみると、心理状態がわかるのではないかと思います。

ストレスを抱えている

ストレスを抱えているからこそ嘲るような行動を取りストレスを発散させようとします。

特にその相手が反論をした場合は更にストレスを貯めさせることにはなるのですが、嘲る人というのはストレスを抱え込んでいて、いつもイライラをしている状況になっています。

なので仕事中でもそうですし、プライベートでもイライラしているというような状況になりがちです。

そこで発散をする方法として、相手を嘲るというような行動に出てしまうことがあるという事です。

5.自慢したがる

嘲る人の大きな特徴のもう1つには自慢をしたがるというような事があります。

特に優位性を求めるせいか、優越感に浸りたいと思うような人も多く、嘲るような行動をする人が多いです。

基本的に会社というのは上限関係がハッキリとしているとお話しをしたと思いますが、自慢をしたがるような人というのは基本的に見られたいからというような事もあるのではないかと思うのです。

特に見られたいというような人は基本的にアピールをしたがるので、上司で良いところをみせつつも、いないところではこの様な行動をするというような人も多いのではないかと思います。

自慢というのはその人の優越感を多いに向上させる行動の1つにもなるので、自慢をよくするような人というのはとても満足をするのではないかとも思います。

優越感に浸りたい

自慢したがる人というのは優越感に浸りたいからというのもあるでしょう。

では何故嘲るようなことをするのかというと、基本的に自分自身を下と思われたくないからというような事があるのではないかと思います。

特に優越感というのは人によって感じ方が違うので、様々なことで満足というものを得ると思います。

そこで嘲る人というのは、まさに下に思われたくないので、自分より下の人達に対して悪口などを言って自分は上だという優越感に浸りたいからこそこの様なことをしてしまうのではないかと思います。

この様な人というのはいつになっても変わらずこのような行動をしてしまいがちです。

6.承認欲求が強い

承認欲求が強いというような事もあるでしょう。

承認欲求というのは、他人から認められたいという気持ちが強いという事になりますが、承認欲求が強ければ強いほど、より相手から認めてもらいたいという気持ちが強くなりますよね。

それはどういう事かというと、相手からも自分を見て欲しいというような気持ちがどんどん強くなるという事です。

嘲る人というのはその承認欲求も強いため、より見てもらいたいという気持ちが強いのではないかと思います。

その事から、他の人に対してもかまって欲しいというような気持ちも強く、この様なことをしてしまうという事になるのです。

7.被害妄想が強い

また嘲る人というのは基本的に被害妄想が強いことも多いです。

言うのであれば思い込みなどが激しいので、他の人がそのつもりではなくても「あの人はこういうことをした!」というような事を言い、相手を嘲るというような事も多くあるのではないかと思います。

被害妄想というのは他人から被害を受けたというような妄想が強い人のことを言います。

よく被害を受けているというような妄想をしてしまうので、欝気味にもなったりするような人が多いです。

ですが被害妄想が強い分、その気持ちを相手にぶつけるために嘲るような事をするというような人も中にはいるかもしれません。

適当なことを言ってストレスを発散させるかのように発言をする人も多いので、この様なことを受けてしまった場合は、気をつけるように対応をすると良いでしょう。

思い込みが激しい

被害妄想が激しいという事は思い込みが激しいという事になります。

なのでよく考えて行動をしたりするというような事はあっても、被害妄想をしてしまって相手を叩くような言い方をするという事も少なくないのです。

思い込みが激しすぎると、被害妄想もどんどん酷くなってしまう一方になるので、この様な人と接する際には、こちらの言動なども気をつけないといけなくなります。

嘲る人との付き合い方

ではそんな嘲る人の心理や特徴についてお話をしましたが、ほとんどの人というのが嫉妬心からであったり、優越感を持ちたいからという理由で嘲る行動を取る人が多いです。

そこでそんな人とどうしても付き合わなければいけない時というのが必ずくるものだと思います。

特に仕事というのは人を選ぶことができないことが多いので、どうしても辛い時というのはとても多くくるのではないかと思います。

そこで重要なのは、嘲る人とどの様にして接するのかという事を、こちらも知っておく必要があるという事です。

ではそんな嘲るような人と付き合うにはどの様に付き合えば良いのか、その事について詳しくお話をしたいと思います。

大事なことは相手の状態を先読みすることであったり、適度な距離をとるというような事が大切になります。

相手が注意をして辞めるというような形であれば良いですが、そう簡単にはいかないというような事もありますよね。

仮にそれで収まるのであれば普段のイジメなどがどんどん無くなるはずです。

ではどの様なものがあるか詳しく診て見たいと思います。

1.相手の心理状態を先読みする

相手の心理状態を先読みするというような事が大切になるでしょう。

例えば相手が嘲るようなことをしてくるのであれば、その相手がどの様な状態なのか心理を読むという事が大切になります。

例えば相手がこちらを嘲るようなことをしている場合、相手がイラついていてその様なことをしてくるのか、それとも何か自慢気な態度で接してくるのかというような事でもだいぶ違ってくるようにも思えます。

相手の出方を予想しながら対処

相手の出方を予想しながらどの様に対処をするのかという事も重要になります。

例えば相手がどの様なことをしてくるのか、ある程度予測をしておきつつ、その事をしてきたのであればその対応をすることが大事になるのではないかと思います。

例えばイライラしているのであれば、距離を取ったり、自慢気に話すのであれば挑発などにのらないというような事が大事になります。

ここで注意をすることは、同じ土俵に立たないように注意をすることです。

反論をするのではなく、いかに予想をして最善の対処をすることができるのかという事が重要になるのではないかと思います。

2.同調しない

同調しないというような対策方法もあるでしょう。

例えば相手がしてきたことに対して同じような事をしてしまっては意味がありません。

仮に同じように相手がしてきたからこちらも嘲るというような事をしてしまっては同じような人だとも思われてしまいます。

基本的に悪いのは相手だと思うかもしれませんが、こちらも同じような対応をしてしまったり、同じことをしてしまっては意味がありませんよね。

一緒だと思われないように

一緒だと思われないようにすることも大切です。

いかに相手が挑発をしてきたり、悪口などを言っていたとしても、その場だけの態度であることが多いという事を覚えておきましょう。

一緒の事をしてしまうと、他の周りの人からも同じような目で見られてしまいます。

そして基本的にはその様なことがあった場合には、いかに相手との距離を取るのかという事も大切になるでしょう。

3.距離をとる

距離をとるという事はとても大事なことになり、対策の中でもとても良い方法です。

言うのであればその人と接したりすることがなければ、嘲るような事というのは基本的にありませんよね。

また相手というのはどうしてもこちらに向いて欲しいという気持ちもあるので、挑発をしてきたり、喧嘩腰で接したりするというような事も多いのではないかと思います。

そんな時には距離を一時的に取り、相手と極力接しないようにするというような事も大切になることでしょう。

相手のことを無視するというような事も1つの方法です。

距離を取るという事は、相手と接しないという気持ちがあれば距離を離すことができます。

なので決して相手が何を言っても挑発にのらないことが大切になります。

挑発には乗らない

先ほども言ったように挑発には決してのらないようにする事が大切になるでしょう。

挑発にのってしまうと、こちらも同じような事をしてしまったり、逆に言い合いなどになってしまって取り返しのつかない事にもなってしまうことが多いです。

そして挑発をしてきた場合は耐えることも1つ重要なことになるのではないかと思います。

この様なことを相手がしてくるという理由は、コンプレックスであったり優越感などを得たいがために挑発をしたり、からかうというような事をしてくるので、その事を考え、そして相手の心理状態を読むことも大事になります。

4.常に冷静に

常に冷静を保つというのが難しいときもあると思いますが、相手と上手に付き合うには常に冷静でいることが大切です。

先ほど「挑発には乗らない」という話もしましたが、挑発にのってしまうとどうしてもこちらも興奮状態になってしまいますよね。

勢いでいろいろな事を言ったりしてしまい、挑発にのってしまうというような事もあると思います。

その様なことをしないためにも常に冷静でいることを心がけましょう。

同じ土俵に立たない

常に冷静にいることで同じ土俵の上に立つことがなくなります。

これは言うのであれば、同じ土俵に立ってしまっては相手と同じことをしているという事になり、同調をしてしまう可能性が高くなってしまうからです。

基本的に同じ土俵に立つ理由もないのに、挑発にのってしまうというような事もあったのではないかと思います。

よく子供の喧嘩というのはこの様なものが多いですよね。

実はそれと同じように、子供の喧嘩であるようなことを大人になった今でも実際に多くあるという事なのです。

なので同じ土俵に立つというような事は絶対にしないように心がけましょう。

5.毅然とした態度で

何よりも大事なことは毅然とした態度でいるという事です。

毅然というのは、いわゆる何を言われても動じない、強い意志を持っているというような意味ですが、毅然とした態度を持つ人というのは行動にブレというようなものがありません。

例えば何かしようか迷うというような事もなく、決めたことをしっかりとする、というような強い意志を持っているという事なのです。

嘲るような人に挑発をされたり、悪口を言われるというような事があったとしても「自分はこうだから」というような強い意志で相手に接することで相手も自然と嘲るようなことをすることが減ってくるのではないかと思います。

気に食わないからどんどんエスカレートをするというような事があってもそれに動じないのであれば、相手に対して「この人は何をしても動じない人だ」と思わせることができ、自然と上の人と思われたりもするのではないかと思います。

毅然とした態度というのはどうしても、気の強いというようなイメージを持つかもしれませんが、決してそうではなく、この様なことがあっても動じないというようなスタイルを持つことが大事になるという事なのです。

時にはしっかり主張しよう

時にはしっかりと主張をすることが大事になるでしょう。

言われっ放しという状態を作るのも実はよくないことです。

しかしながら反論をしてしまうと挑発に乗ったと思われてしまいがちですよね。

その様なことではなく、きっぱりと主張をしてそのまま何も言わないという意思が大事になります。

どうしても反論をしたり「相手がこうだから!」というような相手を批判したくなるような言い方をしてしまいがちですが、そこを主張するのではなくあくまでも自分自身のことを主張することが大切になります。

どんな事を言われても、悪口を言われても仮にそれが嘘だとするのであれば「私はそんな事していません!」と言うだけで、とても効果的なのです。

主張をするというのは、相手を注意するためではなく、あくまでも自分のためにという事が大事になるのではないかと思います。

6.大人な対応で

大人な対応で接するという事が大前提となります。

よく挑発などに乗ってしまうというような状態というのはまさに学生同士の喧嘩などが良い例なのではないかと思います。

どうしても学生や子供というのは、相手が言ってきたことに対して反論をしてしまったり、言い合いになり喧嘩になることが多いですよね?

実際に今の社会でもこの様な光景というのはよく見かけるのではないかと思います。

そこで大事になるのがこの「大人な対応」をするという事です。

仮に嘲るような人が「大人な対応」をしているというような主張をするのであれば、それは大人な対応ではないと思っていてください。

何よりこの様なことをするという事は子供のすることというような意識を持つことも大事になります。

大人な対応なのであれば、相手と同じような事をしたり、相手に悪口などを言ったりしないのが普通です。

にも関わらずその様なことをするというのであれば、それは相手が子供だからという認識を持つようにして接すると心が楽になるかもしれません。

落ち着いた態度で毅然と

大事なのは落ち着いた態度をするという事。

そして落ち着いた態度で毅然とすることが大事になります。

どうしても距離を置きたくてもおけないというときというのが必ずあると思います。

例えば仕事で一緒になるというような事はよくあることですよね。

その状態というのは特に嘲るようなことをしてしまいがちです。

その対策としては先ず落ち着くという事が大前提になるのではないかと思います。

そして毅然とした態度も取るというような事が大事になるでしょう。

時には主張をしつつも、相手のペースではなく、自分のペースで保つような事が必須になるのではないかと思います。

上手くあしらうこと

いかがでしたか?

大事な事というのは基本的に相手がどの様な状態なのか心理を予想するということであったり、仮に相手が嘲るような事をしてくるのであれば、毅然とした態度で接し、大人な対応をするというような事が大事になります。

どうしても人生というのはこの様なことが多くあったりして、辛いと思うような人も多いでしょう。

しかしながら大事な事は上手くあしらい、その人と付き合うというような事が大事になるのです。

仮に相手が諦めたりしてくれたら一番良いですが、その事を熱く主張をしたりするというような事が無いようにしましょう!

仮にそれについて悩んでいるのであれば、他の人に相談をするというような事も良いですし、先ほど説明した対策方法で生活を送ってみると変化がある可能性が高くなるのではないかと思います。

【あしらうのが上手い人のやり方は、こちらの記事もチェック!】