血液型の中でA型が男女共に、もっとも多いと言われていますよね。

学校や職場でもA型と出会う確率が非常に高いです。

それだけにA型は、あまり重要視されることもなく血液型占いでも話題がイマイチ盛り上がらないことも多いです。

しかし世の中はA型の血液型が多いだけに出会う確率も高くなる。

と言うことは、好きになる恋愛相手や結婚相手、好きになる確率も高いと言えるでしょう。

A型男性の特徴を知ってこそ、恋愛マスターになれると言えます。

A型男性と出会い、A型男性を好きになったとき、A型男性は恋愛でどんな行動をとるのでしょうか?

A型と言えば、あまり感情的にならない冷静なイメージですよね。

そんなA型男性を本気させるには、A型男性の恋愛特徴を知る必要があります。

A型男性を好きになったらチェック!


A型男性イコール「真面目」「神経質」イメージが強いですよね。

O型男性であれば「社交的」「明るい」そしてB型男性は「クール」「プレイボーイ」、AB型は「二重人格」「個性派」など血液型に関するイメージは様々です。

良くも悪くもA型男性は優等生タイプで平凡な男性と言えるかもしれません。

優等生タイプだからこそ、結婚したらパートナーだけを愛して幸せな家庭を築けるかも知れませんが、恋愛時期は平凡だと少し物足りなさを感じる。

ただ、それはあくまで一般的なA型男性に対するイメージであって、全てのA型男性が優等生なワケでもない。

A型男性も浮気者もいますし、明るくて社交的な人がいます。

血液型が全てを決めるとは言いませんが、血液型は相手の特徴が分かるものです。

A、B、O、AB型の4つしかない血液型ですが、個々に性格の特徴がよく表れています。

誰かに恋をしたら占いに頼る女性は多いと思います。

その中でも相手の血液型の特徴を知ってチェックすることは、相手のことを知ることに繋がるのです。

相手に色々と聞くことができない、そんな微妙な距離だからこそ、血液型の特徴を知ることに意味があります。

A型男性が恋愛で本気になったときにとる行動10選

今回はA型男性が恋愛で本気になったときに、どんな行動をとるのか?

元彼はオラオラ系でリードしてくれたからと言って、全ての男性が同じ行動を起こすとは限らない。

元彼がA型じゃなければ、同じような行動はとりません。

A型男性の一般的に恋愛に対して奥手で恋愛ベタな印象があります。

果たして、本当にA型男性は奥手なのでしょうか?男性はシャイな性格の方が多いですよ。

わかりやすいA型男性のイメージですが、恋愛相手となるとチョット違う。

イメージ通りに行かないのが恋愛です。

簡単に行かないのが恋愛と言うものです。

A型男性が恋愛で本気になったときにとる行動をしっかりチェックしましょう。

1.誘う


A型男性は基本的に真面目な性格です。

A型男性がチャラ男のように興味ない女性を誘うことは少ない、A型男性が相手を誘う行動は恋愛的にも本気度が高いと思って良いでしょう。

誘うイコール本気とは言い切れないかもしれませんが、少なくてもA型男性から誘うことは、その相手に興味があるから誘うのです。

A型男性は相手を誘って反応を確かめていることも多いです。

相手の反応がイマイチであれば、A型男性が声をかけることは、しばらくないでしょう。

相手の反応を見ているA型男性は、最初から二人きりのデートを申し込むよりも、「仲間で・・・」など複数で誘うことも多いです。

会って話をしようとする

何故、A型男性が異性を誘うのか?

その目的は、会って会話をしたいからです。

普段は仲間や職場がいて、深く話すことはできない環境であれば尚更でしょう。

興味のある異性と会って話をしようとすることで、相手のことを深く知ることができます。

A型男性がLINEやメールで相手のことを知るよりも、実際に会ってこそ、相手の表情や口調、態度を知れることができると考えています。

それは基本真面目なA型男性だからこその行動です。

A型男性は恋愛に奥手のように見えますが、中途半端な行動が嫌いです。

相手が自分に興味がないのなら、A型男性は無駄な時間を過ごしたくないのです。

相手の様子をメールやLINEで伺うよりも、会って話をすることにより相手を知れるとA型男性は考えています。

二人きりになるようにする

A型男性が「皆で一緒に海に行かないか?」と誘ってきても、実際A型男性は、仲間と一緒にいる場所でも二人きりになれる瞬間を探しています。

と言うよりも、二人きりになりたいから誘っていいます。

いきなり「二人で・・・」と相手を誘うことは非常に勇気がいるものですし、緊張します。

A型男性がラフなノリで誘っても、実際には二人きりになりたいと思っています。

何故、A型男性は二人きりになるようにするのか?

それは大勢の中では自分をイマイチアピールできないと考えているからです。

A型は派手な表現で相手を魅了するような性格ではありません。

どちらかと言えば、自己アピールが苦手。

だからこそ、二人きりなることによって、本当の自分自身をさらけだすことができます。

また、大勢の中の邪魔者的存在を避けたいという気持ちの現れです。

二人きりになりたい下心よりも、「自分を知ってほしい」「邪魔されたくない」そんな気持ちがA型男性は強いと言えそうです。

2.親しみを伝えてくる

A型男性は恋愛で相手に興味を持つと、周囲に「僕と〇〇さんは仲が良い」と思わせたがる傾向があります。

それは周囲の邪魔が入らない為の事前の防御対策でもあるのです。

実際には差ほど親しくない関係でも、親しみを伝えて、相手が心をオープンにしてもらうことを狙っています。

話しかけること以外に、恋愛の下の名前やニックネームで呼んだりします。

それはA型男性にとって他の子とは違う、特別感を周囲にアピールしているのです。

また恋愛相手からも「〇〇君は話しやすい」と思われたいのです。

A型は自己アピールが苦手、それはA型男性自身のコンプレックスになっています。

A型男性は、どうにかして恋愛相手から好印象に思われたい、その気持ちが親しみを伝える方法だと思っています。

親しみを伝えることは、恋愛相手から声をかけてくれることを期待しているのです。

ニックネームで呼ぶ

A型男性は、誰にでもニックネームで呼ぶような気さくな性格ではありません。

A型男性は相手に対してニックネームで呼ぶことは特別なことと思っています。

大勢の仲間や職場でも、一人だけニックネームや苗字ではなく名前で呼ぶことでA型男性なりの特別感をアピールしています。

もともとA型男性は軽い性格ではありませんから、ニックネームや名前をはじめて呼ぶときは、少しぎこちないかも知れません。

実際に心の中ではA型男性はドキドキしているはずです。

しかし1回でも恋愛相手をニックネームや名前で呼ぶことに成功すると、糸が切れたタコのように何回も相手をニックネームや名前で呼んでしまうことがあります。

A型男性にとって相手をニックネームで呼ぶことは特別なことです。

恋愛感情がない相手には、周囲と同じ呼び方や、さん付きをすることが多いです。

恋愛感情がある相手には、自分だけのニックネームで呼んだり、名前を呼び捨てにすることあります。

時折ユーモアを交えた会話も

A型男性自身も「A型男性は真面目で面白みにかける」と周囲から思われていることを気にしています。

実際にA型のイメージは「真面目」「神経質」が一般的なイメージ。

A型男性イコール、ユーモアがあるイメージは少ないですよね?

A型男性は日本人らしい一般的な性格ですが、A型男性自身はユーモアがあると思われたいのです。

「〇〇君はA型だけど、すごく面白い」と思われたい。

A型男性は時折ユーモアを交えた会話をします。

実際には真面目な性格ですが、「ここの会話でユーモアを交えれば・・・」と結構、狙っていることもあります。

また真面目さゆえに、ユーモアが会話に交わることもあるのです。

それは狙っているわけではなく、真面目に話している内容が相手からすればツボにハマることになり、「ユーモアがあるね」「意外に面白い」という結果に繋がります。

3.文面は真面目

一生懸命にユーモアを交えて狙っているA型さんも結局は真面目さが文面に現れてしまうものです。

今の世の中、LINEやメールは当たり前のようにしています。

どうでも良いような内容を適当にLINEする人もいれば、面倒だからスタンプだけで返信、既読しても後で良いと放置する人もいます。

LINEやメールは個性が表れやすいのです。

A型男性はスタンプ1個で返信するようなことは、あまりしません。

相手からメールやLINEが来たら既読スルーすることはなく、極力早く返信をします。

相手の文章をしっかりと読んだ上で、相手の文章と同じくらい、もしくは長い文面で返信をしてきます。

A型男性はLINEやメールの文章が上手です。

実際に自己アピールが苦手なA型でもLINEやメールの中では上手に自分自身をアピールしています。

まして恋愛対象の相手だとすれば尚更です。

LINEやメールは礼儀正しい

LINEやメールを送信する際にA型男性は、ちゃんと読み返します。

文章が変じゃないか、相手が不快な思いをしないかチェックしているのです。

長い文面だとしても改行や絵文字を上手に組み合わせて、読んでいる相手が疲れないように心がけるA型男性。

恋愛相手じゃないとしても、比較的LINEやメールは礼儀正しい文面ですが、恋愛相手となると、もっと礼儀正しいと言ってよいでしょう。

例えば、二人で遊びに行った後も、LINEやメールで「昨日はお疲れ様です」など、挨拶から入る文章が多いです。

いきなり本題に入るLINEやメールではなく、自然と文章の構成を考えているのです。

A型男性のLINEやメールは性格がよく出ている文面で礼儀正しいです。

4.理解を示す

A型男性は聞き役が多いです。

A型男性は自分アピールをしませんし、苦手です。

だからこそ話し上手よりも聞き上手と言えるのです。

相手の話を聞いている方がA型男性自身も楽だと感じています。

たとえ興味がない相手でも、右から左に他人の話を受け流すようなことはしません。

だからこそ良いことも悪いことも全部受け止めてしまう、結果的にストレスを抱え込みやすいくなります。

他人の話を適当に聞くことができれば、慎重に考えることもありません。

A型男性は他人の話に耳を傾けて、真剣に聞いています。

まして恋愛対象の相手であれば尚更かも知れませんね。

A型男性が適当に話を聞いていない姿は恋愛相手にも伝わります。

華やかさがないA型男性でも「〇〇君といると落ち着く、ずっと話たくなる」と恋愛相手の心を鷲づかみにすることができます。

ただ聞いているだけであれば、誰にでも出来るかも知れませんがA型男性は聞き役プラス相手を否定しません。

まず理解をしようとA型男性は考えているからです。

その優しさが恋愛相手には伝わるのです。

悩みを聞いてくれる

A型は聞き上手です。

自分自身の話しをするよりも、相手の話を聞いている方が楽だからです。

恋愛対象の相手に対しても同じこと。

相手の話を聞いて、相手のことを理解したいと考えます。

たた段純に相手の話を興味から聞いていることでも、A型男性は真面目な性格なので恋愛相手も思わずプライベートな相談や仕事の相談をしてしまいます。

A型男性の良さは、悩みを親身になって聞いてくれるところ。

A型男性の真面目な性格が他人事として考えることができないのです。

自分に関係のない相談話でも、親身になって聞いてくれます。

その為、恋愛相手の片思いの悩みまで聞いてアドバイスをすることもあります。

「本当は好きなのに・・・」と思いつつも、悩みを聞いてしまう人の良さが出ています。

同調してくれる

A型男性は同調をしてくれます。

人間の心理として同調することは好意を持っている印と言っても良いでしょう。

特に恋愛相手のことは誰よりも理解したい、同じ感覚でいたいと思うのがA型男性の特徴です。

ですから、相手と意見が少し違っても感覚が合わなくても、否定することはせずに同調してくれるのがA型男性です。

どんな人も他人に同調えると嬉しいものですよね。

A型男性は真面目な性格のうえ、人付き合いも上手です。

空気を読める性格なところも不特定多数の人から好かれる理由のヒトツです。

5.頼りがいのあるところを見せる

A型男性の一般的なイメージは正直頼りがいのあるようには見えないかも知れませんが、実は頼りがいのある男性です。

露骨に「オレに任せろ!」というようなキャラではありません。

A型男性は陰の実力者。

恋愛相手が困っている姿を放置しておくことはできません。

その内容がA型男性自身には全く関係のないことでもA型男性は力になろうとします。

その為、恋愛シーンではおいしい所を他人に持って行かれることも。

「頼りがあるように思われたい」そんな気持ちから最初は、相手に同調することも多いですが、次第に本気で相手のことを心配してしまいます。

A型男性は意外にプライドが高く、自分の殻を破りたいと思っています。

だからこそ、恋愛相手には頼りがいのあるところを見せることがあるのです。

とにかく最初は聞き役

A型男性は自分の話をあまりしません。

特に最初は聞き役にまわることが多いです。

A型男性は基本的に人見知り体質ですから、相手のことをよく知らない段階で自分の話をすることはありません。

それが恋愛相手だとしても同じこと。

とくに恋愛相手になると、相手のことをよく知りたいという気持ちが強くなりますし、自分自身の話をして、相手が「合わないかも・・・」と思われたくないのです。

相手のことを知る為には最初は聞き役になり、相手の性格を分析します。

相手がどんなことに興味があり、どんなことが好きなのか?

相手のことを知ることで自分自身が、どうアピールすれば良いかも考えます。

アドバイスをくれる

恋愛相手のことに興味があるからこそ、聞き役になるA型男性ですが、真面目な性格ゆえ聞き役になっているとアドバイスをしたくなります。

それは上辺だけ話を聞いているのではなく、しっかりと相手の話を聞いているからこそ、本気で悩んで本気で考え、アドバイスに結びつきます。

相手に気に入られる為にだけ聞き役になっているわけではありません。

A型男性はアドバイス上手です。

高圧的な態度になることもなく、上から目線になることもありません。

冷静に相手の話を聞くことができる人です。

何か悩みがあると、ついついA型男性に話してしまう異性も多いはず。

A型男性に話していると心地良さを感じることができます。

リードしようと努める

A型男性はリードしようと努めるところがあります。

あまり自己主張をしないA型男性ですが、実は頼ってほしいと考えています。

だからこそ、聞き役になりアドバイスをして、相手の為にリードしようと努めるのです。

「オレについて来い!」強めなリードはしません。

どちらかと言えば、A型男性自身がリードしようと考えているだけで、相手にはイマイチ伝わりにくいです。

それでも親身になり聞き役になりアドバイスをしていることで、後々相手の女性は「〇〇くんが気付けばリードしていた・・・」と気付くパターンが多いです。

A型男性は性格的にリードすることが少し苦手ですが、それでも男として頼ってほしい気持ちは非常に強いのです。

特に恋愛対象の相手であれば、男らしさを感じてほしいと思っています。

露骨な態度でリードはしませんが、陰ながらリードをしているのがA型男性です。

6.時には慎重に

基本的にA型男性は冒険心が強い方ではありません。

どちらかと言えば石橋を叩いて渡るタイプです。

恋愛面においても、あまり当って砕けろ!と言えるような手当たり次第、誘うことも少ないと言えそう。

特に本当に好きな女性に関しては慎重に進めるでしょう。

奥手と言うことではなく、相手の様子を見ながら行動に出ます。

A型男性は周囲が驚くような大胆な行動に出ることがありますが、それも慎重に物事を進めているからこそ、大胆な行動に出ることができます。

恋愛面では、大胆に時に慎重に行動しつつ、自分なりの恋愛を進めて行きます。

本気の人には焦らない

A型男性は興味のない異性に対しては大胆と言うかオープンです。

気軽に誘うこともできます。

本気の恋愛ではないと思えば、関係が深くなるのも早くなることもあります。

言い方は悪いですが、あまり感情がないところがあるのかも知れませんね。

ただ本気で好きになった人には、焦るようなことはしません。

それは本気で好きになった人と楽しい時間をゆっくりと分かち合いたいからです。

恋人同士のピュアな気持ち、相手のことをゆっくり知って行くこともA型男性の楽しみの一つです。

A型男性は実に分りやすい性格と言えるでしょう。

特に恋愛面に対しては本気と本気じゃない人の違いは歴然です。

堅実に関係を築いていく

本気で好きになった人とは堅実に関係を築いて行くことになります。

最初は相手の聞き役として、相手のことをリサーチしたうえで次は自分自身のことを少しずつ相手に伝えて行きます。

自分自身のことも相手に理解してほしいと考えるからです。

堅実に関係を築いていくことで、恋人同士になったときに様々な問題を二人で乗り越えて行くことができるからです。

ですから、A型男性は本気の相手に対しては隠し事をしません。

浮気心も少なく、好きになった相手だけに一途になることが多いでしょう。

A型の慎重さと真面目さが恋愛面でしっかり出ています。

A型男性自身が堅実に関係を築いて行こと考えているので、当然ながら相手も同じ感覚じゃないと恋愛が発展していきません。

相手が隠し事、不振な行動をされると堅実な関係が一気に壊れて行きます。

7.無理をしない

堅実に関係を築いていくA型男性ですが無理をしないのもA型男性の特徴です。

そもそもA型男性は一週間そこらで堅実な関係を築けるわけがないと思っています。

堅実な関係を築いていくためには、お互いの信頼関係が大事になってきます。

その為にA型男性は時間がある程度かかることは仕方ないと思っています。

A型男性は、もともとムチャをするような性格ではありません。

しっかり計算に基づき人生を送るタイプです。

その為に行き急ぐことはしないのです。

それは恋愛にとっても言えることです。

相手のペースに合わせる

A型男性は相手のペースに合わせることができます。

もともと「オレについて来い!」と強引にリードをするタイプではありません。

A型男性にとって恋愛は一人でするものではなく相手がいるからこそと考えます。

その為、恋愛も相手の考えを尊重して受け入れることができるのです。

恋愛は二人で楽しまなきゃ意味がない。

本気で愛している人だからこそ、相手のペースに合わせます。

相手のペースに合わせることは、相手の性格を理解してないと出来ないことです。

その為、恋愛は無理をしない、堅実に関係を築いていくのです。

8.とにかく嫌われたくない

A型男性は好きな相手に嫌われたくないと強く思っています。

その為、好きになった相手に同調することや相手のペースに合わせることも、しばしば見られます。

A型男性は自信家ではありません。

好きになった相手が脈ありな行動を見せても簡単には相手を信用しません。

恋愛に関しては、自惚れることが少ないです。

それどころか、相手に嫌われているのでは?そんな不安ばかりが頭を過ぎります。

たとえ恋人同士になってもA型男性は心配や不安が解消することはありません。

A型男性は心配症が多いです。

片思い中は特に心配症です。

嫌われたくない気持ちが強くなり過ぎて一歩前に進むことが出来ないのです。

好かれる前に嫌われるのが怖い

簡単に言えばA型男性は恋愛に対して少し臆病と言えるでしょう。

A型男性はポジティブとネガティブどちらが多いか?と言えば、ネガティブです。

A型男性のネガティブさが恋愛面で出てしまっています。

好きな人が出来ても、なかなか行動に移せないのは、相手から嫌われることが怖いからです。

「本格的に好きになる前に嫌われてしまったら・・・」そんな言葉がA型男性の頭を過ぎります。

好かれる前に嫌われるのが怖いからこそ、時には素っ気無い態度や不振な行動をしてしまうことも。

A型男性が一目惚れをして、即告白をする大胆行動は、ほぼありません。

A型男性は極力相手に嫌われないように慎重な行動をとることが多いです。

身近な存在でいられる努力をする

A型男性が好きな相手に嫌われないようにする為には、どうすれば良いか考えます。

その結果、身近な存在でいられる努力をします。

いきなり告白をして恋人関係を求めるよりも、一番身近な存在になり頼られる人間でありたいと考えるからです。

身近な存在になることで、相手から信頼を得ることができます。

また、身近な存在になることは自分自身の外見を好きになってもらうのではなく、内面を好きになってもらえることです。

内面を好きになってもらえることで二人の絆も深くなると考えます。

本当は大好きですぐにでも付き合いたい、でも男友達でいる自分を演じることがあります。

身近な存在になりすぎて、気持ちを伝えることができないこともあります。

9.好感度アップに努める

A型男性は好きな相手から嫌われることが何よりも怖いと感じます。

その為、どう好感度をアップすれば良いか考えます。

相手から好感度アップすれば、ネガティブなA型にも少し自信が付き、次のステップに進めることができるからです。

好感度アップする為には、まず相手のことを知らないといけません。

相手のことを知る為に身近な存在になり友達として近づくこともあります。

「恋愛感情なんてないよ」とラフな言動をしても、実は相手のことが大好きで仕方ないことも。

A型男性は聞き役になることがほとんど。

特に最初は自分のことは最低限しか話しません。

最初に聞き役になるのは、相手のことを知りたいからこその行動なのです。

趣味や好きなもののリサーチに励む

好感度アップする為に相手の趣味や好きなもののリサーチします。

誰でも趣味や好きなものが一緒だとテンションが上がり、会話も盛り上がります。

それはイコール相手から好感度アップの第一歩と言えます。

聞き役になるだけでは、相手の趣味や好きなもののリサーチすることはできません。

A型男性は聞き役になることはもちろんですが、しっかりと相手に対して質問をします。

何気なく話した会話もA型男性は、しっかりと記憶しています。

酔っ払って会話したことも、話した本人が忘れてしまうような内容もA型男性は覚えている。

それは、好きな相手だからこそ、覚えているのかも知れません。

趣味や好きなものをリサーチすることで、会話を広げることに役立てるのがA型男性です。

好みを合わせる

趣味や好きなもののリサーチに励む結果、A型男性は「あれ、趣味が合わないな」と感じることもあるでしょう。

そんなときは、好きな相手の好みに合わせることにします。

例えば音楽でインディーズを全く聞かないA型男性も、好きな相手がインディーズバンドが好きだとすれば、「へぇー〇〇バンドかぁ。ちょっと音楽聞いてみたいなぁ。」と興味を見せます。

好きな相手の趣味を否定することはしません。

好みを合わせる努力をします。

それは好きな人に嫌われたくない気持ちが強いからです。

相手も興味を持ってくれたりすれば、たとえインディーズを聞いたことがない人でも一生懸命に自分の好きなバンドの良さをアピールしますよね。

結果的に相手からすればA型男性は自分の趣味を理解してくれる人と好感度アップするのです。

10.外堀から攻める

A型男性は一人でガンガンと行動を進めるほど勇気はありません。

好きな相手にストレートに進むよりも、外堀から攻めることをします。

それは恋愛ベタなA型男性にとって、外堀から攻めることで協力者を見つけることができるからです。

いきなり好きな相手に「二人で出かけない?」と言えば、相手は警戒心を抱く人もいます。

しかし「みんなで日曜日でかけない?」と言われてば、警戒心は少ない。

もし仮に日曜日予定があり断られたとしても、「二人で」と言えば、自分が嫌だから?とネガティブな方向に考えることもありますが、「みんなで」であればダイレクトに傷つくこともありません。

外堀から攻めることはA型男性の自分自身を守る防御策でもあるのです。

友達と仲良くなる

いきなり好きな相手のことをリサーチするのは難しいものです。

相手のことを知る為に必要なことは、その相手の友達や自分の友達です。

相手のことを知る友達がいることで、好きな相手に直接聞かなくても相手のことを多少なり知ることができます。

A型男性は、恋愛感情がある相手だと思えば緊張をして真面目に考えてしまいがちですが、恋愛感情のない第三者であればフレンドリーな部分を見せることができます。

好きな相手の友達と仲良くなることで、好きな相手との距離を間接的ながら近づけることができます。

本人に話を聞かなくても、好きな相手の趣味が分ることもあります。

その趣味をわかった上で、好きな相手にさりげなく会話に交ぜていけば相手からの好感度アップも期待できると考えるからです。

A型男性を本気にさせるには?

A型男性は良くも悪くも真面目です。

好きになれば真面目に一途に愛してくれますが、興味がない相手だと少しクールの割り切りタイプと言えそう。

A型男性の恋愛は、ある意味メリハリ感があります。

A型男性は「女子全部大好き!」なんて軽いノリで恋することは少ないです。

外見だけで好きになることも少ない。

基本的に恋愛に関してもA型男性は真面目なのです。

何か魅力を感じる相手だからこそA型男性は好きになる。

A型男性は母性本能に弱い生き物です。

女性らしさを感じる相手を見るとA型男性の心は揺らいでしまいます。

1.守ってあげたいと思わせる

A型男性は内心頼られることが大好きです。

露骨に「プライドが高い」「オレに付いて来い!」という濃い目キャラではありません。

しかしA型男性も男ですから、やはり自分に頼ってほしいと内心思っているのです。

A型男性が好きになるタイプの女性は、守ってあげたいと思わせるような子です。

「自分がいなきゃ・・・」と思わせるような相手に出会うとA型男性の心はキュンとなることでしょう。

だからこそ、第一印象で一目惚れをすることは少ないのです。

相手のことを知るからこそ、相手の弱いところを知れる。

【A型男性に守りたいと思わせるには、こちらの記事もチェック!】

放っておけない雰囲気

A型男性は職場恋愛も多い。

それは相手のことをよく見ることができるからです。

職場関係は家族よりも長く付き合う時間が多くなることもあります。

個人作業をしていても、結局はコミュニケーションがあるのが職場です。

そんな仲間内では必ずと言っていいほど、放っておけない雰囲気の人がいます。

ちょっとドンくさい子、でも放っておけないキャラ。

気付くと、その相手のことばかり考えていることにA型男性は気付きます。

A型男性は頼られる存在でありたいと願います。

A型男性を頼ってしまうことは、A型男性にとって放っておけない相手になるのです。

ケンカが多い関係でも、結局は放っておけない相手。

A型男性を好きにさせたいのであれば、放っておけない雰囲気を作ることも大事です。

2.気遣いを見せる

A型男性は気遣いのない女性が苦手です。

A型男性は好きな女性に女性らしさを求めるからです。

その女性らしさのヒトツが気遣いです。

水商売のように、タバコに火を付けるなど過剰な気遣いではありません。

さりげない気遣いが大事です。

例えば営業先から帰ってきたら、さりげなく冷たい飲み物を出して「お疲れ様です」と言うだけでもA型男性は、その気遣いにイチコロ。

空気の読める相手は基本的に気遣いを見せることができます。

飲み会の場所で料理が運ばれたときに「お皿に取り分けますね?」とA型男性に聞くのではなく、黙ってサッと盛り付けるような気遣いが大事です。

時には甘えたい

A型男性は自立しているような女性は好きですが、可愛げがない女性は一番嫌いと言えます。

女性のことを可愛いと思う瞬間は、やっぱり甘えてくるところです。

常に甘えてくるような弱い女性をA型男性は好きにはなりません。

一人で頑張っていながらも、時には甘えることも大事です。

甘えることは相手を信頼して頼れる相手だからこそです。

A型男性は、甘えられることで自分は頼られていることを実感するのです。

自分自身の必要性を感じることができます。

A型男性自身も時には甘えたいと考えています。

だからこそ、ずっと甘えられてばかりだとイヤなのです。

恋愛は、お互いWinWinの関係でありたいと思っています。

A型男性も時には弱音をはき、恋人に甘えたい、その気持ちを受け入れてくれる母性のある女性にA型男性は惚れます。

3.礼儀正しさを見せる

A型男性は、いくら外見が美しい女性でも礼儀をわきまえていない相手を本気で好きになることはありません。

最初は猫をかぶっている女性でも、付き合っているうちに化けの皮が剥がれて行くものです。

見せかけだけ礼儀正しくしても、いつかはA型男性に見破られてしまいます。

立ち振る舞いもそうですが、口元を手で隠すことなく笑うことや、食べ方がだらしない人を見ると相手の育ちを連想させてしまいます。

自由な行動が自分らしくてOKと寛大な心を持つ男性もいますが、比較的A型男性は自分自身が真面目で几帳面で神経質なところがある為、あまり寛大に相手のことを見ることはできない。

とくに礼儀が欠けている人は、付き合っても上手く行かないとA型男性は思ってしまいます。

相手にも礼儀正しさを求める

A型男性は基本的に真面目で礼儀正しい人間です。

だからこそ、好きになる相手にも同じ感覚でいてほしいと願うのです。

相手が大雑把でも良い、のんびりやさんでも良い、ただ礼儀がない人間は好きにはなれないのです。

完璧に礼儀正しくすることを求めているわけではありません。

人間としての最低限のマナーや礼儀を感じることができないと100年の恋も冷めてしまうでしょう。

例えばA型男性が挨拶をしっかりする人であれば、相手にも同じことを求めます。

またA型男性が時間にキッチリしている人であれば、相手にも同じことを求めるでしょう。

相手のことが好きで、相手に合わせることはできても、礼儀のない行動を合わせることはできません。

礼儀正しい行動はA型にとって譲ることができないことです。

どんな行動なのかチェックしよう

A型男性は好きな相手が出来ると分りやすいかも知れませんね。

とにかく相手のことを知りたいので、相手と話す時間を増やしたいと考えます。

A型男性は相手の話を否定することはしません。

だからこそ、聞き役として最高の血液型と言えるでしょう。

感動的なことを言うわけでもない、派手な行動を起こすわけでもない、でも気が付くと一番長く付き合っている友達がA型だった・・・そんなことありませんか?

A型男性は好きな相手に対しても聞き役です。

一言でおしとよし、人が良いと言えます。

趣味や好きなことを一緒に共感してくれる人や、気付いたら頼ってしまうような相手が近くにいれば、もしかしたら貴方のことを好きなA型男性かも知れません。

露骨に好きだ!とは言えないかも知れませんが、A型男性はチャンスを探しています。

A型男性を好きなら、A型男性が恋愛発揮できる雰囲気を作ることも大事です。

気遣いのできる女性こそ、A型男性がA型男性らしく生きることができます。

A型男性は好きになった相手には、深い愛情をそそいでくれます。

そんなA型男性は素敵ですよね。