CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ホスピタリティとはどういう意味?使い方・例文・類語・対義語・英語表現 やホスピタリティ精神を持つための5個の方法を解説


近年、TVや雑誌などの多くのメディアで「ホスピタリティ」という言葉を目にする機会が多くなってきました。

よく目にはするけれど、その意味についてはイマイチ分かっていないなんて人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「ホスピタリティ」とはどういう意味なのか、そして使い方や類語・対義語・英語表現などについて解説していきます。

またホスピタリティ精神を持つための方法もご紹介したいと思います。

この記事の目次

ホスピタリティとはどういう意味?

ホスピタリティには「①おもてなし」、「②思いやり」という意味があります。

主にサービス業や医療・福祉現場などで使われている言葉です。

サービス、医療、福祉の現場においてよく使われる言葉


ホスピタリティというのは主に「思いやり」「心をこめたおもてなし」という意味のある言葉になります。

元々の語源は英語の「ホスピス」で、そしてこのホスピスというのは巡礼者や旅行者・病人を厚くもてなす宿泊施設を表す言葉なので、そこからこのホスピタリティの意味も生まれるようになったわけですね。

そのため現在でも同じようにお客や病人をもてなす仕事、つまりサービス業や医療・福祉現場でよく使われていて、そしてそんなお客や病人に対して「深い思いやりを持って心を込めて尽くす」という意味を持つ言葉となっています。

ちなみに分かりやすい具体的な職場でいえば、ディズニーリゾートが挙げられるでしょう。

ディズニーリゾートは昔から思いやりのあるおもてなしで有名ですし、高い評価をするお客もたくさんいます。

実際ディズニーはメディアなどから「ホスピタリティの高い場所」なんていう風に言われることも度々あります。

相手に心を込めて尽くすことが重要

ホスピタリティというのはただの接客などではなく、「相手に対して思いやりを持って心を込めて尽くす」こういった接客・対応を指す言葉になります。

つまりただ単にお客や病人の相手をすれば良いというわけではなく、いかにお客や病人のことを考えて動きそして喜んでもらえるような接客ができるか、ということが重要なわけなんですね。

例えば、相手の求めていることを実際に頼まれる前にこちらが先に気付いて対応してあげたり。

あるいは相手が何か頼んできた時、求められていることをそのまま行うだけでなく、必要だったらそれ以上の望みを叶えてあげるなど。

こういう普通よりも一段階上の、レベルの高い接客のことですね。

要はただの仕事と思わず、本当に相手のためを思って動くこと。

そういった行動を真のホスピタリティと言えるようになるわけです。

サービスとの違いは?

ホスピタリティはよく「サービス」と同じ意味のように捉えられることもありますが、この2つはまるで違うものになってきます。

お客の望み通りに動くなど、確かに似たようなものではあるんですが、これも意味を見ていくと実は正反対のものというのが分かってきます。

というのもサービスというのは元々はラテン語で「仕える」「召使」を意味する「servus」という言葉が語源になっているとされていて、お店などのスタッフがお客のために動くというのがハッキリ義務付けられています。

つまりそういう義務・仕事だからやっているというだけで、心から相手のために動いているわけではないということになるんですね。

だから相手に思いやりを持って尽くすという意味のホスピタリティとは似ているようで、本当はまったく違うものということになるわけです。

実は日常生活でも使える言葉

仕事の場面において重要な意味を持つホスピタリティですが、実は仕事だけでなく日常生活でも使える言葉なのです。

何故なら思いやりを持つことや、相手のために尽くすことというのは、普段の生活でもできる機会は多いものですし、何かと必要なものになってきますよね?

例えば、家族や友達のことを思いやったり、恋人のために何かしてあげたり。

むしろそういった日常生活で関わる人達の方が自分にとっては身近な存在になるわけですから、より大切と言えるでしょう。。

なので、多くの人が普段からホスピタリティの考え方を心掛けて、そして実践していくというのも非常に重要になってくるというわけなんですね。

ホスピタリティの使い方と例文


ホスピタリティにどんな意味があるか、ということについては大体分かっていただけたでしょうか?

「人のために心を込めて尽くす」そんな素晴らしい意味のこもった結構深くて素敵な言葉でしたよね。

そこで続いては、このホスピタリティという言葉を実際に仕事や生活の中で用いる時はどう使えばいいのかを様々な例文を通してご紹介していきたいと思います。

実際に使う時の例文

お話したように、ホスピタリティというのは基本的にお店や医療現場などでの接客・対応のあり方を指す言葉になります。

実際にもそういった場所や場面で使われることが多くなってきますね。

例えば職場で上司から部下、あるいはスタッフ同士の仕事上の会話の中で、「ホスピタリティを忘れずに接客しよう」「ホスピタリティを向上させていこう」なんていう風に、やはりどんな接客が大事か・どんな心掛けが大事か、というのを伝える時などに使える言葉になってきます。

またそういったお店などに行ったお客が感想を伝えるなんて場面の時にも使うことができますね。

例えば「このお店はホスピタリティが素晴らしい」「あそこはホスピタリティが感じられないからもう行きたくない」など、こういう使い方になりますね。

意味的には深い言葉ですが、いざ使いたい時は「思いやり」「おもてなし」の代わりに当てはめる言葉という風に考えれば一気に使いやすくなると思います。

まだ日常会話でよく聞く言葉というほどではないので、実際に使っている人も少ないかもしれませんが、チャンスがある時にぜひ会話の中に取り込んでいってみてはいかがでしょうか?

ホスピタリティ精神を持つための5個の方法

ホスピタリティというのは「相手のことを思いやること」「心を込めたおもてなしをすること」という素晴らしい意味を持つ言葉になります。

こういった素晴らしい意味の言葉というのは実際の会話の中で使うだけでなく、やはりまずは「その言葉の持つ意味・精神をしっかり理解し心掛けそして実践していく」、というのが1番大切になってくるのではないでしょうか?

つまり人のために動こうという思いやりの心、ホスピタリティ精神を持つようにするということですね。

そこでここからは、そんなホスピタリティ精神を当たり前のように持てるようになるためには普段どんなことに気を付けていったら良いのか、そのオススメの方法についてもご紹介していきたいと思います。

1.挨拶

先程の意味の紹介のところで、ホスピタリティは一段階レベルの高い接客・対応をすることなんてお話もしました。

そういう行動だって、まずは人として基本的なマナー・思いやりのある行動がとれていなければ当然できるわけがありませんよね。

そこでまずポイントとなってくるのが、挨拶です。

挨拶というのは日頃何も考えず普通に行っているという人も多いかもしれませんが、人と人が接する上でのなによりの基本と言われています。

第一印象や、その後相手がどういう気持ちで過ごせるようになるかというのを左右するものになりますからね。

相手のことを考えて心を込めて行う、というのが求められる基本的な行動になるわけです。

実践していけば、自然とその思いやりの心が身に付くようになっていくというわけなんです。

なので仕事においても日常生活においても、やはり挨拶は日頃からきちんとできるよう心掛けていった方が良いということなんですね。

気持ちのよい挨拶を極める

では具体的にきちんとした挨拶というのはどうすれば良いのか?

それは執事のようにものすごく丁寧な言葉を使うとか、高級料亭の女将のように座礼をして迎えるとか、そういうことでは決してありません。

言うことややることはいたって普通で良いんです。

ただ、相手を不愉快にさせない気持ち良い挨拶を心掛けるようにしていけば良いんですね。

もっと具体的に言うのなら、やはり笑顔でハッキリとした言葉で挨拶、というのが基本になってくるでしょう。

そういう挨拶は見ていて非常に気分が良くなるし、相手を元気にさせる効果もあったりしますからね。

どんな時でもとりあえずきちんとハッキリ「おはようございます」「いらっしゃいませ」などという風に挨拶できるようにすると良いでしょう。

それだけでも印象はグッと良くなると思いますよ。

第一印象が素晴らしいものになるように

またお話したように、挨拶というのは第一印象が決まる大事な場面でもあり、その後相手が自分に対してどんな感情を抱くようになるかを左右してしまうものでもあります。

なので先程の笑顔でハッキリ、というのもそうですが、他にも様々な点に注意をしてなるべく相手に好印象を与えるような挨拶をすることがポイントになってきます。

例えば人の印象はやはりパッと顔を合わせた時の見た目が重要と言われているので、服装や髪型などにも気を付けて清潔感を出すようにしていった方が良いですね。

また人というのは意外と声のトーンでも印象が左右されやすいものなので、安心感を与えるようなるべく明るい声で挨拶をするというのもオススメです。

そうして細かいところにまでしっかり気を使った挨拶ができるよう心掛けること。

これも非常に大事な思いやりになってきますよ。

2.笑顔

先程の挨拶のところでも出てきましたが、やはり笑顔というのも周囲の人の気分を良くするものです。

場の空気を和ませるために必要なものだったりもしますよね。

特に接客などの仕事においては、お客の気分を害したりしないためにとても大事なものになってくるでしょう。

もちろん日常生活において、家族や友人の前で笑顔を見せるようにしなければならない機会というのも度々あると思います。

ただ笑うだけなら一見簡単なことのように思えます。

ですが、周囲の人のために常に笑うようにするとなるとなかなか難しいことにもなってきますよね。

なので、実はこれも気遣いや思いやりの心が非常に重要となる行動なのです。

そして、いつも心掛けるようにしていけば、それだけその精神が鍛えられるようになる行動ということになります。

ホスピタリティ精神を持てるようになるために、とてもオススメな方法になってくるというわけなんですね。

柔らかい表情を意識して

ではこの場合はどういったところに気を付けていけばいいのか?ポイントとしては常に笑顔というより、常に柔らかい表情を意識するようにしていく、というのが1番良い方法になってくると思います。

何故なら「笑うようにしなければ」と考えようとすると人は、本当にハッキリした笑顔を意識して実際そういう表情を作るようにしてしまいます。

それだと変に疲れて笑顔のキープが余計に難しくなってしまうからです。

またそうして無理矢理作った笑顔は、なんだかぎこちなくなってかえって印象が悪くなってしまったりすることもあります。

なのでこういう場合は笑顔ではなく、柔らかい表情くらいを意識した方が逆に効果的です。

これなら無理なく自然な表情を作り出せるようになるので、ぎこちなくなったり疲れてしまったりすることもありませんからね。

しかもその程度の表情でも結構笑っているように見えるものなので、相手を不快にさせるなんて心配も全くなかったりするんですよ。

良い表情には良い心境も大切

ちなみに先程、笑顔にも気遣いや思いやりの心が非常に大事というお話もしましたが、実はこれ良い表情を作るためには大切なことになってくるんです。

というのも人というのはどんなに上手に表情を作ろうとしても、やはりその時の心境や相手への感情などもどうしても表情に滲み出てしまうもの。

そのためそれによって表情も多少変化し、相手に与える印象も変わってきます。

つまりは心の底から笑ったり柔らかい気持ちにならなければ、それを表情にきちんと出すということはできないというわけです。

表情の前にまずは心境を作ることから意識をするようにしていくというのもとても大事になってくるわけです。

相手を笑わせたいとか癒してあげたいという風に思うのも良いですし、自分が楽しい気持ちや嬉しい気持ちになってもOKです。

とにかくまずは自分が落ち着いて良い心境を作り上げて、それを自然と表情にも出せるようにしていきましょう。

3.何が望まれているのか

これも先程意味のご紹介のところでお話しましたが、ホスピタリティというのはいかに相手のことを考えて、相手に喜んでもらえるよう動けるか、こういった対応ができることが重要となってきます。

そしてそれには当然相手の希望を瞬時に察知する、という力も非常に必要になりますよね。

なのでそういった力を付けるために、日頃から相手が何を望んでいるのかを考えるようにする、という風にするのもとても効果的です。

そうすることによって、自然とホスピタリティ精神も身に付けられるようになっていくんですよ。

これも一見とても難しそうなことですが、人の言動には必ず何を望んでいるかというのが分かるようなヒントが表れやすいものです。

そこを注意深く見ていけば必ずできるようになるはずです。

とにかくまずはしっかり観察するなどして、色々周囲に気を配るようにしてみましょう。

ヒントを見逃さないようにする

お話したように、人の行動や発言には何をしたいか・何が欲しいかなどの希望のヒントとなるものが必ず表れるものです。

例えば食事の時の行動でいうなら、飲み物を飲み干していたら当然おかわりが欲しくなるだろうなというのが分かります。

「手がベタベタだ」なんて不意に言っていたら手を拭くものが必要だなと察知できて、頼まれた時にタオルなどをサッと渡すことができますよね?

それがヒントと言えるものです。

なのでまずは日頃から相手の行動や発言をよく観察し、そういったヒントを見逃さないようにしていくのが、察知する力を鍛えるための大事なポイントになってきます。。

もちろんこれも結構大変なことですし、常に全ての言動をチェックするなんていうことまでする必要はありませんが。

相手が何か行動を起こしたり聞こえるような声で話していたりと、分かりやすいヒントを出している時は希望を察知できるチャンスと言えます。

そういう時は特に注意深く観察をして、チャンスを見逃さないようにしましょう。

先行して提供できるように

そういう風に相手の分かりやすいヒントを観察していけば、段々と察知する力もついていき、そのうち本当に不意な言動だけで相手の望んでいることが分かるようにもなってくるはずです。

そこまでできるようになったら、今度はその望んでいることをこちらが先に提供できるよう、いち早く行動を起こすなんてことをしてみるのも良いでしょう。

何故ならお話したように、そういった行動こそまさにホスピタリティだと言える思いやり溢れる行動だからです。

相手のためにさらに気遣いや思いやりを持って行動できるようになります。

実践すればするほどそういった精神を鍛えられるようにもなっていくからです。

また希望を叶えてもらった相手だってそういう思いやりを実感できて、より深い喜びを感じれるようにもなるはずですからね。

なので相手の希望が分かって、先行してその希望を提供できるようなチャンスがあればぜひ行動を起こしてみてください。

ホスピタリティ精神を一気に向上させていくようにしてみましょう。

4.聞き上手であること

ホスピタリティ精神を持てるようになるためには、聞き上手になるということも非常にオススメな方法です。

何故なら聞き上手というのは、相手の話したいことをじっくりと聞いてあげて、そして相手の気持ちを理解してあげられるものです。

そういったことだって、相手のためになりたいという気持ちがなければなかなか簡単にはできないことだからです。

しかもただ話を聞けば良いというわけでもなく、相手が本当に気持ち良く話せるようにするなど何かと気を付けなければいけないことも出てくるので、それだけ気遣いだって必要になってくるんですよね。

なので聞き上手になるよう心掛けるというのも実は思いやりの心を鍛えるためにはとっておきの方法になるもの。

相手との会話の中で色々注意をするようにすれば、それだけホスピタリティ精神を身に付けられるようになっていくわけなんです。

相手に気持ちよく話してもらえるように

先程もお話しましたが、聞き上手というのはただ相手の話を聞いてあげればそれで良いというわけではありません。

相手に本当に気持ち良く話をさせてあげて、そして話した後も心からスッキリできるようにしてあげる。

こういう話の聞き方をしてあげることで初めて聞き上手と言えるようになるものなんですね。

ではそのためにはどんな話の聞き方をするのが良いのかというと、1番オススメなのは相手の話に関心を示すようにするということです。

やっぱり興味がないようにただただ淡々と話を聞くような人より、ちゃんと関心を持って真剣に話を聞いてくれるような人の方が話していて非常に気分が良いものですし、色々話せた!という気がしてスッキリできるようになりますからね。

相手もそれだけ気持ち良く話せるようになるというわけなんです。

なので話を聞いている間は「うんうん」と相槌を入れたり時々共感するようにしてみてください。

「ちゃんと話を聞いているよ」「興味を持っているよ」という様子を見せながら話を聞くようにしてみると良いと思いますよ。

話しやすい雰囲気を作る

また相手が気持ち良く最後まで話し切るためにはもう1つ、話しやすい雰囲気を作ってあげるというのも非常に重要なポイントになってきます。

関心を示してくれないというのもそうですが、話を聞いてくれる人が明らかに不機嫌だったり、迷惑そうな態度を見せていたりして雰囲気が悪かったら、やっぱり気持ち良く話すなんてできるわけがありません。

話を続けるのも申し訳なくなってしまいますもんね。

というわけでまずはやはり話を聞いている間の態度に気を付けることがオススメ。

とりあえず基本は温かく柔らかな表情で聞くようにして、相手に安心感を与えてあげるようにしていきましょう。

また相手が話すスピードに合わせてこちらも話したり、話の腰を折らないようにするなど、そういうことをして相手のペースを大事にしてあげるというのも話しやすい雰囲気を作るための効果的な方法になってきますよ。

そうして色々なことに気を使って相手の話を聞くのも時には大変と思うかもしれませんが、せっかく相手は自分に聞いて欲しいと思って頼ってきてくれているわけですからね。

そこはやはり思いやりを持って接してあげるようにしてみてくださいね。

5.困っている人がいたら気にかける

これまでご紹介してきたような、周囲の人の希望を叶えてあげたり、話をじっくり聞いてあげたりと、そういったことも思いやりのある行動です。

そして、非常に素晴らしいことと言えるのですが…それ以上にホスピタリティ精神が特に鍛えられることといえば、人助けです。

身近で困った人を助けるような行動になってくるでしょう。

困っている内容や深刻さは人それぞれになってきますが、やっぱりそういう人達は皆さん何かしらの問題を抱えてしまっているわけです。

対応だって色々気を使わなければいけませんしね。

そして、実際にその問題や悩みを解決するというのも決して簡単なことではありません。

本気で力になりたいという気持ちがなければできないことですから。

気遣いや思いやりを持ち行動に移すということがより求められるわけなんですよね。

なのでホスピタリティ精神を持てるようになるためにもまさにオススメの方法となってくるわけなんです。

アンテナを張る

しかし、困っている人を助けるというのはやはりそんなに簡単にできることではありません。

そもそもまず困っている人にいち早く気付くというのも、案外難しいことだったりしますよね。

そこで大事なポイントとなってくるのが、日頃からアンテナを張っておくということ。

要は周囲にきちんと気を配っておくということです。

そうすれば、いざ身近で何か問題が起きて誰かが困っている時もすぐに反応できてサッと助けに行くことができるようになりますからね。

また先程の希望同様、何か悩みを抱えて困っている人というのも表情や言動に結構ヒントが出やすいものです。

注意深く見ておけばそういったところにもすぐに気付け、そしてそれだけ早く力にもなれるはずですよ。

なので仕事でも日常生活でも日頃からそうしてアンテナを張っておいて、せめて身近な人の問題や悩みには気付いたり対応できるよう心掛けるようにしておきましょう。

見過ごさない

そして当たり前のことですが、もしも困っている人を見つけることができたら、決して見過ごさないこと。

これが何よりも大事なことになってきます。

何故なら見過ごすというのは困っている人を無視して放っといてしまうということ。

そんなことは普通は有り得ないことですし、非常に悲しいことになりますからね。

もちろん困っている人を見つけた側だって人間なのですから、「できれば面倒には関わりたくない」なんて気持ちが湧いても仕方ないです。

それに、そこまで深刻な問題でなかったらついつい見過ごしてしまいたくもなるのかもしれません。

でも、誰かを助けるというのはホスピタリティ精神云々の前に、人としてやらなければならないことです。

実際にできれば本当にとても素晴らしいことになるんですよ。

なのでいざそういう時にはきちんと気遣いと思いやりの気持ちを持ち、全力でその人の力になってあげましょう。

ホスピタリティの類語

ホスピタリティの類語には「優遇」「歓待」「厚情」「愛想」などがあります。

ホスピタリティの対義語

ホスピタリティの類語には「薄遇」「ぞんざい」「おざなり」などがあります。

ホスピタリティの英語表現

ホスピタリティを英語にすると「hospitality」となります。

ホスピタリティ精神を持つことで自分も周りも変わる(まとめ)

今回はホスピタリティという言葉について、そしてホスピタリティ精神を持つための方法などを解説してきました。

一言で言ってしまえば「思いやり」「おもてなし」という単純な意味になります。

”周囲の人のことを深く考えて、そしてその人達のために心を込めた行動をする”――そんな大切なことを改めて教えてくれる素晴らしい言葉でもありましたよね。

この言葉に影響を受けて、「こんな素晴らしい精神なら実際にも持てるようにしたい!」と感じた人も多かったのではないでしょうか?今回ご紹介したホスピタリティ精神を持つための方法を実際に使えばきっと本当にそういう気持ちも鍛えられ、色々行動にも移せるようにもなるはず。

自分も成長できるようになりますし、周囲の人の力にもなれたりと、色々な変化を感じられるようにもなるはずですよ。

仕事の場でも日常生活の中でも、チャンスがあればぜひ実践するようにしてみてくださいね♪

そしてこの記事を参考に、ホスピタリティという言葉を正しく使えるようにしましょう。

ページトップ