CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

実は繊細な女性の7個の特徴


現代女性は、一昔前の「大人しい女性」の印象とは違って、「強くてタフでしっかり者」というイメージがありますよね。

しかし「どの女性も強い」わけではなく、中には強そうに見えて繊細な女性もたくさんいます。

うっかり繊細な女性の心を傷つけて、関係が悪くなってしまわないためにも、実は繊細な女性のタイプを予め知っておきましょう!

実は繊細な女性の特徴を詳しくご紹介していきます。

この記事の目次

実は繊細な女性の7個の特徴!こんな人は繊細な可能性!

「草食系男子・肉食系女子」という言葉が流行ったことからも、最近の女性は積極的で、男性よりも精神的に強いというイメージが世間一般には定着しています。

男性はバブル世代の頃よりも、恋愛ではガツガツとした積極性がなくなり、内気で女性にフラれるのが怖いため、自分からはアプローチができないという人が増えています。

その一方で、女性はどんどん積極的に自分から男性へとアプローチをする人が増え、合コンや婚活でも受け身に徹することが少なくなっています。

もちろんすべての男女がこれに当てはまるというわけではありませんが、一昔前よりは女性が男性よりも何かと前に出やすい時代になっていることは確かでしょう。

しかし、そんな現代社会においても、まだまだ繊細な女性は多いです。

一見強気に見えても、実は繊細な心の持ち主の女性はたくさんいます。

「女性は強いから何を言っても平気だろう」と思って接していると、痛い目を見てしまうかもしれません。

また、せっかく気になっていた女性に心無い言葉をぶつけてしまい、関係が悪くなってしまうのも避けたいですよね。

そこで、どんな女性が繊細なタイプなのか、その特徴を具体的に挙げていきます。

1.優しい


繊細な女性は優しい性格をしていることが多いです。

優しい人というのは、他人の気持ちに同情や共感を抱くことができるため、自分本意ではなく他人の立場に立って物事を考えられます。

例え気持ちだけでも他人に寄り添うことができる女性は、友達が傷ついていれば心配をし、道で誰かが困っていれば助けようとする気持ちが自然とわいてきます。

それを偽善という人もいますが、まったく他人に無関心な人よりも、他人に対して同情や共感ができる人の方が、やはり優しくて周りの人たちからも好意的に思われやすいでしょう。

他人に優しく自分に厳しい

優しい人は優柔不断で曖昧な態度をとることもありますが、芯の通った性格をしている人は、他人に対してはとても優しいですが、自分には厳しいです。

争い事を避けたいがために誰にでも優しく、優柔不断に接している人の場合は、純粋な優しさというよりも、他人と争うことで自分が傷つきたくないという保守的な考えを持っていることがあります。

そのため、誰に対しても優しいけれども優柔不断な人よりも、誰に対しても優しいけれどハッキリしているところはハッキリさせる女性の方が、芯の通った優しい性格をしています。

そしてそんな女性は、なまじ自分に厳しい分、他人から傷つくことを言われてもそれをグッと耐えて表には出さないことが多いです。

表に出さないからこそ他人からは繊細に見えませんが、実は心の中ではそれなりに傷ついたり、悲しんだりしていることがあるのです。

困っている人を見ると助けたくなるという人

心の底から優しい人というのは、困っている人を見るとつい助けたくなります。

それを偽善だという人もいます。

ですが、例えその優しさが自己満足であったとしても、それで助けてもらえた人が喜んで、自分もまた「良かった」と思えるのなら、偽善だろうが優しさだろうがどちらでも善いことには変わりないでしょう。

また、実際に優しい人というのは、例え自分が急いでいる時や余裕がない時であっても、困っている人を見ると放っておけません。

会社や学校に遅刻してしまっても、自己犠牲の上で他人を助けることに抵抗を感じないため、時には優しさによって自分が損をしてしまうこともあります。

しかしそれを損だとも思わないところが、優しい人の最大の良い特徴でしょう。

2.親切心がある

繊細な人は優しい性格をしています。

その優しさは親切心とも深く関係していますので、優しい人はすなわち親切心があると言ってもいいでしょう。

親切心とは、他人のために自分が何かをしてあげたいと思う気持ちです。

一方的な親切心による行動で、他人が迷惑しているのなら、それは親切心ではなく「余計なお世話」になってしまいます。

しかし本当に親切心がある人というのは、親切をされた時の相手の反応や気持ちを考えた上で行動ができます。

例えば友達が困っている時に、一方的に助けてあげようと強引に行動を起こして、友達の反応が芳しくなければ、「せっかく親切にしてあげたのに」と文句を言う人はとても親切心がある人とは言えませんよね。

本当に親切心がある人は、まずどんな助けがいるか友達に聞き、友達が求めていることを出来る限り手助けしようとします。

すると友達も助けてもらえたことに感謝を覚えますし、その後もお互いに良い関係を築けることでしょう。

そうした親切心も、繊細の人の持つ特徴の一つです。

相手のことを考えて行動ができる

親切心がある人は、常に相手のことを考えて行動ができます。

意地っ張りで他人の助けを素直に受け入れようとしない人に対しては、恩着せがましく親切心を見せるのではなく、相手が気付かないところでこっそりと親切な行動をとろうとします。

また、いかにも構って欲しそうな人に対しては、困っている時には常に側に寄り添って、いつでも相手の助けになれるように行動するでしょう。

親切心がある人は、周りの人への気遣いもできますので、相手や場面に合わせた行動や言動をとることができます。

それは本当に周りの人に対して思いやりや親切心を持ち合わせていなければ出来ないことです。

いつも相手の求める親切を与えることができる人は、それだけ性根が優しく繊細な心の持ち主であることが多いです。

3.母性がある

繊細な女性には母性があります。

母性と聞くと、母親が子に向ける慈しみの心を思い浮かべる人は多いでしょう。

そうした慈しみの心というのは、通常自分がお腹を痛めて産んだ子だからこそ向けることのできる感情であり、そこには無償の愛情や優しさも含まれています。

しかし時には、我が子でなくとも他人に対して慈しみ、つまり母性を与えることのできる女性がいます。

本来は自分の子どもや家族など、親密な間柄の人にしか向けることのない感情を、さして関係性の濃いわけでもない相手に向けることができるのです。

母性のある女性は人一倍優しくて他人の気持ちに寄り添える人でしょう。

母性的な人は、常に相手の気持ちに寄り添って、相手の立場に立って物事を考えることができます。

それは繊細な気遣いができるということですので、繊細な女性はすなわち母性を持ち合わせていると言えるでしょう。

一緒にいて安心感のある人

母性のある人は、一緒にいる相手に安心感を与えます。

優しくて穏やかな性格であることが多く、また他人を傷つけるような振る舞いを決してしないため、「この人とは一緒にいても心から安心できる」と相手の警戒心を解き、信頼や安心感を与えやすいです。

そのため母性のある人は周りの人からも好かれやすく、重要な場面では頼りにされることも多いです。

母性的な人はいかにも優しくて繊細そうな見た目をしていることもありますが、女性によっては逞しい母のように、気が強くて元気な性格をしていることもあります。

後者の場合には精神的にもタフだと思われやすいため、時には心無い言葉によって内心で繊細な心が傷付くこともあるでしょう。

4.心配性


繊細な人というのは、人一倍周りを気遣うことが多いです。

自分のことだけを気にしていればいい時でも、周りで誰か困っている人はいないか、何か不便はないかと直ぐに周りを気にしてしまいます。

そのため、その洞察力の鋭さから時には自ら苦労を背負い込んでしまうこともあります。

ついつい周りを気にしてしまい、「大丈夫かな」と一人でハラハラすることもよくあるため、心配性な一面を持っていると言えるでしょう。

周りから見た時にはたいしたことのない出来事でも、深入りしていちいち心配になってしまうことも多いため、気苦労も人一倍かもしれません。

どんな事でも気になってしまう

心配性な一面を持っていると、周りのどんなに些細な出来事でもいちいち気になってしまいます。

側で子どもが転べば「大丈夫?」と手を差し伸べようとしますし、道に迷っている人がいれば道案内を自ら買って出ることもよくあります。

それらは純粋な親切心や善意からの行動ですが、常にそうして周りのことを気にしているため、人一倍気を遣い、また苦労することも多いです。

他人なんて気にせずに、自分のことだけを考えていればある程度は気楽に人生を送れます。

しかし繊細な人は、自分よりも周囲に対して心配性な性格を発揮してしまうことが多いため、自分から「他人を気にしないようにしよう」と強い決意でもしない限りは、いつも周りの出来事に自分が振り回されることになってしまいます。

本人はそれを苦痛とは感じていないことが多いですが、やはり周りからすれば自分で自分に苦労をかけているように見えることでしょう。

相手の顔色をうかがうなど

繊細な人はいちいち周りが気になってしまうため、心配性な一面を持っています。

例え完全な善意からであっても、常に周りを気にしたり、相手の顔色をうかがったりする行為は、堂々と自分を貫いて生きる人からすれば苛立ちの対象となってしまうこともあるでしょう。

何せいつも自分よりも周りのことを気にしたり気遣ったりして、自ら苦労を背負い込むことも多いため、自分の人生を好きに謳歌している人からすると、多少なりとも卑屈に見えるのかもしれません。

ある程度相手の顔色をうかがって、相手に合わせることで社会の中では上手く生きていくことができます。

しかし、必要以上に周りに合わせ過ぎてしまうのも、反対に社会で生き難くなってしまうかもしれませんね。

5.控えめ

繊細な女性は控えめな性格をしていることが多いです。

いかにも気が強そうな外見をしているのに、実際には繊細な女性の場合には、その繊細さを理解していない人から心無いことを言われることもあるでしょう。

しかし控えめなタイプの女性は、昔からの「大人しくて繊細な女性」のイメージが強いため、その繊細さもすぐに周りに理解されることが多いです。

控えめな女性は、集団の中にいればいつも一歩引いた場所にいて、自分から注目を集めたり、派手な言動や行動をしたりすることはありません。

また、一対一の時でも、何かを決める時には基本的に相手の主張や意見に従おうとする傾向があります。

とはいえ、優しいからこそ控えめな性格というだけであり、意志薄弱というわけではないため、ハッキリさせる場面では毅然とした態度をとることもあるでしょう。

あまり自分の意見を言わない

控えめな性格の女性は、日頃からあまり自分の意見を言うことはありません。

例えば仕事をしている時に、自分でもっといいやり方を思いついたとしても、わざわざマニュアルを変えさせるような提案を上司にすることはないでしょう。

また、人間関係においても他人のことをあれこれと言うことがなく、おしゃべりな人の聞き役に徹していることも多いです。

とはいえきちんと自分の意見は持っていますので、意見を求められれば隠すことなくそれを主張できるでしょう。

ただ好き好んで自分から意見を言うことはないため、人によっては控えめな女性のことを、「いつも他人の後を進もうとする狡い性格をしている」と感じてしまうこともあるかもしれません。

自分を曝け出さないことが多い

控えめな性格の人は、基本的にあまり自分の意見や本音を言うことがありません。

裏表が激しいわけでもなく、単に自分を曝け出すことを好まなかったり、苦手としたりしていることが多いです。

そのためあけすけな物言いをすることもなく、本音を態度に出すこともないため、「何を考えているのか分かり難い」と周りから思われてしまうこともあるでしょう。

とはいえ、必要な場面ではきちんと自分の本音を伝える強さは持っています。

毅然とした態度に普段とのギャップを感じて驚く人もいるかもしれません。

控えめな女性は、日頃からあまりものの好き嫌いを主張しないため、相手の方から積極的に親しくなりにいかなければ、控えめな人の本音や意見を聞けないことが多いです。

6.純粋

社会に出ると、子どもの頃のままの純粋さは少しずつ減っていき、社会の仕組みや世の中のあらゆることが理解できるようになっていきます。

その過程で、嫌なものばかりを目にしてしまうと、子どもや学生時代のような純粋な心はすっかりなくなって、何事にも斜めに構えた見方しかできなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし繊細な女性の場合は、心に純粋な一面を持ち続けていることが多いです。

人から嫌なことをされて傷ついても、同じように良い人もいるのだと信じる気持ちはなくなりませんし、悪いことも良いことでカバーしようという前向きな思考を持っています。

純粋な気持ちを持っていると、人を疑うよりも積極的に信じようとしますし、相手の言葉の裏表をあまり考えることもなく人と接します。

相手に嘘があるかどうかに関わらず、少なくとも自分は嘘のない純粋な部分を曝け出しています。

そのため、時にはお人好しだと利用されることがあっても、それ以上にたくさんの人から信頼や親愛を受けやすい性格をしています。

感じたことを言う

純粋な人は感受性も強いため、周りの出来事に対して心に感じるものがとても多いです。

例えば誰もが見逃すような道端の花を見た時に、「きれいだな、なんて花なのかな」とその花についていろいろと思考を巡らせます。

空の模様や周囲の様子、話している相手の態度などをよく観察しているため、その都度心に感じるものも多く、また素直にそれを口に出すことも多いです。

しかし感じたことを何でも口に出してしまうと、場合によっては相手を傷つける発言になってしまったり、空気が読めない発言になってしまったりすることもあるでしょう。

繊細な人は純粋であっても周りに対する気遣いはしっかりできていますので、感じたことで口に出しても大丈夫だと判断したことだけを素直に言葉にするようにしています。

7.聞き上手

繊細な女性は、いつも周りに対して気遣いを怠りません。

相手が自分の話をしたそうにしていたら、その空気を察して自分は聞き役に徹し、とことん相手の話に耳を傾けます。

また、ただ話を聞くだけではなく、きちんと相手の言いたいことや気持ちを考えながら聞いています。

意見やアドバイスを求められた時にも、きちんと相手を納得させるだけの意見を伝えることができるでしょう。

相手の話を黙って聞いたり、時には相槌を打ったりと、繊細な人は基本的に聞き上手な性格をしていることが多いです。

相手が聞き上手だと、話す人もつい自分の本心を曝け出そうとしますので、それが信頼関係にも繋がっていくでしょう。

さらに、聞き上手な人は同時に話し上手でもあります。

自分が話をしながら常に相手の反応を見ていますので、反応がいまいちなら素早く話題を切り替えたり、相手も盛り上がれるような話題を提供したりします。

そのため相手は繊細な人とおしゃべりをするのが楽しいと感じたり、話しやすいと感じたりすることが多いでしょう。

聞くことに徹することも

繊細な人は聞き上手ですので、自分が聞くことに徹することもよくあります。

例えば仕事や恋愛の愚痴を相手が零していたら、話の腰を折ったり自分の意見を押し付けたりせずに、「うんうん」と適度な相槌を打ちつつひたすら話を聞きます。

とくに女性同士の場合には、アドバイスを求めるよりもただ話を聞いてほしいと思っていることの方が多いため、同性の話を聞く時には特に聞き役に徹することが多いでしょう。

その上で、「そうだよね」や「分かるよ」など、相手に共感するような相槌を打つことで、相手も「自分の話を理解してくれている」と満足します。

男性が話し手の場合でも、繊細な女性は基本黙って聞き役に回ります。

男性の場合には女性からのアドバイスを嫌がる人もいますので、男性から求められない限りは余計なアドバイスをしようとはしないでしょう。

そうした相手に合わせた聞き役に徹することができるのも、繊細な女性の特徴と言えます。

聞き慣れをしている

繊細な人は聞き上手ですが、最初から相手に合わせて話を聞くのが上手だったというよりは、聞き慣れをした結果聞き上手になった人の方が多いです。

自分が話をするよりも人の話を聞く機会の方が多いと、必然的に聞き慣れができるようになってきます。

そうして何度も人の話を聞く内に、相手が「この人とは話しやすい」と思えるような相槌や空間を作れるようになり、聞き上手かつ話し上手になっていったのでしょう。

聞き慣れをすれば聞き上手になることは難しいことではないため、繊細な人は聞き慣れをすることで聞き上手になっていった人が多いです。

実は繊細な女性です!という人はいませんか?

繊細な女性というのは、いかにも繊細そうな人もいれば、見た目ではそうと分からない人もいます。

物静かでお淑やかで、性格も大人しい女性の場合には、誰が見ても繊細そうな女性だと思うことでしょう。

しかし見た目が落ち着いているからといって、内面も繊細かどうかは接してみなければ分からないものです。

反対に、見た目はいかにも気が強そうな女性なのに、接してみたら意外と繊細な心の持ち主だったということもよくあります。

外見が強気な人の方が、むしろ自分の繊細で弱い心を隠そうとして、外見を攻撃的に見せようとすることもあります。

一概に外見だけで女性が繊細かどうかを判断するのは難しいでしょう。

女性の場合には、男性よりも感受性が豊かだったり共感能力が高かったりすることから、繊細な心を持っている人は比較的多いでしょう。

繊細かどうかは話したりしないと分からない

繊細かどうかは、外見で簡単に判断できるものではありません。

そのため、相手の女性が繊細な人かどうかは、実際に話したり接したりしなければ分からないでしょう。

一見気が強そうに見えても、他人の言葉でたやすく傷ついたり、周りに気配りがよくできたりするのであれば、内面は繊細な人だと言えるでしょう。

また、いかにも女性らしい大人しい外見をしているのに、話していると案外自分都合でタフな精神をしている人もいます。

相手が繊細かどうかを判断するのは自分自身ですが、その判断も相手ときちんと接してみなければ分かりません。

繊細な女性は露骨に自分の本音を曝け出すことをしませんので、数年来の付き合いなのに女性の繊細さを知らなかった、なんてことも珍しくはないでしょう。

友達

女友達が繊細かどうかは、日頃から喧嘩になりやすいかどうか、またどの程度自分に合わせてくれているかどうかで、大まかな判断をすることはできます。

相手がどうしても行きたい場所や、やりたいことでもない限り、基本的にこちらの希望に合わせてくれる女友達は、それだけ気遣いができる女性でしょう。

また、喧嘩はお互いの自己主張のぶつかり合いによって起こるものです。

それが日頃からあまりない場合には、相手の女性がこちらに合わせてくれているからこそ、喧嘩にならずに済んでいるのかもしれません。

一緒にいて楽しくおしゃべりができて、その上人の悪口や愚痴を零すこともあまりなく、いつも笑顔で接してくれる友達であれば、それだけ友達に気遣いの出来る繊細な女性だと言えるでしょう。

恋人

どんな女性でも、大好きな恋人に対しては気持ちが繊細になるものです。

嫉妬や自己主張から喧嘩になることはあっても、喧嘩した後には酷く傷ついて落ち込むことも多いでしょう。

それでも素直になれない女性の場合は、自分から彼氏に謝ることがなかなかできませんが、素直になれないからといって、すなわち繊細でないというわけではありません。

「謝っても許してもらえるかどうか分からない」や「嫌われたら怖い」という気持ちから臆病になって、素直に謝ることができないのかもしれません。

また、彼氏の言動や態度をいつも気にしたり、少し気持ちがすれ違っただけで直ぐに不安に陥ったりと、恋人同士でいるのに気持ちが不安定になってしまいやすい女性もまた、繊細な心の持ち主なのかもしれません。

一方でいつも彼氏のことを気遣って、お互いに一番いい距離と関係性を保ってくれるような女性も、繊細で気配り上手な性格をしているでしょう。

同僚

職場の同僚で、いつも良く周りを観察している人や、タイミングよく周りに手を貸したり同僚と上手くコミュニケーションがとれたりしている女性は繊細であることが多いです。

自分の仕事だけに集中するのではなく、誰か困っていれば積極的にそちらをサポートしたり、押しつけがましくない協力体制をとったりと、自分だけでなく周りのことまで手を回せる女性は周りからも頼られやすく、また人望も厚いでしょう。

自分の仕事においては優秀な人はどこにでもいます。

ですが、周りと上手くコミュニケーションをとりながら巧みに仕事を回していくことができる有能な人は、職場に多くはないでしょう。

だからこそ、繊細な人は仕事振りで目立つことが多いです。

繊細な人と知るのは何かの出来事があった後

人の繊細な部分というのは、外見だけでは早々分かるものではありません。

大抵の場合、何か出来事が起きた後で、相手が実は繊細だったのだということが分かります。

例えばある女性が職場で上司から酷く叱責され、心配した周りが「大丈夫?」と声をかけたとします。

すると声をかけられた女性は「大丈夫だよ!」と笑顔で返し、その後の仕事もバリバリとこなして叱責されたことは気にしていないような素振りをします。

しかしふと休憩中に、その女性が一人で泣いている姿を目にした時には、女性が気丈に見えても意外と繊細だったということに気付くでしょう。

このように、大抵は何かの出来事をきっかけにして、相手が実は繊細だったということに気付く場合が多いです。

些細な喧嘩

些細な喧嘩をした時に、思ったよりも相手が酷く落ち込んでしまったり、傷ついたりした時に、意外と相手が繊細なのだということに気付く場合も多いです。

ちょっとした言い合いになった時に、自分よりも相手の方が、落ち込み具合が激しかったり、涙を見せたりしたら、怒りを忘れて驚いてしまうかもしれません。

大きな喧嘩であればお互いに深く落ち込むこともありますが、ちょっとした些細な喧嘩でも想像以上に落ち込んでしまうような相手の場合には、相手はこちらが思う以上に繊細だったことに気付くでしょう。

映画などを観た後の感想など

映画などを誰かと一緒に観に行くと、観終えた後でお互いに感想を言い合いますよね。

その時に、こちらがシンプルに「面白かった」や「あのシーンが良かった」などと感想を言うのに対して、相手が「あのシーンのヒロインの表情は、きっともう会えない主人公を思ってのものだよね。」などと具体的で心理描写の細かい感想を伝えてきた時に、「そこまで感じていたのか」と驚いてしまうことがあるかもしれません。

感想の内容が、具体的で目に見えない心理描写まで事細かだった場合には、その人は登場人物たちの心の動きまで観察していたことになりますので、繊細な人ならではの観察眼だと言えるでしょう。

一緒に行動しているとき

中身が繊細な女性とは、一緒に行動していれば言動や行動の端々でその繊細さを感じとることができます。

椅子を出したらきちんとしまい、フードコートで食事を終えると台拭きでわざわざテーブルを拭いてから立ち去るなど、次に使う人のことを考えた行動を目にすることがあるでしょう。

また、困っている人がいれば自分から声をかけにいったり、目的地ややりたいこともこちらの希望に合わせてくれたりと、自分本意ではなく常に周りを見ながら行動しているのが分かるでしょう。

そうした言動や行動で相手の繊細さを感じとることは多いです。

繊細な女性かどうかは見極めるようにしよう!

一見繊細な女性は世の中には大勢います。

しかしその中でも、本当に繊細な女性というのは、案外多くないかもしれません。

本当に繊細な女性は自分可愛さばかりでわがままを言ったり、泣きわめいたりすることはありません。

いつも他人を思いやった気遣いや行動ができて、辛くても人前で安易に涙を見せることはしないでしょう。

目につく女性が本当に繊細かどうかは、きちんと見極めてから判断するようにしましょう!

ページトップ