CoCoSiA(ココシア)

「私のことどう思ってるの?」彼に本...(続き4)

そのため、彼の気持ちが分からず不安な気持ちでいっぱいになったとしても、なかなか自分のその不安な思いを口にすることができません。

しかし、不安な気持ちを抱えたまま我慢して付き合うのには限界があります。

自分が好きになった彼のことを少し信じてみてありのままの思いをぶつけてみましょう。

もしかしたら安心する答えが返ってくるかもしれないので、そうなればその次からの彼との交際は幸せいっぱいのはず♩

男は「言わなくても分かるだろう?」と思っている

交際していると、いつも不安になるのは女性のほうが多いですよね。

それは、女は愛情表現をわかるようにするけど、男は「言わなくても分かるだろう?」と思っていて態度に示さないからなのでしょう。

さらに、今回のように付き合っていた当初はあんなに彼は愛情表現をしてくれたのに、付き合いが長くなるとそれがなくなってきたというのは、悲しいことに男と女の脳の違いなのです。

男は恋愛関係が長くなれば長くなるほど刺激がなくなり飽きる生き物。

逆に女は、恋愛関係が長くなれば長くなるほど、もっと相手を好きになる生き物なのです。

女の方が依存しやすいのもここの恋愛観に違いがあるからなのでしょうね。

「私のことどう思ってるの?」と思いがちな女子の特徴

世の中には、愛情表現に無頓着な彼氏でもまったく不安にならないタイプの女子と、そんな彼氏の態度が不安になってしまうタイプの女子に分かれます。

同じ女なのに一体なにが違うのでしょうね?つい彼氏の気持ちを疑ってしまいがちな女子の特徴をご紹介します。

嫉妬心が強い

たとえば、人よりも嫉妬心がとても強いタイプの女性は彼氏の気持ちや態度に過剰に反応してしまうことがあります。

嫉妬心が強いと、どんなときでも彼氏の気持ちがパーフェクトに自分に向いていないと彼女は満足することができません。

彼氏の曖昧な態度や、愛情を感じられない発言を見つけたりすると、とたんに機嫌が悪くなり彼氏を責めたりします。

嫉妬から疑いを持ち始めたら、「もしかして浮気してるんじゃないの?」と自分の妄想も始まってしまうためとても厄介です。

彼氏の態度が本当に心が離れていることを示しているのか明白ではないうちは、なるべくなら今までと変わらない態度で接するようにしましょう。

彼に他の女子と関わって欲しくない

嫉妬心が強いタイプの女性は、独占欲がとても強い人が多いと思います。

もちろん自分以外の女子を特別に扱うなんでありえませんが、仮にそれがただの女友達や同僚だとしても大反対することがあります。

嫉妬心が強い分、彼氏への監視や束縛も強くなってしまうことが多いので、この場合は彼氏のほうの気持ちもさらに冷めてしまうことがあるため、行動には気をつけたほうが良いと思います。

プライドが高く特別扱いして欲しい

「わたしのことどう思ってるの?」と思わず彼氏に聞いてしまうようなタイプの女子は、プライドがとても高く、どんなときも自分が1番でいたくて特別扱いをしてほしいと強く願っているタイプが多いです。

プライドとは女子の場合とても厄介で、素直になることができない要因にもなってしまうため、彼氏との衝突も起きやすく上手に交際をすることが難しいです。

大事に扱ってくれないと腹が立つ

たとえばプライドが高い女子の場合、彼氏の愛情表現が足りなかったり、自分が彼氏に大事に扱ってもらってないと感じると、それで腹を立てるタイプの人が多いようです。

気が強い人も多いので、その怒りを彼氏に言葉や態度でぶつけるため、喧嘩へと発展しやすいのも特徴の1つです。

恋人なので彼氏に特別扱いしてほしいという気持ちは分かります。

ですが、不安が怒りになってしまっては本末転倒なので、なるべくなら腹を立てずに穏便に彼氏と話し合いをすることをおすすめします。

ネガティブ思考

自分のことをどう思っているのか不安になってしまうような彼女は、かなりのネガティブ思考であることが多いです。

どんなに彼氏の行動や言葉に、付き合った当初ほどの愛情を感じなくてもこれがポジティブな女子ならばそこまで深く考えることはありません。

たとえば、彼のメールの返信が遅くなったとしても「今は忙しいんだろうな」としか思わなかったり、デートの回数が減っていっても逆に自分も女友達と遊ぶ予定を入れたりと、つねに前向きに考えることができます。

彼の言動の裏を読んでしまう

では、どうしてネガティブな思考になってしまうのでしょう?

彼氏も彼女のことが好きだから恋人という存在であるわけですが、それでもこのタイプの女子は好きという愛情表現が分かりやすくないと不安を感じるわけです。

そうなってしまう理由としてとくに多いのが、彼の行動の裏をあえて読んでしまうからです。

たとえば、彼が本当に仕事が忙しくて来る日も来る日も残業が続き、休日すら出勤が多くデートがなかなか出来なかったとします。

これを彼氏は「ごめん、仕事が最近忙しくて」と彼女に謝るわけですが、ネガティブなタイプの彼女は本当にこれが仕事だとは思いません。

「付き合った当時は毎日でも会いにきてくれていたのに。仕事なんてきっと嘘だ。もう私とそこまで会いたくないからに決まっている」と、彼の言葉を信じないのです。

これは、もしも彼氏の言葉が本当なのだとしたらとてももったいないことなので、なるべくならば彼氏の言葉を信じてみましょう。

自信が無さすぎる

恋愛に夢中になると、たくさん彼氏に自分のことを愛していてほしいと思うものですよね。

しかし、自分に自信がないタイプの女子は彼氏の愛情が分かりやすいくらい伝わってこないと、途端に不安になるものです。

それは、自分に自信が無いということが原因です。

「自分のことをいつまでも彼氏が好きていてくれるはずがない」「やっぱりもう飽きちゃったんだ」「私なんてきっともうすぐ捨てられる」「他にいい人が見つかったのかも」と、その思考はどこまでいってもネガティブです。

自分に自信が無いというのは、実際はその人が作り出しているネガティブな妄想にすぎないこともあるので、なるべくならポジティブに自分を好きになりましょう。