CoCoSiA(ココシア)

サブカルクソ女の意味とは?性格や見...(続き5)

具体的にはどのようなタイプがサブカルクソ女とぴったりなのでしょうか。

メンヘラ気質な子が好き

第一にメンヘラ気質の子が好きな人はサブカルクソ女とは相性が良いですね。

サブカルクソ女が必ずしも完璧なメンヘラと言うわけではありませんが、メンヘラ並みに扱いが難しいということは確かです。

実際、必ずしもメンヘラではないというだけで、サブカルクソ女のメンタルにはメンヘラのような特徴がある人も多く、メンヘラかつサブカルクソ女という女性もいます。

こういった女性と付き合うのは難しいですが、メンヘラ気質の方が可愛いと思えるような人の場合には、楽しく付き合えるはずですよ。

サブカルクソ女の場合には、メンヘラとは若干扱いが異なる部分があるものの、扱い方さえ覚えてしまいます。

さらに、それを面倒と思わないような人なら受け入れることもできるでしょう。

個性的な子が好き

個性的な子が好きだという人も、サブカルクソ女とは相性がぴったりと言えるでしょう。

少なくとも、サブカルクソ女を見て「判で押したように同じような個性の娘」と思うことはないはずです。

むしろ、個性的すぎて、なかなか人から受け入れられることがないようなタイプなので、その点では問題ありません。

ただ、「少しくらい変わった子の方が」と思っているような程度ではサブカルクソ女と相性が合うとは言えません。

普通の人が一緒にいるとドン引きする程度の「変わった子」が好きなら良いかもしれませんね。

個性的であることは間違いありませんから、本人も個性的であると言われる人ならお互いに理解できるかもしれません。

サブカルクソ女の場合には、個性的であるというのはポジティブな解釈をした褒め言葉です。

正確に言うと「かなり変わっている人」ということになります。

そう言うったレベルでの「個性」が好きな人にとっては、相性が良い相手だと言えるのではないでしょうか。

自分を持っている人が好き

自分を持っている人が好きだという人も、サブカルクソ女とは相性が良いでしょう。

サブカルクソ女には様々な欠点もありますが、少なくとも、自分を持っているということは確かでしょう。

自分がどのような人間なのかきちんと分かっていて、自分を確立している人間であるということは間違いありません。

サブカルクソ女は誰かに流されることなく生きることができる人間です。

自分を持っているというよりは自分を貫き通すことができる人という印象ですね。

誰かに流されやすい人ばかりの世の中では珍しいタイプとも言えます。

一緒にいてサッパリ気持ち良いというところが、好きな人には好きなのかもしれません。

我が強いように感じる人もいますが、相性の良い人にとってはそこも魅力の一つに思えるでしょう。

人と被るのが嫌いな人

人と被るのが嫌いな人も、サブカルクソ女とは仲良くできるかもしれませんね。

サブカルクソ女の場合には独特の生態をしているので、滅多に人と被るようなことにはなりません。

同じタイプのサブカルクソ女であるのなら、同じような被り方をするかもしれません。

そうでないのなら、サブカルクソ女と被ってしまうということはありませんので安心してください。

サブカルクソ女の特徴わかりましたか?

いかがでしたか?

サブカルチャーという元々の言葉を含めて、意外と「サブカルクソ女」という言葉については、曖昧なイメージしか持っていない方の方が多かったのではないでしょうか。

サブカルクソ女というのはイメージさえつかんでしまえば、大体意味が分かりますよね。

自分の周囲にいるうざい女性は意外とサブカルクソ女かもしれませんよ。

サブカルクソ女の傍にいると、最初は面白いかもしれませんが、そのうちに疲れるということに気づくかもしれません。

あまりにも一緒にいて疲れるようなら、サブカルクソ女とは少し距離を置いて付き合った方が良いかもしれません。

もし、自分が完全にウマが合うというようなら良いかもしれません。

ですが、独特の考え方に毒されそうで怖いという人も、サブカルクソ女とはほどほどの付き合い方にした方が良いかもしれませんね。

また、サブカルクソ女の上手な対処法についてもきちんと勉強しておいた方が将来的に役に立つこともあるかもしれません。

サブカルクソ女と真面目に付き合って精神を消耗しないように気を付けてくださいね。