CoCoSiA(ココシア)

「兆候」とは?意味や使い方、「徴候」との違いや使い分け方を解説


私たちが普段扱っている言葉の中には意味が同じようなものがたくさんあります。

頭の中で二つの言葉が思い浮かび、どちらを使うのが正しい選択なのか悩んだ経験がある方も多いと思います。

しかし、同じような言葉の意味として解釈されながら、実は若干の違いがあるような言葉が多いのも事実です。

だからこそ、普段よく使うような言葉などは意味の違いを正しく把握しておくことが求められます。

状況によっては言葉の使い方をちょっと間違えるだけで相手に対して失礼な印象を与えてしまうことにもなりかねません。

また、間違った言葉遣いがきっかけで相手から信頼がなくなってしまうこともあります。

ビジネスの場面においては、特に言葉の選択は重要なので、ある程度の知識を身に着けておいて損にはなりません。

そこで、今回は似た意味を持つ言葉として兆候という言葉をテーマにして、兆候と徴候のいいの違いについてご紹介していきます。

どのような違いがあり、どのような場面で使うべきなのか、正しい知識を身につけましょう。

兆候とは?


兆候という言葉を聞いたことがある方はとても多いと思います。

文書で見たことがあるという方も多いですし、会話の中でも用いたことがあるという方もいらっしゃるはずです。

それぐらい兆候という言葉は一般的な言葉であり、よく使われる言葉でもあります。

しかし、兆候という言葉と徴候という言葉は非常によく似ており、どのような違いがあるのか把握されていないことも多いです。

人によってはごちゃまぜで使ってしまっているという人もいるはずですし、違い自体が存在しないと思っている人もいます。

そこで、それぞれの言葉の違いを理解するために、まずは兆候という言葉の意味についてご紹介していきます。

兆候という言葉の意味と、徴候という言葉の意味を正しく把握し、どのような違いがあるのか比べて考えてみましょう。

兆候の意味とは?

兆候という言葉にはどのような意味があるのかと言うと、「物事の起こる前触れ」という意味が存在しています。

何かしらの物事が起きる前はそれに伴って何かしらのサインが現れることが多いです。

例えば、一つ例を挙げるとすれば雨が降ってくる前は天気が怪しくなる傾向にあるので、だんだんと天気が曇ってくるようになります。

晴天の状態でいきなり雨が降ってくることはあまりなく、たいていの場合雲が怪しくなったり、暗くなったりすることが雨が降る前の兆候であるといえます。

これは日常生活を過ごしていれば、誰しもが経験から理解できるようになるはずです。

このように、物事の起こる前触れのことを兆候という言葉で表現できるといえます。

これは天気だけではなく、もっと広い様々なことに対しても同様に用いることができます。

例えば、相手が自分に対して怒ったりする際にも、相手の期限が悪くなるなどの兆候が見られますよね。

いきなり何の前触れもなく怒り出す人は普通はおらず、だんだん不機嫌になったり、相手の態度や行動などからその兆しが見えてくるのが一般的です。

このように、幅広い意味合いで用いることができるとても便利な言葉です。

兆候の類語は?

兆候という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

兆候という言葉はあまり難しい言葉の意味はなく、日常的な会話の中でも用いることがよくある言葉なので、本来の意味が分からない方はあまりいないと思います。

では、兆候という言葉の意味について触れたところで、ここからは兆候という言葉と同じような意味を持っている言葉について考えていきましょう。

兆候という言葉と同じような意味を持っている言葉を考えてみると、いくつか該当する言葉があります。

普段自分自身が用いている言葉の中には、必ず兆候という言葉の意味を言い換えた言葉を使っているはずです。

それらの言葉についても改めて把握しておくことで、より兆候という言葉の理解を深めることができます。

様々な言葉に組み合わせて上手に表現することもできますので、この機会に似た意味を持つ言葉も確認しておきましょう。

前兆

兆候という言葉と似たような意味を持つ類語として「前兆」という言葉が挙げられます。

先ほどご紹介したように兆候という言葉は「物事の起こる前触れ」という言葉の意味があります。

では、物事の起こる前触れという言葉を別の言葉で表現するとすればどのような言葉があるでしょうか。

多くの形が想像する言葉として「前兆」という言葉が挙げられるはずです。

前兆とはどのような言葉の意味があるのかというと、「ある物事が起ころうとするきざし」という言葉の意味があります。

または、「ある物事が起ころうとする前触れ」という意味でも表現することができます。

この意味を比較して考えてみると、すでに兆候という言葉の意味と同じであるという点に気が付くはずです。

物事が起ころうとしている兆しも、意味合いとしては前触れという言葉とほぼ等しいため、結果的に同じような意味を持っている言葉であると考えることができます。

なので、前兆とは兆候という言葉と同じ意味を持つ類語として判断することができます。

実際に、兆候という言葉と前兆という言葉を言い換えて使ってみても、同じような意味で用いることができるはずです。

何かが起こる前兆、何かが起こる兆候、両者の言葉は同じ意味で解釈することができるため、等しい意味を持つ言葉同士だといえます。

兆し

次にご紹介する兆候という言葉と似たような意味を持つ類語として「兆し」という言葉が挙げられます。