育った環境や境遇が似ていることで、大好きな人に「運命」を感じる事はありませんか?

自分が経験した気持ちをお互いに理解し共有できることなんて、なかなかないですよね?

しかし、育った環境が似ているカップルや夫婦は、非常にうまくいきやすく仲の良い夫婦やカップルも多いのではないでしょうか?

こちらでは、今回そんな育った環境が似ている夫婦やカップルに焦点を当て記事にしていきたいと思います。

育った環境が似ているだけで、カップルや夫婦にとってどれだけのメリットがあるのでしょうか。

今回、そんな「気の合う」夫婦やカップルの共通点や、育った環境が似ていることの影響についてご紹介していきます。

ぜひ最後まで読み進めていってくださいね!

育った環境はその人の人格を形成する

育った環境は、その人の人格を形成するものになります。

育った環境は、その人の人格や性格になるだけでなく、その環境がその人自体を良くも悪くもしてしまいます。

恵まれなかった環境で育つことにより考える力が身に付き、また相手の気持ちを思いやる心が芽生えるのかもしれません。

逆に、恵まれた環境で育った人たちは、たくさんの愛に囲まれ、また周りの人たちに愛を分け与えたいなどと考える人も多いのではないでしょうか?

このように、育った環境はその人の人格を形成するポイントになり、またそれによって大きく性格が変わってしまいます。

成長する環境は非常に大事

これらのことを踏まえると、やはり成長する環境非常に大事だということがわかります。

また、成長する環境が恵まれなければ恵まれないほど、苦しい幼少期となりまたそれが人格を形成していく上で大きなポイントとなりそうです。

人から与えられる影響は自分自身に及ぼす影響も強く、その及ぼす影響の距離が近ければ近いほどダイレクトにあなたの人格や性格に響いてくることでしょう。

このように、成長する環境は非常に大事なポイントとなるだけでなく、成長する環境により、よくも悪くも左右されてしまうということを覚えておきましょう。

環境と共に親の人間性も大きく影響する

周りの環境も、ともに親の人間性も大きく影響してきます。

一緒に屋根の下で暮らす親の性格や人格、人間性などがダイレクトに伝わります。

マイナスな環境が大きければ大きいほど、幼い頃に受けた印象がより濃いものになり、今後人生に影響するほどの人格を作り上げてしまうこともあります。

また、ご両親の影響はさながら周りの環境などが原因で、その人の人間性や人格が決まるだけでなく、性格にも多大な影響を及ぼします。

育った環境を似ていると互いに気が合いやすい

また、片親同士などを育った環境が似ていることで、お互いに気が合いやすく感じることや考えることも増える傾向があります。

育った環境が似ているだけで、感じ方考え方、さらには性格や人間性まで見てしまうことがあるかもしれません。

このように、お互いに育った環境で育ったことで「それ、わかる!」などと、感覚で相手のことを理解するところもあります。

育った環境が似ていると、互いに気が合いやすいのはフィーリングだけではなく、育ってきた経験や環境も大きく影響を及ぼしていることを覚えておきましょう。

夫婦だけでなく友達や同僚でも同じ

夫婦やカップルだけでなく、友達や同僚でも同じことが言えます。

夫婦は特に、男女の関係になりますので親密なものになりますが、同性同士の友達や同性の同僚でも同じことが言える傾向があります。

特に、同じような境遇で育ち同じような環境や親の人間性など見ているポイントも多い相手に対して境遇が似ているだけでも共感したい気持ちが向上する気持ちも他の人に比べ大きくなることもあります。

夫婦だけでなく友達や同僚が自分と同じような環境下で育った話を聞いただけでついつい親近感が湧いて親しみを持つようになることもあります。

持っている空気感が似てくる

また、そんな境遇が見た者同士が一緒にいることで自然とまた不思議と空気感が似てくることもあります。

これまで自分が育ってきた環境や境遇に近ければ近いほど相手のことを「自分のことのように」見るところも多くまた感じることも多いのではないでしょうか?

持っている空気感が見ていることで、一緒にいることが居心地良く感じたり、同じ気持ちを共有、共感したりすることもできます。

それらがたくさん重なることで絆になり、また信頼感につながっていきます。

このように、お互い持っている空気感が見てくる事は、互いに居心地の良い環境ができるだけでなく、お互いを支え合う強い気持ちにさせることもあります。

育った環境が似ている夫婦やカップルが上手くいく9個の理由


それではここからは、育った環境が似ていることで夫婦やカップルがうまくいく理由についていくつかご紹介していきます。

これまでにもお伝えしてきましたように、育った環境や境遇が似ているだけで共感することも多くなり、また自然と自分の経験から相手の考えや気持ち行動パターンなどがわかる場合もあります。

またお互いに共感できることや共有することが増えることでより2人の絆が深まり愛が深まり、信頼感も深まるようになるのです。

そんなカップルや夫婦がうまくいくポイントとはどのようなところなのでしょうか?

喜怒哀楽のタイミングが合う

喜怒哀楽のタイミングが合うことで、お互いに笑うツボが同じだったり、悲しい気持ちになるパターンが同じだったり、相手がどのようなことで怒るのか?自分に置き換えて考えたときに相手の気持ちを理解することができます。

このように、喜怒哀楽のタイミングが合えば、自然と共感することも多くなり、また相手の気持ちがわかることでお互いの信頼感や絆が深まることにもつながります。

気持ちを分かち合いやすい

特に、喜怒哀楽のタイミングが合うことで、同じ気持ちを分かち合うことができます。

同じ気持ちを分かち合うことでお互いに感じる気持ちが重なり、またその気持ちが同じタイミングで重なることで、嬉しい気持ちも高まります。

このように、お互いに喜怒哀楽のタイミングが合うことで、同じ気持ちを分かち合いやすくなり、またその同じ気持ちを分かち合うことで、2人の絆や信頼関係、また愛情が深いと感じることも多くなるようです。

気持ちを分かち合うことができるカップルや夫婦は、よりお互いのことを大切に思う気持ちも強まり、同じ気持ちでいる相手に対し特別な存在になる事は間違いないようです。

いろいろな好みが似ている


これまで育ってきた環境や境遇が似ていることで、いろいろな好みが似てきたりする場合もあります。

いろいろな好みが似てくることで、お互いにやりたいことや考えることが全く違うなんていう現象も起きにくいことでしょう。

カップルでも、同じ空間にいてもお互いに別々のことをしていて気にならないカップルや夫婦なら特に問題はありません。

しかし、同じ方向性で好みも似ているカップルや夫婦なら、より一層愛情や絆が深まりやすくなります。

このような点から、いろいろな好みが似ているカップルや夫婦は同じことを考えやすく、また同じ事でも協力することもできますので、好みが違うカップルに比べると仲の良い夫婦やカップルに見えることも多いのではないでしょうか?

一緒にいても気が張らずに楽

好みが似ていることで、一緒にいても意見の食い違いで喧嘩になる事はありません。

また、相手に気を使ったり、相手に合わせたりすることもありません。

このように、相手と好みが合うだけで一緒にいても気を張ることもなく、楽に相手と同じ空間を共有することができます。

いつも、顔つき合わせるなり喧嘩をしているカップルや夫婦には、好みの違いやデートでも行きたい場所が違いすぎるため、喧嘩になったりどちらか片方が我慢したりと言う現象が起きてしまいます。

一緒にいても気を張らずにいられる事は、カップルや夫婦にとっても心地良い空間となりそうです。

似たもの夫婦と言われる

特に、そんなカップルが夫婦とない長い間同じ空間を過ごしてくることで、「似たもの同士」などと言われることもあります。

御霊の夫婦と言われることで、より仲の良い夫婦に見えることでしょう。

また、似た者同士であることから相手の考えることがすぐにわかってしまいます。

そのため、相手のやりたいことや好みや、考えなどすぐにばれてしまうところもあります。

性格が似ているだけでなく似た者夫婦になることで顔まで似てくる場合もあります。

このように、似た者夫婦になることでこれまで好みが一緒だった夫婦も、その好みが似てくることもあります。

似た者夫婦になることで、より周りからは仲の良い夫婦に見られている事でしょう。

相手の気持ちを察しやすい

これまで、同じような環境や境遇で育ってきた相手に対して、相手の気持ちを理解しやすい、また受け入れやすいところがあります。

相手の気持ちを察しやすくなるだけでなく、相手が今どのような気持ちでいるのか?などを考えることができます。

また、相手の考え方や気持ちを理解することで、より相手に対する親近感や信頼感を感じることができます。

相手の気持ちを察しやすいと言う事は、お互いに同じ気持ちになりやすいと言うことも考えられます。

このように気持ちが重なることで、さらに相手のことを思う気持ちが強くなり、また相手からも「気持ちを理解してくれている」と思われることからお互いにかけがえのない存在になることでしょう。

気疲れしなくて済む

特に、相手に対して考えていることがわかったり、気持ちを察することができるだけで、互いに気疲れしなくて済むこともあります。

相手の顔色ばかりを伺い、相手が何を考えてるのかわからないような状況を過ごすことで、相手に対して気疲れしてしまうこともあります。

また、気疲れすることが多くなることで一緒にいることが疲れてしまいます。

このように、相手の気持ちを考えることができるだけでなく、相手が何を考えてるのか察することができるだけで、相手がどのようなことを求めどのようにしてほしいのか?などを素早く理解することができます。

そのため、言いたかったことが伝わらなかったり、相手がやってほしいこととあなたがやっていることが間違っているなんてすれ違いも起こる事はありません。

感性が近いので話が通じやすい

特に、感覚が近いことで話が通じやすくなることもあります。

すれ違いや喧嘩の多いカップルや夫婦の特徴は、相手のことを理解することができず、感情に走ってしまうことの強いことが原因だったりします。

逆に、感性や感覚が近いことで、大まかに相手が何を考えてるのか理解することができたり、熟練した夫婦であれば相手の言うことを聞かなくても何をしたいかが分かってしまうこともあります。

このように、感性が近いことで話が通じやすくなるだけでなく、すれ違いや喧嘩も起こりにくい傾向があると考えられるのです。

いちいち細かく説明しなくて良い

感性が似ていることで、いちいち相手にわかりやすく、また細かく説明しなくても良いこともあり、変なところに気を使う必要もありません。

また、いちいち細かく説明しなくてはいけない相手に対してストレスになることもあります。

そんな相手に心の中では「もっと気持ちの通じる相手だったら楽なのに…。」なんて感じることも少なくないようです。

いちいち細かく説明しなくても、阿吽の呼吸でお互い理解することができるなら、いちいち細かく説明する手間も省け、また相手が何をいたかったのかほぼ完璧に理解することができます。

このように、感性が似ていることで、お互いに気持ちを通じ合うことができるだけでなく、相手が何をしたいのか?何を言いたいのか?少し話をしただけで理解することができるのです。

金銭感覚が近い

金銭感覚が近いことで、どこにどのようなお金を使うのか?そんな感覚も似てくることでしょう。

特に、夫婦になり喧嘩の原因になる最も高いポイントは、お金の問題になります。

お金の使い道やお金がないことで、喧嘩の原因になったり心のゆとりがなくなったりしてしまうこともあります。

どこにどのようなお金を使うのか?そんなことをお互いに感覚や考え方が似ていることでストレスになることもありません。

また、金銭感覚が近いことでお金の使い道やお金に対する考え方も似ていることから、喧嘩になることも少ないでしょう。

価値観や金銭感覚はカップルや夫婦にとってはとても大切な問題となりそうです。

同じことで笑い合える

いつも、同じことで笑い合える夫婦やカップルはとても幸せそうに見えますよね。

笑うツボが同じだったり、同じお笑い芸人が好きだったり、同じことで笑い合える環境こそ、カップルや夫婦にとってとても良い居心地になることでしょう。

また、同じことで笑い合える時間が増えることで、お互いに「幸せな気持ち」でいる時間も長く、相手といることがリラックスタイムに思えるようになります。

相手と一緒にいることで、癒されたりリラックスできるようになることで、「もっと一緒にいたい」気持ちも強くなるのではないでしょうか?

相手の家族や友人ともすぐに仲良くなれる

感覚や考え方、またこれまで育ってきた環境や境遇が似ている相手なら、同じような友人や家族の場合もありますので、すぐに相手の家族や友人とも仲良くなれることでしょう。

これまで、育ってきた環境や境遇が違いすぎることにより、相手の家族にものすごく気をつかっていたり、相手に対して好きな気持ちはあっても周りの人とは打ち解けることができない…。

なんて言うカップルや夫婦も多いのではないでしょうか?このように、これまで育ってきた環境や境遇が似ている相手なら、自分の考え方や感覚も重なる部分があります。

その中で相手の家族や友人は自分の家族や友人とも似ているところがあり、すぐに打ち解け仲良くなることができるでしょう。

相手の行動にいちいち引かない

相手の行動や、言葉にいちいち引くこともありません。

相手の気持ちや感覚が似ていることから、相手に対して「ドン引きした」なんて事は滅多にないようです。

むしろ、相手の行動や感覚が自分と似ていることから、相手の気持ちを自然に理解することができるだけでなく、相手に対して冷めるようなこともありません。

相手の行動にいちいちひいてしまうようであれば、相手に対して冷めてしまうことも多く、長続きをする事はありません。

生活水準が同じで暮らしやすい

特に、これまで育ってきた環境や境遇が似ていることで、金銭感覚も近いものがあります。

そのため、生活水準がほぼ同じで生活しやすいところがあります。

生活水準が似ていることで、無駄なストレスがなくなります。

特に、生活水準の違いすぎる格差婚や格差カップルなど破局に近い状況になっていることも考えられます。

しかし、生活水準や考え方が似ていることから、暮らしやすく、一緒にいることがストレスに感じられないことも多いのです。

これらのことを考えても、一緒にいることが非常に楽で難しいこともありません。

そのため、お互いの愛情や絆、信頼なども自然と深まっていくのかもしれません。

デメリットもある

これまで、ご紹介してきましたように、育ってきた環境や境遇が似ているカップルや夫婦でも、実はデメリットがあります。

デメリットを知ることで、そんなカップルや夫婦でもこれまで以上に仲良くなることができるケースもあります。

デメリットをよく理解し、そのデメリットをカバーできるよう心がけていくだけで、よりカップルや夫婦の仲も深まっていくことでしょう。

感覚が似すぎていてすぐ空気のような存在になってしまう

特に、感覚がにすぎていて相手がすぐに何を考えているのか分かってしまいます。

また、相手と同じような行動してしまうことから、相手のことを「分身」のように感じるところもあるようです。

しかし、感覚がにすぎていることでお互いに空気のような存在や、家族のような存在になってしまい、いることが当たり前になっている場合があります。

お互いに当たり前の存在になってしまうことで、付き合いたてのカップルと言うよりかは、歳をとった長年連れ添った夫婦のように感じられるところもあります。

ドキドキ感やワクワク感が生まれにくい

これらのことを考えても、一緒にいることでドキドキしたり、ワクワクすることも少ないのかもしれません。

やはり、どれだけ喧嘩をしていても最後には仲直り出来るようなカップルや夫婦になることで、それらが多少の刺激になりドキドキ感やワクワク感が生まれる場合もあります。

しかし、感覚が似ていることから大きな喧嘩になることもありません。

そのため、何も言わなくてもすぐにお互いのことが理解できてしまうのですが、同じような相手であることからドキドキ感やワクワク感が生まれにくい傾向があるのもデメリットの1つでしょう。

相手の考えがすぐ分かってしまう

相手の考えがすぐにわかってしまう事は、非常に楽なことです。

それが故に相手の考えがすぐにわかってしまうことが「なぜデメリットになるの?」なんて気持ちになっていませんか?相手の考えがすぐにわかってしまう事は、当然喧嘩になりにくいところもあります。

しかし、相手の考えがすぐにわかってしまうことで、相手の行動や考え方、発言などあらゆるところでわかってしまうところがあります。

ある意味、「面白みのない状態」になっていることもあり、ドキドキ感やワクワク感が生まれにくいだけでなく、相手が何か隠し事をしていたり嘘をついたことなどにもすぐに気がついてしまうことがあります。

嘘がすぐバレる

嘘がすぐにばれてしまうことで、相手にバレたくないことがばれてしまう傾向があります。

こういったことを考えても、「嘘がばれてしまうことで、隠し事がなくていいよね。」なんてこともありますが、相手を喜ばせたい気持ちからサプライズを考えていたとしても、隠し切ることができないことも考えられます。

また、浮気をした場合など相手に自分の気持ちを悟られやすくまた隠し事がバレてしまうこともあります。

このように、相手と意思疎通がきちんとできている相手に対し、相手が何を考えているのか?何を隠しているのか?など、すぐに相手に伝わってしまうこともあるのです。

たまの喧嘩が大喧嘩になりかねない

特に、育ってきた環境や同じ境遇で育った相手に対し、意見がぶつかり合うと言うことも滅多にありません。

しかしその「たまの喧嘩」が大きな喧嘩に発展しやすい場合があります。

年に数回たまにする大きな喧嘩が我慢できないと言う相手もいるのではないでしょうか?
普段喧嘩をしない仲の良い2人が、たまに喧嘩してしまうことでそれが大きな喧嘩になりやすく、また修復するまでに時間がかかる場合もあります。

では、なぜ魂の喧嘩が大きな喧嘩になりやすいのか?それは、これまで同じ境遇で育ってきて、同じような感覚でいたことが原因になります。

「それってどういうこと?いいことじゃないの?」なんて思いますよね。

それ自体は悪いことではありませんが、ちょっとした意見のすれ違いで、お互いに「こんなに理解し愛しているのに、なぜ理解できないの?」なんて気持ちになりやすいことがあります。

お互い仲の良いカップルや夫婦だからこそ、また感覚が似ているところが多い2人だからこそ、ちょっとのズレが気になってしまうのかもしれません。

人が育つのに良い環境とは?

それでは、人が育つのに良い環境とはどのような環境なのでしょうか?ここからは、少し人が育つのにはどのような環境が必要なのかについて触れていきたいと思います。

今後2人が仲良くなるためのポイントにしてみたり、また2人にお子様ができたときに以下の項目を意識して過ごしてみるのもいいですね。

周囲に良い大人がたくさんいる

周りに良い大人がたくさんいることで、その人たちを見本にまたお手本にすることもあります。

良いお手本を見本にすることで、自然とそのやり方が身に付いて行ったり、当たり前に良いお手本を行うことができます。

周囲に良い大人がたくさん集まることで、より良い環境になり、またその中で育つ子供もいい大人たちにたくさん影響され、似たように育っていくところもあります。

良い教えをたくさん与えてくれる

良い大人が周りにたくさんいることで、良い教えをたくさん教えてもらうことができます。

良い教えや学びができることで、吸収力の高い子供なら、その良い教えを2倍3倍に増やすことができるかもしれません。

このように、周りにいる大人たちが対象となる子供に対して良い環境を与えるだけでなく、良いことをたくさん子供自身が学ぶことで、よりその子供の人格や人間性、性格などを形成していく傾向があります。

きちんと整理整頓された環境

きちんと、整理整頓された環境は非常に大切になります。

いつも部屋が散らかっていたり部屋がゴミで溢れかえっているような家に住むことで、衛生面でも良くありません。

また、整理整頓されていない部屋や家は、汚いだけでなくものを大切にする心や、不潔な環境でいることで病気になってしまうこともあります。

きちんと整理整頓され、手入れの行き渡った家やお部屋で生活することで、ものを大切にする心が育つだけでなく、きれいな環境で過ごすことができ健康でのびのびとした子供になることでしょう。

家の中や持ち物、服などが綺麗

家の中の持ち物や服などが散乱していることで、足の踏み場のないお部屋になっていることも考えられます。

家の中の持ち物をきちんと整理整頓するだけで、どこに何があるのかすぐに把握することができ、また整理整頓することは気持ちを整理することにもつながります。

また、腹などが散乱していたりいつも着る服がしわしわやシミだらけの場合、不衛生な環境で育っているように見えるだけでなく、ものを大切にしない気持ちや、周りの人たちを大切にする気持ちが薄いように感じられます。

おしゃれをすることや身なりに気をつけると言う事は、同じ空間にいる相手を大切にすることになります。

相手に不快な思いをさせたり、嫌な気持ちにさせる事は相手を大切にしていないことと同じなのかもしれません。

環境の乱れは心の乱れにつながる

特に、環境の乱れは心の乱れにつながりやすいところがあります。

そのため、環境が乱れている多くの人は、心を乱しています。

こればかりはとても不思議なのですが、環境と心はつながっているところもあります。

家が汚くてボロボロな場合、その人自身が着ている服や身なり、格好なども汚れていることがあります。

さらに、環境が乱れていることで落ち着いて何かをすることも難しくなります。

そうなると、当然幼い子供の場合学力が低下してしまいます。

きちんと整理整頓され落ち着いた環境で学べることこそ、大切なのかもしれません。

また、きちんと整理整頓された環境の中にいることで、心も落ち着き安定した生活を送ることができるのです。

自然や動物に触れられる環境

幼い頃に、犬を飼っていた人や、ハムスターやモルモットやウサギなどを飼っていた人も多いのではないでしょうか?自然や動物に触れられる環境はとても大切な環境になります。

また、自然や動物の世話をすることで、自分の心が豊かになりまたその自然や動物たちから癒されることでしょう。

お花の世話をしたり、ペットの世話をする事は一見めんどくさいように感じてしまいますが、その間過ごした時間がとても貴重なものとなります。

相手に対する考え方や気持ちを学ぶことができるだけでなく、相手に癒されることで深い絆も生まれます。

優しい心や責任感が育つ

このように、植物やペットの世話をすることで優しい心や責任感が育つだけでなく、相手のことを思いやるような優しい気持ちや、相手のことを最後まで面倒を見なければならないと言う責任感も育つこともあります。

優しい心と責任感が育てば、どこへ行っても通用する人になるでしょう。

また、相手を思いやる気持ちや責任感があることで、強い心が育つこともあるのです。

まとめ

いかがでしたか?これまで育ってきた環境や境遇が似ているカップルや夫婦にとって、幼い経験や親の影響力を受けて育ってきています。

そんなカップルや夫婦にとってお互い思いやる気持ちや絆、信頼感は普通のカップルに比べ強い結びつきで結ばれていることがあります。

相手と共感できる気持ちや、何かを考えるタイミングが同じになることでお互いにお互いの存在がいとおしいものに感じられることもあります。

また、お互いが話をしなくても通じ合うことができることもあり、相手に対する存在も特別なものとなりそうです。