CoCoSiA(ココシア)

都合のいい関係の終わらせ方7パターン(続き3)

すべては、都合の良い関係を続けたいための相手の罠なのです。

これ以上あなたが悲しむ悪循環から抜け出すことができなければ、いつまでも都合の良い関係を続けさせられることでしょう。

距離を置くことも大切

都合の良い関係を続けてくる相手に対して距離をおくことも大切です。

これまで、頻繁に連絡してきたり、あなたが寂しい気持ちから相手に頻繁に連絡をしているのであれば、これを機に距離を置くことを考えていきましょう。

距離をおくことで、お互いに頻繁に連絡をとっていた頃に比べ寂しい気持ちになることがあります。

しかし、その時期を乗り越えると特に寂しい気持ちになることもありません。

また、その頃にはあなたも素敵な人と出会っている可能性がありますので、自然に別れることができるでしょう。

このように、相手に徐々に距離をおくように連絡頻度を少なくしてみたり、相手との関わりを減らしていくだけで、案外簡単に都合の良い関係を終わらせることができるのかもしれません。

3.直接相手に言う


ここは思い切って、直接相手に都合の良い関係を終わらせたいと伝えてみるのもいいですね。

これまでズルズルと関係を続けてきてなかなか切れなかった相手に対して、あなたの気持ちをズバリ相手に伝えるだけでなく、直接相手に伝えることで、相手もあなたの気持ちを受け止めてくれるかもしれません。

さらに、都合の良い関係をこれ以上進展させることができないと分かった場合、はっきりと相手に対して別れる意思表示をすることで、自分にも相手にもけじめをつけることができます。

相手のことを好きな気持ちから相手に都合のいいように振り回されてしまった結果、最終的に傷つくのあなたです。

これ以上相手に振り回されないよう自分自身が一つ一つ問題を解決し決めていかなければなりません。

関係を終わらせようと言うと相手も理解する

あなたが都合の良い関係を終わらせたいと伝えることで、相手が理解することもあります。

相手もあなたに対して本気でお付き合いしたい気持ちがあるなら、関係を終わらせると伝えたときに相手が本当の気持ちを伝えてくるケースもあります。

しかし、都合の良い関係が長ければ長いほど、相手はあなたと付き合う気がありません。

それにもかかわらず、相手があなたに対して「本気だった」なんてことを口走っても、絶対に信用しないようにしてください。

相手はあなたと都合の良い関係を続けたい口実にしか過ぎません。

もし、本気で相手があなたと都合の良い関係を終わらせ本気の関係を続けていきたい気持ちがあるなら、あなたの言う通りに動いてくれることでしょう。

何を言われても断言するように

これまで、甘い言葉をささやかれ何度となく相手の都合のいいように振り回されてきてしまった人の場合、相手に対して信用することができません。

そんな相手に何を言われても都合の良い関係を終わらせるよう断言し続けてください。

あなたの幸せのために、また素敵な未来のために今の関係を終わらせなければ、幸せな未来もやってきません。

相手に対してこれ以上都合の良い関係にならないためにも、またこれ以上都合の良い関係を続けないためにも、何を言われても相手の口車に乗せられないようにしましょう。

さらに、何を言われても断言するように心がけていくだけで、いずれ相手も諦めることでしょう。

4.相手から来るものを全て無視

相手から送り続けてこられるものを全て無視するようにしてください。

相手があなたに対して甘い言葉をかけてきたり、はたまた脅迫するようなことを言ってくる場合もあります。

そんな時はすぐさま警察に届け出を出すとともに、甘い言葉であなたを惑わし続ける相手の場合、相手から来るものは全て無視するようにしてください。

これまで、散々都合の良い関係を続けてきた訳ですから、これ以上あなたの心と体を傷つける必要はありません。

また、相手がこれ以上あなたに対して本気になる見込みもありません。

あなた自身の幸せのために相手から来るもの全てシャットアウトしましょう。

仕事で忙しいと伝える

万が一、相手からの連絡がしつこい場合、メールで一言「仕事で忙しい」と伝えておきましょう。

あれこれあなたが気持ちを伝えたり、相手からの連絡やメッセージを見て切なくなる気持ちがあっても、心を鬼にして相手とのやりとりを断ち切るようにしてください。

また、仕事で忙しいと伝えるだけで、案外あっさりと相手から連絡が来なくなるケースもあります。

さらに、これ以上都合の良い関係を続けてしまうことで、誰が1番傷つくのかを考えなければなりません。

このままズルズルと気楽な関係を続けていっても、最後に残るものは何もありません。

ただあなたの傷ついた心と無駄な時間が後悔へとつながってしまうことでしょう。

冷たい対応をする

ここは心を鬼にして相手に対して冷たい対応をするようにしてください。

何度か冷たい対応をすることで、相手もあなたから離れていくことが考えられます。

さらに、冷たい対応することで、相手もあなたに対して察知するものがあるかもしれません。

これ以上あなたが嫌な思いをしたり傷ついたりすることがないよう、相手からの連絡を全て断ち切るようにしてください。

また、冷たい対応をすることで相手から何を言われても、相手の言葉を自分の心の中に入れないよう気をつけていきましょう。

相手の甘い言葉やあなたを誘い出す言葉に対しあなたは反応しなくてもいいのです。

あなたはあなただけの幸せを考え突き進むだけなのです。