保守的な人は、恋愛にも保守的。

そのため、保守的な人を好きになってしまうと、もどかしい思いをすることも多いようです。

なかなか進展しないと、諦めてしまいたくもなりますよね。

でも、そこであっさり身を引いてしまっていいのでしょうか…。

そこで今回は、『保守的な人の恋愛傾向7個』をご紹介します。

せっかく芽生えた恋。

諦める前に、まずは相手を理解するよう努力してみては?保守的な人には保守的な人ならではの、恋愛傾向があるようです。

また、保守的な人にあわせたアピール方法も!

保守的な人との上手な恋愛の進め方を学び、素敵な恋を掴みましょう♪

保守的ってどういう意味?

「あの人は保守的な人だ」とか「保守的な県民性だ」などというように、度々耳にする“保守的”という言葉。

きっとみなさんにとっても、比較的身近な言葉なのではないでしょうか。

しかし、保守的という言葉の本当の意味を知らない人も少なくないようです。

というのも、保守的という言葉は、使うシーンや時代背景、また、使う人によってニュアンスが異なることがあるからです。

とくに最近の傾向では、ネガティブな意味として理解している人が多いよう。

実は筆者も、そのひとりでした。

そこで、ここではまず、保守的の意味を解説していきます。

保守的とは

辞書を見ると保守的とは、“考え方や行動などに保守の傾向があるさま”と解説されています。

保守とは“旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること”または“風習や伝統を守る立場”の人のことです。

対義語は“革新”で、保守派or革新派などとして使われますね。

ただ、“保守主義”などとして使われる場合は、政治的な意味合いで使われることも多いと思います。

この場合は、旧来からの習慣や制度、社会組織などを重んじて革命などの急激な改革に反対する、“社会的・政治的な立場や思想”などを指す言葉として扱われます。

しかし、“保守的”という言葉の本来の意味は、「風習や伝統を守る」こと。

伝統を大切にして未来へと受け継いでいこうという、どちらかというと前向きな意味を持った言葉なのです。

それが消極的なイメージになってしまったのは、「現状を改革して新しくしていこう」という革新的な考えに対し、保守的な考えが「伝統に固執している・古い」という認識をされがちだからです。

確かに、保守的だと旧来の伝統や風習を守ることにこだわりすぎるがあまりに、現代にそぐわないやり方をしていたり、変えるべきところまでを頑として譲らなかったりするので、消極的なイメージを持たれがちです。

でも、旧来からの風習や伝統にも大切な知恵や精神性があり、それを守り受け継いでいくことも大切なことです。

保守的という言葉の本来の意義は、「伝統を守り受け継いでゆくこと」であって、決してネガティブなことでも、控えめなことでも、閉鎖的なわけでもないのです。

保守的な人の恋愛傾向7個!


使われるシーンや受け取る側の立場によって、ネガティブなイメージを持たれがちなのが保守的な人。

そんな保守的な人たちの恋愛傾向はどうなっているのでしょうか?

本来は「伝統を守る」という意義ある立場の人が保守的なのですが、やはり恋愛シーンでは、保守的なことが短所として表れてしまうことが多いようです。

そんな保守的な人を好きになってしまうと、恋愛も一筋縄ではいきません。

普通の人なら通用するアプローチが通用しないので、思うように恋愛が発展しないのです。

それでも、好きになってしまったらなんとしてでも振り向かせたい!ですよね?

そのために、まずは保守的な人の恋愛傾向を学びましょう。

保守的な人の恋愛傾向が分かれば、必ず突破口も見つかるはずです。

何より、恋愛を成就させたいなら、相手の事を理解するのが鉄則!

ここからは『保守的な人の恋愛傾向7個』をご紹介していきます。

これを参考に保守的な人への理解を深め、彼らの恋愛に革新を起こしましょう!

1.心をなかなか開かない

保守的な人の恋愛傾向その1は、『心をなかなか開かない』傾向があることです。

なぜなら、保守的な人は変化を好まない人だからです。

また、リスクを避けようとするところや、新しいことに対して消極的なところも、心をなかなか開いてくれない理由になっているでしょう。

恋愛をするということは、そこに今までの自分の生活にはない“変化”が起きることになりますよね。

しかもそれは、些細なものではなく、大きな変化です。

深い付き合いをしていなかった人と、恋愛関係という特別な関係になること、それに伴って自分に沸き起こる感情、生活に新たな人付き合いが生まれること…など、恋愛をすると自分の感情や環境に、大きな変化が生まれることになるのです。

保守的な人は変化を好まず、「できれば今のままがいい」と考えるタイプ。

自分の感情や環境にマイナスな変化が起きるくらいなら、平穏無事な「今のままがいい」と思ってしまうのです。

つまり保守的な人にとって、恋愛をすることは大きなリスク。

だから恋愛には消極的で、たとえ相手からアプローチされても心を開いてくれないのです。

保守的な人を好きになってしまった人にとって、相手の心の扉を開くことは、第一関門とも言えるのかも…。

心を開いてくれない以上は先へも進めないので、まずは丁寧に、相手が心を開いてくれるのを待つしかありません。

2.過去に裏切られた経験がある


保守的な人の恋愛傾向その2は、『過去に裏切られた経験がある』人が多いことです。

恋愛において保守的な人は、もともと保守的な考えをするタイプであることも考えられますが、恋愛に対して過剰に保守的になる人の場合はとくに、過去の経験が影響していることが考えられます。

たとえば、過去に恋人に裏切られた経験があったりすると、その後の恋愛では保守的になりがち。

実は恋愛に保守的な人の多くに、こうした経験があるようです。

恋愛は、たくさんの幸せを運んできてくれますが、もちろん幸せなことばかりじゃありません。

失敗も苦い経験も含め、多くの経験をもたらすのが恋愛です。

そんな恋愛の中では、思い出したくないような辛い経験をすることもありますよね。

多くの人は、そうした様々な経験を乗り越えて、本当の幸せを見つけていくものですが、あまりに深く傷つく出来事があると、なかなか立ち直ることができません。

恋人に裏切られるなどの苦い経験をした場合はとくに、恋愛そのものに恐怖感やネガティブなイメージが植え付けられてしまうでしょう。

保守的な人はそうした経験をキッカケに、恋愛に対して守りに入ってしまうのです。

つまり恋愛に保守的な人は、恋愛で傷つくことを恐れているということです。

傷つくのが怖いから、新しい恋愛になかなか踏み出すことができないのです。

3.相手に合わせすぎてしまう

保守的な人の恋愛傾向その3は、『相手に合わせすぎてしまう』傾向があることです。

なぜなら、保守的な人は、良く言えば平和主義ですが、悪く言えば臆病だからです。

自分の周囲で大きな変化やトラブルなどの荒波が立つことを嫌うので、人付き合いでは基本的に「上手くやっていく」ことを念頭に置いています。

そのため、自分の考えや感情には蓋をして、相手に合わせすぎてしまうのです。

ただ、相手に合わせすぎてしまうと、自分が苦しいんですよね。

大きな波風は立たないので一見すると平穏に見えますが、心の中では大きなストレスを抱えることになるのが保守的な人なのです。

また、相手に合わせてばかりで自分の本当の気持ちを見せてこないので、恋愛で振り向かせようとすると簡単ではないのもこのタイプです。

表面上は相手に合わせる態度をとるものの、心のガードは固い…。

アプローチに乗ってくれたかな?と思えば、実際は全く心を開いてくれていなかったりします。

保守的な人との恋愛の難しさは、こうした複雑な心理が隠されているからです。

4.すぐに諦める

保守的な人の恋愛傾向その4は、『すぐに諦める』傾向があることです。

恋愛では、たとえば、今の恋人未満の関係が居心地の良いものだったとします。

その場合、恋愛に発展することで心地よかった関係が崩れてしまうかもしれませんよね。

保守的な人にとって、あえて距離を縮めて関係を深いものにしていくのはリスクでしかありません。

ですから、関係が壊れてしまうくらいなら「今」の継続を望むのです。

つまり保守的な人は、恋愛に対してとても臆病だということです。

少しでも不安があれば先に進めないし、傷つく恐れがあれば現状維持を選択する。

それが、恋愛に対してもすぐに諦めやすい傾向に表れているのです。

5.フラれるのが怖い

保守的な人の恋愛傾向その5は、『フラれるのが怖い』と思いがちな傾向があることです。

人は誰でも、フラれるのは嫌です。

だけど、怖がっていては何も変わらないし、想いが成就することもありません。

多くの人は、変化を恐れながらも新しいことへ挑戦してみたい欲求があるので、いずれは恐怖に打ち勝って告白してみることを選ぶのです。

でも、保守的な人は変化を望まない人です。

リスクがあるなら挑戦しないほうを選ぶので、恋愛においても消極的になりがちです。

保守的な人にとって、それだけ、フラれるのが怖いということです。

ですから、たとえ好きな人と付き合いたいと思っていても、フラれる恐怖感が先に立つし、フラれて今の関係が壊れてしまうリスクのほうを考えてしまいます。

そのため、保守的な人が告白できるとしたら、両思いであることが100%明らかになったときです。

好きな相手も自分のことを好きだという確信がなければ、告白することができません。

女性なら、告白は男性からして欲しいと思うものですよね。

でも、相手が保守的な男性なら、アプローチしてもなかなか告白してきてくれないでしょう。

それにやきもきすることも多いと思いますが、保守的な男性に告白してもらおうとするなら、それなりの安心材料を与えてあげる必要があるということです。

6.距離感が分からない

保守的な人の恋愛傾向その6は、異性との『距離感が分からない』傾向があることです。

保守的な人は、慣れ親しんだものやよく知っているものなら安心出来ますが、知らないものや慣れていないもの、新しいものへは恐怖感を抱いてしまいます。

未知のもの、未知の世界に足を踏み入れるよりも、今の居心地の良い世界に居るほうが安全で安心だと感じるのです。

保守的な人にとっては、異性の存在も未知のもののひとつ。

同性なら自分と同じなので、その性質もよく理解できるし、子供の頃から同性の友達と遊ぶことのほうが多いから親しみがあります。

そのため、保守的な人は同性同士なら楽しく付き合うことができるものの、異性になると、急に距離感がわからなくなってしまうのです。

つまり、保守的な人は異性に対しても保守的だということです。

親しくなるまでに時間がかかるので、恋愛に発展していくまでにも相当な時間がかかる可能性があります。

7.束縛を嫌う

保守的な人の恋愛傾向その7は、『束縛を嫌う』傾向があることです。

保守的な人は変化を拒み、自分が慣れ親しんだ心地よい環境に身を置くことで、安心して生活していけます。

ですから、何が起こるか分からない恋愛に対して消極的になりがちだし、恋愛には少なからず束縛要素が含まれるので、なおさら恋愛に保守的になってしまうのです。

恋愛で相手に束縛されることを嫌がる人は多いですよね。

もちろんそれは、相手が過剰に束縛するタイプだった場合ですが、保守的な人は、少しでも自分の自由が奪われてしまうことが嫌。

自分が安心して過ごせる場所があるのに、恋人に振り回されて平穏な生活が奪われることが耐えられないのです。

束縛の程度は人によって違いますが、恋愛には少なからず束縛があります。

自分が踏み込みたくない未知の世界に、恋人が行きたいと望めば一緒に行かなければならないかもしれません。

また、恋人によって、新しい価値観を植えつけられ、それによって迷いが生じるかもしれません。

保守的な人はとにかく変化することを恐れるし、現状で満足している状態です。

ですから、激しい束縛がなくても、保守的な人にとっては恋人がいるということだけで縛られている感覚になってしまうのです。

保守的な人にアピールするにはどうしたらいい?

好きになった相手が保守的だと、なかなか心を開いてくれず、良い雰囲気になっても一向に進展しない…。

こうした悩みを抱える人は少なくないはずです。

そんな保守的な人にアピールするにはどうしたらいいのでしょうか。

そこでここからは、保守的な人にアピールする方法をご紹介していきます。

保守的な人にアピールするとき、まず意識しておきたいのは「焦らない」ということ。

変化を拒む人に無理やり革命を起こそうとしても心を閉ざされるばかり。

ですので、ゆっくり理解してもらう必要があることを念頭に置いておきましょう。

保守的な人への理解を示し、丁寧に恋愛への恐怖感を取り除いてあげることができれば、少しずつ心を開いてくれるようになるはずです。

ここからご紹介していくのは、そんな保守的な人の、変化への恐怖を取り除いてあげる方法です。

弱点を見せる

保守的な人にアピールするときには、自分の弱点を見せるようにしてみましょう。

人は自分の弱点を隠そうとしてしまうものですが、弱点を隠すと不自然になりがちで、余計に不信感を持たれてしまいます。

とくに、リスクを恐れる保守的な人には、弱点を隠すのは逆効果。

人にも物事にも、メリットの裏には必ずデメリットがあるものです。

保守的な人はそれを分かっていて、常にデメリットのほうに目を向けています。

物事の良い点よりも「リスクはないのか?」という点を常に見ているので、あなたが恋愛の素晴らしさや自分と付き合うことのメリットをを並べたてると、余計に「何かあやしい」と警戒されてしまうのです。

そんな保守的な人の心を動かすには、デメリットもあることを伝えたうえで、それを上回るメリットがあることをアピールするのが効果的と言えます。

弱点を見せることは「正直で誠実な人だ」という印象を与えることに繋がるので、保守的な人の警戒心を解くキッカケになるはずです。

意見を押し付けない

保守的な人にアピールするときには、自分の意見を押し付けないことも大切です。

お話ししたように、保守的な人は常に警戒心を持っています。

望まない変化やリスクに自分の人生や心を乱されることのないように、いつもバリアを張っている状態です。

そんな保守的な人に意見を押し付けると、「嫌なものを無理やり押し付けられている感覚」を与えてしまうのです。

保守的な人じゃなくても、人に意見を押し付けられ、自分の意見は違うのに「こうだ」と決めつけられるのは嫌ですよね。

保守的な人は特にそれを嫌うし、自分の考えや信じているものと違うことを、そう簡単には受け入れられません。

ですから、意見を押し付けられるだけ距離は遠くなります。

振り向かせたいなら、保守的な人自身の考えが変わるのを待つしかありません。

変化を嫌う人でも、さまざまな人の意見を聞くうちに考えが変わることはよくあります。

自分が信じていないことでも、自分の周囲の人が違う考えをもとに成功していたり、楽しそうにしていたりすれば、自分の考えに疑問を持つようになるからです。

疑問を持ったとき、自分の考えと違う価値観を持つ人との妥協点を探ったり、納得できる点を探したりして、変化への拒否反応を薄めていく…。

そうやって少しずつ変化していくのが保守的な人です。

あなたは意見を押し付けず、彼が自ら変化していくのを見守りましょう。

褒めてあげる

「保守的な人には意見を押し付けないことが大切で、自ら変化してくれるのを待ちましょう。」と前項でお話ししましたが、これでは、アピールにはなりませんよね。

考えを変えてもらうには、恋愛することの大切さや、あなたと付き合うことのメリットを感じてもらわなければなりません。

そのためには、“ただ待つ”のではもちろんダメです。

アピールすることも少なからず必要になってきます。

とはいえ、意見を押し付けるのもダメ…。

そんなとき、有効なアピール方法となるのが『褒めてあげる』ことです。

相手を褒めてあげることは、相手の変化を促すことに繋がります。

しかも、無理やりではなく、相手が自ら変化するのを促すのです。

その理由は単純。

褒められると嬉しいからです。

誰だって、嬉しくなるとやる気がでますよね。

また、褒められれば自信も湧いてきます。

このように自信が持てたとき、恐怖感は消えて、自然と前に進もうとするのが人間なのです。

人には、潜在的に承認欲求があります。

褒めるという行為は、その承認欲求を満たすもの。

人に認められれば自信がつくし、相手の望みに応えてもっと褒められたいと思うのが私たちです。

保守的な人においても、褒めて喜びや自信を持ってもらうことで、考えに変化を起こすことができるのです。

また、褒められると警戒心が解けるのも人間。

人には防衛本能というものがあり、他人に対して、常に警戒心を持っています。

その傾向がとくに強いのが保守的な人で、その警戒心を解くのが褒めることなのです。

褒めることは好意のメッセージにもなり、相手との関係をスムーズにするのに役立ちますよ。

保守的で警戒心が強い人を恋愛で振り向かせたいなら、相手の良い部分を褒めてあげましょう。

安心させてあげる

保守的な人を振り向かせるには、安心させてあげることもひとつのアピール方法になります。

恋愛傾向の中でもお話しした通り、保守的な人は過去の嫌な経験から恋愛に対してネガティブなイメージを持っていたり、フラれることへの恐怖心を抱いていたりします。

そのため、恋を進展させるためにはまず、安心させてあげる必要があるのです。

安心してもらうためには…愛情表現をすることや、あなたを信頼してもらえるようにすることが必要ですよね。

とにかく愛情表現する

保守的な人が恋愛に消極的なのは、とにかく不安だからです。

そして、恋愛で「自分が傷つく」というリスクを恐れているからです。

その不安を取り除くためには、愛情を伝えることが一番。

あなたが真剣な気持ちで相手を思っていること。

その気持ちが浮ついたものではないこと。

相手を裏切るようなことは決してしないこと。

何より、好きなこと…。

そんな気持ちを、隠すことなく表現しましょう。

あなたのたっぷりの愛情が伝われば、保守的な人でも心を動かさされるはずです。

信頼してもらう

また、安心してもらうためには、あなたが信頼できる人間だと分かってもらう必要もあります。

保守的な人は新しい人との付き合いで、騙されたり裏切られたりして傷つくことが恐いんです。

ですから、人に対して強い警戒心を持っています。

愛情表現は警戒心を解くためにも必要ですし、何より誠実な態度で接することが、保守的な人の警戒心を解くことに繋がるはずです。

先ほど、褒めることが保守的な人の警戒心を解くとお話ししましたが、そこにも“ウソ”があってはいけません。

警戒心の強い人には小手先のテクニックは通用しないので、気に入られようと、相手をコントロールしようと褒めても、不信感をもたれるだけ。

褒めるときも、あなたの素直な気持ちを表現することが大切です。

味方でいる

保守的な人の味方でいてあげること。

これも、アピール方法のひとつです。

保守的な人はどうしても、周囲の人からネガティブなイメージを持たれがちです。

そのため、社会の中では生きづらさを感じるシーンも多々あるでしょう。

つまり、常に疎外感を感じているということです。

ですから、常に見方でいてあげることで保守的な人の警戒心を解き、心を開いてもらえるようになるということです。

もちろん、その気持ちが嘘であってはいけません。

あなたが違う考えを持っているなら、無理に同意する必要はないでしょう。

保守的な人を非難するのではなく、理解してあげればいいのです。

保守的な人の特徴とは

さて、ここまでは、保守的な人の恋愛傾向やアピール方法についてご紹介してきました。

ここからはさらに保守的な人への理解を深めるために、『保守的な人の特徴』を解説していきます。

知っているようで知らない“保守的な人”とは?きっと、保守的な人に対して固定観念を持っている部分もあると思います。

その偏見をフラットに!良いところも悪いところも含めた“保守的な人”を知りましょう。

臆病

保守的な人の特徴1つ目は、臆病なことです。

これは、保守的な人の短所と言えるでしょう。

臆病な人は、失敗することや自分が傷つくことを極度に恐れます。

そのため、行動は守りに入りがち。

だから何事に対しても消極的になってしまいます。

ただ、臆病なことは悪いことばかりじゃありません。

いつも最悪の事態を想定できる臆病な人は、その分慎重になります。

その慎重さがあるから大きな失敗もしないし、神経質なほど確認を怠らないから仕事でのミスも少ないのです。

協調性がある

保守的な人の特徴2つ目は、協調性があることです。

保守的な人は変化を恐れるので、人間関係には常に気を遣っています。

それは、人間関係が人生を大きく狂わせることがあるからです。

つまり、保守的な人が人とぶつかってまで意見を通そうとしないのは、自分の身の回りに不穏な空気が流れると生きづらさを感じるから。

もちろん、人に同調しすぎるところは保守的な人のストレスにもなっていますが、人と無駄にぶつかることがないところは、周囲の人に安心感を与えているでしょう。

堅実

保守的な人の特徴3つ目は、堅実なことです。

保守的な人は新しいことへの挑戦こそしないものの、その分堅実な人生を歩みます。

そのため、落ち着いていて頼りがいがあるように見られるのも保守的な人です。

もちろん、人生時には冒険も必要です。

でも、安定した生活を続けていくのも簡単なことではありません。

自分に湧き上がってくる欲求を押さえ、常に堅実な道を歩み続けるには忍耐力も必要なのです。

それができるのが保守的な人であり、だから人から頼られる存在になれるのです。

安定が好き

保守的な人の特徴4つ目は、安定が好きなことです。

これまでにも、保守的な人は変化を好まないことをお伝えしてきましたよね。

その点が人に非難されることもありますが、安定を第一に考えられるのもまた、人生においては大切なことです。

もちろん、安定を保っていくのにも努力が必要。

常に人生の軌道修正をしながら安定を保っていけるのは、保守的な人の長所とも言えます。

恋愛では、その一歩がなかなか踏み出せないなどの問題もありますが、一度落ち着いた関係になれれば、これほど安心して付き合える人はいないのではないでしょうか。

貯金が好き

保守的な人の特徴5つ目は、貯金が好きなことです。

保守的な人の安定好きは、金銭面においても同じです。

行きていく上で、お金はとても重要。

金銭面での安定は、そのまま人生の安定に繋がっていると言っても過言ではありません。

そのため、保守的な人は常に安定した貯金額を保っているのです。

これは、保守的な人の不安を解消するためにも必要なことで、貯金があることで生活も気持ちも安定を保っていられるのです。

だから、保守的な人にとってギャンブルにお金を使うなんてもってのほか!この点は、結婚相手としてかなり優秀なのではないでしょうか。

ネガティブ

保守的な人の特徴6つ目は、ネガティブなことです。

様々な物事に対し、常に不安や不信感を持っている保守的な人は、そうとうなネガティブ思考の持ち主とも言えます。

ただ、そこが慎重さにも繋がっているので、ネガティブなことも短所とは言い切れません。

とはいえ、物事の悪い面やリスクばかり考えてしまうと、人生で経験できる喜びや幸せをも逃してしまいます。

そこが、周囲から見るともどかしく感じる部分でもありますよね。

保守的な人は実はとても愛情深い人

いかがでしたか?

今回は、『保守的な人の恋愛傾向7個』と、保守的な人へのアピール方法、保守的な人の特徴について解説してきました。

保守的な人を好きになると、恋愛の難しさを感じることも多いかもしれません。

でも、気持ちを理解してあげることで、今までにはない深い関係性を築くことができるのも保守的な人との恋愛です。

相手が心を開いてくれない時は、まずこちらから!心の扉を開くことができれば、あなたに対し深い愛情を示してくれるはずですよ♡