CoCoSiA(ココシア)

黒目がちが羨ましい!黒目が大きい人の特徴と自分でもできる方法とは?やっぱりカラコン?


最近の若い世代を中心として、カラーコンタクトを使用して、黒目がちな女子が増えています。

カラーコンタクトでも、あえて黒目が大きく見えるようなデザインの商品がたくさん販売されています。

昔は、カラーコンタクトを使用して、茶色やベージュ、グレーなどにして、ハーフっぽく見せたりしていましたが、今は断然黒目を大きく見せることが流行っています。

もともと、視力が悪い人が使用していましたが、今では度なしのカラーコンタクトが多く販売されていて、黒目を大きく見せるためだけに、カラーコンタクトを使用している時代なのです。

カラーコンタクト以外にも、黒目を大きく見せるさまざまなコツも含めて、今回は黒目がちが羨ましい、黒目が大きい人の特徴と自分でもできる方法についてお話します。

黒目がちってかわいい!

黒目がちとは、黒目が大きい感じでぱっちりした目を言います。

そもそも、日本人の黒目の大きさにはほとんど違いはありません。

年齢も関係なく、若い人からお年寄りまで、黒目の大きさは大体11~12mmです。

しかし人によっては、黒目が大きく見える人もいれば、黒目が小さく見える人もいます。

最近人気のある芸能人やモデルは、黒目が大きく見える人ばかりです。

黒目がちの女子は、ハッキリとした顔立ちに見え、可愛く見えます。

一般の女子でも、目が大きくてクリクリしている女子は、可愛く見えます。

中にはカラーコンタクトを使用して、黒目をより一層大きく見えるようにしている女子も多くいます。

黒目がちだと童顔に見えるんですよね

黒目が大きくクリクリしている女子は、どこか幼く見え、可愛らしい印象をうけます。

黒目がちの場合は、童顔に見えやすいということです。

子供の目は、みんなクリクリして大きく見えます。

顔が小さいという理由もありますが、黒目が大きく見える場合もあります。

子供は、顔の大きさがまだまだ成長途中のため、顔の大きさに比べて黒目が大きく見えます。

説明した通り、黒目の大きさは子供であれ、おじいちゃんおばあちゃんであれ同じです。

そのために、黒目がちの人の場合は、童顔に見えやすいのです。

カラコンで黒目を大きくしている人も多い


黒目がちブームによって、カラーコンタクトで黒目を大きく見せるタイプを使用している人がとても多いようです。

黒目の輪郭をより濃く見えるようなタイプのカラーコンタクトや、黒目の大きさ自体を大きく見せるタイプのカラーコンタクトもあります。

輪郭が濃く見えるようなカラーコンタクトの場合は、黒目が目立ちやすく、違和感が出てしまう可能性が高く、不自然に見えたり、カラーコンタクトを使用していることが、一目でわかってしまう場合が多くあります。