結婚は、人生において大きなイベントの一つです。

若い女性の中には、結婚に対して夢を抱いている方も少なくありません。

いつか結婚し、幸せな家庭を築きたいと誰もが思っています。

しかし、現実はそんな簡単なものではありません。

中には、相手との生活が上手くいかず離婚してしまう事もあるでしょう。

離婚する事は悪い事ではありません。

しかし、その決断を安易に出してしまっては後悔する事もあります。

その為、決断する前はしっかりと検討する必要があるのです。

結婚しなければ良かった…

結婚とは、全く違った環境で育った二人が新たな家族となり生活を共にする事を指します。

その為、時には価値観の違いから喧嘩になってしまう事もあるでしょう。

そんな時、「こんな人と結婚しなきゃ良かった」「この結婚は失敗だった」などとついつい感情的になってしまう人も少なくないでしょう。

「失敗したら離婚」は正しい?


昔は、多くの方が結婚する事は当たり前と感じており離婚などもってのほかと思われていました。

その為、どんな理由があろうと多くの方が耐えていました。

特に、女性の方は生活する為に結婚生活を続けていたと言う人も少なくありません。

しかし、今はそんな時代ではありません。

離婚する事は珍し事では無く、世間からの風当たりもさほど強いものではありません。

また、女性の多くが社会進出している事もあり経済的な不安も少なくなっています。

その為、もし結婚生活に不満を感じているのであれば離婚する事も選択肢の一つです。

ですが一時の感情で決断してしまうと後から後悔する事もあります。

その為、決定するまでにはきちんと考える時間が必要です。

最近の芸能界での離婚、理由は?

石井希さん、和島田亨さん。

協議離婚と言われていますが、そもそもの発端は奥さんである石井さんの度重なる浮気報道にあるようです。

米倉涼子さんは、数年にわたり離婚協議を重ね離婚となりました。

事実は分かりませんが、旦那さんからのモラハラが大きな原因の一つと言われているそうです。

大きなニュースになった乙武洋匡さん。

こちらは、かなり世間を驚かせたものでした。

聖人君主のようなイメージがあった方だけに、多くの女性とのスキャンダルはかなりのインパクトがありました。

一度は夫婦で再出発をしたものの、大きくできた溝は埋める事は出来なかったようです。

多忙な生活を送るTOKIOの山口達也さんは、次第に家族との生活にずれが出来てしまったようです。

本人も「妻と出会って16年以上、その中ですれ違い、性格の不一致とか簡単に片付けられないが、私が未熟で幼稚だった。

自分のペースでいたので彼女が疲れてしまった」と話している通り、大きな離婚理由があるわけではなくすれ違いの結果と言えるでしょう。

高島礼子さんと高知東生さん。

最も大きな原因は、元ご主人の高知さんの逮捕でしょう。

当初は支えるつもりだった高島さんも、周りからの大反対にあい離婚を決意したそうです。

奥さんがしっかり働いてくれるのを良い事に、浮気をし更に薬にまで手を出した高知さん。

高島さんを擁護する声が多く聞かれました。

満島ひかりさんと石井裕也さんは、結婚五年目での離婚です。

結婚している事を知らなかった方も多く、驚かれた事でしょう。

離婚の理由は生活のすれ違い。

5年の歳月をかけて少しづつ出来た溝は埋める事が出来なかったようです。

結婚に失敗したかも…原因は?


結婚に失敗したと感じる方の多くは、何らかの理由があります。

その理由によっては離婚も仕方なしと思えるでしょう。

ですが、その理由は、人によってまちまちです。

他人から見ればくだらないような内容でも、本人たちにとっては大問題の場合も多々あります。

離婚する事は悪い事ではありません。

しかし、回避する為に努力を行う事も必要でしょう。

多くの離婚の中から、特に多い理由をまとめて見ました。

自分い当てはまるものが無いかを検討し、今後の生活に役立てられるようなポイントを探してみてはいかがでしょうか。

金銭感覚のズレ

愛があれば生活する事が出来ると考えるのは、夢物語です。

現実には、お金が無ければ生きて行く事は出来ません。

いくら愛し合って結婚したとしても、お金が無い状態はお互いの心が殺伐とし喧嘩を招く可能性も大いにあります。

安定した、結婚生活を送る為にはお金が不可欠です。

お金の価値観が合わなければお互いに不満が溜まる要因となります。

また、お金に関する不満は日々の生活に大きな影を落とします。

それほどまでに、お金は大きな存在なのです。

結婚する前の二人は、お互いの事しか見えない程夢中になっている事でしょう。

しかし、その状況は必ず落ち着いて行きます。

後になって困らぬように、事前のお金についての価値観はしっかりと話し合っておく必要があるでしょう。

性格が合わなかった

離婚理由で一番多く聞かれるのが、「性格の不一致」です。

結婚経験が無い方などは、性格なんて結婚する前に分からないのかと疑問に思う事もあるでしょう。

答えはNOです。

いくら長く交際し、同棲していたとしても分からない部分はあります。

また、性格の不一致とは他に言葉が無いだけであり、日々の生活の小さな不満が溜まった末に離婚する場合に良く使われる言葉でしょう。

大きな理由は無いけれど、やっていけない。

そんな感情が「性格の不一致」とう言葉の中に込められています。

その為、性格の不一致と言う離婚理由の方の多くが長い期間結婚生活を行った末に離婚する場合が多くなっています。

熟年離婚もその一つでしょう。

ずっと我慢を続けた結果、ついに耐え切れなくなってしまうのです。

長い期間をかけて出来た亀裂はそう簡単に埋める事は出来ません。

その為、相手とのずれを感じたら早いうちに解決するよう心がけましょう。

生活リズムの違い

家族は、一緒に生活してこそ家族という考え方があります。

しかし、中には育児や仕事なので同じ時間を共にする事が出来ない家庭もある事でしょう。

生活リズムが合わないと、どうしても会話をする機会が減ってしまいます。

その為、お互いの気持ちを話す事が出来ず不満が出た際に解決する事が出来ません。

その為、生活リズムは家族を形成する中で大切なポイントとなっており、これにずれが生じると離婚理由となりえます。

妻・夫以外の人との浮気、不倫

一般社会は勿論、芸能界でも多い離婚理由に浮気があります。

一生一緒に居ようと思って結婚した相手でも、月日が経つごとにその気持ちは薄れて行くものです。

そんな時、素敵な相手に出会うと心が動いてしまうのも分からなくはありません。

しかし、その甘い蜜を吸うにはリスクが伴います。

そのリスクを把握していないと後悔する事になるでしょう。

結婚で失敗しないためには

最近では、離婚する事は珍しい事では無くなりました。

その為、結婚生活に不満があり心が疲れてしまうのであれば離婚してもいいと思います。

しかし、理想としては離婚しない事が一番です。

せっかく縁あって一緒になったわけですから、死ぬまで一緒に居る事が幸せと言えるでしょう。

その為には、離婚を回避する事が出来るいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

そのポイントを抑える事で、より安定した結婚生活を送る事が出来るようになります。

お互いが相手を思いやっているかどうか

結婚生活に不満を感じていると、ついつい相手の嫌な部分ばかりに目が行ってしまいます。

しかし、もしあなたが相手の立場だった場合自分のあら捜しばかりする相手に愛情を持つ事が出来るでしょうか。

離婚しない為の基本的な事の一つに、相手を思いやる心があります。

相手の気持ちになって考える事で、言葉選びも変わってきます。

出来ない所ばかりでは無く、出来る所を探していきましょう。

そうする事で、時分自身の心も落ち着き、より良い結婚生活を送る事が出来る事でしょう。

まだ巻き返せる!これから実践すべきこと

今離婚危機にあると言う方は、まずは自分の気持ちをしっかりと確認する事が大切です。

相手に離婚を言い渡してしまった方は、このまま離婚して後悔しないのかしっかりと検討しましょう。

もし、少しでも後悔する可能性がある場合には、絶対に離婚してはいけません。

付き合っている時とは違い、一度離婚してしまうとなかなか元の関係に戻る事は出来ません。

その為、少しでも後悔する可能性がある方は最後の最後まであきらめずに行動しましょう。

離婚理由は人によって様々です。

その為、まずは何が離婚の原因になってしまっているのかをしっかりと見極める事が必要になります。

改善する事が出来るポイントはすぐにでも改善する努力をしましょう。

日々のすれ違いから来る溝は、なかなか埋める事が出来ないでしょう。

その為、常日頃から相手の気持ちを意識して行動するように努める事が重要なポイントです。

結婚も人付き合い!相手のサインに注意して

離婚は、何も自分から切り出すきっかけばかりではありません。

自分は上手くいっていると感じている場合でも、相手は生活に不満を持っている場合があります。

突然の離婚宣告に驚く方が居ますが、相手の方はきっとずっと信号を送っていたのです。

人の気持ちは変わるものです。

例えどんなに好きな相手と結婚したとしても、顔を見るのも嫌な程嫌いになる事もあるでしょう。

その為、例え結婚したからと言って安心せずに常に相手が自分をどう思っているのかを考える必要があります。

相手のサインを見逃さず、関係を修復するチャンスを逃さない事が離婚を防ぐポイントと言えるでしょう。

まとめ

離婚の理由には様々な物があります。

他人から見たらくだらない事でも、当人にとっては大きな場合もあります。

その為、人はどんな理由で離婚するか分かりません。

最近では離婚することは珍しい事ではありません。

その為、我慢を重ねてまで結婚生活を維持する必要は無いでしょう。

しかし、縁あってせっかく一緒になった二人です。

分かれを決める前には、是非一度関係修復を考えてみてはいかがでしょうか。

自分が気が付いていないだけで、相手はあなたにサインを送っているかもしれません。

安定した結婚生活を維持している為には、相手の気持ちを常に考え思いやりのある行動を心がける事が必要となります。

【結婚失敗の事例については、こちらの記事もチェック!】