CoCoSiA(ココシア)

寛恕とはどういう意味?正しい使い方や類語を解説


日本語には様々な言葉があります。

その言葉を私たちはどれくらい知っているのでしょうか。

日常生活で使われていないような言葉も多く、全く耳にしたことが無い言葉もあるかもしれません。

その言葉を知らなくとも、日々生活していくには困る事はないでしょう。

けれど、せっかく古くからある言葉です。

その言葉に興味を持たず、そのまま過ごしてしまう事は実はとてももったいない事なのかもしれません。

日本語ほど難解な言葉はないと言われています。

ひらがな・カタカナ・漢字それぞれに意味がありそれぞれを組み合わせる事によってまたく違った意味合いになるのです。

それを私たち日本人はごく当たり前に行ってます。

けれど、それを一からスタートしようとする人たちはとても難しく、日本語を勉強している海外の方々も苦労をするポイントと言われて居ます。

知らない事を知る事は良い事です。

今回は、寛恕という言葉の意味や使い方について紹介していきます。

「寛恕(かんじょ)」とは?

寛恕とは広い心や思いありのある人の事をいいます。

今の若い方の中でこの寛恕という言葉を見てすぐに意味を理解する事が出来る人はどれほどいるでしょうか。

きっとあまりいないのではないでしょうか。

確かに、書いて字のごとくわかりやすい言葉です。

文章の意味を知ろうと思うのであれば、言葉の意味を調べれば誰もが分かるはずです。

けれど、かと言って自分の知らない言葉を調べようと考える人は一体どのくらいいるのでしょうか。

分からない言葉は分からないままにしてそのまま過ごしてしまう人も居るかもしれません。

だからこそ、例えこの言葉を見たことがあったとしてもその意味を知らずに過ごしてしまっている人は多々いる事でしょう。

この場の意味を知る事によって、物事をより深く考える事が出来るようになるかもしれません。

知らないものを知らないままにせずに、自分に必要かどうかは考えずにいろいろな知識を意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

心が広くて思いやりのあること。また、そのさま

寛恕とは、心が広くて思いやりのある人の事を指します。

だからこそ、その人の事を例える際などにその言葉を使用するのでしょう。

心が広く思いやりのある人は、当然ながら多くの人から好かれる人になるはずです。

その人の事を多くの人が好きになる事でしょう。

だからこそ、寛恕とは褒め言葉として使われる場合が多いのです。

心が広く思いやりのある人は、それだけ物事を広い視野で見る事が出来ているのかもしれません。

話を断片的にみるのではなくゆったりとした心を持ちながら話をきいているのです。

だからこ、例え相手に嫌な部分やいらだつ箇所が見えたとしてもそこをあまり意識せずに前向きに話を進める事が出来るのかもしれません。

思いやりのある行動は、簡単に出来るものではありません。

ついイライラしてしまったり怒り出してしまう事だってあるでしょう。

それが人間というものです。

けれども、そんな中でも他人の心に合わせて行動をする事が出来る人はまさに人として尊敬すべき存在です。

過ちなどをとがめだてしないで許すこと


他人の過ちに対してどんな対応を取るかどうかによって、その人の人となりが分かります。

自分には甘いのにも関わらず、他人にはものすごく厳しい人などは周りの人から嫌われる可能性も多々あります。

実際にはその人が悪いわけでもないのに、罪をなすりつけて厳しい発言をする人なども同様です。

けれど、寛恕の人はそう言った事はしません。

例え他人が過ちを犯したとしても、その過ちをいちいち責めるのではなく許す気持ちを持っているのです。

勿論、わざと失敗するような人に対しては厳しい対応を取る事が必要でしょう。

時には注意する事も必要かもしれません。

ですが、一方でわざとでは無いにも関わらず結果的にそうなってしまったという場合もあるかもしれません。

そんな時に細かく注意するような行動をとれば、その相手を萎縮させてしまう事にもつながりかねません。

結果的に人間関係をこじらせてしまう事だってあるのです。

責める事だけがすべてではありません。

過ちを起こしてしまったのであれば、起こしてしまったなりの行動があるはずです。