彼のいいところを見つけて、好きになり、そしてめでたく両思いになってカップルに…。

そこへ行き着くには、もちろん彼もあなたのことを好きになってくれたから恋人となることができたわけです。

しかし、いざ交際が進んでいくと、ふと彼の気持ちが分からなくなってしまうことってありませんか?

最初のほうは彼も愛情表現をわかりやすくしてくれていて、会うたびに「好きだよ」「愛してる」という言葉をくれていましたよね。

スキンシップだって会うたびにしていたし、どんなときも彼はあなたを「可愛いね」と言って褒めてくれていたはずです。

言葉にして「好き」「可愛い」と言われると、無条件で嬉しい気持ちになりますし、彼の愛情を一心に感じ取ることができるものです。

しかし、そんなラブラブ絶頂期を過ぎて・・・交際が数ヶ月、数年と時を重ねていったら、彼のほうもあなたとの付き合いに慣れてしまったので、だんだん愛情表現をしてくれなくなります。

まさにこれが、男と女の恋愛脳の違うなのですが、男の「釣った魚にエサをやらない」という行動にまんまとかかってしまったのです。

愛情表現をわかるようにしてくれないというのは、女性にとってときに交際をしていて不安を感じることも多いですよね!

逆に女性は彼との交際期間が長くなるにつれて、「好き」という感情がどんどん強くなっていく生き物です。

彼女の彼氏への重くなっていく愛情と彼氏の冷めきった行動が、まさにぶつかり合うので、それはもう彼女は不安で不安で仕方がなくなります。

そんなとき、はっきりと彼に「私のことどう思ってるの?」「今でもちゃんと好き?と聞けたら良いのですが、なかなか彼に本音を聞くのは勇気がいることですよね。

今回は、実際に彼に本音を聞くときの5個の注意点についてご紹介させていただきます!

本音を聞く前に気をつけたほうがいいところをチェックして、地雷を踏まないように気をつけましょうね!

男女は親しき仲にも礼儀があるべき?!

付き合っている男女が、お互いのことを1番理解し合っていて、なんでも知っていたい!と思ってしまうのは、じつはかなり危険な考え方です。

もちろん恋人同士ですから、他の異性よりも特別な存在であることは当然です。

しかし、たまに特別な存在であるからこそ、相手のことをたくさん知っていなくてはいけない、相手のことを誰よりも理解していたいと思ってしまいます。

そして、その気持ちを相手に強要してしまってそれが束縛や執着に繋がってしまうケースも少なくありません。

両思いのカップルだとしても、どんなに硬い絆で結ばれていたとしても、デリカリーのない言葉や行動は、彼氏に嫌われてしまいます。

どんな親しき仲でもある程度の礼儀は持ち合わせて付き合うよう気をつけましょう!

互いに全て本音で話せる関係を構築するのは大変

現代の人間社会では、人が人に気を遣いすぎる傾向にあります。

たとえそれが身内の家族が相手でも本音で話すことは難しいと感じている人が多いようです。

家族にですら本音で話せないのですから、学校の友達や会社の人相手では尚更難しいですよね。

そんな環境が影響していることもあり、うつ病やストレスで病気になってしまう人も少なくありません。

では、恋人同士の場合はどうでしょう?

パートナーとまだ出会ったばかりのときは、上記の通常の人間関係の構築と同じように相手にとても気を遣っています。

相手になんとしてでも自分のことを好きになってもらいたいので、もしかしたら他の人よりもたくさん気を遣う存在かもしれません。

それが恋人同士の関係になってすぐに気を遣わなくなるのかといえば、そうではありません。

自分の全てをさらけ出し、本音で話せるような関係になるのは、考えているよりもすごく大変なことなのです。

そこに至るには何年もかかる

それでも、恋人というのはときに家族よりも自分と距離の近い存在です。

そのため、交際をしてから数年の月日がたてば、だんだんと気を遣わない関係に自然となってくるものですよね。

長い間一緒にいれば、喧嘩もしますが当然仲直りもします。

喧嘩をしても別れることなくまた仲直りして元に戻るというのは、とてもすごいことです。

これは絆が強くなければ、喧嘩がきっかけで簡単に別れることだって十分にありえることなので、仲直りをするというだけで他の人よりもお互いを大切に思いあっている証拠なのです。

その繰り返しこそが、相手にもう気を遣わなくても大丈夫という安心感に繋がるのでしょうね。

そこに至るまでにはもちろんたくさんの時間がかかることですが、辛抱強く待っていましょうね♩

言いにくいし聞きにくいのには理由がある

さて、では長年一緒にいて気を遣わないという素晴らしい関係になったのに、今度は関係に慣れ過ぎて彼の気持ちが分からないという不安に陥ることがあります。

自分も彼に気を遣わない代わりに、彼のほうもあなたに気を遣わなくなったので、わざわざ言葉で愛情を伝えたり、プレゼントをサプライズしたり、あなたの容姿のことを褒めたりする必要がなくなったということなのでしょうね…。

それならば、彼に自分から「わたしのことどう思ってるの?」とはっきり聞いてしまえばよいのですが、どうしても言いにくいし聞きにくいものです。

それはなぜなのでしょう?

相手を傷つけたくいという気持ち

まず、彼に本音を聞きにくい理由としては、相手を傷つけたくないという気持ちがあるからです。

「わたしのことどう思ってるの?」と聞くことは、分かりやすくいえば彼に対して「不安な気持ち」があることを彼に伝えてしまうことになります。

もしも彼は誠心誠意、彼女のことを心から愛してるとして、それを日頃の行動で示していたつもり、彼女も当然自分の気持ちを理解してくれているだろうと思っていたとします。

すると、突然彼女から思いがけない質問をされた彼はとても傷つくことでしょう。

そのことがわかっているからこそ、聞き出しにくいものですよね。

彼は傷つくかもしれないですが、今の彼女の不安な気持ちは彼が愛情表現がしきれていなかった証ですから、勇気をだして聞いてみてもいいと思いますよ。

相手に対する疑念

彼に本音を聞き出しにくいのは、彼に対する大きな疑念がある場合もあります。

それは、まさしく「彼はもしかしたら私のことをもう好きじゃないのかもしれない」という疑念です。

大好きな彼にそんな疑念を抱いたら、本音を聞くのはとても怖いものですよね。

もしくは、「じつは他に好きな人ができたんだ」と言われたり、今までは彼が決まりきらずにズルズル交際していたのに、本音を聞き出したのをきっかけに本当に別れ話をされてしまうことも大いにあります。

そんな不安もあると、「わたしのことどう思ってるの?」なんていう本音をなかなか聞けないものです。

しかし、そんな疑念があるからこそ、彼に本当の気持ちを確かめるべきなのです。

彼が本当にもう彼女を愛していないのなら、今のまま付き合っていても本当にお互いに幸せにはなれません。

気持ちをすっきりさせて、新たな関係を築くためにも勇気をだしてくださいね。

相手の愛情を感じられない

彼が自分のことをどう思っているのか分からないと、不安なうちはまだ可愛いものです。

これがもし、「絶対に彼は私のことをもう好きではない」と確信になっているときは、その本音をわざわざ彼に聞き出すのはとても怖いことですよね。

聞けば必ず別れはついてくるというのが自分でもわかっている場合は、本当に彼を失う心の準備がないと行動にうつせないものです。

そんなときは、自分の心が落ち着くまで彼の本音は聞かずに待っていると良いでしょう。

いずれにしても、彼のほうから何かアクションを起こしてくるかもしれませんよ。

互いに気を遣い過ぎている

いくら恋人同士でも、いつまでたってもお互いに気を遣い過ぎているカップルというのは相手の本音がまったくみえないものです。

それは、どんな言葉をかけてもらっても、相手が自分に気を遣っていることを自分も気づいているので、それを彼の本心であると受け止められないからです。

相手が自分に気を遣い過ぎているせいで、彼が自分のことを本音でどう思っているのか分からないため、そのことを聞いても、本当の答えを彼は自分に言ってくれるだろうかと不安があるのでしょう。

お互いに気を遣い過ぎているうちは、真実の愛は見つけられないので、まずは彼に本音を聞く前に彼女のほうも彼に本当の自分を見せることをおすすめします。

気が弱くて勇気がない

よくありがちなパターンですが、彼女のほうが気が弱く、彼がグイグイ系の強気な性格の場合は彼女は彼にハッキリと本音を聞く勇気が出ないことがあります。

気が弱い女性は、彼氏相手じゃなくても自分の言いたいことを人に伝えることが苦手です。

そのため、彼の気持ちが分からず不安な気持ちでいっぱいになったとしても、なかなか自分のその不安な思いを口にすることができません。

しかし、不安な気持ちを抱えたまま我慢して付き合うのには限界があります。

自分が好きになった彼のことを少し信じてみてありのままの思いをぶつけてみましょう。

もしかしたら安心する答えが返ってくるかもしれないので、そうなればその次からの彼との交際は幸せいっぱいのはず♩

男は「言わなくても分かるだろう?」と思っている

交際していると、いつも不安になるのは女性のほうが多いですよね。

それは、女は愛情表現をわかるようにするけど、男は「言わなくても分かるだろう?」と思っていて態度に示さないからなのでしょう。

さらに、今回のように付き合っていた当初はあんなに彼は愛情表現をしてくれたのに、付き合いが長くなるとそれがなくなってきたというのは、悲しいことに男と女の脳の違いなのです。

男は恋愛関係が長くなれば長くなるほど刺激がなくなり飽きる生き物。

逆に女は、恋愛関係が長くなれば長くなるほど、もっと相手を好きになる生き物なのです。

女の方が依存しやすいのもここの恋愛観に違いがあるからなのでしょうね。

彼に本音を聞く時の5個の注意点

彼に本音を聞くのは正直とても駆け引きではあります。

しかし、いくら悩んでグズグズしていても、いろいろな不安が頭をよぎっていても、実際に本人の口から本音を聞かないといつまでたっても関係は変わらないままです。

そして、彼女のほうも今の状況に納得ができないものです。

それならば最低限のリスクを回避しながら、思い切って彼に本音を聞いてみるのが最善策でしょう。

では実際に、彼に本音を聞くことになった場合の最低限の注意点をご紹介しますね。

取り乱して聞くのは絶対NG


これはメンヘラ女子や、病んでいる女子、そして自分に余裕がない場合にしてしまいがちなNG行動ですが、まず気持ちを取り乱して聞くのは絶対にやめましょう。

「彼の気持ちがわからない!」
「もしかして浮気してるんじゃないの!?」
「私のこと、どう思ってるのよ!?」
「別れたいならそう言って!」

彼の気持ちがわからなすぎて不安でいっぱいになってしまうと、このようについ平常心を保てずに自分の気持ちを取り乱して言ってしまいたくなりますよね。

しかし、これをすると男性にはとくに逆効果ということを理解しておきましょう。

彼がドン引きしてしまう

まず、取り乱してこのような発言をしてしまうと、彼は彼女に対してかなりドン引きをします。

男性はとくに、ヒステリックになったりする女性が苦手で、とても怖く感じていたりします。

ただでさえ、交際にも慣れてきて彼女への気持ちが当初よりも少し冷めてきているのに、彼女からこのように取り乱されたら、100年の恋も一瞬で冷めてしまうことでしょう。

ドン引きされないように、まずは冷静になりましょう。

精神的に問題があると思われる

自分では気がつかないものですが、女性が取り乱しているときのその姿は、まるで精神を患った病気です。

彼氏から見たら「俺の彼女、精神的にやばい奴だったんだ」と誤解されてしまうこと間違いなしです。

不安な気持ちを彼に押し付け、自分の感情でいっぱいになる気持ちは分かりますが、そんな姿の彼女を見ている男性の立場になってみてください。

「頼むから落ち着いてくれ・・・」と伝えたいけど、彼女は取り乱しているのでまったく聞いてもらえない。

何を言ってもひどい男扱いをされる彼。

こうなってしまうと、取り乱し、ひたすら泣きまくる彼女を見つめるその彼の瞳は絶望しかありません。

少しだけ冷めていた恋愛感情に決定打をだしかねない状況になってしまうので、彼の立場になって落ち着いて話をするように心がけてみてくださいね。

率直に「私のことどう思ってるの?」と聞いてみる


ややこしい遠回しな言い方は無しにして、はっきりと「私のことどう思ってるの?」と冷静に聞いてみるのが1番おすすめです。

不安な気持ちから、つい遠回しな言い方で彼の気持ちを探ろうとしたりしてしまいがちですが、遠回しな言い方は男性には通用しません。

もっとモヤモヤする結果になりかねないので、率直に聞いてみたほうが、はっきりとした答えがかえってきて話し合いがしやすいと思います。

怖いと思いますが、勇気をだしてみてくださいね。

こちらからも彼をどう思っているか伝える

彼に本音を聞くときに、もしかしたら彼の本音は彼女を傷つける言葉になるかもしれない。

または、彼のほうもずっと彼女の気持ちが曖昧に感じていて、意固地になって自分から愛情表現をわざとしなかった・・・というケースも考えられます。

そのため、まずは彼女のほうから折れてみてください。

自分がどれだけ彼のことを愛しているのかを先に伝えてあげると良いでしょう。

男はプライドが高い生き物です。

自分だけ、言いにくいことを言わされるのは嫌な気持ちになることもあります。

そのため、彼女が可愛らしく「私はあなたのことを大切に思ってるのだけど、あなたはどう?」と聞いてみてください。

聞きにくいことだからこそ、頑張ってみる価値がありますよ。

何でも言い合える平等な関係を築こう

パートナーに本音でぶつかり合いたいのなら、お互いに何でも言い合える平等な関係を築きましょう。

カップルによっては、どうしても力関係があって、相手に片方だけが相手に気を遣ってしまったり、お互いにありのままの自分を見せられないまま薄っぺらい交際を続けていたりします。

しかし、そんな関係はいつか終わりがやってきますし、何も実にならない交際は続けていてもときに苦しいだけだったりしますよね・・・。

お互いに何でも言い合える、まるで夫婦のような関係を頑張って築けるようになれば、彼の本音だって簡単に聞き出すことができて、悩みのない爽やかな交際を続けることができるでしょう。

良いところだけでなく悪いところも伝えて互いに直す

パートナーのいいところを見つけて、お互いに最初はそこに惹かれ合い恋に落ちます。

しかし、付き合っていくとだんだんと自分も相手も、悪いところも見えてきたりしますよね。

彼の本音を聞き出し、自分の思いを伝える前に、もっと最初からお互いに交際の妨げになるような悪いところを直しあっていれば、もっともっとラブラブな関係が続いたかもしれません。

彼の気持ちも薄れてしまうこともなかったかもしれません。

交際がはじまったら、時間をかけてお互いの良いところも悪いところも知っていき、お互いに悪いところは指摘しあって直すということをやっていけば、お互いの本音も簡単に伝えることができるはずです。

そして平等な関係が築くことができるので、次に恋をしたときにはぜひ取り組んでみてくださいね。

直接聞きにくければ理想や好きなタイプを聞く

付き合っている男女といっても、どうしても彼に聞きにくいという人は、少し遠回しなやり方ですが彼の理想や好きなタイプを聞いてみるというのもいいと思います。

これにより何がわかるのかというと、たとえば彼が彼女に対して気持ちが本当に冷め切っているのなら、彼女とは真逆の人を言ったりするはずです。

そして遠回しに「君もできればそういう女性ならよかったんだけどね・・」と言わんばかりに比べた言い方をしたりされることもあります。

しかし、逆にまだ気持ちが冷めていない場合は、少しでも彼女に当てはまるような特徴を言ってきます。

その場合は、今は少なからず彼女は彼の理想のタイプに当てはまっているため、嫌われてはいないはずです。

もしも彼の好きなタイプが本当は彼女に当てはまらないタイプでも、きちんと彼女に配慮しながら答えるはずなので、この質問をすればだいたいの彼の気持ちを読むことができるでしょう。

どうしても彼に今「わたしのことどう思ってるの?」と聞きにくいのなら、「好きなタイプはどんな人?」という質問に変えてみてもいいかもしれません。

その答えに近づけるよう努力する

彼から好きな女性のタイプを教えてもらうことができたら、あとは簡単です。

彼との愛を修復させ、付き合った当初のようにラブラブになりたいのならば、その彼の理想に近づけるように努力をしてみることです♩

彼の理想の女性にもしも彼女が当てはまっていない場合、やはり気持ちは冷めていくでしょうし、もしも理想のタイプの女性が他に現れたときに完全に負けてしまいます。

彼の愛をつなぎとめておくためには、少しでも彼の理想の女性になっておく必要があります。

頑張って彼の理想の女性へと努力し、彼氏が骨抜きになってしまうくらい惚れさせてしまいましょう♩

彼の気持ちを疑うような態度を見せない

彼の気持ちが分からなくてどうしても不安なときもあると思います。

それでも、どんなときでも笑顔いっぱいで彼の気持ちを疑うような態度を見せないようにしていれば、彼ももしかしたら心を改めてくれる可能性があります。

愛情を疑われていると知ると男は冷める

女が彼氏の愛情を疑っているときというのは、どうしてもその不安な気持ちが彼氏の重荷になってしまうことが多いです。

不安な気持ちを言葉で押し付けてしまったり、彼氏をつい監視してしまったり、束縛するような行動をとってしまたり、不安なときにしてしまう彼女の行動は、じつは男の気持ちをどんどん冷めさせてしまうのです。

なるべくならば、平静をそよおって、どんなに不安だとしても彼の気持ちを疑うような態度をみせないようにしたほうが、得策かもしれませんよ。

「私のことどう思ってるの?」と思いがちな女子の特徴

世の中には、愛情表現に無頓着な彼氏でもまったく不安にならないタイプの女子と、そんな彼氏の態度が不安になってしまうタイプの女子に分かれます。

同じ女なのに一体なにが違うのでしょうね?つい彼氏の気持ちを疑ってしまいがちな女子の特徴をご紹介します。

嫉妬心が強い

たとえば、人よりも嫉妬心がとても強いタイプの女性は彼氏の気持ちや態度に過剰に反応してしまうことがあります。

嫉妬心が強いと、どんなときでも彼氏の気持ちがパーフェクトに自分に向いていないと彼女は満足することができません。

彼氏の曖昧な態度や、愛情を感じられない発言を見つけたりすると、とたんに機嫌が悪くなり彼氏を責めたりします。

嫉妬から疑いを持ち始めたら、「もしかして浮気してるんじゃないの?」と自分の妄想も始まってしまうためとても厄介です。

彼氏の態度が本当に心が離れていることを示しているのか明白ではないうちは、なるべくなら今までと変わらない態度で接するようにしましょう。

彼に他の女子と関わって欲しくない

嫉妬心が強いタイプの女性は、独占欲がとても強い人が多いと思います。

もちろん自分以外の女子を特別に扱うなんでありえませんが、仮にそれがただの女友達や同僚だとしても大反対することがあります。

嫉妬心が強い分、彼氏への監視や束縛も強くなってしまうことが多いので、この場合は彼氏のほうの気持ちもさらに冷めてしまうことがあるため、行動には気をつけたほうが良いと思います。

プライドが高く特別扱いして欲しい

「わたしのことどう思ってるの?」と思わず彼氏に聞いてしまうようなタイプの女子は、プライドがとても高く、どんなときも自分が1番でいたくて特別扱いをしてほしいと強く願っているタイプが多いです。

プライドとは女子の場合とても厄介で、素直になることができない要因にもなってしまうため、彼氏との衝突も起きやすく上手に交際をすることが難しいです。

大事に扱ってくれないと腹が立つ

たとえばプライドが高い女子の場合、彼氏の愛情表現が足りなかったり、自分が彼氏に大事に扱ってもらってないと感じると、それで腹を立てるタイプの人が多いようです。

気が強い人も多いので、その怒りを彼氏に言葉や態度でぶつけるため、喧嘩へと発展しやすいのも特徴の1つです。

恋人なので彼氏に特別扱いしてほしいという気持ちは分かります。

ですが、不安が怒りになってしまっては本末転倒なので、なるべくなら腹を立てずに穏便に彼氏と話し合いをすることをおすすめします。

ネガティブ思考

自分のことをどう思っているのか不安になってしまうような彼女は、かなりのネガティブ思考であることが多いです。

どんなに彼氏の行動や言葉に、付き合った当初ほどの愛情を感じなくてもこれがポジティブな女子ならばそこまで深く考えることはありません。

たとえば、彼のメールの返信が遅くなったとしても「今は忙しいんだろうな」としか思わなかったり、デートの回数が減っていっても逆に自分も女友達と遊ぶ予定を入れたりと、つねに前向きに考えることができます。

彼の言動の裏を読んでしまう

では、どうしてネガティブな思考になってしまうのでしょう?

彼氏も彼女のことが好きだから恋人という存在であるわけですが、それでもこのタイプの女子は好きという愛情表現が分かりやすくないと不安を感じるわけです。

そうなってしまう理由としてとくに多いのが、彼の行動の裏をあえて読んでしまうからです。

たとえば、彼が本当に仕事が忙しくて来る日も来る日も残業が続き、休日すら出勤が多くデートがなかなか出来なかったとします。

これを彼氏は「ごめん、仕事が最近忙しくて」と彼女に謝るわけですが、ネガティブなタイプの彼女は本当にこれが仕事だとは思いません。

「付き合った当時は毎日でも会いにきてくれていたのに。仕事なんてきっと嘘だ。もう私とそこまで会いたくないからに決まっている」と、彼の言葉を信じないのです。

これは、もしも彼氏の言葉が本当なのだとしたらとてももったいないことなので、なるべくならば彼氏の言葉を信じてみましょう。

自信が無さすぎる

恋愛に夢中になると、たくさん彼氏に自分のことを愛していてほしいと思うものですよね。

しかし、自分に自信がないタイプの女子は彼氏の愛情が分かりやすいくらい伝わってこないと、途端に不安になるものです。

それは、自分に自信が無いということが原因です。

「自分のことをいつまでも彼氏が好きていてくれるはずがない」「やっぱりもう飽きちゃったんだ」「私なんてきっともうすぐ捨てられる」「他にいい人が見つかったのかも」と、その思考はどこまでいってもネガティブです。

自分に自信が無いというのは、実際はその人が作り出しているネガティブな妄想にすぎないこともあるので、なるべくならポジティブに自分を好きになりましょう。

そうすることで、彼氏との関係も今よりもっといいものになるかもしれません。

まとめ

彼氏と出会い、好きになって、見事カップルになることができたというのは、まるで奇跡のように幸せなことです。

大好きな人が自分のことを好きということは、誰でもできる幸せではありませんからね。

付き合った当初はどんな彼氏の行動もとても嬉しく感じたものですよね。

メールをくれた、電話をくれた、彼とデートをした、キスをした・・・どれも幸せを感じることばかりだったはずです。

それなのに、彼が今なにを考えているのか分からない、彼の気持ちが分からない、わたしのことを今も好きでいてくれているのか分からないというのはとても悲しいことですよね。

男は釣った魚にエサをやらないタイプという人がとても多く、彼女との恋愛に慣れてくると徐々にときめきを失っていきます。

付き合う前は彼女を落とすためにあんなに一生懸命だったのに、いざ彼女となったら飽きてしまったということもじつはよくあるケースなのです。

実際に、彼氏の本音を聞いてみることはとても勇気のいる怖いことだと思いますが「それでも彼氏と向き合ってみたい」「彼氏の本音が知りたい」という場合は、ぜひ頑張って聞いてみてください。

不安な気持ちのままモヤモヤと付き合っているよりも、彼氏からはっきりと言葉で聞いたほうがきっと安心できるので、前に進むために頑張ってみましょう♪

できればその答えが幸せを導く結果になりますように・・・。