集団生活を送る中で様々な人間との関係性が生まれてきますが、様々な人と触れ合う内に魅力的だと感じる人に出会うこともあると思います。

例えば仕事ができる人であったり、人として尊敬できる生き方をしている人などが該当しています。

もちろん自分自身の考え方によって魅力的だと感じる人のタイプは様々だと思います。

しかしながら、大部分の人から魅力的だと思われる人にはある程度共通している事項が存在しています。

そこで今回は共通しているひとつの事項である、自分を律するということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

自分を律するという言葉の意味や使い方、そして自分を律するための方法などについて詳しくご紹介していきます。

自分の考えに忠実に行動している人や、自分の欲望などを我慢することができない人は自分を律する上での心構えや、特徴などを学んでみましょう。

あなたは自分を律することができますか?

日常生活の中では様々な選択を求められるようになります。

特に社会人として活躍している人は全て自分自身の考え方に沿って行動するようになるので、自分自身の考え方次第で成長できるかできないかが分かれます。

例えば、社会人になれば1日の空いた時間をどのような過ごし方をするのかということは、自分自身の考え方によって大きく変わります。

疲れを癒すために時間を使うのか、それとも自分自身の娯楽を楽しむのか、はたまた仕事を円滑に行うために勉強や準備を行うのかはすべて自分次第です。

自分自身で考えて自分自身で行動するからこそ、自分自身の考え方が非常に重要になってくるということです。

日々の生活の中であなたは自分自身を律しながら生きることができていますか?

全ての行動を律する必要性がありません。

ですが、時には自分自身を律して何を行うべきなのかということを考える必要性があります。

しかし、律するという言葉の意味を知らないという方も中には多くいるかもしれませんので、まずは律するという言葉の意味について触れていきます。

この機会に律するという言葉の意味を知り、自分を律する大切さをチェックしてみましょう。

律するとは?

律するという言葉はどのような意味を持っているのかと言うと「ある基準に照らして処置する、欲望や衝動を抑える」という意味があります。

少し難しい意味合いに感じるかもしれませんので、噛み砕いてご紹介していきます。

ある基準に照らして処置するということは、言い換えてみれば一定のルールの上で物事を考えるという意味で解釈することができます。

例えば、私たちが普段生活をする上で絶対に守らなければいけないことは法律だといえます。

またそれ以外にも会社で定められたルールであったり、自分自身の立場によって守らなければいけないルールというものはいくつか存在しているはずです。

そのルールに則って自分が行ってよい行動なのかどうなのかということを判断することが基準に照らして処理するという言葉の意味につながります。

例えばお金が欲しいからと言って他人のお金を奪ってしまうということは犯罪になってしまいますので絶対に行ってはならないことです。

これこそがある基準に照らして処置するということにつながるので、それを行わないようにすることが自分を律するという言葉の意味につながります。

また、日常生活を送っていると様々な欲望や衝動に駆られたりすることもあるはずです。

自分が欲しいと思っているものを他人が持っていたとして、それを盗んでしまいたいという衝動に駆られることも同様です。

しかし、一般的なルールで考えるとそれは絶対に行ってはならないことになるので、その欲望や衝動を抑えるということも自分を律するという言葉だといえます。

律するの類義語

ここまでは律するという言葉の意味についてご紹介していきました。

律するという言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは律するという言葉と同じような意味を持っている類義語についてご紹介していきます。

律するという言葉にはいくつかの類義語があり、類義語を理解することで、言葉の意味をより深く理解することにつながります。

この機会に律するという言葉にはどういう類義語があるのかチェックしてみましょう。

自制心が強い

律するという言葉と同じような意味を持っている類義語として「自制心が強い」という言葉の意味が存在しています。

そもそも自制心という言葉はどのような意味なのかと言うと「自分自身の感情や欲望などをうまく抑えたり、コントロールする気持ちや精神力」を意味しています。

日常の生活を送っていると自分自身の感情や欲望などが湧き上がってきたりすることが必ずあると思います。

例えば馬が合わない相手と一緒に過ごしたりする時に相手に対して怒りの感情を持ったりすることもあると思います。

時には相手を暴力でねじ伏せてしまいたいと思ったりすることもあると思いますが、当然それは一般的なルールにおいて違反する行為です。

なので当然怒りの感情を自分自身の中で解消して抑えたりするようになると思いますが、それこそが自制心という言葉で表現することができます。

自分の心の中で湧き上がった感情や欲望などを上手く押さえたりコントロールすること自体が自制心という言葉だということです。

そして、自分の感情や欲望などをうまく抑えたりコントロールしたりすることができる強い人こそが自制心の強い人という言葉につながるのです。

結果的に考えてみると自制心という言葉は自分自身を律するということだと全く同じような意味合いとして考えることができます。

なので律するという言葉と自制心という言葉は同じような意味合いであり、類義語であると考えることができるのです。

律するのは苦しいこと?

自分自身を律するということを考えた時に、多くの方が共通してイメージするのが律することは苦しいことであるということです。

なぜならば、自分自身の欲望や行動などを押さえるということは、言い換えてみれば自分自身の考えに対して我慢をしなければいけないということだからです。

一般的に考えて我慢をするということは自分の欲望を抑えなければいけないので、ストレスがかかってしまう行為になると言えます。

従って、自分自身を律することはストレスがかかることであり、苦しいことであるという考え方に息つくということになります。

しかし、自分自身を律することは苦しいことなのかと考えた時にそれは絶対に正し
いことであるとは言えません。

常日頃から自分自身を律することをしていない人からしてみると苦しいことに感じるかもしれません。

しかしながら、普段から自分自身を律することを当たり前として生活している人からしてみれば、特に大きなストレスがかかってくることにはならないからです。

また考え方を変えてみれば、自分自身を律することによって得ることができるメリットは非常に数多く存在しています。

つまり結果的に考えてみると、自分自身を律することによって得られることの方が圧倒的に多いと考えることができるのです。

だからこそ、普段から自分自身を律することを癖付けて生活するように意識することが、魅力的な自分自身を形成するひとつの方法になり得るといえます。

自分を律する8個の方法

自分自身を律することによって様々なたくさんのメリットを得ることができるとお伝えいたしました。

しかしながら、自分自身を律することは簡単なことではなく、ある程度自分の中で意識を保たなければ行えないことだといえます。

特に普段から自分自身の欲望や衝動に忠実に生きてきた人からしてみれば、自分を律することがとても難しく感じる人も多いはずです。

しかし自分を律するということは絶対に不可能なことではなく、自分自身の意識を改革するだけで簡単に身につけることができる習慣です。

ではどのようにすれば自分自身を律することができるのか、この機会に詳しくご紹介していきたいと思います。

自分自身を律したいと思うのであれば、これからご紹介する項目をぜひ生活習慣に取り入れてみてください。

継続して取り組むことで、必ず自分を律することができるようになるはずです。

規則正しい生活をする


まずはじめにご紹介する自分を律する方法の一つとして「規則正しい生活をする」という方法が挙げられます。

なぜ規則正しい生活をすることで自分を律することができるのかというと、規則正しい生活をすることによって怠けた考え方から脱却することができるからです。

どういうことかと言いますと、規則正しい生活をすることによって日々の生活習慣などを正しいものに変化させることができるからです。

例えば、もし自分の欲望や衝動のままに生活をしていたとするならば、大多数の人間が夜遅くまで起きて遅い時間に起床したりすることになります。

仕事を行っているとなかなか自分の時間が取れないため、どうしても睡眠時間を削ってしまいがちになってしまうからです。

短い睡眠時間で満足できるという方は例外かもしれませんが、結局睡眠不足になってしまう人のほうが圧倒的に多くなります。

その結果遅い時間まで寝てしまい、時間的な余裕がなくなり、生活習慣全体がだらしないものに変化してしまいやすくなります。

そうなると、考え方自体もだらしないものになってしまいやすく、自己管理ができない人間になりやすくなります。

人によっては時間に遅刻をしたり、自分をステップアップさせるための時間を割くことができなくなる可能性もあります。

しかし、規則正しい生活をすることによってメリハリのついた考え方を身につけたり、時間的な余裕を確保することができるようになります。

なので規則正しい生活をすることによって最終的に自分自身を律することができるようになると考えることができます。

自分を甘やかしたり怠けたりしない

自分の欲望や衝動のままに生活をしてしまい、規則正しくない生活をしてしまうと様々なデメリットが発生してしまいます。

先ほどご紹介したように、様々な考え方がだらしなくなってしまう可能性もあります。

大切な時間まで失われてしまうようになります。

仕事ができる人間や、魅力的な考え方を持っている人は、規則正しい生活をしている人がとても多いです。

朝早い時間に起きて自分自身を成長させるための勉強を行ったり、しっかりと睡眠を取ることで仕事においても高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

その結果、仕事で評価されて高い地位に身を置いていたりすることもあります。

自分を成長させて有能な人材に成長することもできます。

なので、自分を律することは言い換えてみれば、自分自身を成長させるための一つの方法であると捉えることもできます。

最初は規則正しい生活に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

ですが、継続できればそれが当たり前になるようになります。

そうすることによって、意識しなくても規則正しい生活を送ることができるようになります。

まずは数日継続することを意識してチャレンジしてみましょう。

自分の意見を人に押し付けない


次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「自分の意見を人に押し付けない」という方法が挙げられます。

自分の意見を人に押し付けないことがなぜ自分を律することにつながるのかと言うと、広い視野を身につけることができることにつながるからです。

時々自分の意見を他人に対して押しつけたりする人がいますが、他人から考えてみれば非常に迷惑な存在であると言えます。

逆に考えて、自分が他人から他人の意見を押し付けられたと考えると、どのような気持ちになるでしょうか。

おそらくその人に対して不信感を持ったり、マイナスの感情持ったりする事が当たり前であると言えます。

人によって考え方は異なりますし、人には人なりの考え方を持っていることがほとんどです。

自分の意見を無理やり押し付けたところで、その人の意見が根本的に変わるわけではありません。

力任せに他人の意見をねじ伏せている人は、結局自分の考え方をただ強要しているだけになります。

自分を律せない人がほとんどだといえます。

しかし、他人の意見を受け入れられる大きな器を身につけることによって、逆に自分自身を律することにも繋がるようになります。

そうすることによって広い視野を持ったり、他人の意見を受け入れられる強い精神力を手にすることができるようになります。

などで自分の意見を人に押し付けない、そして他人の意見をしっかりと受け入れることができる人ほど自分自身を律することができていると言えます。

相手の意見に染まる必要性はありませんが、無理に自分の意見を強要したりすることは自分を成長させるうえで必要ないことなので、注意しましょう。

思い通りにいかなくても怒らない

次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「思い通りにいかなくても怒らない」という方法が挙げられます。

思い通りに事が進まないと怒りの感情にかられてしまう人がいますが、この状態では自分を律することができていないといえます。

なぜならば、言い換えてみれば、自分自身の感情を抑制したりコントロールすることができていない状態であると言えるからです。

自分の思い通りに事が進まなかったとしても、決して怒りの感情を周りの人に対してぶつけないようにしてください。

そうしなければ、自分自身の意見を結局周りの人に対して許容したりすることにつながりかねないからです。

また長い人生を過ごしていれば、思い通りにならないことが起きたりすることは非常に数多く経験することになります。

その都度怒っていてもきりがありません。

それを受け入れることができなければ、自分自身を律することなど到底不可能だと言えるからです。

しかし、思い通りにいかない結果だったとしても、それを受け止めることができるようになることで、自分自身の精神力を高めることができるようになります。

忍耐強くなれるようになりますし、先々まで物事を見据えることができるようにもなります。

そうすることで、目先のことに振り回されなくなります。

先のことが見えていない人ほど目先のことに振り回されている人が多いので、思い通りにいかなくても怒らないように自分を律することを意識してみてください。

喜怒哀楽に振り回されない

人間には喜怒哀楽の感情がありますが、喜怒哀楽に振り回されてしまうということはあまり良いことではありません。

もちろん楽しい時は嬉しい時に思いっきりその気持ちを表現したりすることは悪いことではありません。

しかしながら、いちいちその感情に対して一喜一憂していてもきりがありません。

場合によっては目の前の出来事を見据えることができなくなってしまいます。

なので、自分の気持ちに素直になることは重要ですが、その気持ちにあまりにもしがみつきすぎることは良いことではありません。

なのであまり喜怒哀楽に振り回されないように意識するということも自分自身を律することに繋がる方法であると言えます。

依存心やこだわりを捨てて気持ちを楽にする

次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「依存心やこだわりを捨てて気持ちを楽にする」という方法が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、あまりにも強すぎる依存心やこだわりなどは自分を律せない可能性が高まるということです。

具体的には、自分にとって依存していることやこだわっていることがあったとすると、そのことだけに着目してしまいがちになるということです。

そうなってしまうと、自分自身の視野が狭まってしまう原因になります。

そのことばかり考えてしまい他のことを重要視できなくなる可能性があります。

何かに対してこだわりを持つということはとても重要なことですし、そこから多くのことを学べる可能性もあります。

しかしながら、一つのことにばかり集中してしまうと、周りのことを考える余裕がなくなってしまうので、こだわりすぎると悪い側面も生まれます。

なので、何かに対する依存心やこだわりなどは、時にはそれを捨て去ることも重要であると考えることができます。

特に自分自身の成長には必要ないことに対して依存していたり、こだわりを持っていたりするのであれば、早い段階で捨て去ることをお勧めします。

逆に自分に対して成長できる部分に対してはしっかりとこだわりを持つことでより深い知識を身につけるきっかけにもなると捉えることができます。

人に優しく、自分に厳しくを心がける

次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「人に優しく、自分に厳しくを心がける」という方法が挙げられます。

なぜ人に優しく自分に厳しくすることで自分を律することができるのかと言うと、結果的に強い精神力を身につける術につながるからです。

どういうことかと言いますと、人にやさしくすることによって自分自身の器を大きく保つことができるようになります。

なぜかと言うと人に対して優しくすることができれば、それを強要することができる大きな器を身につけることができるようになるからです。

大きな器を身につけることによって、大抵のことではブレない自分を手にすることができるようになります。

また自分自身の心の中にも余裕が生まれるようになるので、様々な物事をスムーズに行うことができるようになります。

しかしながら、自分自身に余裕がないと他人に対しても優しくすることができなくなってしまい、自分を律することができなくなってしまいます。

常に自分自身に対して厳しくあることを意識している人は、その器を広げられるだけではなく強い精神力を身につけることができるようになります。

その結果自分自身を律することができるようにもなりますので、結果的に自分を律する方法の一つにつながると考えることができます。

時間やお金を大切にする

次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「時間やお金を大切にする」という方法が挙げられます。

時間やお金を大切にすることがなぜ自分を律する方法につながるのかというと、それが衝動や欲望を抑える理由につながるからです。

どういうことかと言いますと、もしも時間を大切にしなかったとするならば、規則正しい生活が出来なくなってしまいます。

時間を大切に考えている人ほど規則正しい生活を行い、少しでも自分自身の時間を確保しようとする考え方を身につけられます。

例えば規則正しい生活を送っている人は朝早い時間帯に起きて、自分の時間を作ってその時間を成長できる時間に費やすことができるようになります。

しかし規則正しい生活を送っていない人はいつも時間に余裕がなく、結局自分の娯楽にしか時間を使えない場合が多いです。

これが長い年月続いてしまうと、前者と後者では圧倒的に大きな実力の差が生まれてしまいます。

またお金に関しても同様ですが、自分の欲望や衝動のためにお金を使っていると散財してしまいやすく、重要なことにお金を投資することもできなくなります。

しかし、自分を律することができている人はお金に関してもどのように使えば良いのかということをしっかりと考えている人が多いです。

その結果無駄なことにお金を使わないで、貯蓄に回したり自分の成長のために投資をすることができます。

このように時間やお金を大切にすることができれば、自然と自分自身を律する考え方に繋がるようになると言えます。

なので、時間やお金を大切にすることによって、自分自身を律することができると考えることができます。

人との約束は必ず守る

次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「人との約束は必ず守る」という方法が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、約束を守るということは言い換えてみれば信頼してもらえるということにつながります。

つまり、約束を守らないと言うことは信用してもらえないということになり、自分自身の価値を貶めてしまうということになるのです。

自分を律するということを考えた時に、約束を破るということは自分を律していない行動になるといえます。

なぜならば、先ほどもお伝えしたように自分を律するという言葉言い換えてみれば自制心を持つということになります。

約束を守ることができない人間は自制心を保てているとは言えないので、約束を守れない人は自制心を持っていないということになるのです。

つまり約束を守ることができれば、自制心を持つことができているということに繋がるので、一つの約束を守ることは自分を律することに繋がると言えます。

約束にも様々な種類があり、時間を守るということであったり相手との取り決めを破らないようにするなどの種類があります。

しかしながら、どのような種類においても結局は自分自身を制御することができるかどうかというところにかかってきます。

約束を守れるということは、結局自分自身を制御することができているということになるので、自分を律するということと等しい行為に繋がると言えるのです。

一度失った信用を取り戻すのは大変なこと

約束ということは先ほどご紹介したように、言い換えてみれば信頼という言葉に置き換えることができます。

約束を守れば信頼してもらえますし、当然約束を破れば相手からは信頼してもらえなくなります。

そして信頼ということは非常に重要な存在であるといえ、形成するのは難しく逆に失うことはとても容易いことだと言えます。

しかしながら、信頼を得るということは非常に大きなメリットがあることでもあります。

なぜならば信頼を得ることによって周りと円滑な人間関係を形成することができますし、周りの人から頼りにしてもらえるようになります。

周りの人から頼りにしてもらえなくなったり、信頼してもらえなくなると人間関係が悪くなり、生きづらくなってしまいます。

また、自分が困った状況に陥った時に周りの人から助けてもらえなくなる可能性もあるので、結局自分自身に全て跳ね返ってくることになります。

一度失った信用取り戻すのはとても大変だということをよく心の中で刻み、約束を守ることの重要性を今一度理解しておきましょう。

計画や目標をしっかり設定する

次にご紹介する自分を律する方法の一つとして「計画や目標をしっかり設定する」という方法が挙げられます。

なぜ計画や目標を設定することが自分を律することにつながるのかと言うと、計画を立て、守ることは自分の行動を自制することにつながるからです。

計画や目標を立てるということはそれに向けてどのように行動するのかということを考えることにつながります。

そして、そのために何をしなければいけないのかということを考えて実際に行動することは、自分自身を成長させる上でとても重要なことです。

つまり、計画や目標を設定してそれに向けて行動するということは、自分で考えて自分で行動する自制心を強くすることにつながります。

強い自制心を持っているかどうかで、行動の質も変わりますし、人間性なども変わってくるようになります。

なぜならば、強い自制心を持っている人は目標を達成するための強い精神力を養え、自分を律する考え方も自然と保てるようになるからです。

しかし、自分の欲望や衝動に駆られて生きている人は自制心や精神力を強くすることは絶対にできません。

なので、計画や目標をしっかりと設定することは、自分を律する方法にもつながりますし、強い自制心を保つことにも繋がると考えることができます。

自分を律することが出来ている人の特徴

ここまでは自分を律する方法をご紹介していきました。

ある程度自分を律する方法を理解いただけたところで、ここからは自分を律することができている人の特徴についてご紹介していきます。

自分の身の回りにも自分を律することができている人は一人くらいいると思います。

その人の特徴を踏まえながら、これからご紹介する項目をチェックしてみてください。

世の中思い通りにいかないものだということをしっかり理解している

自分を律することができている人は世の中が思い通りにならないことだということを理解している人が多いです。

思い通りにならないことを把握している人ほど、物事を受け止める器が大きく、それに伴って強い精神力を持っている人が多いです。

物事を受け止める器が小さいと、その人自身に余裕がなくなってしまい、周りの意見を受け止めきれなくなることが多くなります。

その結果自分の意見を力任せに通そうとしたり、他人の意見を踏みにじったりする行動に出る場合が多くなります。

なので、世の中が自分の思い通りにならないことを理解している人は、自分を律することができている人の特徴に該当すると言えます。

他人を思いやることが出来る

他人を思いやることができる人も自分を律することができている人の特徴がひとつと該当することができます。

なぜかというと他人を思いやることができるということは、他人のことを思うことができる余裕を兼ね備えていると言えるからです。

自分に余裕がない人ほど他人の事を受け止めることができなくなり、思いやることもできなくなります。

他人のことを思いやれないと自分のことで手一杯になってしまい、視野も器も狭まってしまいやすくなります。

その結果、精神的にも弱くなってしまいやすくなるので、自分を律することができなくなりがちになります。

なので、他人を思いやることができている人は自分を律することができている人の特徴に該当すると考えることができます。

まとめ

今回は自分を律するという言葉をテーマにして、律するという言葉の意味や自分を律するための方法などをご紹介していきました。

自分を律するということはストレスがかかることであり、とても難しいことだと考えている人が多いと思います。

しかしながら、一度その方法を習慣化してしまえば特に難しいことではなく、自然と自分を律する考え方を身につけることができるようになります。

継続して行うことによって自分を律することは誰でも出来るようになるので、この機会に自分を律することができる方法を習慣化してみてください。