目が小さいと、目が大きい人に憧れますよね。

美人と言われる人達は、大抵目が大きくパッチリしていて、印象的な瞳を持っています。

そんな美女たちを見ては、「私もあんな目だったら…」と、羨ましく思いますよね。

目は、顔の印象を大きく左右するパーツです。

目が小さければどうしたって、印象が薄くなりがちで、きつく見られてしまうことも多いですよね。

目が小さいのをどうにかしたい!

そんな小さい目を、「どうにかしたい!」と、お悩みの方も多いでしょう。

憧れのパッチリ目になれたなら、毎日も、もっと楽しくなるんじゃないかって…そう思ったりもしますよね。

特に日本人は、外国の人と比べたら、目が小さい人が多いものです。

彫りも浅いので、比べられるとどうしても、貧相な顔に見えてしまいます。

目が小さくても大丈夫!

でも、目が小さくても大丈夫!

女性には、メイクという強い味方があるのです。

もちろん、目を大きく見せるためには、メイク以外にも、出来る事は沢山あります。

もともとの目が小さくても、見せ方次第で、印象を変えることが出来るんです!

これまで「メイクしても変わらない」って思っていた人でも、自分の目の特徴を知り、効果的に目を大きく見せるコツを掴めば、印象はガラッと変わるはずですよ。

というわけで今回は、「目が小さい人でも、目を大きく可愛く見せる方法」をご紹介していきます♪

まずは自分の目を知ろう!

目を大きく見せるため、大きくするために出来る事って、実に沢山の方法がありますよね。

目が小さいことが悩みだった人は、自分なりに工夫したりもしているでしょう。

だけど「イマイチ、思うような効果が得られない」ということも、あるのではないでしょうか?

目が小さい人は、目を大きくしたいと思うばかりに、目ばかりに注目してしまいがちです。

でも、目は顔の一部であり、顔とのバランスだって大切です。

もしかしたら、目のサイズは普通で、問題は他にあるのかもしれません。

目が大きいと、確かに魅力的に映り、「可愛い」とか「美人」等の印象を、抱かれやすいです。

だけど人は、目だけを見て、美しいと判断するわけではありません。

顔全体とのバランスをみて、美しさを判断するのです。

そもそも、「小さい目をなんとかしたい!」と思うその目的は、「可愛く見られたい!」「美人になりたい!」からですよね?

つまり、小さい目を大きく見せることだけにこだわっていても、目的が達成されないことだってあるのです。

美しくなりたいのなら、まずは自分の目を知ること。

そして、バランスを知ることから始めましょう。

その上で、自分の目に合った、効果的な「目を大きく見せる方法」を取り入れるのです。

それが、小さい目を大きく見せ、美しいと思われる最善の方法となるでしょう。

大きいと言われる目のサイズとは?


人の目は、サイズも形も様々で、それはその人の個性でもあります。

でも、女性ならどうしても、大きくてパッチリとした目に憧れますよね。

では、目が大きいとは、いったいどのくらいの大きさを言うのでしょうか?

目が小さい人とは、どれだけ違うのでしょうか?

ここでは、様々な観点から、“目のサイズ”について解説していきます。

目の印象を変えるには、まずは自分の目を知ることから!

ぜひ鏡と定規を持って、自分の目を計測しながら、読み進めてみて下さいね。

理想的な目の大きさ

まずは、自分の目のサイズを、きちんと把握しておきましょう。

人によっては、小さいと思っていた自分の目が、一般的なサイズかもしれませんよ。

目の大きさが普通と言われる人の平均値は、縦幅が1.1cm、横幅が2.9cmです。

そして、目が小さいと言われる人は、縦幅が0.7cm、横幅が2.5cm。

目が大きいと言われる人は、縦幅が1.5cm、横幅が3.3cmです。

普通サイズを基準に、0.3~0.4cm程度サイズが大きいか小さいかで、目の大きさの印象が変わってくるということですね。

特に縦幅が狭いと、目が小さいという印象になり易いと言います。

因みに筆者も、自分のサイズを計ってみましたが、普通サイズにほぼぴったりでした。

皆さんはいかがでしたか?

黒目の大きさ

さて、続いては黒目の大きさについてです。

黒目の大きさは、多少の個人差はありますが、一般的に1.1~1.2cmくらい。

実は人による大差はないそうです。

ですが、目の大きさは、人によってかなり違うように見えますよね?

それが何故かというと…黒目そのものの大きさではなく、「黒目が見えている割合」によるものなのです。

つまり、先ほどご紹介した、目の縦幅が関係してくるということです。

目の縦幅が広ければ、黒目が見える範囲が広がりますよね?

逆に目の縦幅が狭ければ、黒目を隠しているような状態になってしまいます。

この、「黒目がどれだけ露出しているか」が、目の印象をも左右するわけです。

黒目が出ている割合は、普通の人で50~70%だそうです。

一方で、目が大きい印象のある人は、80%程度、黒目が出ていると言います。

この黒目の見え方がひとつ、印象的な目元かどうかを、決定づけているのです。

日本人の目は、もともと黒目が小さめ。

ですので、外国人風のパッチリ目の人と比べれば、どうしたって印象が薄くなってしまうんですよね。

だからこそ、私たちはパッチリしたお人形さんのような目に、憧れを抱くのです。

白目と黒目の比率

目は、白目と黒目の比率でも、大きさの印象が変わってきます。

先程、黒目が露出されているほど、目が大きい印象になり、黒目にまぶたがかかっているほど、目が小さく見えることはご説明しました。

だけど、目全体が黒目だったら…それはそれで、変ですよね。

人形か、昆虫類のような、不自然な目になってしまいます。

黒目が大きいと確かに、目が印象的で大きく見えますが、大きければいいというものでもありません。

白目があってこそ、黒目が引き立つのであり、白目と黒目のバランスも大切なのです。

理想的な白目と黒目の比率

そこで知っておきたいのが、理想的な白目と黒目の比率です。

目は普通、黒目を中心にし、両サイドに白目が見えていますよね。

この白目と黒目の比率には、美人に見える黄金比というものが存在します。

目が大きく、さらに美しく見える黄金比は、1:2:1(白目:黒目:白目)です。

この理想的な比率だと、黒目が印象的に、パッチリしているように見えるのです。

日本人の場合、この値が1:1.5:1になっている人が多く、黒目が小さめであることが分かりますね。

さらに縦幅も狭ければ、黒目はどんどん小さい印象になってしまいます。

そうなると…そもそもの黒目が小さいと、もう諦めるしかないの?

なんて思ってしまいますが、黒目を大きく見せる方法も沢山あります。

そもそものサイズは変えられなくても、印象操作は可能なのです。

その一つが、最近人気のカラーコンタクト。

黒目をひとまわり大きく見せる効果があり、若い女性に人気ですよね。

ただ、美しい目に見せるためには、白目とのバランスも大切なので、サイズ選びには注意しましょう。

いくら黒目が大きくなっても、不自然さを感じさせるものほど、美しくないものはありません。

もちろん、カラーコンタクト以外にも、黒目を大きく見せる方法はあります!

この後、目を大きく見せる方法を解説していくので、自分に合った方法を見つけて下さいね。

まぶたのタイプ

目が小さく見えてしまう原因は、黒目の露出が少ないこともひとつの原因でしたね。

黒目と白目の比率が理想的になっていても、まぶたがどれだけ黒目を隠しているか…これによって、目の大きさの印象は大きく変わってくるのです。

目を大きく見せるには、特に上まぶたがしっかり上がっていることが、重要になってきます。

この点で考えれば、二重まぶたのほうが、目が大きく見えるということになります。

なぜなら、二重まぶたの場合、上まぶたが折りこまれることによって、まぶたを引き上げる効果があるからです。

美人の条件としてもよく、二重まぶたであることが挙げられますよね。

それは、黒目が大きく、印象的に見えるからです。

また、目を大きく見せる上では、目の上のラインも重要な要素となります。

目の大きさは、眼球の大きさよりも、そのまわりの要素によって印象が左右されているのです。

例えば一重まぶたの場合、目の上のラインは1本。

幅が無く、奥行き感もないので、重たい印象になりがちです。

また、まぶたが引き上げられないので、目の縦幅も狭くなり、目が小さく見えてしまうのです。

一方二重まぶたの場合は、目の上に2本のラインが生まれます。

ラインが重なることで、より強調され、ハッキリと明るい印象の目になります。

黒目の露出も多くなり、自然な形で目が大きく見えるんですよね。

目が小さい人の中には、まぶたが一重でお悩みの方も、多いのではないでしょうか。

二重と比べればどうしても、目が小さく見えてしまいますからね。

顔とのバランス

ここまでは、目そのものについて、大きさやバランスなどに注目し、大きく見える目についてお話してきました。

でも、忘れてはならないのが、顔全体とのバランスです。

目が小さい人が、目を大きくしたいと願うのは、「美しくなりたいから」ですよね。

美人な人は、目が大きく印象的であることが多いので、小さな目を問題視するのも当然です。

ですが、人が美人を判断する時、目だけを見て、美人かどうかを判断することは有り得ません。

顔全体のバランスが整っているほど、美しいと感じるのです。

それに、目の大きさだって、顔に対して大きいか、小さいかで判断するものです。

目そのものは大きくても、その分顔も大きければ、目が大きくて印象的!とは思いませんよね?目の大きさも、相対的な比率によって、印象が変わってくるのです。

つまり…目が小さくてお悩みの人は、フェイスラインをスッキリさせて、小顔になるよう工夫するだけで、目を大きく見せることも出来るということです。

顔にむくみがある人は、むくみをとるマッサージをしたり、ちょっと脂肪が多い人は、ダイエットしてみてもいいでしょう。

顔が大きい悩みは無いという人でも、シェーディングを入れるなどで、顔に陰影を作ることにより、小顔に見せることが出来ます。

美人と言われる人達にとって、小顔は外せない要素ですよね。

その小顔が目を大きく見せることにも繋がるし、全体的に見ても、美しいと感じさせるのです。

また、目と顔の横幅は、「目の幅:右目と左目の間の幅:目尻から髪の生え際までの幅=1:1:1」が理想的な比率と言われています。

女性の場合は髪型で、生え際のラインは見えづらいので、特に目の幅と、両目の間の幅が重要となります。

因みにこの比率には、一重か二重かは関係ありません。

一重でも理想値の比率になっている人は多く、バランスが良ければ美しいと感じさせるのです。

確かに、二重の方が目がパッチリ大きくは見えますが、一重の、シャープな目が魅力的な人だっていますよね。

美しくなりたいという目的で考えるなら、何も、「目を大きくしなければならない」ということはありません。

自分の持っている目を生かして、魅力的に見せる方法だってあるのです。

目が小さい人が、目を大きく見せる目的がなんであるか。

これは、忘れないようにしておきたいですね。

美しく見せるためには何より、小さな顔と、目の比率。

そして、全体を見た時のバランスが重要なのです。

目が小さい人でも目を大きく可愛く見せる方法6選


さて、ここまでで、自分の目、そして顔をしっかり見つめ直してみましたよね?

自分の目が小さく見えるのはどうしてか。

どうすれば大きく見えるのか。

自分には何が必要なのかも、少しずつ見えてきているのではないでしょうか。

目が小さい人でも目を大きく見せる方法は、沢山あります。

だけど、それを全部取り入れれば良いというものでもありません。

自分の目の特徴や、顔とのバランスによって、やるべきことは違うのです。

自分に必要なことが分かれば、効果的に目を大きく、可愛く見せることも可能です。

ここからご紹介していく「目が小さい人でも目を大きく可愛く見せる方法」の中から、ぜひ自分に合ったものを取り入れて下さいね。

そして、それを取り入れ自然に見せるためには、研究と練習、日々の努力が必要です。

美しさは一日にして成らず!

自分の顔と向き合いながら、自分の魅力を引き出せる、あなただけの方法を見つけていってください。

ダーク系のアイシャドウを使う

まずは、目を大きく見せるための、アイシャドウの入れ方です。

アイシャドウには沢山の色があって、つい明るくてきれいな色を使いたくもなりますよね。

でも、目を大きく見せたいのなら、ブラウン系のアイシャドウがおすすめです。

ブラウン系は肌馴染みもよく、目の周りに入れると、効果的に陰影を生み出すことが出来ます。

特に私たち日本人は、彫が浅く、目元も比較的平坦になっています。

目を大きく見せるためのひとつとして、立体感を生み出すことも大切なのです。

また、引き締めながらも膨張する色なので、目を大きく見せることが出来ます。

アイシャドウは、それぞれ単品購入をしてもいいですが、同系色の薄い色と濃い色が、ひとつのパレットにセットされているものも多いですよね。

そういったものは、それぞれ相性の良い色で、グラデーションが作りやすくなっているので、使いやすいと思います。

3~4色がセットになっているものがあると、便利ですよ。

セットになっていてもいなくても、アイシャドウは3~4色を重ねてグラデーションが作れるようにしましょう。

締め色と中間色でグラデを意識

アイシャドウを塗る時は、まず一番薄い色をアイホール全体に広げます。

次に濃い色を目の際から広げていき、グラデーションを作っていきます。

一番濃い色は、目の際にラインを引くように入れ、二重幅程度までぼかします。

また、目尻にもブラウンのアイシャドウを入れると、タレ目効果があって、優しい印象になるでしょう。

目の際から外側に向かって、色味が薄くなるようにグラデーションを作ることで、まぶたとの繋がりを保つことができます。

そうすると、まぶたまでが目の一部として認識され、目が大きく見えるのです。

アイホールの形に沿って

また、アイシャドウは、アイホールの形に沿って入れるのが基本です。

その中で、目尻側の色味を濃いめにすれば、キリッとした印象に、中央を濃いめにすれば、クリっと丸い目の印象を作ることが出来ます。

アイホールのカタチを意識するのは、見えない眼球部分も目の一部として、強調させる効果があるからです。

アイラインをしっかり引く

目が小さい人が、目を大きく見せるためには、目を強調させなければなりません。

そのために無くてはならないのが、アイラインですね。

アイシャドウだけでは、ぼやっとした印象になってしまいます。

アイラインで引き締めることで、よりパッチリした目の印象を持たせることが出来るのです。

また、二重まぶたの人の場合、目の上にラインが2本出来るので、目が強調されて大きく見せる効果があることを、先にご説明しましたよね。

アイラインをしっかり引くというのも、これと似たような効果を生み出します。

目の上のラインに幅や濃さを出し、目を強調させるのです。

さらに、しっかり太めにアイラインをひけば、ラインの幅も出て、その分目を大きく見せることが出来ます。

目力も生まれ、目を印象的に見せることに繋がるのです。

また、アイラインの引き方で、目の印象も変わってきます。

大きく見せる効果以外に、黒目を強調させたり、横幅を出したり。

目尻のラインの引き方で、つり目やタレ目の印象を持たせたりと、アイラインひとつで、かなりの印象操作が出来るのです。

目尻より長めに引く

まず、目尻よりも長めにアイラインを引くことで、目の横幅を作り出すことが出来ます。

横幅が広がれば、それだけ目を大きく見せることが出来ますよね。

特に、目尻側の白目が狭い人は、目尻より長めにアイラインを引くと、目のバランスが良くなります。

際を大きく見せることで、目がパッと開いた印象にもなるんですよね。

目頭側にもラインを引く

また、目の横幅を持たせる効果として、目頭を切開するという整形手術がありますが、これもアイラインで、同じような効果を持たせることが出来るのです。

アイラインというと、目尻側ばかりに気が行ってしまいがちですが、目頭側にも少しアイラインを入れると、横の広がりを持たせることが出来ます。

特に、右目と左目の間の幅と、目の幅の比率が理想値より離れている人は、目頭にアイラインを入れることで、両目の間の幅が狭まり、バランスを整える効果もあります。

それに、目頭にラインを入れると、キリッとした目に見え、より印象的に見せることも出来ますよ。

気持ち太めに引く

目を全体的に大きく見せたい人は、アイラインを、気持ち太めに引くように意識してみましょう。

特に黒目を大きく見せ、丸い目を作りたい場合は、黒目の上の部分をうっすら太めのラインにすると、黒目を大きく見せる効果を持たせられます。

縦幅が狭いことが気になっている人は、アイラインの中央を太めに引いてみて下さい。

もちろん、やりすぎると不自然になるので、“気持ち太め”という意識を忘れずに!

ナチュラルに仕上げるには、リキッドアイライナーよりもペンシルアイライナーのほうがおすすめです。

色も黒よりブラウン系のほうが、より自然に仕上がります。

二重のラインを描いてもOK

一重の人は、二重ラインを描くというのも、目を大きく見せるひとつの方法です。

二重のラインが欲しい部分に薄くアイライナーを描き、その線までアイシャドウをぼかし広げます。

あくまでも影を作るような感覚で、うっすらとラインを入れましょう。

そのためにも、ブラウンのペンシルアイライナーを利用してください。

ラインを描いてしまえば、目の上のラインが2本になるので、二重と同じような効果を持たせることが出来るのです。

ただ、自然に仕上げるには、練習が必要ですね。

ちょっと上級者のテクニックとも言えるでしょう。

綺麗に仕上げなければ、違和感を生み出しかねないので、頑張って練習してみて下さい。

下瞼のキワにも引くとデカ目効果

アイラインは、目の上だけではなく、下まぶたの際にも入れると、縦の広がりを持たせ、目を大きく見せる効果があります。

上まぶたのアイライン同様に、目の欠点を補うように、バランスが良くなるよう意識して入れるといいでしょう。

ただ、上まぶたほどはっきりと強調させるようなラインではなく、まつ毛の隙間を埋めるような感覚で、ぼかしながら入れると、よりナチュラルに仕上がります。

上も下もハッキリとした線で囲んでしまうと、逆に目幅の狭さや小ささを強調してしまう場合もあるので、注意しましょう。

目が小さい人が、目を大きく見せるためには、ラインで目の形をなぞってかたどるというよりは、アイラインで目の幅を広げて、ふわっと膨張させるような感覚です。

ですのでアイラインは、アイシャドウとぼかし、馴染ませることも忘れてはなりません。

そのほうがより違和感なく、目を大きく見せることが出来ます。

それに、リキッドアイライナーなどでキレイなラインを引くのは、結構難しいんですよね。

歪んだラインになっていると、逆の意味で印象的な目になってしまいます。

ラインが綺麗に引かれていないことほど、ガッカリすることはありません。

慣れない人は特に、ペンシルアイライナーのほうが扱いやすいです。

ハッキリとしたラインを引くのには向いていませんが、自然に目を大きく見せることが出来ますよ!

アイプチで二重にする

メイクの視覚効果を利用して、二重に見せたり、目を大きく見せたりすることもできますが…実際に二重にしてみるのもいいでしょう。

アイプチやアイテープを使って二重にすれば、目の上にラインを生み出すことができ、さらにまぶたを引き上げてくれるので、黒目の露出度をあげることが出来ます。

目が小さくてお悩みの人は、すでにアイプチを愛用されている方も多いかもしれませんね。

しかも、この方法なら、自由にライン幅を決めることだって可能です。

二重でも、奥二重だったり、二重幅が狭ければ、それだけぱっちりした印象は薄くなります。

でも、アイプチなら二重の幅を広くして、効果的にパッチリした目を作ることも出来るのです。

ただ、アイプチやアイテープを使い続けることで、肌荒れを起こしてしまう場合もあるようです。

まぶたが荒れてしまうと、メイク乗りが悪くなったり、まぶたが腫れてしまったりすることもあるでしょう。

そうなってしまったら、目を大きく見せるどころではなくなってしまいます。

肌の調子を見ながら、自分に合うか合わないかをきちんと見極めながら、上手に利用していきましょう。

涙袋をつくる

目が小さい人が目を大きく見せる方法には、涙袋をつくるのも効果的です。

目の上だけではなく、目の下にもラインが出来る事によって、目を大きく見せる効果があります。

さらに、涙袋がふっくらすると、瑞々しさが加わり表情も明るくなります。

目の周りがくすんで、表情が暗く見えてしまうような人は、涙袋をつくることで、若々しい印象になりますよ!

涙袋は、ホワイト系のアイシャドウやアイライナーで作ります。

下まぶたの部分を目に沿って、ホワイトのラインを引き、さらにその下に、ブラウンのアイライナーでうっすらと線を入れて下さい。

ブラウンのラインが涙袋の陰になり、涙袋がふっくらと盛り上がった印象になります。

ラインを引き終えたら、自然に見えるように綿棒でぼかしてあげましょう。

また、下まぶたの内側の粘膜部分にも、ホワイトのアイライナーを入れると、目が潤んだような印象になり、印象的に見せることが出来ます。

黒目とは対照的な色なので、黒目を引き立たせ、白目を大きく見せる効果もあります。

クレヨンのような、柔らかいタイプのペンシルがあると便利ですよ。

【涙袋を作るための方法は、こちらの記事もチェック!】

まつげをしっかりあげる

目が小さい人が目を大きく見せるためには、まつ毛をしっかりあげることも大切です。

まつ毛がしっかり上がると、まつ毛の付け根部分が立ち上がります。

それだけでも、少しまぶたを持ち上げる効果があるものです。

それに、まつ毛がくるんと上向きになるだけで、目の縁飾りのような効果もあり、目をひきたたせて、大きく見せることが出来ます。

まつ毛をしっかり上向きにするには、ビューラーが欠かせませんね。

この時、金属製のビューラーなら、ドライヤーで少し温めておくと、ホットカーラーのような効果があり、まつ毛が綺麗に上がりますよ。

ただ、暖め過ぎるとやけどの危険もありますので、触れて心地よい程度の温かさになるようにしてください。

冷えたビューラーで癖付しようとすると、力技になりがちで、まつ毛が抜けたり痛んだりしてしまうので、少し温めて使いましょう。

マスカラでフサフサまつげに

まつ毛が綺麗にあがったら、マスカラでふさふさのまつげを作りましょう。

最近だと、まつ毛エクステも便利ですが、マスカラでも十分、目を大きく見せる効果を得られますよ。

マスカラは、ぼてっと付いてしまうとカッコ悪いので、まつげ1本1本を塗るような感覚で、丁寧に塗っていきましょう。

この時、マスカラを縦にして、まさに1本ずつ塗るようにすると、キレイに塗ることが出来ます。

目尻や目頭の塗り辛い部分も、縦にすると余すところなく、綺麗につけることが出来ますよ。

一通り塗ったら、今度はマスカラを横にして、目に沿わせて付け根部分に差し込むようにし、しっかりまつ毛に絡むようにしながら、先端まで塗り伸ばしていきましょう。

付け根部分にしっかりマスカラが付くと、アイライナー同様の効果が得られ、目を強調することができます。

重ね塗りをしながらしっかりボリュームを出して、印象的な目元を作りましょう。

眉毛の位置を変える

目が小さい人が目を大きく見せるためには、眉毛の位置を変えるのもポイントです。

日本人は特に、彫りが浅く、目と眉毛のスペースが、広く見える人が多いんですよね。

目鼻立ちのハッキリした、外国人の顔を見てみると分かるのですが、目と眉毛の距離がとても近いです。

実はこれも、目が印象的に見えるポイントになっているのです。

彫りを深く見せるには、アイシャドウで陰影を作ることでも効果があります。

が、さらに眉毛の位置を下げ、太くしっかりした眉にすると、より目を強調し、大きく見せることが出来ます。

とはいえ、眉を剃ってしまって低い位置に、ゼロから描くのではありません。

眉は骨格にそって生えていて、そこが定位置でもあるので、あまりにズレてしまうと違和感になってしまいます。

眉毛と目の距離を近づける

目と眉を近づけるには、「下に書き足して太くする」といったイメージです。

眉の上は、整える程度にカットするか剃り、眉の下側にアイブロウパウダーやペンシルで、書き加えてみて下さい。

そうすると、自然に目との距離を縮めることが出来ますよ。