ほとんどの人は過去に恋人を振った経験はありますでしょうか。

おそらく経験がある方もいらっしゃるかと思います。

しかし、振ったのはいいものの、振った相手をまたまた好きになってしまったり、振ったことを後悔してしまっている方も多くいらっしゃると思います。

そんな心理状態に襲われてしまっている方、なぜ、そうなのかわかりますか?そう聞かれると、なかなか答えられない人が多くいらっしゃるかと思います。

なぜなら、自分の意識とは別にそのような心理状態に襲われてしまうのです。

つまりは、あなたの心のどこか一部分にまだ振った相手に対して思いが残っているために、潜在意識がそのような行動を起こしてしまうらしいです。

つまり、あなたの意識より、あなたの無意識が勝ってしまうこと可能性が高いのです。

そのため、振った相手に対しても好きになってしまうことがあるのです。

故に、振った相手に対する思いを完全に捨てきらないでいると、このように振った相手に対しても好きになってしまう心理状態があるのです。

つまり、完全に捨てきらないといけないのですが、なかなか捨てきることができません。

なぜなら、一度、思いを持ってしまうと無意識として残ってしまうので、潜在意識が働いてしまうのです。

ただ、振った相手を再び好きになったりすることに関しては悪いことではありませんし、してはいけないというルールもございません。

そう考えると、あとはお互いの問題になってしまうのです。

つまり、振った相手を好きになった時は、あとは、お互いにどうするか決めてしまえばいいのです。

ただ、それでも好きになってしまったのであれば、うまく行かせたいと思うのが人間の性なのです。

そこで、今回こちらの記事では振った相手を好きになってその後どのようにすればいいのかなどの手法をご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしていただきまして、再び恋を実らせていただきましたらと思います。

ただ、振った相手でもすでに結婚していたら、それは控えてきっぱりあきらめるようにしましょう。

不倫はいけません。

好きになっていい相手は、未婚の人だけですよ。

そこはしっかりルールを守ったうえで恋愛を進めていってください。

ここで教える手法を間違っても不倫のような感じに使用しないでくださいね。

あとは、これはあくまで手法です。

成功を約束するようなことではありませんので、そのあたりは承知のうえでお願い致します。

成功するかどうかは、あなたの腕次第ですよ。

告白されて振ったのに気になる!その理由とは

どなたでも告白されたときにはドキッとするものです。

たとえ、それが気になる相手でなくてもです。

なぜなら、人間は同じ周波数を放つ人と、引き寄せあうのです。

つまり、告白された瞬間に引き寄せの法則が始まっていたのかもしれません。

また、人間は相手がどうであれ褒められたり、自分のことを持ち上げられたりすることに関して、ものすごくいい思いをしてしまうのです。

そのため、気になってもいない相手から告白されると、実はうれしいものなのです。

気になっていないので振ってはしまいますが、実はものすごく心残りをしてしまうのです。

振ったあとになって好きになってしまうパターンが結構多くあるのです。

そもそも振ったのは自分なのに、なぜそうなってしまうのかと言いますと、告白された瞬間のことが実はいつまでたっても残ってしまっているのです。

そのため、ふと思い出してしまったり、思いもかけない時に頭に浮かんでしまうことがあるのです。

実は告白される前までは全然気になっていなかったのに、告白されたがために気になってしまう存在になってしまったのです。

人間意識するとそのようなことしか見えてこないと言います。

つまり、今までは気にしていなかったのに、意識したせいで気になる存在になってしまったと言うことです。

そのため、いつまでも頭から離れないでいることもあるのです。

特に学生のころなどは感情が未発達なので、そのようなことを抑えるのが難しい状況と言えます。

そのため、告白されただけ悩み、苦しみ、なおかつ振ったということで自分にもダメージを負っているような感じなので、余計に思ってしまうのです。

しまいには振っておいて、好きになってしまうという矛盾しているような状況なので、自分でもどうしたらいいのかわからなくなってしまっているようなので、うずうずしているのです。

完全に忘れるまで頭から離れられないような状況なので、これからの環境を変えていかない限りなかなか忘れることはできないのです。

ただ、忘れることができても、無意識で残っているかもしれないので、いずれ忘れたころに潜在意識が働いて思い出してしまう可能性が非常に高いのです。

つまり、ある意味死ぬまで忘れられない感じになってしまうかもしれないのです。

なぜ、そうなるのかと言いますと、自分で振ったからいつまでも残ってしまうのです。

自分で振ったというのは自分で行動を起こしたと言うことだからです。

振った事を後悔する瞬間とは

自分で振っておいて、あとから好きになると聞くとなんだか自分勝手な印象がありますが、実はこれ、結構あることなのです。

つまり、自分勝手と言うよりも人間としての本性と言ってもいいのかもしれません。

要は、記憶としていったん頭に入り、そして、無意識の塊になってしまっているので、潜在意識が働いてしまうと言う、人間のメカニズムなので、仕方ないと言ったら仕方ないのですが。

では、なぜそうなってしまうのかと言いますと、振ったはいいものの、それで後悔している場合があって、強く残ってしまうのです。

振ったことで後悔する瞬間とはどのような瞬間なのかと言いますと、これがほとんどの人はがわからないのです。

なぜなら、人それぞれ振ったあとに後悔する瞬間が違うので、わからない状況になっているのです。

厳密に言いますと、わからないのではなく、絶対的な定義がないと言った方が良いでしょう。

そこで、ここからはそんな振ったことを後悔する瞬間をお教えしたいと思います。

大きくピックアップして6個のシチュエーションがありますので、まずはあなたにとって身近なシチュエーションから覚えていきましょう。

もしくは読んでいてビビットきたシチュエーションからでも構いませんよ。

いきなりすべてを覚えるのではなく、ゆっくり慌てることなく1つ1つ確実に覚えていきましょう。

人肌寂しい時


まずもって後悔してしまう瞬間が多いのは人肌が寂しいときです。

いくら孤独好きと言っても、人肌が恋しくなってしまうことがあるのです。

いわゆる、人は字の通り、支え合って生きていく存在なので、一人でいる時間が長いと耐え切れなくなってしまうのです。

そんなときに思い出してしまうのが、家族や友人だったりするのですが、特に強く思い出されるのが、告白されて振った相手なのです。

なぜなら、自分で起こした行動でそうなってしまった相手なので、実は無意識に強く印象に残ってしまっている可能性が非常に高いのです。

人肌が寂しくなった時に、あの時なぜ振ったのだという感じの思いに襲われてしまって、いつの間にか好きになっていたことに気づいてしまうのです。

このように人間は意識していなくても印象などが頭に残っていると、潜在意識が働いてそのような感情を呼び起こしてしまうのです。

例え、環境が変わって、忘れてしまっても、ちょっとのことで、潜在意識は働くので、思い出してしまって、好きになっているという状況を自分で認識して後悔してしまうのです。

故に、一人でいる時間が長いとそのような衝動に襲われて後悔してしまう危険性が高いのです。

なるべく一人でいる時間を減らすようにしましょう。

見違えるようにかっこよくなっていた時

振った相手と数年後にばったり出会ったり、同窓会などで出会ったりすることなどが多くあると思います。

そんなときに見違えるようにかっこよくなっていたり、かわいくなっていたり、美人になっていたりなど、想像もしなかった感じに変化していることもあり得るのです。

そのようなときに、どうしようもない後悔に襲われてしまうケースが多いのです。

振られた相手からすると、振られて良かったと思っている節があるかもしれませんね。

このように学生の頃の姿と、未来の姿は劇的に変わってしまうことも多いのです。

特に学生の頃に老けていた人などは年を取るとかえって若く見えると言うこともあり、誰がどのようになるかなど、誰も想像できないのです。

そのため、その時の容姿で判断するのは良くないのです。

なぜなら、人がどう変わるかなど、他人には予想できないのです。

もしくは、相手をコントロールしきっているような感じに見ていると相手の変化を受け入れられずにいることもあります。

どうにしろ、数年後にどう劇的に変化するかは誰も予想することのできない神の領域なのです。

つまり、あなたの想像はあなたの想像でしかなく、そのようにことが進むのかと言うと、それは誰にも予想ができないのです。

ずっと一途に思っていてくれたのを知った時

振った相手からあとから実はずっと一途に思いを持っていたということを知った時の後悔は半端なく大きいです。

たとえそれが気になっていない相手ではなくてもショックの大きさは計り知れません。

なぜなら、人間は相手に好かれることを良いことと考えて、また、そのようにされることで自分に価値があると思ってしまう傾向があるからです。

そのため、たとえどんな相手からでも自分のことを思ってくれている相手ならば、悪い気がしないのです。

また、自分に対して告白してきた相手となればそれはもう、かなりの思いの強さがあるので、そんな人を自分は振ってしまったのかと思うと、自分に対して、自分の判断に対して、ものすごく公開をしてしまうのです。

そのため、あとになって好きと言った感じになってしまうのですが、自分が振った相手と言うことで、自分から好きと言えずにいるケースが大きいのです。

なぜなら、自分で振ることができると言うことはそれだけプライドが高いと言う証拠でもあるからです。

プライドが高いゆえに相手に対して正直になれないでいる人は、男女問わず結構多くいらっしゃいます。

相手の思いと言うものはどう頑張ってもこちら側が図れるものではないのです。

ましてはコントロールできるものでもないのです。

学生の頃は相手をどうにかしようと考えすぎるために、思いが先行してしまって相手が自分の想像と違っただけで嫌な思いをしてしまうのです。

また、気になっていない相手がそのように思っていたということに気づくのがなかなか難しいのです。

なぜなら、自分が意識してないものは目に入ってこないからです。

人間は自分が見たものや考えていることしか、目に入ってこないのです。

というか目に入れないようにしているのです。

つまり、そのことに気づくのが自分自身の判断でしかできないので、なかなかきづくのが難しいのです。

ある意味、起きてから人間の機能がわかるといった感じになっています。

よく、大人になればわかるという言葉がありますが、まさにこの辺りがそのような感じになっています。

性格がすごくいいと知った時

要は告白されるまでその人のことをよく見ていなかったがために起きてしまうことなのですが、告白されてからその人のことを意識してしまうので、そこで初めてその人の人となりがわかるのです。

そのため、あとになってものすごく性格がいいことがわかったりすることがあるのです。

ある意味、この性格の部分ですが、実は容姿よりもすごく重要になってくる部分でもあるのです。

なぜなら、なんだかんだで最後は性格を気にしてしまうのです。

結局馬が合うかどうかは性格の問題なのです。

とくに容姿や印象で勝負をしてくる人は性格に難がある可能性はあります。

そのためにメッキをつけているのですが、メッキはいずれはがれていくものです。

つまり、最終的にばれてしまうのです。

振った相手がものすごく性格がいいとわかれば好きになってしまうのは仕方がありません。

できるなら、振るのを躊躇すればよかったのですが、若かりし頃は、なんでも勢いでやってしまうのです。

告白に関してもその時に決めないといけないとあせってしまい振ってしまうケースも多いのです。

性格がわからないのは仕方がありません。

今まで意識していなかったのだから、わからないのも当然です。

後から気づくと言うのはこういうことだというのを学んだのだと思いましょう。

相手に新しい恋人ができた時


振った相手に新しい恋人ができたとき、振ったくせにものすごく嫉妬をしてしまうのが、人間の性らしいです。

つまり、振った相手に恋人ができると寂しく思ってしまうらしいです。

特に、自分に恋人がいなかったりした場合はそのように思ってしまうケースが強いらしいです。

いわゆる、振ったのにあの人と付き合うの!という感じに自分を比較してしまうのです。

そのため、なんだか自分をみじめに感じてしまうので、後悔するような衝動に襲われてしまうのです。

さらに余計に好きになってしまうのです。

今の恋人よりも幸せにする自信があるといった感じに、どこからかそのような感情が浮かび上がってくるのです。

これもある意味、潜在意識がそのように働かせているのです。

振ったとはいえ、意識してしまう相手になってしまっているので、いろいろなタイミングで引き寄せてしまうのです。

そのため、このようなシチュエーションに出くわしたりしてしまうのです。

なぜ、このようなシチュエーションにぶちあたるのかと言いますと、後悔ばかりしているから後悔することが好きなのかと潜在意識が働いて余計に後悔する場面を引き寄せてしまうのです。

まずは後悔することを辞めるようにしましょう。

相手が仕事で成功していた時

振った相手が数年後とかに仕事で成功していたりすると、ものすごく後悔します。

特に女性の場合は、玉の輿に乗るチャンスを逃したようなものなので、すごく悔しがるのです。

仮に告白されたり、振ったりすることがなければ、お互いに数年後どうなっているのかなんて気にしないのです。

成功してようが失敗していようがどうでもいいことなのですが、告白された、振ったことで嫌でも意識してしまうので、どうなっているのか気にしてしまうのです。

特に今の社会はインターネットが発達して、情報にあふれている社会なので、あなたの情報があなたの知らないところで流れているのです。

そのため、今あなたがどうなっているのかなどもすぐにわかってしまうのです。

そのため、時々振った相手がどうなっているのか確かめたくて検索してしまう人もいるらしいです。

まあ、あくまでネットなので、本当かどうかはわかりませんが、同窓会などで知ると本当なのです。

いわゆる、生で知るとものすごく怖いし、後悔も大きいのです。

ある意味、振られた側からすれば最高の復讐ができたと言っても過言ではありません。

このように、振った相手がどうなるかはこちら側が予想できるものではないのです。

振った相手を好きになる4個の心理教えます

ここまでの説明で、振った相手を好きになって後悔してしまう瞬間はいかがでしたでしょうか?

おそらくほとんどの方はあるあると思ったのではないでしょうか。

このように普段何気なく経験していることが実はものすごく重要だったりするのです。

では、ここからは後悔してしまう原因にもなっている振った相手を好きになってしまう心理状態についてお教えします。

ある意味、胸がキュンとなるような感じのことが多いかもしれませんので、学生時代に戻った感じで読んでいただけましたら幸いです。

大きくピックアップして4個の心理状態があります。

いきなりすべてを覚えるのではなく、まずはあなたにとって身近なものから覚えましょう。

もしくは読んでビビットきたり、きゅんとしたものから覚えていくのもありかと思います。

ある意味、読んでいく中であるあると思えることばかりですし、そうだったのかと思いつくこともあります。

ある意味、人間のメカニズムを知ることができますよ。

最近何かとさわがれだしている引き寄せの法則などもこのことから何となくわかります。

もしかしたら、恋愛について府に落ちることがわかるかもしれませんよ。

ぜひ、ワクワクしながら楽しみに拝見してくださいませ!

自分を好きだと言ってくれたから

好きになってしまう心理状態として、まずは、相手が自分を好きだと言うことを知ってしまったことが大きいのです。

なぜなら、好きになられることは嫌なことではないのです。

たとえそれが意識していない人であってもです。

好きになられると言うことは、自分に何かしらの魅力などがあることを証明しているからです。

そのために、好きと言われて振ってしまっても、自分を好きになってくれた相手として、強く印象に残ってしまうのです。

そのため、振ったのに好きになってしまうパターンなのです。

最近ではこの心理状態を知っている人がわざとこのように仕掛けてくるパターンもあります。

今まで追いかけられていたのに追いかけられなくなったから

振った瞬間に自分へのアプローチが減ってしまうので、なんだか物寂しい雰囲気になってしまって再び見てくれないかと考えてしまうのです。

人間誰しもそうですが、自分を追いかけてくれる存在は大切なのです。

振り向いたときに誰かしらいてくれることがものすごくうれしいし、自分にとって価値のあることでもあるのです。

それはたとえ自分が振ってしまった相手でもです。

振ったあとに気づくのですが、追いかけられることの快感と追いかけられなくなることの喪失感の差がものすごく大きいのです。

人間いつまでの追われていたいのです。

ただ、それは人間であって、仕事には間違っても追われたくないのです。

振ったのに再度アプローチをしてくれた

振った後にも再度アプローチが来ると、意識していなくても心をえぐられるのです。

つまりは、キュンとしてしまうのです。

何度も何度もしつこくアプローチされることは、マイナスな感じに思えてしまいますが、されている方は実はそうでもないのです。

そのうち、なんだかかわいいなとかそのように思えてしまうのです。

昔で言うと、坂口杏里さんが果てしなくバイキングの小峠さんを思っていたことなどがこれにあたります。

何度も何度もは実はものすごく効き目がるのですよ。

告白されて気になり始めた

告白されるまではそんなんでもなかったのに、告白されたことで、いつのまにか意識してしまう存在になってしまうことはよくあります。

なぜなら、告白された瞬間に振った振らないに関係なく、その人の頭に残ってしまうからです。

なぜかと言うと、今まで異性として見ていなかったのに異性として見え始めてしまうからです。

好きという言葉には魔法があるかのように相手をそのように見させてしまうのです。

また、意識することで知らなかった内面を知ることができるようになるのです。

このように告白されたことで、その人にとっては鮮明になかかつ強烈に残ってしまうのです。

振った相手にアプローチする方法

それではここからはさらにきゅんとすることとして、振った相手に対してのアプローチ方法をお教えします。

まあ、振ってしまったので、プライドなどによっては自分からアプローチなんてできるかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

振った相手に対してアプローチしてはいけないといった感じのことはないのです。

むしろ、しっかりアプローチすれば成功する可能性の方が高いのです。

なぜなら、相手はあなたことを好きになったことがある人だからです。

そう考えると、チャンスは大きいですね。

そこでまずは、分かりやすくアプローチすることが大切です。

大げさなぐらいがちょうどいいのです。

なんでもそうですが、意思表示が大切になってくるのです。

また、二人で食事に誘うなどのこともしてみましょう!ある意味、二人だけの空間なので、腹を割った会話ができる可能性もありますよ。

また、告白された相手から食事にさそわれるなんて、告白した方としてはうれしいこと間違いなしです。

ぜひ、この際です。

思い切って食事に誘いましょう。

別に食事の場所は飾る必要はございません。

さらに言えば、気のしれた関係になっていたいと言うのもありますので、お互いに仲の良い友人を誘ってみんなで遊ぶのもありかと思います。

相手の友人関係を知ることで、相手をより具体的に知ることができますよ。

ただ、この時に二人で会うのが嫌だと勘違いされないように注意しましょう。

当然友人たちはあなたたちに何があったかは知っているはずなので、気まずいとかそのような雰囲気を出すのではなく、ただ純粋に楽しもうとしている風な感じにしましょう。

さらにアプローチを強めるためには、用事がないのに連絡することも大切です。

要は、いつでも自分のことを考えてくれているということが相手に伝わるのです。

世間話でも構いませんし、話す内容はなんでもいいのです。

とにかくお互いに楽しく話すことができればOKなのです。

そのような会話をしながら、まだ自分のことを好きかさりげなく聞くことも大切です。

ただ、これは会話から拾うのが大切なので、直接は聞かない方がいいです。

直接聞くと構えてしまって本音を聞き出せなくなってしまう危険性の方が高くなってしまいます。

ぜひ、そこは会話を多くして、相手の会話の中から素材をたっぷり拾って、聞き出しましょう。

何よりも相手を楽しませる。

喜ばせることが大切です。

そのためにもあなたの腕が試されているのです。

ぜひ、ここは腕の見せ所と思って張り切って勝負に出ましょう。

普通に告白するよりもチャンスは大きいし、可能性も大きいのです。

ぜひ、まずはプライドを捨てて相手に対する思いを強く持って臨むことが大切です。

告白が成功する秘訣とは

それではここまで来たらあとはこちら側から告白するだけです。

振っておいて告白するのかと思いますが、してはいけないと言うルールはございません。

むしろ、相手もこのことを待っている可能性も大きいのです。

心理状態を説明しましたが、この心理状態を知っている人は結構多く、学生でも利用している人がいるほどです。

つまり、告白するタイミングや方法などを失敗しなければうまくいく可能性が大きいのです。

今からお教えしますので、ぜひ、活かしましょう。

特別なイベントに告白する

相手の誕生日だったり、二人が知り合った日など特別なときに告白するのはありですし、成功率が高いのです。

特に最もおすすめできるのがあなたが振った日です。

もしくは振った日から世つ目となる日ですね。

例えば月命日とか、そのようなときにあなたが告白するときゅんとすること間違いなしです。

相手からすると覚えていたんだということにもつながるので、ものすごくいいのです。

告白するのはデートの別れ際

デートの別れ際の告白は効き目大です。

また、この時になんでもいいので相手が喜びそうなサプライズを用意しておくと、成功率は高くなりますよ。

デートの別れ際というのはものすごく寂しい瞬間で、まだ離れたくないといった思いが残っているのです。

そのため、別れ際が最もチャンスなのです。

チャンスを逃さないようにしましょう。

目を見て話す

相手の目を見て話すことは、とても良いことです。

目を見て話すことができないと、あなたには自信がないのかと言った感じに見られてしまうのです。

つまり、自信が内容に見られるとそれまでと見方が違ってしまうので、成功率を下げてしまう危険性が高いのです。

故にしっか利相手の目を見て話すようにしましょう。

それだけでもだいぶ印象が変わります。

好きな気持ちを正直に伝える

何度も言っていますが、意思表示はしっかりすることです。

ある意味ここが根っこの部分なのです。

特に日本は文法上結果を後に持ってくるのでそれまでの言い分がしっかりしていないと結果につながらない可能性高いのです。

はっきり言ってしまえば問題ないので、ここははっきり言うようにしましょう。

振って後悔していることを伝える

正直に話すことが何よりです。

まずは振ってしまったことを後悔しているなどと言ったことを伝えると相手の心にきゅんと響くはずです。

何よりも、正直、素直は相手に好かれます。

ぜひ、正直に伝えるようにしましょう。

一度振ったのは自分!後悔しているなら今すぐ行動を!

いかがでしたでしょうか。

ある意味、人間のメカニズムを知れるような記事になっていたのかもしれません。

ただ、ふったのはあなたですので、思いがあるのではあれば、すぐに行動に移すべきです。

思い立ったが吉日とはまさにこのことを言っているのです。