CoCoSiA(ココシア)

涙袋がない人の特徴と、一重でも涙袋ができる作り方6選

女性の可愛いには色々な意味が込められていますが、日本において「可愛い」顔には、目が大きくてぱっちりしているという条件が含まれていることが多くあります。

この「目」は女性の顔の中でとても大切なものであり、目を目立たせるために、今までもたくさんのメイクテクニックやツールが開発されてきました。

目を印象的に見せるためのアイシャドウ、目をぱっちり見せるためのアイライナー、目を縁取る睫毛の印象を強くするマスカラにつけまつげは有名なものですよね。

最近では、これに加えて「涙袋」も注目されるようになってきました。

涙袋は目の縁の盛り上がりのことを言いますが、これをきちんと作ってあげることで、目がぱっちりして可愛らしい顔にすることができるのです。

この記事では、涙袋がない人の特徴と一重でも涙袋ができる作り方をご紹介していきます。

この記事の目次

誰でもできる?!涙袋がない人でもできる涙袋の作り方

涙袋は簡単には作ることができないという考えている方もいるかもしれません。

涙袋が注目されてきたのは最近ですが、自分には涙袋がないとがっかりしている方もいるのではないでしょうか。

確かに、涙袋が自然に出ている人もいれば、その反対に、涙袋が全く出ていない人もいます。

普段の表情筋の使い方はもちろんのこと、目の縁の周りの肉の付き方には個人差がありますので、そこは仕方ありませんね。

ですが、だからと言って涙袋を諦める必要はないのです。

涙袋そのものを作るのは時間がかかるかもしれませんが、簡単にその場で涙袋に見せるメイクをすれば良いのです。

もちろん、時間をかければ涙袋を作ることも不可能ではありません。

折角、可愛いの秘訣の一つについて知っているのですから、それを利用しない手はありませんよね。

鏡を見て涙袋のなさにがっかりしていた人も、涙袋の作り方を知ってより高いところにある可愛さを目指して見るのも良いのではないでしょうか。

涙袋って?

女性の最近のメイクの中では話題になっている涙袋ですが、実際にそれが何なのかと言われると、分からない方も多いのではないでしょうか。

涙袋という名前だから、涙に関係しているものだと思っている方もいるかもしれません。

涙袋と言われる場所についても知らない方もいるかもしれませんね。

一昔前のメイクでは涙袋については何も言われてきませんでしたし、涙袋についてよく知っているのは、10代や20代のメイクに詳しい女性だけということもあるかもしれません。

ここでは、良く注目されている涙袋というのがいったい何なのか、どうして涙袋に注目されているのかというところについて見てみることにしましょう。

涙袋を攻略するのであれば、まずは涙袋について詳しく知らなければいけません。

目の下にある膨らみ

まず、涙袋というのは目の下にあるふくらみのことを言います。

ふくらみと言っても熊のように出ているわけではなく、目の下に沿って数mm程度の小さなふくらみのことです。

ぼっこりと膨らんでいるというよりは、目の下に盛り上がっている場所がある程度の認識をしている人もいるかもしれません。

これは自然に出ている人もいれば、自然には涙袋が全く見えない人もいるという個人差があります。

涙袋という言葉で表現されているから、涙の詰まっている場所が目の下に膨らんで出てきていると勘違いしている人もいるかもしれません。

ですが、涙袋とは、実際には目の縁の筋肉の一部のことを言います。

要するに涙が溜まっていると言うわけではなく、筋肉が盛り上がって見えているというだけなのですね。

涙が溜まってウルウルしているように見えて可愛いのが涙袋ですが、正体には少しがっかりしてしまったという人もいるかもしれません。

ですが、筋肉であるからこそ、鍛えれば、最近の「可愛い」の条件である涙袋を簡単に手に入れることができるということになりますね。

なぜ可愛いと言われる?

涙袋は、実は日本以外の場所ではあまり人気がないのだとも言われます。

疲れた目のように見えてしまうという理由があるからです。

ですが、日本人にとっては涙袋のある女性の顔を見ていると、やはり可愛いという言葉出てくるのではないでしょうか。

涙袋のある女性は美しいというよりは可愛いという印象が強いですね。

目の下の少しのふくらみというだけなのに、涙袋がある顔とない顔では、全く印象が異なって見えるという人もいます。

わざわざメイクで涙袋を作るのも流行っていますよね。

では、この涙袋があることでどうして可愛く見えるのでしょうか。

ただの目の下のふくらみが、人の顔に与える印象についても見てみることにしましょう。

涙袋がもたらす印象とは?

涙袋は精々、目の下の小さな盛り上がりだと考えていませんか?

確かに大きさで言えば、大して大きいふくらみと言うわけではありません。

下瞼のところにできているささやかな袋のようなものというだけですから、あってもなくても大して変わらないように思えてしまうはずです。

ですが、これは実は大間違いで、涙袋がある場合とない場合では、かなり顔の印象が変わってしまいますよ。

芸能人の方の涙袋を消した画像が話題になったこともありますが、涙袋は女性の顔の「可愛い」問う印象を作り出すのに一役買っているのです。

小さなふくらみだからと言って軽視していると、可愛いと思われるチャンスを逃していることにもなりかねません。