私たちが普段使っている言葉の中には、なんとなくの意味で用いられている言葉などが数多く存在しています。

そんな言葉の中の一つににわかという言葉が存在していますが、にわかという言葉の意味を正しく理解して使えていますか?

日常生活の中で誰しもが聞いたことがある言葉ですが、具体的に説明を求められると正しく説明できないような言葉だといえます。

そこで、今回はにわかをテーマにして、にわかという言葉の意味やにわかな人の特徴、にわかを指摘する人の特徴などについてご紹介していきたいと思います。

気づかないうちににわかな人にならないように、この機会ににわかの意味をマスターしてみましょう。

「にわか」を使いこなそう!

にわかという言葉について触れて行く前にそもそもにわかという言葉の意味を正しく把握できていますか?

知らないという方はあまりないと思いますが、あえて説明を求められると具体的な説明が難しいのがこの言葉の特徴です。

にわかという言葉は、単体で使われることもありますし、何かと組み合わせて使われることなどもある言葉です。

では、実際にどのような意味を持っており、どのような組み合わせで使われるのか、ご紹介していきます。

にわかとは?

そもそもにわかという言葉の意味はどのような意味があるのかというと複数の意味が存在しています。

にわかという言葉には「物事が急に起こるさま、病気が急変するさま、一時的であるさま、かりそめであるさま」などの意味が存在しています。

このように複数の意味が存在しており非常に様々な意味合いで用いることができる言葉として知られています。

しかしながら現実的に使われているのは物事が急におこるさま、そして一時的、かりそめであるさまなどが組み合わさって使われています。

どういうことかといいますと、短期間で急速に何かに興味を持った状態のことなどを意味しています。

つまり、何らかのことに対して興味を持ち、一時的な熱でそのことに対して知識を得たような状態のことを意味して使われることが多いということです。

また、現実的にはこのような意味合いなどはあまり良い場面では使われないことが多いことでも知られています。

例えば、相手に対して最初から好きだったわけでもないのにいきなり知識を得たから調子に乗っているというような批判的な意味で使われるということです。

よくありがちなのが何かのファンでもなかったのに急に興味を持って知識を得て、あたかも昔から知ってるような雰囲気を醸し出すような場合です。

このような場合には、にわかファンなどといって周りから批判されたりすることなどが多く、にわかという言葉の使い方のひとつとして知られています。

また、一般的に使われている言葉のひとつとして、急に雨が降ってきたときにはにわか雨などと表現されることもあります。

「ニワカ」とカタカナで書かれることも

にわかという言葉の意味についてご紹介してきましたが、多くの方はにわかという言葉を想像する時にはひらがなを想像することが多いと思います。

しかし、にわかという言葉はカタカナで表記されることなどもあります。

したがって、ニワカと表記されることなどもありますが、特に意味合いなどが変化はありません。

どちらで表示しても間違っているということはありませんが一般的にはひらがなで表記されることの方が多いです。

また、にわかという言葉は漢字で表記することも可能であり、漢字で表記する場合には「俄か」という漢字で表現することができます。

なかなか聞きなれない漢字かもしれませんが、株式会社の名前などで俄という漢字を使った会社が存在しています。

なので、様々な表記が可能な言葉であるということを覚えておいてください。

反対語は?

にわかという言葉を考えた時にその反対の意味を持つ言葉にはどのようなものがあるのか気になる方もいるはずです。

これについて考えるの前に、そもそもにわかという言葉がどのような背景から生まれるのかということについて簡単にご紹介します。

元々にわかという言葉は江戸時代から明治時代にかけて生まれた言葉として知られています。

江戸時代や明治時代にかけて、宴会の席や路上などで即興の芝居などを行うときにその芝居をにわかという言葉で表現していたことがきっかけだといわれています。

なぜにわかという言葉で表現されたのかと言うと、元々本来の意味としては俄狂言という言葉が用いられています。

この意味は俄、つまり素人が行っていたという観点と、突然始まることが多かったことからついたという説があります。

なので、にわかという言葉の反対語を考えてみると、素人の反対語、つまり玄人などが反対語であるといえます。

誰もが最初はにわか

にわかという言葉について考えた時に、先ほどご紹介したようににわかファンなどと表現されることもあるのであまり良い意味として扱われない印象が強いです。

しかしながら、よくよく考えてみると誰もが一番最初の時にはにわかであるということは紛れもない事実であると言えます。

なぜかというともともと何かに対する知識が最初から備わっている人間など存在していないからです。

誰もが初めは何も知らない状態から始め、そこから興味を持ち始めどんどん知識を吸収していきそれを継続していくことで豊富な知識を蓄えられるようになります。

なので誰もが始めようにわかであり、そこからそのことに対して継続的に興味を持ち続けられるかどうかということが重要だということです。

なので、誰もが最初はにわかであり、にわかでない人は存在していないということになります。

ただ、そこまで詳しくないのにちょっとしたからといって背伸びして昔から知っているような発言をするということはあまり好ましくないことでもあります。

昔からそのことを知っている人からしてみるとあまり良い目で見られたりすることはありませんので、自分の立ち位置をしっかりと把握することが重要です。

自分の立ち位置を理解せずに上から物事を発するようになると人間関係にも支障をきたす可能性があるので注意が必要です。

ネット上での使われ方の例


インターネット上には掲示板などが存在しており様々なユーザーがコミュニケーションを取ったりするような場所が存在しています。

そのような掲示板上ではにわかという言葉を使って表現したりすることなども数多く存在しています。

そこでここからはインターネット上なのでにわかという言葉がどのようにして用いられるとかということについてご紹介していきます。

実際に使われている例文などをご紹介していきますので使い方や意味合いなどをチェックしてみてください。

彼女はただのにわかだよ

まずはじめにご紹介するにわかという言葉の使い方の一つとして「彼女はただのにわかだよ」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味合いなのかと言いますと、「彼女はただの一時的なファンだよ」という意味として用いられています。

この例文にはファンという言葉はついておりませんが、にわかということは一時的に興味をもって知識を身に着けたという意味で用いられています。

つまり、にわかファンということと同義でもちいられることもありますので、このような解釈が可能といえます。

もちろん、ただ単にそのことに対して最近知識を身に着けたという意味でも解釈が可能です。

先ほどもお伝えしたように元々何かに対して最初から知識を持っているという人は存在していません。

誰もが最初はにわかから始まり、そこから様々な知識を身につけて行き最終的に豊富な知識を有するようになります。

なのでこの例文はまだそのことに対して知ったばかりであり、とても詳しいわけではないということを表現している言葉になります。

最近掲示板ににわかが湧いている

次にご紹介するにわかという言葉の使い方の一つとして「最近掲示板ににわかが湧いている」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味を持っているのかと言いますと、「最近掲示板ににわかな知識の人が多く存在している」という意味になります。

先ほどもご紹介したように、にわかという言葉は基本的にはあまり良い意味で用いられることはありません。

どちらかといえば知識が少ないということを指摘する言葉の一つとして用いられることが多いです。

特にインターネット上などに関しては最近知り得た知識をあたかも昔から知っていたかのように表現したりする人がとても多いです。

そのため本当に昔からそのことを知っている人や、詳しい知識を有している人からしてみると、背伸びしすぎていることが顕著にわかる場合があります。

そのような時にはこの文章のようににわかという言葉を使って知識が浅い人間のことを意味して用いることもできます。

にわかの人の特徴

ここまではにわかという言葉の意味や使い方についてご紹介していきました。

ある程度にわかという言葉の意味について理解いただけたところで、ここからはにわかな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

にわかという言葉は基本的にあまり良い意味で用いられたりすることはありません。

知識が乏しいということを指摘したりするときに用いたりすることも多いので、人を揶揄したり冷やしたりする時に用いたりすることが多いです。

つまり傍目から見てみるとにわかな人というのはあまり良い目で映らないことが多いということになります。

では、どのような人がにわかな人として見られるのか、これからご紹介する特徴からチェックしてみてください。

もしも自分自身がにわかな人の特徴に該当しているのであれば、傍目から見ると痛い目線で見られている可能性があるので、注意してください。

ミーハー気質がある

まずはじめにご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「ミーハー気質がある」ということが挙げられます。

そもそもミーハーとはどのように見えたのかと言いますと「今まで興味のない人が世の中の流行や話題となった人に熱中したりすること」を意味しています。

例えばよくある例としてはワールドカップなどのイベントの時に、大して知りもしないのにあたかも詳しい素振りをしたりすることなどが該当しています。

元々は教養の低いものが若い女性のことを指していましたが、今現在では特に性別関係なく、話題になったことに対して飛びつく人のことを意味しています。

ではミーハーという言葉とにわかという言葉について比べて考えてみるとほぼほぼ同じような意味を持っているということがすぐにわかるはずです。

なぜならば、にわかという言葉は一時的にそのことに対して興味をもった人のことを意味している言葉です。

そして、ミーハーという言葉は流行や話題となった人に熱中したりすることを意味しているので、意味としては同義であるといえます。

なので、ミーハー気質がある人はにわかな人であるということになるので、ミーハー気質の人はにわかな人の特徴を兼ね備えているといえます。

先ほどもご紹介したように元々何かに対する知識を持っているという人は世の中には存在していません。

誰もが興味を持ったりそのことを好きになることで徐々に知識を有していき、知識が豊富になることでそのことに詳しい人間になることができます。

なので悪いことではないのですが、あたかもそのことに対して詳しいという見栄を張ったりする事が問題になっているということです。

新しく仕入れた知識を周りの人に対して披露したりしたくなることもありますが、自分の立場をよく理解した発言が重要だといえます。

熱しやすく冷めやすい


にわかな人はミーハー気質が存在しているということをご紹介しましたが、それと同時に熱しやすく冷めやすい特徴を持っているとも言えます。

どういうことかと言いますと熱しやすく冷めやすい人というのは、物事に対する興味が急に湧き出て急にそれが無くなる人のことを意味しています。

つまり、急にその物事に興味を持って急にその物事に対して飽きてしまう人のことを意味しているということです。

もちろん話題になったことに対して興味を持つということが自然なことであり、そのことに対して調べたいという欲求が出ることも自然なことです。

しかしながら、話題になったときだけでしゃばるのも、昔から知っている人からしてみると気分が良いものではないかもしれません。

結局は自分自身の立ち振舞いに基づくものになるのかもしれませんが、詳しい人からしてみるとそれが納得できないと感じる人も存在するといえます。

にわかな人は特に熱しやすく冷めやすい性格をしている人が多いので、一つの特徴と考えられますし、逆に批判の的にされる可能性があるとも言えます。

見た目から入りがち

次にご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「見た目から入りがち」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、一般的ににわかだと言われている人達は、特に見た目から入りがちな人が多いということです。

そもそも見た目から入りがちとはどういうことなのかと言うと、簡単に言えば外見から入ることを意味している言葉です。

具体的な例を挙げると例えばあるスポーツをやろうとした時、そのスポーツの技術から入るのではなくそのスポーツの見た目から入る人のことを意味します。

例えば、サッカーが全然できないのにサッカーの道具などは完璧にそろえる人のことを意味しています。

もちろん道具やモノなどをそろえることは悪いことではありませんし、あるにこしたことはありません。

しかし、大した技術も持っていないのにその段階で一人前の道具などを揃えたりするのは、プレイしている人から見ると滑稽に映ることもあるということです。

特ににわかだといわれる人達に関してはこの傾向が強く、一時的な興味のもとにそれを行っているということが顕著にわかる例だといえます。

なぜならば実際に行なって好きになっているわけではなく、別の何かに対して強いあこがれを感じて行っている場合が多いからです。

形から入るのが見た目から入るのかというのはどちらが正解ということもありませんし、結局はその好きという気持ちを持ち続けることが大切だということです。

しかしながら昔から好きな人達からしてみると、どこか納得ができないと感じる人もいるかもしれません。

なので重要なのは立ち居振る舞いであり、自分の立ち位置を理解した行動が求められるということになります。

グッズなどを大人買いする

次にご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「グッズなどを大人買いする」ということが挙げられます。

なぜグッズなど大人買いするのがにわかな人の特徴なのかと言うと、にわかな人ほど一時的な感情に身を任せがちになるからです。

どういうことかといいますと、にわかな人は熱しやすく冷めやすい特徴を持っていることが多いので、感情が一時的に高ぶりやすくなります。

そのため、一時的な熱量は高い場合が多く、グッズなどを張りきって買ってしまいがちになるということです。

しかしながら、熱しやすく冷めやすい性格をしているため後あと大量に買ってしまったグッズが使わなくなってしまうこともしばしばあるといえます。

これもにわかな人だからこその特徴であり、にわかな人の行ってしまいがちな行動であるといえます。

盛り上がるのが大好き

次にご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「盛り上がるのが大好き」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそもにわかな人は盛り上がるのが好きな性格をしている人が多いということです。

どういうことかと言いますと、にわかな人は一時的に注目されていることや流行ものなどに対して敏感な人が多いです。

周りが騒ぎ立てていることや関心を寄せていることに対して自分自身もそれに乗ることが好きな場合が多いということです。

だからこそ、感情移入しやすく、一時的に熱しやすく冷めやすい性格になりやすいということもあります。

よくありがちなのが、普段はスポーツなどを見ないのに、ワールドカップやオリンピックの時だけ騒ぎ立てるような人などが該当しています。

しかし、このような人たちは心から好きな気持ちを持っているというよりかは、どちらかといえばみんなで騒いだり盛り上がったりするのが好きな場合が多いです。

なので、スポーツバーなどで盛り上がったりするのが好きで見に行っている人などもたくさん存在しているということになります。

にわかな人ほど、心から何かを楽しんでいるというより、みんなと騒いでいる空気を楽しみたいと思っている人が多いということになるのです。

目立ちたがり

にわかな人には目立ちたがりの特徴を持っている人も多いといえます。

そもそもにわかな人は一時的に周りの人が関心を寄せていることや興味を持っていることに対してのっかる場合が多いです。

この心理としては、周りの人が関心を寄せていることや興味を持っていることに対する知識を身に着けることで、注目されたいと思っているからです。

なぜならば、関心が高いことや興味を持たれていることに対する知識を身に着ければ、自然と周りの人が寄ってくることを知っているからです。

様々な知識を保有しているということは、周りの人から一目置かれるきっかけにもなり得るため、知識を得ようとしている場合もあるからです。

しかし、本当に知識を有している人からしてみるとにわかな知識しか保有していない人は明白だといえます。

時にはそのような人から反感を持たれたりするようなこともありますので、知識を見せびらかすたりするような行為はあまり好ましくないといえます。

集団行動が好き

次にご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「集団行動が好き」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、にわかな人ほど集団で行動したり、わいわいしたりするのが好きだということです。

そろそろにわかな人は周りが関心を寄せているからこそ、それに関する情報を入手しようとする場合がほとんどです。

なぜかというと、知識を保有することが目的ではなく、それを使って周りの人と盛り上がるのが好きな場合が多いからです。

つまり、集団で何かを行ったり、集団で楽しんだりすること自体が好きだと思っている人が多いということです。

本当に好きな人は周りと盛り上がったりしなくても、そのことに対する知識を身につけるだけで満足することが多いです。

しかしながら、にわかな人ほど、ただそれを身につけるだけでは満足できずそれを周りの人と共有することで満足するようになります。

それを踏まえて考えてみると集団行動を前提としてその知識を身につけているということになります。

なので結果的ににわかな人ほど集団行動することが好きな人が多いということになります。

ひとりだと自信がない

にわかな人がどちらかといえば自分一人だけだと自信を持っていない人が多いです。

先ほどもご紹介しておりにわかな人が何かに関する知識を身につける目的は、周りの人と共有したいと思っているからです。

周りの人と共有して楽しい思いをしたり、わいわいしたりするのが好きな人が多く、周りの人がいることが前提です。

単純に周りの人と楽しい気分を味わいたいという気持ちもあるかもしれませんが、そもそも一人だと自信がないと感じている人が多いのも事実です。

一人だと行動できないのに、複数人だと行動できるような心理と同様に、一人では何もできないような人などが多いということです。

常に集団でいるからこそ、集団でいきのびるための知識などを身に着けている場合などもありますので、一人だと自信がないのはにわかな人の特徴だといえます。

知ったかぶりをする

次にご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「知ったかぶりをする」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、最近知ったばかりなのにあたかも昔から知ってるような雰囲気を醸し出すということです。

にわかな人の多い特徴ですが、たいていのにわかな人はこの特徴が該当しています。

本来であればあまり知識を有していないのであればそれに対して詳しいとは言えないので、謙虚な姿勢を見せることが大事です。

しかし、人によっては自分が知識を身につけているということを自慢したいという欲求から、あたかも自分がある分野に詳しいということを醸し出す人がいます。

これも周りの人から認められたいという承認欲求の一つものかもしれませんが、本当に詳しい人からしてみると非常に滑稽に見える特徴だといえます。

この特徴がにわかという言葉を悪い印象にしている一番の理由に該当しているといえますが、知ったかぶりをするにわかな人は非常に多いです。

特に最近はインターネット掲示板なども多いので、インターネット上であたかも詳しい素振りを見せたりする投稿が多くなっています。

新たに身につけた知識を活用することは悪いことではありませんが、自分の身の丈以上の立ち振る舞いは悪い印象につながります。

知ったかぶりとにわかな知識は場合によっては自分を破滅させる可能性もあるので、注意が必要であるといえます。

深く知ろうとしない

次にご紹介するにわかな人の特徴の一つとして「深く知ろうとしない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、知識を身につけたとしてもそれを掘り下げて知ろうとする姿勢を持っていないということになります。

先ほどのご紹介したように、にわかな人は熱しやすく冷めやすい性格をしている人がとても多いです。

また、周りの人が話題にしていたり、関心を寄せていることに次々飛び移る特徴を持っています。

そのため、知識を身につけたとしてもそれを深く掘り下げて身につけているわけではなく広く浅く身につけている可能性が高いということです。

本当に好きというわけではありませんので、結果的に知識を身につけたとしても浅い知識ばかりが多く、掘り下げるという行為を行うことがありません。

なので、結果的ににわかな人は知識を掘り下げようとせず深く知ろうとしない場合が多いということになります。

相手を「にわか」と言う人の特徴

ここまではにわかな人の特徴についてご紹介していきました。

ある程度にわかな人の特徴について理解いただけたところで、ここからは相手をにわかという人の特徴についてご紹介します。

にわかな人も多いですが、相手のことをすぐににわかと言って批判するような人も多いのが事実です。

しかし、相手のことをにわかという人に関しても、ある程度共通した特徴をもっているといえます。

場合によってはにわかよりも相手から嫌われてしまう可能性もありますので、ご紹介する特徴に該当している方は注意してください。

自分のほうが詳しいという優越感を示したい

相手のことをにわかという人の特徴として「自分のほうが詳しいという優越感を示したい」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分の方が知識を保有しているという立場を実感するのが好きだということです。

つまり、相手のことをにわかと言って批判することによって、自分のほうが知識を保有していることで自分の存在を実感している人が多いということです。

このようなタイプの人はプライドが高い人が多く、自分のことを認めてほしいという承認欲求が強い人が多いです。

にわかな人に関しても、承認欲求が強い人が多く知識を保有していることを周りに露見することが好きな人が主です。

つまりにわかな人と少し似たようなタイプであるということになるのですが、相手のことを批判して自分を格上げするという少し印象の悪いタイプだといえます。

相手より優位の立場に立っていることで満足感を得ているのかもしれませんが、傍目からしてみると人のことを批判する人間にしか映らない場合が多いです。

なので、にわかな人よりも場合によっては嫌な目で見られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

独占欲が強い

次にご紹介する相手のことをにわかという人の特徴として「独占欲が強い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ある分野の物事に詳しいという自分の立場が脅かされることを不安に感じているということです。

独占欲が強い人ほど、自分のことを認めてもらいたい、自分の立場を守りたいと思っている人が多いです。

つまり、相手のことをにわかだと批判して、相手を格下げすることによって自分の立場や自分の立ち位置などを守っている人が多いということです。

また、自分の周りから人がいなくなることを恐れている傾向があるので、相手を批判することによって自分の周りの人を確保しようとする場合もあります。

いずれにしても自分に自信がないからこそこのような行動をとってしまいがちになるということになります。

なのでにわかな人だと批判する人は独占欲が強い人がとても多いといえます。

まとめ

今回はにわかをテーマにして、にわかの意味や使い方、そしてにわかな人の特徴やにわかだと批判する人の特徴についてご紹介していきました。

にわかな人や、にわかだと批判する人はいずれにしても周りからはあまり良い目線で見られないということがお分かりいただけたと思います。

もしも今回ご紹介した特徴に自分自身が当てはまっているのであれば、これを機に考え方を変えてみることをおすすめします。

また、にわかという言葉についても意味合いを間違って解釈している人が多いですが、正しい使い方や意味を身に着け、正しく扱えるように注意しましょう。