結婚は、人生において大きなイベントの一つです。

若い女性の中には、結婚に対して夢を抱いている方も少なくありません。

いつか結婚し、幸せな家庭を築きたいと誰もが思っています。

しかし、現実はそんな簡単なものではありません。

中には、相手との生活が上手くいかず離婚してしまう事もあるでしょう。

離婚する事は悪い事ではありません。

しかし、その決断を安易に出してしまっては後悔する事もあります。

その為、決断する前はしっかりと検討する必要があるのです。

今回は、結婚に失敗したかも…そう思った時に知ってほしいことを紹介していきます!

結婚しなければ良かった…

結婚とは、全く違った環境で育った二人が新たな家族となり生活を共にする事を指します。

その為、時には価値観の違いから喧嘩になってしまう事もあるでしょう。

そんな時、「こんな人と結婚しなきゃ良かった」「この結婚は失敗だった」などとついつい感情的になってしまう人も少なくないでしょう。

「失敗したら離婚」は正しい?

昔は、多くの方が結婚する事は当たり前と感じており、離婚などもってのほかと思われていました。

その為、どんな理由があろうと多くの方が耐えていました。

特に、女性の方は生活する為に結婚生活を続けていたと言う人も少なくありません。

しかし、今はそんな時代ではありません。

離婚する事は珍しい事ではなく、世間からの風当たりもさほど強いものではありません。

また、女性の多くが社会進出している事もあり経済的な不安も少なくなっています。

その為、もし結婚生活に不満を感じているのであれば離婚する事も選択肢の一つです。

ですが一時の感情で決断してしまうと後から後悔する事もあります。

その為、決定するまでにはきちんと考える時間が必要です。

最近の芸能界での離婚、理由は?

石井希さん、和島田亨さん。

協議離婚と言われていますが、そもそもの発端は奥さんである石井さんの度重なる浮気報道にあるようです。

米倉涼子さんは、数年にわたり離婚協議を重ね離婚となりました。

事実は分かりませんが、旦那さんからのモラハラが大きな原因の一つと言われているそうです。

大きなニュースになった乙武洋匡さん。

こちらは、かなり世間を驚かせたものでした。

聖人君主のようなイメージがあった方だけに、多くの女性とのスキャンダルはかなりのインパクトがありました。

一度は夫婦で再出発をしたものの、大きくできた溝は埋める事は出来なかったようです。

多忙な生活を送るTOKIOの山口達也さんは、次第に家族との生活にずれが出来てしまったようです。

本人も「妻と出会って16年以上、その中ですれ違い、性格の不一致とか簡単に片付けられないが、私が未熟で幼稚だった。自分のペースでいたので彼女が疲れてしまった」

と話している通り、大きな離婚理由があるわけではなくすれ違いの結果と言えるでしょう。

高島礼子さんと高知東生さん。

最も大きな原因は、元ご主人の高知さんの逮捕でしょう。

当初は支えるつもりだった高島さんも、周りからの大反対にあい離婚を決意したそうです。

奥さんがしっかり働いてくれるのを良い事に、浮気をし更に薬にまで手を出した高知さん。

高島さんを擁護する声が多く聞かれました。

満島ひかりさんと石井裕也さんは、結婚五年目での離婚です。

結婚している事を知らなかった方も多く、驚かれた事でしょう。

離婚の理由は生活のすれ違い。

5年の歳月をかけて少しづつ出来た溝は埋める事が出来なかったようです。

【離婚の原因については、こちらの記事もチェック!】

結婚に失敗したかも…原因は?


結婚に失敗したと感じる方の多くは、何らかの理由があります。

その理由によっては離婚も仕方なしと思えるでしょう。

ですが、その理由は、人によってまちまちです。

他人から見ればくだらないような内容でも、本人たちにとっては大問題の場合も多々あります。

離婚する事は悪い事ではありません。

しかし、回避する為に努力を行う事も必要でしょう。

多くの離婚の中から、特に多い理由をまとめて見ました。

自分に当てはまるものがないかを検討し、今後の生活に役立てられるようなポイントを探してみてはいかがでしょうか。

金銭感覚のズレ

愛があれば生活する事が出来ると考えるのは、夢物語です。

現実には、お金が無ければ生きて行く事は出来ません。

いくら愛し合って結婚したとしても、お金が無い状態はお互いの心が殺伐とし喧嘩を招く可能性も大いにあります。

安定した結婚生活を送る為にはお金が不可欠です。

お金の価値観が合わなければお互いに不満が溜まる要因となります。

また、お金に関する不満は日々の生活に大きな影を落とします。

それほどまでに、お金は大きな存在なのです。

結婚する前の二人は、お互いの事しか見えない程夢中になっている事でしょう。

しかし、その状況は必ず落ち着いてきます。

後になって困らぬように、事前のお金についての価値観はしっかりと話し合っておく必要があるでしょう。

性格が合わなかった

離婚理由で一番多く聞かれるのが、「性格の不一致」です。

結婚経験が無い方などは、性格なんて結婚する前に分からないのかと疑問に思う事もあるでしょう。

答えはNOです。

いくら長く交際し、同棲していたとしても分からない部分はあります。

また、性格の不一致とは他に言葉が無いだけであり、日々の生活の小さな不満が溜まった末に離婚する場合によく使われる言葉でしょう。

大きな理由は無いけれど、やっていけない。

そんな感情が「性格の不一致」とう言葉の中に込められています。

その為、性格の不一致と言う離婚理由の方の多くが長い期間結婚生活を行った末に離婚する場合が多くなっています。

熟年離婚もその一つでしょう。

ずっと我慢を続けた結果、ついに耐え切れなくなってしまうのです。

長い期間をかけて出来た亀裂はそう簡単に埋める事は出来ません。

その為、相手とのずれを感じたら早いうちに解決するよう心がけましょう。

生活リズムの違い

家族は、一緒に生活してこそ家族という考え方があります。

しかし、中には育児や仕事などで同じ時間を共にする事が出来ない家庭もある事でしょう。

生活リズムが合わないと、どうしても会話をする機会が減ってしまいます。

その為、お互いの気持ちを話す事が出来ず不満が出た際に解決する事が出来ません。

その為、生活リズムは家族を形成する中で大切なポイントとなっており、これにずれが生じると離婚理由となりえます。

妻・夫以外の人との浮気、不倫

一般社会は勿論、芸能界でも多い離婚理由に浮気があります。

一生一緒にいようと思って結婚した相手でも、月日が経つごとにその気持ちは薄れていくものです。

そんな時、素敵な相手に出会うと心が動いてしまうのも分からなくはありません。

しかし、その甘い蜜を吸うにはリスクが伴います。

そのリスクを把握していないと後悔する事になるでしょう。

結婚で失敗しないためには


最近では、離婚する事は珍しい事ではなくなりました。

その為、結婚生活に不満があり、心が疲れてしまうのであれば離婚してもいいと思います。

しかし、理想としては離婚しない事が一番です。

せっかく縁あって一緒になったわけですから、一緒に幸せな生活ができればそれが一番なのです。

その為には、離婚を回避する事が出来るいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

そのポイントを抑える事で、より安定した結婚生活を送る事が出来るようになります。

結婚前に相手の様々な面を見よう

結婚前に、マリッジブルーと言う言葉があるように、「この人とほんとに結婚してもいいのかな…?」と感じる時期がやってくると思います。

結婚前に、必ず相手の様々な面を見ておくことで、いよいよ結婚となった場合でもできるだけ不安な要素がなく、結婚することができるのかもしれません。

また、結婚してから相手の嫌な面を見てしまうのではなく、できるだけ結婚前に相手の嫌なな面も見ておくようにしましょう。

優しい面しか知らないのは危険

彼氏のいいところは?と聞かれて、「優しい所」と答える人は、ちょっぴり注意が必要です。

優しい面しか知らない事は危険なのかもしれません。

また、喧嘩になるといつも彼氏が謝り、喧嘩にならないようであれば、彼氏はおそらく我慢をしているのか、それともほんとに悪いと思っているのかどちらかになります。

もし、前者の場合我慢がいつかは爆発し、あなたのもとに返ってくることでしょう。

できるだけ結婚前に、彼の優しいところ以外の面を見つけるといいですね。

怒り方が一番肝心

彼氏が怒るときはどのように怒りをあらわしますか?

物に当たり散らしたり、あなたに暴言吐くような彼氏なれば、DVに発展したり暴力的な彼氏になることが考えられます。

怒り方でも、静かにあなたのことを考えてなだめるように怒る場合なら大丈夫かと思われます。

しかし、感情的になりやすく、怒りもなかなか抑えることができないような彼氏なれば、結婚してからも苦労させられることがあるかもしれません。

もし、あなたに子どもができ、暴力を振るような夫であれば、幸せになれないかもしれません。

結婚前に何度も喧嘩を経験しよう

結婚前に何度も何度も喧嘩を経験しておきましょう。

それって、悪いことじゃないの?なんて思われがちです。

しかし、結婚前に何度も喧嘩をしておくことで、彼氏の怒り方やどのように解決しようとするのかを知ることができます。

結婚前であれば、どれだけ喧嘩をして嫌な面を見ても、別れるだけで済みますよね。

でも、結婚してから喧嘩をして、相手の嫌な面を初めて見てしまったとしても、後に引くことができません。

どんなこともよく話し合う習慣をつけよう

男性は、基本的に喧嘩や話し合うことを嫌う性質にあります。

もちろん、喧嘩が好きな人はいないでしょう。

しかし、自分の気持ちが上手く伝えられなかったり、喧嘩は口で負けてしまう場合、話し合うことに慣れていないことも考えられます。

そのため、結婚する前にどんなことでもよく話し合えるような習慣を身に付けておくと良いでしょう。

いくら彼氏が話し合いがめんどくさいといっても、これから結婚をし生活をしていく上で、ささいなことでも話し合えるような習慣につけておきましょう。

そうすることで、2人の夫婦生活も仲良く過ごしていけるのではないでしょうか?

それが、絆になり、また、家族となって信頼関係にもつながっていくのです。

勝手に相手の気持ちを推測しない

何も話し合わずに、相手の気持ちばかりを想像し決めつけないことが大切です。

きちんと相手の気持ちを聞けたときにだけ、相手の気持ちを感じるようにしましょう。

あなたの憶測だけで勝手に判断をしてしまったり、相手の本音を聞かないまま過ごしてしまっていては、いずれ彼氏から「すれ違いが多い」「気持ちがなかなか伝わらない。」などと思われたり、言われたりしてしまうことでしょう。

彼氏をそんな気持ちにさせないためにも、きちんと普段から話し合うことを見つけ生活していけるようになるといいですね。

相手が自分のことを理解してくれていると思い込んではいけない

お付き合いをしている時にうまくいっていたからといって、相手があなたのことをきちんと理解してくれる!とは、限りません。

同じ屋根の下で生活する訳ですし、赤の他人同士、当然理解しがたい時もあるのです。

もし、あなたが「私たちは大丈夫」と思っているなら、それはちょっと危険かもしれません。

まずは、どれだけ仲のいいカップルでも最後までは理解し合えるかは分からないと、考える方が自然なのかもしれません。

そのような考えで、もし意見が合わない時が来たら?

あなたは、きっと相手に落胆や幻滅してしまうことでしょう。

まずは、勝手に相手が自分の事を理解してくれるとは思い込まないようにしましょうね。

言いたいことを我慢してため込まないようにしよう

結婚するにあたり、我慢はよくありません。

時々、「結婚は我慢の連続」や「結婚は墓場」などと仰る人がみえますが、そのような事はありません。

もし、結婚する相手がそのような事を言っているのであれば、遊び足りないのか、あなたのことを理想とする結婚相手として見られないのかもしれません。

そんな相手と結婚することで、とにかく「私が我慢すれば良い」など思うことはありません。

無理した結婚生活は、あなたの我慢の限界とともに終わりを告げる事でしょう。

我慢はいずれ爆発する

そう、我慢はいずれ爆発してしまうのです。

あなたがどれだけ我慢しようと、我慢している事すら相手が気付いていなければ、いつまでも我慢し続けなければなりません。

あなたが、我慢する事に慣れるのか、考え方を変えるのか?などをしなければ、なかなか結婚生活を続けて行くのは難しいのかもしれません。

あなたが我慢する事で、上手くいく結婚生活は、あなたの我慢により成り立っている結婚生活なのです。

いずれは、それが爆発し結婚生活にもピリオドが来ないように、何とか我慢し続けてしまうことだけは避けたいところです。

相手の結婚後の夢や目標を把握しよう

相手の人がどのような夢や目標掲げているのか、また達成しようとしているのかきちんと把握しておきましょう。

また、夢ばかり追いかけているような相手と結婚したところで、あなたが苦労してしまうことも考えられます。

また、高い目標やキャリアを目指している場合、それを支えられるだけのあなたの心構えや、気持ちなども大切になってきます。

相手のことを全く知らず、夢や目標の話をしたことがなければ、あなたが思い描いていたような結婚生活は難しくなるのかもしれません。

夢や目標を共有し一緒に目指そう

夢や目標をお互いに共有し合いましょう。

夢や目標を話し合うことで、お互いに協力したい気持ちや、夢に向かって突き進む支えになってくれるかもしれません。

もし、あなたの夢や目標があるなら、きちんとパートナーとなる人には話をしておくべきでしょう。

結婚してから話すのではなく、夢や目標があることをきちんと伝え、その上で人生のパートナーになってくれるかを確認する方が、相手もあなたに協力しやすいかもしれません。

また、同じ夢や目標持っている場合、さらに同じ目標に向かって突き進むことができますので、やる気も2倍になるでしょう。

このように、相手の夢や目標、またあなたの夢や目標を共有しておくことで、お互いが支えになれるだけでなく、結婚してからもその夢や希望を支え合えるパートナーになれるかもしれません。

相手だけでなく親や友人の性格もよく見よう

結婚を考えている相手だけでなく、そのご両親やご兄弟、友人などの性格もよく見てみましょう。

赤の他人ですので、仲が良い、仲が悪いだけでなく、うまくやっていけるのかを確認する方がいいですね。

また、親や兄弟など結婚してからも仲良くしないといけない関係が続くのであれば、なおさらきちんと性格を把握しておきたいものです。

さらに、結婚相手の友人にはどのような人たちがいるのでしょうか?

結婚相手の友人は、結婚相手の性格や姿を映し出す鏡になっている場合があります。

一緒にいると居心地が良い、幼馴染で昔から仲が良い友人など相手の性格を知ることで、その人の性格を知ることができるかもしれません。

相手は親に依存していないか要チェック

また、あなたが結婚を考えている相手がマザコンだったり、いまだに親にスネをかじっていたり、親なしでは生きていけないような考え方や、まだまだ親離れ子離れができていない関係性であれば、結婚した相手が苦労します。

また、ご両親のことを大切に思う気持ちは良い事ですが、それが行き過ぎてしまうことで結婚したい体の負担にも変わります。

さらに、お互いに溺愛しすぎた関係であればさらに肩身が狭くなる思いをすることでしょう。

親子で仲が良い事はとても素晴らしいことですが、行き過ぎてしまう関係であれば、お互いに依存している可能性が高くなると考えられます。

互いに依存した関係であれば、「依存している」と言う気持ちに気づきにくいことと、自立することが難しくなってしまいます。

どちらにしても、親に依存するような相手とは距離をおきたいと感じるものです。

自分たちの結婚を快く思っていない人はいないか確認しよう

さらに、結婚相手の親や友人、兄弟などすべてを含めて自分たちの結婚を快く思っていない人がいないかを確認しておきましょう。

そのような相手とはトラブルになりやすく、結婚を反対される可能性も考えられます。

きちんと自分たちのことを理解し、万が一自分たちの結婚を快く思っていない人がいる場合、2人で解決方法考えていくか、また別々のパートナーを選ぶのかを話し合っていく必要がありそうです。

相手が自分のどんな部分を直して欲しいと思っているか把握しよう

結婚を決めた場合、相手が自分のどのような部分を不快に感じていたり、直してほしいと感じているのかを話し合っておきましょう。

自分の欠点や直してほしいところはなかなか自分ではわかりません。

これから一生を共にしていく相手と、心地良く結婚生活を送るためには、自分自身が見直さなければならないこともあるのです。

嫌な点は我慢せずに早期解決しよう

結婚をしてから嫌な部分を直してほしいと言われても、なかなか癖のようなところもあり直にくいことも考えられます。

結婚してしまうことで、安心してしまい「まぁいいか…。」なんて言う気持ちになる前に、きちんと自分の直してほしいところ治せるようにしておきましょう。

また、相手の嫌なところや自分の嫌なところは我慢せずにお互い話し合い、早期解決を目指すようにしていきましょう。

このようなことを繰り返していくうちに、大きな問題に発展することがなくなります。

相手を信じて愛し続けられるか自問自答しよう

とにかく、相手を信じ愛し続けられるかどうかをじっくり自分の内面と見つめ合いながら考えていきましょう。

どんなことがあっても相手を愛し続けることができるのか?

相手が浮気をしたら?

様々な不安や想像で、相手の愛を不安に感じてしまうことがあるようです。

しかし、結婚をすると言う事は相手を信じ、愛し続けていかなければなりません。

結婚してから愛し続けられるか自問自答するのでは遅いのです。

結婚する前から相手を信じ、愛し続けられるかを考えながら行動していきましょう。

少しでも不審な点があるならクリアにしよう

もし、あなたに不安な部分や相手を不審に思う部分があるなら、その点をじっくり話し合いましょう。

相手が嫌な顔したり話し合いに応じてくれない場合、やましいことがあるのかもしれません。

少しでも不審な点がある場合、早めに解決しておく必要もありそうです。

また、異性にだらしない人であれば、結婚してからもその異性にだらしない部分に悩まされることでしょう。

お金にだらしなくないかチェック

異性関係の次に金銭問題などがないかを確認しましょう。

お金にだらしない面がある場合、結婚生活にもその影響を及ぼすことが考えられます。

結婚前にきちんと把握しておく必要がありそうです。

さらに、お金にルーズな部分や、ギャンブルにはまる様子、友人関係にまでお金の問題を抱えていることがないかなども確認しておきましょう。

借金はないか

身内や友人以外からも借金をしている場合、その金額はかなり大きいものと考えられます。

借金をしていることで、あなたの結婚生活にも支障きたすことが考えられます。

結婚前に、きちんと借金はないかなど確認しておくことが必要です。

浪費癖はないか

借金はないかに続き、浪費癖がないかを確認しておきましょう。

浪費癖があることで結婚生活が苦しくなり、生活費が足りなくなることも考えられます。

生活費が足りなくなれば当然2人で生活してことが難しくなります。

このように、金銭問題や借金問題を抱えていないか、結婚前に確認しておく事は非常に大切なことになります。

お互いが相手を思いやっているかどうか

結婚生活に不満を感じていると、ついつい相手の嫌な部分ばかりに目がいってしまいます。

しかし、もしあなたが相手の立場だった場合自分のあら探しばかりする相手に愛情を持つ事が出来るでしょうか。

離婚しない為の基本的な事の一つに、相手を思いやる心があります。

相手の気持ちになって考える事で、言葉選びも変わってきます。

出来ない所ばかりでは無く、出来る所を探していきましょう。

そうする事で、時分自身の心も落ち着き、より良い結婚生活を送る事が出来る事でしょう。

まだ巻き返せる!これから実践すべきこと

今離婚危機にあると言う方は、まずは自分の気持ちをしっかりと確認する事が大切です。

相手に離婚を言い渡してしまった方は、このまま離婚して後悔しないのかしっかりと検討しましょう。

もし、少しでも後悔する可能性がある場合には、絶対に離婚してはいけません。

付き合っている時とは違い、一度離婚してしまうとなかなか元の関係に戻る事は出来ません。

その為、少しでも後悔する可能性がある方は最後の最後まで諦めずに行動しましょう。

離婚理由は人によって様々です。

その為、まずは何が離婚の原因になってしまっているのかをしっかりと見極める事が必要になります。

改善する事が出来るポイントはすぐにでも改善する努力をしましょう。

日々のすれ違いから来る溝は、なかなか埋める事が出来ないでしょう。

その為、常日頃から相手の気持ちを意識して行動するように努める事が重要なポイントです。

結婚も人付き合い!相手のサインに注意して

離婚は、何も自分から切り出すきっかけばかりではありません。

自分は上手くいっていると感じている場合でも、相手は生活に不満を持っている場合があります。

突然の離婚宣告に驚く方がいますが、相手の方はきっとずっと信号を送っていたのです。

人の気持ちは変わるものです。

例えどんなに好きな相手と結婚したとしても、顔を見るのも嫌な程嫌いになる事もあるでしょう。

その為、例え結婚したからと言って安心せずに常に相手が自分をどう思っているのかを考える必要があります。

相手のサインを見逃さず、関係を修復するチャンスを逃さない事が離婚を防ぐポイントと言えるでしょう。

まとめ

離婚の理由には様々な物があります。

他人から見たらくだらない事でも、当人にとっては大きな場合もあります。

その為、人はどんな理由で離婚するか分かりません。

最近では離婚することは珍しい事ではありません。

その為、我慢を重ねてまで結婚生活を維持する必要は無いでしょう。

しかし、縁あってせっかく一緒になった二人です。

分かれを決める前には、是非一度関係修復を考えてみてはいかがでしょうか。

自分が気が付いていないだけで、相手はあなたにサインを送っているかもしれません。

安定した結婚生活を維持していく為には、相手の気持ちを常に考え思いやりのある行動を心がける事が必要となります。

【結婚失敗の事例については、こちらの記事もチェック!】