CoCoSiA(ココシア)

A型に言ってはいけない25個のNG...(続き3)

14.もっと〜したらいいじゃん

「もっと〜したらいいじゃん」というアドバイスや感情の押し付けもA型にはNGです。

神経質なA型は些細な言動に振り回されてしまうこともしばしば…。

「~したらいいのに」とか「もっとこうしなよ」といった発言は、「自分は間違っているのか?」「自分はこのままじゃダメなのか?」とA型を不安にさせてしまいます。

また、A型は他人の評価を気にする傾向があるので、自分へのダメ出しとも取れる発言に過度に落ち込んでしまうこともあるのです。

15.臨機応変に行動して!

上でも少し説明しましたが、基本マニュアル人間なA型はイレギュラー対応には弱く、常に完璧でありたい本人にとっては、それがコンプレックスになっている可能性があると言えます。

だから「臨機応変に行動して!」なんて発言は、A型の傷を抉りかねないのです…。

誰にでも苦手なことはあると思います。

それを急に「克服しろ!」なんて言われても無茶な話ですよね?

「どうにかしろ!」と言うのは子供でもできます。

臨機応変に行動できずに困っている人を見たら、「〇〇さんは~してくれる?」とさり気なく具体的な指示を出しつつ、フォローをしてあげるのがデキる人間と言えるでしょうね。

16.私どっちでもいいから、決めて!

相手に気を利かせたつもりで、「私どっちでもいいから、決めて!」と言う人がいますが、A型にとっては全く気遣いになっていない場合もあります。

というのも、A型には優柔不断なところがあるので、「好きに決めていいよ」と選択を迫られても逆に困ってしまうのです。

もしお互いに遠慮してなかなか決められないのであれば、少々面倒ではありますが「クジやジャンケンで決めよう!」と提案した方がA型的には助かるでしょうね。

17.おせっかいだよね

「みんなの為…」と思って色々と動き回ることも多いA型は、少々世話焼きなところがあると言えます。

というのも、A型には「認められたい」「必要とされたい」という思いが人一倍強いのです。

だから、色々頑張って人の世話を焼いたり周りの為に動き回る訳ですが、その努力を人に「おせっかい」とマイナスに捉えられてしまうのは、A型にしてみたら心外でしょう…。

ただ、周りから見てA型さんの言動が度を越えていたり、本気で「おせっかい」「干渉しすぎ」だと感じたのなら、周りや本人の為にもハッキリ伝えることも必要かもしれませんね。

ですが、わざわざ伝えなくていい場面や相手の機嫌を損ねたくないのなら、「おせっかいだね」と言う必要もないでしょう。

18.見下してるでしょー?w

常に完璧で優等生なA型に、冗談でも「見下してるでしょー?w」と言うのはやめてあげましょう。

そんなことを言われれば、A型は「見下してなんかないよ!」「普段の自分はそんな嫌な人間に見えてるの!?」とすごく不安になってしまいます。

A型は他人からの評価をとても気にしますし、些細なことで傷つき引きずりやすいタイプなので、揶揄うのも程々にしてあげましょうね。

19.なんでキレてるのか全然わかんない!

A型がイライラしてるときに「なんでキレてるのか全然わかんない!」なんて言えば、A型は「どうして自分の気持ちを分かってくれないの!?」と思うでしょう。

そのまま感情的になって喧嘩に突入してしまう恐れもあるので、下手にA型を刺激する発言は避けた方が良いです。

20.お母さんにしか見えない

冗談で「あなたってお母さんにしか見えないよね~」なんて言ってしまうのも、A型を不快にさせる恐れがあります。

場合によっては褒め言葉として「お母さんみたい!」と表現することもあるかもしれませんが、例え褒め言葉でも人によっては複雑に感じる場合があるでしょう。

きっとA型も同じで、みんなが快適に過ごせる様に色々と気を使ったり、周りの為に動き回っていたのに、それを「お母さんにしか見えない」と言われてしまうのは微妙なのではないでしょうか?

「お母さんに見える」というのは別の見方をすれば、“親身になって他人の為に行動してくれる”とも言えます。

なので良い意味を含むのなら、「お母さんにしか見えない」という捻くれた表現をするより、「あなたがいてくれて良かった!」と褒めた方がA型の人も嬉しいかもしれませんね。

21.予定はその日にならないとわからないな~

A型に予定を聞かれたときに、「予定はその日にならないとわからないな~」と雑な返事をしてしまうと、「付き合い辛い人だな…」と思われてしまうかもしれません。

下手をすると、「スケジュール管理もできないの?」「忙しいのはあなただけじゃなくて、こちらも同じなんだけど!?」とA型をイライラさせてしまう恐れもあるので気を付けた方が良さそうです…。

22.やっといて〜得意でしょ?

「やっといて〜得意でしょ?」という丸投げ感満載なこの発言も、A型に言ってはいけないNGワードになります。

こういう言い方をされてしまうと断り難いですし、嫌味にも聞こえますよね?

上で説明した「やってくれるからやらなくていいよね!」もそうですが、せめて「何か自分に手伝えることは?」と確認したり、「それじゃあ自分はこっちの作業をするね」と自分にきることを見つけ動くくらいはして欲しいもの…。

相手に任せるにしても、こんな上から目線で雑な頼み方では(例え相手が上司でも)良い気はしませんよね?

23.部屋汚いね

「部屋汚いね」もA型に言ってはいけないNGワードになります。

まぁ、「部屋汚いね」はA型に限らず誰に対しても失礼にあたる発言なので、そう思っても言わない方が良いでしょう。

几帳面で神経質なところがあり、身なりやマナーには非常に気を使うA型ですが、自分の部屋に関しては意外と散らかりがちな傾向にあるみたいです。

身なりやマナーと違って、部屋(プライベートな空間)は常に他人の目に触れる場所ではないからかもしれませんね。

“A型=何事も完璧にしたがる”というイメージを抱いている人も少なくないと思いますが、きっと全てにおいてきちんとしてる訳ではなく、A型本人の中で“きちんとしたい部分”と“どうでもいい部分”が分かれているのでしょう。

(これについては無自覚な可能性が高いですが…)
普段のA型のイメージも相まって、周りにはきちんとしている部分とどうでもいい部分の差がかなり大きく見えるのかもしれません。