彼女のご両親に挨拶することが決まり、彼女のご両親がどのような方なのか、気になりますよね。

また、結婚の報告などする場合や、これから交際をしていく上で挨拶をしておきたい…。

などと言う方に、いくつかの気をつけるべき点についてご紹介していきます。

今回は、あくまでも彼女のご両親に挨拶するときの注意点になります。

結婚の報告などをしに行く場合や、お付き合いを始めるにあたり一言、彼女のご両親に挨拶しておきたいと言う方の記事になります。

彼女のことを大切に思うからこそ、ご両親にきちんと挨拶したいと言う気持ちになりますよね。

是非、参考に彼女のご両親に挨拶するときに気をつけるべきことを実践してみてはいかがでしょう?

彼女の両親に挨拶することが決まった!厳しい両親らしい・・・。どうしよう。

まずは、彼女のご両親に挨拶することが決まれば、どんなご両親なのか気になりますよね。

特に、彼女のご両親が厳しい方だとお聞きしているなら、なおさらのこと自分の振る舞いや言葉遣いなどには気をつけなければなりません。

また、あなたが何気なくご両親に話した言葉でも、相手からは不快に思われてしまう言葉になることもあります。

特に、礼儀にうるさいご両親や、厳しいと彼女から聞いているようなご両親であれば、下手なことはできません。

何とか、失敗を招いてしまわないためにも、どのようなことに気をつけなければならないのか?

あらかじめ学んでおく必要があります。

失敗はしたくない!彼氏が気を付けるべき16個のこと

さて、ここからは「失敗はしたくない!特に彼氏が気をつけなければならないこと」についていくつかご紹介していきます。

また、失敗をしたくない気持ちがあってもついつい緊張のあまり、失敗しやすいことなどにも注目し、気をつけていかなければなりません。

彼女との交際や、結婚を真剣に考えている気持ちをきちんと伝えなければなりません。

彼女のご両親に不快な思いをさせないためにも気をつけるべきことをきちんと理解し、2人が無事にご両親から認められるよう、発言や振る舞いなどには十分に注意するようにしてください。

1.こんな服装はダメ!服装で気をつけることとは?


まずは、第一印象でその人の大まかな部分がわかってしまう、髪型や服装などお気をつけましょう。

特に、こちらのコーナーでは彼女のご両親に挨拶に行く際に、失礼のない服装などをご紹介していきます。

まずは見た目に失礼がないよう、服装には充分に気をつけておきましょう。

また、彼女のご両親から好印象に見られるように、みなりや服装などは気をつけておかなければなりません。

乱れや、ヨレ、シワなどもあなた自身を表すポイントになります。

できるだけ、「だらしなさ」のような部分が出ないよう気をつけていきましょう。

さらに、彼女のご両親から好印象に見られるような清潔感のある服装を心がけ、できるだけ当たり障りがないようにしておくことがおすすめです。

ド派手な格好

普段から原色が好きな人や、奇抜な格好で目立つことが好きな人、ファッションで注目されたいと思う人であれば、ど派手な格好を好んでいる傾向にあります。

また、自分が好きなアーティストの真似や、芸能人やモデルなどのファッションをお手本にしていることも考えられます。

しかし、そのような格好では、彼女のご両親が厳しい人であれば、あなたのことを受け入れられないかもしれません。

ここは、ど派手な格好を封印し、好青年のような爽やかな印象のファッションになるよう、気をつけなければなりません。

彼女との普段のデートでは、ど派手な格好も彼女を喜ばせるポイントになるかもしれません。

しかし、ご両親に挨拶行く際にもど派手な格好をしてしまうことで、あなたの印象が悪くなるだけでなく、場をわきまえることのできない人などと思われてしまうことがありますので気をつけたいところです。

毛玉やよれが目立つ服装

また、爽やかなファッションをしていてもシワやよれ、毛玉などが目立つ服装を着ていけば、こちらもまただらしない格好に見えてしまいます。

女性ほどだらしがないと思われる事はありませんが、毛玉や揺れが目立つような服装をしていては、好印象に見られるどころか清潔感のないファッションに見えてしまいます。

清潔感のない服装に見えてしまうことで、あなたの普段の生活がだらしないものなのかな?と誤解を与えてしまうこともあります。

特に彼女のご両親が厳しい人なら、なおさらのこと服装のシワやよれ、毛玉などには充分に気をつけておきたいところです。

見た目で損をしてしまうことがないよう、第一印象や見た目からよくしておくべきでしょう。

2.手土産で気をつけたいこととは?

手土産などで気をつけたいこともあります。

手土産を持っていく際に、必ずしておくことで彼女のご両親から好印象になることもあります。

さらに、手ぶらでお伺いしたり、明らかに安っぽいような手土産で相手のご両親にご挨拶に行くこともやめておきましょう。

また、高すぎる手土産ではかえって相手に気を使わせてしまいます。

あなたの身の丈にあったお値段のお菓子を選ぶことと、ご両親からもウケの良い手土産を持っていくことがベストです。

手土産は、あなたの気持ちになります。

あなたの身の丈にあった素敵な手土産を選ぶことで、あなたの好感度も上がることでしょう。

事前に相手の好きなものをリサーチ

まずは、事前に相手の好きなものをリサーチしておきましょう。

彼女を通して、好きなものをリサーチすることで、相手のご両親を少しでも喜ばせるような手土産を選ぶようにしてください。

また、和菓子が好きなのか?洋菓子が好きなのか?

それとも、お酒を送られると嬉しいのか?

など、さまざまな方面から考えておく必要があります。

一般的には、和菓子や洋菓子などをもっていく傾向が強いといえます。

お取り寄せできるようなちょっぴり値の張る手土産や、彼女からご両親の好きなものを聞き出し、それを手土産として持っていくのもいいですね。

このように、手土産を事前にリサーチし、手ぶらでご両親に挨拶に行くことのないよう余裕を持って準備しておきましょう。

受けがいい手土産

特に、ウケの良い手土産は、和菓子屋洋菓子などの箱開けてすぐに食べることができるものになります。

ご家庭によっては、お客様からいただいた手土産をお茶のお菓子として出すご家庭もあります。

その場で、「おいしいね。」などと言いながらお菓子を食べることで、会話が弾むこともあります。

特に有名な和菓子店のお菓子や取り寄せをするようなお菓子は特に人気があります。

また、一つ一つ小分けになった手土産がオススメです。

バームクーヘンやロールケーキなどのような箱開けてからも手作業が必要な手土産は、すぐにお茶菓子として出すこともできません。

手土産を必ず出すと言うわけではありませんが、小脇になりすぐに食べられるような手土産がお勧めです。

また、手土産を持っていくにあたり、食べ物以外のものや食器など、残るようなものはやめておきましょう。

あくまでも、お菓子や、お肉など食べられるものがベストです。

高級なお肉などは桐箱に入り梱包等がゴミになってしまうこともありますが、彼女のご家庭でみんなで楽しくお肉を食べていただきたいと思うような気持ちから、喜ばれる場合もあります。

失礼に当たる手土産

失礼にあたる手土産としては、お酒やタバコなど誰か1人しか喜べないような手土産はやめておきましょう。

家族みんなでシェアできるような手土産がおすすめです。

そのように考えても、やはり食べ物の方が無難になります。

あなたの家族がもらって嬉しい物や、どのご家庭にあっても喜ばれるようなものを手土産として持っていくことがおすすめです。

値段は高すぎず安すぎず

あまり、値段が高すぎるものは、かえって相手に気を使わせてしまいます。

さらに、安過ぎるものであれば、相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。

お値段は、高すぎず安すぎずあなたの身の丈に合ったお値段を選ぶようにしてください。

大体、一般的な手土産としては3000円から5000円位の間の手土産が高すぎず安すぎず、安心価格になります。

あくまでも参考に、あなたの収入に見合ったお値段のお土産を選ぶようにしてくださいね。

▼【関連記事】手土産におすすめの品はこちらの記事を先にチェック!
結婚挨拶の手土産におすすめの品11選!相手の親に好印象を持ってもらえる渡し方マナー!

3.実家に伺う際はどれくらい前に行くのがベスト?

ここで気になるのが、実家に伺う際どれくらい前に行くのがベストなのでしょうか?

30分以上前など早く行き過ぎても、相手にとって失礼になる場合があります。

また、相手のご家庭に準備ができていないことも考えられるため、あまりに早く行き過ぎてしまうのも、よくありません。

また、時間ぴったりに行くより少し早めに到着しておく方が、より好印象になります。

彼女のご家庭が厳しいおうちであるなら、なおさら時間には気をつけなければなりません。

遅刻してくるなんて論外です。

やはり、実家に伺う際は、10分前から5分前位がベストだと言えそうです。

4.父親を刺激しない言葉選びをしよう


特に、父親は大事な娘と交際したり結婚したりするわけですので、娘のことを悲しい思いにさせたり不幸にするような男性とはお付き合いすらして欲しくないと考えています。

そこで、特に同性である父親を刺激しないような言葉選びをするよう気をつけなければなりません。

ここで失敗してしまうと、2人の結婚することはおろか結婚の話すらできなくなってしまうことも考えられます。

このように、父親を刺激しないような言葉選びをすることにより、父親を尊敬するような立場で、会話を続けていくと良いでしょう。

決して、仲良くなりたい気持ちからなれなれしくしすぎるのはやめておきましょう。

きちんと、父親に対して敬意を見据え、自分自身が受け身であることを伝えていきましょう。

お父さんはNG!

特に、結婚も決まっていない家から「お父さん」と呼ぶのはやめときましょう。

相手に対して失礼に当たるだけでなく、「結婚を認めないのにその呼び方で呼ばれたくない。」などと思われてしまうこともあります。

このように、結婚が決まった後などに「お父さん」と言うことなら相手も了承してくれることだと感じますが、何も決まっていないうちから「お父さん」と呼んでしまう事は相手に対して失礼にあたる場合がありますので気をつけておきましょう。

5.手土産の渡し方

特に、手土産の渡し方は失礼がないように渡す事はもちろん、まずは玄関を入って履物を揃えてから渡すタイミングを見てみましょう。

また、そのまま彼女のお母さんが「お上がりください」と、言われれば案内されたお部屋に座ってから手土産を渡すようにすると失礼がないようです。

このように、失礼のない手土産の渡し方やタイミングを考えておくことで、相手に不快な印象を与えることを避けることもできます。

6.やばい言葉遣いで家族が心配に!敬語を復習しよう

あなたの敬語は大丈夫ですか?

相手に失礼にあたる言葉遣いや、へんてこな日本語、間違った文脈など、話し言葉がやばいだけで、家族が心配になってしまうこともあります。

もし、自分がきちんとしている人間であるということを示したいのであれば、正しい敬語を復習しておきましょう。

正しい敬語の使い方や、話言葉など基本的なことを学ぶだけでなく、マナーにつながります。

正しいマナーや話言葉を話すだけで、よりあなたのことが好印象に見えることでしょう。

7.意外に見られてる食事の仕方!

もし、ご両親と食事をする席であれば食事の仕方など気をつけておかなければなりません。

意外に食事をする姿は見られていることもあります。

食事をしている姿が、汚く見えたり、ガチャガチャと音を立てて食事をしている姿に、残念な気持ちになってしまうこともあります。

また、食事をする姿は、あなたの育ってきた環境を表してしまうこともあります。

心配な方であれば、いちど自分の食事の仕方などを客観的に見てもらい、マナーよく食べることができるよう直しておくといいですね。

8.表情で家族から気持ちを読み取られる!?ちょうどいい表情とは?


特に、思ったことがすぐ顔に出てしまったり、目は口ほどにものを言うと言う言葉が似合う人にとっては、口から出る言葉より相手に衝撃を与えてしまいます。

普段から、表情を作る練習をしておき、できるだけ顔に感情が現れないようにしてください。

また、顔に感情が現れてしまうことで相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。

感情が表情に出てしまうことで、我慢できない幼い雰囲気に見えてしまう場合もあります。

できるだけ、感情が表情に現れないように、鏡の前で練習しておきましょう。

9.一週間前くらいから準備しておきたい!普段だらしないのがバレない方法

彼女のご両親が厳しい人であると言うことを聞いているのであれば、あなたのだらしなさがバレないように準備をしておかなければなりません。

ただし、ここでの方法は応急処置的な方法になりますので、正しい方法とは言えません。

しかし、1週間位前から普段だらしがない姿を見せないためにも、生活習慣を見直したり生活環境を整えておく必要がありそうです。

そうすることで、普段だらしがない姿をさらけ出すこともなくなりそうです。