CoCoSiA(ココシア)

30代後半女性のリアル「20代とはあきらかに変わった…」と思う10個のこと


20代と30代とでは、いろいろな部分が変わってきます。

とくに20代の頃と、30代後半の頃とでは、美容の面でも健康の面でも、さらに収入の面でも大きく違ってくるでしょう。

30代後半になったからこそ感じられることや、「20代とはあきらかに変わったなぁ・・」と思うような30代後半女性のリアルについてご紹介していきます。

30代後半になったからこそ感じることを改めて思い返して、今の自分に必要なこととは何なのかを見つめ直しましょう。

この記事の目次

20代と30代ってそんなに違う?30代後半女性のリアルを集めました

20代と30代とでは大きく違います。

20代の頃には、新社会人としてこれからの生活に希望を抱く人が多いでしょう。

初めての仕事に就き、毎日新しいことを学んで少しずつ社会経験を積んでいきます。

また、収入はまだ少ないですが、仕事も私生活も両立して楽しめるのも20代の大きな特徴でしょう。

平日は仕事をして、休日には友達と思い切り遊んではしゃぎ、時にはオールをしてそのまま仕事に行くこともあります。

20代の頃には体力が有り余っていますので、少しくらい無茶をしても若さで乗り切れる人が多いでしょう。

一方30代になると、それなりに社会経験を積み、社会的な立場も上がってきます。

それに比例して収入も増えますが、体力的な面では少しずつ衰えてきますので、20代の頃のような無茶ができなくなるでしょう。

体力的な面での衰えは、実際に30代になってみなければ分かりませんので、今回は30代後半女性のリアルについてご紹介していきます。

「20代とはあきらかに変わった…」と思う10個のこと

人生は一度きりです。

夢を叶えることはいくつになってからでも挑戦できますが、すでにとってしまった歳の分は取り返すことができません。

30代になると、「20代の時とはあきらかに変わった」と思うことがたくさんあります。

歳をとる度に得られるものも増えていきますが、同時に減っていくものも多くあります。

そして減ったことを実感した時には、自分が20代の頃よりも衰えた、もしくは落ちぶれたと感じてしまうことがあるでしょう。

そんな「20代の頃とはあきらかに変わった」と思うことを以下に挙げていきます。

とくに30代後半女性ならではの「変わった」と思うことを具体的にご紹介していきます。

肌の質


肌の老化は、早い人で15、16歳から始まっていると言われています。

遅い人でも10代の内から老化は始まると言われているくらいですので、30代ともなれば肌の質も大分衰えてきたと感じる女性は多いでしょう。

10代の頃には化粧品なんて使わなくても、肌のツヤもハリも最高の状態でしたので、何もしなくても美しい肌を保つことができていました。

また、20代の頃にもまだまだ肌は美しく、きめ細かい状態が保たれていますので、堂々と肌の若さで勝負をすることができていたでしょう。

しかし30代になってくると、徐々に肌の衰えを感じるようになってきます。

10代、20代の頃にはほとんどなかったシワやシミが気になりだし、化粧のノリも良くないことがあるでしょう。

30代も後半になると、「なんとなく肌が弛んできたかも・・」と思うこともあります。

化粧水をどれだけはたいても、素直に肌に浸透しないような気がするという人もいるでしょう。

体を構成する細胞は、年齢の経過と共にどんどん衰えていきます。

そのため肌細胞も年々衰えてきますので、肌の質も自然と老化が進んで悪くなってくるのが普通です。

けれどもその普通のことが、肌の美しさを気にする女性にとっては悩みの原因となってしまっています。

安い化粧品が合わない

10代や20代の頃には、どんなに安い化粧品でも肌そのものの健康状態が良かったため、とくに気にすることなく好きな化粧品を使うことができました。

それこそ100均の化粧品であっても平気で使っていましたが、30代も後半になってくると、安い化粧品が肌に合わなくなってきます。

肌の質が良かった時には、化粧品に肌をサポートしてもらう必要がなく、また化粧品をどんなに頻繁に使っても、それで衰えた肌細胞は直ぐに復活していました。

しかし肌細胞が衰えてくると、安い化粧品では肌の質をサポートすることができません。

また、調子の悪い肌の上に質の悪い安物の化粧品をのせることで、余計に肌の調子が悪くなってしまうこともあります。

ただでさえ肌の調子が衰えてくる30代後半になると、肌の調子を整えてくれる質の良い化粧品でなければ、肌に合わなくなってくるでしょう。

体力がなくなった


10代の頃は成長期ですので、体力が有り余っています。

また、20代でもまだまだ元気ですので、仕事の後に運動をしてもそこまで疲れません。

休日に思い切りレジャーを楽しんでも、週明けの仕事を問題なく行えていたでしょう。

場合によっては、休日から平日にかけてオールで楽しんだその後で、寝ずに仕事に向かうなんて人も多かったはずです。

しかし30代になってくると、体の調子も衰えてきます。

10代や20代の頃のような体力はなくなってきます。

運動する機会が減ることもあり、少し体を酷使すると直ぐに疲れてしまったり、平日が忙しいと休日には動き回る体力がなくなったりしてしまう人もいるでしょう。