日本語には様々な言葉があります。

その言葉を私たちはどれくらい知っているのでしょうか。

日常生活で使われていないような言葉も多く、全く耳にしたことが無い言葉もあるかもしれません。

その言葉を知らなくとも、日々生活していくには困る事はないでしょう。

けれど、せっかく古くからある言葉です。

その言葉に興味を持たず、そのまま過ごしてしまう事は実はとてももったいない事なのかもしれません。

日本語ほど難解な言葉はないと言われています。

ひらがな・カタカナ・漢字それぞれに意味がありそれぞれを組み合わせる事によってまたく違った意味合いになるのです。

それを私たち日本人はごく当たり前に行ってます。

けれど、それを一からスタートしようとする人たちはとても難しく、日本語を勉強している海外の方々も苦労をするポイントと言われて居ます。

知らない事を知る事は良い事です。

今回は、寛恕という言葉の意味や使い方について紹介していきます。

「寛恕(かんじょ)」とは?

寛恕とは広い心や思いありのある人の事をいいます。

今の若い方の中でこの寛恕という言葉を見てすぐに意味を理解する事が出来る人はどれほどいるでしょうか。

きっとあまりいないのではないでしょうか。

確かに、書いて字のごとくわかりやすい言葉です。

文章の意味を知ろうと思うのであれば、言葉の意味を調べれば誰もが分かるはずです。

けれど、かと言って自分の知らない言葉を調べようと考える人は一体どのくらいいるのでしょうか。

分からない言葉は分からないままにしてそのまま過ごしてしまう人も居るかもしれません。

だからこそ、例えこの言葉を見たことがあったとしてもその意味を知らずに過ごしてしまっている人は多々いる事でしょう。

この場の意味を知る事によって、物事をより深く考える事が出来るようになるかもしれません。

知らないものを知らないままにせずに、自分に必要かどうかは考えずにいろいろな知識を意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

心が広くて思いやりのあること。また、そのさま

寛恕とは、心が広くて思いやりのある人の事を指します。

だからこそ、その人の事を例える際などにその言葉を使用するのでしょう。

心が広く思いやりのある人は、当然ながら多くの人から好かれる人になるはずです。

その人の事を多くの人が好きになる事でしょう。

だからこそ、寛恕とは褒め言葉として使われる場合が多いのです。

心が広く思いやりのある人は、それだけ物事を広い視野で見る事が出来ているのかもしれません。

話を断片的にみるのではなくゆったりとした心を持ちながら話をきいているのです。

だからこ、例え相手に嫌な部分やいらだつ箇所が見えたとしてもそこをあまり意識せずに前向きに話を進める事が出来るのかもしれません。

思いやりのある行動は、簡単に出来るものではありません。

ついイライラしてしまったり怒り出してしまう事だってあるでしょう。

それが人間というものです。

けれども、そんな中でも他人の心に合わせて行動をする事が出来る人はまさに人として尊敬すべき存在です。

過ちなどをとがめだてしないで許すこと


他人の過ちに対してどんな対応を取るかどうかによって、その人の人となりが分かります。

自分には甘いのにも関わらず、他人にはものすごく厳しい人などは周りの人から嫌われる可能性も多々あります。

実際にはその人が悪いわけでもないのに、罪をなすりつけて厳しい発言をする人なども同様です。

けれど、寛恕の人はそう言った事はしません。

例え他人が過ちを犯したとしても、その過ちをいちいち責めるのではなく許す気持ちを持っているのです。

勿論、わざと失敗するような人に対しては厳しい対応を取る事が必要でしょう。

時には注意する事も必要かもしれません。

ですが、一方でわざとでは無いにも関わらず結果的にそうなってしまったという場合もあるかもしれません。

そんな時に細かく注意するような行動をとれば、その相手を萎縮させてしまう事にもつながりかねません。

結果的に人間関係をこじらせてしまう事だってあるのです。

責める事だけがすべてではありません。

過ちを起こしてしまったのであれば、起こしてしまったなりの行動があるはずです。

その人に反省の態度が見られるのであれば、その気持ちを汲み許す事もまた人としてとても大切な事では無いでしょうか。

それをする事が出来る人であるからこそ、多くの人から好かれる人になる事が出来るのでしょう。

「寛恕」の類語や関連語

それではここからは寛恕の類語や関連語についてご紹介させていただきたいと思います。

一つの言葉の意味を知ったところでいざ実践してみようと思うと、本当にこの使い方であっているのか心配になってしまう事もあるでしょう。

この言葉とこの言葉。

似ているけど、本当の言葉はどっちなんだろうと選択肢に迷う事だってあるかもしれません。

知識はあって損はないはずです。

例え使う予定が全くないような言葉だったとしてもその言葉の意味を考えたりどれが正しい選択しなのかを考えるうちに、一つの言葉だけではなくいろいろな言葉の意味を知る事が出来るようになるはずです。

だからこそ、常に多くの言葉に興味を持ちその意味を知ろうとする事はとても大切な事でしょう。

今の時代、言葉を知らなくても携帯電話やPCを利用する事によって当たり前のように言葉を知る事が出来るようになります。

漢字の変換や意味なども簡単に調べる事が出来るので、わざわざ自分で考えずともそれらを利用してしまえばいいのです。

ですが一方で、そういった生活を送っている人それらが無いと文章一つまともに作る事が出来なくなってしまいます。

自分の言葉を大切にするとともに、自分の頭の中にきちんと覚えるという行為もとても大切になる事でしょう。

これからご紹介するる類義語も良く使う言葉もあれば全く利用しない言葉もあるかもしれません。

その言葉一つ一つに意識を向ける事によって、また新しい世界を開く事が出来るようになるかもしれません。

日本には似ている意味を持つ言葉が沢山あります。

その中で、時と場合によって何をチョイスすればいいのかという部分が変わってくるはずです。

それを一つ一つ理解する事が出来るようになれば、自分自身にとって大きな力となってくれる時がやてくるかもしれません。

1.過ちや罪を許す行為

まず類義語として考えられる言葉が『過ちや罪を許す』という意味のある言葉です。

寛恕には、人の罪を恨まず、責めずに広い心で受け止めるという意味が含まれています。

だからこそ、過ちを赦すという意味のある言葉は寛恕という言葉にとても似ている言葉として考える事が出来るのです。

言葉の意味を一つ一つ正確に知る機会は意外とあまりないものです。

自分では、しっかりと理解する事が出来ていると思っていたとしても実際には勘違いしている場合もあります。

例え多くの人が使っている言葉であったとしても、その多くの人が間違っている可能性だってあるのです。

どの言葉が正しくて、どれが間違っているのかは世論の言葉では意外と分からないものなのです。

だからこそ、その世論に負けずに本当の言葉の意味を知る事はとても大切な事だと言えるでしょう。

容赦

容赦とは「ようしゃ」と呼びます。

これには許す事という意味が含まれています。

「容赦する」という言葉よりも、「容赦しない」という言葉の使い方のイメージの方が強いのでは無いでしょうか。

だからこそ、なんとなくイメージとして否定的な言葉のイメージがあります。

けれども文章からも分かるように「〇〇しない」という使われかたから、実際には許さないという、言葉の意味が含まれている事を理解する事が出来るでしょう。

このように、冷静に考えれば言葉の意味を理解する事が出来るはずです。

けれど、なんとなくのイメージで捉えていると、ついうっかり全く別の意味で理解してしまう事もあるかもしれません。

イメージばかりを捉えるのではなく、冷静に正しい言葉を知る事を意識しましょう。

勘忍

堪忍とは「かんにん」と読みます。

こちらの言葉の意味は、怒りを抑える事や人の過ちを許してあげるという意味があります。

この言葉もまた、どちらかというと否定的な意味で使われる事が多いのでは無いでしょうか。

「堪忍袋が切れた」という言葉を聞いた事がある人も多いはずです。

実際には堪忍袋といく物は存在しません。

「堪忍」という言葉にかけて落語の演目のひとつとして作られたものであり、それがことわざのように人々に知られる物となったのでしょう。

だからこそ「堪忍」という言葉だけではなく「堪忍袋」という言葉の方が有名になったのかもしれません。

このように、言葉の一つだけに注目するのでは無くその言葉の意味や成り立ちに興味を示す事によって、さらに言葉の面白さに興味を持つ事が出来るようになる事でしょう。

免罪

免罪とは「めんざい」と読みます。

言葉の意味としては、罪を許すという意味があります。

罪を許すという意味のあることわざは他にも沢山あります。

だからこそ、その中で何を使うのかを考える事が大事になってくるのです。

免罪は、その言葉単体で使われるのでは無く「免罪符」などと言う言葉で使われる事が多い言葉です。

免罪符とは、カトリック協会が昔罪を許すものとして発行した言葉です。

このように、私達の使っている言葉には、社会的に意味の深い言葉が多く含まれています。

勘弁

勘弁とは「かんべん」と読みます。

言葉の意味としては、他人が起こしてしまった失敗などの過失をゆるしてあげるというような意味が含まれています。

物事の良し悪しを考える際など、「勘弁してやろう」などという言い方をする事もあります。

この言葉は、いまどきの若者にはあまりなじみのない言葉かもしれません。

どことなく古臭く感じてしまう事もあるでしょう。

その為、時代を感じさせる言葉だからこそ、あまり深く意味を知ろうとしていない人も居るかもしれません。

けれど、改めて言葉の意味を知る事によって面白いと感じる事が出来るようになるかもしれません。

許容

許容とは「きょよう」と読みます。

言葉の意味としては、そこまでは良いという範囲のようなものを示しています。

だからこそ、言葉の使い方としたは「許容している」という形よりも「許容範囲の話ですが」と言った形になるのです。

この言葉を使う事によって、漠然としている意味ではなくある程度限定した話をする事が出来るようになるのではないでしょうか。

人に物事を伝える際にも利用しやすい言葉だと言えるでしょう。

2.非難することをやめる、または許しを与える


続いての言葉は、他人を責める事を辞めたり許したりする際に使用する言葉です。

その言葉を使う際には、大抵相手がいる場合が殆どです。

自分の中だけで考えるのではなく、相手の気持ちや状況なども理解してこそ使用する事が出来る言葉でしょう。

だからこそ、この言葉を使用するという事はそれだけ自分の心が安定している際に使用するのでしょう。

心がイライラしている気持ちでいっぱいの場合にはきっとその言葉が出てくる事はないはずなのです。

他人を恨まず、どんな事があっても寛容になり許しを与える事が出来れば、人生はより豊かなものになる事でしょう。

他人を恨んだところで何も解決しません。

自分の心の中が荒れてしまうだけではないでしょうか。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の気持ちを穏やかに持つ事はとても大切な事です。

けれど、いつもそれをする事が出来る人はいったどれほどいるのでしょうか。

人には感情があります。

だからこそ、相手の話を聞いてイライラする事もあれば悲しい気持ちになる事もあります。

そんな中で許しを与える事が出来る事は大変素晴らしい事です。

だからこそ、その素晴らしい状況を改めて言葉にする事によって、より相手によりしっかりと相手に感情を伝える事が出来るようになる事でしょう。

海容

海容とは「かうよう」と読みます。

言葉の意味としては、書いて字のごとく海のように広い心を持っている人の事を指しています。

その広い心があるからこそ、例え他人に無礼な事をされたり大きな失敗をされたとしても寛容になり、許す事が出来るようになるのです。

人の失敗や罪を憎んだ所で何も解決する事はないでしょう。

ただ悲しい気持ちをする人が増えるだけです。

なのであれば、思い切って、全ての感情を受け止めてみる事も必要な事です。

いつもいつもとげとげしている心では見えない世界もあるのです。

せっかく同じ世界に住む同志なのであれば、仲良く過ごす事が一番でしょう

宥恕

宥恕とは「ゆうじょ」と読みます。

この言葉の意味としては、広い心で罪を許すことという意味があります。

このように日本には、同じ意味のある言葉が沢山あります。

だからこそ、その言葉がどこから来たかだけではなく、その中から何を使うかを考える事が大切なのではないでしょうか。

同じように見えても、言葉の意味は少しづつ違うものです。

その違いに気がつく事が出来るかどうかが、大切なポイントとなります。

3.口実を受け入れる

相手の事を許すためには、相手の言い分を受け入れる必要があります。

どうしてそんな事をしてしまったのか。

理由を知る事は大切なことです。

酌量

酌量とは「しゃくりょう」と読みます。

言葉の意味としては、事情聞く事によってその事情を汲み取りその後どうするのかを決める事を指します。

「情状酌量の余地」などの言葉は、事情によっては刑を軽くすると言う意味も含まれているのです。

だからこそ、実生活で使う言葉と言うよりは、裁判など特別な場合に使われる言葉として認識される事も多くあるでしょう。

生きていると、時には白黒とハッキリ決める事が出来ない事もあります。

その時に様々な状況を加味して考えることは大切なポイントとなるでしょう。

仮借

仮借とは「かしゃく」と読みます。

言葉の意味としては、許すことや見逃すことといった意味があります。

コット場の使い方としては、「良心の仮借にしたがって」や「仮借なく罰する事を誓います」などがあります。

その為、こちらの言葉も日常的に使用される言葉というよりは、何か特別な機会の際に使用される事が多い言葉と言えるでしょう。

だからこそ、私たちの生活の中でこの言葉を使う機会は殆どありません。

その為、言葉の意味を知らずになんとなくの雰囲気で使用してしまっている事も多い事でしょう。

ですが、曖昧な意味の理解のままにしておくと間違った使い方をしてしまう場合もあります。

その結果、恥ずかしい思いをする事になってしまう場合もあるでしょう。

そうならないようにする為にも、しっかりと言葉を理解する事が必要です。

例え日常的に使う事のない言葉だったとしてもその言葉を聞いた際は、どんな言葉の意味があるのだろうと興味を持ってみてください。

そうする事によって、自分の心の中にある言葉の知識の量を増やしていく事が出来るようになる事でしょう。

赦免

赦免とは「しゃめん」と読みます。

言葉の意味としては、過ちなどを許す際に使用されることばでありどちらかと言えば、許された側が使用する言葉となっています。

その為「疑いが晴れて赦免された」などというような言葉で使われる場合が多々あります。

このように立場によって適している言葉が変わる場合があります。

この違いをきちんと理解していないと、場違いな言葉を使用してしまう事に繋がるかもしれません。

そうならないようにする為にもきちんと言葉の意味を学ぶ事が必要でしょう。

4.連想される言葉

ここからは、類義語と呼ばれる似ている言葉や連想されやすい言葉についてご紹介させていただきます。

連想される言葉の中には、意味が互いにごちゃ混ぜになってしまっている事もあり、結局どっちがどっちなのか分からなくなってしまっている場合もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも、似ている言葉もまたきちんと区別をつけられるようにしておきましょう。

日本語には組み合わせによって微妙に意味合いの違う言葉が沢山あります。

だからこそ、その一つ一つの意味をあいまいにしておくと、結果的に何が何だか分からなくなってしまう事もあります。

それでは、日本人としてきちんと日本語を理解しているという事にはならないでしょう。

だからこそ、なんとなくで使用してはいけないのです。

似ている言葉は、どれか一つでも理解していればそれでいいと思うかもしれません。

ですが実際には、そこには大きな違いが隠されているのです。

その秘密に気が付く事が出来る人こそ、言葉の楽しみに触れる事が出来る人になる事でしょう。

黙認

黙認とは「もくにん」と読みます。

言葉の意味としては、罪を許すという事には違いはないもののどちらからゆうと素直に許していると言うよりは、そのまま罪を見て見ぬふりをするという意味が込められています。

その為、あまりクリーンなイメージはなく、どちらかというと、グレーな印象が強い言葉です。

この世の中、何事も白黒つける事が出来るものばかりではありません。

時にはこうした黒に近いグレーに対してあえて罪を罰しないといった状況が出る場合もあるのかもしれません。

「寛恕」の使い方

ここまでに様々な言葉の意味をご紹介してきました。

似ている言葉もあれば、意味が少しだけ違っている言葉もあります。

沢山の言葉を知った事によって、それぞれの言葉を知識として知る事が出来たのではないでしょうか。

余りにいる言葉が多いという事もあり、本来の主役である寛恕という言葉の使い方が良く分からなくなってしまっている人も居るかもしれません。

だからこそ、ここからは寛恕の使い方についてご紹介させていただきます。

言葉の意味を知っていたとしても、それを実際に使う事が出来なければ意味がありません。

言葉を使うためにはその言葉の使い方をきちんと自分の身につけておく必要があるのでしょう。

とは言え、いざ言葉を学ぼうと思った所でそう簡単に理解する事は出来ません。

意味を理解しつつ言葉の中に入れる為にはそれだけ意味を自分の中で解釈しなければ実践することは難しいでしょう。

例文を見ることによって、より強く言葉をイメージする事が出来るようになるでしょう。

言葉を自分の中に入れる為にはイメージをより強く持つ以外に方法がありません。

例文をみることによって、より簡単にイメージを掴むことが出来るようになる事もあります。

是非参考にしてみて下さい。

例文

ではここからは言葉の意味を踏まえた例文を作っていこうと思います。

例文を知る事によって言葉の意味をより強くイメージする事が出来ようになる事でしょう。

言葉の説明だけではなかなか内容を理解しにくいと感じていた人も、例文を見る事によってより具体的に言葉の使い方をイメージする事が出来るようになる事でしょう。

このように、言葉は知っているだけでは使う事が出来るとは言えません。

意味が分かったうえでそこからどうするのかをイメージする事が何よりも大切な事なのです。

私たちの生活の中には言葉があふれています。

その沢山ある言葉の中から正しい言葉をチョイスしてより的確に使用できるようにしていかなければならないのです。

自分の中での理解の仕方が100パーセントあっているかどうかは誰にもわかりません。

実際、自信満々で活用してみたとしても間違っている可能性もあるのです。

だからこそ、こらからご紹介する例文を見る事によって自分の活用方法があっているかどうかをしっかりと判断してみる事も大切なポイントとなるでしょう。

彼は遠回しに寛恕を求めた

これは相手が許しを求めている場合に使う言葉です。

実際に許して欲しいと直接的に言葉で言われる事が無かったとしても、遠回しな言い方によってその現状を回避して欲しいと求められる事は多々ある事でしょう。

特に大人になるとそういった場目に出くわす事も多くなるかもしれません。

そんな時にこの言葉を使用する事が出来ます。

寛恕を願わずにはいられなかった

これは、実際の当事者ではなく周りの人の意見として作られた例文です。

例えば、何かニュースを見た際に、どこかに情状の余地がある場合などは、それらを加味した結果刑を軽くして上げて欲しいと世論が思う事も珍し事ではありません。

世の中の人の意見など、実は簡単に変わるものです。

多くの人が実刑は免れないと思っていた事も、ある事情をきっかけに大きく状況が変わってしまう事もあるかもしれないのです。

そんな時にこそこの言葉が使用されているのです。

迷惑を掛けたが、ご寛恕を乞う次第だ

これは、当事者の意見の言葉として聞く事が出来るでしょう。

実際に自分が相手に対して何か大きな問題を起こしてしまったとしてもそれを深く反省するのではなく、気軽な気持ちで許しを得ようとしているような雰囲気を感じ取る事が出来るのではないでしょうか。

自分のしてしまった事に対して、反省が足りない人というのはいつの時代にもいるものです。

余りにもそんな態度を取り続けていると、周りの人から嫌われてしまう結果となる場合もある事でしょう。

いかなる寛恕の言葉も聞き入れないような態度だった

どんな状況になったとしても、その現状を受け入れる事が出来る人も居れば出来ない人も居ます。

その価値観は人によって違うはずです。

本当は自分の気持ちを大切にする事が一番大切な事ではありますが、場合によっては他人の意見を聞き入れる事を求められる事もあるでしょう。

そんなような状況を表したのがこの言葉なのかもしれません。

寛恕の言葉を聞き入れないという事は、それだけ自分の心の中に許す事が出来ない強い気持ちがあるという事なのでしょう。

そこまでの思いになるという事は、自分としては許す事が出来ない理由が何かあるのです。

そこまでの気持ちがあるのであれば、あえて周りの人に合わせるのではなく、自分の気持ちを大切にする事も大切です。

友人に対する寛恕の気持ちから打ち明けた

人間同士は、時にすれ違ってしまう時もあります。

そんな時、相手に対して許して欲しいという気持ちを持つ際に使用する場合が、このような使い方になるのでしょう。

許して欲しい気持ちを相手に伝える事によって、どうしたら良いのかを考えるきっかけにする事が出来るのです。

自分としては反省しているつもりであったとしても相手がなかなか許してくれない時もあります。

相手の気持ちを考えるあまり、何を伝えたらいいのか分からなくなってしまう事もあるかもしれない
のです。

そんな時も、自分の気持ちを相手に伝える事によって見えてくるものがあるかもしれません。

相手の気持ちを考える事はもちろん大切な事ではありますが、まずは自分がどうしたいのかをしっかりと考えて
行きましょう。

「寛恕」を正しく使おう(まとめ)

いかがだったでしょうか。

言葉の意味を知る事によって自分自身の世界を広げる事ができようになります。

今まで何となくで使っていた言葉の意味を改めて知る事によって、より言葉の面白さに気がつく事もあるでしょう。

日本語は、他の言語とは違い言葉一つ一つに多くの言葉の意味が含まれています。

それらの組み合わせによって意味が変わったりする事もあり、難しい言葉として捉えられる事も反面、興味深い言葉として世界でも多くの人から興味を持たれています。

世界には同じ国の中でも多くの言葉が使われている事が多々あります。

英語のように当たり前のように世界各国の人々が使用している言葉もあるでしょう。

そんな中で、日本語は日本以外で使われる事が殆ど無い特別な言葉です。

にも関わらず、世界には日本語を学ぶ人達が沢山居ます。

と言うことは、それだけ日本語には多くの魅力が含まれていると言うことなのでしょう。

日本人だからこそ、私達は当たり前のように日本語を使っています。

けれど、本当の意味で日本語を理解する事が出来ているかは、誰にも分からないのではないでしょうか。

自分が当たり前に使っている言葉も、実は間違って使っている場合もあります。

人からの情報を鵜呑みにしてしまった結果、その間違いに気が付かず恥ずかしい思いをする場合もあります。

だからこそ、言葉の意味は世間の常識にとらわれる事なく自分自身がきちんと受け止める事が大切なのです。

「言葉を学ぶ」というとなんだかとてつもなく難しいことをするかのように感じてしまう事もあるでしょう。

そのせいで、言葉に対して苦手意識を持ってしまう事もあるかもしれません。

ですが、本来言葉は楽しいものです。

普段から当たり前に使っている言葉だからこそ、その知識を楽しみながら増やすことは、人生を豊かにしてくれるキッカケになるのでは無いでしょうか。

勉強しようと、肩肘を張る必要はありません。

興味のある言葉を知ろうとして行く事によって、結果的に多くの知識を身につける事が出来るようになる事でしょう。