生きていれば1度は、「何に対してもやる気が出ない…」とか「やらなきゃいけないことがあるのに、全くモチベーションが上がらない…」なんて瞬間もあるでしょう。

あるいは、周りから「もっと頑張りなさい!」と言われた経験がある人もいるかもしれせんね。

ですが、「頑張りたくても、頑張れない時」だってあると思います。

そういうときはどうすればよいのでしょうか…?

そこで今回は、「頑張りが長く続かない」とか「頑張り方が分からない」という人の為に、“頑張る方法5個”をご紹介しちゃいます!

さらに、“頑張りすぎない為の方法7個”と“頑張り屋な人の特徴10個”についても解説していきますよ。

頑張るとはどういうことなの?

そもそも、“頑張る”とはどういうことでしょうか…?

辞書によると「頑張る」とは、「あることを成し遂げようと、忍耐して努力し通す。気張る。」「困難にめげないで我慢してやり抜く」といった意味があるそうです。

確かに、やりたくもないことを我慢して必死にやっている時に、「自分は今すごく頑張ってるな…」と感じる人は多いかもしれませんね。

それが良い結果に繋がると信じているから、この我慢を乗り越えれば成長できると考えているから、嫌なことでも頑張るのだと思います。

逆に好きなことに取り組んでいる時は周りから「頑張っているね」と言われても、自分にはその感覚がない(「好きだからやっているだけ」と答えられる)のではないでしょうか?

ただ、頑張り(我慢や努力など)の基準は人それぞれだと思います。

自分では頑張っているつもりでも他人からは「もっと頑張った方が良い」と言われたり、逆に自分では頑張っているつもりはなくても他人からは「頑張ってる」と言われたり…。

どこまでやれば「頑張った(我慢した、努力した)」と言えるのか?

その基準が明確でない以上、周りと自分の頑張りへの感じ方にズレが生じるのは仕方がないことなのかもしれません。

とりあえず、今回ご紹介する“頑張る方法”は、「周囲や自分が認める頑張り方を身につける方法」ではなく、あくまで「自分の中のモチベーションを高める方法」という意味合いのものになります。

なので、その方法を実践して「頑張ってる」と実感できるかどうかも、あなた次第ということになることを覚えておいて下さいね。

頑張る方法5個紹介します!

単純に「頑張り方が分からない…」という人もいるのかもしれませんが、「やる気が出ない…」という瞬間だって誰にでもありますよね?

それは普段頑張り屋の人でも起こり得ることです。

しかし、一度頑張れない状態に陥ってしまうと、なかなか抜け出せないもの…。

そこで、頑張りたくても頑張れない人の為に、ここからは“頑張る(=モチベーション向上の)方法5個”をご紹介していきたいと思います。

「思う様に頑張れない…」と感じたときは、是非以下の方法を試してみて下さい!

気分転換をする


頑張りたいのに頑張れないときは、気分転換をしてやる気を引き出すのも方法の1つです。

特に単純作業や同じ作業を繰り返していると、どうしてもマンネリ化して飽きがくるもの。

そういうときは、新な刺激を加えることで頭の中がリセットされ作業が捗る可能性が高まるのです。

それに、働き詰めではモチベーションだけでなく作業効率が下がる恐れもありますよね?

作業の合間に挟む適度な休憩も気分転換と同じです。

ちなみに気分転換の方法はなんでも構いません。

例えば、人と話す・ストレッチをする・お茶やコーヒーなどを飲む・デスク周りや部屋の片付けをする・散歩をする・好きな音楽を聴く・外の景色を眺める・短時間の仮眠をとるetc…

ただし、気分転換ばかりして本来やるべきことが疎かになっては意味がないので、気分転換に割く時間は程々にしましょうね。

ご褒美をつくる

頑張りたいのにやる気が出ないときは、ご褒美をつくるモチベーションが上がるものですよね。

例えば、「区切りの良いところまで終わったら、読書の続きをしよう!」とか「この仕事が終わったら、趣味のスポーツを楽しむぞ!」など…。

そもそも、ご褒美や報酬なしで頑張り続けるのはとても難しいことだと思います。

ですが時には、自分に全くメリットがなくても頑張らなくてはならない場面に遭遇することもあるでしょう…。

そういうときは上の様に自分でご褒美をつくれば良いのです!

小さなことでも大きなことでも何でも良いので、目の前のことを頑張れる様なご褒美を設定してみましょう。

旅行に行く

頑張る為のご褒美として旅行を選ぶのもありです。

例えば、「資格試験が終わったら、思い切って海外旅行をしよう!」とか「忙しい時期を乗り越えたら、人気の観光ツアーに参加しよう!」といった感じ。

特に旅行好きな人にとってはかなり魅力的なご褒美になるでしょう。

旅行に行くとなると時間やお金に余裕がないと難しいかもしれませんが、忙しくて外泊が無理でも日帰り旅行なら楽しめるはずです。

また、旅行資金が少なくてもLCCを利用すれば海外でも格安で行くことができます!

作業の合間に旅行の計画を考えるだけでも、楽しみや期待が高まってモチベーションが上がるかもしれませんね。

美味しいものを食べる

ご褒美に美味しいものや好きなものを食べるのも良いでしょう。

例えば、高級スイーツを用意しておいて「この作業が終わったら食べよう!」と決めたり、「仕事が一段落したら、思いっきり好きなものを食べよう!」と考えれば、自然と頑張れるのでは?

ちょっと贅沢をして美味しいものや好きなものを食べるだけなら、比較的気軽にできると思うので、ちょっとしたご褒美にはピッタリかもしれませんね。

欲しいものを買う

ご褒美に欲しいものを買うのもアリです。

誰にだって欲しいものの1つや2つあると思います。

物によっては購入するのが難しい場合もあるかもしれません。

ですが、ちょっと高価なバッグや時計といった小物や、趣味関連のもの(例えば好きなアーティストのライブチケットや趣味をするのに必要な道具など)の購入なら、ご褒美にもピッタリでしょう。

「頑張れば欲しいものが手に入る!」と思えば、モチベーションも自然とアップするはずですよ!

嫌がらずに楽しむ

頑張りたくても頑張れないのには、やるべきことに対して「面倒」「大変」「つまらない」といった負の感情があるからとも考えられます。

誰だって嫌なことには積極的になれないもの…。

実際にやってみてそう思ったのならその感情を払拭するのも難しいかもしれませんが、やる前から「面倒なもの」と思っている場合は実際にやってみてから判断しましょう!

やってみたら案外楽しいかもしれませんよ?

ただし、そういう先入観があると実際はそうじゃないのに「面倒なもの」と感じてしまうものなので、実際にやるときは先入観は捨てて下さいね。

それに「嫌だ」と思わずに楽しむ方法を見つけるのも、頑張る為の手段の1つになります。

楽しみ方を見つければ、嫌だったことにもそこまで抵抗なく取り組める様になるはずですよ。

目標を立てる


目標を立てるのもモチベーションを上げ頑張りを引き出す方法になります。

例えば、「今から30分間、やるべきことに集中する!」とか「今日はここまで終わらせる」といった感じです。

目標があればやるべきことの優先順位や効率的な作業の進め方も明確になりやすいですよね。

それに小さな目標を立ててそれをクリアしていけば自信や達成感が得られますし、それがモチベーションアップにも繋がるはずです。

ハードルが高すぎる目標だと、途中で「やっぱり無理だ…」とやる気が削がれてしまったり、達成できなかった際にますますモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

なので、ギリギリ達成できそうなラインで細かく目標を設定していくのがポイントですよ。

頑張っている自分を褒めてあげる

一生懸命頑張っていると、「こんなに頑張っている自分を褒めて欲しい」とか「誰かにこの頑張りを認めて評価して貰いたい」という欲が出てくるものだと思います。

しかし、状況によってはそれも難しい場合があるでしょう。

とは言っても、褒めてくれる人がいなければイマイチやる気も起きないもの…。

そんなときは、自分で頑張っている自身を褒めて認めてあげて下さい!

「こんなに頑張った自分は本当にすごい!」「今日もこんなに頑張った、自分偉いぞ!」といった感じで。

そんな風に頑張っている自分を褒めてあげると、不思議とそれが自信になったりモチベーションの維持にも繋がる訳です。

頑張りすぎないにはどうしたらいいの?

頑張ることは良いことですが、自分の限界を超えてまで頑張るのは良くありません。

何事もベストな加減があると思いますが、それは頑張ることも同じなのです。

そもそも頑張りに伴う我慢や努力は、心にそれなりの負担を与えるもの…。

つまり無理をして頑張れば頑張る程その負担はストレスになり、やがて心や体調を崩すことにも繋がる訳です。

頑張りすぎによる体調不良が原因で目標を達成できなかったり周りに迷惑がかかるのは、誰だって避けたいですよね?

恐らく頑張りすぎてしまう人の中には、自分の限界以上に頑張ることを良いことと勘違いしていたり、「結果を出す為にもっと頑張らなきゃと思った」とか「周りに「頑張れ」と言われたから、無理をするしかなかった」という思いもあるのでしょう。

ただ、頑張りすぎて潰れてしまうということは、自分の限界や加減を把握していないのと同じ。

特に周りから「頑張るのも程々に…」と釘を刺されていたのにも関わらず、それを無視して無理をして最終的に潰れてしまえば、「そこまで頑張ったのはすごい!」とは評価されません。

それころか、下手をすれば「自分の力量を弁えていない人」や「自己管理ができない人」と呆れられてしまう恐れもあるのです…。

では、頑張りすぎない様にするにはどうすればいいのでしょうか?

という訳で続いては、“頑張りすぎない為の方法7個”をご紹介していきます!

普段から頑張りすぎてしまう傾向にある人は、是非参考にしてみて下さいね。

オンオフをつける

頑張りすぎを防ぐには、オンオフをしっかりつける=気持ちを切り替えることも大切。

頑張りすぎてしまう人は、休みを返上してまで仕事をしたり、休憩中なのに作業の事をアレコレ考える傾向があります。

仕事の事が気になるのも分かりますが、休む時はきちんと休まないと気疲れを起こしてしまいますよね?

しかも、オンオフの区別がついていないということは心は常に緊張状態にあり、他人に比べストレスも相当かかっていると考えられます。

ストレスが溜まりすぎてしまうと、いくら頑張っても自分の望む結果は得られない…なんてことにもなりかねません。

だからこそオンオフの区別をしっかり付けて、休む時はしっかり休むことが重要なのです。

スケジュールを見直す

「ついつい頑張りすぎてしまう…」という人は頻繁にスケジュールを見直してみましょう!
予定を詰め込み過ぎていませんか?

自分の時間や休みの時間は十分に確保できていますか?

頑張りすぎてしまう人は無意識の内に予定をどんどん詰め込んで、気付いた時には「疲れているけど、予定をこなさないといけない…」という状況に追い込まれていることも珍しくありません。

予定を入れる前に、自分の限界や先の状態をきちんと考慮してスケジュール管理を行って下さい。

人に頼る

頑張りすぎてしまう人は人に頼るのが苦手と言えます。

きっと自身がその苦労を知っているから、「他人に任せたら悪い…」とか「こんな大変なことを人に手伝って貰うのは気が引ける…」などと考えているのでしょう。

ですが1人でやるにも限界がありますし、「1人では難しい」と感じることなら尚更人に頼るべきです。

それに、1人で無理をして大失敗した結果、周りの人に迷惑を掛けてしまえば意味がありませんし、そんな状況は頑張りすぎた本人はもちろん誰だって望まないでしょう。

「どうしてもっと早く周りを頼らなかったんだ?」とか「自分の力を過信するな」などと怒られても何も言えないと思います。

だからこそ頑張りすぎる前に人を頼ることが大切なのです。

人に頼るのが苦手なら、まずは小さなことから頼める様になりましょう。

余力を残す

頑張りすぎてしまう人にありがちなのが、既に限界ギリギリの状態なのに「まだ頑張れる…」と思い込んで無理をし、そのまま限界を越えて潰れてしまうこと。

「疲れた」「ちょっと辛い」という自覚はあるはずなのに、「このくらい大したことない」と考え直して(というかもはや自己暗示)、自身を限界まで追い込んでしまうのです。

全力で頑張ることは素晴らしいですが、無理をしたり限界を越えてまで頑張っても自分が求める結果は得られないでしょう。

また、頑張りすぎは「自分の限界を弁えていない」「加減が分からない」のと同じとも言えます。

毎回の様に頑張りすぎて潰れてしまう人は評価されるどころか、周りから呆れられてしまう可能性もあります。

それに常に全力ではすぐにバテてしまいますし、いざというときに力が発揮できない恐れもあるでしょう。

頑張りすぎない為には、きちんと余力を残すことが大切。

普段は70~80%の力で、どうしても必要な時や大事な時だけ100%で頑張れば良いのです。

適度に手を抜いても良い場面と全力で取り組むべき場面を見極める能力も必要かもしれませんね。

完璧を目指さない

これは先程の「余力を残す」と共通する部分もありますが、完璧を目指さないのも頑張りすぎないコツです。

これは後でも説明しますが、頑張りすぎてしまう人というのは完璧主義者な傾向にあります。

例えば、70点が合格ラインなのに、頑張りすぎてしまう人は100点を目指さないと気が済まないのです。

そういう人は理想が高いこともあり、目標を達成する為につい頑張りすぎてしまう訳です。

自分の中の理想や完璧を目指すのではなく、周りが求める合格ラインを的確に把握しそこを目指して頑張ることで無理をせずに済むでしょう。

自分を許してあげる

今まで完璧を目指して頑張ってきた人にとって、「完璧を目指さない」というのは難しいことだと思います。

きっとどのくらい手を抜いて良いかも分からないでしょうし、「完璧じゃないとダメ」と思い込んでいる節もあるのでは…?

適度な手の抜き方を覚えることも大切です。

まずは「完璧じゃなくても良い」「頑張りすぎなくても良い」と完璧を求めない自分を許して意識を変えるところから始めてみましょう。

他人の評価を気にしない

頑張りすぎてしまう人というのは、自分の為に頑張るというより、他人に評価される為に頑張っている節があると言えます。

そういう人には「周りの期待を裏切りたくない」とか「失敗すればみんなに嫌われる」という強迫観念にも似た思いがあるのです。

だから他人の評価を気にしすぎないことも大切!

必死に頑張っている人に対してこんな言い方は失礼かもしれません。

ですが、自分が思っている程周りの期待が大きいとは限りません。

1度や2度の失敗で嫌われることは(よっぽどの失敗でない限り)そうそうないと思います。

そもそも「絶対に失敗しない」とか「全員から好かれよう」なんて無理な話なのです…。

他人の評価に振り回されずに、もう少し気を楽にして頑張ることができれば理想ですね。

弱音を吐く

頑張りすぎてしまう人は弱音をめったに言いません。

辛いことも全て自分の中に溜め込んで、それを上手く処理できず最終的に爆発してしまうこともしばしば…。

「辛い…」「きつい…」と思ったらその気持ちを素直に認め、外に吐き出すことが大切です。

友達や家族に話すのも良いですし、それが嫌なら1人でいる時に呟いてみたり、弱音を言葉にして紙に書き出してみるのもオススメ。

そもそも、頑張りすぎてしまう人は、自分が頑張りすぎているという自覚がないことも珍しくありません。

ですが弱音を吐くことで「自分は今、無理をしている」と自覚し、頑張りをセーブすることにも繋がるはずです。

頑張り屋な人の特徴とは

頑張れる人と頑張れない人の違いは何なのか、みなさんは考えた事があるでしょうか?

きっと、「“頑張り方”を知っている」とか「気持ちの切り替えが上手」など、色々あると思いますが、大きな違いは次の2つだと思います。

・頑張れる程好きなことがある
・やるべきことを明確にできている

みなさんは当てはまりますか…?

「自分も頑張れる人間になりたい!」と考えている人も、頑張り屋な人の特徴を知れば頑張り屋に近づくヒントが何か掴めるかもしれませんね。

そこでここからは、“頑張り屋な人の特徴10個”をご紹介していきたいと思います!

“頑張り屋”なのは長所とも言えますが、以下で説明する特徴では、頑張り屋な人の良い面と悪い面の両方の特徴をまとめてみました。

みなさんも自分が次の特徴にどのくらい当てはまるか、是非チェックしてみて下さいね。

完璧主義

これは上でも少し触れましたが、頑張り屋な人は完璧主義な一面があります。

完璧を求めるあまり自然と理想も高くなるので、常に頑張らなくてはならない状況になっているとも言えるでしょう。

もちろん、完璧主義であることや高い理想を掲げるのは決して悪いことではありません。

そのおかげで納得のいく結果に辿りつけたり、モチベーションを高く維持し続けられるのなら、何も問題ないでしょう。

しかし、完璧を求めるが故に無理をしてまで頑張るのはダメなので、自覚がある人はくれぐれも気をつけて下さいね。

自己評価が低い

頑張り屋な人は自己評価が低いという特徴もあります。

自分に自信がないから、頑張ることで自信をつけようしたり、自身の価値を見出そうとしているのです。

つまり、「人より頑張れることが自分の長所であり最大の価値」とか「一生懸命頑張ることで周りにも自分を認めて貰える」と思っている訳ですね。

そういう自己評価が極端に低い人というのは、自己犠牲の精神も持ち合わせている可能性が高く、自分の限界を越えてまで頑張りすぎてしまうことも珍しくありません。

本人は上手く頑張りをコントロールできないので、周りが気をつけてあげないといけませんね。

責任感が強い

頑張り屋な人は責任感が強いです。

「自分に任されたことは最後まで責任を持って成し遂げたい」とか「みんなの為or自分の為or最良の結果を出す為に、やるべきことはしっかりやるべき」といった思いが人一倍強いのでしょう。

そんな頑張り屋な人は責任感が強いだけでなく、真面目で正義感が強い一面もあると言えるかもしれませんね。

ただし、責任感が強いあまり無意識の内に自分を追い込んでしまうことも珍しくないみたいなので、「責任感の強い頑張り屋に自分も当てはまるかも…」なんて人は気をつけましょう。

心配症

頑張り屋な人は心配性な特徴もあります。

そして心配性だと物事をネガティブな方へ考えがち…。

そうやって最悪の事態を恐れ、「何かあった時の為に対処できる様に…」とか「万が一の時の為に…」などと考えて、色々と頑張って準備を万端にしておくのです。

ただし、周りにしてみたら「そこまでやらなくてもいいんじゃないの…?」と思うところまで徹底する節があります。

その分無理をしなければならないのは少し問題かもしれませんね。

まぁ本人にとっては頑張ることで安心感が得られる部分もあると思うので、無理をしすぎなければ大丈夫でしょう。

プライドが高い

頑張り屋にはプライドが高い人が多いという特徴もあります。

これは完璧主義な一面も関わっていると言えますが、プライドが高いから「失敗は許されない」「完璧でなくてはならない」と考え、そのプライドを保つ為に常に頑張る必要が出てくるのでしょう。

ただ、このタイプは頑張って評価されなかったときに、ものすごく傷つき一気に自信を喪失してしまう恐れも…。

何事にも一生懸命

何事にも一生懸命な人も頑張り屋になりやすいでしょう。

そういう人は自身を高める為に何事にも手を抜かず本気で取り組むので、周りからの評価も高いです。

ですが、人によっては「一緒にいると疲れる…」と感じるタイプとも言えるかもしれませんね。

何事にも一生懸命取り組み頑張り続けるのはすごいことだと思います。

しかし、上でも話した通り、常に全力だとエネルギーの消耗も激しいです。

それに、いざというときに最大の力を発揮できない恐れもあるので、適度に余力を残すことも大切でしょう。

人に頼むのが苦手

上でも触れましたが、頑張り屋な人は他人を頼ったり人に頼むのが苦手という特徴もあります。

他人に頼むことが上手くできないから、自分の限界を超えた仕事を1人で抱え込んでしまう訳ですね。

ちなみに、頑張り屋な人が他人を頼るのが苦手な理由には、「人に仕事を手伝わせるのは悪い、気が引ける」と考えてしまうパターンもあります。

また、「他人を頼るのはプライドが許さない」「人の力を借りなくても自分の力だけで成し遂げられる」と考えているパターンもあると考えられます。

他人を信用できない

頑張り屋な人が他人を頼りたがらないのは、単に他人を信用できないからという理由もあるかもしれません。

そもそも頑張り屋な人というのは、自分の努力だけで結果を出してきて、人に頼るという経験も普通の人と比べて極端に少ないのです。

つまり、相手を信じて任せるということにも慣れていなければ、他人に頼んだせいで余計なトラブルや失敗が発生したり、自分のペースを乱される状況にも慣れていない訳です。

上でも「頑張り屋な人は責任感が強く真面目な特徴がある」という話をしましたよね?

だからこそ、「他人に任せて失敗するくらいなら、自分がやった方が確実だろう」とか「どんな性格の人間か分からないor力量が分からない人間に、作業を手伝わせるのは危険だ」などと考えてしまうのかもしれません。

負けず嫌い

頑張り屋な人には負けず嫌いな一面もあります。

「色んなことに負けたくない」「弱点を作りたくない」という思いが他人より強いから、がむしゃらに頑張れるのでしょう。

そう考えると、負けず嫌いなのはプライドが高いというのにも関係していると言えますね。

そもそも、負けず嫌いには向上心が高いという特徴もあるので、「負けたくない」という思いはもちろん、自身をより高める為に頑張ろうとする気持ちもあるかもしれませんね。

我慢強い

頑張り屋な人は我慢強いという特徴もあります。

周りの空気を壊すのが嫌で自分の本音が言えなかったり、今以上に頑張る必要がないのに「もっと頑張らなくちゃ!」と自分で余計なプレッシャーをかけてしまうところもあります。

我慢強いせいで損をすることも多いかもしれませんね…。

頑張り屋な人が弱音を吐けずに辛い思いや大きなストレスを1人で抱え込んでしまうのも、我慢強さが悪い方に作用してしまったせいでしょう。

周りが気づいてフォローしてあげないと、あっという間に限界を超えて潰れてしまう恐れもあります。

人からの評価を気にする

上でも話しましたが、頑張り屋な人は周りからの評価を異常に気にする傾向にあります。

つまり、人に評価される為に頑張っている節があるのです。

確かに頑張る人は素晴らしいですし、好印象かつ魅力的に映るでしょう。

「頑張りを誰かに認めて貰いたい」という気持ちも理解できます。

ですが、他人の評価を気にして無理をしてまで頑張るのは少し問題ですよね…?

上で話した通り、無理をせず適度に頑張るには他人の評価を気にし過ぎない様にするのも大切になります。

それに無理をしてまで頑張らなくても、他人を大切にすることができれば周りの評価も自然と上がるもの。

人の評価が気になるということは、他人の立場で物事を考えることができるとも言えるので、他人を思い遣り優しくすることもできるはず。

また、他人と同じくらい自分を大切にすれば、誰からも好かれる魅力的な人になれるでしょう。

頑張りすぎも良くない!肩の力を抜こう!

今回は、“頑張る方法5個”と“頑張りすぎない為の方法7個”、さらに“頑張り屋な人の特徴10個”についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

特に日本人は何事にも一生懸命頑張りたがります。

“頑張ること=良いこと・美徳”と捉えられている節があります。

中にはそこまで頑張らなくても何でも卒なくこなしてしまう器用な人も存在すると思います。

ですが、恐らく同じ様に目標に近づいたり結果を出したとしても、周囲はより頑張った人の方を評価するでしょう。

だから、多くの人は自分の限界を超えてまで頑張りすぎてしまうのかもしれませんね。

しかし上でも説明した様に、かなり無理をしている自覚がありながら頑張るのは良くありません。

そんな風に頑張り続けても、きっと良い結果には辿り着けないでしょう。

頑張って良い結果を出すには、適度に肩の力を抜くことが何よりも重要なのです!

みなさんも頑張りすぎには気をつけて、上手くモチベーションをコントロールできる様になりましょうね。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718