CoCoSiA(ココシア)

「俺が守ってやる!」と男性が思う8個の瞬間とそう思う心理


男性は、素敵な女性や可愛らしい女性を目の当たりにしたときに「守ってあげたい…。」と思うところがあります。

しかし、女性にとって男性に対して「守ってもらいたい」と思う瞬間は少ないのではないでしょうか?

今回は、そんな男性から「俺が守ってやる!」と思わせる瞬間や、男性が女性のことを守りたいと思う心理についてご紹介していきます。

男性に「守ってあげたい」と思わせることで、2人の恋が急発進するだけでなく、これまでお付き合いしていた人は彼氏から熱い愛情を感じることでしょう。

男性は女性を守ってあげたい生き物!その心理とは?

男ならいちどは大好きな女性を目の前にして「守ってあげたい!と思う事は自然な流れなのかもしれません。

また、男性に守ってあげたいと思わせることで2人の愛が深まるだけでなく今後2人のお付き合いに影響及ぼしてしまうことも考えられます。

女性はか弱い部分をなかなかうまく表現することができません。

また、自分がか弱いところ表現したいと思っていてもなかなか男性にうまく伝えることができないこともあります。

しかし男性に1度でも守ってあげたいと思わせることができることで、2人の愛情がさらに深まるものになるかもしれません。

2人がいつまでも仲良く過ごしていくことができるためにも、マンネリ化だけは避けたいところです。

これまで、マンネリ化をしてきたなと感じるカップルでも男性に対して、守ってあげたいと思わせることができます。

あなたのやり方や取り組み次第で男性に「守ってあげたい女子」と思わせることができるようになるかもしれません。

「俺が守ってやる!」と男性が思う8個の瞬間

さて、ここからは「俺が守ってやる!」と男性に思われる瞬間についていくつかご紹介していきます。

そんな瞬間を事前に理解し知っておくことであなたのことを守りたいと思わせることができるかもしれません。

2人のベストタイミングを狙い素敵な瞬間が訪れるよう心構えをしておかなければなりません。

また、いつでもそんなベストなタイミングが訪れてもいいようにあらかじめ心構えとともに準備しておくと良いかもしれません。

「俺が守ってやる!」と思える女になるために、ぜひこの瞬間を逃さないようにしておいてくださいね。

1.悩みを打ち明けられたとき


女性から悩みを打ち明けられたとき、そんな女性の弱い姿を見たときに「俺が守ってやる!」と、思うことがありそうです。

しかし、その悩みも自分勝手なものではなく女性が我慢して耐え抜いた結果、悲しい結果となってしまった場合など、相手の男性に対してどうしようもなくなってしまった時などに話をすることで、守りたい気持ちになることがありそうです。

あなたの悩みが大きければ大きいほど、相手の男性を困らせてしまうことにならないかと心配になってしまいます。

ですが、男性は、そんな悩みを打ち明けられたときに自分が力になりたいと感じる人も多いのではないでしょうか?

涙を流しているとき

特に、女性が悲しみ涙を流している姿を見て放って置けないところもあり、また涙を流す姿を見るだけで「守ってあげたい」なんて思うこともありそうです。

男性は、女の涙に弱いところもあります。

涙を流している姿を見ると何かしてあげたい気持ちになることもあり、女性が悲しかった時の気持ちを聞くだけで、どうにかしてあげたい気持ちになります。

ただし、すぐに泣くなく女性や涙を武器にしているような女性はいくら泣いても男性の心に響く事はありません。

普段泣かないような強い女性がふとした瞬間にみせる涙の姿が、強く男性の心に残るのです。

何かあるたびにすぐに泣いていたり泣き虫な女性に対して、多くの男性は守ってあげたい気持ちにならないようですね。

2.一生懸命に何かに取り組んでいるとき

一生懸命何かに取り組んでいる時、素敵な姿に見えていることがあります。

また何かに取り組む姿を見ることで、あなたの素敵な一面を見ることができます。

普段あなたがおちゃらけていても一生懸命何かに取り組む姿を見たり、あなたの真剣な表情を見ることで、相手はそんなあなたの一面を見て「守ってあげたい」と感じることもあるようです。

このように、一生懸命何かに取り組んでいたり真剣な姿を見せることで見ている男性の心を揺さぶるだけでなく、あなたの真剣な姿に胸がキュンキュンすることでしょう。

いつもふざけてばかりいるあなたでもときには真剣な姿がギャップになりそんな一面をかっこいいと思うすることもできます。

3.男として頼られたとき

男として頼られた時に、男性は相手の女性のことを「守ってあげたい」と思うようになります。

例えば、重たいものを持ち上げて欲しい時など、男手が足りないと感じたときに、男として頼ってみてはいかがでしょうか?

男として頼られた時に、男性は嬉しい気持ちになります。

また、男として頼られたことに対し、あなたのこと異性として意識するようになるかもしれません。

さらに、男として頼られた女性に対して、また何かあれば頼ってほしいと思う気持ちになることからあなたのことを「守ってあげたい」などと思う気持ちになるのかもしれません。

このように、男として頼られた時、嬉しい気持ちになるばかりでなく男らしさをアピールできたことや、あなたから男らしいと思われていると思う気持ちもあり、どうにかしてあげたい気持ちになるようです。

4.困っているところを見たとき

女性の困っているところを見たときに、守ってあげたい気持ちが強く現れてくる場合があります。

困っている姿や泣いている姿を見たときに、男性は「自分がどうにかしてあげなければならない!」などと思うこともありそうです。

そんな時に、あなたに頼られれば、二つ返事で「yes!」と答えてくれることでしょう。

このように、あなたが困っているところを見たときは、女性が困っている姿を見たときに、助けたい気持ちになるだけでなく女性から助けを求められることで、より自分の力を発揮したいと思う気持ちになるようです。