CoCoSiA(ココシア)

男と女で態度が違う女の10個の特徴と心理


男と女と態度の変わる女性って、見ていていらっとするところがありますよね。

それがあなたの身近にいる女性ならなおさら付き合いたい気持ちになりません。

また、男と女で態度が変わる女に対して周りがどのように感じているのでしょうか?

こちらの記事ではそんな男性に対してとる態度、女性に対してとる態度が違う女について詳しく掘り下げてリサーチしていきたいと思います。

そんな厄介な女の心理や特徴を知ることで、あなたにもその被害が被らないよう気をつけていきましょう。

また、そんな女の状態を早く見破ることで、あなたが被害が受けることを避けることができます。

少しでも男女で態度が違う女だと感じるような人に出会ったときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男と女で態度が変わる女って何なの!?

男と女で態度の違う女って、はっきりって腹が立ちますよね。

また、男の前では甲高い声で周りに聞こえるように楽しそうに話をする姿に、しらけてしまうこともありそうです。

また、男の前では甲高い声で話すくせに、女の前になると素が出てしまい、横柄な態度をとっていたり、人の悪口ばかり言うような女に、呆れてしまうこともありそうです。

そんな男と女で態度が変わる女の特徴を知ることで、あなたが嫌な思いをすることがなくなるかもしれません。

また、そんな女は周りからどのように思われているのか非常に気になりませんか?

男と女で態度が違う女の10個の特徴とは

それではここからは、男と女で態度が違う女の特徴についていくつかご紹介していきます。

男と女で態度が違う女の特徴を知ることで、よりあなたが腹を立てている女の正体がわかることもあります。

男と女で態度が違う女の特徴を知り、ぜひそんな女から被害を受けないよう、特徴をしっかり捉えておきましょう。

自分に自信がある

自分に自信があり、かつナルシストなところがあります。

そのため、周りの女子より自分が可愛く、優れていると思っているところがあります。

そのため、発言や話し方など、女性に対して上から目線や威圧感ある態度になることもあります。

また、鏡や窓などに自分の姿が映るのを見て、ヘアセットや化粧崩れなどをいちいち確認している事もあります。

さらに、自分に自信があるので、自然と周りを見下した発言や言動をとることも。

勘の鋭い人であれば、すぐに自分に自信があるナルシストな女だと見抜くことができるでしょう。

さらに、自分に自信があることでナルシストっぷりが出てしまうだけでなく、自分より優れた相手や可愛い相手に嫉妬し、攻撃してくることもありますので、気をつけたいところです。

ステータスを気にする

今自分が置かれている状況や人の目がとても気になるところがあるようです。

特に、自分のステータスを気にするところがあり、自分が他の人よりお金持ちだったり裕福な家だと言うことをアピールしたがる傾向があるようです。

また、それ以外にもリア充している様子を周りの人に見せつけたい気持ちも強いことから、いつも自分からたくさん発信している事でしょう。

さらに、周りから羨ましいと思われたい気持ちが強いことで、Instagramにたくさんの素敵な景色やかわいいスイーツなどをアップして、周りにアピールしていることでしょう。

さらに、必ず男性と一緒に撮影していたり、ブランド物の写真などアップしていたりすることから、周りに自分のステータスをアピールしていることでしょう。

また周りの反応を気にしたりするところもあるようです。

SNSの更新頻度が高い


特に、周りに自分のステータスをアピールしたい気持ちが強かったから、SNSの更新頻度が高いことが挙げられます。

また、みんなに自慢したいような写真ばかりを発信しますので、本物の内容かは分からないところがあります。

つまり、あまり仲良くない男友達でも仲が良さそうに撮っている写真をアップしていたり、レンタルしたブランド物を自分のものかのように写真にアップしていることも考えられます。

さらに、いいね数が気になるところもあり、他の女子と比べるところもあるようです。

物事を損得で判断する

特に、物事を損得で判断しやすい傾向があります。

そのため、自分が得をするのか?ばかりに考えがいってしまうため、やや計算高く思われてしまうこともあります。

さらに、自分が得することを中心に考え行動していきますので、相手が損をすることに対し何の躊躇もありません。

いつも、自分が優位に立てるよう行動しているところもあります。

また、物事を損か得かで判断してしまうことで、考える幅が狭まってしまいます。

それに、長くお付き合いしていくことで損得を考えていることがいう事がバレてしまい、周りの人たちが離れていってしまうことも考えられます。

常に他人と自分を比べている

特に、物事を損得勘定で判断してしまうので、自分が常に得することを考えたり、自分が優位に立つことを考えたりしてしまいます。

そして、いつも他人と比較をしていて、常に他人の行動や言動が気になっています。

自分が今どの位置にいるのか、また自分が他人より優れているのか、などを常に気にしています。