どの世界にも「うざい」と感じられるような人間は多いものですが、それはサブカルチャーの世界でも同様です。

サブカルにはまっている人間というと、何となく変わった人が多いというような印象を持っているのではないでしょうか。

サブカルチャーというだけで変わっている印象がありますが、実際にサブカル系の人の中には特徴的な行動をする人もいます。

中でもサブカルクソ女と呼ばれるようなタイプの人は、他とは違う個性を持っていることが多いですね。

多くは「うざい」と言われてしまうような特徴であり、同じサブカル系の人の中でも嫌われている部類なのではないでしょうか。

最も、自虐的に言われる言葉でもあるので、必ずしも蔑視の言葉と言うわけではありませんが、やはりあまり良い特徴を持っているわけではありませんね。

ここでは、サブカル系という言葉の意味から始めて、サブカルクソ女と呼ばれる人の特徴について詳しく見てみることにしましょう。

普段、単語として生き当たることは多くても、実際に使うことがないサブカルクソ女の生態についてぜひご覧ください。

サブカルの意味、ご存知ですか?

サブカルという言葉自体の意味をご存知ですか?

サブカルというのはサブカルチャーという言葉の略語となっていますが、意外とこのサブカルチャーはふわっとしたことしか知らないという方も多いでしょう。

いつの間にか定着してしまっているサブカルチャーですが、これにはどういった意味があるのでしょうか。

日本におけるサブカルチャー

サブカルチャーというのは、言葉の通り「サブ」の「カルチャー」です。

こういうと、とてもマイナーな趣味の印象があるかもしれませんし、実際に、元の言葉としては、王道からは逸れたところにある文化ということで間違いありません。

ただし、日本におけるサブカルチャーの分野に分類されるものの代表的なものは「漫画」です。

これを「サブ」として扱うことには違和感を覚える人は少なくないでしょう。

漫画は日本を代表する文化の一つですし、ある意味でとても王道の趣味と言えますから、本来のサブカルチャーの意味に当てはめると、カテゴリの中に含まれない文化のように感じます。

ですが、日本におけるサブカルチャーは、伝統芸能に対する「サブ」の意味合いですから、漫画はもちろんのこと、映画やライトノベルなどもサブカルチャーに含まれてしまいます。

アニメも同様です。

伝統芸能の歌舞伎などは文句なく「ハイカルチャー」扱いしてもらえますが、それよりも歴史の新しい漫画やアニメなどはいわゆる「サブカル」です。

日本の代表的な文化であると世界的に認められている今でも、サブカルチャーのカテゴリに入っていますよ。

サブカルを趣味と自称する人間とは

サブカルチャーにはまっている人たちが多いのは、この日本の中では驚くべき事実と言うわけではありません。

オタク文化も発達していますし、漫画を読んだことが全くないという人もいないでしょう。

漫画やアニメに造詣が深い人は、サブカル系と呼ばれることになるわけです。

最も、サブカルを名乗るのは、一般的にサブカルチャーに分類される趣味を持っている人たちの中でも、さらにマニアックな方向に走っている人などが多いですね。

映画化されるような有名な漫画ばかりを呼んでいる人が、サブカル好きを名乗っているという光景には、少し違和感を覚えてしまいます。

サブカルを自称するような人間の場合には、少し変わったところもあり、「必ずしもオタクと呼ばれるほど造詣が深くない」「マニアックなところが多い」などの特徴を持って言うことがほとんどです。

こういったタイプの女性はサブカルクソ女と呼ばれることも多いですが、彼女たちの特徴はどこにあるのでしょうか。

サブカルクソ女の性格の特徴9個!

サブカルクソ女は、サブカルチャーが大好きな女性のことですが、ただの「映画好きな女子」「漫画に興味がある女子」と言うレベルではありません。

どちらかと言うとオタクのようなレベルでサブカルチャーにのめり込んでいる女性の中でも、独特の生態を持った女性のことを言います。

サブカルチャーにのめり込むこと自体が白眼視されることはありませんが、サブカルクソ女の場合には、多くの人をイライラさせるような特徴を持っています。

「クソ女」と呼ばれてしまっているところからもそれが分かりますよね。

ここではサブカルクソ女の特徴について見てみることにしましょう。

流行に乗るのが嫌い

サブカルクソ女は流行に乗るということは大嫌いです。

サブカルクソ女にも好きなものはありますが、それは一貫してある特定のサブカルチャーであり、流行に左右されるようなものではありません。

例えば、今を時めく俳優に恋愛めいた熱を上げることはありませんが、自分の愛するサブカルチャーのある分野に関しては強い興味を抱いているようなところがあります。

もちろん、そこまでなら、ただ単に人の好みと言えるかもしれません。

ですが、サブカルクソ女の場合には、流行に興味がないだけではなく、流行を嫌悪している酔うところがあります。

流行に乗るということ自体が嫌いなのです。

流行のコンテンツに対しては「商業的なものに躍らせられて」と思っているところもあるかもしれません。

流行っている物事に対してキャーキャー言っているような女性のことを見ると、それらを見下してしまうようなところはあるでしょう。

束縛する人が多い

サブカルクソ女の場合には、束縛をする人が多いというのも特徴の一つとしてあげられるかもしれません。

サブカルクソ女の愛情は変わっていて、広く色々なものに愛情が向けられるわけではありません。

どちらかと言うと、狭く、ひとところに対して強い愛情を向けるようなところがあるでしょう。

だからこそ、自分が愛情を向ける対象に対しては、とても執着が強くなってしまうのです。

自分の手元から話したくないほどの愛情を抱くので、結果的には束縛してしまい、愛情の対象からは嫌がられることがあります。

サブカルチャーが愛情の対象であれば問題ありませんが、実在の人間である恋人からは重い彼女だと思われることが多いのではないでしょうか。

サブカルクソ女と付き合うのは難しいということですね。

SNSに洋服を載せている

サブカルクソ女は自分の洋服をSNSに乗せるような傾向もあります。

サブカルクソ女は自分の趣味が普通ではないことを知っていますし、自分のセンスが奇抜であるということももちろん知っています。

その上で、センスを褒めてくれる人を求めて色々なものを後悔してしまいます。

服装は特に個人のアイデンティティが洗われる場所ですから、サブカルクソ女が後悔したくなるのも分かりますね。

顔出しをしているかどうかと言うのは別の話になりますが、普通の人とは異なるセンスをした服装をSNS上で公開しています。

それに対して一部の違うサブカルクソ女たちがコミュニティを作って褒め合っているというのは、一般人には入っていくことができない光景のように見えるのではないでしょうか。

野外フェスが好き


野外フェスが好きなサブカルクソ女は多いでしょう。

普段、サブカルクソ女はそれほど活動の場を見出すことができていません。

一般社会の中では浮いた趣味を持っている人たちです。

そもそも、溶け込んで普通に活動できるような趣味であれば、サブカルクソ女は見向きもしないでしょう。

人から興味を持たれない不思議な趣味であるということこそが、サブカルクソ女の興味を引くのです。

ですが、その代償は、誰かと交流したくなっても仲間が見つかりにくいというものです。

その気持ちが爆発するのが野外フェスです。

たまにある大掛かりなフェスティバルでは、サブカルクソ女は大いに楽しむことができるでしょう。

一般人も大勢参加しているようなポップなイベントではなく、割とディープな趣味の人が集まっている野外フェスともなれば、サブカルクソ女が参加しないわけがありません。

男女に限らず依存度が高い

サブカルクソ女と言われてはいますが、もちろん、サブカルチャーにはまっているタイプの人は男女限らずいます。

その中でも「クソ」に分類される人たちの特徴としては、絵依存度が高いというものでしょうか。

好きなものがそれほど多くないからこそ、大好きなものに対して依存してしまうほどに愛しているのです。

それがなければ生きている意味がないと思ってしまうほどに依存しているので、他の人から見ると「くるっている」ように見えるような行動さえも繰り返してしまうところがあるかもしれません。

プライドが高い

サブカルクソ女の多くはとてもプライドが高いでしょう。

自分は他の人と違うというところを生きがいにしているようなものなので、他の人と同等に扱われることが我慢ならないのです。

サブカルクソ女はナルシストなわけではありませんが、他の人と違うということに対して魅力を見出しています。

そして、その違うところに対して誇りを抱いているような人間なのです。

もちろん、サブカルクソ女は愛情を強く持っている人でもありますから、自分が大切にしたいと思っているもの、自分が大事にしたいと思っている個性をバカにされることは許せません。

そうしたところを見て、プライドが高いと言われることはあるでしょう。

人から理解されない趣味を持っているとはいえ、日陰で隠れて生きていなければいけないとは、サブカルクソ女は全く思っていません。

それどころか、一つの個性として敬意を表されるべきだと思っているところがあります。

メンヘラ気質

サブカルクソ女が必ずしもメンヘラであると言うわけではありませんが、メンヘラの傾向を持っているサブカルクソ女は多いのではないでしょうか。

自分の趣味に対しての依存度や、強い執着的ない愛情を持っているところを見ると、サブカルクソ女とメンヘラの女性は気質が似ているところがありますよね。

完全にメンヘラで、趣味を恋人と言ってしまえるような人とはまた違うかもしれません。

しかし、サブカルクソ女のメンタリティも、一般人から見るとメンヘラと、そう変わりはありません。

完全なメンヘラと、メンヘラ気質のサブカルクソ女の違いが分かるほどに近いところにいたいと感じる人間などいません。

それを考えると、一般的には「サブカルクソ女=メンヘラ」なのかもしれませんね。

実際に、完全なメンヘラでサブカルクソ女と言うどちらの特徴も兼ね備えたタイプの女性も少なくはありません。

人と被るのを嫌がる

サブカルクソ女は誰かと被ってしまうということが嫌いです。

普通は、誰からも好かれるものを愛しているのなら、仲間が増えて嬉しいと思うでしょう。

ですが、サブカルクソ女の場合には、誰も愛していない何かに対して魅力を見出すのが好きなのです。

自分がマイノリティでいたいと感じているというのは、一般人にとっては不思議に映るところかもしれませんね。

実際に、サブカルクソ女は個性的でユニークな自分が大好きで、人と違うところに魅力を見出している人ばかりです。

仲間内で好きなものが被っているのは良いかもしれませんが、大勢の誰もが愛しているものは好きではありません。

応援しているものが全国レベルで受け入れられるようになると、複雑な気持ちを隠すことができないでしょう。

マイナーなバンドが好き

サブカルクソ女は基本的にはマイナーなバンドが好きです。

小さなライブハウスで演奏をしているだけのバンドなど、メジャーデビューをしているわけではないバンドを応援しているのがサブカルクソ女なのです。

マイナー過ぎて、コアなファン以外は名前も知らないようなバンドであるほど、愛情の度合いは大きくなるでしょう。

趣味が個性的

基本的にサブカルクソ女の趣味は個性的です。

個性的と言うよりは、独特で他からは受け入れがたいものだとも言えるでしょう。

「普通の人ならそこまではしない」「普通の人ならそちらを選ばない」と思われるものに手を出すのがサブカルクソ女です。

理解しがたいと思われているものほど魅力的に見えるのです。

これは決して、先物買いが上手いと言うわけではありません。

自分が目をつけていたものが全国級になってしまうと興味がなくなりますから、完全に「マイナーなもの好き」「独特なもの好き」にすぎません。

そして、マイナーであるためには、他からは受け入れがたいほどの個性を持っていなければいけません。

結果的にサブカルクソ女の好きな趣味は、とても個性的で独特のものとなってしまうでしょう。

押しつけがましい

サブカルクソ女が嫌われるのは、個性的だからと言うわけではありません。

押しつけがましいところがあるというのが一番の問題です。

サブカルクソ女は、自分が「人からは受け入れられない」ような趣味を持っているのを分かっていながら、他の人にその魅力を語るのが大好きです。

自分の趣味を押し津得て来ようとするのです。

これは、別にファンを増やそうとしてのことではありません。

もちろん、本当に仲が良い人には一緒に楽しんでほしい気持ちもあるかもしれません。

ですが、基本的には、人から「理解しがたい」と思われているのを感じるのが好きなのです。

押しつけがましく趣味について語っているのは、どこかで「自分の趣味は独特」ということを実感したいからでしょう。

他の人にとっては、これはかなりうざい行動なので、これが原因でサブカルクソ女は一般人の友人をなくしているところがあるのではないでしょうか。

サブカルクソ女の4個の見た目

サブカルクソ女は性格や趣味に特徴があり、独特の生態をしていることが分かります。

そういった人と言うのは、大抵はセンスも他の人とは異なったところがあるでしょう。

サブカルチャー自体が独特の世界を形成しているのですから、そこに染まっている人もある種独特の見た目をしているというのは想像の範囲内でしょう。

それでは、サブカルクソ女はどのような見た目の特徴をしているのでしょうか。

ぱっと一目見て分かるようなサブカルクソ女の特徴について詳しく見てみることにしましょう。

髪型は奇抜な明るい髪色


サブカルクソ女の見た目の中で目立っているのは、奇抜な明るい色の髪なのではないでしょうか。

他の人からは独特と思われるものを愛しているサブカルクソ女ですから、やはり自分の身ために関しても、奇抜であるというのが一番良いことのように感じています。

他の人とは違うことをしたいのなら、髪の色を変えるというのが簡単で魅力的な方法で賞。

髪色は、アイデンティティを表すところでもあるからです。

特に、日本では外国ほどに髪を奇抜な色に染めるような文化がありません。

その中で、他の人が選ばないような「ピンク」や「緑」を選んで染めているようなことがあれば、それはサブカルクソ女の特徴が強く出ているのではないでしょうか。

マイナーなバンドのライブに行くとこういった女性を多く見かけます。

サブカルクソ女のような特徴がない人が、わざわざ一般社会から浮くような奇抜な明るい髪色にするわけがありません。

個性的なファッションが好き

サブカルクソ女のファッションはとても奇抜です。

判で押したように同じ流行の可愛らしい服装をすることはありません。

フェミニンやポップと言う言葉からもかけ離れたか服装をしていることが多いでしょう。

一番近いのはストリート系と呼ばれるファッションではあります。

その中でも独特に見えるような色合いを狙うなどして、全体の印象が個性的になるように気を付けているのではないでしょうか。

だぼだぼのシャツ

サブカルクソ女はジャストサイズな服と言うよりも、オーバーサイズの服を好んで切るような傾向があります。

特に、だぼだぼのシャツはよく見かける服装なのではないでしょうか。

最近はオーバーサイズの流行もありますので、オーバーサイズとして作られた服もあります。

ですが、サブカルクソ女が愛しているのは、そう言った既製品の素敵なオーバーサイズと言うよりは、着古して伸びてしまったかのようなオーバーサイズのシャツです。

靴はスニーカー

サブカルクソ女はスニーカーを履いていることが多いでしょう。

フェミニンなパンプスなどが好きではないので、結果的にユニセックスなデザインのスニーカーが多くなるのです。

また、スニーカーは野外フェスに参加するときなどにも便利に使うことができますから、そう言った理由でもスニーカーを選んでいるというところはあるでしょう。

カラフルなタイツ

カラフルなタイツもサブカルクソ女に多い特徴ですね。

様々な色が売っているものの、なかなか普通の人が手を出すことができないような奇抜な色のカラータイツも、サブカルクソ女にとっては魅力的なアイテムです。

化粧が濃い目

サブカルクソ女のメイクはかなり濃い目になっています。

そもそも、単一民族の日本において「顔を独特にする」と言うのは、メイクを濃くしない限りは難しい話です。

持っている特徴の大きさが大きかろうと小さかろうと、どちらにしても、全体として「典型的な日本人顔」から逃れられないのが純日本人です。

できる限り奇抜に、そしてユニークな印象にしたいと思ったときには、どうしても化粧は濃い方向に行ってしまうでしょう。

特に、ポイントメイクはかなり濃い目になってしまっている傾向がありますね。

チークが命

サブカルクソ女のチークはとても特徴的です。

ナチュラルにふんわりと要れるようなことはありません。

サブカルクソ女にとっては、ナチュラルと言う言葉は対極に位置しているものです。

基本的にサブカルクソ女は、かなりぐりぐりと強めにチークを塗っています。

カントリー系の人形のような頬になっている人もいるでしょう。

やりすぎて、「もう既に飲みすぎて出来上がっている人」のような頬になっている女性もいるかもしれません。

オーバーチーク気味の化粧はモテませんし、女性人気も高くありません。

そんなメイクを喜んでするのはサブカルクソ女くらいですね。

あえてそばかすを描く

サブカルクソ女は、あえてそばかすを描くようなこともして見せます。

自分の顔の特徴をわざと作るために、そのようなことをするのです。

そばかすを濃い目に描いたオーバーチークの顔は、カントリー人形のように見えるところがあるかもしれませんね。

古き良きアメリカ映画の中に出てくる可愛い少女のような印象の顔立ちになってしまいます。

カラコンも明るめ

サブカルクソ女は最近では、カラコンを入れているような人も多く見かけます。

それも、ブラウンのナチュラルなカラコンと言うわけではなく、シルバーや青などの目立つ色を入れているでしょう。

目が不自然な色合いになっているので、すぐに気づくはずで素。

最近のカラコンはかなりナチュラルではありますが、それでも、日本人の顔立ちに青の瞳と言うのは目立ちますよね。

そのアンバランス感や、独特の他にはない不自然さと言うのが、サブカルクソ女にとってはこの上ない魅力のように思えているのです。

ピアスは大きいのが好き

サブカルクソ女は大きなピアスをつけていることがとても多いですね。

特にポリシーがあって大きなものをつけているわけではありません。

ですが、派手目のファッションの中で、アクセサリーも奇抜なものを選ぼうとすると、アクセサリーが大きくなってしまうのでしょう。

ネックレスなどは大きめのものをしていても特に目立つことはありません。

しかし、ピアスは大きなものであれば大きなものであるほど「普通ではない」印象になります。

上品に小さめのものをつけるような趣味はサブカルクソ女にはありませんから、ピアスは基本的には大きなものをつけてぶらぶらさせているということが多いでしょう。

また、光っている目立つものを選ぶ傾向にあります。

サブカル女子と相性がいいのはどんなタイプ?

基本的にはサブカルクソ女と付き合うのはとても難しい話です。

独特な考え方をしている女子の方が多いです。

どこかうざいと感じてしまうような特徴を持っているのがサブカルクソ女。

まともに付き合おうとすると、こちらの方が疲れてしまうということも珍しくはありません。

ですが、まれに、サブカルクソ女とウマが合うようなタイプの人もいます。

サブカルクソ女と相性が良いようなタイプの人にとっては、サブカルクソ女程面白い女性はいないように思えるのではないでしょうか。

サブカルクソ女が相手だからと言って、必ずしも本人もサブカル系の女性と言うわけではありません。

それでは、サブカル系のクソ女と相性の良いタイプについて見て行きましょう。

具体的にはどのようなタイプがサブカルクソ女とぴったりなのでしょうか。

メンヘラ気質な子が好き

第一にメンヘラ気質の子が好きな人はサブカルクソ女とは相性が良いですね。

サブカルクソ女が必ずしも完璧なメンヘラと言うわけではありませんが、メンヘラ並みに扱いが難しいということは確かです。

実際、必ずしもメンヘラではないというだけで、サブカルクソ女のメンタルにはメンヘラのような特徴がある人も多く、メンヘラかつサブカルクソ女という女性もいます。

こういった女性と付き合うのは難しいですが、メンヘラ気質の方が可愛いと思えるような人の場合には、楽しく付き合えるはずですよ。

サブカルクソ女の場合には、メンヘラとは若干扱いが異なる部分があるものの、扱い方さえ覚えてしまいます。

さらに、それを面倒と思わないような人なら受け入れることもできるでしょう。

個性的な子が好き

個性的な子が好きだという人も、サブカルクソ女とは相性がぴったりと言えるでしょう。

少なくとも、サブカルクソ女を見て「判で押したように同じような個性の娘」と思うことはないはずです。

むしろ、個性的すぎて、なかなか人から受け入れられることがないようなタイプなので、その点では問題ありません。

ただ、「少しくらい変わった子の方が」と思っているような程度ではサブカルクソ女と相性が合うとは言えません。

普通の人が一緒にいるとドン引きする程度の「変わった子」が好きなら良いかもしれませんね。

個性的であることは間違いありませんから、本人も個性的であると言われる人ならお互いに理解できるかもしれません。

サブカルクソ女の場合には、個性的であるというのはポジティブな解釈をした褒め言葉です。

正確に言うと「かなり変わっている人」ということになります。

そう言うったレベルでの「個性」が好きな人にとっては、相性が良い相手だと言えるのではないでしょうか。

自分を持っている人が好き

自分を持っている人が好きだという人も、サブカルクソ女とは相性が良いでしょう。

サブカルクソ女には様々な欠点もありますが、少なくとも、自分を持っているということは確かでしょう。

自分がどのような人間なのかきちんと分かっていて、自分を確立している人間であるということは間違いありません。

サブカルクソ女は誰かに流されることなく生きることができる人間です。

自分を持っているというよりは自分を貫き通すことができる人という印象ですね。

誰かに流されやすい人ばかりの世の中では珍しいタイプとも言えます。

一緒にいてサッパリ気持ち良いというところが、好きな人には好きなのかもしれません。

我が強いように感じる人もいますが、相性の良い人にとってはそこも魅力の一つに思えるでしょう。

人と被るのが嫌いな人

人と被るのが嫌いな人も、サブカルクソ女とは仲良くできるかもしれませんね。

サブカルクソ女の場合には独特の生態をしているので、滅多に人と被るようなことにはなりません。

同じタイプのサブカルクソ女であるのなら、同じような被り方をするかもしれません。

そうでないのなら、サブカルクソ女と被ってしまうということはありませんので安心してください。

サブカルクソ女の特徴わかりましたか?

いかがでしたか?

サブカルチャーという元々の言葉を含めて、意外と「サブカルクソ女」という言葉については、曖昧なイメージしか持っていない方の方が多かったのではないでしょうか。

サブカルクソ女というのはイメージさえつかんでしまえば、大体意味が分かりますよね。

自分の周囲にいるうざい女性は意外とサブカルクソ女かもしれませんよ。

サブカルクソ女の傍にいると、最初は面白いかもしれませんが、そのうちに疲れるということに気づくかもしれません。

あまりにも一緒にいて疲れるようなら、サブカルクソ女とは少し距離を置いて付き合った方が良いかもしれません。

もし、自分が完全にウマが合うというようなら良いかもしれません。

ですが、独特の考え方に毒されそうで怖いという人も、サブカルクソ女とはほどほどの付き合い方にした方が良いかもしれませんね。

また、サブカルクソ女の上手な対処法についてもきちんと勉強しておいた方が将来的に役に立つこともあるかもしれません。

サブカルクソ女と真面目に付き合って精神を消耗しないように気を付けてくださいね。