CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

批判されやすい人の8個の特徴と、批判されたときの対処法!


「自分は何をやっても人から批判される」

「一生懸命に頑張っているのに何故かいつも批判的な意見を言われてしまう」

など、何故か人から批判されやすい人っていますよね。

批判されやすい人はそのことを自覚しながらも、自分が批判されてしまう原因について分かっていないことが多いため、批判されやすい自分を変えることも難しいでしょう。

どんな人が批判されやすいのか、批判されやすい人の特徴やその対処法をご紹介します!

批判されやすい人の8個の特徴!自分では気付いていない?

批判されやすい人は、他人から批判されてしまうような原因を持っていることが多いです。

しかしその原因を自分では分かっていないため、人から批判されると酷く落ち込んでしまったり、もしくは「何でそんなことを言われなきゃならないんだ!」と怒り心頭になったりするでしょう。

中には何の非もないのに何故か批判されてしまう人もいますが、大抵の場合は批判される側に原因があることが多いです。

また、批判される原因があったとしても、だからといって周りが特定の人物をやたらと批判していいということではありません。

しかし周りが集団になればなるほど、どうしても批判する原因があることによって、周りの人たちから批判的な言動や態度を取られてしまうことがあるでしょう。

どんな特徴を持った人が人から批判されてしまいやすいのか、具体的に挙げていきます。

1.普通とは違ったことをしてしまう

皆が皆同じ行動をしている中で、もし1人だけ違った行動をしている人がいたら、嫌でも周りはその人に注目してしまいますよね。

「どんなことをしてもいい」という自由な環境であれば、人と違ったことをしてもそれを直ぐに批判されるようなことはないでしょう。

しかし、「皆が同じ行動をとるべきだろう」という暗黙の状況下になると、周りと違ったことをしている人はその時点で批判の対象となってしまいます。

とくに日本人の場合は、皆で同じ行動をとったり、周りに合わせて動いたりすることが暗に求められますので、それができない人は嫌悪や批判の対象になってしまうでしょう。

周りにとって「普通」のことが出来ない人や、「常識」とされていることから外れたことをしてしまう人は、例え本人に悪気はなくても批判されてしまうことがあります。

自分は正しいと思い込んでいる

普通とは違ったことをしてしまう人の中には、自分が「これが正しい」と思い込んでいることがあります。

例えば「急いでいるのだからずるをしてもいい」と思い込んでいる人は、皆が並んでいる中で1人だけ横入りをしようとしたり、順番を抜かそうとしたりします。

もちろんそんな行動は周囲の反感を買い批判されますが、本人は「何も悪いことをしたわけではないし、仕方がない」と考えているため自分が批判されることに納得がいかないでしょう。

このタイプの人は、自分の時には適用することが、他人の場合となると途端に許せなくなることがよくあります。

自分が急いでいる時には列に横入りをしてもいいと考えているのに、自分が並んでいる時に他人が横入りしようとすれば「ちゃんと並べよ!非常識だな」と憤慨するでしょう。

そんな矛盾だらけの考えや行動が、周りに批判されてしまうことになるのですが、本人はそれに気づいていないでしょう。

間違ったものだと認識していない

私たちにとっての「普通」や「一般常識」というのは、大多数の人間がそうであると考えていることです。

法律によって縛られていないことであれば、必ずしも「普通」や「常識」に縛られる必要はありませんし、皆と同じ行動を強要すれば相手の個性を殺してしまうことになります。

そのため世の中の「普通」や「常識」に囚われる必要はありません。

ですが、だからといってあまりに普通とはかけ離れた行動をとったり、非常識なことをしたりすれば、周りからの風当たりや批判を受けてしまうのは仕方がないでしょう。

とくに「これが自分の個性だ」と割り切って行動した結果、他人や周りの人たちに迷惑をかけてしまったなら、より批判の嵐にさらされてしまいます。

しかし本人は自分の行動が間違ったものだと認識していないため、それを直そうと心がけることもなく、いつまでも批判を浴びてしまうことになるのです。

2.批判をしている


よく「悪口を言う人は自分も悪口を言われている」と言いますが、批判でも同じことが言えます。

頻繁に他人の批判をしている人は、その行動によって周りの人たちからも同じように批判されてしまいます。

しかし本人は、自分が批判をすることが批判される原因だとは分かっていないため、「何で自分が批判されなきゃならないんだ!」と憤慨することはあっても、「人のことを批判するのは止めよう」と反省することはありません。

むしろもっと批判する気持ちに火が点いてしまうでしょう。

批判をしている人が批判されるのは仕方がないことですので、周りも批判をするのを止めようとは思わないでしょう。

批判されている人は批判をしている人

もしもあなたの周りでやたらと批判されている人がいるとすれば、それはその人自身が他人を批判している人だからかもしれません。

誰の悪口も言わず、誰のことも批判しない人に対しては、周りも悪口や批判を口にすることはあまりないでしょう。

もし人を批判しない人のことを自分が批判すれば、周りの人たちはそれに賛同するどころか、反対に批判した自分に対して嫌な感情を向けるかもしれません。

そのため、誰も批判しない人を批判する人はあまりいませんが、何かと人を批判する人に対しては、「あんなに人を批判しているのだから、自分も相手を批判してもいいだろう」という気持ちになるため、批判する人は自分もされる側に回ることが多いのです。

誰かを批判していることが多い

いつも誰かを批判している人は、その批判内容が周りの考えていることと同じようなことであれば、少なからず周りの賛同を得ることもできるでしょう。

しかし、悪口とも取れる批判内容をベラベラと話す人に対しては、賛同よりも不快感を覚える人は多いです。

そのため、人を批判している人に対して、周りは「あの人はすぐに人を批判する」「自分のことを棚に上げてよく批判できるな」などと、悪いイメージを抱くことが多いでしょう。

その結果誰かを批判することが多い人は、同じように自分も誰かに批判されることが少なくありません。

3.鈍感

鈍感な人は、他人の気持ちを察することが苦手だったり、その場の空気が読めなかったりします。

ページトップ