私たちが普段用いている日本語の中には様々な意味合いの言葉が存在しています。

日常生活でよく使うものもあれば、その逆にあまり使わないものは存在しており、わかりにくい言葉が多いことも事実です。

特にことわざなどに関しては、あまり用いたりする機会が多くはないので、意味なども曖昧になってしまいがちな存在のひとつです。

そこで、今回はことわざのひとつである暖簾に腕押しという言葉をテーマにして、暖簾に腕押しの意味や使い方などについてご紹介していきたいと思います。

また、暖簾に腕押しな人の特徴などについても触れていきますので、この機会に暖簾に腕押しの意味や特徴などを理解してみましょう。

暖簾に腕押しとは?

暖簾に腕押しという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、意味を理解している人はそこまで多くはいないはずです。

暖簾に腕押しとは言葉での一つであり、様々な場面で用いることができる利便性の高い言葉でもあります。

しかしながらあまり聞いたことがないという方や実際に使ったことがないという方も多く存在しているため、意味が曖昧になりやすいことなどひとつでもあります。

そこでまずは暖簾に腕押しという言葉の意味を正しくご紹介していきたいと思います。

暖簾に腕押しとはどのような意味なのか、どのように使われるのか、この機会に理解してみましょう。

暖簾に腕押しとは、「張り合いがないことや手ごたえがないこと」などを意味している言葉として用いられています。

つまり、何かをするうえで、張り合いがないと感じたり、手ごたえを感じられない場面などで暖簾に腕押しという言葉を使えるということです。

なぜ張り合いがないときが手応えがない時は暖簾に腕押しという言葉を使うのかと言うと、実際に暖簾を腕で押してみればよりイメージができるはずです。

暖簾などはひらひらとしているものであり、腕で押しても重さなどを感じないですよね。

つまり、腕で押しても腕で押した実感を感じにくいものであるがゆえに、手ごたえがないことや張り合いがないことなどを暖簾に腕押しという言葉で表現しているということです。

使い方

暖簾に腕押しという言葉の意味についてご紹介していきましたが、ここからは暖簾に腕押しという言葉の使い方について触れていきたいと思います。

暖簾に腕押しという言葉は、先ほどもお伝えした通り様々な場面で用いることができる利便性が高い言葉です。

意味合いの通り張り合いがないときや手応えがないときなどに用いることで、言葉の意味を正しく扱えるようになります。

例えば、「何度も足を運んで説得を試したのに、結局暖簾に腕押しに終わった」などのような使い方ができる言葉です。

この例文の意味は「何度も足を運んで説得を試したのに、結局手応えなく終わった」という意味合いになります。

このように、張り合いがないときが手応えがないときなどに用いれば、的確にその状況を言い表すことができるといえます。

普通の単語ではなくことわざなので使い方はつかいどきがよくわからないと感じる方も多いかもしれませんが、この例文を参考にして日常生活で使用してみてください。

暖簾に腕押しな人の10個の特徴

ここまでは暖簾に腕押しという言葉の意味や使い方についてご紹介していきましたが、ここからは暖簾に腕押しな人の特徴についてご紹介していきます。

暖簾に腕押しな人とはどのような人なのかというと、その意味の通り手ごたえがない人や張り合いがない人を意味しています。

具体的には、何を伝えても相手に響かなかったり、伝わらなかったりするような人のことを意味しています。

では、暖簾に腕押しな人にはどのような特徴が存在しているのか、ご紹介していきますので、自分に該当していないかチェックしてみてください。

他力本願


まずはじめにご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「他力本願」ということが挙げられます。

他力本願とはそもそもどのような意味なのかというと「人任せ、他人依存、成り行き任せ」などの意味合いが含まれている言葉です。

つまり、簡単に言えばいつも人任せな人のことを指している言葉ですが、なぜ他力本願な人が暖簾に腕押した人の特徴を兼ね備えているのでしょうか。

理由としては、何事に関しても人任せな考え方をしている人は自分自身で物事を判断することができないからです。

自分自身で物事を常に判断していないということは、自分自身では何も決められない性格をしている可能性がとても高いはずです。

などで他力本願な人に対して何かを伝えたとしても結局相手が自分の意思でなにかを判断することができない場合が多いということになります。

その結果どんなに自分が相手に対して訴えかけても相手はそれに対して決断を下すことができないので、手応えを感じにくいという結果につながるということです。

その逆に自分自身がしっかりと強い意志を持っている、もしくは判断力に富んでいる人であれば、決断を下せるので、手応えを感じやすい傾向にあるということです。

なので、他力本願な人は暖簾に腕押しな特徴を兼ね備えていると考えることができます。

自分の欠点を直さない

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「自分の欠点を直さない」ということが挙げられます。

なぜ自分の欠点を直さない人は暖簾に腕押しな人の特徴を兼ね備えてるのかと言うと、結論としては相手の話を聞いてくれないからだと言えます。

なぜかと言うと自分の欠点を直さないということは、他人から指摘されておきながらその欠点を改善しようとしないという行動だといえます。

つまり、相手の忠告を全く聞かない人間であるということになり、相手の話を聞いていないということと同じことだということです。

もちろん自分の中で確固たる意志がありそれを貫くということはとても重要なことでもあります。

しかしながらあからさまに自分自身が悪い点や自分自身の欠点を指摘された際にはそれを改善することは非常に重要なことです。

自分の欠点を指摘してくれているということは自分を良い方向に導こうとしてくれていることの表れでもあります。

それをないがしろにするということはあまり良いことではなく、周りから信頼を失ってしまうきっかけの一つになる可能性もあります。

またせっかく欠点を指摘しているのにそれに対して改善しようとしない場合はまさに暖簾に腕押しな状態であると考えることができます。

なので自分の欠点を直さない人は暖簾に腕押しな人の特徴であると考えることができます。

自分の世界がある


次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「自分の世界がある」ということが挙げられます。

なぜ自分の世界がある人は暖簾に腕押しな人の特徴に該当するのかと言うと、自分の世界がある人はそれを変えようとしない可能性が高いからです。

あなたの周りにも自分自身の世界がある独特な雰囲気を持っている人が身近にいたことはありませんか?

自分自身の世界を持っている人は自分自身での価値観を持っている人が多く存在しており、何事においても自分自身の価値観で判断をする人が多いです。

例えば一般的には考えられないようなことも、それを行っているような変わった人などはとても多いです。

独特な個性を持っているといえばそれで表現できるかもしれませんが、言い換えてみれば変わっている人間だと表現することもできます。

また時にはその個性は一般的な概念から逸脱している可能性なども考えられます。

そのような場面において、それを指摘したとしても、自分自身が納得できなければやはり改善しようとはしないですし、自分を変えようとは思わない人が多いです。

なので、自分の世界を持っている人に対しては何を伝えても、自分の価値観で判断をしてしまいがちなので手応えを感じにくい可能性が高いです。

なので自分の世界を持っている人は暖簾に腕押しな人の特徴を持っていると考えることができます。

マイペース

自分の世界を持っている人を考えた時に別の言葉で言い換えてくれとマイペースな人間と表現することもできます。

マイペースな性格をしている人は物事を自分自身の価値観で判断していたり、自分のペースで行おうとするため言い換えてみれば人と変わっている可能性があります。

悪い言い方をすると周りに合わせようとしない特徴を持っているとも考えることができ、場合によっては周りに合わせるように相手に伝える場面もあるかもしれません。

しかしながらマイペースの人は自分自身のペースを崩されることを嫌う可能性が高いので、結果的に何を言われても自分のペースを崩そうとしないことも多いです。

相手に対して意見を伝えたとしてもそれを取り入れてくれる可能性が低いので、結果的に手応えを感じにくい場合が多いです。

なので、自分の世界を持っている人やマイペースな性格をしている人などは暖簾に腕押しな特徴を兼ね備えていると考えることができます。

自分自身のペースを保ったり、自分自身の価値観でしっかりと物事を判断するということは非常に重要なことでもあります。

しかしながら時には周りに合わせなければいけないということも事実なので、他人の意見をあまりにも無視しすぎるということは良いことではありません。

うまくバランスを取りながら行動したり、物事を判断したりすることも時には重要であることを覚えておきましょう。

空気が読めない

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「空気が読めない」ということが挙げられます。

では空気が読めないとはどういうことなのかと言うと、簡単に言えばコミュニケーションがあまりうまく図れない人間のことを意味しています。

例えば、本来であれば自分が今立たされている状況において、どのような行動するべきなのかということを人は考えて生きています。

もっと具体的にお伝えすれば、今自分がいる場の雰囲気を良くするためにどういう風に行動すればいいのかということなどを考えることに等しいといえます。

しかし、空気が読めない人間はこのようなことを考えずに、状況を悪くしたりするような行動をとりがちになります。

例えば、相手が気にしていることなどをずけずけと伝えたり、その場の空気が悪くなるような行動を何も考えずに行ったりするような人などが該当します。

このような行動をとる人がいわゆる空気が読めない人であると考えることができますが、ではなぜ空気が読めない人は暖簾に腕押しの特徴を兼ね備えているのでしょうか。

理由としては、空気が読めない人は変わった価値観の持ち主のため、悪気がなく空気が読めない行動をしている可能性が高いからです。

つまり、人とは違った価値観を持っているため周りの人の一般的な意見を伝えたとしてもそれを理解することができない可能性が高いということです。

自分が理解できないことを納得することは難しいので、結果的に相手に何かを伝えたとしてもそれを理解してくれない場合がほとんどです。

なので、空気が読めない人に対して何かを伝えても手応えを感じにくいので空気が読めない人は暖簾に腕押しな人の特徴を兼ね備えていると考えることができます。

人の話を聞かない

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「人の話を聞かない」ということが挙げられます。

なぜ人の話を聞かない人が暖簾に腕押しな人の特徴に該当するのかと考えると、人の話を聞かないため、納得してくれないからだといえます。

相手に何かを伝える時に手応えを感じなかったり、張り合いがない時とは、言い換えてみれば相手が納得してくれない時に等しいといえます。

なぜならば、相手に何かを伝えて相手がしっかりとそれに対して納得してくれ、取り入れてくれた場合は手応えを感じるはずですよね。

しかしながら、その反対に相手に何かを伝えても相手が腑に落ちないような状態で、何も改善してくれなかった場合は手応えを感じられるはずがありませんよね。

つまり、結論としては相手が自分の話を聞いてくれた、納得してくれた段階で手応えを感じるということに繋がるはずです。

従って人の話を聞かない人は当然自分の意見を取り入れてくれない人であると考えることができるので張り合いや納得を感じにくいということになります。

なので、人の話を聞かない人は暖簾に腕押しな人の特徴を兼ね備えてると捉えられます。

落ち着きがない

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「落ち着きがない」ということが挙げられます。

なぜ落ち着きがない人が暖簾に腕押しな人の特徴を持っているのかと言うと、落ち着きがない人は計画性がない人が多いからです。

どういうことかと言いますと落ち着きがない人は計画性がなく後先考えずに行動する特殊を持っているため、周りの人から何を考えてるのか理解されにくい場合が多いです。

本人からするとある程度考えたべて行動しているのかもしれませんが、傍目から見ると計画性がなく落ち着きがなく見えてしまい、どこか不安を感じさせてしまいます。

また、計画性がない行動をとりがちなので予想外のことが起こった時にパニックになったりできずに対処することができない場合も多く存在します。

その結果何かを伝えたとしてもそれに対して改善をしてくれずに同じような結果を招いてしまったりすることなども多くなります。

そのため、結果的に周りの忠告を聞いたりせずに自分勝手に行動するため何かを伝えたところで手応えを感じにくいことが多くなるのです。

なので、落ち着きがない人は暖簾に腕押しな人の特徴が該当しているといえます。

自分のペースを崩されるのが嫌い

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「自分のペースを崩されるのが嫌い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと思いますと自分のペースを崩されるのが嫌いな人はまず他人の話を聞かない可能性が高いからです。

そもそも人は自分のペースを崩されることが嫌いな人が多く、自分を否定されたと感じる人も少なからず存在しています。

もちろんそれが一般的な目線で悪いことなのであれば改善しようと思う人も多いため、全ての人がペースを崩されることを極端に拒むわけではありません。

しかし、たとえ自分が行っていることが悪いことだったとしても自分のペースを崩されることが許せないと感じている人も一定存在しています。

そのような意固地の人に関しては、自分のペースを崩さないように周りの人の意見を無視したりする傾向にあります。

なのでそのような人に対して何かを伝えたとしても改善してくれない可能性が高く、手応えを感じにくい可能性が高いです。

そのため自分のペースを崩されるのが嫌いな人は暖簾に腕押しな人の特徴を兼ね備えていると考えることができます。

プライドが高い

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「プライドが高い」ということが挙げられます。

なぜプライドが高い人が暖簾に腕押しな人なのかと言うと、プライドが高い人は自分を否定されることを極端に嫌う可能性が高いからです。

私たち人間は承認欲求と欲求を持っており、他人から自分のことを認められたいという願望を少なからず誰もが持っています。

しかしプライドが高い人は承認欲求が極端に強い人が多く存在しており、自分を否定されることを極端に恐れている人も多いです。

そのため、自分の言動や行動などを開いてから否定されると極端に怒ったりする人なども多いです。

だからこそ、他人から忠告を受けたり、指摘を受けたりする際にそれを認めなかったりする人も多く存在しています。

そのような人は他人から指摘されたことをそのまま消化することができないため、結果的に意地でも自分の行動を貫き通そうとする場合が多いです。

つまり何かを伝えたとしてもそれを理解してくれることが少ないため結果的にプライドが高い人は暖簾に腕押しな人の特徴を兼ね備えていると言えるのです。

飽きっぽい

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「飽きっぽい」ということが挙げられます。

なぜ飽きっぽい人が暖簾に腕押しな人の特徴を持っているのかと言うと、飽きっぽい人は何かを継続して行うことが苦手な人が多いからです。

例えば、ビジネスの面においても、プライベートの面においても、何かを相手に指摘して改善を求めることなどは多く存在しています。

しかし、飽きっぽい人の場合、同じことを継続的に取り組んだり、行ったりすること自体が苦手であるため、継続的な改善が行えない可能性が高いです。

本人が悪気があってそうしているわけではないにしても、結果的に継続的に取り組むことができないと伝える側の人間も手応えを感じにくくなってしまいます。

なので性格的に飽きっぽい人は、何かを伝えても手応えがないため暖簾に腕押しな人の特徴に該当すると捉えることができます。

忘れっぽい

次にご紹介する暖簾に腕押しな人の特徴として「忘れっぽい」ということが挙げられます。

なぜ忘れっぽい人が暖簾に腕押しな人の特徴を持っているのかと言うと、忘れっぽい人は何かを伝えたとしてもそれをすぐに忘れてしまうからです。

どういうことかと言いますと、相手に対して何かを伝えたとしてもそれを忘れられてしまっては意味が全くありません。

伝えた内容忘れてしまうとそれを踏まえた上で行動することも考えることもできなくなってしまいます。

つまり、相手に対して何かを伝えたとしても全く意味をなさないような状態になってしまうということです。

そのため、忘っぽい人に何かを伝えたとしてもすぐにそれを忘れられてしまうので結局伝えた手応えなのは全く感じなくなってしまうということです。

なので忘れっぽい人は暖簾に腕押しな人の特徴が存在していると考えることができます。

暖簾に腕押し状態!そんな男性を好きになった時の対処法

ここまではのに腕押しな人の特徴について詳しくご紹介していきました。

ある程度暖簾に腕押しな人の特徴を理解いただけたところで、ここからは暖簾に腕押しな男性について触れていきたいと思います。

日常生活を過ごしていれば様々な異性と恋に落ちることもあると思いますが、場合によっては暖簾に腕押しな男性と恋をする場合もあります。

しかし、暖簾に腕押しな男性を好きになっても、その意味の通り、全く手ごたえを感じない場面が多く存在します。

やきもきした気持ちになることもあると思いますが、今回はそんな場面での対処法について詳しくご紹介していきます。

暖簾に腕押しな男性を好きになってしまっている人は、これからご紹介する対処法を取り入れていただき、現状を改善できるように工夫してみましょう。

押しすぎない

暖簾に腕押しな男性を好きになってしまった時の対処方法の一つとして「押しすぎない」ということが挙げられます。

なぜ押しすぎないことが重要なのかというと、男性のタイプによっては押しすぎるとうざったく感じてしまう人がいるからです。

特に仕事を行っている社会人の男性に関しては、仕事を重要視している傾向がありますのでプライベートをおろそかにしてしまいがちな人も多く存在しています。

そのような中であまりにも相手に対して押しすぎてしまうと、相手からは連絡を取ることや時間を割くことが面倒に感じさせてしまいがちになります。

なので、相手から連絡があまりこなかったとしても何かしらの理由が存在して連絡が来ていない可能性なども考えられるので、押しすぎには注意するようにしてください。

相手から連絡がないことで不安に感じる方も多いと思いますが、連絡の回数と好きという気持ちが必ず比例するものでもありません。

特に男性の場合は連絡が少ない人も多く存在しているので、一方的に嫌われたとか、脈がないという判断を下さないように注意してください。

褒める

次にご紹介する暖簾に腕押しな男性を好きになってしまった時の対処方法の一つとして「褒める」ということが挙げられます。

なぜ褒めることが重要なのかと言うと、褒めることは相手と良好な関係性を築く上で非常に重要な行動になり得るからです。

どういうことかと言いますと、そもそも人は相手から褒められて嫌な気持ちになることはありません。

あまりにも過剰に褒められると疑ってしまう人もいるかもしれませんが、自然と相手を褒めたりする上で、いやな気持になったり勘ぐったりする人はまずいないからです。

そして、人間は褒めてもらうことで、自分を認めてくれているという感情を持つようになりますので、自然と好意や信頼を得られるようになります。

つまり、相手のことを褒めてあげることで、それだけで良い関係性を築き上げることができるため、恋愛面においてよい結果を出す可能性を高めることができます。

それは暖簾に腕押しな男性においても同じであり、相手を褒めることで必ず嬉しい気持ちにさせることができるため、一つの対象方法になりえるといえます。

相手に合わせる

次にご紹介する暖簾に腕押しな男性を好きになってしまった時の対処方法の一つとして「相手に合わせる」ということが挙げられます。

人によっては相手に合わせることを苦痛に感じる人もいるかもしれませんが、もちろん無理に合わせる必要性がありません。

ただ、生まれ育ってきた環境や価値観などが全て同じという人間はいないので、どこか自分と相違してる部分があるのが当たり前だと言えます。

その上で、合わせられるところは合わせていくことが恋愛をうまくいかせるための一つのポイントであると考えることができます。

それは手応えのない暖簾に腕押しな男性も同じであり、相手の合わせられる部分は相手に合わせることで良好な関係性を築くことができます。

例えば、あまりにも連絡がこない男性に対して過剰に連絡をするのは相手に合わせていない行動になってしまいますよね。

相手が連絡をくれないのは自分に対して好意を持っていないというわけではなく、様々な環境が合わさって連絡ができない可能性も十分考えられます。

もともと細い連絡をする性格ではない人に対してそのような行動をとってしまうと相手からは嫌われてしまう要因になりかねません。

なのでそのような人に対しては連絡は適度に抑えたりするなど合わせられるところは合わせることも恋愛をうまくいかせる重要なコツになり得ると言えます。

特に暖簾に腕押しな男性に関しては過剰なアピールをしてしまいがちになるので相手に合わせられるところは合わせることを意識してください。

相手の興味をひく話をする

次にご紹介する暖簾に腕押しな男性を好きになってしまった時の対処方法の一つとして「相手の興味をひく話をする」ということが挙げられます。

好きになった男性と会話をする機会がある際には、必ず相手の興味を引くような話を心がけるようにしてください。

暖簾に腕押しな男性と話をする時に重要なのは相手の興味を引き出せるような話を行い、相手にたくさんのことを話してもらうことです。

相手からたくさんのことを話してもらえれば相手のことを理解するきっかけも生まれますし、共通点を見出すこともできます。

共通点を見出すことで、自然と距離感は近くなりますし、信頼関係も構築されていくようになります。

また、自分の話を聞いてくれたことによって相手もこちらの話を聞いてくれる体制を整えてくれるようになります。

そうすることでお互いの話を理解できる状況を作り、信頼関係を構築していくことができるようになるので適切な対処方法の一つとして考えることができます。

時々自分の話ばかりを行ってしまいがちな女性がいますが、自分の興味のない話を一方的にされてしまうと興味は失せてしまいます。

特に最初の段階は色々なことを話したいと思うかもしれませんが、まずは相手が興味があることを探る話題を提供するように心がけてください。

頼る

次にご紹介する暖簾に腕押しな男性を好きになってしまった時の対処方法の一つとして「頼る」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますとそもそも男性は女性から頼られることが好きな人が多いです。

相手から頼りにされるということは自分のことを信頼してくれていると考えるようになるので、自分自身も相手のことを信頼しようとするようになります。

また、自分のことを頼りにしてくれていると考えることで、相手のことを守ってあげたいと考えるようにもなりますので、良い関係性を構築できるようになります。

なので、好きになった男性に対して、頼りにしている行動をとったり、言動を心がけることで相手から自然と意識してもらえるようになります。

それは暖簾に腕押しな男性でも全く同じなので、好きな男性に対しては頼りにしているアピールを行うように心がけてください。

暖簾に腕押しを正しく使おう

今回は暖簾に腕押しという言葉をテーマにして暖簾に腕押しという言葉の意味や使い方、暖簾に腕押しな人の特徴などをご紹介していきました。

暖簾に腕押しという言葉自体、あまり使う場面がないかもしれませんが、覚えておけば様々な場面で用いることができる利便性の高い言葉です。

日常生活でも使用する機会が実は多く存在していますので、正しく扱えるようにしてみてください。

また、暖簾に腕押しな人の特徴を振り返り、信頼関係を構築する方法などもぜひ活用してください。