CoCoSiA(ココシア)

旦那と別れたい7個の理由と別れる前...(続き4)

自分自身の気持ちがまとまっていない間はできるだけ行動することをやめておきましょう。

まずは自分の気持ちにしっかりした答えを出し、別れるべきなのかどうなのかを考え抜く必要があります。

信頼できる友人に相談する

まずは、1人で答えが出ない場合、信頼できる友人に相談を持ちかけてみましょう。

信頼できる友人に相談することで、あなたとはまた違った見方で答えを導き出してくれることもあります。

信頼できる友人に相談することは、きっと全力であなたの支えになり、力になってくれることでしょう。

また、信頼できる友人に相談することは、あなたたち夫婦のことを客観的に見てくれているところがあります。

あなたたち夫婦の死角だった部分を、浮き彫りにしてくれていることを忘れないでくださいね。

いくら、自分たちには理解できなくても、端から見るとあなた自身が我慢しすぎているように見える場合もあります。

友達の意見はできるだけ忠実に聞くようにして、信頼できる友人に相談してみてはいかがでしょうか?

別居をしてみる

まずは、いきなり離婚と言う形ではなく別居してみてはいかがでしょうか?

別居してみることで、相手のことも冷静に考えられるようになり、少しは落ち着くのかもしれません。

時間と距離をおくことで、見えてくる気持ちもあるかもしれません。

まずは結論を焦るのではなくじっくりとその気持ちに向き合い、きちんとあなたの答えが出るまで待つことも大切なのかもしれません。

もし、離婚しようかどうか迷っているのであれば、早く結論を出す必要もなく、別居してみることで生活環境も変わり、あなた自身気持ちが楽になる場合もあります。

これを機に、まずは離婚と言う形ではなく別居という形をとってみてもいいかもしれません。

【別居をする時には、こちらの記事もチェック!】

本当に別れるべきかを見つめなおす

旦那と本当に別れるべきかどうかをきちんと見つめ直す必要があります。

気持ちがあやふやなままや中途半端なままで答えを出してしまっても、あなた自身が苦しむだけでなく家族を苦しめることにもつながります。

子供の為にも本当に別れるべきかどうかを見つめ直すことと、もし、離婚することを決意したのであれば、気持ちをぶれないようにしなければなりません。

最後まで離婚する気持ちを貫き、離婚して正解だったと言い切れるような形で終わる事ができるようにしておきましょう。

証拠を集める

もし、旦那の女関係や女癖が悪いことで離婚を考えているのであれば、冒頭にもお伝えしましたようにきちんと証拠集めておかなければなりません。

証拠がない上に離婚をしてしまっては、慰謝料取れるどころか離婚した後の生活に困ってしまうこともあります。

このように、完全に相手に非がある場合、様々な証拠を取り揃えきちんと準備をしてから離婚に進むようにしてください。

不倫の証拠をあつめる

旦那が不倫をしている場合、不倫の証拠集めておきましょう。

例えば、旦那が着ていた服から女性用の香水が匂ったり、女性物のハンカチが出てきたり、また見に覚えのないネクタイやハンカチがある場合、不倫相手から送られたものかもしれません。

このように、不倫となるような証拠をいくつか集めて確保しておくことで、漫画1不倫で離婚して裁判になっても裁判で勝つことができるのかもしれません。

旦那との会話を録音する

旦那と不倫相手の会話を録音するようにしてください。

別室行った時に録音装置が作動するように仕掛けておくのもいいですね。

このように、旦那と不倫相手の会話は録音できることで、立派な証拠になります。

ぜひ、あなたが仕掛けられそうな範囲で旦那と不倫相手の会話を録音できる状況を作っておくといいかもしれません。

LINEなどはスクリーンショットしておく

もし、旦那と浮気相手がLINEなどでやりとりをしているのであれば、LINEなどはスクリーンショットしておくといいですね。

スクリーンショットとは、携帯の画面に表示されている写真を撮り残しておくことができます。

それを、自分宛に送信して旦那が携帯を開ける前にあなたに送ったスクリーンショットの画面を削除しておけば、証拠隠滅することができます。

お金を集める

離婚を考えた場合、お金を集める必要があります。

離婚後は、一気に収入が減ることになります。

そのため、自分で生活していけるだけの収入を確保しなければなりません。

きちんとどれだけ家にお金があるのかを把握するだけでなく、できるだけたくさんのお金を集められるよう今から少しずつでも行動しておかなければなりません。

旦那の財産をすべて把握しておく

財産となりそうなものは全て把握しておきましょう。

特に、旦那の財産を全て把握しておく必要があります。