10代のころ、自分はどんな「30代」になっているか想像したことがあるでしょうか?

「とても大人な感じになっているんだろうな」「結婚して子供の1人や2人は産んでいる予定!」など理想的な「幸せな自分」を思い描いていたはずです。

しかし現実はそんな人ばかりではなく、仕事に恋愛、友達関係や家族のことについてなど、あらゆる悩みで溢れていているのが30代です。

30代女性は人生の大きな岐路に立っている

女性の人生において、花盛りは20代と言われており、30代になると女性として下り坂的に言われることが多々あります。

昔は結婚にしても、出産にしても20代のうちにするのがいいとされていて30代には家事や子育てに専念するのが普通のような風習がありました。

現代は女性の社会進出が進み、晩婚化も進みました。

そのため30代で結婚や出産をしていなくてもさほど気にはされなくなりましたが、30代の女性にとっては気になる問題ではあるのです。

結婚するなら少しでもキレイにウエディングドレスが着れるうちにしたい、体力や子供のことを考えると出産は出来るだけ早くしたい…と思うものです。

しかし、仕事が充実しだす30代、結婚ならまだしも妊娠出産となると今までどおりというわけにもいきません。

色んな迷いや決断や多く、しかもどれも大きな選択ばかり…30代の女性はまさに大きな岐路に立たされているのです。

30代女性は様々な状況を生きている

女性も30代になると、色んな生き方をしている人がいます。

独身で仕事をしている人、結婚したいけど相手がいなかったり、いても悩んでいる人、結婚して家庭に入っている人、

結婚しても働いている人、子供が出来なくて悩んでいる人…100人いれば100人違う状況を生きており、100種類の悩みがあります。

20代のころは「まだ先のはなし!」と悩んでいなかったことが現実味を帯びてくるのが30代です。

様々な変化を迎える時期

学生から社会人へ、20代から30代へ…人にはいくつもの変化を迎える時期というものがあります。

1番大きかった変化は学生から社会人になったときという人も多いでしょうが、20代から30代になったときも大きな変化はなくても色んな変化がたくさんある時期です。

価値観によってあ「大したことない」と思う30代女性もいるでしょうが、誰もが1度くらいは悩んだことがあるであろう変化をここではご紹介します。

結婚する女性が増える時期

20代の前半くらいでは、まだ女性も遊びたい・仕事がしたい時期なので周りの友達なども独身を楽しんでいる人が多かったでしょう。

しかし、20代の半ばにさしかかると1人また1人とジワジワ結婚する人が増えていき、30代にさしかかったあたりでピークになります。

最初は「せっかく仕事も面白くなってきて、収入も増えてきたのにこのタイミングで結婚するなんてもったいない。

私はもうちょっと独身を楽しむわ♪」なんて思っていますが、よく遊ぶ友人が結婚によってどんどん減っていきだんだんと焦りが出てきます。

先月は1人、今月が2人の結婚式に参列なんてお祝儀貧乏になりかねない頻度で招待状が届くのもこの30代。

独身女性にとって人の幸せを心からお祝いできるのは20代のうちかもしれません。

体調や体質の変化の時期

前の日に多少無理をしても元気でいられたのは20代までのお話し。

30代にもなると、1日夜更かししただけでお肌は荒れ荒れで化粧乗りも最悪、朝も思うように起きることができません。

お酒も20代のころは次の日にも残らないし底なしに飲めた!という方でも30代になると2日酔いで苦しめられることが多くなったのではないでしょうか。

また、アルコールが体重にストレートに響きだすのも30代。

もう代謝が落ちてきているということでしょう…

そしてちょっとした不摂生ですぐに風邪をひくようになって挙句に回復も遅い…なんてこともあるでしょう。

婦人病の発症も多いと言われている30代女性、こまめなメディカルチェックが必要になってきます。

子供の世話が忙しい時期

結婚して子供がいる方なら、ちょうど0歳から小学生くらいのお子さんを持っている人が多いでしょう。

10代や20代のころと比べると体力が圧倒的に落ちてきているので小さい子供のお世話に疲れきっている30代ママも多いはず。

3歳くらいまでの子供の場合は自宅保育で1日中子供と一緒で人生で一番子供と向き合っている時期とも言えるでしょう。

幼稚園に入ってからは子供が登園中はちょっとは手を離れますが、

お弁当を作ったり送り迎えをしたり、幼稚園のイベントやお手伝いであったり、保護者会の用事…小学校になってからも同じです。

子供が小さいうちが何かと子供の関係で親が駆り出されることが多いのです。

実質の子供の世話が減ったと思ったら間接的なお世話は増えていくばかり…30代でちょっと体力の衰えを感じだしたときにこれはしんどいですよね。

仕事で昇進する時期

勤務年数を重ね、経験も重ね、会社にとって大切な戦力と認められだすのが30代です。

20代のようなフレッシュさやのびしろはなくなっても、それを充分に補えるほどの経験や落ち着きが30代にはあるのです。

社会的には男女の差が少なくなったとはいえ、会社によってはまだまだ男性優遇の風習が残っているところもあります。

同期でも男性の同僚のほうが評価されるタイミングや昇進が早いな…と遠くから見ていた20代だったという人も多いでしょう。

しかし30代まで頑張りぬくと周りも「やっぱアナタがいないと」という空気になります。

「継続は力なり」がまさしく目に見えてくる時期なのです。

両親の看病や介護が近づいてくる時期

自分が年を取るということは、両親も同時に年を取っているということになります。

定年をむかえてゆったりと暮らしているものかと思えば、突然病に倒れて介護が必要になる…なんてことももう、充分にありうる年齢でしょう。

30代と言えば、人生で1番充実している時期ともいえます。

結婚をしている人なら子供も産まれ育児で大忙しであったり、独身の人であれば恋愛はもちろん、仕事も責任のあるものを任される時期です。

そんな最中に親の介護の心配も加わって考えることはたくさんですよね。

早いうちからパートナーとお互いの両親についてどういう風にするか、独身の人は兄弟や両親を含めていざというときのことを話しあっておくといいでしょう。

お金の話しや、メインとなって介護や看病する人も決めておくと、実際にその時が来たときに揉めませんし、ご両親も安心することでしょう。

マイホームを持つ時期

30代ともなるとそろそろ周りも一軒家やマンションなど持ち家に住みだすことでしょう。

結婚を同じく、社会的に自立していると認められるマイホーム購入、30代ともなれば「そろそろ…」と思いますよね。

そしてローンを組むなら勤続年数や収入が上がりだすタイミング的に30代が一番旬であり、とても組みやすい時期なのです。

また、30年ローンなどの長期的なローンを組みたい場合はその完済のタイミング(定年前後)的にも30代で組んでおかないと審査がちょっと厳しくなってきてしまうおそれがあります。

ちょっとでも負担が軽いうちに希望にそった融資を受けたいなら30代の早いうちになんとかしておきたいとことです。

そして特に子供がいる人は子供にも部屋を作ってあげたいですよね。

年頃になると自分の部屋で勉強したり友達を呼んで遊んだりしたいものです。

賃貸でもステキな家はたくさんありますが、やっぱり最後の住処は欲しいですよね。

人生で1番大きな買い物になるであろうマイホーム、絶対に妥協はできませんね。

30代女性によくある悩みとは?

女性も30代にもなると色んな悩みをもっていることでしょう。

恋愛や結婚に関することであったり、結婚しているのなら家族や親に関すること、

また仕事はどうしていくのがいいのか…20代のころにはこんなに悩まなかった事が現実味を帯びて襲いかかってきます。

ここでは、30代の女性によくある悩みについてまとめました。

恋愛面の悩み

気がつくと周りがほとんど結婚していて、私だけ独り身…なんてことありませんか?

今まで仕事にプライベートに忙しくしてきていても、何故か恋愛だけ何もなかったという女性が結構増えています。

いざ結婚を意識しても、同年代くらいのいい男は早々に鼻の効く女性にとられており既婚者ばかり。

残っているのはワケあり男性か、やたら年上男性か頼りな下げな年下男性…何だか選ぼうにも選択権がかなり限られてきてしまいます。

年を重ねた分、中途半端な男性では納得できませんよね。

そして男性も、どうせなら若い女性の方がいいと思う方も多いので、30代より20代女性にモーションをかけるので選ばれることもそうそうなく…切ないですね…

悩みも喜びも多いジェットコースターのような時期

恋愛や結婚、家庭や仕事について悩みの多い30代。

しかしそれど同時に恋愛が実って結婚、子供を授かる、仕事が認められるなど喜びの多い時期でもあり、まさしくジェットコースターのような時期でもあるのです。

この悩みと喜びが表裏一体となったこの時期、とても刺激的で人生で1番濃度の高い経験をすることでしょう。

結婚して2人分の家事をするため忙しい

現代は女性の社会進出が進んで、結婚しても昔のような寿退社する女性が少なくなってきます。

結婚しても以前と変わらず仕事をし、子供が出来ても産休や育休を経て仕事復帰する女性が多いです。

そんな共働き家庭が増えているにも関わらず、女性の家庭での負担は減っている気配はありません。

女性も同じだけ働いているのに、何故か女性は家事全般をするような流れにあります。

帰ってきてゆっくりとくつろぐ夫を片目に、妻は夕飯の支度や洗い物、洗濯に明日の準備…明日の夕飯の仕込みもしておかないと!なんてリラックスタイムなんてありません。

結婚相手が見つからなく、妥協もしたくない

30代にもなると周りも既婚者が多くなってくるはず。

また、30代にもなると恋愛経験がそれなりに多くなっているので男性を見る目が肥えており、中途半端な選択が出来なくなっている方が多くなっています。

「30代まで結婚しなかったんだから、もう極上の男でしか納得できない!」と妥協を許さない女性もいるでしょう。

そして仕事が楽しくなってきた30代、結婚しても仕事を続けたいという女性も多いです。

その面においても譲ることができないので、仕事の理解もあるという点が要求に追加されることも。

妥協をしないというのはいいことですが、基準が厳しすぎるというのもせっかくのチャンスを逃していることになります。

理想の人じゃなくても、ちょっと付き合えば理想なんてどうでもよくなってしまうほど好きになれることもあったかもしません。

ふるいにかけてきた男性の中にもしかした運命の人がいたのかもしませんよ。

子供が欲しいがなかなか出来ない

女性なら誰しも1度は子供がほしい、産んでみたいと思った事があるはずです。

しかしいざ30代で妊活を始めてもなかなか子供を授からなくてヤキモキしている人もいるでしょう。

「20代のころは結婚して夜の生活を送っていればすぐに授かると思っていた…」なんて人もおおいはず。

そして年齢とともにだんだん子供を授かりづらい体になっていくことは避けることができません。

女性が出産に適している時期は20代前半あたりだと言われていますが、30代女性はそんな時期はゆうに過ぎてしまっています…

そして35歳以上の妊娠・出産は、世間では「高齢出産」に当たると言われており、妊娠する確率やリスクなどがグッと高くなります。

30代になったら高齢出産のカウントダウンが始まっているので、出来るだけ早く子供を授かりたいところですが、作ろうと思ってすぐに作れるものでもありません。

お姑さんと上手くいかない

結婚することによって出来る御縁で、1番の悩みといってもいいのが夫の母である「姑」との仲です。

愛する夫を産んで育んでくれたお姑さんには感謝する気持ちはあっても、同じ女性だからこそぶつかることが多く、モヤモヤすることってありますよね。

お姑さんのほうも、今まで大切に育ててきた息子が突然現れた若い女に取られたと思って、気持ちちょっとキツめになってしまうことも…

「●●はそんな料理好きじゃないよ」「結婚するまでは親の言うことをよく聞くいい子だったのに…」

なんてイヤミを言われた日には、嫁としては耐えれても、1人の人間としては我慢の限界でしょう。

しかしお姑さんも昔はアナタと同じお嫁さんだった立場、同じようなことをお姑さんのお姑さんからされているはずです。

自分がされてイヤなことは人にしていいわけありませんよね…

異性の親子(父と娘、母と息子)って、同性の親子にはない強いきずなを持っていることがあるので、後から来たお嫁さんやお婿さんに対する敵意って半端ないことがあります。

【30代の恋愛については、こちらの記事もチェック!】

仕事面の悩み

生きていく上にはお金や活力が必要です。

その2つを満たしてくれるのが「仕事」です。

独身の人はもちろん、結婚している人や子供のいる人も仕事をすることによって生きるためのお金が手に入り、

社会貢献や自分のやりたいことができるなど人生における充実をもたらすものでもあります。

契約や派遣のままで正社員になれない

将来のことを考えて待遇や福利厚生が手厚い正社員になりたいと思うのは当然のことです。

なのに契約社員や派遣社員のままでなかなか正社員になれない…という悩みもあるでしょう。

20代のころはさほど気にならなかった雇用の差に、30代になると生活が更にリアルになってくるのでどんどん不安になってきますよね。

「同じ30代でも結婚している人ならそんなに正社員については悩まないんでしょ?」と思う人もいるでしょうが、

パートナーの収入だけでは生活が不安定であったり、家のローンや親の介護にかかる費用が必要であったり、

離婚を検討している人などどうしても安定した正社員になりたいという人もたくさんいます。

子育てひと段落後の再就職が難しい

現在は子育てに優しい会社が増えて、産休や育休の充実、それらから復帰したときの時短などの待遇などで女性は結婚や出産で仕事を諦める必要が少なくなってきました。

しかしそれでも、それとなくプレッシャーをかけてくる上司がいたり、家事に育児に仕事に追われ、

自分のキャパシティーの限界を感じたりして仕事を退職した人もいるでしょう。

そんな人が子育てが落ち着いたからもう1度社会復帰したいと思ったときに周りを見渡すと、まぁなんと仕事がないことか…

近所のスーパーのパートなどならあっても(スーパーのパートも立派なお仕事です)、自分の希望するような職種の正社員になんてまず見つかりません。

ブランクはあるし、子供がいるからいつ家庭の事情で休まれるかわからない、そして何より年齢がネックになります。

理由としては、30代のブランクのある人間より、20代の若い人の方が仕事を覚えやすいし、扱いやすいというのがあります。

転職のハードルが上がってきた

社会人になって10年以上経過している人がほとんどの30代。

仕事上の経験も豊富であるということが前提になっているのはもはや当然のことです。

20代の人が転職などするときは「素直さ」「コミュニケーション能力」「これからの可能性」などが求められてきましたが、

30代ともなると「前職ではどんな活躍をしてきたのか?」「どんなことで当社に貢献できるのか?具体的に示して」など、

20代の転職ではあまり重要視されなかったことが求められがちです。

また、あまり年齢が高いと上司が年下の人になる可能性も高く、「(年上の部下なんて)扱いづらい」なんてことを言われたりと何かと転職のハードルが高くなっていきます。

「どうしても自分のやりたいことがある」「転職しても認められるほどの実力がある」など、

しっかりとした心の芯や、実践で使える資格などを持っていないと転職するのはなかなか難しいでしょう。

お局女性社員にいじめられている

仕事的にも充実している30代ですが、その活躍をこころよく思わない人がいることも…。

それはお局様。

頑張れば頑張るほどお局様の目について陰でコソコソ言われたり、ちょっとしたイヤミを直接言われたり…

嫉妬の気持ちもあるのでしょうが、そんなことをするお局様は「女性は楽な仕事をしていればいい」と思っている人なので、女性で頑張っているアナタをジャマに思っているのです。

お局様は広いネットワークを持っている(好かれているかは別)ので多方面からの嫌がらせがあることもあるので注意しましょう。

部下を持ったが出来が悪い

30代ともなると結構責任のある仕事やプロジェクトを任されるようになって、忙しくも充実した生活を送っている女性も多いはず。

そんな中でともに仕事をしていく部下がなんとも不出来で困っている…という人もいます。

仕事の効率が悪い、教えても覚えない、態度が悪い…色んなタイプの出来の悪さがあるでしょうが、やる気のない部下が一番出来が悪いと言えるでしょう。

そんな部下に注意しようにも、中途半端に若い部類に入る30代、しかも女性ときたらなめてかかる部下もいます。

結局は他の男性の上司に、その部下の指導を手伝ってもらうなんてことも。

子育てと家事をしながらの仕事はキツい

今の時代は、仕事も結婚も子供も全部手に入れることが出来る時代になりつつあります。

女性だって働きたいし、女性に産まれたからには子供も授かりたいでしょう。

建前上では、仕事も家庭も手に入って「ステキな人生ですね」と他人の目にうつりますが、現実はとてもハードなものです。

朝は家族より早く起きて家事をして、小さい子供なら保育園に連れていき、仕事をして、子供をお迎えにいって、帰ったら座る間もなく夕飯の支度にお風呂、子どもの寝かしつけ…

そしていつの間にか真夜中になっており、終わっていない家事を片付けて…と目が回るような忙しさです。

夫の理解や協力がなければとてもじゃないけどやっていけないはずです。

3. 友達関係面の悩み

学生時代のころは、毎日楽しく過ごせたのは友達のおかげ!だという人も多いはず。

友達は一生の財産と言うくらい、とても大切な存在です。

しかし、友達も人も子、時の流れや環境の変化などでどんどん変わっていってしまうものです(もちろん、友達から見たアナタもそうです)。

しかしその変化がステキなものであればいいのですが、ちょっとクセのある変化であったり、友達関係自体を揺るがすものであったりします。

ここではよくある30代女性の友人関係面の悩みをご紹介します。

未婚、既婚組で仲間割れ状態になっている

元々は学生時代の同級生などで、昔は話しもあってとても仲良しだったのに久々に会って

「アレ?なんか話し合わないな…」と思うことはありませんか?そんなときの原因の1つに「未婚者と既婚者の違い」というものがあります。

結婚しているのとしていないのでは全く生活も環境の違うので話が合わないのは仕方のないことです。

そしてその話題の違いで未婚組・既婚組で別れてしまうのも仕方のないことです。

最初は未婚者も既婚者もお互いの違いに「結婚って大変そうだね~」「独身の人は自由でいいね~」なんて興味を持っていても、

それが続くと「もういいや」ってなりますよね。

やはり独身は独身同士、既婚者は既婚者同士のほうが話しがあうのです。

子供がいるいないで格差が存在している

世の中には「子供を産んだからエライ。産んでない人は産んだことある人より下」なんて考え方をする人がまだまだいます。

昔は跡取りの関係などで婚家から子供を催促されるなんてことはザラにありました。

確かに「子供を産む」ということはとても大変なことですし、女性にしか出来ない生命をかけた大仕事です。

しかしそれを「私は女性としての大仕事をやってのけたの。

子供を産んだことのないアナタにはわからないでしょうね」なんて鼻を掛けるものではありません。

現代では子供を産まないという選択肢をあえて取る方もたくさんいます。

また、同じ子供持ち同士でも「子供が男の子か、女の子か」ということで論争やマウンティングが起きたりします。

金銭感覚が違う友人との付き合いが大変

「ここのランチ、お手軽で美味しいよ~」と友人に誘われて行ったお店がランチに5,000円もするようなところだったりしたことってありませんか?

ランチでこの値段だったら、ディナーに誘われたら…と考えると怖いですよね。

お茶する場所も、遊びに行く場所も普通の値段であることは考えづらいです。

一般的な30代の女性にとっては、友人同士の気軽なランチに夕食なみの金額は払えませんよね。

「友人としてはいい人なんだけどね…」と思っていても、金銭感覚が違うといつの間にか疎遠になりがちです。

逆に、ケチケチすぎる友人もなかなか付き合いづらいです。

同じくランチにしても「話せればいいから、マクドナルドでもいいよね!」なんていい大人のランチ会にファストフードを指定してきたり…

お互いの子供を連れて会う、とかならまだしも30代の大人同士、ちょっと場所を選びたいですよね。

旦那さんの仕事の自慢ばかりで大変

「私の旦那、●●会社の部長で~ホラ、大企業だからさ~」「旦那がパイロットなんだけど~」なんて

スゴイご職業の主人をお持ちの友人と話していると、何だかその話しばっかりで「それって自慢?」と思うこともありますよね。

しまいには「アナタのご主人って何処にお勤めだっけ?…~あ、あそこね。

そこくらいだと毎月家計厳しそうだね。

もし困ってるなら、いい転職先を融通するようにうちの旦那に話してみようか?」なんて余計なお世話な発言をしてくる人も。

そんな相手には「私はアナタと話しをしにきているのに、何でご主人の仕事の話題ばっかなの?」

「へぇ~スゴイご主人だね!!で、アナタは何か特殊な特技とか資格って持ってたっけ?」など、相手が痛いところに突っ込んでしまってOKです。

仕事をしている人はみんな立派です。

ご主人の仕事自慢ばかりの人は、自分自身は何も持ってなくて実は自信がない人ばかりですよ。

働いている人は職業に問わず立派ですし、尊敬に値するものです。

パートナーの職業で大きな顔をする友人はスル―したいところです。

保険や商品購入などの勧誘をしてくる友人

久々に友人から連絡があって「会いたいな」というから時間を都合して会ってみると

「私、保険会社に勤めてるんだけど…保険はいって!」「この化粧水、とってもいいから買ってみない?」なんて勧誘…このガッカリ具合ときたら、とてつもないですよね。

友情を仕事やお金のために使われたと思うと悲しいを通り越して怒りすらかんじてきますよね。

30代ともなると友人たちも生活に必死なのかもしれません。

しかし、そんな友人はもはや友人ではありません。

悩んだ時にしてはいけないこと

30代になると色んな問題が多く、しかもどれも大きな問題ばかりでめげそうになりますよね。

考えることはたくさん、しかもどれも真剣に考えないといけない…そうなってくるとどんどん心は疲れていき、ネガティブな思考回路になりがちです。

悩んでいるときにしてはいけないことは「1人でふさぎこむ」「ストレスをためる」ことです。

考えが煮詰まっているときに1人でいるとどうしてもいい方向には進みません。

また、ストレスがたまると思考はもちろん、体調や美容にも影響が出てきます。

ひとりで悩まず相談しよう

1人で悩むとどんどん気持ちが落ちていって余計に悩みが深くなることがあります。

そんなときは、気の知れた友達、仕事に関することであれば上司、子供や家庭に関することであればママ友などに相談してみましょう。

もし解決はできなくても、話しを聞いてもらえるだけでスッキリすることだってあります。

相手にこんなことで悩んでるんだって話すことで、自分の頭の中が整理できることもあるので、1人で溜めこまず、是非周りに相談してください。

ストレス解消になる趣味を持とう

ストレスがたまっていくと、肉体的にも精神的にもいいことはありません。

どこかでガス抜きをしないといつか大爆発してしまいますよ。

そうなってからは遅いので、何か定期的かつ適度にストレスを発散できるものがあるのが理想的です。

本の世界にどっぷり浸かり込む読書であったり、スポーツで体を動かして汗を流すことだったり、人によってストレスが発散の方法は異なります。

年を重ねても変わらず続けることができる趣味を1つ持っていれば、最高のストレス解消になることでしょう。

【30代の人は、こちらのファッションの記事もチェック!】