現代女性は、一昔前の「大人しい女性」の印象とは違って、「強くてタフでしっかり者」というイメージがありますよね。

しかし「どの女性も強い」わけではなく、中には強そうに見えて繊細な女性もたくさんいます。

うっかり繊細な女性の心を傷つけて、関係が悪くなってしまわないためにも、実は繊細な女性のタイプを予め知っておきましょう!

実は繊細な女性の特徴を詳しくご紹介していきます。

実は繊細な女性の7個の特徴!こんな人は繊細な可能性!

「草食系男子・肉食系女子」という言葉が流行ったことからも、最近の女性は積極的で、男性よりも精神的に強いというイメージが世間一般には定着しています。

男性はバブル世代の頃よりも、恋愛ではガツガツとした積極性がなくなり、内気で女性にフラれるのが怖いため、自分からはアプローチができないという人が増えています。

その一方で、女性はどんどん積極的に自分から男性へとアプローチをする人が増え、合コンや婚活でも受け身に徹することが少なくなっています。

もちろんすべての男女がこれに当てはまるというわけではありませんが、一昔前よりは女性が男性よりも何かと前に出やすい時代になっていることは確かでしょう。

しかし、そんな現代社会においても、まだまだ繊細な女性は多いです。

一見強気に見えても、実は繊細な心の持ち主の女性はたくさんいます。

「女性は強いから何を言っても平気だろう」と思って接していると、痛い目を見てしまうかもしれません。

また、せっかく気になっていた女性に心無い言葉をぶつけてしまい、関係が悪くなってしまうのも避けたいですよね。

そこで、どんな女性が繊細なタイプなのか、その特徴を具体的に挙げていきます。

1.優しい


繊細な女性は優しい性格をしていることが多いです。

優しい人というのは、他人の気持ちに同情や共感を抱くことができるため、自分本意ではなく他人の立場に立って物事を考えられます。

例え気持ちだけでも他人に寄り添うことができる女性は、友達が傷ついていれば心配をし、道で誰かが困っていれば助けようとする気持ちが自然とわいてきます。

それを偽善という人もいますが、まったく他人に無関心な人よりも、他人に対して同情や共感ができる人の方が、やはり優しくて周りの人たちからも好意的に思われやすいでしょう。

他人に優しく自分に厳しい

優しい人は優柔不断で曖昧な態度をとることもありますが、芯の通った性格をしている人は、他人に対してはとても優しいですが、自分には厳しいです。

争い事を避けたいがために誰にでも優しく、優柔不断に接している人の場合は、純粋な優しさというよりも、他人と争うことで自分が傷つきたくないという保守的な考えを持っていることがあります。

そのため、誰に対しても優しいけれども優柔不断な人よりも、誰に対しても優しいけれどハッキリしているところはハッキリさせる女性の方が、芯の通った優しい性格をしています。

そしてそんな女性は、なまじ自分に厳しい分、他人から傷つくことを言われてもそれをグッと耐えて表には出さないことが多いです。

表に出さないからこそ他人からは繊細に見えませんが、実は心の中ではそれなりに傷ついたり、悲しんだりしていることがあるのです。

困っている人を見ると助けたくなるという人

心の底から優しい人というのは、困っている人を見るとつい助けたくなります。

それを偽善だという人もいます。

ですが、例えその優しさが自己満足であったとしても、それで助けてもらえた人が喜んで、自分もまた「良かった」と思えるのなら、偽善だろうが優しさだろうがどちらでも善いことには変わりないでしょう。

また、実際に優しい人というのは、例え自分が急いでいる時や余裕がない時であっても、困っている人を見ると放っておけません。

会社や学校に遅刻してしまっても、自己犠牲の上で他人を助けることに抵抗を感じないため、時には優しさによって自分が損をしてしまうこともあります。

しかしそれを損だとも思わないところが、優しい人の最大の良い特徴でしょう。

2.親切心がある

繊細な人は優しい性格をしています。

その優しさは親切心とも深く関係していますので、優しい人はすなわち親切心があると言ってもいいでしょう。

親切心とは、他人のために自分が何かをしてあげたいと思う気持ちです。

一方的な親切心による行動で、他人が迷惑しているのなら、それは親切心ではなく「余計なお世話」になってしまいます。

しかし本当に親切心がある人というのは、親切をされた時の相手の反応や気持ちを考えた上で行動ができます。

例えば友達が困っている時に、一方的に助けてあげようと強引に行動を起こして、友達の反応が芳しくなければ、「せっかく親切にしてあげたのに」と文句を言う人はとても親切心がある人とは言えませんよね。

本当に親切心がある人は、まずどんな助けがいるか友達に聞き、友達が求めていることを出来る限り手助けしようとします。

すると友達も助けてもらえたことに感謝を覚えますし、その後もお互いに良い関係を築けることでしょう。

そうした親切心も、繊細の人の持つ特徴の一つです。

相手のことを考えて行動ができる

親切心がある人は、常に相手のことを考えて行動ができます。

意地っ張りで他人の助けを素直に受け入れようとしない人に対しては、恩着せがましく親切心を見せるのではなく、相手が気付かないところでこっそりと親切な行動をとろうとします。

また、いかにも構って欲しそうな人に対しては、困っている時には常に側に寄り添って、いつでも相手の助けになれるように行動するでしょう。

親切心がある人は、周りの人への気遣いもできますので、相手や場面に合わせた行動や言動をとることができます。

それは本当に周りの人に対して思いやりや親切心を持ち合わせていなければ出来ないことです。

いつも相手の求める親切を与えることができる人は、それだけ性根が優しく繊細な心の持ち主であることが多いです。

3.母性がある

繊細な女性には母性があります。

母性と聞くと、母親が子に向ける慈しみの心を思い浮かべる人は多いでしょう。

そうした慈しみの心というのは、通常自分がお腹を痛めて産んだ子だからこそ向けることのできる感情であり、そこには無償の愛情や優しさも含まれています。

しかし時には、我が子でなくとも他人に対して慈しみ、つまり母性を与えることのできる女性がいます。

本来は自分の子どもや家族など、親密な間柄の人にしか向けることのない感情を、さして関係性の濃いわけでもない相手に向けることができるのです。

母性のある女性は人一倍優しくて他人の気持ちに寄り添える人でしょう。

母性的な人は、常に相手の気持ちに寄り添って、相手の立場に立って物事を考えることができます。

それは繊細な気遣いができるということですので、繊細な女性はすなわち母性を持ち合わせていると言えるでしょう。

一緒にいて安心感のある人

母性のある人は、一緒にいる相手に安心感を与えます。

優しくて穏やかな性格であることが多く、また他人を傷つけるような振る舞いを決してしないため、「この人とは一緒にいても心から安心できる」と相手の警戒心を解き、信頼や安心感を与えやすいです。

そのため母性のある人は周りの人からも好かれやすく、重要な場面では頼りにされることも多いです。

母性的な人はいかにも優しくて繊細そうな見た目をしていることもありますが、女性によっては逞しい母のように、気が強くて元気な性格をしていることもあります。

後者の場合には精神的にもタフだと思われやすいため、時には心無い言葉によって内心で繊細な心が傷付くこともあるでしょう。

4.心配性


繊細な人というのは、人一倍周りを気遣うことが多いです。

自分のことだけを気にしていればいい時でも、周りで誰か困っている人はいないか、何か不便はないかと直ぐに周りを気にしてしまいます。

そのため、その洞察力の鋭さから時には自ら苦労を背負い込んでしまうこともあります。

ついつい周りを気にしてしまい、「大丈夫かな」と一人でハラハラすることもよくあるため、心配性な一面を持っていると言えるでしょう。

周りから見た時にはたいしたことのない出来事でも、深入りしていちいち心配になってしまうことも多いため、気苦労も人一倍かもしれません。

どんな事でも気になってしまう

心配性な一面を持っていると、周りのどんなに些細な出来事でもいちいち気になってしまいます。

側で子どもが転べば「大丈夫?」と手を差し伸べようとしますし、道に迷っている人がいれば道案内を自ら買って出ることもよくあります。

それらは純粋な親切心や善意からの行動ですが、常にそうして周りのことを気にしているため、人一倍気を遣い、また苦労することも多いです。

他人なんて気にせずに、自分のことだけを考えていればある程度は気楽に人生を送れます。

しかし繊細な人は、自分よりも周囲に対して心配性な性格を発揮してしまうことが多いため、自分から「他人を気にしないようにしよう」と強い決意でもしない限りは、いつも周りの出来事に自分が振り回されることになってしまいます。

本人はそれを苦痛とは感じていないことが多いですが、やはり周りからすれば自分で自分に苦労をかけているように見えることでしょう。

相手の顔色をうかがうなど

繊細な人はいちいち周りが気になってしまうため、心配性な一面を持っています。

例え完全な善意からであっても、常に周りを気にしたり、相手の顔色をうかがったりする行為は、堂々と自分を貫いて生きる人からすれば苛立ちの対象となってしまうこともあるでしょう。

何せいつも自分よりも周りのことを気にしたり気遣ったりして、自ら苦労を背負い込むことも多いため、自分の人生を好きに謳歌している人からすると、多少なりとも卑屈に見えるのかもしれません。

ある程度相手の顔色をうかがって、相手に合わせることで社会の中では上手く生きていくことができます。

しかし、必要以上に周りに合わせ過ぎてしまうのも、反対に社会で生き難くなってしまうかもしれませんね。

5.控えめ

繊細な女性は控えめな性格をしていることが多いです。

いかにも気が強そうな外見をしているのに、実際には繊細な女性の場合には、その繊細さを理解していない人から心無いことを言われることもあるでしょう。

しかし控えめなタイプの女性は、昔からの「大人しくて繊細な女性」のイメージが強いため、その繊細さもすぐに周りに理解されることが多いです。

控えめな女性は、集団の中にいればいつも一歩引いた場所にいて、自分から注目を集めたり、派手な言動や行動をしたりすることはありません。

また、一対一の時でも、何かを決める時には基本的に相手の主張や意見に従おうとする傾向があります。

とはいえ、優しいからこそ控えめな性格というだけであり、意志薄弱というわけではないため、ハッキリさせる場面では毅然とした態度をとることもあるでしょう。

あまり自分の意見を言わない

控えめな性格の女性は、日頃からあまり自分の意見を言うことはありません。

例えば仕事をしている時に、自分でもっといいやり方を思いついたとしても、わざわざマニュアルを変えさせるような提案を上司にすることはないでしょう。

また、人間関係においても他人のことをあれこれと言うことがなく、おしゃべりな人の聞き役に徹していることも多いです。

とはいえきちんと自分の意見は持っていますので、意見を求められれば隠すことなくそれを主張できるでしょう。

ただ好き好んで自分から意見を言うことはないため、人によっては控えめな女性のことを、「いつも他人の後を進もうとする狡い性格をしている」と感じてしまうこともあるかもしれません。

自分を曝け出さないことが多い

控えめな性格の人は、基本的にあまり自分の意見や本音を言うことがありません。

裏表が激しいわけでもなく、単に自分を曝け出すことを好まなかったり、苦手としたりしていることが多いです。

そのためあけすけな物言いをすることもなく、本音を態度に出すこともないため、「何を考えているのか分かり難い」と周りから思われてしまうこともあるでしょう。

とはいえ、必要な場面ではきちんと自分の本音を伝える強さは持っています。

毅然とした態度に普段とのギャップを感じて驚く人もいるかもしれません。

控えめな女性は、日頃からあまりものの好き嫌いを主張しないため、相手の方から積極的に親しくなりにいかなければ、控えめな人の本音や意見を聞けないことが多いです。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718