CoCoSiA(ココシア)

旦那と別れたい7個の理由と別れる前...(続き5)

これまで、旦那が家計を握ってきたご家庭であれば、どれだけの財産を蓄えているのかきちんと把握しておかなければなりません。

財産を全て把握していなかったために、請求金額を安く見積もってしまった…。

ってこともあります。

旦那の財産を全て把握しておかなければ、離婚した後のあなたの生活が困難になることも考えられます。

ぜひ、これを機に旦那の全財産を把握しておくようにしてください。

自分のお金も多めに蓄えておく

自分の生活費も多めに蓄えておく必要があります。

今後何が起こるかわかりません。

そのために必要なお金もできるだけたくさん蓄えておく必要があります。

自分のお金を多めに蓄えておくことで、あなたの働き口が見つかるまで食いつなぐことができます。

また、就職しても合わなければすぐにやめてしまうことも想定しできるだけ自分のお金も多めに蓄えておきましょう。

仕事を探す

離婚を決意したのであれば、仕事を探しておきましょう。

今より収入の多い職場を探して、仕事を探すことで、離婚後自分1人になってもきちんと生活して生きることができます。

ここをきちんとしていなければ、離婚した後、路頭に迷ってしまうことがあります。

さらに、子供たちがいる場合なおさらお金がかかります。

養育費は出してもらえる可能性はあっても、生活費は出してくれないことも考えられます。

ぜひ、これを機にきちんとした仕事を探し、旦那の子の生活でも生活していけるような収入の仕事を探してみてはいかがでしょうか?

資格を取得して仕事をはじめやすくしておく

離婚するまでに、様々な資格を取得して仕事を始めやすい環境整えておくのもいいですね。

資格を取得することで、様々なところに就職できる幅も広がります。

これまでの資格だった人や、手に職がない人はこれを機に資格を取得して仕事をできるだけスムーズに始められるように環境整えておきましょう。

さらに、資格取得にあたりお金が必要であれば、パートやアルバイトに出かける必要もありそうです。

このように、旦那との離婚後に、自分たちでも生活していけるような仕事に就くために、資格を取得して、仕事を始めやすくしておくことも大切です。

どの仕事につけば別れてからも生活が出来るか考えておく

様々な職種を調べ尽くし、どの仕事につけば別れてからもきちんと生活費を賄っていけるのかなど考えておく必要があります。

さらに、別れた後に働く大変さや、家事と育児の両立に悩まされることもあります。

しかし、それより結婚している生活の方が苦しいと思うのであれば、離婚を決意するべきですが、色々と考えた結果、心が揺らぐのであればまだまだ離婚を考えるべき時なのではないのかもしれません。

しかし、緊急性の高い場合、例えば旦那の酒癖が悪い場合や、借金まみれになっていたり、暴力を振る割れるような場合であれば、考える必要もなく離婚に向けて準備を進めておくことをおすすめします。

別れたいと思ったら焦らずに下準備を

いかがでしたか?別れたいと思ったらまずは焦らずに下準備を整えておきましょう。

きちんとした下準備ができれば、いつでも離婚する状況が整います。

そのため、これまで辛い思いや苦しい思いをしてきたことから、離れても、生活していけないような状況では、別れた意味がありません。

別れた後にもきちんと幸せな生活を送って生きられるよう、下準備をしておく必要もあります。

勢いばかりに任せて離婚をした結果、家族全員を路頭に迷わせてしまうのであれば、あなたの下準備が足りなかったことと、さらに家族を苦しめてしまう結果につながります。

まずは感情的にならずに、冷静に離婚することと向き合い、離婚した後にもどれくらいのお金が必要なのか、よく把握しておく必要があります。

またそのお金に対して、どんな仕事や職種があるのか調べておきましょう。

勢いに任せた離婚ではなく、きちんと計画し考え抜いた離婚であれば、あなたは不幸になることもありません。

あなた自身のため、また家族のために幸せな道を選んでいきましょう。