やはり、女性として生まれたからには可愛いと言われたい!というのはどんな女性でも考えることです。

女性として美しいと言われるのは嬉しいですし、女性だからこそ、可愛らしいものに憧れてしまう気持ちは抑えることができないでしょう。

それでは、どんな顔が可愛いと言われるのでしょうか。

女性の可愛いには色々な意味が込められていますが、日本において「可愛い」顔には、目が大きくてぱっちりしているという条件が含まれていることが多くあります。

大きなくりっとした瞳を見ると、やはり可愛らしく見えてしまうのです。

この「目」は女性の顔の中でとても大切なものであり、目を目立たせるために、今までもたくさんのメイクテクニックやツールが開発されてきました。

目を印象的に見せるためのアイシャドウ、目をぱっちり見せるためのアイライナー、目を縁取る睫毛の印象を強くするマスカラにつけまつげは有名なものですよね。

最近では、これに加えて「涙袋」も注目されるようになってきました。

涙袋は目の縁の盛り上がりのことを言いますが、これをきちんと作ってあげることで、目がぱっちりして可愛らしい顔にすることができるのです。

涙袋は自然になければ簡単にメイクで作ることもできますし、全体の顔の印象さえも変えてしまうほどの威力を持っているパーツです。

涙袋に注目したことがない方は、涙袋の存在意義や可愛いと言われる理由などを見てみましょう。

また、涙袋を簡単に作る方法についても詳しくご紹介します。

ぜひ、こちらも参考にしてみてくださいね。

誰でもできる?!涙袋がない人でもできる涙袋の作り方

涙袋は簡単には作ることができないという考えている方もいるかもしれません。

涙袋が注目されてきたのは最近ですが、自分には涙袋がないとがっかりしている方もいるのではないでしょうか。

確かに、涙袋が自然に出ている人もいれば、その反対に、涙袋が全く出ていない人もいます。

普段の表情筋の使い方はもちろんのこと、目の縁の周りの肉の付き方には個人差がありますので、そこは仕方ありませんね。

ですが、だからと言って涙袋を諦める必要はないのです。

涙袋そのものを作るのは時間がかかるかもしれませんが、簡単にその場で涙袋に見せるメイクをすれば良いのです。

もちろん、時間をかければ涙袋を作ることも不可能ではありません。

折角、可愛いの秘訣の一つについて知っているのですから、それを利用しない手はありませんよね。

鏡を見て涙袋のなさにがっかりしていた人も、涙袋の作り方を知ってより高いところにある可愛さを目指して見るのも良いのではないでしょうか。

涙袋って?

女性の最近のメイクの中では話題になっている涙袋ですが、実際にそれが何なのかと言われると、分からない方も多いのではないでしょうか。

涙袋という名前だから、涙に関係しているものだと思っている方もいるかもしれません。

涙袋と言われる場所についても知らない方もいるかもしれませんね。

一昔前のメイクでは涙袋については何も言われてきませんでしたし、涙袋についてよく知っているのは、10代や20代のメイクに詳しい女性だけということもあるかもしれません。

ここでは、良く注目されている涙袋というのがいったい何なのか、どうして涙袋に注目されているのかというところについて見てみることにしましょう。

涙袋を攻略するのであれば、まずは涙袋について詳しく知らなければいけません。

目の下にある膨らみ

まず、涙袋というのは目の下にあるふくらみのことを言います。

ふくらみと言っても熊のように出ているわけではなく、目の下に沿って数mm程度の小さなふくらみのことです。

ぼっこりと膨らんでいるというよりは、目の下に盛り上がっている場所がある程度の認識をしている人もいるかもしれません。

これは自然に出ている人もいれば、自然には涙袋が全く見えない人もいるという個人差があります。

涙袋という言葉で表現されているから、涙の詰まっている場所が目の下に膨らんで出てきていると勘違いしている人もいるかもしれません。

ですが、涙袋とは、実際には目の縁の筋肉の一部のことを言います。

要するに涙が溜まっていると言うわけではなく、筋肉が盛り上がって見えているというだけなのですね。

涙が溜まってウルウルしているように見えて可愛いのが涙袋ですが、正体には少しがっかりしてしまったという人もいるかもしれません。

ですが、筋肉であるからこそ、鍛えれば、最近の「可愛い」の条件である涙袋を簡単に手に入れることができるということになりますね。

なぜ可愛いと言われる?

涙袋は、実は日本以外の場所ではあまり人気がないのだとも言われます。

疲れた目のように見えてしまうという理由があるからです。

ですが、日本人にとっては涙袋のある女性の顔を見ていると、やはり可愛いという言葉出てくるのではないでしょうか。

涙袋のある女性は美しいというよりは可愛いという印象が強いですね。

目の下の少しのふくらみというだけなのに、涙袋がある顔とない顔では、全く印象が異なって見えるという人もいます。

わざわざメイクで涙袋を作るのも流行っていますよね。

では、この涙袋があることでどうして可愛く見えるのでしょうか。

ただの目の下のふくらみが、人の顔に与える印象についても見てみることにしましょう。

涙袋がもたらす印象とは?

涙袋は精々、目の下の小さな盛り上がりだと考えていませんか?

確かに大きさで言えば、大して大きいふくらみと言うわけではありません。

下瞼のところにできているささやかな袋のようなものというだけですから、あってもなくても大して変わらないように思えてしまうはずです。

ですが、これは実は大間違いで、涙袋がある場合とない場合では、かなり顔の印象が変わってしまいますよ。

芸能人の方の涙袋を消した画像が話題になったこともありますが、涙袋は女性の顔の「可愛い」問う印象を作り出すのに一役買っているのです。

小さなふくらみだからと言って軽視していると、可愛いと思われるチャンスを逃していることにもなりかねません。

ですが、不思議になるのは、やはり、どうして目の下の小さなふくらみが顔の全体の印象にも影響を与えるのだろうかというところでしょう。

また、顔全体の印象が具体的にどのように変わるのかということについても、気になる人はいるでしょう。

ここでは、涙袋が女性の顔にもたらす印象について見てみることにしましょう。

目が大きく見える

涙袋は女性の目を大きく見せるという効果を持っています。

正確に言えば、目全体が大きく見えるというだけではなく、黒目が大きく見えるという効果を持っているとも言えます。

目の下に影が見えていることで黒い部分の面積が大きく見えるのかもしれません。

もしくは、涙袋を目の付属品のように考えると、何となくそこまでが目のように思えるのかもしれませんね。

涙袋があることで、少し下瞼が引っ張られるという効果もあるかもしれません。

どちらにせよ、涙袋があると、とても目がぱっちりして見えるということは確かです。

人間は目が大きな生物に惹かれるものです。

赤ちゃんの目は大きいので、「目が大きなもの=自分が守ってあげなければいけない」という本能が湧くとことがその理由です。

男性にも涙袋が人気なのは、こうした理由も関係しているのかもしれません。

可愛らしい

涙袋があることで可愛らしく見えるのは、顔全体が濃く見えるからでしょうか。

日本人はどちらかと言うと薄い顔立ちをしており、欧米の人に比べると、彫りが浅いことが分かっています。

顔の凹凸がないのです。

もちろん、それが悪いことだとは言いませんが、それでも、やはり彫りが深いことで可愛く見えるということはあるでしょう。

伝統的なアジア系の顔立ちとしてというよりは、彫りが深い欧米人の顔に近くなるということでしょうか。

全体的にのっぺりしていた印象の顔が立体的に見えるので、顔全体の印象が変わるのです。

どちらかと言うと薄めの顔立ちは、可愛いというよりは美しいという言葉が似合う顔立ちです。

それが立体的になることで、可愛いという方向に転換することができるのです。

目の下の小さなふくらみだけで可愛いという方向に転換する理由については、「目だから」という説明が考えられるでしょうか。

目は顔全体の印象に大きく関わってきていますし、その目の印象を変えるということは、顔全体が与える印象を変えるということにもなります。

これが涙袋が可愛らしい顔を作る理由の一つです。

色っぽい大人の女性に見える

涙袋はホルモンタンクとも言われていることはご存知でしたか?

実は、涙袋は色っぽい女性が好きだという男性からも人気があるのです。

もちろん、筋肉ですから、そこからホルモンが出ているということはありません。

そんな名前がついたのは、涙袋を作ることでホルモンの出ているような色気のある印象を作ることができるからです。

ホルモンタンクの涙袋があることで、少し大人の色気を出すこともできるということですね。

最も、顔立ち全体が大人っぽくなるということではありません。

どちらかと言うと涙袋は可愛いという印象を作るものです。

ただし、その可愛さに少しの色気を加えることで、アンバランスな印象を相手に抱かせることができるのです。

ぱっちりした目自体は可愛いという印象を与えるものですが、ホルモンタンクの涙袋は、幼いだけでは出すことができない色気を作り出すのにも一役買っています。

だからこそ、男性はその大人の色気に惹かれるのです。

小顔効果

涙袋はささやかな大きさでしかありませんが、実は、小顔効果もあるのです。

つまり、涙袋があることで、顔全体が小さく見えるということですね。

この理由は、目の下の長さを小さく見せるからというものが挙げられます。

目の下に膨らみがあることで、目の下に膨らみがない時よりも、ストレートに流れる視線を妨害することができます。

つまり、人は涙袋のない人の顔を見るときには、視線を目からストレートに顎までずらすことができますよね。

ですが、涙袋がある人の顔を見るときには、涙袋から顎までの距離をストレートに視線を動かすのです。

つまり、涙袋の面積分だけ「目の下の顔の面積」が小さくなるということですね。

額が広かったとしても、これは簡単に顔で誤魔化すことができるということを考えると、小顔効果で重視しなければいけないのは、目から下の面積ということになります。

その目から下の面積を少しでも小さくすることができるということは、小顔効果も期待することができるということになりますね。

涙袋の作り方

ナチュラルな涙袋がないという方も、悲観することはありません。

涙袋は実は簡単に作ることができるものなのです。

中には時間がかかるものもありますが、一つ一つの方法自体は簡単にできますよ。

折角、女性のホルモンタンクと言われるほどの威力を持っている涙袋なのですから、しっかりと涙袋を作って、可愛らしさを強調してみてくださいね。

メイクで作る


涙袋は簡単にメイクで作ることができます。

実際に盛り上がっているかどうかはともかくとして、要するに、目の下にきちんとふくらみがあるように見えれば良いというのが、メイクで涙袋を作る際の根本にあります。

つまりは、目の少し下に影や溝があれば、それだけで涙袋があるように見えるのです。

これがあるように見えるように、きちんと影やラインを作ってあげることで、涙袋があるように見えますよ。

もし、涙袋を書くのが怖いという方は、アイシャドウを使って目の下を華やかにしてあげるだけでも構いません。

肌の色に近いベージュのアイシャドウを載せて、少しだけハイライトと影をつけてあげるだけで、涙袋は簡単に作ることができるはずです。

気を付けなければいけないのは、メイクが落ちてこないようにウォータープルーフにするというところでしょうか。

うっかり涙が出てしまったときに、涙袋メイクが流れてしまっては意味がありません。

しっかりと涙袋があるように見えるためには、綺麗にメイクをして、かつ、それが一日の終わりまで亡くならないということが大切なのです。

涙袋テープ

涙袋テープというものを使うのも良いかもしれません。

涙袋テープは、目の下の皮膚を持ち上げて自然な涙袋があるように見せるというものです。

この涙袋テープは、張るだけで涙袋ができるという優れものですよ。

ただし、一つだけ注意しなければいけないのは、取れてしまう可能性があるということですね。

涙袋テープを貼ってメイクをしていても、途中ではがれてしまっては意味がありません。

また、下限を間違えると、涙袋が不自然に見えてしまうという可能性も考えられます。

涙袋テープを使うときには、自然に見えるように周囲のメイクをきちんと工夫しましょう。

また、涙袋の「癖付け」のためだけに夜に使うなどして、普段のメイクの中では使わないという方法もあるかもしれませんね。

上手につけられそうであるのなら、普段のメイクで使っても問題はないでしょう。

マッサージ


マッサージをすることで涙袋を作ることができるということもあります。

涙袋が見えていない人は目の周りの筋肉が見えていないだけということもあるのです。

目の下回りの血流が悪くなっている当ことも考えられますし、目の下の肉が熱いという可能性も考えられます。

これを解消して上げるために、毎日きちんとマッサージをするのです。

爪で溝を作るようなことはせずに、優しくマッサージをしてあげてください。

目の周囲の肌は弱いので、あくまで優しく血流を良くするようにマッサージすることが大切です。

目のストレッチで

目のストレッチをすることで涙袋を作ることも可能です。

メイクを使った方法よりは時価がかかってしまいますが、それでも、自然な涙袋を作るためには有効な方法であると言えるでしょう。

涙袋は要するに筋肉ですから、目の周りの筋肉をきちんと使ってほぐしてあげることで、綺麗な涙袋を作ることができるのです。

目のまわりの筋肉をきちんと使うことはなかなかないですから、毎日続けていることで、綺麗に涙袋が浮かびあってくるかもしれません。

目のストレッチ方法や体操方法は以下にご紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

ウィンク100回

ウィンク100回というのも有効な涙袋の作り方の一つなるのではないでしょうか。

ウィンクというのは、実は目の周りの筋肉を使う行為です。

日本人の場合には、普段からウィンクをする習慣にあるという人はいないですから、これをやるだけでかなり疲れるのではないでしょうか。

最初は100階もできないかもしれませんが、少しずつ数を増やして、100回できるように鍛えてみましょう。

100回を軽々とできるようになるころには、涙袋が見えている可能性も高いですよ。

涙袋を作る体操を紹介!

涙袋を作るための体操方法はご存知ですか?

目の周りの禁句を使うということは難しく、自分で意識して使おうとしても、普段の生活の中では使えないということの方がほとんどです。

石を持って動かすことのできる筋肉ではないので、どうしても凝り固まってしまっているのが当たり前なのです。

これをきちんと鍛えるためには、特殊な方法を使わなければいけません。

最初は辛く感じるかもしれませんが、慣れれば簡単にできるようになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ピースサイン体操

涙袋を作るためには、ピースサイン体操という方法があります。

この方法では、両眼で作ったピースで、両眼を挟むようにします。

右手では右眼を挟み、左手では左眼を挟むようにするのです。

マッサージをするように抑えなければいけませんが、あまりに強く押さえると跡が残ってしまうので注意してくださいね。

この状態を作ったら、瞳だけを動かして上を見ます。

そのまま、ピースを押し上げて下瞼を上に押し上げてあげましょう。

普段は使わない筋肉を使っているので、少し痙攣しているように感じるかもしれませんが、これは正常にきちんと体操ができているということなので、気にしなくて構いません。

これを10~15回続けて行い、最後にはそのまま目を閉じて30秒ほどじっとしていましょう。

これを毎日行うようにしてください。

ただし、何度も行うと目の周りが赤くなってしまうので、一日に1回程度にしてくださいね。

ウインク方法で!

涙袋を作るためには、上でも紹介した通り、ウィンクをするのがとても効果的です。

ウィンクは普段していないからこそ、目の周りの筋肉をストレッチするのに良いのです。

100回ずつできるように頑張ってみましょう。

最も、ウィンクができないという人にとっては難しい体操かもしれませんね。

他の体操と混ぜつつ。

回数を増やして綺麗にウィンクをできるようになれば、涙袋を作ることができるようになるでしょう。

ワセリンでマッサージ♪

涙袋周囲の筋肉のコリをほぐすためには、マッサージをしてあげることも必要です。

ただ、周辺の皮膚はとても弱いので、何も使わずにグイグイと押していると、肌が傷ついてしまう可能性もあるでしょう。

これでは、目の周りが綺麗に見えることがありません。

マッサージをするときには、ワセリンなどを使って摩擦の少ない状態で優しくマッサージしてあげてください。

最初はくるくると撫でるようにしてマッサージしてあげると良いでしょう。

血流が良くなるので、涙袋ができるだけではなくクマの解消にも役立つかもしれませんね。

涙袋を作る時のポイント

涙袋は一朝一夕に作ることができるものではありません。

涙袋をしっかりと自然に作るというのは、メイクとは違って時間も根気も必要なものだと考えた方が良いでしょう。

そんな涙袋を作るときのポイントについて見てみることにしましょう。

続けることが大事

自然な涙袋を作るためには、何よりもきちんと継続して涙袋作りを続けるということが大切になります。

涙袋は要するに筋肉ですから、涙袋を自然に作るということは、筋肉を作るということと同義になります。

要するに筋トレですね。

筋トレをしている人は数日で筋肉がムキムキの状態になることは無理です。

まずは綺麗に筋肉をつけられるように、毎日無理のない筋トレをすることが一番大切なのです。

続けることができなければ、自然な涙袋などできるはずがありません。

自然な涙袋を作りたい方は、効果が出るまでには時間がかかるものだと考えて、毎日運動やマッサージを続けるようにしましょう。

最も、メイクで涙袋を作るからと言って、すぐに素敵な涙袋ができると言うわけではありません。

毎日きちんと練習をすることが大切で、それで初めて、自分で見ても不自然ではない涙袋を作ることができるようになるのです。

すぐに自分の身に就くものではないということは頭に入れて、めげずに涙袋作りにトライしてみてくださいね。

寝不足は禁止!

涙袋を作るときには、絶対に寝不足は禁止です。

目の周りがすっきりしているときでなければ、涙袋はただの「疲れ目」になってしまいます。

目の下に大きなクマができているときに涙袋を作ると、ただのクマの強調ということになってしまうでしょう。

充血した目に涙袋ができていても可愛いとは思えませんし、目の不調だなと受け取られるだけに終わってしまうことが考えられます。

また、涙袋を作ろうと思っても、いつもと目の調子が違っては、綺麗に描くこともできないでしょう。

涙袋メイクをしたいときなどは特に、絶対に寝不足をしないようにして見てください。

涙袋はあくまで、自分の目を目立たせるためのツールです。

そのツールを使って疲れ目を強調することになってしまっては笑えませんね。

メイクは強調しすぎない

涙袋メイクをするときのコツがありますが、これは、絶対に強調しすぎないというものです。

涙袋はホルモンタンクと言われていますが、大きければ大きいほど良いと言うわけではありません。

目の下にしこりがあるように見えてはいけませんし、目の下に大きなクマができてしまっていると思われても行けないのです。

シャドウが濃すぎるようなことがあれば、何かあったのかと思われること間違いなしになってしまいます。

また、アイシャドウを入れすぎるのもやめましょう。

目の周りがキラキラしすぎているのも、派手な印象を与えるだけで、与えたいイメージを作ることはできないものです。

メイクで涙袋を作るときには、あくまでナチュラルを目指して、あまり派手な印象にしないようにしてください。

あくまで主役は目であり、わき役である涙袋を主人公にするようなメイクをしてしまってはいけないということなのです。

涙袋のある有名人

涙袋について分かっても、何となくお手本がなければ怖くて作れないという人もいるでしょう。

確かに、最初に涙袋を作るときには、どれくらいがちょうど良いのかなどについて悩むはずです。

涙袋を作っていることで自分の顔の印象も変わりますし、本当に正しく可愛く見えているのかと躊躇してしまってもおかしくはありません。

そんなときには、涙袋のある有名人を参考にしてみると良いですよ。

メイクの達人とも言うことができる芸能人の方は、綺麗に涙袋を作っています。

自然な涙袋のように見える人もいますが、それでも、メイクに依る補正をしていないということはないでしょう。

ここでは、涙袋の綺麗に見える有名人の方について見てみることにしましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

大島優子

元AKBで女優の大島優子さんは、愛らしい顔立ちをしている女性ですよね。

彼女の目はぱっちりしている印象がありますが、良く見てみると、涙袋がはっきりと浮かんでいるのが分かるのではないでしょうか。

大島優子さんの場合には、かなりはっきりと涙袋が分かるタイプですから、涙袋を作る参考にするのには良いかもしれませんね。

かなり幅が広めなナチュラルな涙袋には見えますが、少しシャドウやラインを入れているようにも見えます。

アイシャドウなどは使っていないので、自然に見えるのかもしれません。

新垣結衣

女優の新垣結衣さんも涙袋が見える有名人の方ですね。

新垣結衣さんの場合にはすっきりした顔立ちをしていますが、愛らしさがあるのは、涙袋の効果ということもあるかもしれません。

新垣結衣さんの涙袋は大島優子さんの涙袋よりも幅が狭く、すっきりと入っているのが特徴です。

それほど溝が深いようにも見えませんが、やはり、はっきりと入っていることが分かります。

新垣結衣さんの場合にも、アイシャドウなどで色は入れていませんね。

ナチュラルな色味で、一部だけではなく目の幅に沿うように全体に入っているというのが特徴の一つだと言えるでしょう。

石原さとみ

女優の石原さとみさんも涙袋がきちんと見える有名人の方だと言えるのではないでしょうか。

石原さとみさんと言えば、あざといところも見えるような可愛さを持っているという印象ですが、涙袋の効果ということもあるかもしれませんね。

石原さとみさんの場合には、涙袋はそれほど濃いようには見えません。

溝が深いようにも見えないため、メイクで作っている部分もあるように感じられますよね。

どちらかと言うと、ダークな色合いを使ってアイシャドウなどで影を作って強調しているのでしょうか。

ナチュラルな色合いの涙袋も素敵ではありますが、少しダークに影ができるように入れることで、石原さとみさんのような素敵な涙袋に近づくことができそうですね。

涙袋ないって嘆くのは早い!誰でもカンタンに作れますよ(まとめ)

いかがでしたか?

涙袋は最近では女性のメイクの中では当たり前のように取り入れられるようになりました。

簡単に涙袋を書くことができるメイクツールも販売されるようになりましたし、メイクに詳しい人は簡単に涙袋を書く方法を当たり前のように知っているでしょう。

これらの知識とツールを使えば、自然の涙袋がなかったとしても問題がありません。

可愛らしい顔を狙っている人にとっては、涙袋は必須になりますから、ぜひ綺麗な書き方をマスターしてくださいね。

もちろん、涙袋の書きすぎには注意が必要です。

ホルモンタンクと言われる涙袋であったとしても、あまりに過剰に書いてしまうと、疲れた人のように見えてしまう可能性があります。

クマができているように見える可能性もありますから、自分でちょうど良い按配を見つける必要がありますね。

また、涙袋作りに挑戦してみても、何となく自分には似合わないと感じてしまった人もいるかもしれません。

涙袋は確かに人の顔を可愛く見せてくれるものではありますが、目の形や顔立ちによっては、あまり強調しない方が可愛く見えるということもあるのです。

その場合には涙袋にこだわる必要もありませんし、控えめな涙袋メイクにすることで、全体のバランスが取れるようになるのではないでしょうか。