CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

お人好しな人の19個の特徴

お人好しな人って、優しくて良い人ですよね。

でも、もしあなたが「お人好しだよね」と言われてしまうのなら、残念ながらそれは褒め言葉ではな可能性があります。

それはなぜなのでしょうか?

今回はそんな、お人よしな人の特徴をご紹介していきます。

この記事の目次

お人好しな人の特徴19個

もちろん、お人好しなのは決して悪いことではありませんし、本人的にはとても幸せなのかもしれません。

でも、周囲の人はそんなお人好しな人を見て、危なっかしくて見ていられなかったり、心配で気が気じゃなかったりと、ヤキモキさせられていたりもします。

そんな心配をよそに我が道を行くお人好しな人に、最終的にはイライラさせられることもあるかもしれません。

そんな思いが「お人好しだよね」という批難に繋がっていくわけです。

それでも、どんなことでも良く捉えてしまうお人好しな人本人は、褒められていると受け取ってしまうのかもしれませんね。

そんなところもまた、“単純で世間知らず”という意味のお人好しが当てはまる人柄だと言えます。

お人好しな人本人は、自分をどう思っているのかは分かりませんが、これまで「お人好しだよね」と言われて喜んでいたのなら、褒められてはいないと捉えるべきかもしれません。

今回は、お人好しな人の特徴から、どんなところが周囲からお人好しと言われてしまうのかを見ていきます。

お人好しと言われてしまう人も、言われたことは無くても「私ってお人好しかも」と気になっている人も、改めて自分のお人好し具合を確認してみましょう!

1.すぐ人を信じる

お人好しな人の特徴としてまず挙げられるのが、“すぐ人を信じる”ということです。

お人好しは辞書でも、「人を疑うことをせず、信じやすく騙されやすい人。」という意味となっているので、代表的な特徴といえるのでしょう。

お人好しな人は人が好過ぎるあまりに、人を疑うことを知らず、すぐに人を信じてしまうんです。

もちろん、人を信じる心は大切です。

相手を信じることで、相手からも信じてもらえるとも教わりますしね。

それに、はじめから人を疑いの目で見てしまうのは、自分の心が荒んでいるようにすら思えてしまうものです。

つまり、人を信じることのほうが、よっぽど楽なんだと思います。

それでも多くの人は、まずは警戒心をもって人と接します。

そしてコミュニケーションをとる中で、信用していい人かどうかを判断するものです。

私たちは「人を信じなさい」と教わる一方で、自身の経験や、世の中のあらゆる事件により、人を疑うことも教えられます。

それが、トラブルから身を守る方法となるからです。

でもお人好しな人というのは、信じて裏切られた経験があったとしても、子供のように純粋な心を持ち続け、何があっても人を信じてしまうところがあるんですよね。

ただ、人を信じるという美しい精神は、トラブルの元凶ともなる可能性もあります。

たとえそれを本人は気にしていなくても、特に近しい人間にとっては心配が絶えないということにもなりますよね。

お人好しな人が人を信じては裏切られているのを見るたびに、本人以上に周囲の人が心を痛めているかもしれないのです。

お人好しな人は、それに気づかなければなりません。

2.利他的

“利他的”というのも、お人好しな人の特徴として挙げられています。

利他というのは、自分よりも他人の利益や幸福を願うことです。

仏教などで伝えられる思想で、利他心や利他主義というのは、日本人の心にも深く刻まれている精神だと思います。

そもそも日本人は、お人好しな人が多いとも言われています。

それは、この利他の精神が根底にあるからだと思います。

世界で称賛される、日本人の“おもてなしの心”というのも、利他心があるからではないでしょうか。

自分を犠牲にして他人の幸福を願う…これは、お人好しの人にぴったりはまる心理と言えるのかもしれませんね。

3.素直

続いてのお人好しな人の特徴は“素直”であるということです。

これもとても良い人柄で長所でもありますよね。

ただ、素直は時に“単純”とも言い換えられます。

お人好しな人に使われる場合は、むしろ単純な人という意味で言われていると思った方がいいかもしれません。

素直さの欠如は時に問題ともなりますが、素直なのと単純なのはまたちょっと違いますよね。

素直ならば、お人好しな人への忠告も聞き入れられるはずなのに、そこには素直じゃないのがお人好しな人だったりすると思うんです。

良からぬ思惑で近づいて、良いことばかりを言ってくる人を単純に信じ、本当に心配して小言を言ってくる人を無視しがちです。

お人好しな人は、そんなところが周囲を苛立たせてしまうことがあるのです。

4.甘い

お人好しな人は“甘い”のも特徴のひとつ。

他人に甘く、自分の考えも甘いと言えます。

お人好しな人の持ち味である他人への優しさですが、お人好しな人の場合、優しいというよりは甘い!と、周囲の人からは見られているのかもしれません。

その甘さゆえ、人を疑わず、すぐに人を信じてしまうのでしょう。

それが結果、利用されたり騙されたりすることへ繋がっていくということです。

お人好しな人本人は、利他主義であるという特徴からも見て取れるように、他人への甘さは、むしろ良いことだと思っているのかもしれませんね。

結果、利用されても騙されても、本望なのかもしれません。

でも他人への甘さは、その相手の甘えを引き出す可能性もあるんです。

それは相手にとって本当にいいことなのか…。

相手をダメにしてしまうことだって考えられるんですよね。

結局、お人好しな人は本当に相手のことを考えられていないのかもしれません。

5.親切

お人好しな人は、どこまで行っても優しいので、もちろん“親切”でもありますよね。

人に親切にするのも、とても良い行動だし素晴らしい心がけです。

人に親切にすることで、相手の親切心を引き出し、相互作用で良い関係を築くのは、良い人間関係を構築する上では欠かせません。

ただ、お人好しな人の親切心の何が問題かというと、きっとその親切心によって相手の親切心を引き出せないことにあると思います。

お人好しな人の親切は、ある意味無駄になってしまうということですよね。

それはきっと、その親切心の根底に甘さや単純さ、利他心が流れているからだと思います。

その自己犠牲の精神を見透かされてしまうのでしょう。

相手にした親切さえも、利用されるだけになってしまっているということです。

6.断れない

他人に甘く、利他心の強いお人好しな人は“断れない”ことも特徴になります。

どんなに気が進まない事でも、理不尽なことでも断れない。

だから、利用されたり騙されたりしてしまうのです。

こういったお人好しな人が、詐欺に遭いやすかったりするんですよね。

たとえ、どこかで騙されていると分かっていても断れなかったりもすると言います。

それは、断らないほうが楽だったり、騙されてやることで「相手が助かるんならそれでいい」という自己犠牲の精神だったりするようですね。

騙されていることを分かっているんだからと、むしろ相手に対する同情心すら抱いている場合もあると言います。

でも結局、その気持ちすら利用されてしまうということなんですよね。

お人好しな人のその行動で、騙す相手や利用しようとする相手が改心すればいいのですが、そうなりづらいのがお人好しな人だったりすると思います。

相手が同情心を抱かれていることを感じてしまえば、逆に馬鹿にされたと受け取られて、さらに行動を悪化させてしまうこともあるはずです。

7.大人しめ

お人好しの意味には“大人しくて善良な人”という意味も出てくるんですよ。

大人しい人が、イコールお人好しとはならないと思いますが、お人好しな人は大人しめな人が多いとは言えそうですよね。

特に“断れない”人には、大人しめな人が多い印象があります。

控え目で大人しい。

つまり押しに弱そうに見えるんですよね。

それが、断れない状況も生み出してしまいやすいと言える気がします。

大人しめでお人好しな人の元には、お人好しにならざるを得ない事柄が集まってきやすいのでしょうね。

8.意見を主張しない

断れず、大人しめなお人好しな人に、騙されたり利用されたりする状況が生まれやすいのは、“意見を主張しない”からでもありますよね。

はっきりと意見を主張してくる人には、何かを頼むにしても頼みづらいですし、騙すにはハードルが高いと考えるはずです。

そうなるともちろん、自然と大人しそうな人がターゲットになってしまいます。

意見を主張してこなそうな人、断るのが苦手そうな人…。

お人好しな人は、良からぬことを考えている人を自ら引き寄せてしまっているとも言えるんです。

意見を主張しないと言うのは、良く言えば協調性があるとも言えるのです。

ですが、悪く言えばやっぱり保身なんです。

言わないほうが楽、他人に賛同している方が楽なんですよね。

意見を主張しないお人好しな人と見せつつも、意見を出すのは他人任せ。

自分では何も考えない。

…と、意見を出す人は感じているかもしれません。

それが、「お人好しだよね」という皮肉交じりな言葉の真意だったりもするということです。

9.頼られると嬉しい


お人好しな人の心理には、“頼られると嬉しい”というのがあるのかもしれません。

ここまでも指摘してきたように、単純な利他の精神だけでお人好しが成り立っているわけではないということですよね。

必ずしも、相手の為だけではないということです。

もちろん、頼られるような存在になりたいと誰もが思うもので、頼られたら嬉しいはずです。

でもお人好しな人の場合、頼られているのではなく利用されている可能性も捨てきれません。

それでも単純に、頼られている喜びを感じられるところが、お人好しな人の素直さだったり、すぐ人を信じてしまうところなのでしょうね。

10.人によく思われたい

お人好しな人の、頼られると嬉しいと思ってしまうところはまだ、素直な可愛らしい人柄とも取れるのです。

でも実はその深層心理には、“人に良く思われたい”という気持ちが隠されていたりもします。

これももちろん、誰だって人に悪く思われるよりは良く思われたいですよね。

当然のことです。

でも、お人好しな人の場合、人に良く思われたいという気持ちが強すぎる場合があるんです。

この気持ちが強いと、単純な利他精神ではなく、人に良く思われたいが為の自己犠牲になってしまうんです。

つまり、人に良く思われたいがために、自分の心の中に矛盾を生んでいるということにもなりますよね。

本当は嫌なこと、本当は断りたい気持ちを押し殺して、人に良く思われる行動を優先するということは、自分の本当の気持ちとは矛盾した行動です。

結局、それで心のバランスを崩してしまうことだってあるでしょう。

それに、そのお人好しが人に媚びているように見られてしまった場合、自分の思いとは裏腹に、人に嫌われることだってあるんです。

「お人好しだね」と言われるとしたら、人に良く思われていはいないということなのですから。

11.人の顔色を伺う


そして、人に良く思われたいという強い気持ちが満たされないと、次第に“人の顔色を伺う”ようにもなってしまうんですよね。

これは、お人好し度が行き過ぎた人の特徴になるんだと思います。

人の顔色を伺ってしまうというのは、自分に自信が無い人の行動とも言われています。

自分の意見を主張しないのも、頼られることに過剰に喜びを感じるのも、自信のない自分の心を埋めるためなのでしょう。

自分の意見を主張せずに他人に従っていた方が楽だし安心。

頼られることで自分の価値を見い出せる。

そういった気持ちが、人の顔色を伺う行動へと繋がっていくんですよね。

もはやお人好しとは呼べず、お人好し風なだけなのかもしれません。

12.平和主義

そうなるともちろん、お人好しな人は“平和主義”も貫きますよね。

人に良く思われたいし、その為に人の顔色を伺うような人であれば、当然争いも嫌うでしょう。

それが、断れない気持ちも、人への甘さも生んでいるのでしょうね。

確かに人が争うことがなく、平和な世の中になることは人々の願いです。

みんな仲良く出来たら幸せな気もします。

でも、実力行使の戦争と、意見を主張し合うことは違います。

ただただ相手の意見を受け入れるだけでは、本当の意味での平和とは言えないと思います。

お互いを尊重し合い、意見をぶつけ合い、お互いの納得と満足があってこそ、関係性はより良いものへとなっていくはずなんです。

お人好しな人が我慢しているのだとしたら、その関係に本当の意味での平和は生まれないはずです。

お人好しぶりを利用した悪人を生み出すか、相手にだけ満足を与え自分の心が壊れるか…。

利他主義も平和主義も、捉え方や使い方を間違えれば、本来の素晴らしい精神とは外れていってしまうんです。

自分の平和を願うのか、世の中の平和を願うのか。

それが、お人好しな人と本当の人格者との違いなんだと思います。

13.話し合いが苦手

お人好しな人は“話し合いが苦手”であるという特徴も、平和主義を貫く理由なのかもしれません。

平和主義のお人好しという人柄に身を隠し、苦手な話し合いを避けたいというのが本音なのかもしれませんね。

お人好しな人が何故嫌われることがあるのか。

それはこれまでにも見てきた特徴と併せて、苦手なことを避けることにも表れていると思います。

人は、苦手を克服して成長していけるものです。

もちろん、苦手の克服の道は困難。

誰だって避けたいものです。

それでもいつかやらなければならない時がくるものですよね。

でも、お人好しの人はそれを、平和主義や人の良さという、誰もが口を出せない素晴らしい人柄を盾にして逃げてしまう。

皮肉交じりに「お人好し」と言われてしまうということは、そんなズルさを見透かされているということです。

14.優しすぎる

お人好しな人といえば“優しすぎる”のも大きな特徴ですよね。

冷たい人よりは優しい人のほうが好かれるし、怒りっぽいより優しい人のほうがいいんかもしれません。

ですがお人好しな人の優し“すぎる”ところは、周囲からは良いとは思われていない場合が多いのです。

なんでも“すぎる”のは良くないんです。

優しさだってそう。

優しすぎるというのは、先ほども挙げたように“甘やかし”になる可能性があるんですよね。

人を甘やかすというのは、やはりお人好しな人の自己満足なだけであって、甘やかされた相手のためにはなりません。

ただ相手の本来の能力を奪うだけです。

人に対して優しすぎるのは、その時はいいかもしれません。

でも、その人の自立心や、ひとりで生きていく力を奪うことにもなりかねません。

お人好しな人の優しすぎる一面は、本当の意味での優しさではないのかもしれません。

自己満足な優しさになっていないか、考えなければいけませんよね。

15.気を遣いすぎる

お人好しな人は“気を遣いすぎる”のも特徴のひとつとなります。

その根底にはやはり、人に良く思われたい・頼られたいという気持ちがあるからなのでしょう。

気遣いができる人というのは、好かれる人です。

でも、気を遣っているのにお人好しと言われてしまうのは、その気遣いに無理があるからでしょう。

根っからの気遣いの出来る人ではなく、頑張って気を遣っていることを見透かされているのだと思います。

本音は、その気遣いで“良く思われる”という見返りを求めている。

そのため、気を遣い“すぎる”行動になってしまうのだと思います。

先ほどもお話したとおり、なんでも“すぎる”のはよくないんです。

すぎることで、違和感を生んでしまうのでしょう。

16.自分を犠牲にする

そして、お人好しな人には“自分を犠牲にする”特徴もあります。

利他心を持っているということからも、自己犠牲を厭わないのがお人好しな人です。

でも、これまでにもお話してきた通り、お人好しな人の自己犠牲は、純粋なものだけとは言い切れません。

利他の精神というのは、自己犠牲を払ってでも他人の利益を願うというものです。

それがお人好しな人の場合は、自己犠牲を払った上で、人に良く思われるなどの自分の利益を求めているところがあるんですよね。

お人好しな人全てがそうとは限りませんが、お人好しと言われてしまうのは、やはりそんな気持ちが見え隠れしているからかもしれません。

17.騙されやすい


お人好しな人の最大の特徴といえるのが“騙されやすい”ことですよね。

お人好しの意味としても解説されているくらいですから、外せない特徴とも言えるのでしょう。

これまでに説明してきたような、さまざまな特徴が全て、騙されやすさや利用されやすさに繋がっているということです。

人に騙されやすい人というのは、人を信じて疑わない良い人でもあります。

それで誰も不幸にならないのなら…。

という気持ちで、周囲の人は見ているんです。

18.人の喜び=自分の喜び

“人の喜び=自分の喜び”と考えるのも、お人好しな人の特徴なんですよね。

ここまで、“お人好し”という言葉の意味合いからも、どちらかといえばマイナス面を強調してお伝えしてきました。

でも純粋に、素直に人の喜びを願える人であるのは言うまでもないのでしょう。

どんなに騙されても人を信じ、お人好しさを貫けるのは、人の喜びを自分の喜びと思える純粋な気持ちが支えているのかもしれません。

19.ポジティブ

また、何事も良い方向で捉えることができるのも人に騙されやすい一方で、とても“ポジティブ”思考が出来るとも言えます。

これも、お人好しな人の特徴なのでしょう。

純粋な気持ちで人の喜びを自分の喜びとし、たとえ利用されたとしてもポジティブに捉えることが出来るのなら、お人好しを貫くのも苦ではないのかもしれませんね。

先ほど、お人好し風になっている人がいるとお話しましたが、きっと批判されてしまうお人好しな人には、こういった純粋な気持ちが欠けているのだと思います。

純粋でポジティブ思考なお人好しの人なら、最初は「お人好しだよね」とお人好し風の人と一律に見られて嫌煙されても、真の人柄を知るうちに、好かれる人になっていけるのではないでしょうか。

その場合は「お人好しだよね」が、必ずしも悪口とはならず、ちょっと呆れ気味にも認められているのかもしれません。

「ほどほどにね」と言いつつ、その人柄の良さに惹かれている人もいるのかもしれませんね。

お人好しな人は損?得?

さて、ここまでお人好しな人の特徴から、その心理を考えてきました。

菩薩のような心でお人好しを貫く人もいれば、実は自分の満足や利益を生み出したいという気持ちが見え隠れするお人好し風な人もいるのだと思います。

どちらにしても周囲からは、良い人と見られつつも、我が道を行く、ある意味では我が強いタイプとも思われているのではないでしょうか。

それにお人好しな人は、本人がどういう気持ちでいるかは別にして、周囲から見たら損をしているとも思われがちです。

お人好しな人は損なのか、得なのか…その辺りも見ていきましょう。

損なこと

まず、損なことと言えば…騙されたり利用されたりすることですよね。

お人好しな人の特徴としても挙げました。

また、人が良いはずなのに、好かれているとは限らない事も、損な部分なのではないでしょうか。

特に、お人好しを演じている人にとって、人から好かれないことは最大の誤算なはずです。

もちろん、人に好かれることを目的としていないお人好しな人なら、そんなこと気にもならないのでしょうけどね。

得なこと

そして得なことと言えば、自分の喜びや幸せに繋がることもあるということでしょうか。

きっと純粋なお人好しな人なら、そのお人好しも損に繋がることは少なく、親切を親切で返されたり、人から可愛がられたりもするのでしょうね。

それはたぶん、他人のことを本当に思いやったお人好しだからなんだと思います。

意見を全く言わない訳ではなく、相手を尊重し理解しながら話し合いが出来たり、自分を犠牲にする押し付けがましさもなく他人を優先出来たり。

程よい気遣いや優しさを見せられたりできるそんなお人好しの人になら、得ばかりがやってくるのかもしれません。

お人好しも一歩間違えれば、他人を傷つけることにもなりかねません。

その人にとっての、不利益を生み出すことだってあると思います。

その境界さえわきまえていれば、お人好しな人は、本来とても好かれる人なはずなんですよね。

お人好しは一長一短

お人好しも、一長一短です。

でももし、あなたが自分のお人好しで損をしていると感じるのなら、それはちょっとズレた人の良さだからです。

それで苦しんでいるのなら、お人好しでいることを辞めてしまってもいいのではないでしょうか?

一方で、お人好しとは言われるけど損したことが無い!と感じているのなら、そのままでいることが幸せなんだと思います。

皮肉交じりに言われてしまうお人好し。

筆者もここまで、ちょっと皮肉っぽく解説してしまいましたが、実は嫉妬だったりもするんですよね。

あとは自分が周囲の評価をどう捉えるかなのかもしれません。

ページトップ