一生懸命に何かをやっている人や、まめまめしく誰かの世話を焼いている人などに対して、「甲斐甲斐しいね」という言葉を使うことがあります。

この甲斐甲斐しいという言葉は、他人から見た時に如何にもせっせと何かを頑張っている人に対して使われることが多いです。

それも自分のためではなく、他人のためにあくせくと動いている人に対して使われますが、そんな甲斐甲斐しい人にはどのような特徴があるのでしょうか?

甲斐甲斐しいという言葉の意味やその特徴を持つ人、また甲斐甲斐しい人が他人から抱かれやすい印象などをご紹介します。

褒められている?”甲斐甲斐しい”の意味知っていますか?

「甲斐甲斐しい」という言葉は、素直に相手を褒めるよりも、遠回しな嫌味を言う時に使われることが多いです。

そのため、甲斐甲斐しいことが悪いことのように思っている人もいるかもしれません。

しかし、そもそも甲斐甲斐しいという言葉の意味は、「骨身を惜しまずに健気に仕事ややるべき事に打ち込むようす」などです。

他にも「頼りがいのあるようす」などの意味もありますので、甲斐甲斐しいという言葉自体の意味は悪いものではないでしょう。

むしろ甲斐甲斐しい人には真面目な人が多いため、本来であればいい意味の言葉です。

ただ甲斐甲斐しい人の様子を見ている人が、何らかの嫉妬心や気まずさ、罪悪感などの感情からわざと嫌味としてこの言葉を用いることがあるため、その言葉を聞いた人は甲斐甲斐しいが悪い意味の言葉だと誤解してしまうことがあります。

また、甲斐甲斐しい人の多くは他人のために一生懸命になりますので、その献身的なさまを不快に感じる人が、あえて嫌味として使うこともあるのでしょう。

言葉の意味だけで見れば、「甲斐甲斐しい」はいい意味なのです。

甲斐甲斐しい人の13個の特徴とは

甲斐甲斐しい人には、ある共通する特徴が見られます。

まず甲斐甲斐しい人は、いつも何かのために一生懸命になっています。

それは例えば家族のためだったり友人のためだったりと、純粋に自分の利益だけを追求するというよりは、他人のためにあくせくと働くことが多いです。

そのため、甲斐甲斐しい人はいわゆる「良い人」であることが多いでしょう。

また、自分の目的としていることのためであれば、少々の自己犠牲は必要だと考えていることも多いです。

甲斐甲斐しい人は自らが必死になって動き回るのが常なので、他人を利用して楽にメリットを得ようという考えを持ってはいないでしょう。

この他にも、甲斐甲斐しい人に共通する特徴を以下に挙げていきます。

1.いつも忙しそうにしている

甲斐甲斐しい人はいつも忙しそうにしています。

ただ忙しそうにしているだけであれば、時間にルーズで余裕がないためいつも焦って慌しくしている人もいますし、また仕事などの納期が迫って忙しくしている人もいるでしょう。

甲斐甲斐しい人の場合には、自分のために忙しくすることもありますが、誰かのために忙しく動き回っていることもよくあります。

例えば仕事が終わらない部下のために、自分もサービス残業をして仕事を手伝ってあげたり、体調が悪いという恋人のために、仕事を慌しく終わらせて買い物をし、恋人の身の回りの世話をしたりと、誰かのために自分が忙しくなることも厭わないため、常に自分や他人のために忙しそうにしていることが多いです。

2.優しい

甲斐甲斐しい人は優しい性格をしています。

優しい性格をしていなければ、他人のために自分を犠牲にしたり、誰かのために忙しく走り回ったりすることは出来ないでしょう。

それが例えば自分の子どもや両親などの家族であれば、甲斐甲斐しくなるのも当たり前かもしれません。

しかし、甲斐甲斐しい人というのは自分の身内のためだけでなく、時には赤の他人のためにも一生懸命になれますので、場合によっては他人のために忙しくすることで自分が損をすることもあるでしょう。

しかし、それでもし自分が損をしたとしても、他人のためになったのであればそれで満足してしまえるため、甲斐甲斐しい人は人一倍優しい性格をしていると言えるでしょう。

また、甲斐甲斐しい人によっては、他人を思いやる優しさからではなく、自分が「放っておけないから」というお節介の気持ちから他人のために動いてしまう人もいます。

甲斐甲斐しくなるその動機はどうであれ、自己満足のお節介でもやはり他人から見れば優しく思えることでしょう。

3.勤勉


勤勉とは、仕事や勉強を一生懸命に頑張ることです。

甲斐甲斐しい人は何事にも一生懸命に取り組む人が多いため、甲斐甲斐しい人には自然と勤勉さが身に付いている人が多いです。

また、勤勉というだけであれば、自分のためだけに努力をしたり、自分の利益だけを追求したりするために一生懸命に努力する人もいるでしょう。

しかし甲斐甲斐しい人の場合は、自分のためだけでなく、他人のためにも一生懸命に頑張ることがよくありますので、その勤勉な性格の原動力は他人の助けになりたいという気持ちから起こっていることも多いです。

そのため、甲斐甲斐しい人の勤勉さは、勉強や仕事の面だけでなく、ボランティアや人助けといった奉仕活動でも大いに表れることでしょう。

4.頼りになる

甲斐甲斐しい人は、自分のためだけでなく、他人のためにもその一生懸命さが発揮されます。

それどころか、他人のためにこそ全力で頑張れるという人もいるでしょう。

甲斐甲斐しい人には、自分が他人の役に立てていることや、他人のためになっているということで自己満足できることも多く、感謝を求めることはしなくても、自分で「相手のためになれた」と感じたらそれを嬉しいと思います。

困っている人がいれば親しさの度合いに関係なく助けに入ることもよくありますし、それによって自分が迷惑を被ることがあっても、自ら首を突っ込んだことをきちんと自覚していますので、相手を逆恨みするようなこともありません。

そんな他人のためになろうとする姿は、困っている人から見ればとても頼りになることでしょう。

甲斐甲斐しいと言われる当人もまた、自分が頼りにされることを嬉しいと感じていますので、どんなに自分に余裕がない時でも、人から頼りにされればやる気に火が点いて、一生懸命に頑張ろうとするでしょう。

甲斐甲斐しい人は、困難な状況にある人を見るとつい手を差し伸べたくなりますので、当人が助けを求めていない時には「大きなお世話」や「お節介」だと思われてしまうこともあります。

しかし邪険にされてもなお、誰かが困っていればいつでも助けに入れるようにとそわそわしていますし、頼りにされればすぐにでも力になろうとするでしょう。

5.いい結婚相手になる

甲斐甲斐しい人は、結婚相手として理想的と言えるでしょう。

何せ人の役に立つことが好きだったり、いつでも全力で頑張ることが性分だったりするため、結婚すればこの上なく頼もしい存在になることでしょう。

甲斐甲斐しい人の場合は、その対象が特定の人物になるか、それとも不特定多数になるかは人によって違っています。

自分の身内や親友、恋人に対してのみ甲斐甲斐しくなる人もいれば、見知らぬ人のためにまで甲斐甲斐しくなれる人もいるでしょう。

どちらがいいということはありませんが、少なくともその人が結婚相手になったら、どちらの場合でも自分のことを大切にしてくれるのは確実でしょう。

夫婦のため、子どものため、家族のためにいつでも全力で頑張ろうとしますので、結婚相手としては頼もしく理想的で、また安心して会社や家のことを任せられることでしょう。

家事が好き

甲斐甲斐しい性格の人は、家事をするのが好きなことが多いです。

炊事や掃除、洗濯やその他の家のこと全般を、いつもこまめに手をかけてくれますので、家を任せる側も安心して外に出かけることが出来るでしょう。

必要に駆られてのみ家事をする人は、そこまで小まめに家のことをやろうとは思いませんし、時には面倒臭くて家事をサボってしまうこともあるでしょう。

もちろん時には息抜きが必要ですし、それなりに家の中を綺麗に保てているのなら、必要以上に家事を頑張らなければいけないということもないでしょう。

甲斐甲斐しい人にとってもそれは同じことですが、甲斐甲斐しい人はいつも自ら積極的に家事に取り組んでいますので、こちらがお願いするまでもなくいつも家の中は綺麗な状態になっていることが多いです。

家事が好きで、一生懸命に家事をやることで、自分自身も満足することが出来るでしょう。

尽くすのが好き

甲斐甲斐しい人は、人のために尽くすことが好きです。

誰かの役に立ったり、自分の大切な人のためになれたりすることが自分にとっても嬉しいと感じるため、人のために一生懸命に尽くすことを厭いません。

純粋に人の役に立てることが嬉しいという奉仕の精神を持つ人もいれば、人の役に立てることで自分という存在の意味を見出したり、精神性を高めたりする人もいます。

前者の場合には、自分さえ人のためになれたと感じればそれで満足ですが、後者の場合には人から感謝されることによって、本当に自己を満足させることができます。

甲斐甲斐しいという言葉そのものの意味は良いものですが、中にはこのように他人に依存し、その依存した相手を助けることによって自分自身を認められるという人もいます。

このタイプの場合には、一方的に他人に尽くしておき、その人から感謝されなければ心を満たすことが出来ませんので少々厄介です。

他人に尽くすのが好きな人の中には、無償の人もいれば相手に感謝の気持ちを求める人もいますので、甲斐甲斐しい人がそのどちらのタイプかを見極めることは必要でしょう。

6.世話焼き

甲斐甲斐しい人と聞くと、世話好きな人を想像する人は多いでしょう。

実際に甲斐甲斐しい人の多くは世話焼きです。

元々人の世話を焼くのが好きな人もいれば、世話を焼くことで感謝されるのが好きな人もいます。

どちらにしても誰か困っている人がいれば、即座に助けに入ろうとしたり、何かに苦戦していれば世話を焼こうとしたりしますので、世話を焼かれる側にとっては嬉しくもあり、また時には鬱陶しく感じられることもあるでしょう。

基本的に世話焼きの人は、誰かの面倒をみることが好きですので、嫌々世話を焼くということがありません。

例えばある人が何度も同じミスを繰り返しても、それに呆れこそすれ、きちんと最後まで世話を焼こうとします。

そして無事に終わった後には、まるで一仕事終えたようなスッキリとした気持ちになっていることがよくあります。

7.気が利く


甲斐甲斐しい人は自分や誰かのために一生懸命になりますので、頑張っている時にはその視野が狭くなってしまうことはあります。

例えば目の前で困っている人がいれば当然のように助けますが、同時に別の場所で他の人が困っていたら、それに気づいたとしてもまずは目の前のことを片付けてからでなければ動くことが出来ないでしょう。

適度に助けられる人であれば、困っている人に最低限の助け舟を出し、後は自分で何とかやれるところまで手伝ったら、そのまま別の困っている人のところへと向かうでしょう。

しかし、甲斐甲斐しい人は一人の人に対して自分のすべてを使って助けようとしますので、同時に何人も助けることは難しいでしょう。

自分や誰かのために一生懸命になっている時には、このように融通が利かないこともありますが、甲斐甲斐しい人は基本的にとても気が利きます。

今目の前で助けている人に対しては当然気を遣いますし、とくに何もしていない時には周囲をよく観察していますので、少しでも困った様子の人がいればそちらを手伝ったり助けたりと、普通の人よりもよく気が利くことが多いです。

8.お節介

甲斐甲斐しい人は世話焼きですが、それも相手に喜ばれなければ単なるお節介になってしまうことがあります。

例えば難しい問題に挑んでいる人を見つけたら、親切心からその答えを教えようとするでしょう。

けれども、答えを言われた当人は、何とか自分の頭で答えを見つけようとしていたため、甲斐甲斐しい人の親切は余計なお世話に感じられてしまうでしょう。

何かに困っている人や悩んでいる人のすべてが、誰かに助けを求めているわけではありません。

自分で困難に挑み、何とかして自分一人だけの力でそれを乗り切りたいと考えている人もたくさんいます。

甲斐甲斐しい人はそんな相手の気持ちが分かったところで、それでも何とか手を貸してやりたいと思ってしまうものです。

そのため時には、甲斐甲斐しい人の助け舟や言動が、相手にとっては非常にお節介に思えてしまうこともあり、トラブルになってしまうこともあります。

9.動きが機敏

甲斐甲斐しい人は、いつでも特定の誰か、もしくは不特定多数の誰かのために役に立とうと考えています。

自分で意識していなくても、習慣として身に付いていますので、何かあればすぐにでも動けるような姿勢でいることが多いです。

そのため他の人よりも動きが機敏で、誰かが困っているのを見つけると直ぐに手元のことを終わらせて、そちらに向かうことができます。

その機敏さは、主に人助けのために発揮されることが多いため、何でもない時や、自分のためだけの時にはそこまで機敏でないこともあります。

どのような基準によって機敏さが発揮されるのかは、その人によって違うでしょう。

10.仕事熱心

甲斐甲斐しい人は、勉強や仕事に対しても常に熱心です。

勉強であれば単に義務教育のつもりでやっているのではなく、学ぶことでためになることが多いと考えながら勉強していますので、自然と身が入るでしょう。

また、仕事でも熱心に勤めているのは、仕事は一生懸命にやるのが当たり前だと考えているからです。

真面目にコツコツ働けば、それがいずれは自分のためになることもよく理解しています。

自分自身の実力を伸ばすため、また給料を上げるためといった動機以外でも、一生懸命に仕事をすることで、それが会社のためにもなると考えているので、それだけ熱心になれるのでしょう。

甲斐甲斐しい人の仕事熱心さは折り紙付きですので、よく同僚や上司からも頼られたり、評価されたりすることも多く、本人もそれに充実感を感じていることでしょう。

11.面倒見がいい

甲斐甲斐しい人はとても面倒見がいいです。

人の役に立つことで満足感を覚えたり、誰かのためになることを嬉しいと感じたりする性格をしていますので、必然的にその面倒見も良いでしょう。

その面倒見の良さは、傍から見れば自ら貧乏くじを引いているように思えることもあります。

例えば自分にはまったく関係のない他人の仕事を手伝うためにサービス残業をしたり、同僚の愚痴に遅くまで付き合った結果、あまり睡眠が摂れなかったりと、面倒見の良さゆえに自分にとって不利な状況になることもあるでしょう。

しかし当人はさしてそれを「損をした」とは感じていないため、懲りることなくまた人の面倒を見るのでしょう。

12.無駄が嫌い

甲斐甲斐しい人は、常に自分や誰かのために時間を割いていますので、それ以外の時間を無駄に過ごすことを嫌う傾向があります。

例えば人助けのために何時間かかってもそれを無駄とは思いませんが、何をするでもただぼーっと時間を過ごしたり、とくに何のためにもならない余所事をやったりすることに対しては無駄と感じ、そんな時間を過ごし続けることを嫌います。

無駄があればあるだけ、本来自分がやりたいことや他人の世話を焼く時間がなくなってしまいますので、甲斐甲斐しい人は無駄を見つけるとすぐにそれを失くそうとすることが多いです。

13.空気が読める

甲斐甲斐しい人には空気が読める人が多いです。

その場の空気が読めるからこそ、困っている人や悩んでいる人をすぐに見つけてそちらへ駆けつけることもできます。

また、困っている人に手を貸そうとした時に、相手がそれを拒むような雰囲気を感じ取ったら、余計なお節介はせずに黙って遠くから様子を見守ります。

相手が必要ないと言っているのに無理に手を出そうとするのなら、それは単なる余計なお節介でしかありませんが、甲斐甲斐しい人の場合には手を出そうとする時と、出してはいけない時の違いも敏感に相手の空気を感じ取って対応します。

また、甲斐甲斐しい人は勉強や仕事に熱心ですが、周りの皆がもう切り上げて食事に行こうという雰囲気になったなら、すげなくその誘いを断ることはせずに、柔軟に周りに合わせることもできるでしょう。

甲斐甲斐しい人が恋人に思われがちなこと

あなたは甲斐甲斐しい人と付き合ったことはありますか?

もしもあるのなら、甲斐甲斐しい恋人とそうでない恋人との明確な違いをすでに経験済みでしょう。

甲斐甲斐しい人はそうでない恋人に比べると、いつでも自分に尽くしてくれようとします。

恋人のために一生懸命になることは当たり前ですし、どんなにそれが大変なことであっても、苦労とも思わないでしょう。

あれこれと世話を焼いてくれることも多いですし、時にはそれが原因で喧嘩になることもあるでしょう。

そんな甲斐甲斐しい人が、恋人から思われがちなことを以下に挙げていきます。

結婚相手にしたい

先にもご紹介したように、甲斐甲斐しい人は結婚相手としては理想的です。

家事や育児を一生懸命にやってくれて、パートナーの面倒もよく見てくれる、家庭を一緒に築いていく上では必要不可欠な要素を甲斐甲斐しい人はたくさん持っています。

共働きであれば仕事と家事を上手に両立してくれて、かつパートナーが体調を崩した時にはまめまめしく看病してくれる姿を容易に想像できるため、恋人からは「ぜひこのまま結婚したい!」と思ってもらえることが多いでしょう。

結婚する上でパートナーに求められることは、いつでも互いに尊敬し合い、助け合いながら家庭を大切にすることです。

夫であれば仕事を頑張りながら休日には家族と一緒に過ごし、時には家事や育児を手伝ってくれる人が理想的でしょう。

また妻であれば、家庭をしっかりと守りながら夫を支えてくれる人が理想的です。

甲斐甲斐しい人はその理想を叶えてくれる要素をたくさん持っていますので、恋人から結婚相手に望まれることが多いのです。

友達に紹介したい

甲斐甲斐しい恋人の存在は、パートナーにとっては堂々と友達に紹介して自慢したい存在でもあるでしょう。

恋人は自分のことを好きだからこそ、こんなにも甲斐甲斐しく世話を焼いてくれて、いつでも尽くしてくれるのです。

その恋人の存在があることで、「自分のことをこんなにも大切にしてくれる人がいるんだぞ」と友達に自慢できるため、自然と友達にも見せつけてやりたいという気持ちがわいてくるのでしょう。

実際に、あなたの恋人がどんなに外見が良くても、異性遊びが激しくて少しも信用できず、また自分のこともまったく大事にしてくれないのなら、そんな人を友達に紹介したいとは思わないでしょう。

一方で、外見は一般レベルでも、甲斐甲斐しく自分に尽くして大事にしてくれる存在なら、いつでも友達に見せたいと思うことでしょう。

甲斐甲斐しい恋人の存在は、相手にとっては堂々と自慢できる存在なのです。

お節介で鬱陶しい

甲斐甲斐しい恋人の存在は、時にはお節介で鬱陶しく感じられることもあるでしょう。

例えばあなたがイライラしている時に、少しでもそれを解消してあげたいという気遣いの気持ちからだとしても、顔色を窺うように話しかけてきたり、周りをうろうろして何かと世話を焼こうとしてきたりしたら、つい「鬱陶しいな、放っておいてくれ!」と思うことでしょう。

適度に気遣いができる恋人であれば、放っておいて欲しい時にはその気持ちを汲んで、外へ出かけるなりして恋人を一人にし、気持ちを落ち着けるための時間をくれることでしょう。

しかし甲斐甲斐しい恋人の場合は、とにかく自分が相手に何かしてあげたいという気持ちが強いため、相手が一人にしてほしいと言ったところで、部屋の外でいつでも動けるように待機していることでしょう。

気持ちが苛立っている時には、そうした見えない気遣いでさえも容易に想像出来てしまい、余計にストレスに感じてしまうこともあります。

重い

甲斐甲斐しい恋人は、いつでも自分に一生懸命に尽くしてくれます。

体調が悪いからと言えば家のことや料理を積極的に引き受けてくれたり、飲み会の帰りにはわざわざ店の前まで車で迎えに来てくれたりします。

そんなふうに自分に尽くしてくれることに気持ちが癒されることもあれば、毎日のように続く甲斐甲斐しさに、「気持ちが重たい」と感じてしまうこともあるでしょう。

例えば最初の内は、仕事が長引き帰りが遅くなった時には、自分も寝ずに帰りを待ってくれたことに対して、いじらしさや愛しさを覚えることでしょう。

しかしその後に「先に寝ていて欲しい」と頼んだにも関わらず、毎回寝ずに起きて待たれると、それがかえって気持ちの負担になることもあるでしょう。

「恋人のために何かしてあげたい」という一途な気持ちが、甲斐甲斐しい人の場合には行動になって表れることが多いため、それだけ行動が目について気持ちが重いと思われてしまうこともあるでしょう。

母親みたいでうざい

甲斐甲斐しい恋人の姿は、相手にとっては時に母親のように感じられ、鬱陶しく思えてしまうこともあります。

ちゃんと食事を摂っているのか、仕事の調子はどうかなど、公私どちらに関しても事細かに確認しようとしてくる恋人の存在は、自由気ままに過ごしていたい相手にとってはストレスに感じることもあるでしょう。

また、甲斐甲斐しい恋人はとても頼りになりますが、一緒に過ごしている時には家事だの仕事だのを忘れて、二人でまったりと過ごしたいのに、あれこれと世話を焼かれてしまうと、まるで母親と一緒にいるかのような錯覚を覚えてしまい、うんざりしてしまう人もいるでしょう。

母親のような人を恋人にしたいという人もいれば、そうでない人もいます。

前者の人なら甲斐甲斐しい恋人の存在はピッタリですが、後者の場合には鬱陶しく思えてしまうこともあるでしょう。

完璧主義で疲れる

甲斐甲斐しい人には、完璧主義の人も少なくありません。

自分や他人のことに一生懸命になる分、その内容まで細かく完璧にしたいというこだわりがあり、融通が利かないこともあります。

例えば同棲しているカップルの場合、自分はのんびりと一緒にテレビでも見ながら過ごしたいのに、恋人がその日一日のやることをすべて終わらせてからでないとゆっくり出来ないため、気持ちがすれ違ったりお互いのしたいことができなかったりして、もやもやしてしまうことがあるでしょう。

完璧主義の恋人を持つと、恋人が一人でせかせかと動いているのを目にするだけでも、こちらも疲れてしまうことがあるため、常にせわしなく動き回るその姿に、一緒にいることも苦痛になってしまうという人も中にはいるかもしれません。

放っておいてほしい

誰だって、一人になりたい時ってありますよね。

気持ちが落ち込んでいる時や、反対にイライラと気が立っている時、深く考え事をしたい時など、さまざまな理由で一人になりたいことがあるでしょう。

甲斐甲斐しい人は恋人が落ち込んでいる時には、ここぞとばかりに役に立ちたいと思いますので、周りをうろうろして恋人のために一生懸命に尽くそうとします。

しかし一人になりたい時ほどそうした気を遣う行動がうっとうしく思えてしまうため、言葉にして一人になりたいと伝えるでしょう。

放っておいてほしいと言われればそうするしかないため、恋人は大人しく一人にしてくれるでしょうが、やはり心配な気持ちがあるためこそこそと様子をうかがいにきたり、励ますようなメールやLINEを送ってくることがよくあります。

放っておいてほしい時にはとことん一人になりたいのに、そんな風にあれこれと周りをうろつかれると迷惑に思えてしまうこともあるでしょう。

甲斐甲斐しい人に向いている職業とは?

甲斐甲斐しい人に向いている職業には、どんなものがあるのでしょうか?よく想像される職業は、看護師や介護士、保育士や教員、また家政婦や専業主婦といったものもあります。

どれも直接人のためになる職業ばかりですので、誰かのために一生懸命になれる甲斐甲斐しい人にとってはピッタリの職業でしょう。

自分の性格をよく理解している人は、自分の甲斐甲斐しさを仕事でも活かそうとして、上記の職種を選ぶことも多いです。

甲斐甲斐しいは褒め言葉です

甲斐甲斐しいという言葉そのものは褒め言葉です。

しかし、実際に甲斐甲斐しい性格の人によっては、それをそのままいい意味として他人に捉えられることもあれば、余計なお節介や迷惑だと捉えられることもあります。

ですが積極的に他人の役に立とうとすることも、自分以外の誰かのために一生懸命になれることも、普通の人にはなかなかできないことでしょう。

時と場合によっては甲斐甲斐しさが鬱陶しさに思われてしまうこともありますが、やはり人のために尽くせる甲斐甲斐しさは、得難い素晴らしいものであると言えるでしょう。