CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

保守的な人の恋愛傾向7個!好きになった時はどうアピールするべき?


保守的な人は、恋愛にも保守的。

そのため、保守的な人を好きになってしまうと、もどかしい思いをすることも多いようです。

なかなか進展しないと、諦めてしまいたくもなりますよね。

でも、そこであっさり身を引いてしまっていいのでしょうか…。

そこで今回は、『保守的な人の恋愛傾向7個』をご紹介します。

せっかく芽生えた恋。

諦める前に、まずは相手を理解するよう努力してみては?保守的な人には保守的な人ならではの、恋愛傾向があるようです。

また、保守的な人にあわせたアピール方法も!

保守的な人との上手な恋愛の進め方を学び、素敵な恋を掴みましょう♪

保守的ってどういう意味?

「あの人は保守的な人だ」とか「保守的な県民性だ」などというように、度々耳にする“保守的”という言葉。

きっとみなさんにとっても、比較的身近な言葉なのではないでしょうか。

しかし、保守的という言葉の本当の意味を知らない人も少なくないようです。

というのも、保守的という言葉は、使うシーンや時代背景、また、使う人によってニュアンスが異なることがあるからです。

とくに最近の傾向では、ネガティブな意味として理解している人が多いよう。

実は筆者も、そのひとりでした。

そこで、ここではまず、保守的の意味を解説していきます。

保守的とは

辞書を見ると保守的とは、“考え方や行動などに保守の傾向があるさま”と解説されています。

保守とは“旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること”または“風習や伝統を守る立場”の人のことです。

対義語は“革新”で、保守派or革新派などとして使われますね。

ただ、“保守主義”などとして使われる場合は、政治的な意味合いで使われることも多いと思います。

この場合は、旧来からの習慣や制度、社会組織などを重んじて革命などの急激な改革に反対する、“社会的・政治的な立場や思想”などを指す言葉として扱われます。

しかし、“保守的”という言葉の本来の意味は、「風習や伝統を守る」こと。

伝統を大切にして未来へと受け継いでいこうという、どちらかというと前向きな意味を持った言葉なのです。

それが消極的なイメージになってしまったのは、「現状を改革して新しくしていこう」という革新的な考えに対し、保守的な考えが「伝統に固執している・古い」という認識をされがちだからです。

確かに、保守的だと旧来の伝統や風習を守ることにこだわりすぎるがあまりに、現代にそぐわないやり方をしていたり、変えるべきところまでを頑として譲らなかったりするので、消極的なイメージを持たれがちです。

でも、旧来からの風習や伝統にも大切な知恵や精神性があり、それを守り受け継いでいくことも大切なことです。

保守的という言葉の本来の意義は、「伝統を守り受け継いでゆくこと」であって、決してネガティブなことでも、控えめなことでも、閉鎖的なわけでもないのです。

保守的な人の恋愛傾向7個!


使われるシーンや受け取る側の立場によって、ネガティブなイメージを持たれがちなのが保守的な人。

そんな保守的な人たちの恋愛傾向はどうなっているのでしょうか?

本来は「伝統を守る」という意義ある立場の人が保守的なのですが、やはり恋愛シーンでは、保守的なことが短所として表れてしまうことが多いようです。

そんな保守的な人を好きになってしまうと、恋愛も一筋縄ではいきません。

普通の人なら通用するアプローチが通用しないので、思うように恋愛が発展しないのです。

それでも、好きになってしまったらなんとしてでも振り向かせたい!ですよね?

そのために、まずは保守的な人の恋愛傾向を学びましょう。

保守的な人の恋愛傾向が分かれば、必ず突破口も見つかるはずです。

何より、恋愛を成就させたいなら、相手の事を理解するのが鉄則!

ここからは『保守的な人の恋愛傾向7個』をご紹介していきます。

これを参考に保守的な人への理解を深め、彼らの恋愛に革新を起こしましょう!

1.心をなかなか開かない

保守的な人の恋愛傾向その1は、『心をなかなか開かない』傾向があることです。

なぜなら、保守的な人は変化を好まない人だからです。

また、リスクを避けようとするところや、新しいことに対して消極的なところも、心をなかなか開いてくれない理由になっているでしょう。

恋愛をするということは、そこに今までの自分の生活にはない“変化”が起きることになりますよね。

しかもそれは、些細なものではなく、大きな変化です。

深い付き合いをしていなかった人と、恋愛関係という特別な関係になること、それに伴って自分に沸き起こる感情、生活に新たな人付き合いが生まれること…など、恋愛をすると自分の感情や環境に、大きな変化が生まれることになるのです。

保守的な人は変化を好まず、「できれば今のままがいい」と考えるタイプ。

ページトップ