CoCoSiA(ココシア)

個性がない女・男の3個の特徴。ない...(続き2)

個性を見つける事はそう難しい事ではありません。

自分が持っている、より秀でている物を個性とすればいいのです。

けれど、自分に自信が無い人の場合自分の良い所を見つける事が出来なくなってしまう可能性もあります。

個性を見つける為には、自分を好きになる必要があります。

その中で、自分にある素晴らしい才能に目を向ける事が出来れば、おのずと個性を見つける事も出来るようになるでしょう。

問題なのは、他人と比べる事無く自分の良いところを見つける事が出来るかどうかです。

それをする事が出来れば、個性を見つける事はそう難しい事ではありません。

個性とは?

最近様々な場面で聞く『個性』ということば。

個性がある人が素晴らしいとされており、皆が皆個性を持って行動する事が大切な事だとされてきました。

その個性を見つける事が出来ないばかりに、自分の事を嫌いになったり自信を持つ事が出来なくなってしまう場合もあります。

個性があるかどうかは、自分自身に自信を持つ事が出来るかどうかを知る意味でもとても大切な事なのです。

ですが、そもそも『個性』とはなんなのでしょうか。

いたるところで聞く『個性』という言葉ですが、その意味をきちんと知り説明する事が出来る人はそれほどいるのでしょうか。

意外と正しい意味を言う事が出来る人は少ないかもしれません。

日本語には多くの言葉があり、その言葉の意味は時代と共に変化する場合もあります。

だからこそ、常に言葉を知る・学ぶという姿勢を持っていないと新たな言葉を学ぶ事が出来なくなってしまうのです。

幾つになっても前向きに言葉に向き合う事によって、時代にあった言葉を学び続ける事が出来るうようになります。

そうした日々を送る事によって、より充実した時間を過ごす事が出来るようになるはずです。

さて、そんな変化の多い言葉の中で『個性』という言葉はどんな意味として使用されているのでしょうか。

辞書でその意味を調べてみると、個体に備わった特有の性質やパーソナリティという言葉が出てきます。

つまりはそれぞれにある特徴と言った所でしょうか。

足が早い人も居れば頭が良い人も居る。

そんな人それぞれにある特徴を『個性』という言葉を使用して表しているのでしょう。

▼【関連記事】個性って何?具体的に知りたい人はこちらをチェック!
個性って何?具体的な解説と、個性があると言われる人の20個の特徴を説明します! →

個性のある人が評価をされている?


日本は昔から、民主主義国家として栄えてきました。

ですが、国民性としてどうしても、周りに合わせる事を優先しそれが美徳のように考えられてきたのです。

だからこそ、周りとの調和を考え同じように行動する事がいい事だと考えられている事も多々あり、それを実践している人が多々いました。

けれど、時代が流れ他国と多くの交流を持つようになった事もありそれではいけないのだという事を学ぶようになりました。

自分の意見を我慢して周りに合わせるのではなく、自分の意見を持ちきちんとアピールする事が大切だと考えるようになったのです。

だからこそ、『個性』というものの重要性が今一度注目されるようになったのです。

個性がある人は、人とは違う考え方をする事が多いのです。

それによって新たなアイディアを持つ事が出来るようになったり、周りの人とは違ったアピールをする事によって、より良い結果を持つ事が出来るようになる場合もあります。

だからこそ、個性を持つ人が評価されているのです。

人には必ず個性があります。

だからこそ、個性がある人が評価されているという考え方も少々分かりにくい場合もあります。

ここでいう個性とは、人とは違う考え方をする事が出来る人・より強い個性を持っている人の事を指しているのでしょう。

個性の内容は人によって違うものです。

他人を引き付けるほどの大きな個性を持っている人も居れば一見するとその個性が分かりにくいような人も居ます。

それらはどちらが素晴らしいという事は無くそれぞれが自分の個性を大切にすればいいのです。

けれど、人はどうしても自分を他人と比べてしまうものです。

だからこそ、自分の個性よりも強烈な個性の人を見つけるとつい劣等感を感じたりして羨ましいと思ってしまうのかもしれません。

皆が同じ考えではなく違う考え方をする人が評価される場合も

『個性がある』と周りの人から指摘されるような人は、それだけ強い個性を持っているという事なのでしょう。

自分では思いもつかないような突飛な意見をアピールする人を見れば、その人の個性を羨ましいと感じる事だってあるかもしれません。

その突飛なアイディアによって、大きな結果を持つ事が出来れば、それだけで多くの人がその人の事を称賛する事でしょう。

それが結果的に評価につながるのです。