20代と30代とでは、いろいろな部分が変わってきます。

とくに20代の頃と、30代後半の頃とでは、美容の面でも健康の面でも、さらに収入の面でも大きく違ってくるでしょう。

30代後半になったからこそ感じられることや、「20代とはあきらかに変わったなぁ・・」と思うような30代後半女性のリアルについてご紹介していきます。

30代後半になったからこそ感じることを改めて思い返して、今の自分に必要なこととは何なのかを見つめ直しましょう。

20代と30代ってそんなに違う?30代後半女性のリアルを集めました

20代と30代とでは大きく違います。

20代の頃には、新社会人としてこれからの生活に希望を抱く人が多いでしょう。

初めての仕事に就き、毎日新しいことを学んで少しずつ社会経験を積んでいきます。

また、収入はまだ少ないですが、仕事も私生活も両立して楽しめるのも20代の大きな特徴でしょう。

平日は仕事をして、休日には友達と思い切り遊んではしゃぎ、時にはオールをしてそのまま仕事に行くこともあります。

20代の頃には体力が有り余っていますので、少しくらい無茶をしても若さで乗り切れる人が多いでしょう。

一方30代になると、それなりに社会経験を積み、社会的な立場も上がってきます。

それに比例して収入も増えますが、体力的な面では少しずつ衰えてきますので、20代の頃のような無茶ができなくなるでしょう。

体力的な面での衰えは、実際に30代になってみなければ分かりませんので、今回は30代後半女性のリアルについてご紹介していきます。

「20代とはあきらかに変わった…」と思う10個のこと

人生は一度きりです。

夢を叶えることはいくつになってからでも挑戦できますが、すでにとってしまった歳の分は取り返すことができません。

30代になると、「20代の時とはあきらかに変わった」と思うことがたくさんあります。

歳をとる度に得られるものも増えていきますが、同時に減っていくものも多くあります。

そして減ったことを実感した時には、自分が20代の頃よりも衰えた、もしくは落ちぶれたと感じてしまうことがあるでしょう。

そんな「20代の頃とはあきらかに変わった」と思うことを以下に挙げていきます。

とくに30代後半女性ならではの「変わった」と思うことを具体的にご紹介していきます。

肌の質


肌の老化は、早い人で15、16歳から始まっていると言われています。

遅い人でも10代の内から老化は始まると言われているくらいですので、30代ともなれば肌の質も大分衰えてきたと感じる女性は多いでしょう。

10代の頃には化粧品なんて使わなくても、肌のツヤもハリも最高の状態でしたので、何もしなくても美しい肌を保つことができていました。

また、20代の頃にもまだまだ肌は美しく、きめ細かい状態が保たれていますので、堂々と肌の若さで勝負をすることができていたでしょう。

しかし30代になってくると、徐々に肌の衰えを感じるようになってきます。

10代、20代の頃にはほとんどなかったシワやシミが気になりだし、化粧のノリも良くないことがあるでしょう。

30代も後半になると、「なんとなく肌が弛んできたかも・・」と思うこともあります。

化粧水をどれだけはたいても、素直に肌に浸透しないような気がするという人もいるでしょう。

体を構成する細胞は、年齢の経過と共にどんどん衰えていきます。

そのため肌細胞も年々衰えてきますので、肌の質も自然と老化が進んで悪くなってくるのが普通です。

けれどもその普通のことが、肌の美しさを気にする女性にとっては悩みの原因となってしまっています。

安い化粧品が合わない

10代や20代の頃には、どんなに安い化粧品でも肌そのものの健康状態が良かったため、とくに気にすることなく好きな化粧品を使うことができました。

それこそ100均の化粧品であっても平気で使っていましたが、30代も後半になってくると、安い化粧品が肌に合わなくなってきます。

肌の質が良かった時には、化粧品に肌をサポートしてもらう必要がなく、また化粧品をどんなに頻繁に使っても、それで衰えた肌細胞は直ぐに復活していました。

しかし肌細胞が衰えてくると、安い化粧品では肌の質をサポートすることができません。

また、調子の悪い肌の上に質の悪い安物の化粧品をのせることで、余計に肌の調子が悪くなってしまうこともあります。

ただでさえ肌の調子が衰えてくる30代後半になると、肌の調子を整えてくれる質の良い化粧品でなければ、肌に合わなくなってくるでしょう。

体力がなくなった


10代の頃は成長期ですので、体力が有り余っています。

また、20代でもまだまだ元気ですので、仕事の後に運動をしてもそこまで疲れません。

休日に思い切りレジャーを楽しんでも、週明けの仕事を問題なく行えていたでしょう。

場合によっては、休日から平日にかけてオールで楽しんだその後で、寝ずに仕事に向かうなんて人も多かったはずです。

しかし30代になってくると、体の調子も衰えてきます。

10代や20代の頃のような体力はなくなってきます。

運動する機会が減ることもあり、少し体を酷使すると直ぐに疲れてしまったり、平日が忙しいと休日には動き回る体力がなくなったりしてしまう人もいるでしょう。

30代前半であれば、まだ休みにあちこちへ出かけるモチベーションも体力もあります。

しかし、30代後半になってくると、出かけたいという気持ちはあっても、体力がついていかなくなってしまうことが多いです。

人によっては、休みにわざわざ外に出かける気力がなくなってしまうこともあるでしょう。

新社会人になり立ての頃に、自分のやりたいことを我慢して30代を迎えてしまった人は、「もっと早くから好きなことをやっておけば良かった・・」と後悔しているかもしれませんね。

朝までオールができない

30代になると体力が衰えてきますので、とても朝までのオールができなくなってしまいます。

30代後半であればなおのこと、夜中まで騒ぐような気力も体力もないという人が多いでしょう。

加齢と共に体力が衰えるのは普通のことです。

体そのものは自分が疲れを感じた分だけ、休ませてほしいと訴えてきます。

それが節々の痛みや凝り、むくみや倦怠感となって表れます。

それらを抱えたままハイテンションでオールするなど無理な話でしょう。

仕事の関係で、仕方なくオールすることはありますが、徹夜明けの朝日の眩しさがことさらしみます。

また体の疲れも限界にきているため、翌日はとてもまともに動くことはできないでしょう。

さらには30代後半になってから全力ではしゃいでオールをすると、翌日の丸1日を使って休んでも、体の疲れが抜けきらないことがよくあります。

体力を回復させるのに数日かかります。

おいそれとオールしようという気はなくなってしまうでしょう。

お酒が弱くなった

20代の頃は、無茶な飲み方をしても1日休めば回復することが多いですが、30代になるとそれができなくなってきます。

お酒をじゃぶじゃぶ飲めば当然体に酔いが回りますが、体力が衰えてくると、体内でアルコールを分解する働きも弱くなってきます。

その結果20代の頃と同じ酒量を摂取しても、30代ではなかなかアルコールが分解されないため、回復するのに時間がかかってしまいます。

30代になってから二日酔いが酷くなったと感じている人は、それだけ体内のアルコールを分解する機能が衰えてきているということです。

体そのものが少しずつ衰えてきているのに、20代の頃と同じ量を飲み続けていては、常に二日酔いの状態が抜けなくなってしまうでしょう。

20代の頃に比べてお酒が弱くなったなと感じている人は、体が「飲み過ぎるな」と訴えていることを自覚しましょう。

若さを理由にできなくなった

社会人に成り立ての頃は、どんなに大きなミスをしても、「まだ新人だから」や「若者だから仕方がないよ」などと許されていたことがたくさんありました。

10代や20代では社会経験が少ないため、常識はずれな行動をしたり、仕事でミスがあったりしても、「若い」という免罪符で大抵のことは多めに見てもらうことができたでしょう。

けれども30代になると、社会の中では立派な大人として扱われます。

ミスがあれば容赦なく叱責を受けますし、自分よりも若い世代が増えてくるため、何かあっても自分が若さを理由にすることができなくなってしまいます。

30代後半になると特にそうで、何かあれば「もういい歳なんだから」とまで言われてしまうこともあります。

自分ではまだまだ若いつもりでいても、世間一般から見た30代後半はおばさんです。

おばさんになっても甘えているようでは、世間の見る目も厳しくなってしまうでしょう。

甘えや言い訳が許されないのが30代後半です。

その頃には一人前の人間として自立していなければならないでしょう。

独身だと周りの目が痛い

男性の一人身よりも、女性の一人身の方が何かと周りからの目が痛いです。

男女平等社会とはいっても、まだまだそういう部分は女性が差別されがちな世の中です。

30代後半になっても独身だと、周りは妙に気を遣って結婚の話題を避けたり、もしくはストレートに「結婚しないのか」とお節介を出したりすることが増えます。

一昔前に比べれば、どんどん晩婚化が進んでいる世の中とはいえ、女性は出産のリスクもあります。

30代になると特に周りから煩く言われることが増えるでしょう。

30代後半でバツイチであればまだしも、一度も結婚歴がない人は、「何か問題があるんじゃあ・・・」と余計な勘繰りまでされてしまうことがあります。

当人からすればまったくもって余計なお世話ですが、お節介焼きや噂好きの人達からはいい注目の的になってしまうことも多いです。

イライラするようになった

更年期障害にはまだ早い年齢ですが、30代後半になるとイライラしやすくなる女性もいます。

いっそ更年期障害であれば、ホルモンバランスが原因という立派な理由ができます。

しかし、そうでない場合には精神的な問題でイライラすることが多いでしょう。

30代後半は、10代や20代の頃に比べると、大分頭が固くなってくる年頃です。

これまでの自分が学んできたことや、得た知識、経験などが自分の考えや価値観の基盤となりますので、その考えを容易には曲げられなくなります。

そのため自分の価値観からはずれた行動をとっている人を見てはイライラすることも多くなります。

「普通はこうだろう」「何でこうしないんだ」などの一方的な価値観の押しつけや、思い通りにいかないことでストレスが溜まってしまうことも増えるでしょう。

また、自分よりも若い人からの意見や指摘、助言なども素直に聴き入れることができなくなってくるのも、30代後半からの特徴でしょう。

さっぱりした食事を好むようになった

年齢の経過と共に、味覚の好みも変わってきます。

これは誰にでも起こりうることですが、その多くはさっぱりした食事を好むようになります。

10代や20代の頃には寿司と言えばマグロやサーモン、いくらなどを好んでいた人が、30代になるとえんがわやイワシ、アジなどの白身魚系を好むようになることはよくあります。

また、若い頃はハンバーグやステーキを朝から食べられていたという人も、30代になるとうどんやそばなどのさっぱりしたものを好むようになることは多いです。

もちろん中には、いくつになってももりもりとお肉を食べるという人もいます。

ですが、味覚の好みが変わる人の多くは、こってりからあっさりへと好みが変わることが多いです。

痩せづらくなった

年齢の経過と共に、体内の新陳代謝が衰えてきます。

10代や20代の頃は、体内に入った食物はすぐにエネルギーとして使われていました。

そのため、たくさん食べてもその分動けば太り難く痩せやすい体を保つことができていたでしょう。

しかし、30代になると体内のそうした働きは衰えてきます。

食べた分だけではなく、食べた分以上に体を動かさなければなかなか痩せない体になっています。

また、若い頃はたくさん運動していたのに、30代になると運動量そのものも減ります。

ますます痩せにくい体になってしまうでしょう。

若い頃は何も意識しなくても体型を保つことができていたという人も多いと思います。

しかし、年齢の経過と共に意識して運動したり、体型の維持に努めたりしなければ、食べた分だけすぐに体に肉がついて、弛みやすくなってしまいます。

新しいことを始めることが億劫

30代後半になると体が疲れやすくなります。

それはその人の気力にも大きな影響を与えます。

今から何か新しいことを始めようと思っても、その気力がわかなかったり億劫になってしまったりすることが多いです。

自分の趣味や好きなことでさえも、何となくやる気が出辛くなっている人にとっては、これからまた新しいことに1から取り組むのはとても困難なことです。

必要に駆られてどうしてもやらなければならないのであれば話は別です。

しかし、そうでなければ自分から積極的に新しいことにチャレンジしていこうという気は起きない人が多いでしょう。

一方で、30代でもバリバリと運動をしている人の場合は、その分気力も高まりやすいため、新しいことにも進んでチャレンジしていくことができます。

まさにやる気と体力は直結していると言ってもいいでしょう。

社会的地位が上がった

30代後半ともなると、それなりに社会経験が豊富になっています。

また、同じ会社に勤め続けている人なら、勤続年数や仕事の実績によっては昇進して、社会的地位が上がったという人もいるでしょう。

若い頃には仕事よりもプライベートを優先させたいという人が多いです。

ですが、ある程度会社で地位が上がってくると、今度はその地位をさらに上げていきたいと仕事に意欲を出す人は多いです。

そのまま努力を続ければさらに昇進も可能でしょうから、30代からはバリバリと仕事に取り組む人も増えることでしょう。

また、社会的な地位が上がると当然収入も増えます。

若い頃よりも欲しいものが簡単に手に入りやすくなります。

そのため、会社で働いて稼いだお金でいい化粧品を購入したり、エステやジムへ通って自分磨きに励んだりする女性も少なくはないでしょう。

見た目を若く見せるための秘訣

30代後半ともなると、大分外見にも年齢が表れてくる頃でしょう。

普段はメイクで誤魔化していても、スッピンになればシミやシワが目立ってきますし、また肌の弛みを実感する人も多いです。

若い頃にはなかった首元のしわや二の腕の弛み、肌のハリや質感の衰えなどは、誰に言われなくても本人が一番痛感していることでしょう。

女性は自分がいつまでも美しく輝いていたいと思うものです。

そんな美への欲求が強い女性が、見た目を若く見せるために行っている秘訣を以下にご紹介していきます!

運動する

若い外見を保つために必須なのが運動です。

好きな時だけ運動すればいい10代や20代の頃とは違い、健康管理の意味でも30代では継続して運動する習慣を身に付けなければなりません。

毎日続けられることであれば、ウォーキングでもジョギングでも筋トレでも何でもいいでしょう。

大切なのは運動を続けるということです。

また、30代後半ともなると、運動すれば当然体は疲れやすくなります。

運動の激しさに関わらず、体を動かした後にはきちんとアフターケアもしましょう。

湯船に浸かって体をほぐしたり、全身をストレッチ、またはマッサージしたりして、酷使した筋肉を癒してあげましょう。

そうすることで、翌日に残る疲れをいくらか軽減させることができます。

ダイエットに励む人はもちろんですが、スタイルを気にしていない人でも体の健康を考えて運動は行いましょう。

ヨガ

激しい運動は辛いという人にはヨガがオススメです。

ヨガは深呼吸をしながらゆっくりと体を動かしますので、疲れを感じることはあまりないでしょう。

また、しっかりと呼吸を整えながら行うため、体をほぐすだけでなく、体の内面にまですみずみ効果が行き渡っていくのを実感できるでしょう。

初心者の内はヨガの教室に通うのが理想的です。

ですが、そこまでの金銭面、また時間的な余裕がないという人は、雑誌やネットに載っているヨガの方法を真似て、家でやってみるのといいでしょう。

床や畳ではやり辛いので、ヨガマットだけは購入して、自分なりにヨガで運動する習慣をつくりましょう。

また、ヨガは体をほぐすことが多いため、やっている内に自然と体も柔らかくなっていきます。

筋肉を使う

筋肉を使う、すなわち筋トレをすることで、衰えてくる筋肉を鍛え直すことができます。

ジムに通ってコーチに筋トレ方法を教えてもらうこともできますが、やり方さえ学べば家でも筋トレは可能です。

ダンベルが家にないのなら、水を入れたペットボトルをダンベルの代わりにすることはできます。

腹筋の時に足が浮き上がってしまうのなら、ベッドや棚の隙間に足を差し込んで、体が動かないように固定することもできます。

身の回りにあるちょっとしたものを用いても、簡単に筋トレはできますよ。

家で筋トレをする習慣をつけるようにしましょう。

とはいえ、いきなり激しい筋トレをすれば肉離れを起こしてしまったり、酷い筋肉痛になってしまったりします。

まずは軽い筋トレから始めるのが効果的です。

激しくやりたいのなら回数を少なくして、アフターケアをしっかりと行いましょう。

軽い筋トレであれば1日3セット程度行って、同じくアフターケアをして続けていけば、使われている筋肉にはハリが出ます。

見た目にも体が衰えるようなことはなくなるでしょう。

ウォーキング

ウォーキングは主に足の筋肉を使いますが、しっかりと意識して歩くことで全身を使うこともできます。

一般的に言われる理想的なウォーキングの姿は、両腕を大きく前後に振りながら、足は膝まで上げてしっかりと一歩一歩踏みしめて歩くというものです。

または、両腕を大きく振りながら競歩の速さでしっかりと歩く方法もあります。

ウォーキングは筋トレよりは体を酷使しませんので、歩くのが好きな人や激しい運動は苦手という人におすすめです。

時間も朝早くが理想的ですが、朝が無理なら夜にウォーキングをすると、いい感じに体が疲労感を覚えて快眠できることもあります。

また、外の空気を吸いながら歩くのはいい気分転換にもなりますので、一日に一度は頭を空っぽにするためにも、ウォーキングを行うのがいいでしょう。

とくに日頃は頭を悩ませることが多かったり、考え事で頭がパンパンになってしまいがちな人にはおすすめです。

いい化粧品を使う

30代後半にもなると、肌細胞が衰えて、どうしても肌にトラブルが起こりやすくなります。

その上に安物の化粧品を塗ってしまうと、余計に肌のトラブルが悪化してしまいます。

30代に入ったらある程度いい化粧品を使うようにしましょう。

わざわざ高級な化粧品を買いそろえる必要はありません。

ですが、質の良いものを選ぶのであれば、少なくとも千円は切らない値段で探しましょう。

千円以上の化粧品であれば、成分も悪いものではないものが多いです。

また、広告で話題になっている化粧品は確かにものがいいですが、広告費がかかっている分値段もかなり高めです。

それならば広告で使われている化粧品の成分を調べて、それと同じような成分の使われている、もう少し値段の安い化粧品を探してみてください。

ネット通販や大手量販店などで探せば、欲しいものが見つかりやすいでしょう。

いい化粧品を使うことで、肌の衰えの速度を緩めたり、肌のケアをすることができたりします。

自分の肌を労わって、できる限り美しくハリのある肌を保てるように努力しましょう。

顔のシワをとる

顔のシワをとることで、驚くほど外見年齢が若返ります。

楽して簡単にシワをとりたいのなら、ある程度の費用はかかりますがエステや美容外科でシワとり手術を行うのが早いでしょう。

とはいえ、楽してシワをとったとしても、年齢の経過と共にどんどん肌は衰えていきます。

シワをとり若々しくなった肌も、また数年も経てばシワができてしまうでしょう。

シワは生きて歳をとる限りはつきものです。

それならばせめて、シワをこれ以上増やさないためにも、日頃から肌の手入れをしっかりと行いましょう。

保湿を欠かさず、毎日顔のマッサージも行います。

その上でどうにもならない時にはシワとり手術を行うことで、実年齢にそぐわない美しい外見を手に入れることができるでしょう。

タバコは吸わない

タバコは百害あって一利なしです。

それは若い頃よりも、30代後半頃から急激に痛感することになるでしょう。

タバコを吸う人は、どんなに気をつけていても歯にヤニがつきますし、体臭もきつくなります。

また、タバコを吸うことで体に悪影響を与えます。

タバコを吸わない人以上に老化も進みやすく、肌も衰えてくすみやすくなるでしょう。

自分が今の外見よりも老けたくないと思うのなら、タバコは確実にやめた方がいいでしょう。

今は電子タバコもたくさん出ていますので、徐々にタバコの本数を減らしていき、電子タバコに移行して、最終的にはタバコを止めることを目指しましょう。

タバコを吸い続けると、老化どころか寿命の長さにも影響を及ぼします。

美しく長生きをしたいのなら、今からでもタバコを止める努力をしましょう。

食事に気を遣う

私たちの体は食べ物によって健康を保っています。

もちろん運動も大切ですが、運動するにもエネルギーを使います。

そのエネルギーの源となるのが毎日摂取している食物なのです。

体が年をとるほどに、食べるものによって健康状態は大きく変わってきます。

毎日炭水化物ばかり食べていれば当然太りますし、野菜しか食べないと力が出ないでしょう。

私たちの体を健康に動かすためには、さまざまな食べ物をバランスよく摂取しなければなりません。

だからこそ、毎日の食事に気を遣うことで、外見も若々しく保つことができるでしょう。

肌質を良くしたいと思って肌にいいものばかり食べていると、今度は体の別の部分に問題が出てきてしまいます。

食事に気を遣って満遍なく栄養を摂取することで、初めて体の若々しさを保つことができるでしょう。

トレンドを取り入れる

トレンドとは、その時の流行りです。

テレビや雑誌、ネットなどで常にその時のトレンドを自分なりに取り入れるようにすると、気持ちを若々しく保つことができるでしょう。

また、気持ちの面は体にも表れやすいです。

気持ちが若々しいとオシャレをしようと思いますし、オシャレをすればもっと気分が若返り、うきうきとポジティブな気持ちで毎日を過ごすことができます。

「病は気から」という言葉があるように、毎日を明るく前向きな気持ちで過ごしていれば、病気や老化などの現象には負けずに若々しさを保っていくことができるでしょう。

しっかり睡眠をとる

睡眠をとることで、その日一日の出来事を脳が整理し、体は疲れを癒します。

人は眠っている間に脳や体の機能を修復して、翌日には前日の影響が体に出ないようにしてくれるため、毎日しっかりと睡眠をとっていれば、余計な疲れは感じずに済むでしょう。

年齢の経過と共に、一晩寝ただけでは疲れがとれないこともあります。

それでも睡眠不足で活動し続けるよりも随分とマシな状態にしてくれます。

そのため、毎日元気に活動するためにも、しっかりと睡眠をとりましょう。

新しいことに挑戦する

30代も後半になると、なかなか新しいことにチャレンジしようという気力がなくなってしまいますよね。

けれどその気怠さに負けてしまうと、ますます気持ちが落ち込んで、老化も進んでしまいます。

老化の進行を食い止めたいのなら、ここでちょっと頑張って立ち上がり、新しいことに挑戦してみましょう。

人は真新しいことに取り組む時には、脳が覚醒して興奮しやすい状態になります。

そのため未知の領域へと入っていくドキドキ感を味わうことができて、新鮮な気持ちになるでしょう。

また、どんな些細なことでも気付けるように集中力もアップしています。

新しいことに夢中になっている時には、老化ではなくむしろ若々しく輝くことができるでしょう。

30代には30代の魅力が!若ければいいってもんじゃない!

人は年をとると、ふとしたことですぐに自分の若い頃を思い出しては、今と比較して「あの頃はよかった」「若い時はよかったなぁ」などと口にします。

それが口癖になってしまうと、今の自分の人生を否定してしまっていることになりますので、決して良くはないでしょう。

10代20代と、若い頃を過ぎたからこそ、今の自分があります。

若い頃に比べれば確かに体力は衰え、肌の調子も良くないことが増えるでしょう。

また、若い頃のように何でも甘えて許されることはなくなりますし、男性からモテる機会も減るでしょう。

けれども30代には若者にはない魅力があります。

30代になったからこその社会的地位や収入、また知識や経験を得たため、ちょっとやそっとのことでは挫けないタフさが身に付いています。

軽い男のナンパに惑わされることもなければ、本当に魅力的な人のことを見抜く目も備わっています。

若い頃よりも無茶をせず、自分の限界の内で人生を楽しむこともできるでしょう。

30代には30代の魅力があります。

その折角の魅力を過去を振り返ることで台無しにしないように、今の人生を思い切り楽しみましょう!