10代のころ、自分はどんな「30代」になっているか想像したことがあるでしょうか?

「とても大人な感じになっているんだろうな」「結婚して子供の1人や2人は産んでいる予定!」など理想的な「幸せな自分」を思い描いていたはずです。

しかし現実はそんな人ばかりではなく、仕事に恋愛、友達関係や家族のことについてなど、あらゆる悩みで溢れていているのが30代です。

30代女性は人生の大きな岐路に立っている

女性の人生において、花盛りは20代と言われており、30代になると女性として下り坂的に言われることが多々あります。

昔は結婚にしても、出産にしても20代のうちにするのがいいとされていて30代には家事や子育てに専念するのが普通のような風習がありました。

現代は女性の社会進出が進み、晩婚化も進みました。

そのため30代で結婚や出産をしていなくてもさほど気にはされなくなりましたが、30代の女性にとっては気になる問題ではあるのです。

結婚するなら少しでもキレイにウエディングドレスが着れるうちにしたい、体力や子供のことを考えると出産は出来るだけ早くしたい…と思うものです。

しかし、仕事が充実しだす30代、結婚ならまだしも妊娠出産となると今までどおりというわけにもいきません。

色んな迷いや決断や多く、しかもどれも大きな選択ばかり…30代の女性はまさに大きな岐路に立たされているのです。

30代女性は様々な状況を生きている

女性も30代になると、色んな生き方をしている人がいます。

独身で仕事をしている人、結婚したいけど相手がいなかったり、いても悩んでいる人、結婚して家庭に入っている人、

結婚しても働いている人、子供が出来なくて悩んでいる人…100人いれば100人違う状況を生きており、100種類の悩みがあります。

20代のころは「まだ先のはなし!」と悩んでいなかったことが現実味を帯びてくるのが30代です。

様々な変化を迎える時期

学生から社会人へ、20代から30代へ…人にはいくつもの変化を迎える時期というものがあります。

1番大きかった変化は学生から社会人になったときという人も多いでしょうが、20代から30代になったときも大きな変化はなくても色んな変化がたくさんある時期です。

価値観によってあ「大したことない」と思う30代女性もいるでしょうが、誰もが1度くらいは悩んだことがあるであろう変化をここではご紹介します。

結婚する女性が増える時期

20代の前半くらいでは、まだ女性も遊びたい・仕事がしたい時期なので周りの友達なども独身を楽しんでいる人が多かったでしょう。

しかし、20代の半ばにさしかかると1人また1人とジワジワ結婚する人が増えていき、30代にさしかかったあたりでピークになります。

最初は「せっかく仕事も面白くなってきて、収入も増えてきたのにこのタイミングで結婚するなんてもったいない。

私はもうちょっと独身を楽しむわ♪」なんて思っていますが、よく遊ぶ友人が結婚によってどんどん減っていきだんだんと焦りが出てきます。

先月は1人、今月が2人の結婚式に参列なんてお祝儀貧乏になりかねない頻度で招待状が届くのもこの30代。

独身女性にとって人の幸せを心からお祝いできるのは20代のうちかもしれません。

体調や体質の変化の時期

前の日に多少無理をしても元気でいられたのは20代までのお話し。

30代にもなると、1日夜更かししただけでお肌は荒れ荒れで化粧乗りも最悪、朝も思うように起きることができません。

お酒も20代のころは次の日にも残らないし底なしに飲めた!という方でも30代になると2日酔いで苦しめられることが多くなったのではないでしょうか。

また、アルコールが体重にストレートに響きだすのも30代。

もう代謝が落ちてきているということでしょう…

そしてちょっとした不摂生ですぐに風邪をひくようになって挙句に回復も遅い…なんてこともあるでしょう。

婦人病の発症も多いと言われている30代女性、こまめなメディカルチェックが必要になってきます。

子供の世話が忙しい時期

結婚して子供がいる方なら、ちょうど0歳から小学生くらいのお子さんを持っている人が多いでしょう。

10代や20代のころと比べると体力が圧倒的に落ちてきているので小さい子供のお世話に疲れきっている30代ママも多いはず。

3歳くらいまでの子供の場合は自宅保育で1日中子供と一緒で人生で一番子供と向き合っている時期とも言えるでしょう。

幼稚園に入ってからは子供が登園中はちょっとは手を離れますが、

お弁当を作ったり送り迎えをしたり、幼稚園のイベントやお手伝いであったり、保護者会の用事…小学校になってからも同じです。

子供が小さいうちが何かと子供の関係で親が駆り出されることが多いのです。

実質の子供の世話が減ったと思ったら間接的なお世話は増えていくばかり…30代でちょっと体力の衰えを感じだしたときにこれはしんどいですよね。

仕事で昇進する時期

勤務年数を重ね、経験も重ね、会社にとって大切な戦力と認められだすのが30代です。

20代のようなフレッシュさやのびしろはなくなっても、それを充分に補えるほどの経験や落ち着きが30代にはあるのです。

社会的には男女の差が少なくなったとはいえ、会社によってはまだまだ男性優遇の風習が残っているところもあります。

同期でも男性の同僚のほうが評価されるタイミングや昇進が早いな…と遠くから見ていた20代だったという人も多いでしょう。

しかし30代まで頑張りぬくと周りも「やっぱアナタがいないと」という空気になります。

「継続は力なり」がまさしく目に見えてくる時期なのです。

両親の看病や介護が近づいてくる時期

自分が年を取るということは、両親も同時に年を取っているということになります。

定年をむかえてゆったりと暮らしているものかと思えば、突然病に倒れて介護が必要になる…なんてことももう、充分にありうる年齢でしょう。

30代と言えば、人生で1番充実している時期ともいえます。

結婚をしている人なら子供も産まれ育児で大忙しであったり、独身の人であれば恋愛はもちろん、仕事も責任のあるものを任される時期です。

そんな最中に親の介護の心配も加わって考えることはたくさんですよね。

早いうちからパートナーとお互いの両親についてどういう風にするか、独身の人は兄弟や両親を含めていざというときのことを話しあっておくといいでしょう。

お金の話しや、メインとなって介護や看病する人も決めておくと、実際にその時が来たときに揉めませんし、ご両親も安心することでしょう。

マイホームを持つ時期

30代ともなるとそろそろ周りも一軒家やマンションなど持ち家に住みだすことでしょう。

結婚を同じく、社会的に自立していると認められるマイホーム購入、30代ともなれば「そろそろ…」と思いますよね。

そしてローンを組むなら勤続年数や収入が上がりだすタイミング的に30代が一番旬であり、とても組みやすい時期なのです。

また、30年ローンなどの長期的なローンを組みたい場合はその完済のタイミング(定年前後)的にも30代で組んでおかないと審査がちょっと厳しくなってきてしまうおそれがあります。

ちょっとでも負担が軽いうちに希望にそった融資を受けたいなら30代の早いうちになんとかしておきたいとことです。

そして特に子供がいる人は子供にも部屋を作ってあげたいですよね。

年頃になると自分の部屋で勉強したり友達を呼んで遊んだりしたいものです。

賃貸でもステキな家はたくさんありますが、やっぱり最後の住処は欲しいですよね。

人生で1番大きな買い物になるであろうマイホーム、絶対に妥協はできませんね。

30代女性によくある悩みとは?

女性も30代にもなると色んな悩みをもっていることでしょう。

恋愛や結婚に関することであったり、結婚しているのなら家族や親に関すること、

また仕事はどうしていくのがいいのか…20代のころにはこんなに悩まなかった事が現実味を帯びて襲いかかってきます。

ここでは、30代の女性によくある悩みについてまとめました。

恋愛面の悩み

気がつくと周りがほとんど結婚していて、私だけ独り身…なんてことありませんか?

今まで仕事にプライベートに忙しくしてきていても、何故か恋愛だけ何もなかったという女性が結構増えています。

いざ結婚を意識しても、同年代くらいのいい男は早々に鼻の効く女性にとられており既婚者ばかり。

残っているのはワケあり男性か、やたら年上男性か頼りな下げな年下男性…何だか選ぼうにも選択権がかなり限られてきてしまいます。

年を重ねた分、中途半端な男性では納得できませんよね。

そして男性も、どうせなら若い女性の方がいいと思う方も多いので、30代より20代女性にモーションをかけるので選ばれることもそうそうなく…切ないですね…

悩みも喜びも多いジェットコースターのような時期

恋愛や結婚、家庭や仕事について悩みの多い30代。

しかしそれど同時に恋愛が実って結婚、子供を授かる、仕事が認められるなど喜びの多い時期でもあり、まさしくジェットコースターのような時期でもあるのです。

この悩みと喜びが表裏一体となったこの時期、とても刺激的で人生で1番濃度の高い経験をすることでしょう。

結婚して2人分の家事をするため忙しい

現代は女性の社会進出が進んで、結婚しても昔のような寿退社する女性が少なくなってきます。

結婚しても以前と変わらず仕事をし、子供が出来ても産休や育休を経て仕事復帰する女性が多いです。

そんな共働き家庭が増えているにも関わらず、女性の家庭での負担は減っている気配はありません。

女性も同じだけ働いているのに、何故か女性は家事全般をするような流れにあります。

帰ってきてゆっくりとくつろぐ夫を片目に、妻は夕飯の支度や洗い物、洗濯に明日の準備…明日の夕飯の仕込みもしておかないと!なんてリラックスタイムなんてありません。

結婚相手が見つからなく、妥協もしたくない

30代にもなると周りも既婚者が多くなってくるはず。

また、30代にもなると恋愛経験がそれなりに多くなっているので男性を見る目が肥えており、中途半端な選択が出来なくなっている方が多くなっています。

「30代まで結婚しなかったんだから、もう極上の男でしか納得できない!」と妥協を許さない女性もいるでしょう。

そして仕事が楽しくなってきた30代、結婚しても仕事を続けたいという女性も多いです。

その面においても譲ることができないので、仕事の理解もあるという点が要求に追加されることも。

妥協をしないというのはいいことですが、基準が厳しすぎるというのもせっかくのチャンスを逃していることになります。

理想の人じゃなくても、ちょっと付き合えば理想なんてどうでもよくなってしまうほど好きになれることもあったかもしません。

ふるいにかけてきた男性の中にもしかした運命の人がいたのかもしませんよ。

子供が欲しいがなかなか出来ない

女性なら誰しも1度は子供がほしい、産んでみたいと思った事があるはずです。

しかしいざ30代で妊活を始めてもなかなか子供を授からなくてヤキモキしている人もいるでしょう。

「20代のころは結婚して夜の生活を送っていればすぐに授かると思っていた…」なんて人もおおいはず。

そして年齢とともにだんだん子供を授かりづらい体になっていくことは避けることができません。

女性が出産に適している時期は20代前半あたりだと言われていますが、30代女性はそんな時期はゆうに過ぎてしまっています…

そして35歳以上の妊娠・出産は、世間では「高齢出産」に当たると言われており、妊娠する確率やリスクなどがグッと高くなります。

30代になったら高齢出産のカウントダウンが始まっているので、出来るだけ早く子供を授かりたいところですが、作ろうと思ってすぐに作れるものでもありません。

お姑さんと上手くいかない

結婚することによって出来る御縁で、1番の悩みといってもいいのが夫の母である「姑」との仲です。

愛する夫を産んで育んでくれたお姑さんには感謝する気持ちはあっても、同じ女性だからこそぶつかることが多く、モヤモヤすることってありますよね。

お姑さんのほうも、今まで大切に育ててきた息子が突然現れた若い女に取られたと思って、気持ちちょっとキツめになってしまうことも…

「●●はそんな料理好きじゃないよ」「結婚するまでは親の言うことをよく聞くいい子だったのに…」

なんてイヤミを言われた日には、嫁としては耐えれても、1人の人間としては我慢の限界でしょう。

しかしお姑さんも昔はアナタと同じお嫁さんだった立場、同じようなことをお姑さんのお姑さんからされているはずです。

自分がされてイヤなことは人にしていいわけありませんよね…

異性の親子(父と娘、母と息子)って、同性の親子にはない強いきずなを持っていることがあるので、後から来たお嫁さんやお婿さんに対する敵意って半端ないことがあります。

仕事面の悩み

生きていく上にはお金や活力が必要です。

その2つを満たしてくれるのが「仕事」です。

独身の人はもちろん、結婚している人や子供のいる人も仕事をすることによって生きるためのお金が手に入り、

社会貢献や自分のやりたいことができるなど人生における充実をもたらすものでもあります。

契約や派遣のままで正社員になれない